SS速報VIP:森夏「クリスマスパーティー?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1356353547/



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/24(月) 21:52:28.04 ID:/FRQEiQu0

凸守「そうデス!我が屋敷にマスターを招待し、共に聖夜を過ごす…ふふ」

凸守「…まぁ、お願いするならお前たちも呼んでやらんこともないデスよ?」ふふん

凸守「さァ!この私に慈悲を乞うのデス!」

森夏「……いやいや…二人なら来れないわよ?」

凸守「えっ?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1356353547




2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/24(月) 21:53:02.27 ID:/FRQEiQu0

凸守「どっ、どうして…」

森夏「どうしてって…クリスマスに恋人同士、二人っきりにならなくてどうするのよ」

凸守「ぅ…で、でも、私とマスターは…」

森夏「別に良いでしょ、クリスマスぐらい。ほっといてあげなさい」

森夏「大体あんただって、一緒に遊ぶ友達くらいいるでしょ?」

凸守「……デェト…」ぼそっ

森夏「え?」

凸守「みんな男とデートデスよぉぉっ!!!」

森夏「……;」



3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/24(月) 21:53:51.57 ID:/FRQEiQu0

凸守「うぅ、男なんて、男なんて…」

森夏「あー、ごめんごめん。よしよし」

凸守「…っ!よ、余計な気遣いをするなデス!」

森夏「何よ…でも、そっか。それじゃ、私とおんなじね」

凸守「え…」

森夏「…よし、それじゃ、明日は二人でどっか遊びにでも行く?」

凸守「へっ?」



4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/24(月) 21:55:29.44 ID:/FRQEiQu0

そしてクリスマス当日

森夏「……迎えに来いと言うから来てはみたものの……」

森夏「……ホント、凄い家に住んでるわね。冗談抜きでお屋敷じゃない」

森夏「とにかく呼び鈴を…」

りーんろーん

『…はい~』

森夏「こんにちはー。私、丹部谷と申しますが中ぼ…早苗ちゃんは……」

『あらあなたが…ふふ、あの子用意にもう少し掛かるみたいだから、悪いんだけど中に入って待っていてくださる?』

森夏「あ、いえ、悪いので外で…」

『いいからいいから、さぁさぁ♪』

ゴゴゴゴゴ

森夏「も、門が一人でに…;」



5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/24(月) 21:57:14.22 ID:/FRQEiQu0

「紅茶をお入れ致しました」

森夏「あ、ど、どうぞお構いなく…」

「しばしお待ち下さいませ」

森夏「は、はい」

森夏(……あんな車持ってたぐらいだし、お金持ちではあるんだろうと思ってたけど……)

森夏(……これはもう、金持ちとかそういうレベルじゃないわね……)

森夏(うぅ、ちょっと緊張してきたかも…)かちんこちん



6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/24(月) 21:58:07.62 ID:/FRQEiQu0

「早苗ー?お友達がもう来てるわよ」

森夏(…あ、声が…)

凸守「わっ、わかってる!」

「まだ着る服が決まらないの?昨日からずっと悩んで…まるでデートじゃあるまいし」

凸守「なっ、悩んでないっ!」

「とにかく早くね…って、ちょっと、今日ぐらいそのツインテールやめたら?」

凸守「え?でっ、でもこれはミョルニルハンマーの」

「いいからほら、さっさと解いて…手伝ってあげるから」

凸守「うぅ…」

森夏(…何だかずいぶんともめてるみたいね…)



7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/24(月) 21:59:17.09 ID:/FRQEiQu0

凸守「待たせたデス!」

森夏「………」

凸守「…ふふ、この凸守の魔力に気取られ声も出ないデスか?」

森夏「…えっと、誰?」

凸守「んなっ?凸守デスよ!」

凸守「マスターのサーヴァントでありミョルニルハンマーの使い手…まぁ今は無いデスが…」

森夏「…あっ!あん時の私を殴ってきた美少女ってもしかして…!」

凸守「ふふん、今更気付いたのデースか?私の完璧な変装に騙さ」

森夏「ふーん…なんだ。それなら普段からそうしてればいいのに。可愛いし」



8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/24(月) 21:59:52.66 ID:/FRQEiQu0

