1: ◆1nspp/W0HA 2020/12/25(金) 20:49:47.83 ID:95lmWmtj0

鹿島「提督さん。今、お時間よろしいでしょうか?」

提督「すまん。刹那の見切りやってるから手が離せない」

鹿島「いや、仕事してくださいよ」

鹿島「って、そうじゃなくて!新しい任務、お読みになられましたか?」

提督「任務?」

鹿島「覚えていらっしゃらないのですか?」

鹿島「近日中に観艦式を行う予定なので、その間にケッコンカッコカリを済ませて欲しいとの内容です」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1608896987




2: ◆1nspp/W0HA 2020/12/25(金) 20:56:59.54 ID:95lmWmtj0

提督「だが、うちには最大練度の艦娘って居なかったよな?」

鹿島「言われてみれば……確かにそうですね」

提督「仕方がない……この観艦式とやらは辞退するしかー」

鹿島「駄目ですよっ!」

鹿島「これは本部直々の命令書のようなもの」

鹿島「この観艦式に出ないと鎮守府の評価が下がってしまいますよ!」

提督「何だとっ!?」

鹿島「それを避ける為にも、この任務はなんとしてでも達成する必要があるかと!」

提督「そ、そうか……」

提督(俺はそんな重要な任務を放置していたのか……)

提督(これは何としてでも達成しないとな)



3: ◆1nspp/W0HA 2020/12/25(金) 20:58:40.08 ID:95lmWmtj0

提督「最大練度に一番近いのは川内か」

提督「しかし、今から急ピッチで練度を上げたとしても期日までには間に合うかどうか……」

鹿島「でしたらケッコンカッコカリを済ませたフリをして出れば良いんですよ!」

鹿島「名付けて……ケッコンカッコカリを偽装せよ!です!」

提督「それ……大丈夫なの?」

鹿島「きっと何とかなりますから!ねっ?」

提督「正直、その自信がどこから来るのか分からんが……やってみるか」

鹿島「それでこそ提督さんです!」



4: ◆1nspp/W0HA 2020/12/25(金) 20:59:06.20 ID:95lmWmtj0

提督「そうと決まれば誰を選ぶか悩むな……」

鹿島「はいはーいっ!鹿島が出たいでーす!」ピョンピョン

提督「お前は絶対にトラブルを起こすから駄目だ」

鹿島「そんなぁ!?」

提督「晴れやかな観艦式を滅茶苦茶にするつもりか?」

提督「それこそ鎮守府の評価は地の底だ。俺の首も飛んでしまうわ」

鹿島「そんなヘマは絶対にしませんよっ!」



5: ◆1nspp/W0HA 2020/12/25(金) 21:01:18.98 ID:95lmWmtj0

提督「観艦式には夫婦として出なければならん。誰かが役を演じる必要がある」

提督「だとしたら平静を保てる艦が欲しいな」

鹿島「仮面夫婦を演じている人って、冷静な方が多いイメージがありますもんね」

提督「好ましいのはクールで知的な艦娘……」

響「それはつまり……響だね」ヒョコッ

鹿島「ひゃっ!?」



6: ◆1nspp/W0HA 2020/12/25(金) 21:02:03.81 ID:95lmWmtj0

提督「何処から聞き付けたんだ!」

響「情報網とは常に張り巡らせるものさ。私に隠し事なんて出来ないよ」

提督「……お前、盗聴器とか仕掛けてないだろうな」

響「……~♪(バレバレな誤魔化し方)」

提督「あるんだな」

響「あったとしても私には無関係さ」



7: ◆1nspp/W0HA 2020/12/25(金) 21:03:02.96 ID:95lmWmtj0

鹿島「響ちゃんが観艦式に出るんですか?」

響「そのつもりだよ。知的でクールな妻役となれば私が適役だろうからね」

提督「俺と夫婦の役を演じる事になるが……大丈夫か?」

響「勿論。どんな役だって演じきってみせるさ」

鹿島(むー……)



8: ◆1nspp/W0HA 2020/12/25(金) 21:03:32.33 ID:95lmWmtj0

鹿島「ではテストをしてみましょう」

提督「テスト?何のために」

鹿島「実際に演技をしてみて、響ちゃんが本当に夫婦を装えるのか確かめてみないと」

響「私は準備はできているから、いつでもいいよ」

鹿島「まずは提督さんと手を繋ぐところからスタートです」



9: ◆1nspp/W0HA 2020/12/25(金) 21:04:00.92 ID:95lmWmtj0

響(提督と手を……)

