1: 名無しで叶える物語 2021/01/16(土) 10:27:13.79 ID:6nHocaN9.net

善子「え、何いきなり」

曜「最近善子ちゃんと絡みまくってないなぁと思って」

善子「別にまくらなくても良いけど」

曜「やっぱ年頃だし、まくりたいじゃん?」

善子「あ、そういうの間に合ってるんで」

曜「間に合ってる!?今、間に合ってるって言ったの!?あの善子ちゃんが!?」

善子「そうよ」

曜「そっか」

善子「え!?聞き返しただけ???」

曜「そうだよ」

善子「そっか」



2: 名無しで叶える物語 2021/01/16(土) 10:27:58.47 ID:6nHocaN9.net

みたいな下らないようよしが好きです



5: 名無しで叶える物語 2021/01/16(土) 10:45:51.08 ID:HxZEO7iG.net

曜「善子先輩!」

善子「なによ先輩って」

曜「なんかたまーに善子ちゃんが先輩のような気がするんだよね」

善子「きっと異世界の記憶が紛れ込んでるのね」

曜「いや、単に大人びて見えるからだと思うけど」



7: 名無しで叶える物語 2021/01/16(土) 10:53:06.96 ID:HxZEO7iG.net

曜「善子ちゃんは後輩感が足りないんだよ!」

善子「なによ後輩感って…曜さんに先輩感が足りないんじゃなくて?」

曜「失礼な…もっと後輩感出してよ」

善子「そんな出そうと思って出せるものじゃないでしょ…」

曜「じゃあ私を曜先輩って呼んでみてよ」

善子「いやよ」

曜「えぇ、なんで?」

善子「なんか恥ずかしいし」

曜「そんなぁ…善子ちゃんの曜先輩♡ききたかったなぁ」

善子「そのハートはどっから出てきたのよ…」



8: 名無しで叶える物語 2021/01/16(土) 11:01:03.20 ID:HxZEO7iG.net

曜「あっバス着くみたいだよ」

善子「え?もう?」

曜「善子ちゃんと話してるとあっという間だね!」

善子「はぁ…帰るの憂鬱だわ」

曜「え?どうして?」

善子「今日はマ…仮の同居人が帰って来れないのよ」

善子「あ、別に寂しいとかじゃなくて夕飯自分で用意しなきゃいけないのが嫌なだけなんだからね」

曜「じゃあ今日は私がヨキソバ作ってあげる!」

善子「いいわよ、悪いし…」

曜「ついでにお泊まりしていいかな?善子ちゃんとゲームやってみたかったんだよね~」

善子「言っとくけど私強いわよ?」

曜「私だって負けないよ~!」

善子(先輩感足りないって言ったけど…いい先輩よ、曜先輩)



11: 名無しで叶える物語 2021/01/16(土) 11:12:39.32 ID:HxZEO7iG.net

曜「で、なにやる?」

善子「ここはスマブラ にしましょうか。やったことあるでしょ?」

曜「うん!」

善子「私はクラウドを使うわ。曜さんは?」

曜「カービィ!えへへ、カービィかわいいよねぇ」

善子(弱キャラのカービィで強キャラの、まして私の操作するクラウドに挑むっていうの?)

善子(加減した方がいいかしら…?)

曜「あ、言っとくけど手加減とかしなくていいから」

善子「え?」ファイッ

曜「…」ドカッバキッボコッ

善子「え!ちょ!嘘でしょ!?私のクラウドが…」

曜「はい私の勝ちー!善子ちゃん罰ゲームね」

善子(忘れてた、この人天才肌なんだったわ…)



13: 名無しで叶える物語 2021/01/16(土) 11:19:25.80 ID:HxZEO7iG.net

善子「罰ゲームってなにするのよ」

曜「え?考えてないや」

善子「思いつきで言ったのね…」

曜「でもなんか考えた方がいいかな?」

善子「ないならそれに越したことはないわ」

曜「曜先輩と呼ばせる!のはなんか違うんだよなぁ…きょうせはしたくないから」

善子「別に気にしなくていいわよ…曜先輩」

曜「そんな無理して言わなくていいって」

善子「…本心から言ったんだけどね」

曜「え?」

善子「なんでもない!それよりリベンジさせて!」

曜「オッケー!」



14: 名無しで叶える物語 2021/01/16(土) 11:25:50.11 ID:HxZEO7iG.net

善子「くっ…上手いカービィ使い少ないから全然対策出来てないのよね」

曜「私はずっとカービィ一筋だったからねぇ…ここで吸い込み!」

善子「あぁ!コピー能力を実戦で使いこなす人なんて初めて見たわ」

曜「照れるでありますなぁ…コピーするとリーチ短いカービィも戦いやすくなるんだ」

善子「カービィ対策…本気で考えなきゃね」

曜「ところでヨキソバはまだ作らなくていいの?」

善子「忘れてたわ…激辛に出来る?」

曜「じゃあ胡椒多めで作るよ」

善子「ダメ元で言ったのに作れるのね…」



15: 名無しで叶える物語 2021/01/16(土) 11:32:24.28 ID:HxZEO7iG.net

曜「出来たよーヨキソバ!」

善子「悪いわね…でも美味しそう。」

曜「美味しそうじゃなくて美味しいんだよ!」

善子「そうね、いただくわ…」

曜「ちょっと待って、ケチャップで書くから」ヌリヌリ

善子「ああ、前も書いてあったもんね…ってなによよーしこー!って!」

曜「あはは、ごめんごめんよーしこー!まあそれより食べてみてよ」

善子「もう…あら、美味しい!胡椒入れるだけで焼きそばもこんなに味変わるのね」

曜「焼きそばじゃなくてヨキソバだよ」

善子「そこは拘ってるのね…」

善子(ゲームも上手ければ料理も美味い…尊敬してるわ…絶対言わないけどね!)



