1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/21(木) 00:10:56 ID:GrYqglNw

女店員「ちょっと事務所まで来てくれる?」

男「ちょ!…やめ…」グイグイ

女店員「早く…来てぇ!」グイグイ

男「(これで引っ張ってるつもりなのか…?)」

女店員「いいから…早くぅ!」グイグイ

男「なんか…かわいい…」

女店員「えっ…」スルッ

男「ちょっ!危ない!」

バタン

女店員「いてて…」



3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/21(木) 00:13:24 ID:GrYqglNw

男「大丈夫ですか?」

女店員「…」///

男「顔が真っ赤ですけど…」

女店員「う…うるさい…!」

女店員「それよりも早く事務所まで来て!」

男「(なんで…いきなり…タメ語…?)」



4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/21(木) 00:17:06 ID:GrYqglNw

~事務所~

男「あの…お店の方は大丈夫ですか?」

女店員「あっ…」

女店員「も…もう今日は早めに閉めるつもりだったの!」///

男「だいたい…鞄とか持っていない俺がどうやって万引きなんかを…」

女店員「いいの!だってあなたは…」



5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/21(木) 00:22:58 ID:GrYqglNw

女店員「私の心を万引きしていったんだもん!」ボソッ///

男「…」

女店員「へ…返事はどうなの!」

男「今…何歳ですか?」

女店員「私は今年で20歳だけど…」

男「俺…年下だけど…大丈夫ですか…?」

女店員「私があなたを好きになったんだから大丈夫に決まってる!」

女店員「それで…返事は?」



6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/21(木) 00:27:02 ID:GrYqglNw

男「俺で…よければ…」

女店員「…」///

チュッ

男「…(これで俺も…童帝を卒業か…)」

女店員「なんか…いやらしいこと考えたでしょ?」

男「いや…そんなことは…」

女店員「おっぱいに目線がいってたもん!」

男「…」

女店員「そういえば…名前…なんていうの…?」



8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/21(木) 00:31:40 ID:GrYqglNw

男「男です…あなたは?」

女店員「女…」///

男「何故…照れる…」

女「う…うるさい!」

男「もう…時間が…」

女「こ…これ…私の連絡先…」

男「それじゃ…後で連絡します!」

女「絶対だよ!連絡しなかったら許さないんだから!」///

男「では…」

女「待って!」



9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/21(木) 00:38:45 ID:GrYqglNw

女「き…キス!」

女「別れのキス!」///

男「はいはい…」

チュッ

男「それでは…」

女「じゃ…じゃあね…」///

~次の日・学校~

ピンポンパンポン~

二年二組の男君!お弁当が届いているので職員室までとりにきてください。

男「弁当!?」

友「お前弁当持ってるじゃん!」

友「そんな大食いだったっけ?」



10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/21(木) 00:43:29 ID:GrYqglNw

男「一応行ってくる!」

~職員室~

先生「なんか…女の人が…届けにきたぞ」

男「(ってことは…)」

先生「彼女か?」

男「ま…まぁ…」

~教室~

友「うわ…まだくうのかよ…」

男「ああ…折角作ってくれたんだからな!」

男「(ん?手紙?)」

男「(なになに?)」



11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/21(木) 00:50:19 ID:GrYqglNw

《弁当箱は帰りに届けにきてください!それと今日は早めに帰ってくるように!女》

友「女って…誰?」

男「一応…彼女…」

友「お前に彼女!童帝のお前が!」

男「食事中に変なこと言うなよ…」

友「悪い…で、どんな人?」

男「巨乳…黒髪…ツンデレ…多分処女」

友「爆死しろ!」

~放課後~

男「じゃあな…」

友「また明日!」



12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/21(木) 00:55:03 ID:GrYqglNw

男「(なんかみたことあるシルエットだな…)」

女「早く会いたくて来ちゃった!」

男「お店の方は…」

女「大丈夫!見張りがいるから!」

男「見張り?」

女「私…妹がいるの!」

男「それで…妹は幾つですか?」

女「今、男君と同じだったような…」



13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/21(木) 00:59:25 ID:GrYqglNw