凸守「んなっ?!//」ばばっ

森夏「きゃっ?な、何よっ」

凸守「い、今、なんと…」

森夏「え?だから可愛いって…」

凸守「……みょ、妙な言葉を使ってこの私を翻弄させるなデスこのニセサマー!!//」

森夏「い、いやいや…妙も何もホントの事言っただけだし」

森夏「…あ、そういえば服装もいつもと違ってオシャレね。そういう服も持ってたんだ」

凸守「う、うぐぐ…//」

「褒めてもらえて良かったわねぇ、早苗」

凸守「お母さまは黙ってて!」

森夏「お母さま?!」



9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/24(月) 22:09:30.90 ID:/FRQEiQu0

森夏「さぁ~て、まずはどこに行きましょうかねぇ…」

凸守「………」

森夏「…いい加減、機嫌直したら?」

凸守「!べっ、別に機嫌を損ねてなどいないデス!」

森夏「そ?なら良いけど。…せっかく遊びに来たんだから、楽しまなくっちゃ」

凸守「………」

森夏「あんただってせっかくおめかししてきたんだから」

凸守「だっ、だからこれはおめかしなんかじゃ…!」

森夏「あーはいはい。それは悪ぅございました」

凸守「ぐぬぬ…このニセサマーめ…」

森夏「今日は帰るまでに何としてもあんたに先輩、って呼ばせてみせるんだから」

凸守「そんなことは不可能デス!無理と知れデス!」



11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/24(月) 22:40:34.70 ID:/FRQEiQu0

森夏「はん、どーだか…あ、そうだ、まずはあれでも観ない?」

凸守「あれ?」

森夏「ほらこれ」
↑どホラー

凸守「………」

凸守「……わ、わざわざそんなもの観なくても、空いてそうなこっちで良いんじゃないデスか?」

森夏「えー?嫌よそんな中二病丸出しなアニメ」



12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/24(月) 22:41:15.24 ID:/FRQEiQu0

森夏「別に、こっちだって結構あんた好みで面白そ…。…!」ピーン

森夏「……ははーん、なるほどねぇ、ふーん」

凸守「……な、なんデスか」

森夏「あんた、これ観るのが怖いんだ」

凸守「んなっ?!な、何を言うデス!このミョルニルハンマーの使い手、凸守早苗に怖いものなど…!」

森夏「そ。じゃあ大丈夫よね。すみませーん、学生二枚くださーい」

凸守「う、うぅ…」



13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/24(月) 22:41:50.11 ID:/FRQEiQu0

上映中

森夏「………」びくっ

凸守「………」

森夏(…うっ…これ、思ってたより…きゃっ!)

森夏(結構怖い….わね)

『きゃーっ!』

森夏「きゃっ?!」びくっ

森夏(…うぅ…強がってこんなの観に来るんじゃなかった…)

森夏(…でもこの分だとあの中坊は怖くて目も開けられないかも…)ちらっ

凸守「…♪」へーぜん

森夏(えぇっ?!何でそんな平然としてるのよ!)

『うわぁぁっ!!!』

森夏「きゃーっ!!!」がしっ

凸守「?!//」



14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/24(月) 22:43:03.97 ID:/FRQEiQu0

森夏「うぅ…酷い目にあった」

凸守「案外面白かったデスね」

森夏「何よ、結局私の方が怖がってるじゃない…」

凸守「………」にや

凸守「おやぁ?観るのが怖いのは、果たしてどちらの方なんデしょうかねぇ~」

森夏「ぐ、ぐぬぬ…」

凸守「「きゃーっ!」などと、情けない声をあげて…」

森夏「うぅ//くそ、こんな筈じゃあ…」

凸守「あげく私に抱きついてきたりして…」

森夏「もう私が悪かったから!勘弁してーっ!」



15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/24(月) 22:43:55.50 ID:/FRQEiQu0

凸守「~♪」

森夏(何よ、すっかりご機嫌になっちゃって…)

森夏「…さて、時間も時間だし…そろそろお昼にでもしましょ?」

森夏「どこか良いお店は…」

凸守「!なら、あそこにするのデス!美味しいデースよ?」

森夏「ホント?えーっと……げっ」

凸守「?どうかしたデスか?」

森夏「……あんた、それ本気で言ってる?」

凸守「何をぅ?!凸守はいつだって本気なのデス!」シュバッ

森夏「だってこれ……ランチで1200円って高すぎ……」

凸守「?そうデスか?」

森夏(ちっ、このブルジョワめ!)



