1: 名無しで叶える物語 2020/12/22(火) 01:18:55.27 ID:Hvf9mJZM.net

脳破壊注意

「2学期から普通科の生徒が1人、音楽科に転科してきました。高咲さん、自己紹介をどうぞ」

「普通科から転科してきました。高咲侑です!まだまだ未熟ですが一生懸命頑張りますので、よろしくお願いします!」

「…」パチパチパチパチ

「高咲さんの席はあそこです」

「はい、高咲さんが困ってたりしたら皆さん助けてあげてくださいね、今日の1時間目は…」

「…ねえ、あの子さぁ」

「うん・・・」



2: 名無しで叶える物語 2020/12/22(火) 01:20:23.58 ID:Hvf9mJZM.net

「結構いい線いってるよね」

「ねぇねぇあの子処女かな~❤」

「なわけ無いでしょバカ、普通科で遊んでたに決まってるじゃない…」

「タチ?ネコ?私ネコに1票」

「え~タチだったら面白いじゃん、小柄なのにグイグイ来るの❤」

「でっか…意外の胸あるんだ❤」

「早速今日遊んじゃおうよ❤」

侑(…なんか、噂されてる…?やっぱり途中から入ってきた身だし、印象悪いかな…)

侑(でも、せっかくできた夢だもん、同好会の皆のためにも頑張らなくちゃ…)



5: 名無しで叶える物語 2020/12/22(火) 01:21:45.55 ID:Hvf9mJZM.net

「高咲さ~ん…!」

「今日放課後時間ある?」

侑「え?うーんと…」

侑(本当は同好会の練習があるんだけど…せっかく誘ってくれたのに断ったら悪いよね…)

侑「無いよ?」

「本当!じゃあ私達とどっか遊びに行かない?」

「高咲さんってなんか硬くない?名前で呼んでもいいかな…?」

侑「うん!侑でいいよ?」

「侑ちゃん!それでどこ行きたい?ジョイポリとか?」

侑「ううん、普段みんなで行ってる所とかあると思うし、そういう所に行きたいな」

「へぇ~❤…いいよ!」

「すっごい楽しいとこ連れてってあげる!!」

侑「へぇ~!!楽しみだな~」

「…だよね、みんな❤」

「うん…❤」



7: 名無しで叶える物語 2020/12/22(火) 01:24:08.88 ID:Hvf9mJZM.net

侑「あ゛ぁーーっ❤…もぉ゛やら゛ぁ゛❤ィギだく゛なぃ❤❤んぉ゛っ❤ん゛ん゛ーっ!❤」プシュッ

「うわ~すごい潮…侑ちゃん、初めてにしては感度高いんじゃない?」クチュクチュクチュ

侑「やらぁ゛❤…やぇ゛て゛…❤ぁっ❤…またぁ゛くるぅ゛ぅ゛っ❤ん゛ぉ゛ぉ゛っ❤❤」ブッシュゥゥ

「やば…!感度高すぎ❤…まだ手マンだけなのに…この後耐えられる?」

侑「むり゛っ❤…おねぇ゛がぃ゛❤❤やぇ゛てよぉ゛ぉ゛ぉ❤❤」ガクガク

「あはは❤そっかぁ~じゃあちょっと休憩する?シーツぐちゃぐちゃだし」

「え~私まだやりたい」

「でもトンじゃったらつまんないじゃん」

「ちぇ…」



9: 名無しで叶える物語 2020/12/22(火) 01:25:54.39 ID:Hvf9mJZM.net

侑「んぁ゛っ❤…はーっ❤…はぁーっ❤…はーっ❤…」

侑(なんで…こんな事に…)

「お水飲む~?」

侑「のむ…」

「じゃああーんして」

侑「ぇ?…あーんん゛っ!?」ブッチュウゥゥ

「ふんんっ…んぇろ…ぷはっ」

「足りなかったら何回でも口移ししてあげるからね❤」

侑「ぅ…ぉぇえええぇえ…」ビチャビチャ

「はぁ?吐いてんじゃないわよ!!」パシッ

侑「ぅ…ぅ…」ヒリヒリ

「あ…ごめんね?もう痛くしないから…」

侑「うぅぅっ…ぐすっ…」ポロポロ

侑(歩夢…助けて…)