男「妹の年を覚えてないとか…」

女「う…うるさいな!」///

女「それより、早く行こ!」

男「わかりました…」

~大きなお店~

女「どう?似合う?」

男「なにきても似合いますよ!」

女「そんな…誉められても…何もでないんだから!」///

女「一緒に入って…」///

男「試着室にですか?」



14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/21(木) 01:03:16 ID:GrYqglNw

女「そ…そう!」

男「わ…わかりました…」

~試着室~

女「もう…こんなになっちゃって…何を想像したの?」

男「…女さん!」ガバッ

女「いきなり…は…」

モミモミ

女「胸は…ん…ダメぇ!…」

女「声が…でちゃう…」///



15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/21(木) 01:06:24 ID:GrYqglNw

男「下も濡れてますね…」

女「指は…入れないで…」

女「私…そ…その…初めてだから…」///

男「もしかして…処女…?」

女「ま…まぁ…」

~女の家~

男「お邪魔します!」



23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/21(木) 16:00:34 ID:GrYqglNw

女「そこらへんに座っといて…」

女「何か飲む?」

男「それじゃ…遠慮なく…お茶で…」

女「ちょっと待ってってね!」タッタッタ

男「(それにしても…座っといてって…)」

男「(部屋…汚すぎだろ…)」

男「(片付けたいけど…)

男「(片付けたら…マズいか…)」



24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/21(木) 16:08:31 ID:GrYqglNw

女「もってきたよ!」

男「あの…一つ…部屋を片付けませんか?」

女「き…今日…男君と一緒に片付けようと思ったの!」

男「そのためだけに俺を…」

女「そのためだけじゃないの…」

男「そうなんですか…(少しからかってみるか…)」

女「本当!本当だから!…信じて!」



25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/21(木) 16:14:51 ID:GrYqglNw

男「…」

女「ねぇ…なんとか言ってよ……」

女「男君…」

男「何ですか?」

女「私の事嫌いにならないで…お願い…」ウルウル

男「(少しからかい過ぎたか…)」

女「…」

男「少しからかい過ぎたかもしれません…」

女「え!?今のからかってたの!」

女「この~」ポコスカ

男「痛いですよ…」



27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/21(木) 16:19:30 ID:GrYqglNw

女「も…もう…本当に嫌いになったと思ったのんだから!」

男「そんなわけ…ないですよ…」

男「それよりも…片付けませんか…?」

女「そうしよっか…!」

女「私はベッドの上を片付けるから…男君は適当に片付けといて!」

男「わかりました!」

~五分後~

男「(これは…)



28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/21(木) 16:26:16 ID:GrYqglNw

男「(Brassiere!)」

男「(あそこには…pantie!)」

男「(片付け最高!)」

男「クローゼットの中も片付けますね…」ギー

女「そこは…ダメぇぇェェ!」

男「えっ」

男「そういうことか…(これは…女さんが…使ってた…)」

女「ダメっていったじゃんよ…」///



29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/21(木) 16:34:04 ID:GrYqglNw

男「電マ…これで…女さんは…」

女「変な想像禁止ぃ!」///

男「だいたいなんでこんな場所に…」

女「だって…私…友達いないし…」

男「…」

女「隠さなくても…大丈夫かなぁって…」

女「って…こんな暗い話は終わり…!早く終わらそっ!」

男「は…はい(深入りしないほうがいいかもな…)」



30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/21(木) 16:41:18 ID:GrYqglNw

~30分後~

女「なんで私のブラジャーが鞄の中に入ってるのかな…それと私のパンツも…」

男「な…なんでそれを…」

女「半分出てた…」

男「(どう…言い訳するか…こういった場合…は…)」

女「持ち帰ろうとしたの?」

男「(正直に言うか…)」

男「ま…まぁ…」

男「言い訳ですが、ちゃんと女さんに聞こうと思ったんですよ…持ち帰っていいか…」

女「変態ィ!」



34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/21(木) 20:17:44 ID:GrYqglNw

