1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/04/12(木) 19:36:14 ID:vfObL0zM

まどか「ほむらちゃん?」

さやか「おっかしいなー…いつもならまどかが来てればほむらもセットのはずなのに……」

まどか「さやかちゃん、ほむらちゃんならここにいるよ?」

ほむら「ほむほむ」

さやか「ん?あぁ、なんだまどかのスカートの中にいたのか」



3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/04/12(木) 20:37:47 ID:vfObL0zM

まどか「ほむらちゃんになにか用なの?」

さやか「そうそう、ほむらに次の授業で出されてた宿題写させてもらおうと思ってさー」

まどか「もぉさやかちゃんったら……そういうのは自分の力でやらないと意味ないよ?」

さやか「努力はしたんだけどねぇ…これがさっぱりなんだわ」

まどか「難しかったよねぇ……わたしも昨日、ほむらちゃんに教えてもらいながらじゃなかったらできなかったよ」

さやか「なんだ、まどかもほむらを頼ってるんじゃん。だったらあたしも!」

まどか「丸写しじゃだめだよ……」

ほむら「ほむほむ」



4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/04/12(木) 20:54:27 ID:vfObL0zM

さやか「お願い!まどかでもいいからさ写させて!提出一限だからもう教わってる時間ないんだよ」

まどか「んー…どうしたらいいかなほむらちゃん?」

ほむら「ほむほむむ」

まどか「んっ……ほ、ほむらちゃん…だからこの状態でお話しするときは、テレパシーを使ってくれるとうれしいなって……」

ほむら「ほむほむ」

さやか「うんうん、その状態でほむらがしゃっべたらまどかが大変なことになっちゃうからね」



5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/04/12(木) 22:41:16 ID:vfObL0zM

ほむら『失礼したわまどか。色々とヘブン状態ですっかり失念していたわ』

まどか「うぇひひ、流石に学校じゃ恥ずかしいからね」

ほむら『まどかに恥をかかせるわけにはいかないわ』

さやか「で、宿題なんだけど―――」

ほむら『その代わりと言ってなんだけど、パンツをずらして直接クンカクンカしてもいいかしら?』

まどか「ダメだよぉ、そういうのはお家に帰ってからだよ?」

さやか「うんうん、そういう事は学校じゃなくて自宅でやらないとね」

ほむら「ほむぅ……」



6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/04/12(木) 23:38:27 ID:vfObL0zM

さやか「で、宿題なん―――」

ほむら『じゃあせめて直接ペロペロさせて!』

まどか「難易度があがってるよほむらちゃん……」

さやか「宿題……」

ほむら『そんな!直接のクンカクンカもペロペロもダメなんて……まどかは私にどうやって放課後まで生き延びろというの!?』



7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/04/13(金) 00:27:22 ID:/gdCt1mY

まどか「えー……じゃあもう少しだけ難易度を低くしてほしいなって」

ほむら『こ、これいじょうだなんて……じゃあ、この少しシミのついたまどパンを私に頂戴』

まどか「うぇひひ、それならいいよ。替えも持ってきてあるし」

ほむら『流石はまどか、準備がいいわ。早速保健室かトイレにでも行きましょう』

さやか「ちょっと!いい加減あたしの話聞いてよ!」

まどか「ごめんねさやかちゃん…そういうわけだから……」

ほむら「ほむっ!ほむっ!」

さやか「あっ……逆肩車して行っちゃったよ……どうしよ宿題」



8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/04/13(金) 13:41:17 ID:wGB9ehf.

キーンコーン

さやか「あっ……」

和子「はーい、皆さん席についてください」がら



9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/04/13(金) 13:42:11 ID:wGB9ehf.

和子「ではまず出席を……あら?さっそく暁美さんがいないようだけど、お休みかしら?」

仁美「先生。暁美さんでしたら先程まで教室にいらっしゃいましたよ」

和子「そうなの?じゃあどこに……」

まどか「遅れてすみません先生!」がらっ

和子「遅刻ですよ鹿目さん。どこに行っていたの?」



10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/04/13(金) 13:42:46 ID:wGB9ehf.

まどか「ちょっと保健室まで…ほむらちゃんの調子が悪かったので」

ほむら「ほむほむ」

和子「そう…そういう事ならしょうがないわね。暁美さん、もう大丈夫?」

ほむら「ほむん」

和子「ならいいのだけど……じゃあ、席についてください」

まどか・ほむら「はい(ほむ)」



11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/04/13(金) 13:43:28 ID:wGB9ehf.