11: 名無しで叶える物語 2020/12/22(火) 01:27:28.52 ID:Hvf9mJZM.net

prrr…prrr…

「誰のスマホ?」

「あ~、侑ちゃんのだよ~!」

侑「あ…あゆむ…」

「あゆむ…あー!スクールアイドルの?」

「あっ私見たことあるよ!侑ちゃんが歩夢って子と一緒に歩いてるの」

「へ~…仲いいんだ」

「出なよ、電話。友達なんでしょ?」ヒョイ

侑「あ…もしもし?」

『侑ちゃん?今何処にいるの』

『もう7時だし、そろそろ帰らないとお母さん怒るんじゃない?』

侑「歩夢!今私」

パシャ



14: 名無しで叶える物語 2020/12/22(火) 01:28:55.79 ID:Hvf9mJZM.net

侑「え…?」

侑「…ごめん歩夢、後で掛け直すね?」

『え?侑ちゃんまっプチッ』

「へ~賢いじゃん」

侑「…消して」

侑「お願いだから…消して」フルフル

「いいよ、はい」ポチ

「今のは消してあげたよ、ほら」

侑「…もう帰るから」

「いいんだ、帰って」

侑「…」スタスタ

「…」ポチ



16: 名無しで叶える物語 2020/12/22(火) 01:29:58.28 ID:Hvf9mJZM.net

『嫌ぁ!!離してよ!!んっ…やだっ!』

『んんっ❤…こんなことやめてよっ❤…ぁっ ❤』クチクチ

『ん゛ん゛ーっ❤…はぁっ❤…もういや❤…』グチョグチョ

「あ~エッチだねこの侑ちゃん❤」

侑「う…そ…」

「あんなに悦んでたんだもん…いっぱい動画撮っちゃった❤」

「最初っから全部記録してるから安心してね❤」

侑「っ!」ガシッ

「あ~だめだめ、スマホは渡さないよ」

「それに侑ちゃん力弱いんだから無駄だって…」

「それにもう全員で共有しちゃってるしね」

侑「あ…あ…嫌…」ガクッ

「これからいっぱい遊ぼうね❤ゆーちゃん❤」

侑「ぁ…ぁ…」ブルブル



18: 名無しで叶える物語 2020/12/22(火) 01:32:13.66 ID:Hvf9mJZM.net

侑(それから毎週金曜日、あの部屋に連れて行かれて…)

侑(学校でも時々呼び出されて)

「下着脱がすよ?」スルスル

侑「…」

「そんな顔してられるのも今のうちだけだから…❤」

「指、入れるよ?」クチュッ

侑「っ…」

「うわwwけっこう濡れてんじゃん…期待してたの?」

侑「…」ギロッ

「あーごめんごめん…続けるね~」クチュクチュ

侑「っ…ん…」



20: 名無しで叶える物語 2020/12/22(火) 01:33:12.68 ID:Hvf9mJZM.net

侑(こんなの…全然)

侑「あっ❤…」

「やっぱり、ここ好きなんだ…」

侑「…別に」

「ふーん…撤回するなら今のうちだよ」グチュグチュグチュ

侑「…ぅ…ふっ…んっ…んぁ❤…」

侑(気持ち悪い…はずなのに…)

侑「んんっ…ぅっ❤…ぁっ…すーっ❤」

コツコツコツコツ…

侑(なっ…!?誰か来た?)



22: 名無しで叶える物語 2020/12/22(火) 01:34:32.76 ID:Hvf9mJZM.net

「あー…そういえば今日普通科の2年生こっちの音楽室使うんだっけ」

「お友達居るんじゃない…?」グチョグチョ

侑「…ぃったん、やめて」

侑「ばれたら…ぁっ…あなたもっ…んっ…マズイんじゃないの」

「バレないよw静かにしててね」グチョグチュグッチュ

侑「…っ…ふーっ❤…んっ…」

「…あはは、私ちょっとトイレ行ってくるね」

「はい、歩夢さんの荷物運んでおきますね」

「うん、菜々ちゃんありがとう」

侑(ぇ…歩夢…?)



24: 名無しで叶える物語 2020/12/22(火) 01:36:16.56 ID:Hvf9mJZM.net

「…」クリクリ

侑「ん…ぅ…ぁっ…」

「…」グニグニ

侑「…っ…んっ…」

侑(もぅ…げんかい…っ)

侑「ぁっ❤…」ガタン

「…」グニグニ

侑「はぁっ❤…はーっ❤…んっ…」

歩夢「…侑ちゃん?」

侑「…っ❤?!…はーっ❤」

歩夢「気のせい…かな」スタスタ

侑(危なかった…水流す音と被ってなかったら絶対バレてた…)