提督「んじゃ始めるぞ」

ギュッ

響「あ……」

響(提督の手……大きい……)

響「あぅ///」ポン

鹿島「はい、終了でーす!」



10: ◆1nspp/W0HA 2020/12/25(金) 21:04:51.41 ID:95lmWmtj0

響「くっ……い、今のは何かの間違いだ」

響「次はもっと上手くやれる。もう一度チャンスを……!」

鹿島「テストは一人一回までというルールですので」キッパリ

提督「すまんな。公平性を保つ為なんだ」

提督「またいつか挑戦してくれ」ナデナデ

響「うぅ……分かったよ。今回はここで引く事にするさ」



11: ◆1nspp/W0HA 2020/12/25(金) 21:11:08.34 ID:95lmWmtj0

ガチャッ バタン

鹿島(ふぅー……何とか失格になってくれました)

鹿島(ああは言われましたけど、鹿島はまだ諦めてませんからね!提督さん!)

鹿島(そもそも失格って言ってませんでしたし、まだチャンスはある筈!頑張れ鹿島っ!)

提督「響が早くも失格になるなんて意外だったな」

鹿島「見事な瞬殺でしたね」

提督「響なら適役だと思ったんだが」

提督「うーむ……他に適役な艦娘がいないものか……」



12: ◆1nspp/W0HA 2020/12/25(金) 21:11:43.05 ID:95lmWmtj0

ガチャッ

加賀「ここにいるわ」

鹿島「加賀さん!」

提督「お前らは何処から嗅ぎ付けてくるんだ……」

加賀「大切な情報をいち早く入手するのも正s……正規空母の役目ですから」

提督「提督のプライバシーも考えてよ」



13: ◆1nspp/W0HA 2020/12/25(金) 21:13:30.24 ID:95lmWmtj0

加賀「テストでしたよね?どの様な内容でも構わないわ。早く始めましょう」

提督「やけに自信満々だな」

加賀「常に平静を保てるのが私の長所ですので。勝利は確実です」

提督「ふむ……これは期待できそうだ」

鹿島「ではその自信を見せて頂きましょう!!」



14: ◆1nspp/W0HA 2020/12/25(金) 21:15:13.76 ID:95lmWmtj0

提督「まずは手を繋ぐ……からだったよな」

加賀「お好きにどうぞ」

提督「では失礼して」

ニギニギ

提督「ん……加賀の手はすべすべしているな」

加賀「ふふっ、ありがとうございます」

加賀「毎日お手入れは欠かしてませんので。身嗜みを気にするのも一航戦として当然です」



15: ◆1nspp/W0HA 2020/12/25(金) 21:16:03.70 ID:95lmWmtj0

提督「手を繋いでも動じる気配無しか」

加賀「当たり前でしょう」

加賀「この程度で動揺するのは子ども位です」

提督「よし、もういいだろう」パッ

加賀「もう終わりですか。呆気ないですね」

鹿島(ぐぬぬ……!このままではテストに合格されてしまうかもしれません……!)

鹿島(こうなったらハードルを一気に上げねば!)



16: ◆1nspp/W0HA 2020/12/25(金) 21:20:34.07 ID:95lmWmtj0

鹿島「では次のステップに進みましょう!」

提督「まだやるのか」

加賀「次は何をさせられるのかしら」

鹿島「次のお題はキスです!」

提督「き、キスぅ!?」

加賀「それは流石に……私は構いませんが、テストとしてどうなのでしょう……」



17: ◆1nspp/W0HA 2020/12/25(金) 21:24:11.97 ID:95lmWmtj0

鹿島「夫婦として式に出るのであれば、当然、誓いのキスをする場面だってある筈!」

鹿島「そこで恥ずかしがっていては不自然に見られてしまいます。それを難なくこなすのが仮面夫婦としての素質かと!」

加賀「成る程……夫婦であれば愛し合うフリも必要という訳ですね」

鹿島「いえーす」

提督「いやいや!流石にテストとはいえ、キスなんてできないぞ!?」

鹿島「なにも本当にしていただく訳ではありません」

鹿島「顔を近付けるだけでも結構です」

提督「あ、ああ……それなら良かった」

加賀(ほっとしたような惜しいような)



18: ◆1nspp/W0HA 2020/12/25(金) 21:26:32.69 ID:95lmWmtj0

加賀「どうであれ、私は構いませんが……始められますか?提督」

提督「お、おう!!」

提督「心の準備はできた。鹿島、合図をくれ」

鹿島「では、第二テスト始めっ!」



19: ◆1nspp/W0HA 2020/12/25(金) 21:27:03.69 ID:95lmWmtj0

提督(顔を近付けるだけ……何もおかしな事は無い……うんうん)

提督(身体も段々近くなって密着してきたぞ……。加賀は大丈夫か?)