和子「…あら?暁美さん、そのピンクのしましま帽子あなたに似合ってるわね。でも授業中は脱いでね」

ほむら「ほむ!?」

和子「マナーとして常識よ」

ほむら「ほむーん……」

まどか「うぇひひ、しょうがないよほむらちゃん。でも似合ってるって、よかったね!」

ほむら「ほむほむ///」



12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/04/13(金) 18:45:23 ID:Kc7HDXd2

キーンコーン

まどか「やっとお昼だねほむらちゃん!」

ほむら「ほむむ」

さやか「うあぁ……」

まどか「あっ、さやかちゃん。今までどこに行ってたの?一限から姿が見えなくなったけど……」



13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/04/13(金) 18:46:13 ID:Kc7HDXd2


さやか「あぁ……ちょっと、職員室で……」

ほむら「ほむ?」

さやか「宿題忘れた罰と称して、先生の愚痴を延々と聞かされてた……ノンストップで」

まどか「うわぁ……」

ほむら『言葉のかけようがないわね』



14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/04/13(金) 18:47:36 ID:Kc7HDXd2


さやか「うがーっ!超疲れたし!まどかっ、はやくお弁当食べに行くよ!」

まどか「わわっ、さ、さやかちゃん!引っ張るならほむらちゃんにしてよぉ!上にいるわたしを引っ張ったら色々問題がぁ///」

ほむら「ほむううぅぅぅぅ///」

恭介「暁美さんがすごく器用な走り方をしてる……」

仁美「でも、押し付けられて幸せそうな声を上げてますわ」



15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/04/13(金) 20:23:58 ID:Kc7HDXd2

屋上

さやか「あっ、マミさんがいるよ!マミさーんっ!」たったっ

まどか「はぁ、はぁ…だ、大丈夫だったほむらちゃん///」

ほむら「ほむぅ///」

さやか「まどかほむらーっ!早く早くーっ!」



16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/04/13(金) 20:24:31 ID:Kc7HDXd2

まどか「こんにちはマミさん」

マミ「こんにちは鹿目さん。と…暁美さんよね?」

ほむら「ほむほむ」

マミ「今日はそういう感じなのね」

さやか「さぁ、早く食べちゃいましょ!いただきます!」

まどか・ほむら・マミ「いただきます(ほむむむむむ)」



17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/04/13(金) 20:25:24 ID:Kc7HDXd2

マミ「暁美さんは…その……鹿目さんの…足の間に顔を埋めた状態で何をどう食べる気なの?」

ほむら「ほむん」

まどか「あぁん」

ほむら『…心配には及ばないわ巴マミ。私は今このまどかがはいているまどパンをはむはむすることで栄養を補給できるから』

マミ「」



18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/04/13(金) 20:25:54 ID:Kc7HDXd2

ほむら『まどか……いいかしら?』

まどか「替えはこのかばんだからね。ちゃんと脱がせたらはかせてくれなきゃダメだよ?」

ほむら『心得てるわ』

マミ「」

さやか「お茶漬けうめぇ!」



19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/04/13(金) 20:26:45 ID:Kc7HDXd2

さやか「あっ、それ美味しそう!マミさん、そのたくあん一つもらってもいいですか?」

マミ「えっ?え、えぇ、いいけど……」

さやか「ありがとうございます!」

マミ「…美樹さんは…二人のことを何とも思わないの?」

さやか「もぐもぐ……二人って、まどかとほむらですか?そうですねぇ……」

まどか「もぐもぐ……ほむらちゃんの作ったお弁当は今日も美味しいね!」

ほむら「はむはむはむはむ」(まどパンも最高よまどか!)

さやか「……ちょっとベッタリしすぎ…とかですか?」

マミ「ちょっとなの!?」



20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/04/13(金) 21:41:29 ID:Kc7HDXd2

キーンコーン

まどか「放課後だねほむらちゃん!」

ほむら「ほむ」

さやか「まどかー、今日行ってみたいところがあるんだけど良い?」

まどか「行きたいとこ?」



21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/04/13(金) 21:42:52 ID:Kc7HDXd2

さやか「ほら、あの新しくできた甘味屋さんだよ。あそこの和菓子すごくおいしいらしいからさー」

まどか「あそこかー。あそこならわたしも行きたいと思ってたよ!いいよさやかちゃん!ほむらちゃんもいいよね?」

ほむら「ほむむ」

さやか「決まりだね!」



22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/04/13(金) 21:43:44 ID:Kc7HDXd2

ザワザワ……

さやか「確かこのあたりのはずだけど……」

杏子「おっ、さやか達じゃん。こんなところで何してんのさ?」

さやか「杏子!いやぁ、このあたりにある甘味屋さんを探しててさぁ」

杏子「甘味屋?甘味屋ってあれの事か?それならこの通りの一本次だぞ」

さやか「マジで!?」

杏子「あ、あぁ、最近できたところのこと言ってんだろ?だったら間違いないはずだよ」



23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/04/13(金) 21:44:05 ID:Kc7HDXd2