「…危なかったね~」

侑「最低…」



28: 名無しで叶える物語 2020/12/22(火) 01:38:04.98 ID:Hvf9mJZM.net

「我慢できない侑ちゃんが悪いよ~あ…もう時間じゃん」

「床拭いといてね」

「早く戻らないと次の授業遅れちゃうよ!じゃーね」タッタッタッ

侑「…うぅっ…」ポロポロ

侑「もぅ…やだ…うぁっ」ポロポロ

侑「うぅぅ…これぐらい拭けばいいかな…」

侑「…早く教室戻らないと」ガチャッ

─────────

──────

───



29: 名無しで叶える物語 2020/12/22(火) 01:39:42.46 ID:Hvf9mJZM.net

侑「ぁ❤…ぁあ❤…ぅ❤…」

「あれ~?もうダウンかな侑ちゃ~ん」

侑「ゃ…だ…もぉ…ぃゃ…」ピクッピクッ

「ねぇ…アレ使おーよ」

「え…大丈夫なの?」

「大丈夫だって…ほらゆーちゃん!見て!」

侑「ぇ…ちゅうしゃ…?」

侑「ぃ…嫌ぁ…!やだ…」



37: 名無しで叶える物語 2020/12/22(火) 01:45:16.19 ID:Hvf9mJZM.net

「暴れないでよ、両手縛られてて抵抗できるわけ無いじゃん」

侑「お願いします…それだけは…やめて…下さい…うぅ…本当にっ」

「どーしよっかな~」プスッ

侑「え…」

「なんて、悩むわけ無いじゃん…はい終わり」

侑「あ…あ…いや…やぁ…助けて…誰か…」ポロポロ

「どれくらいで効くのこれ」

「えーっと…5分」

「めっちゃ早いじゃん…ゆーちゃん❤…5分待っててね~❤」

侑「あぁ…ぁ…あ…ぅぅ…ううぅぁっ…」ポロポロ

侑(もう、戻れないんだ…昔みたいには…)



39: 名無しで叶える物語 2020/12/22(火) 01:46:33.33 ID:Hvf9mJZM.net

侑「ぁ…んっ…なに…これ」

侑(なんか…あたまがバチバチする…あこれやば)

侑「あ゛ぁ゛ー❤…ぁ゛んっ❤…ぅ゛うーっ❤」ガクガク

「あ、効いてきた効いてきたw」

「触ん無くてもすごいでしょ、それ」

侑「ぃ゛やぁ゛❤❤!!」ガクガク

侑「お゛かぃ゛くぅ゛❤…んん゛ーっ❤…なるからぁ゛❤❤」プシップシュッ

侑「たぁ゛すけぇ゛❤❤…ぃ゛いや゛ぁあ゛ぁあ゛っ❤❤❤」ガクガクガク

「やば…足元水たまりになってる」



41: 名無しで叶える物語 2020/12/22(火) 01:47:30.78 ID:Hvf9mJZM.net

「じゃあ水分補給しよーね~」ブチュッ

侑「ん゛ん゛ん゛ーっ❤❤!!!」ガクガクガク

「うわ…キスでイッてるよ…エグくない…?」

侑「あ゛ぁあっぁ゛ぁ❤❤うぅぅ゛゛あう゛うぁ゛っ❤❤❤❤」チョロチョロチョロ

「あ~漏らした~…拭いといてよね、あんたがキスしておかしくしちゃったんだから」

「え~?これかいいんじゃん!」

「これからもっと楽しもうね~!」

侑「う゛あぁ❤❤…ぁやっ❤」ガクガクガクガク

侑「あ❤あ゛ぁぁ゛❤❤❤あう❤❤ぅぅ゛あぁ゛❤ああっ❤❤っ??!?!」

─────────

──────

───



47: 名無しで叶える物語 2020/12/22(火) 01:50:13.59 ID:Hvf9mJZM.net

侑(それから後は覚えてない…次に目が覚めたのは病院のベッドだった)

歩夢「…みかん食べる?」ムシムシ

侑「…うん」

歩夢「はい、あーん」

侑「んむっ…」

歩夢「味、どう…かな」

侑「う~ん…あんまりわかんない…」

侑(あの後、あまりに帰りが遅い事を心配したお母さんが警察に届け出て)

侑(スマホのGPSから場所がすぐに分かって、それで警察があの部屋に来たらしい)

侑(使用済みの注射器が見つかったからその場で全員拘束されて、取り調べでグループの1人が自白した事で事件が発覚したらしい)