加賀「……」

提督(凄いな……ここまでしても顔色一つも変わらないなんて)



20: ◆1nspp/W0HA 2020/12/25(金) 21:33:19.70 ID:95lmWmtj0

提督(でも少し安心しt)

加賀「」ガシッ

提督「うおっ!?」

提督「か、加賀?いきなりどうした」

提督「テストなんだから肩を掴まなくても……」

加賀「フーッ……!!フーッ……!!」

提督「」



21: ◆1nspp/W0HA 2020/12/25(金) 21:33:50.52 ID:95lmWmtj0

鹿島「大変です!!加賀さんが暴走してます!!」

提督「見りゃ分かるわ!!」

提督「それより早く止めてくれ!俺の力じゃ振りほどけないんだ!」

鹿島「わ、分かりました!」

鹿島「加賀さん、テストはもう終了です!提督さんを離してください!」

加賀「」ギュウ

提督(ギエエエエエエエ!!ほ、骨が折れる……っ!)

提督「鹿島ぁ!助けてくれぇええ!!」



22: ◆1nspp/W0HA 2020/12/25(金) 21:34:16.67 ID:95lmWmtj0

加賀「ち”ゅううううぅ」

提督「んぐぅ!?」

加賀「ジュゾゾゾゾゾ」

提督「」

鹿島「提督さーーーーん!?」



23: ◆1nspp/W0HA 2020/12/25(金) 21:36:24.40 ID:95lmWmtj0

…………………
…………


提督「」

加賀「……」テカテカ

鹿島「て、提督さん……生きてますか?」

提督「」

鹿島「ああ……顔色が真っ青どころか全身真っ白に……」

加賀「何故か気分が高揚しています」ツヤツヤ



24: ◆1nspp/W0HA 2020/12/25(金) 21:39:53.69 ID:95lmWmtj0

加賀「途中から記憶がありませんでしたが、きっとテストは合格でしょう」

鹿島「なるかーっ!」

加賀「何ですって……!?」

鹿島「暴走して提督さんをこんな酷い姿にして!これではお嫁さんには程遠い、猛獣ですよ!」

加賀「……一体、何が?」

鹿島「貴女は暴走して提督さんとチューしたんですよ!」

鹿島「しかもチューなんて生易しいものじゃなくて、もうバキュームでしたよ!バキューム!!」

加賀「私がそんな事を……?信じられません……」



25: ◆1nspp/W0HA 2020/12/25(金) 21:44:14.88 ID:95lmWmtj0

鹿島「とにかく!暴走してたので失格です!」

加賀「むむ……提督が倒れている以上、認めざるを得ませんね」

加賀「ここは大人しく引き下がりましょう」

加賀「ですが正妻の座は譲りませんので、そこは悪しからず」


ガチャッ バタン


鹿島(もう正妻のつもりなんですね)




26: ◆1nspp/W0HA 2020/12/25(金) 21:46:41.46 ID:95lmWmtj0

鹿島「提督さんのキスは奪われましたが、お嫁さん役の座は何とか死守できたのでセーフ」

鹿島「コラテラルダメージですっ!」

提督「う、うーん……」

鹿島「提督さんっ!お気付きになられたのですね!」

提督「悪夢のような役得のような……そんな夢を見ていた気がする……」

提督「そうだ!加賀の判定はどうなったんだ?」

鹿島「残念ながら失格でした」

提督「そうか……いや、言うまでもなかったか……」



27: ◆1nspp/W0HA 2020/12/25(金) 21:49:38.98 ID:95lmWmtj0

提督「そうこうしている内に夕方だな」

提督「早いところ、次の挑戦者を決めないt…」

扉「」バンッ!