17: 名無しで叶える物語 2021/01/16(土) 11:45:32.62 ID:HxZEO7iG.net

善子「お風呂先にどうぞ」

曜「せっかくだし一緒に入らない?」

善子「いや、遠慮しとくわ」

曜「えー、なんで?」

善子(だってバストとか…それに裸見られるの恥ずかしいし)

曜「善子ちゃんって案外奥手というか臆病だよね」

善子「な、なによ!お風呂ぐらい一緒に入ってあげるわよ!」

曜「えぇ!?私と一緒に…お風呂!?」

善子「曜さんから言ったんじゃない…」

曜「うぅ…2人っきりだとやっぱ恥ずかしいよう…」

善子「曜さんこそ奥手で臆病じゃない…」



18: 名無しで叶える物語 2021/01/16(土) 11:51:10.62 ID:HxZEO7iG.net

善子「で、結局一緒に入ることになったけど…」

曜「うぅ…///」

善子「曜さんってこういうのオープンというか気にしないと思ってたわ」

曜「私だって女の子なんだから恥じらいくらいあるよ…」

善子「てっきり曜さんにセクハラされると思ったんだけどね」

曜「そんなことしないよ…」

善子「…それにしても大きいわね…」

曜「善子ちゃんじろじろ見ないで…」

善子「手で隠してると余計に…えっろ」

曜「も、もう!お風呂先に上がるね!」

善子「あぁ!滅多にないからかえる機会だったのに…」



20: 名無しで叶える物語 2021/01/16(土) 11:58:47.85 ID:HxZEO7iG.net

曜「まったく、酷い目に遭ったよ」

善子「私は何もしてないわよ」

曜「セクハラ発言した!」

善子「確かに!」

曜「次採寸する時は私の番だからね」

善子「えぇ!?」

曜「衣装係の特権でありますなぁ…」

善子「職権濫用よ!」

曜「冗談だよ」

善子「どこまで本気か分からないわ…」

曜「どっちみち衣装作るためにはきっちり測らなきゃいけないから覚悟してね」

善子「やっぱり本気じゃない…」



21: 名無しで叶える物語 2021/01/16(土) 12:09:46.12 ID:HxZEO7iG.net

善子「…ねぇ曜さん、今日はありがとね」

曜「気にしなくていいって!」

善子「本当の事言うと…今日は親がいなくて寂しかったの」

曜「知ってた!」

善子「エスパーなの…?」

曜「いや、誰でも分かるって…それにしても素の善子ちゃん素直でかわいいなぁ」

善子「なっ…!天界でその名を恐れられる堕天使ヨハネに無礼な物言いね」

曜「照れ隠しするところもかわいい!」

善子「も、もう!おやすみなさい!」

曜「えー、もう寝ちゃうの?もっとお喋りしようよ~」



22: 名無しで叶える物語 2021/01/16(土) 12:19:21.07 ID:HxZEO7iG.net

曜「むにゃむにゃ…次はみんなの番だよ…」

善子「結局曜さんが先に寝てるじゃない…」

善子「寝言まで言って…どんな夢みてるのかしら」

曜「千歌ちゃん…みかん大きい…」

善子「千歌の夢か、曜さんらしいわね」

善子「…やっぱり曜さんにとって千歌が1番…」

善子「いえ、やめときましょう…」

曜「善子ちゃん…太りすぎ…」

善子「今度は随分失礼な夢を見てるみたいね」

曜「好き…ちゃん…」

善子「…これ以上はプライバシーに関わるから私も寝ましょうか」



23: 名無しで叶える物語 2021/01/16(土) 12:26:02.51 ID:HxZEO7iG.net

曜「善子ちゃん!おはヨーソロー!」

善子「ふわぁ~あ…もっと寝させてママぁ…」

曜「はいはい、曜ちゃんママだよ~」

善子「…はっ!…今の聞いてた?」

曜「ばっちり!」

善子「こ、これはあれよ!堕天使に敵対する勢力が魔力の波長を狂わせて…」

曜「気にしなくていいよ、私は善子ちゃんのママだからね」

善子「私が気にするのよ!忘れて!」

曜「分かったよママぁ…」

善子「もう曜さんと口聞かない」

曜「わー!冗談だって!ごめん善子ちゃん、いやヨハネ様ー!」



25: 名無しで叶える物語 2021/01/16(土) 12:40:22.63 ID:HxZEO7iG.net

善子「…まぁ油断した私も悪かったし許してあげる」

曜「流石善子ちゃん太っ腹!お腹も太いだけあるね」

善子「やっぱ許してあげない」

曜「じょ、冗談だよぉ…善子ちゃんはスリムだよ…胸も」

善子「許してもらう気あるの?」

曜「ごめんごめん、ついからかっちゃうんだよね…」

曜「…実を言うと最初は善子ちゃんとどう接すればいいか分からなかったんだ」

善子「そうなの?こんなに人懐っこいのに?」

曜「でも今じゃそんな事全然なくて。こんなかわいい後輩が出来て私は幸せだよ。本当にありがとね、善子ちゃん」

善子「…1回しか言わないからね…私もこんないい先輩が出来て幸せよ…曜先輩」

曜「!えっへへー…ほんと可愛いなあもう…」

善子「そ、それよりバス来ちゃうわよ!」

曜「そっか、じゃあ行こっか。今日も元気に全速前進ヨーソロー!」

終わり


元スレ
曜「ようよしが欲しいと思う今日この頃の曜ちゃん」