49: 名無しで叶える物語 2020/12/22(火) 01:51:58.89 ID:Hvf9mJZM.net

侑「…ん…はぁーっ…はーっ…あゆむぅ…なんかっ…変だよぉ…」ガタガタ

歩夢「あっ!ナースコール押すね!大丈夫だよ~よしよし」ギューッ

侑(私は…薬の後遺症とPTSDでなんかおかしくなっちゃって、治療のために入院中…)

「大丈夫ですか~」

歩夢「発作が出ちゃったみたいで…」

「高咲さん、辛いですか?」

侑「はーっ…ちょっと…」

「じゃあ鎮静剤打ちますね~…」

「注射しますね」プスッ

侑「はぁ…っ…あ…」

歩夢「大丈夫だからね侑ちゃん」



54: 名無しで叶える物語 2020/12/22(火) 01:53:29.93 ID:Hvf9mJZM.net

侑(事件は最初内密に処理される予定だったけど、情報が漏れちゃったみたいで学校とか家とかにテレビの人がいっぱい来たらしい…流石に病院に来る人は居なかったけど)

侑(…音楽科の生徒の大半は別の高校に転学してしまい、科が維持できないらしくて…私は普通科に戻されちゃった。

侑(最初は転校の予定だったけど…歩夢と一緒じゃないと嫌だって言ったら中止にしてくれた…)

侑「あゆむぅ…なんだかふわふわするよぉ…」

歩夢「きっと眠いんだよ…ほら、お布団かけて…」

侑「わたしが…寝るまで…居て…?」

歩夢「ずーっと一緒に居るよ、手…握ってあげるね」ギュッ

侑「うん…おやすみ…」



58: 名無しで叶える物語 2020/12/22(火) 01:54:55.77 ID:Hvf9mJZM.net

歩夢「おやすみ…」

歩夢「…ほんとにすぐ寝ちゃうんだね、薬ってすごいなぁ…」

歩夢「…侑ちゃんに酷いことした人達ね、全員送検されたんだって」

歩夢「きっと裁判では死刑になるよね…あはは、死んで許される訳無いよね」

歩夢「…暗い話はやめよっか」

歩夢「早く学校に行けるようになって、またみんなで同好会やりたいよね~」

歩夢「頑張って治そうね、侑ちゃん!」ギュッ

歩夢「今日は、みんなの写真見てもらおうと思ったけど…明日にするね」

歩夢「前より発作がよくなってるといいなぁ…」

歩夢「じゃあそろそろ帰るね、また明日!」ガラガラ



62: 名無しで叶える物語 2020/12/22(火) 01:57:04.60 ID:Hvf9mJZM.net

侑「…治んないよ、もう」

侑「それにスクールアイドルも…音楽にももう興味無いよ…」

侑「歩夢が…居てくれれば…それでいいよ…」

侑「う…あの鎮静剤…きついから…あ…もう…いしき…が…」

─────────

──────

───



67: 名無しで叶える物語 2020/12/22(火) 02:01:08.99 ID:Hvf9mJZM.net

─翌年──

歩夢「侑ちゃん!おはよう、今日から三学期だね~」

侑「うん、手繋ご?」ヒョイ

歩夢「うん、寒いよね~」

侑「ううんそうじゃないよ、歩夢が居ないと私ダメだから…」

侑「だから絶対離さないでね」

歩夢「…うん」

歩夢「…侑ちゃん、あのね?」

侑「やだ、離れない」

侑「私には歩夢しか居ないから…」



68: 名無しで叶える物語 2020/12/22(火) 02:03:17.98 ID:Hvf9mJZM.net

歩夢「そ、そんな事無いよ!同好会のみんなが」

侑「歩夢以外信じられないよ!!」

歩夢「侑…ちゃん」

侑「お願い…1人にしないでよ…」ギュッ

歩夢「…ごめんね?この話やめるから…」

侑「…ごめん」

歩夢「ううん、侑ちゃんが嫌がることはしたくないよ…行こう?」

侑「うん」

歩夢「…そろそろ予備校通い始めない?」

侑「そうだね~近くて一緒に通える所がいいな!」

歩夢「昨日お母さんに勧められたんだけど東雲の…………」

おわり



100: 名無しで叶える物語 2020/12/22(火) 14:21:06.30 ID:Hvf9mJZM.net

でき次第順次
─教室──

侑「歩夢~冬休み課題のここわかんなくて…」

歩夢「これはね、えーっと教科書の…」

歩夢(学校のみんなは、あの事には触れないでくれた)

歩夢(おかげでいつも通り…)