男「今更気がつきましたか…」

男「男はみんな狼…あなたを襲わないだけましでしょう?」

女「私は…別に…男君だったら…」///

女「ま…まぁある程度は…襲われても…いいのかなぁって…思ってみたり…」

男「女さんと付き合ってまだ全然日にちもたってないし…」

女「日数なんて関係ない!」

女「愛!愛が大事なの!」

男「…」

女「…」///

男「…はは…」

女「もう!」



35: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/21(木) 20:22:07 ID:GrYqglNw

女「そ…それで…今日泊まっていく?」

男「いいんですか?」

女「勿論!妹がいるけど…」

男「じゃ…じゃあ…着替え持ってきます!」タッタッタ

女「早く来てね!」

\お邪魔しました/

女「(あれ…男君…鞄忘れていった…)」

女「(中身を…チェックしてみよう…)」

女「(どれどれ…)」



36: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/21(木) 20:25:03 ID:GrYqglNw

女「(タオル…汗でも拭いたのかな…)」

女「(匂いは…って私…変態じゃん…)」

女「(少しくらい…大丈夫…)」

女「(男君の…)」

女「(私もう…こんなに…)」

ガチャッ!

女「!?」



37: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/21(木) 20:30:59 ID:GrYqglNw

男「あ…」

妹「お姉ちゃん…」

女「妹は出て行って!」

妹「ヒヒヒ…わかったよ…」

男「今…してましたよね…」

男「俺の…タオルで…」

男「変態…」

女「なんか…男君の事…考えると…」

女「ムラムラするの!」

女「だから…その…まどろっこしい!」ガバッ

男「ちょっ!…床は…せめてベッドの上で…」

ガツンッ!

男「いっつ~」

女「襲うの失敗した…」



38: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/21(木) 20:38:48 ID:GrYqglNw

男「…」ガバッ

女「なんで男君が襲うの!」

女「同人誌みたいに私を犯すんだ…」

男「ぷっwww」

女「なんで笑うの!」

男「俺のこと襲った人のセリフじゃないと思って…」

女「う…うるさい!」///

男「…」モミモミ

女「いきなりは…ダメ…ん…」

男「下の方の口は涎垂らしてますよ…」

女「よ…涎…ん…じゃ…はぁ…ない!」

男「ついでに妹も見てますよ…」



39: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/21(木) 20:44:54 ID:GrYqglNw

女「どこ!」

男「嘘です…」

女「このぉ…!」

男「俺のも…舐めてくださいよ!」

女「私…初めてだから…上手くできるか…」

女「おぉ…ひもち…ひひ…」レロッ

男「も…もう…」

ドピュッ

妹「いくの…はやっ…ヒヒヒ」

女「も…もう…ネバネバする!」

女「私にも…頂戴…」



40: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/21(木) 20:49:28 ID:GrYqglNw

男「じゃ…じゃ…」

ヌプッ

女「バカ!そっちの穴じゃない!」

女「これだから…童帝は…」

男「処女のあなたには…」

女「う…うるさい!」///

妹「処女…童帝…ヒヒヒ…」

男「それでは…」

女「い…痛い!」///

男「血が…」

女「動いて大丈夫だから…」///



41: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/21(木) 20:55:41 ID:GrYqglNw

~事後~

妹「私も…甥っ子か姪っ子ができるのか…ヒヒヒ…」

女「も…もう…中に出して…」///

男「すみません…」

女「私はいいけど…」///

男「それよりもさっきから笑い声が聞こえませんでした…」

女「気のせい気のせい!」

女「それで…ご飯どうする?」

男「女さんの手料理で!」

女「それじゃ…お風呂入ってからで…」

男「わかりました…」

~風呂場~

妹「エッチ気持ち良かった?」

女「!?」

女「ってなんで妹がいるの!」



42: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/21(木) 21:00:22 ID:GrYqglNw

