1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/01/11(水) 12:17:14 ID:4TfK9J/o

ほむホーム

ほむら「ねえ、まどか」

まどか「なに?ほむらちゃん」

ほむら「平和ね」

まどか「平和だね」

ほむら「……」

まどか「……」

バーンッ

杏子「遊びに来たぞーー!」

さやか「ほむらーーー!」

まどか「さ、さやかちゃん。杏子ちゃん…」

ほむら「また五月蝿いのが…」ハァ



4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/01/11(水) 12:21:06 ID:4TfK9J/o


杏子「遊ぼうぜ遊ぼうぜ」

さやか「暇だ暇だ」

ほむら「貴女達…一応アパートなんだから静かにお願いできるかしら」

さやか「はい」

まどか「それで何して遊ぶの?」

杏子・さやか「……」

杏子「特に考えてないな」

さやか「特に考えてないね」

ほむら「帰れよ」



5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/01/11(水) 12:26:20 ID:4TfK9J/o

AM:10:00


さやか「というわけで、バドミントンすることになりました!」

ほむら「寒いわね…」

杏子「チーム分けどうする?」

まどか「クジがあればいいんだけど…」

ほむら「そんな便利な物用意してないわね、じゃんけんで決めましょう」

さやか「腕が鳴るぜーー!」ブォンブォン



9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/01/11(水) 12:32:40 ID:4TfK9J/o


じゃんけんの結果
まどか&ほむら
さやか&杏子

ほむら「妥当ね」

杏子「妥当だな」

まどか「えっと審判はどうしよっか?」

さやか「んーセルフジャッジでもいいんだけど…さっき連れてきたこれで」ドサッ

QB「訳が分からないよ」

ほむら「それじゃゲーム、開始ね」



10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/01/11(水) 12:38:24 ID:4TfK9J/o


QB「試合、開始ー!」プピピー

杏子「先行は貰った!くらいやがれ私の超速サービス!」

まどか「って杏子ちゃん上からトス上げたよ!」

さやか「アンタそれは反則署・線!」

杏子「ああん?知ったこっちゃないね。QB、どうする!?」

QB「遊びだし細かいルール無しでいんじゃないかな」

まどか「ええー…」

杏子「まあそういうこった、そんじゃくらえ!」ブォン



12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/01/11(水) 12:42:18 ID:4TfK9J/o


まどか「きゃあ!」

ほむら「まどか、危ない!」カン!

QB「プピピー!暁美ほむら、反則。杏子チーム1点先取」

ほむら「え…」

さやか「おおやったね杏子!」

杏子「ふん、トーシローが。ちったあ頭冷やせっての」

まどか「ほむらちゃん、まさかバドミントン…」

ほむら「…ええ、実は初めてだわ」

さやか「なんと」



13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/01/11(水) 12:50:04 ID:4TfK9J/o


まどかチーム0
杏子チーム1

さやか「ふふふ、まさかほむらがバドミントン初めてとはね…」

ほむら「くっ…」

さやか「この勝負、もらった!」バシュ

まどか「ほむらちゃん!」

ほむら「え、えい!」ストン

杏子「ち、返されたか」

杏子「だがまあ、絶好の玉だぜ!」

杏子「うおおおおお!」スマッシュ



14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/01/11(水) 12:51:18 ID:4TfK9J/o


まどか「えいや」ズドン

ほむら「」

さやか「」

杏子「」

QB「プピピー!」



16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/01/11(水) 12:57:08 ID:4TfK9J/o


ほむら「な」

杏子「あのまどかが…」

さやか「ようやく正体を現したね…『桃色の悪魔』」

杏子「なんだと…?どういう事だオイ!」

さやか「まどかはね…小学校の時、10年に一度と言われる天才バドミントンプレイヤーだった」

さやか「ついたあだ名が、『桃色の悪魔』」

さやか「調子に乗っていた男子や体育教師を悉く葬って来た逸話を持つ、怪物だよ…」

杏子「はっ。天才ね…。相手に取って不足はないぜ!構えろさやか」

さやか「うん、まどか。今日こそアンタを越える!」

まどか「ウェヒヒ、遊んであげるよ二人とも!」

QB「試合、再開!」

ほむら「展開についていけないわ」



17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/01/11(水) 13:03:41 ID:4TfK9J/o