16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/24(月) 22:44:23.88 ID:/FRQEiQu0

結局さっきの店に入る

森夏(まぁ、せっかくのクリスマスなんだし…これぐらいの贅沢は良いか…)

凸守「おっ、このクリスマスソングは聞いたことがあるデス。マライアキャリーデスね」

凸守「All I Want For~♪」

森夏(発音良いな…)

森夏「…ねぇ、あんた学校の子達とマックとか行ったりはしないの?」

凸守「?どうしてそんなことを聞くのデス」

森夏「いや、だって…ねぇ」

森夏(気軽にランチ1200円の店に入るぐらいだし)

凸守「普通に行きますよ?最近は部か…結社の集まりがあるので行けてないデスが」

森夏「普通に部活って言いなさいよ…へぇ、そう。なんか意外かも」

凸守「?そうデスか?」

森夏「えぇ。あんまりそういうところには行かないのかなーって」

凸守「何を言うデスか。凸守は好きですよ、マック。値段も安いデスし」

森夏(こいつの値段の基準がわからん…)

オマタセイタシマシタ~



17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/24(月) 22:44:55.14 ID:/FRQEiQu0

森夏「……んおいっしーい!!!!」

森夏「えっ?何これ?こんなの食べたことない!」

森夏「結構量もあるし…見た目もなんかよくわかんないけどお洒落だし…」

凸守「ふふん、どうデス?美味しいでしょう」

森夏「…うん、ごめん…正直見くびってたわ。凄く美味しい」

森夏「…これなら…」

凸守「ものの割に…安くて美味しい、でしょう?」にこ

森夏(…!あぁ、それで…)

森夏「……参りました」ふかぶか~

凸守「?」



18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/24(月) 22:46:32.24 ID:/FRQEiQu0

凸守「おぉ!これはなかなか大きいところデスね!ニセサマーにしては良くやったデス」

森夏「一言余計よ……大体いつもここに服を買いにきたりするんだけど……」

森夏「…流石にクリスマスなだけあって景観が華やかねぇ~」

凸守「!これ、この店に入りたいデス!」

森夏「えっ?良いけど…どうしてあんたはそうゴスロリな服ばかり…」

森夏「…!!」

凸守「無理して~馴染ませっ…♪」

森夏「ちょっと隠れて!」

凸守「でこっ?!」



19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/24(月) 22:47:04.94 ID:/FRQEiQu0

凸守「…な、何をするデスこのっ…!」

森夏「しっ…!ほら、あれ…」

凸守「?あれ…?」

凸守「…!」


六花「ゆーた…次はあっち」

勇太「お、おい、ひっつきすぎるなよ…」

六花「ひっついたら…嫌?」

勇太「い、嫌ではないけど…//」

六花「ならもっとひっつく」ぴたっ

勇太「おっ…おい!//」



20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/24(月) 22:47:39.29 ID:/FRQEiQu0

森夏「…は~、見せつけてくれちゃって」

凸守「………」

森夏「まったくまさかこんなところで鉢合わせになるなんて…ねぇ?って…!」

凸守「……うぅ」ぐす

森夏「ちょっ、ちょっと!何泣いてるのよ!」

凸守「うぅ…だって、だって……ますたぁー……」じわ

森夏「あぁもう、よしよし可哀想に…全く、空気の読めないカップルねぇ」

凸守「うぅ…」ぐすん

森夏「…!そうだわ!」



23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/24(月) 23:00:53.98 ID:/FRQEiQu0