まどか「折角だから杏子ちゃんも一緒に行こうよ!」

さやか「ナイスアイデアまどか!道を教えてもらったお礼もかねて、このさやかちゃんがおごってあげよう!」

杏子「いいのかい?タダで食い物にありつけるなら遠慮はしないよ」

さやか「いや、あんまお金がかかるのは困るけど……まぁいいや!行こう」

ほむら「ほむほむ」



24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/04/13(金) 21:44:32 ID:Kc7HDXd2

さやか「でも、よくこの人ごみの中であたしたちをみつけられたわね」

杏子「あー?よくって……」ちらり

まどか「?」

ほむら「ほむほむ」

ザワザワ……

杏子「見つけられない方がびっくりだよ」

さやか「なんで?」はて



25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/04/13(金) 22:19:24 ID:Kc7HDXd2

店員「いらっしゃいませー」

さやか「やっとついたねー」

まどか「杏子ちゃんに会わなかったらもっと迷ってたね」

ほむら「ほむ」

店員「!?」ぎょっ

杏子「これが普通の反応だよな」



26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/04/13(金) 22:20:23 ID:Kc7HDXd2


店員「え、えっと……よ、4名様……ですか?」

さやか「そうですよ?ほかに何人に見えるんですか?」

店員「い、いえ!ではこちらの席にご案内いたします」

他客「!?」



27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/04/13(金) 22:21:00 ID:Kc7HDXd2

さやか「さってと、なににしよっかなー」

杏子「アタシは……うん、全部だな」

さやか「おい」

杏子「…冗談だからそんなにらむなよ……この三色団子ってのにするよ。団子だから腹持ちもいいだろうし」

さやか「杏子は団子か……まどかは?」

まどか「わたしはこの白玉ぜんざいにするよ」

さやか「ぜんざいもいいねー……ほむらは?」

ほむら『まどパンにするわ』

さやか「ふむふむ……よっし、すみませーん!」



28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/04/13(金) 22:21:26 ID:Kc7HDXd2

店員「はい、ご注文ですね」(あれ、一人減った……?)

さやか「三色団子と白玉ぜんざい、栗羊羹を一つづつで。あっ、あとまどp―――」

杏子「おいぃ!」

さやか「もがっ!?」

杏子「以上だ!」

店員「は、はぁ、かしこまりました……?」



29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/04/13(金) 22:22:20 ID:Kc7HDXd2

さやか「もがっ、もがっ!ぷはぁっ!何すんのさ杏子!」

杏子「お前こそなに口走ろうとしてんだよ!」

さやか「何って注文しようとしただけじゃん」

杏子「なに余計なものまで注文しようとしてんだよ!?」

さやか「余計なものって……なによ?」

杏子「はぁ?そんなの……ま、まど……」

さやか「何?はっきり言わないと聞こえないよ」



30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/04/13(金) 22:22:41 ID:Kc7HDXd2

杏子「あぁもう!さやかが最後に言おうとした奴だよ!」

さやか「最後にって……まどパンのこと?」

杏子「そうだよ!」

さやか「あ……ぁ………あぁ!そっか!」

杏子「今気づいたのかよ……」

さやか「そっかー、そうだよねぇ…まどパンをほむらに配給できるのはまどかだけだもんなー。さやかちゃんうっかり」

まどか「うぇひひ」

ほむら「はむはむはむはむほむはむはむはむは」(デリシャス!)



31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/04/13(金) 22:23:13 ID:Kc7HDXd2

店員「ありがとうございましたー」(あの不自然な肩車をしている人……絶対前が見えてないのにどうやって歩いてんだろう……?)

さやか「いやー、噂通り中々だったね」

まどか「ねー」

杏子「アタシは腹に収まれば何でもいいんだけどね」

さやか「なにをー!せっかくおごってあげたのに」

杏子「感謝してるよ。ごちそーさん」

さやか「なーんか、引っかかるわね……」

ほむら「ほむ」



32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/04/13(金) 22:23:34 ID:Kc7HDXd2

さやか「じゃ、あたし達はこっちだから。また明日ね!まどか、ほむら」

杏子「じゃーなー」

まどか「ばいばーい」

ほむら「ほむむーん」



33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/04/13(金) 22:23:58 ID:Kc7HDXd2

まどほーむ

まどか「ただいまー」

ほむら「ほむむむー」

知久「やぁ、お帰り。まどか、ほむらちゃん」

タツヤ「まろかーだっこー」

まどか「ただいまたっくん。でもごめんね…お姉ちゃん抱っこしてあげられないんだ…」

タツヤ「あうー……なしてー」

まどか「それはたっくにお姉ちゃんの手が届かないから……」



34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/04/13(金) 22:24:24 ID:Kc7HDXd2