金剛「やっとワタシの出番デスネー!!」

提督「金剛!?」

金剛「テイトクに挑戦すればキスできるって聞いたヨー?」ズズイッ

提督「違うわ!!何処でそんな話聞いたんだ!」

提督「観艦式に出るケッコン艦が必要なんだよ!」



28: ◆1nspp/W0HA 2020/12/25(金) 21:50:17.19 ID:95lmWmtj0

金剛「Oh!!だったらどうしてワタシに声を掛けてくれなかったノー!!」

提督「お前に話すと『ならいっそ結婚しまショーウ!』とか言い出しかねなかったからだ!!」

金剛「そこまでワタシの事考えてくれてたノー!?嬉しいデース!!」

金剛「これはもう相思相愛……!花嫁役はワタシで決まりネー!提督の隣からは離れないんだからー!」ムギュゥ

提督「人の話を聞け……モガっ……!」



29: ◆1nspp/W0HA 2020/12/25(金) 21:54:09.38 ID:95lmWmtj0

鹿島「ストーーーップ!!」

金剛「What?」

鹿島「提督さんのお嫁さん役になるにはテストに合格していただかなければなりません!」

鹿島「相性が良いからといって試験をパスするなんて事は、勝手は!鹿島が許しませんっ!」

提督「人の台詞を勝手に使うんじゃない」

金剛「むー……Testなんて必要無いネー」

金剛「二人がどれだけ愛し合っているかなんて一目見れば分かりマース!」

提督「一応、みんなにもやって貰ってるんだ」

提督「金剛も受けてくれないか?」

金剛「umm……テイトクにそう言われたらやるしかないネー」



30: ◆1nspp/W0HA 2020/12/25(金) 21:54:37.04 ID:95lmWmtj0

金剛「例えどんな事でも戦いはFairでなければなりまセーン!」

金剛「ズルして勝っても正妻は名乗れないからネー!」

金剛「ワタシもそれに挑戦しマショウ!」

鹿島(危なかった……あのまま流されていたら金剛さんの一人勝ちになってしまうところでした。ナイス機転、私!)グッ

鹿島(海上では頼もしい味方ですが、恋のライバルとしては中々の強敵ですね……!)

鹿島「では、まずは手を繋ぐところからスタートです!」



31: ◆1nspp/W0HA 2020/12/25(金) 21:55:15.34 ID:95lmWmtj0

提督「そいじゃ、失礼して」

ニギッ

金剛「ぁ……エ?」

金剛(ててててテイトクと手をヲヲヲヲヲ!?)