………………
…………
……

AM 11:30

まどかチーム 21
杏子チーム 7

さやか「ま、負けた…」

杏子「強すぎとかそういうレベルじゃないだろ、これ」

まどか「ウェヒヒ!ごめんね?」

ほむら「私何もしてないのだけど」



18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/01/11(水) 13:04:04 ID:4TfK9J/o



杏子「さーて、散々遊んだら腹減ったな」

さやか「ご飯どうしよっか」

ほむら「そうね。適当に私の家でなんか作りましょうか」

杏子「マジ?やった!」

さやか「悪いねほむら」

ほむら「貴女達最初からそのつもりでしょ…」

ほむら「(まあ私だけ全く疲れてないしね)」

QB「キャットフードは出るのかい?」



20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/01/11(水) 13:09:26 ID:4TfK9J/o


AM 11:50 ほむホーム

杏子「ただいまー」

さやか「ただいまー」

ほむら「突っ込まないわよ」

まどか「ってあれ、あそこにいるの…」

マミ「……」グスン

ほむら「と、巴マミ…?」

さやか「なんだってマミさんがほむらん家に…」

マミ「暁美さああああああん!」

ほむら「ってきゃああ!?」

杏子「マウントポジションとはやるね、マミ」



22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/01/11(水) 13:15:58 ID:4TfK9J/o


マミ「うわあああああん」

ほむら「お、落ち着いてマミさん…どうしたんですか?」

マミ「私だってバドミントンしたかったのに…」

ほむら「は?」

マミ「私だって皆と遊びたかったのにーーー!」ウワアアン

まどか「マミさん…」

マミ「QBすら仲間にいれてたのに…」

QB「それとなく馬鹿にしてないかい」



23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/01/11(水) 13:20:37 ID:4TfK9J/o


さやか「ま、まあマミさんとりあえず落ち着いて…」

マミ「うん…」

まどか「よかったら一緒にお昼ご飯食べましょうよ!いいよね?ほむらちゃん」

ほむら「ええ、構わないわ」

杏子「ほら、そういうわけだから元気出せって。一人ぼっちは寂しいもんな」

マミ「皆…ありがとう…」グズ

ほむら「所で早くどいて欲しいのだけれど」



25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/01/11(水) 13:33:48 ID:4TfK9J/o


PM 12:20

ほむら「出来たわ」

杏子「待ってました!ってこれは…オムライスか?」

ほむら「ほむライスよ」ホム

杏子「…」

さやか「さーて張り切って食べますかね、それじゃあ」

「「いっただっきまーす」」

QB「これは…相変わらず…ガツガツ…栄養価に優れたペレット…」ガツガツ



26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/01/11(水) 13:37:18 ID:4TfK9J/o


PM 13:00

まどか「ふう…美味しかったよ、ほむらちゃん!」

ほむら「まどかにそう言って貰えると嬉しいわ」

まどか「ウェヒヒ」

杏子「あたしもごっそーさん。くはー食った食った」ポンポン

マミ「もう…はしたないわね」

さやか「そうだぞ杏子、マミさんを見習えー」

杏子「ちぇ」

マミ「ふふ」

QB「きゅっぷい」



27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/01/11(水) 13:40:13 ID:4TfK9J/o


杏子「この後どうするー?」

さやか「んーこれまた特に決まってないけど…」

まどか「たまには家の中でゆっくり過ごすのもいいんじゃないかな?」

ほむら「そうね…午前中は外に出たし、それがいいかも」

マミ「じゃあお昼寝でもする?今日は日差しも暖かいし…」

杏子「お、それいいねえ。賛成だ」バタリ

さやか「ちょっと、狭いんだから幅取らないでよ!」

ほむら「狭いとか言わないでくれるかしら」



29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/01/11(水) 13:44:45 ID:4TfK9J/o


PM1:30

杏子「くかー…」zzz

マミ「ううん…QB…」

QB「痛い、苦しいよマミ」ギュウウウ

さやか「んー恭介ぇーうへへぇ…」

まどか「すー…すー…」

ほむら「まどかの寝顔…可愛いわね…」

QB「きゅっぷ!枕代わりにしないでよマミ!」



31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/01/11(水) 13:51:13 ID:4TfK9J/o


PM 2:00

その頃のタッくん!