タツヤ「うー……」

ほむら「ほむっ」

まどか「いやん」

ほむら『……私に任せてまどか。私がたっくんを抱っこするわ』

まどか「本当?たっくん、ほむらちゃんがお姉ちゃんの代わりに抱っこしてくれるって。いいかな?」

タツヤ「ほむほむー!ほむほむ抱っこー」きゃっきゃっ

知久「いやー、悪いねほむらちゃん。まどかだけじゃなくてタツヤまで……大丈夫かい?」

ほむら「ほむほむむ」



35: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/04/13(金) 22:24:44 ID:Kc7HDXd2

知久「まどか、今日もほむらちゃんのお家に泊まるのかい?」

まどか「ダメ…かな?」

知久「いやいや、今さらダメなんて言わないさ。でも、夜ご飯は食べていくだろう?」

まどか「うん、そのつもりだよ!」

ほむら「ほむむん」

タツヤ「あうあうー」



36: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/04/13(金) 22:25:25 ID:Kc7HDXd2

詢子「ただいまー」

知久「おや、ママも帰ってきたみたいだね」

詢子「あー疲れたー……」

まどか「おかえりママ」

詢子「おっ?なんだ、まどか帰ってたのか」

まどか「うぇひひ、ただいま」



37: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/04/13(金) 22:25:56 ID:Kc7HDXd2

ほむら「ほむ、ほむほむん」

まどか「ああん」

詢子「あっはっはっ、あんたは相変わらずだねほむら」

ほむら「ほむ」

詢子「まどかが迷惑をかけてないかい?」

ほむら「ほむ、ほむむむ。ほむほむむん、ほむぅ」

詢子「そうかいそうかい。ならいいんだよ」

まどか「もうママったら!わたし、もうそんな子供じゃないよ!」



38: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/04/13(金) 22:26:20 ID:Kc7HDXd2

詢子「ははっ、違いない!その年で恋人と半同棲だもんな」

まどか「なっ……ほ、ほむらちゃんとわたしはそんなんじゃ……///」

ほむら「ほむぅ///」

詢子「2人して赤くなっちゃって、可愛いねぇ」

知久「ママ、2人をからかうのはそれくらいにして。お風呂もご飯もすぐに準備できるけどどうする?」

詢子「んー、先にご飯にするよ。まどかは今日もほむらの家に泊まるんだろ?だったらあまり遅い時間にさせる訳にはいかないしね」

知久「わかったよ。すぐ晩御飯にしよう」



39: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/04/13(金) 22:27:03 ID:Kc7HDXd2


ほむほーむ

まどか「ただいまー」

ほむら「ほむむむー」

まどか「はぁ、疲れたねーほむらちゃん」

ほむら「ほむっ!」

まどか「あはん」



40: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/04/13(金) 22:27:23 ID:Kc7HDXd2

ほむら『……まどか』

まどか「ほむらちゃんわざとやってない?」

ほむら『な、ななななななんのことかしらぁ!?わたしししにははさっぱりだわー!!』

まどか「…まぁ、いいや。で、どうしたの?」

ほむら「え、えぇ、疲れたのならお風呂に入りましょうと言いたくて」

まどか「そうだね。じゃあお風呂の準備だね!」



41: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/04/13(金) 22:27:54 ID:Kc7HDXd2


バスルーム

ちゃぷ……

まどは「はぁ……いいお湯だねぇ………」

ほむら「そうね…」

まどか「…どうしたのほむらちゃん?」

ほむら「いえ…一日中まどかの秘所に顔を埋めていたから、いざなくなると物足りなくて……」

まどか「ほむらちゃん……」



42: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/04/13(金) 22:28:28 ID:Kc7HDXd2

ほむら「それにしても……今日一日過ごして思ったのだけど……」

まどか「?」

ほむら「なんでみんな、私たちに一つのツッコミも入れてくれなかったのかしら?あの状況は私も少し無理があるかと思っていたのだけど……みんなさも当たり前のように接してくるし」

まどか「だってほむらちゃん……いつももっと凄いことみんなのまえでしてるよね?」

ほむら「えっ」

まどか「えっ」



43: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/04/13(金) 22:29:17 ID:Kc7HDXd2

ほむら「……本当に?」

まどか「今日は……比較的優しかったよ?わたしに事前に確認も取ってくれたし……酷い時は無理やりしてきてたよ?」

ほむら「……」

まどか「……」

ほむら「……まどかぁ!」

まどか「きゃぁ!ほら、そうやって無理やりぃ……あんっ」



44: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/04/13(金) 22:30:06 ID:Kc7HDXd2


多分おわり。


元スレ
SS深夜VIP:さやか「あれ、ほむらまだ来てないの?」