凸守「…?どうしたのデス?」

森夏「このままじゃなんか癪だし…二人で邪魔してやりましょう!」

凸守「……クリスマスくらい、恋人同士でほっといてやるのでは無かったのデスか?」

森夏「うっ…き、気が変わったのよ!」

凸守「……それに、凸守はマスターの悲しむ顔を見たくはないのデス」

森夏(そ、その辺はまともなのね…)

森夏「じゃっ、じゃあほら、悲しませない程度に!」

凸守「……どうやって?」

森夏「………」

凸守「………」

森夏「……呪い…とか?」

凸守「………」



24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/24(月) 23:01:53.09 ID:/FRQEiQu0

森夏「まぁほら、今日はマスターのことは忘れて、私たちは私たちだけで楽しみましょっ」

凸守「………」

森夏「ねっ?ほら元気出して」

凸守「………」

凸守「……うん、わかった」しゅん

森夏(ーーっ!!//)どっきーん

森夏「…あぁ~、もうっ!可愛いわねぇっ!」だきっ

凸守「?!////なっ、ななな何をするデス離すのデス!////」



25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/24(月) 23:02:53.90 ID:/FRQEiQu0

そうして

森夏「ほら見てー?この子可愛い~」

凸守「おぉ…でも、凸守はこっちの子の方が可愛いのデス」

森夏「えぇ~?何よ、あんた犬派なの?」

凸守「デス!古くから犬は主人に忠実なパートナーとして…そう!さながらサーバント…!」

森夏「自分がネコみたいなくせして」

凸守「んにゃっ?!」

二人で

森夏「うわ、あんたそれトッピングしすぎ…」

凸守「クレープはこれぐらいやって普通なのデス」

色んなところを回り

森夏「…あんたそんなにロシア好きだっけ?」

凸守「~♪」



26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/24(月) 23:13:31.33 ID:/FRQEiQu0

夜に至る

森夏「ふぅ~、結構色々回ったわねぇ…」

森夏「外もだいぶ暗くなってきたし…」電飾がキレイ

森夏「どうする?ちょっと歩けば向こうにおっきいクリスマスツリーがあるけど…」

凸守「…!クリスマスツリー…?」

凸守「…う、で、でも、凸守は少し、疲れたのデス…」

森夏「…それもそうね…そうだ、あそこの公園で少し休みましょう」



27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/24(月) 23:20:56.87 ID:/FRQEiQu0

森夏「…なんか、この公園…」

いちゃいちゃ いちゃいちゃ

森夏「…カップルだらけね…」

凸守「そ、そのようデスね…」


男「…なぁ、その…いいか?」

女「えっ?だ、だって、人がこんなにいるのに…」

男「どこも同じようなもんさ。ほら…」

女「もぅ…馬鹿//」



28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/24(月) 23:21:58.90 ID:/FRQEiQu0

森夏「……//」

凸守「……//」

森夏「……く、来るところを間違えたようね」

凸守「そうデス…ね」

森夏(…はぁ、今頃小鳥遊さんと冨樫君も…こんな風にイチャついてるのかしら)

森夏(流石に…ちょっとヘコむわね)

凸守(……私たちも…この空気に飲まれてあんな風にイチャイチャと……)



29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/24(月) 23:29:27.13 ID:/FRQEiQu0

凸守「~ッ!////って!なっ、何を考えているのデスか私はッ!////」

森夏「え、何?どしたの?」

凸守「うるさいデス!なんでも無いデッス!//」

森夏「え~?何よ…あ、もしかしてあんたも私とおんなじこと考えてたの?」

凸守「えっ?」

凸守「……お、おんなじことって……ま、まさか」

森夏「良いわよねぇ~、私も、ちょっとあんなことしてみたいかも。…ま、誰彼構わずとは言わないけど」

凸守(そ、そ、それってやっぱりわた、わたわた私と…ッ?!////)



30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/24(月) 23:40:43.48 ID:/FRQEiQu0