タッくん「あだーあだー」

知久「ははは、タツヤ。お馬さんごっこは楽しいかい?」

タッくん「だ!」

知久「それはよかった。さーてスピード上げるぞー!」ダダダ

タッくん「だーー!」

タッくん「……」

タッくん「つまんね」

知久「え?タツヤ今なんて…」

タッくん「パパー!お馬ー!」

知久「聞き間違いか、それいくぞー!」

タッくん「やーーー!」



32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/01/11(水) 13:57:47 ID:4TfK9J/o

PM 4:00

ほむら「ん……」

ほむら「まどかの寝顔見てたら寝過ぎてたみたいね…」

ほむら「……」チラリ

まどか「わたしまほーしょうじょになったんだよーほむらちゃー…むにゃ」

QB「」

マミ「……」zzz

杏子「おーいさやかぁ…めしぃ…」

さやか「きょーすけーまってー」

ほむら「皆はまだ寝てるみたいだし…」

ほむら「このまま何かしてましょうか」



34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/01/11(水) 14:07:40 ID:4TfK9J/o


PM 5:00

杏子「ふああ…よく寝たあ…」ノビノビ

さやか「きょーすけー裸になってどこへゆくーぐへへ」

杏子「おい、起きろさやか」ズドン

さやか「ぐえ!?あ、あれ。裸体の恭介は…」

杏子「お花畑過ぎだろお前…」

まどか「ん…あれ、寝ちゃってた…」

ほむら「おはよ、まどか」

まどか「あ、ほむらちゃん。おはよー」ネムネム

マミ「…」zzz

QB「」



36: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/01/11(水) 14:19:44 ID:4TfK9J/o


PM 6:00

ほむら「さて、気付いたらもうこんな時間だけれども」

まどか「すっかり暗くなっちゃったね」

マミ「あ、その皆。提案があるんだけど…」

ほむら「?何かしら」

マミ「……」

マミ「よかったら今日は皆で家に泊まりにこない?」

さやか「お泊まり…ですか?」

マミ「……」コクリ



37: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/01/11(水) 14:24:36 ID:4TfK9J/o


杏子「あたしは別に構わねーよ」

まどか「私もママに連絡すれば大丈夫かなあ、祝日で明日も学校お休みだし」

ほむら「まどかがいくなら、私も構わないわ」

マミ「皆…!」パァ

さやか「あたしもOKですよ、マミさん。じゃあ今日は皆でパーッと騒ぎましょうよ!」

マミ「美樹さんも…ありがとう。私友達とお泊まりしたことないから、憧れてて…」

QB「実は昨日からずっと言おうと思ってたんだよね、マミは」

マミ「もう、QB!」

杏子「いつの間に復活したんだよお前」



39: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/01/11(水) 14:34:23 ID:4TfK9J/o


PM 8:00

まどか「お邪魔しまーす」

ほむら「お邪魔します」

マミ「いらっしゃい暁美さん、鹿目さん。もう美樹さんと佐倉さんは来てるわよ」

まどか「はーい!」

ほむら「相変わらず広いマンションね…」



41: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/01/11(水) 14:37:33 ID:4TfK9J/o


さやか「あ、遅いよ二人とも!これは罰ゲームだね、罰ゲーム」

杏子「あたしらもさっき来たばっかりじゃんか」ポリポリ

さやか「きょ、杏子…。お菓子で買収したのにまさか裏切るとは…!」

杏子「あたしは冷静な人の味方で、無駄な争いをする馬鹿の敵」キリッ

さやか「ぷっ、そっくりだわww」

杏子「だろー?」

ほむら「やめてもらえるかしら」



42: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/01/11(水) 14:46:43 ID:4TfK9J/o


PM 8:20

マミ「皆、晩御飯出来たよー」

杏子「おっ待ってました!」

さやか「アンタそればっかね…」

ほむら「ってこれは…」

まどか「お肉にサラダ、パスタに魚料理まで…マミさんちょっと多目に作りすぎじゃないですか?」

マミ「え?そ、そうかしら。五人分だとこんな感じかと思って…」

マミ「一応食後のケーキもあるんだけど…」

さやか「(これは…)」

まどか「(ふ、太らないか心配だよ…)」

杏子「早く食べよーぜー」



44: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/01/11(水) 14:54:08 ID:4TfK9J/o