金剛「はふぅ……///」ポン

提督「……あれ?」



32: ◆1nspp/W0HA 2020/12/25(金) 21:56:57.29 ID:95lmWmtj0

鹿島「提督さんの花嫁になると豪語していた割には早かったですね」

鹿島「あ、もしかして高速戦艦だからですか?」

金剛「ノォーーーーーーー!!!」

金剛「今のは急に手を触られてビックリしただけデース!ノーカンノーカン!」

提督「ではもう一度」



33: ◆1nspp/W0HA 2020/12/25(金) 21:57:24.09 ID:95lmWmtj0


ニギッ

金剛「えへへぇ……」ニヘラ

鹿島「失格です」

金剛「ノォオオオオオオオオ!!」




34: ◆1nspp/W0HA 2020/12/25(金) 22:00:26.06 ID:95lmWmtj0

鹿島「お帰りの扉はこちらになります」ガチャ

金剛「もう一度Chanceをっ!!」

鹿島「一人一回までの決まりですので」

金剛「そこを何とかあぁぁぁ!熱いKissもまだしてないのにぃいいいー!!」ジタバタ

鹿島「観念して諦めて下さいっ!」ガシッ



35: ◆1nspp/W0HA 2020/12/25(金) 22:01:40.62 ID:95lmWmtj0


ズルズル…

鹿島「Go home!!Go home!!」

金剛「Please Come back!!Please Come back!!」

金剛「どうか私に御慈悲をぉおぉぉぉ!!」

金剛「先っちょ!先っちょだけでいいからあぁ!!」

提督「そのセリフはお前が言ったらいかんだろ」

金剛「テイトクゥウウ!アイラブユゥゥウゥ……」

バタン

提督「恐ろしい執念だった」



36: ◆1nspp/W0HA 2020/12/25(金) 22:02:14.10 ID:95lmWmtj0

鹿島「ヒトキュウマルマルになりました」

提督「花嫁役も決まらないまま夜を迎えてしまったな……」

提督「大淀になんて言い訳しようか……」

鹿島「書類仕事もまだまだ残ってますし、今日はこの辺でテストを終了致しましょう」

グゥー

提督「腹が減ってきたな……」

鹿島「夕御飯の時間ですね。食堂から何かお持ちしましょうか?」

提督「悪いが、そうして貰えるか?」

提督「俺はその間に溜まっている書類を片付けておくよ」

鹿島「はい♪鹿島にお任せ下さい!」



37: ◆1nspp/W0HA 2020/12/25(金) 22:03:09.79 ID:95lmWmtj0

バタン

提督「しかし、本当に偽装結婚なんて出来るものなのか……?」

提督「今更だけど心配になってきたな」

ガチャッ

鹿島「大変ですっ!提督さん!!」

鹿島「噂を聞いた娘達が執務室に押し寄せてきています!!」

提督「何ぃっ!?」



38: ◆1nspp/W0HA 2020/12/25(金) 22:03:42.91 ID:95lmWmtj0

「お嫁さんが欲しいのなら遠慮なく私を頼ってもいいのよ!」

「提督と結婚したら私に妹ができるって本当!?連装砲ちゃんにもできるかなー?」

「結婚したら提督に毎日、卵焼きを……えへへ~」

「結婚相手なら悩まなくても鈴谷に決まりじゃーん!!」

「後妻が増えるのは正妻として許せません。やはりここは私に決めるべきです」

「敗者復活はアリって聞いたヨー!」


ワーワー!ナノデス




39: ◆1nspp/W0HA 2020/12/25(金) 22:05:30.69 ID:95lmWmtj0

提督「誰がこんな噂を流したんだ……?」

鹿島「凄い数ですね!廊下が人で溢れかえってますよ!!」

鹿島「これなら適任の方が見付かるかもしれませんね!」

提督「喜んでる場合か!!」

提督「こんな大勢の奴が雪崩れ込んできたら執務室が滅茶苦茶になってしまうぞ!?」

鹿島「あ……」



40: ◆1nspp/W0HA 2020/12/25(金) 22:06:08.13 ID:95lmWmtj0

提督「俺は窓から逃げさせて貰う。今日の業務お疲れ様でした」ガチャ

鹿島「そんなぁ!?一人だけ逃げるなんてズルいですよ!!」ガシッ

提督「あっ、こら!!バカな真似はよせ!裾を掴むんじゃない!」

鹿島「こうなったら道連れです!地獄まで付き合って貰いますよ!」

提督「離せっ!俺は一人で逃げるんだ!!」



41: ◆1nspp/W0HA 2020/12/25(金) 22:06:57.35 ID:95lmWmtj0

金剛「バーニング……ラァアアアブ!!」

ズドドドドドドド!

那智「しまった!先を越されたか!金剛に続けえええ!」

榛名「例え相手が金剛お姉様だとしても、抜け駆けは榛名が許しません!!」

提督「ひぇっ……あいつら全員で突進して来るつもりか……!」

 ド ド ド ド ド ド !!

鹿島「き、来たあ!!」

「「ギャアアアアアアアアア!!」」



42: ◆1nspp/W0HA 2020/12/25(金) 22:07:31.47 ID:95lmWmtj0

……………
……



大淀「観艦式に出るために結婚を偽装しようだなんて、貴方は馬鹿なんですか!?」

提督「すみませんでした……」

大淀「提督ともあろう立場の貴方がこんな馬鹿げた事を仕出かそうなんて……本部にバレたら首確定ですよ」

提督「だが、観艦式にはケッコン済みの艦娘が必要だと……」

大淀「……何か誤解をされているようですね」

大淀「内容をもう一度よく確認しなさい!!」ピラッ



43: ◆1nspp/W0HA 2020/12/25(金) 22:08:01.07 ID:95lmWmtj0

提督「練度の高い艦娘で観艦式本番を……観艦式を行う……ん?」

提督「これ、近日中なんて何処にも書いてないぞ?」

鹿島「ええええぇ!?」

大淀「恐らく誤解の元となった書類はこちらかと」ピラッ

提督「近日中に観艦式を行う。提督は任意の艦娘を同伴して出席されよ……」



44: ◆1nspp/W0HA 2020/12/25(金) 22:08:40.80 ID:95lmWmtj0

提督「任務の紙と似ている……」

大淀「ええ、こちらはただの出席命令書です」

提督「結婚艦は初めから選ぶ必要が無かった……」

鹿島「つまりは私の勘違い……?」

提督「」ギロッ

鹿島「あらぁ……? 提督さんったらお顔が怖いですよ……?」

提督「……かぁぁしぃぃいいいまあああっ!!!」

鹿島「ひっ!?」



45: ◆1nspp/W0HA 2020/12/25(金) 22:09:35.18 ID:95lmWmtj0


鹿島「……あ、あはっ……あはは……っ」

鹿島「ごめんなさあああああい!!」




鹿島(それから提督さんは任務確認を怠らないようにしたとか……)

おわり


元スレ
SS速報VIP:【艦これ】鹿島「ケッコンカッコカリを偽装せよ!」