妹「私も入ろうと思って…」

女「私が先にはいるから!」

妹「じゃあ…一緒に入る…」

女「今日は…ダメ…!」

妹「中出しされたから?」

女「な…なんか文句ある?」

妹「お姉ちゃん…エッチ…」

女「もう…うるさいな…」

女「入るから出て行って!」

妹「わかった…ヒヒヒ…」

~浴槽~

女「(ふ~)」

ガラガラ



43: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/21(木) 21:05:34 ID:GrYqglNw

妹「私も…入る…」

女「もう…しょうがないな…」

女「ほら…髪…洗ってあげるから…」

妹「…」ワシャワシャ

女「妹って彼氏いないの?」

妹「いない…」ワシャワシャ

女「作らないの…」

妹「子供はまだ作らない…」

女「彼氏の事聞いてるの!」

~脱衣所~

女「スッキリしたぁ!」

妹「ヒヒヒ…」



44: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/21(木) 21:10:07 ID:GrYqglNw

女「さて…ご飯でも作るかな…」

妹「私も手伝う…」

女「お願いね!」

~リビング~

男「俺もお風呂入ってきてもいいですか?」

女「いいよ!」

妹「オナニーしたら排水溝でわかるから…気をつけて…ヒヒヒ…」

女「お…男君はそんなことしないから…」

男「(考えている事が読まれた…)」

男「そ…そうだよ…俺はそんな事…」



48: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/21(木) 23:44:46 ID:GrYqglNw

女「ささ…早くお風呂入って来て!」

男「わ…わかりました!」

~脱衣所~

男「(おっ!おっ!おっ!)」

男「(ホカホカの…)」

男「(パンティー…)」

男「(それに…ブラジャー…)」

男「(まだ…暖かい…)」

男「(オナニー…そうか!)

~トイレ~

男「(ここで…擦れば…)」

男「(バレない…)」

~トイレの外~

妹「お姉ちゃん…彼氏が…」

女「…」



49: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/21(木) 23:47:52 ID:GrYqglNw

妹「それに…私達のパンツとブラジャーが…」

女「ま…まぁ…男の子だから…ある程度はしょうがない!」

妹「そうかな…でもパンツに精液がついてたらやだな…」

女「妹って結構…エッチだよね…」

妹「まぁね…そういうの好きだから…ヒヒヒ…」

妹「知ってた?トイレの鍵あるんだよ…」

女「開けてみますか…」

ガチャッ

男「うっ!」ドピュッ!

女「あぶな!」



50: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/21(木) 23:53:13 ID:GrYqglNw

妹「ナイス…よけ!」

男「ふぅ…」

女「私のパンツで…それ程私の事が…」

男「好きですよ…」

女「私も…」

妹「こんなところで愛を確かめあっても…」

妹「それより…お風呂…それと料理…」

女「私の部屋に行こ…」

男「はい…」

妹「おいおい…無視かよ…」

妹「全く…親がいないことをいいことに…」



51: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/21(木) 23:58:59 ID:GrYqglNw

~妹の部屋~

妹「(なんか…虚しくなってきた…)」

<ソコ…アッ…モット…

妹「(隣の部屋で…)」

妹「(いい加減にしてくよっ!)」

バコンッ!

妹「(もう…二十歳越したらBBAなんだよ!あの男はどんだけ熟女好きなんだよ!)」

バコンッ!

妹「(イライラする…)」

バコンッ!

バコンッ!



52: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/22(金) 00:06:10 ID:p.QmfMnA

妹「(壁に…)」

妹「(穴が…)」

男「!!!??」

女「…」

妹「クパァって…初めて見た…」

妹「それも…実の姉で…」

女「…」///

男「その…混ざるか…?(何をいってるんだ俺は…)」

それから…三人で仲良く暮らしたとさ…

友「俺ってなんだったの…」

~ハッピーエンド!!!~


元スレ
SS深夜VIP:女店員「あなた…万引きしたでしょ…?」男「してませんけど…」