……………

杏子「ふう、今日はたらふく食ったな。ゆまの奴にも食べさせてやりたかったぜ」

マミ「今日はゆまちゃんは?」

杏子「それが誘ったんだけどなんか遠慮してるみたいなんだよな。全くガキの癖にいらない心配ばっかしやがって…」

まどか「ふふ、なんかお姉ちゃんみたいだね杏子ちゃん」

杏子「ばっそんなんじゃねーよ!」

さやか「はいはい、こいつめー」ウリウリ

杏子「やめろ馬鹿さやか!」

さやか「かわいいのう、かわいいのう」



46: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/01/11(水) 15:02:14 ID:4TfK9J/o


ほむら「食器片付けます」カチャカチャ

マミ「あら、ありがと。助かるわ」

まどか「あ、私も手伝うねほむらちゃん」

ほむら「ありがと、まどか」

ほむら「(計画通り…!)」

杏子「んじゃー食うものも食べたし寝るかー」ソファーボフッ

さやか「こら杏子、お風呂入んなきゃ不潔でしょうが!」

杏子「いいだろ1日くらい。死なない死なない」

まどか「駄目だよ杏子ちゃん…。髪洗ってあげるから一緒に入ろ?」

杏子「ちぇー」

QB「僕も入るのかい?」

ほむら「死ね」



47: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/01/11(水) 15:14:32 ID:4TfK9J/o


マミ「あ、でも…」

マミ「流石にうちのお風呂じゃ五人も入るスペース無いわね。どうしようか」

さやか「あ、なら銭湯行きません?確か近場にありましたよね?」

ほむら「ええ、場所なら把握してるわ」

まどか「ほ、ほむらちゃん詳しいね…」

ほむら「調べたのよ」

杏子「あーならそこでいいから早く行こうぜ、遅くなっちまう」

マミ「決定ね。QBは大人しく留守番してて」

QB「やれやれ、分かったよ」キュップイ



48: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/01/11(水) 15:22:24 ID:4TfK9J/o


PM 9:10

見滝原の湯

カポーン

まどか「ふぇー…気持ちいいね、ほむらちゃん」

ほむら「ええ、最高だわ。とてもね」ダラダラ

さやか「ちょっほむら鼻血、鼻血出てる。拭いてこい」

杏子「ホテルの風呂もいいけど、こういうのも雰囲気あって中々いいなー」

マミ「み、皆とお風呂…。これが噂に聞く『リア充』?とかいうものかしら」



51: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/01/11(水) 15:30:03 ID:J3aYhY4Q


まどか「あ、杏子ちゃん。約束通り髪の毛洗ってあげるね」

杏子「お、おお。なら頼むよ」

まどか「ウェヒヒ、任せて!」

ほむら「まどか、その次は私の髪もお願い」

さやか「……」

マミ「あら美樹さん、やきもち?」クスクス

さやか「えっ!?いや、違いますよ!何言ってるんですか!」アタフタ

マミ「ふふ」

さやか「………ただ、皆髪長くてサラサラだなあって」

マミ「あ、そっちね」



52: ID変わったけど>>1です 2012/01/11(水) 15:35:37 ID:J3aYhY4Q


まどか「ウェヒヒー。杏子ちゃん髪さらさらー」ワシャワシャ

杏子「面倒だから切ってないだけなんだけどねー」

まどか「ますます羨ましいよ、私も髪伸ばそっかな」

杏子「そうしろそうしろ、まどかなら似合うよ」

まどか「そうかな、ウェヒヒ」

ほむら「(ま、混ざりたい…)」



53: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/01/11(水) 15:39:46 ID:J3aYhY4Q


マミ「じゃあ美樹さんは私が洗ってあげるわね」

さやか「す、すいません…」テレッ

マミ「気にしなくていいのよ」

さやか「ところでマミさん…」

マミ「ん?なあに?」

さやか「マミさんって髪下ろすとそんな感じなんですね、ちょっと新鮮っす」

マミ「そ、そんな変わるかしら?自分ではそうでもないと思うんだけど…」

さやか「似合ってますよ!」

マミ「あ、ありがとう…///」



55: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/01/11(水) 15:45:01 ID:J3aYhY4Q


再びカポーン

ほむら「ふう……」

ほむら「……」

ほむら「(所であまり考えたくなかったけど)」

ほむら「皆、中々スタイルいいわよね…)」

ほむら「……」チラッ

ほむら「(まず巴さん。言うまでもなくスタイル抜群)」

ほむら「(今日の夕食みたいに、がつがつ食べればあんな風になれるのかしら…)」



56: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/01/11(水) 15:51:32 ID:J3aYhY4Q