歩夢「…侑ちゃん、今日同好会行ってみない?」

侑「え?でも私、何も…」

歩夢「ううん、みんなで美味しいもの食べたりお喋りしたいなって」



101: 名無しで叶える物語 2020/12/22(火) 15:33:07.76 ID:Hvf9mJZM.net

歩夢「嫌…かな」

歩夢「今日じゃなくて、また今度でも良いよ…?」

侑「…歩夢が行くなら、私も行く」

歩夢「本当!」

侑「その代わり、歩夢の隣がいい…」

歩夢「…うん、ずっとそばに居るね?」

侑「えへへ…ありがと…」ギュッ



103: 名無しで叶える物語 2020/12/22(火) 17:47:13.79 ID:Hvf9mJZM.net

歩夢「じゃあ、行こう?」

侑「うん…」

歩夢「一緒に部室行くの久しぶりだね~」

侑「…半年ぐらい行ってなかったっけ」

歩夢「でも、あんまり変わってないから安心してね…

歩夢「多分まだ誰も…あれ?鍵あいてる…」

ガチャッ



104: 名無しで叶える物語 2020/12/22(火) 17:48:56.80 ID:Hvf9mJZM.net

歩夢「あ、愛ちゃん早いね」

愛「歩夢~久しぶりじゃ…ん」

歩夢「あのね…」

愛「ゆうゆ…?」

侑「あは…こんにちは…」

愛「ゆうゆっ!!」ギュッ

侑「ぁ…」



105: 名無しで叶える物語 2020/12/22(火) 17:50:23.43 ID:Hvf9mJZM.net

歩夢「あ、愛ちゃんまだ!」

愛「ゆうゆ…よかった…」

侑「ぅ…あ、いや…はぁっ…」

侑「嫌ぁっ!!」ドン

愛「ぅあっ!…ゆうゆ…?」

侑「はぁっ…はーっ…ぁっ…」

歩夢「侑ちゃん大丈夫?…ごめんね愛ちゃん…まだそういうのは…」

侑「…ごめん帰るね」ダッ

歩夢「あっ待って!!」

歩夢「愛ちゃんごめんちょっと…」ダッ

愛「…あ…やっちゃった、ごめんね…ごめんなさい…」ポロポロ



106: 名無しで叶える物語 2020/12/22(火) 17:51:48.54 ID:Hvf9mJZM.net

歩夢「はぁ…はぁ…侑ちゃん!」ダキッ

侑「…歩夢」

歩夢「ごめんね…まだ誰も居ないと思って、それでみんなにまだそういうのダメだって説明してなくて…」

歩夢「私が悪いの!だから、侑ちゃんは悪くないよ…!」

侑「やっぱり、むり…だよ…」

侑「歩夢は…前みたいに戻りたいのかもしれないけど…無理だよ」

侑「…ごめんね、歩夢」

歩夢「侑ちゃん…」

侑「もう…同好会も辞めるね」



107: 名無しで叶える物語 2020/12/22(火) 17:55:37.35 ID:Hvf9mJZM.net

歩夢「そっか…」

歩夢「じゃあ私も辞めるよ、ずっと一緒に居よう?絶対1人にしないから…」

侑「ぇ…」

侑(ダメって言わないといけないのに…)

侑(私のために夢を諦めちゃダメって…)

侑「あ…ゆむ…」

侑「うん…ごめんね…」ポロポロ



113: 名無しで叶える物語 2020/12/22(火) 22:50:58.87 ID:Hvf9mJZM.net

───

──────

─────────
歩夢「お泊り会なんて久しぶりだね」

歩夢「ご飯何が良い?材料あるかわかんないけど…」

侑「歩夢の料理なら何でも良いよ」

侑「全部、おいしいから」

歩夢「えへへ…侑ちゃんにそう言われたら何でも作れちゃうよ!」

歩夢「…今日お母さん遅いんだ~」

歩夢「あ、侑ちゃんごめんね?お布団出しといてくれる?場所は前と変わってないから…」

侑「…歩夢と…一緒に寝たい」

歩夢「え?!狭いと思うけど…」

侑「嫌…?」

歩夢「ううん!侑ちゃんが平気なら私は全然良いよ!」

歩夢「昔よく同じベットで寝たよね~」



114: 名無しで叶える物語 2020/12/22(火) 23:47:41.51 ID:Hvf9mJZM.net

侑(ずるいな…私)

侑(歩夢が今の私のお願いを断るわけ無いって分かってて、急にお泊りしたいって言って)

