1: 名無しで叶える物語 2021/01/11(月) 00:38:03.56 ID:nziYO9Ss.net

しずく「彼方さん、また寝てる」

彼方「すやすや…」

しずく「幸せそうな寝顔……そんなに気持ちいいのかな?」

彼方「試してみるかい?」ムク

しずく「わ、起きてたんですか」

彼方「ふふふ、しずくちゃんも新たな扉を開く時が来たんだね~」



5: 名無しで叶える物語 2021/01/11(月) 00:41:16.96 ID:nziYO9Ss.net

彼方「よいしょ…ほら、おいでなさい」ポン

しずく「?」

彼方「彼方ちゃんが膝枕をしてあげようじゃないか」

しずく「えっ、彼方さんが?」

彼方「そうだよ~」

しずく「でも、彼方さんにしてもらうのはちょっと…」

彼方「嫌なの?」

しずく「そんなことないです!…ただ、先輩にしてもらう訳にはいかないというか、ちょっと恥ずかしいというか…」



6: 名無しで叶える物語 2021/01/11(月) 00:43:33.68 ID:nziYO9Ss.net

彼方「うーむ、じゃあそのリボン貸してくれないかな」

しずく「これですか?」

彼方「うん、しずくちゃんが付けてるリボン」

しずく「いいですけど…」シュルッ

彼方「ありがと~ふんふふ~ん」ワサワサ

彼方「できた!これで彼方ちゃんはしずくちゃんなのだ!」バーン

しずく「はい?」

彼方「そしてしずくちゃんは彼方ちゃんになったのだ…」

しずく「小難しいこと言ってますけど、彼方さんが私のリボンを付けただけじゃないですか…」

彼方「いーのいーの、これでしずく先輩は甘えん坊さんでもおかしくないってことで。さぁおいで~」

しずく「しょうがないですね。そこまで言うのなら、失礼します……」



11: 名無しで叶える物語 2021/01/11(月) 00:45:38.27 ID:nziYO9Ss.net

彼方「どう?彼方ちゃんの膝枕は」

しずく「……柔らかくて、スベスベで、気持ちいいです」

彼方「でしょでしょ?自分の膝枕を堪能できないのが悔しいぜ…彼方ちゃんが2人いたらな~」

しずく「2人いたらお世話がもっと大変になるのでダメです」

彼方「あはは、そうだね~」

しずく「あの、これいつまでこうしてるんですか?」

彼方「しずくちゃんがすやぴ出来た!って思うまでだよ」

しずく「よく分からないですよ…」

彼方「……………」

しずく「……………」

彼方「…………すやぁ」

しずく(あ、座ったまま寝ちゃった)



14: 名無しで叶える物語 2021/01/11(月) 00:47:57.99 ID:nziYO9Ss.net

しずく「彼方さん?ほんとに寝ちゃいました?」

彼方「ぐうぐう…」

しずく(ほっぺた柔らかそう…今なら触ってもバレないよね?)

しずく「彼方さーん、触っちゃいますよー」

しずく「……えい」ツン
(うわぁ、プニプニしててマシュマロみたい。お肌綺麗だなぁ。整った顔立ちだし、彼方さんって美人さんだなって改めて思うよ)

彼方「うーん…」

しずく「!」サッ

彼方「あっごめんね、一瞬寝ちゃってた…」

しずく「そ、そうですか」

彼方「ん?変な顔してどうしたの?しずくちゃん」

しずく「なんでもないです!それより彼方さん、座りながら寝るのはよくないです。ちゃんとベッドで寝ましょう」

彼方「え~、まだしずくちゃん満足してないでしょ?」

しずく「いいえ、もう十分ですよ。それよりも彼方さんが座ったまま寝てしまう方が嫌です」

彼方「う~、そうだ!それなら2人ですやぴしようよ!」

しずく「え?」



17: 名無しで叶える物語 2021/01/11(月) 00:51:58.26 ID:nziYO9Ss.net

(保健室)

彼方「保健室のベッドなら2人一緒に寝れるね」ノソノソ

しずく「あ、あの…」

彼方「さぁおいで~ふかふかだよ~」ポンポン

しずく「それはさすがに無理ですよ!」

彼方「彼方ちゃん抱き枕は評判いいんだぜ?しずくちゃんも試してみなよ~」

しずく「嫌ったら嫌です!」

彼方「今は保健室貸し切り状態だし、彼方ちゃん誰にも言わないから~。恥ずかしがらずにほらほら」カモン

しずく「……もう!絶対誰にも言わないでくださいね!」ボスッ

彼方「おぅよしよし。しずくちゃんの手、冷たいね」キュッ

しずく「彼方さんは温かいですね。羨ましいです」

彼方「いっぱい握っていいんだよ~」

しずく「…あの、今日はどうしてここまでしてくれるんですか?」



19: 名無しで叶える物語 2021/01/11(月) 00:55:39.68 ID:nziYO9Ss.net

彼方「んー、たいした理由じゃないけど…」

彼方「しずくちゃんはよく彼方ちゃんのお世話してくれるから、恩返しがしたかったんだよ」

しずく「恩返し…」

彼方「いつもありがとう~って」

しずく「…………」

しずく「お礼が欲しくてしていた訳ではありませんよ。私、彼方さんのお世話をするのが好きなんですから」

彼方「しずくちゃんは優しい子だね~」ナデナデ

しずく「…そんなことないです」

彼方「そんなことあるよ」

しずく「ないですって……」

彼方「彼方ちゃんがあると言えばあるのさ」

しずく「……彼方さん…」

彼方「どうしたの?」

しずく「なんでもないです…呼んでみただけです……」

彼方「そっか」

しずく「……はい…………」ウトウト…

彼方「ゆっくりお休み。しずくちゃん……」



22: 名無しで叶える物語 2021/01/11(月) 00:57:42.26 ID:nziYO9Ss.net

しずく「ふぁ~あ……」

彼方「おはよう」

しずく「彼方さん…」

彼方「長いこと寝てたね~」

しずく「そうですか……帰ってもよかったのに……」

彼方「あはは…こんなにガッシリホールドされたら逃げられないよ~」ギュゥゥゥ

しずく「!?」

しずく「す、すみません!」バッ

彼方「いいのいいの。しずくちゃんの幸せそうな寝顔が見れたんだから」

しずく「えっ、私そんなにだらしない顔してたんですか?」



28: 名無しで叶える物語 2021/01/11(月) 01:03:44.65 ID:nziYO9Ss.net

彼方「いい顔してたよ。そうだ、これ返すね」スッ

しずく「あぁ、リボン貸してましたね」シュルッ…キュッ

彼方「しずくちゃんはリボン付けてるのが一番可愛いからね~」

しずく「彼方さんも可愛かったですよ?また付けて欲しいくらいです」

彼方「そうかな?ぬふふ、この褒め上手め~」

しずく「……ねぇ彼方さん」

彼方「ん?」

しずく「私のために、ありがとうございました」ペコ

彼方「…………!」

彼方「うん、こちらこそありがとうだよ。また一緒にお昼寝しようね!」

しずく「またやるのはちょっと恥ずかしいです……///」

彼方「ありゃりゃ」


終わり!!


元スレ
彼方「すや~」しずく「……」