ほむら「(次にさやか)」

ほむら「(正直この五人の中じゃ巴さんの次に胸があるわ)」

ほむら「(身長も高いし…いわゆるアイドル体型って奴かしら)」

ほむら「(他にも杏子だって中学生相応と言えば相応の体型だし)」

ほむら「(まどかもまだまだ伸びる見込みはある。皆凄いわよね…)」

ほむら「……」

ほむら「やめましょう、虚しいだけだわ」

まどか「ほむらちゃん…顔怖いよ」



58: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/01/11(水) 15:56:18 ID:J3aYhY4Q


PM 10:00

杏子「やっぱ風呂上がりといったらこれだよな」

さやか「これだね」

キュポン

杏子「……」

さやか「……」

さやか・杏子「ぷはあ!」

マミ「楽しそうね、私もやろうかしら」

まどか「あ、なら私も」



61: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/01/11(水) 16:01:31 ID:J3aYhY4Q


PM 10:30

マミ「ただいまQB」

QB「あ、お帰りマミ!」

マミ「ちゃんといい子に留守番してた?」

QB「インキュにはそれくらいお安い御用さ!」

杏子「さーて、今度こそ寝るかー」

マミ「あ、さっき出したケーキまだ少し残ってるけど…」

杏子「マジ?食う食う!」

ほむら「どれだけ食べるのよ…私は少し遠慮するわ」

さやか「じゃああたしは杏子に付き合ってあげるかな」

QB「僕も戴くよ」



62: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/01/11(水) 16:07:30 ID:J3aYhY4Q


AM 00:40

杏子「むにゃ…うめえ…」

さやか「きょーすけー…」

マミ「ま、魔女が…魔女が来て…」

QB「ぎゅっぷ!無理、死んじゃうよマミ!」


まどか「ふふ、皆幸せそうだね」

ほむら「今日1日あれだけ騒いだもの、よく眠れて当然よ」

まどか「そうだね」



65: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/01/11(水) 16:11:16 ID:J3aYhY4Q


まどか「ちょっと外に出よっか、ほむらちゃん。風に当たりたいな」

ほむら「少しだけね。今日は少し冷えるから」

まどか「うん、ありがと」

ほむら「あと上着羽織って」

まどか「ほむらちゃん、お母さんみたい」クス



66: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/01/11(水) 16:16:42 ID:J3aYhY4Q


まどか「月が綺麗だねー」

ほむら「ええ、そうね。本当に…綺麗だわ」

まどか「…ねえ、ほむらちゃん。今日は楽しかったね」

まどか「杏子ちゃんとさやかちゃんが来て、マミさんも合流して…本当に楽しかった」

ほむら「……」

まどか「本当に」



67: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/01/11(水) 16:23:17 ID:J3aYhY4Q


まどか「私ね、最近よく同じ夢見るんだ」

まどか「マミさんが魔女に殺されて、さやかちゃんがどんどんおかしくなっていって、杏子ちゃんも、ほむらちゃんも皆死んじゃう夢」

まどか「夢にしては妙にリアルで、でも決して現実じゃないそんな夢」

まどか「私、こんな夢見るなんておかしいのかな?」

ほむら「いいえ、おかしいことなんてないわ」

まどか「そうだね、ありがと」ウェヒヒ



70: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/01/11(水) 16:28:42 ID:J3aYhY4Q


まどか「でも私、あの夢は絶対に忘れちゃ駄目だと思うんだ」

まどか「あれはきっと、平和な日常に生きてる私…私達の、戒めだと思うから」

まどか「だからずっと、覚えていようと思う」

ほむら「そう…」

ほむら「……そうね。それでいいと思うわ」

まどか「うん…」

ほむら「(私も、今まで踏み越えてきた世界の事。ちゃんと覚えていないとね)」

ほむら「(それが今私に出来ることだから)」



71: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/01/11(水) 16:31:32 ID:J3aYhY4Q


まどか「さて、そろそろ戻ろっかほむらちゃん。私達も寝よう」

ほむら「ええ。……また杏子やさやかの寝付きに、悩まされないといいけど」

まどか「ウェヒヒ。そうだね!」


そんな、日常の1ページ


終わり



72: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/01/11(水) 16:35:51 ID:J3aYhY4Q

殆ど勢いで書いたから内容薄っぺらかったのは本当にすまんこ

少しでも人が増えたらそれはとっても嬉しいなって


元スレ
SS深夜VIP:まどか「平和な日常」