1: ◆Vysj.4B9aySt 21/01/01(金)21:41:06 ID:5vP

♪日の本の光に映えて~

パンパン

茄子「じゃあ、ほたるちゃんのことも頼んだし、みんな待ってるから帰ろうか」

♪尽忠の雄魂祀る~

泰葉「はい!今日はPさんと夜景を楽しみながら姫始m…ゲフン。お食事会がありますから」

♪宮柱太く燦たり~

千鶴「あ、あの……今、なんて……」

♪ああ大君のぬかづき給う~

裕美「……でも、甘酒も福引きも何もやってないなんて寂しいね……」

♪栄光の宮靖国神社~

茄子「まぁ、世間的には自粛だ、密だ、とか言ってステイホームですからね……私たちもパパラッチに気をつけないといけませんよ」



千鶴(でも、茄子さんといるせいか、誰も私たちに気付いていないようですけど……まぁ、私たちなんて茄子さんからすれば刺身のツマなんでしょうけど」

泰葉・裕美『漏れてる、千鶴ちゃん(さん)漏れてるよ』



2: ◆Vysj.4B9aySt 21/01/01(金)21:48:54 ID:5vP

――その頃

ありす「んしょ、んしょ……もうちょっとで」セノビー

ありすP(以下P)「手伝おうか?」

ありす「て、手伝いは不要ですよ。私の身長でも、上の方に届くはず……」

「あ!」

P「どうした?」

ありす「やっぱり、私を持ち上げていただけませんか?」ンー

(で、もし変なところに触ったら、規制事実ってことでそのまま姫始めまで済ませて、隠し持った婚姻届けに印鑑を押してもらって……ぐひひ。完璧です!」ドヤッ



P「聞こえているからね」



3: ◆Vysj.4B9aySt 21/01/01(金)21:49:39 ID:5vP

あけおめ、ことよろ

んで、はぴばーなSSになります

こちら独自の内容がありますのでよろしくお願いします



4: ◆Vysj.4B9aySt 21/01/01(金)21:57:13 ID:5vP

――事務所

ガチャ

茄子「只今、戻り……」

パーン

パパーン

『茄子さん、誕生日おめでとうございます!!』

茄子「まぁ~」

こずえ「おめでとー……」

芳乃「めでたいことはいいことでー」

茄子「なんと、芳乃様にこずえ様からお祝いの言葉を頂けるとは。御心におわしますは神姫の燐たりて」

芳乃「これこれー」

茄子「はっ……ありがとうございます、芳乃ちゃんにこずえちゃん」ニコッ



杏「今、あまり聞かない言葉が……」

智絵里「多分、忘れた方がいいと思うけどね」ボソッ

かな子「……智絵里ちゃんが言うならそうするね」ガクブル



5: ◆Vysj.4B9aySt 21/01/01(金)22:02:34 ID:5vP

茄子「あ、でも歌鈴ちゃんは……」

裕美「歌鈴さんなら、まだ神社のお仕事があるから……」

芳乃「後で迎えに行くのでしてー」

茄子「そうなんですか。……そうすると、三人とも知ってたんですね」

裕美「えへへっ」

泰葉「サプライズですから」

千鶴「途中で気付かれそうになりましたけどね」

茄子「でも」ガシッ

三人『わわっ』



茄子「嬉しいですよっ」ギュッ



裕美「い、息が……」

泰葉「窒息しちゃいます……」

千鶴「むぎゅう」



6: ◆Vysj.4B9aySt 21/01/01(金)22:11:38 ID:5vP

ワイワイガヤガヤ

茄子P「よぉ、お祝いされているか?」

茄子「あ、Pさん……はいっ、楽しくやってます」

「……で、Pさんからは何もないんですか?」

茄子P「あぁ、ヒスイでフクジュソウを彩ったペンダントだ……少し重いけどな」

茄子「ふふっ、ありがとうございます」

「私としては、給料三ヶ月分の指輪でもいいんですよ」

茄子P「そっちは、お前をトップアイドルにしてから渡すから安心しろ」





茄子「え?」

茄子P「あ…………失敗った」



7: ◆Vysj.4B9aySt 21/01/01(金)22:14:33 ID:5vP

茄子「えへ……えへへっ」ニヤニヤ

茄子P「内緒にしていたんだがなぁ……」

茄子「ふふっ、私に隠し事なんかできませんよ」

茄子P「まいったな……どうしたら忘れてくれる?」

茄子「なら」グイッ

茄子P「おわっ……」ズルズル





茄子「今から姫始めして、子作りしましょ」ニチャア

茄子P「」



バタン



8: ◆Vysj.4B9aySt 21/01/01(金)22:19:54 ID:5vP

芳乃「あらあらー」

こずえ「どうするのー……?」

芳乃「危険日ではありませんから……あとは野暮というものでしてー」





杏「いいのかな?今の茄子さんなら、一発必中しそうだけど」

智絵里「まぁ、芳乃ちゃんがいうぐらいだからね……とりあえず」



かな子「おいしいから大丈夫だよ」パクパク

裕美「もう三ホール目……あ、奈緒さんが持ってきた牛のケーキが」

泰葉「うわぁ、頭から……見てるこっちが……うっぷ」

千鶴「お腹いっぱいに……」



杏「……歌鈴の分が無くなる前に、かな子ちゃんを先に止めようか」

智絵里「……うん」



9: ◆Vysj.4B9aySt 21/01/01(金)22:37:21 ID:5vP

――その頃

ザッザッ

ほたる「無事に……拝むことができてよかった」

「これも私に……幸運を呼び込んでくれたプロデューサーさんのおかげで……え?」

「私が人一倍、諦めが悪かったから……ですか?」

「でも……最後だと思って、少し足踏みしていた私の背中を押してくれたのは……」

(そこまで言って、ふと見上げたプロデューサーさんの顔……)

(そこで不意に……でもはっきりとわかってしまったこの気持ち……)

(この人と……離れたくないのではなく、ずっと離したくない人なんだって)

(一瞬でも、私から離れて……プロデューサーさんがいなくなるなんて思ったら、昔みたいに心が真っ暗になって)

(もう、私は手遅れかもしれませんね……)

(だから)

ギュッ

「そんな顔をしないで下さい」

「私のそれなんて小さなことなんですから……」

「でも……小さな小幅だけど私……私は……」

(あなたを……)



chu!



(一人にはしませんから……)



10: ◆Vysj.4B9aySt 21/01/01(金)22:39:10 ID:5vP





千枝(←迎えにきた)「わぁ……大胆……」

ありす(←合流中)「わぁ……わ、私も頑張らないと……」

ありすP「Oh……」



おしまい



11: ◆Vysj.4B9aySt 21/01/01(金)22:46:44 ID:5vP

HAPPY NEW YEAR

AND

HAPPY BIRTHDAY TAKAHUJI KAKO & DOUMYOUJI KARIN


元スレ
【モバマス】としのはじめのためしとて