侑(スクールアイドルも辞めさせて…)

歩夢「侑ちゃん、味の素取って?」

侑「ぇ?…う、うん…えっと~…はいこれ」

歩夢「ありがと~」

侑「お皿、どれがいいかな」

歩夢「えーっと…平たい中くらいの奴かな」

侑「うん…はい、2枚でいいよね」

歩夢「そう、ありがとう侑ちゃん」

侑「ううん気にしないでよ…あ、薬取ってこなきゃ」

侑「ちょっと家行ってくるね」

歩夢「あ、ちょっとまってもうすぐ出来るから…一緒に行こうよ」

侑「これくらいなら…大丈夫だよ」



115: 名無しで叶える物語 2020/12/22(火) 23:48:30.50 ID:Hvf9mJZM.net

侑(…これ以上頼れないよ)

ガチャッ…バタン

侑(まだ寒いなぁ…鍵鍵…)

侑(あれ、掛け忘れたかな…)

ガチャッ…バタン…パチッ

侑「…よいしょ」ゴソゴソ

侑「これと…これと、あと…これと…」

侑「はぁ…多いよ」

「…」スタスタ

侑「…歩夢?」



116: 名無しで叶える物語 2020/12/22(火) 23:51:46.55 ID:Hvf9mJZM.net

「居た…」

侑「ぇ…」

「殺しに来たよ、ゆーちゃん」

侑「ぁ…ぁ…」

「あれ?叫んだりしないわけ…ま、いいや」

「あんたのせいで最悪な目にあってるわけよ、私」

「陳腐だけどその復習ってわけ」

侑「か…かぎが」

「イキ散らかしてる間にコピーしといたから、知らなかった?」

侑「いや…」ガタガタ

侑「ぃや…ぃやあぁ!!!」ドンッ

「うぁっ離して!!」

侑「うぅううぅっ…はっ…ああぁぁっ!」ドタドタ



117: 名無しで叶える物語 2020/12/22(火) 23:52:43.20 ID:Hvf9mJZM.net

「このっ…くそっ…」

侑「あ゛むっ…ん゛ん゛ん゛ーっ…」

「い゛ったあ゛ぁぁ゛あ!!」ゴトッ…

侑「しぃぃ゛い゛ねえ゛ぇ゛ぇ゛ええぇっ!!!!!!!!!!」グサッ

「や…やめ」

侑「ぁあ゛っ…あ゛っ…はっ…ぐぁあ゛あ゛っ」グサッグサッグサッ

侑「はぁ…っ…はーっ…はっ…」



118: 名無しで叶える物語 2020/12/22(火) 23:53:26.67 ID:Hvf9mJZM.net

ガチャッ…バタン

歩夢「侑ちゃんどうした…の?」

歩夢「侑ちゃん!!!大丈夫?!救急車呼ぶから…」

侑「…ぁゆむ…」

歩夢「侑ちゃん!!しっかり!…え…?」

歩夢「誰…この人」

歩夢(ひっ…顔が…この血はじゃあ…ま…さか侑ちゃんが…?)

歩夢「救急車…」

歩夢「…もしもし…救急で…はい………」

─────────

──────

───



119: 名無しで叶える物語 2020/12/22(火) 23:53:42.89 ID:Hvf9mJZM.net

歩夢「いちごたべる?」

侑「うん」

歩夢「はい、あーん」

侑「んっ…あま~い」

歩夢「おいしい?」

侑「うん、おいしいよ!」

歩夢(あの日侑ちゃんが殺した人は侑ちゃんを襲ったグループの1人だった)

歩夢(顔がぐちゃぐちゃで判別がつかなくて監視カメラとか体の特徴とかDNAで判定したらしい)

歩夢(包丁に残っていた指紋とマンションの監視カメラ、現場の状況から見て正当防衛と判断された)



120: 名無しで叶える物語 2020/12/22(火) 23:56:47.97 ID:Hvf9mJZM.net

侑「もういっこあーんして…」

歩夢「はい、あーん」

歩夢(部屋が血まみれになってしまったので侑ちゃんは私の部屋に、おばさん達はホテルに避難中…)

侑「歩夢、ぎゅーってして?」

歩夢「うん、ほら…ぎゅーっ…」

侑「えへへへ…しあわせ…」

歩夢(あんな事があったんだもん、いっぱい休んで心を治さないとね…)

歩夢(私が守るから、治るまでも…治ってからも)

歩夢「…ずっと一緒だよ」

侑「うん!」

おわり


元スレ
侑「歩夢以外いらない」