凸守「まっ、ままま待つのデス!わっ、私にはDFMがいるとはいえ、やはりマスターが」

森夏「は?何言ってんの?」

凸守「え?」

凸守「……聞きますが、お前が考えていた事というのは」

森夏「だから、今頃小鳥遊さんと冨樫君もあんな風にイチャついてるんだろうな~…って」

凸守「………」

森夏「…あ、あれ?違った?」

凸守「ちっ、ちちち違ってなどいませんよ?!//そっ、そう!私もそう思ってましたとももちろん!//」

森夏「あんた喋り方が素に戻ってるわよ」

Σ凸守「はうっ」



31: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/24(月) 23:41:26.23 ID:/FRQEiQu0

凸守「…へっくち!」

森夏「!ちょっと…あんた大丈夫なの?」

凸守「平気デス!凸守はこの程度で…へくちっ」

森夏「全然平気じゃないじゃない…もぅ、仕方ないわね」

しゅるしゅる

凸守「?」

森夏「…ほら、私のマフラー貸したげるから巻いときなさい」

凸守「余計なお世話…!っくち」

森夏「ほら強がってないで…巻いてあげるからじっとしてて」



32: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/24(月) 23:42:30.18 ID:/FRQEiQu0

しゅるしゅる

凸守「……//」

森夏「…よしっ、これで良いわ」きゅっ

凸守「…ふ、ふんっ、そこまで言うならつかってやるデ…」

森夏「あーはいはい」

森夏「…っ」ぶるぶる

凸守「………」

凸守「………」しゅる

森夏「?ちょっと、せっかく巻いてあげたのに…って、え?」

凸守「………」まきまき

森夏「ちょっ…?!あ、あんた何やって…!//」

凸守「…よし//」

森夏「……//」

秘技・マフラ一カップル巻き



33: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/24(月) 23:46:02.35 ID:/FRQEiQu0

森夏「ど、どうして…」

凸守「………」ちらっ

森夏(?…あ。もしかしてこの子…寒がってる私を気遣って…)

凸守「し、仕方ないのでお前にも使わせてやるデスよ!//感謝するデス!」

森夏「…何よもぅ、やっぱり良い子なんじゃないあんた!」ばしっ

凸守「あだっ…?!…なっ、なんのことデス?凸守はこうしていつでもお前の首を締められるように…」

森夏「それじゃああんたの首も締まっちゃうでしょ」

凸守「うっ」

森夏「ふふっ、ありがとね」



34: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/24(月) 23:46:31.64 ID:/FRQEiQu0

森夏「…結局、あんたは最後までそんな感じだったわね」

凸守「当然デェス!」

森夏(…まぁ、十分いつもと違うところは見れたけど)

森夏「…それで?今日は楽しかった?」

凸守「…ふ、ふん。まぁ、それなりに暇潰しにはなったデス」

森夏「えー、それだけー?つれないわねー」

凸守「うるさいデス!」

森夏「……私は…結構楽しかったけどね」にこっ

凸守「……//」



35: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/24(月) 23:47:58.90 ID:/FRQEiQu0

森夏「それじゃ、そろそろ帰りましょうか」

凸守「…あ、く、車で送って」

森夏「いーわよっ、自分で帰った方が早いし」

森夏「お気遣いどーもっ♪」

凸守「……べ、別に気遣ってなんか……」

森夏「それじゃ、また部室でね」

凸守「………」

凸守「………………きょ、今日は……ありがとうございました……先輩」ごにょ



36: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/24(月) 23:50:50.05 ID:/FRQEiQu0

森夏「……え?あんた今」

凸守「はーっはっはっは!!ではさらばデスニセモリサマーッ!!!」だだっ

森夏「!ちょっ、ちょっと待ちなさい!!」

凸守「待てと言われて待つ馬鹿はいないのデスこのマヌケめ!」

森夏「くっ…!このぉ…!」

凸守「………」

凸守「……また…一緒に行きましょうね」


おわり



37: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/24(月) 23:54:04.14 ID:/FRQEiQu0

凸森サマに幸あれ

どこ行ってもアクセス制限されたんで日付変わる前にここでゲフンゲフン

少し早いですがメリークリスマス。皆さん良いクリスマスを


元スレ
SS速報VIP:森夏「クリスマスパーティー?」