1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/21(火) 20:20:36.59 ID:2mKqiJFo0

1、

暇を持て余した僕は、ついでの事のように、と言っちゃ悪いけど
――――忘れていた千石との遊ぶ約束を思い出して、千石と色々話して。

ツイスターゲームを終えた後の話になる――――――――

「ん、ああ、言ってなかったっけ」

というより、前は居ないって言ったんだっけ。

「うん、撫子初耳だよ」

そういった、千石の声は、クローゼットの話題を僕が持ち出した時と同じ声をしていた。
いや、正直怖い
というかめっちゃ怖い
何かしたか?僕。

「ううん、暦お兄ちゃんは、何もしてないよ」

「悪いのは、ふふ」

続けて話した千石の顔は、どう見ても、いつもの千石のそれと同じではなかった。
――――――――何か起きそう
そう、いつも危機に遭う、僕の直感が、言っていた。
でも千石が?
何かする?
いや、ないない。だって千石だぜ?というよりお兄ちゃんが妹疑ってしまってはいけない。





8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/21(火) 20:27:23.47 ID:2mKqiJFo0

「どうかした? 暦お兄ちゃん」

僕の心配そうな顔を察知したのか、千石が、心配そうに覗き込んできた。

「ああ、いや、何でもない。ちょっと考え事をしてただけだ」

「彼女さんのこと?」

いやいや、そうじゃないけど。

「ふぅん」

と、千石は、ちょっと何かを溜めたような雰囲気で答えた。
何を溜めたんだ。

「不満?」

「いや、なんでお前が聞いてくるんだ」

暦お兄ちゃんは、撫子のこと、何でも知ってるから

そういって、千石は僕の耳元へ口を近づけ

「彼女が居るんなら、もう、手加減は要らないね」

――――――――その声が、聞こえたときには、僕の意識はもう、無かった。



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/21(火) 20:31:03.94 ID:2mKqiJFo0

2、

速報。
緊急速報。

なんで僕はこんな事になっているんだ。

というより、なんだこの状況。

ヤバくね?

「暦お兄ちゃぁん」

いつもとは違う色っぽい声の千石が僕の下から聞こえた。

下って。

慕って。


その上僕らは裸だった。

裸って。

憚って。

「さ、続き、しよ?」

そう言った、千石の声に、僕はまた。
――――――――意識を闇に葬られた。



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/21(火) 20:37:55.25 ID:2mKqiJFo0

身体が怠い。
更に、なんだろう、この熱さは。

下半身が、生暖かいし。
ん、下半身?

「ん、あっ、んん、暦お兄ちゃんっ、激しいよっ」

今さっきと同じ体制、同じ位置、同じ格好で

ただ一つ、今さっきと違ったのは

「な、んで、僕は千石とヤッてる、んだ・・・・・・・」

仕事のように、動かしていた腰を止める。
何をしているんだ、僕は。
というより
何をしていたんだ、僕は。

「何って、セックス、だよ?暦お兄ちゃん、可笑しいの」

ふふふ、と小悪魔のように、千石は笑う。

「千石、一つ聞きたいことがある」

まだ、呆然、合体したまま僕は千石に聞く

「何で僕はこんな事をしている。あとここは何処だ」

「ふふ、暦お兄ちゃん。質問が二つだよ? あと、こんな事、なんて酷いなぁ」



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/21(火) 20:44:50.51 ID:2mKqiJFo0

千石の部屋でも、僕の部屋でも
あの廃墟でも
僕の見たことのある、どの部屋とも

全く違う部屋に、僕らは居た。

ピンク。一面がピンクだ。

「一つ目の答え。暦お兄ちゃん、聞きたい?」

僕と、千石の接合部を指でくりくりと弄りながら、心底楽しそうに、千石は言った。

「ああ、聞きたい」

僕がそう言うと、僕の下で、横になっていた身体の上半身を少し起こし
そして

「暦お兄ちゃんが、撫子とセックスしたい、っていうから」

そんな事を、あの、小悪魔のような笑顔で、言った。
小悪魔。
もう悪魔なんじゃないだろうか。
恐怖すら感じる笑顔なんて。

「ね、暦お兄ちゃん。撫子、まだ足りない」

僕が恐怖を感じているというのに。
千石は、僕に、そんな事を

「セックス、しよ?」



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/21(火) 20:50:20.33 ID:2mKqiJFo0

「駄目だ」

僕は、そう言う。
そう言わなければならない。

「僕には、言っただろう。彼女が居る」

「変なの、暦お兄ちゃん。暦お兄ちゃんがヤろう?って誘ったのに、ダメだなんて」

ふふふ、と
また千石は笑う。

「千石。こんな事を言う僕は、無責任で、無自覚で、大馬鹿野郎だとは思うけど」

でも

「僕にはそう、千石に言った記憶がないんだ。仮にそう言って、事を成してしまったとしても」

「僕は、千石の誘いを断らなければならない」

矛盾している。言ってて思う。
でも、言わなきゃいけないんだ。

「やっぱり、暦お兄ちゃんは、暦お兄ちゃんだね」

「悪い」

精一杯の、謝罪文は。
たった2文字になってしまった。



31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/21(火) 20:55:07.12 ID:2mKqiJFo0

「・・・・・・・・・・・・・・・・うーん」

逡巡、千石は唸った後

「でも、ダーメ」

とか、前にも聞いたことがあるような、そんなフレーズを残し

「一杯、一杯、中に出してもらうんだからね」


千石がそう言った途端。

僕の身体は、一切の自由が効かなくなった。

「んー、意識はもう無くせないのかなぁ、残念」

「でもいっか。きちんと、暦お兄ちゃんに見ててもらおうっと」

千石は

そんな、意味のわからないことを言う。

「ほら、暦お兄ちゃん、腰、動かして」

その言葉に釣られたかのように

僕の腰は動く。




34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/21(火) 21:01:17.73 ID:2mKqiJFo0

「んっ、あんっ、暦お兄ちゃん、激しっ」

千石が喘ぐ

「気持ちいいよ・・・・暦お兄ちゃんっ」

気持ちいい。
僕も、気持ちいい。
でも

「んっ・・・・・ん、今さっきよりも、激しく無くなったなぁ」

千石が僕の目を見つめる

「理性なんて、捨てちゃえばいいんだよ?」

箍が、外れそうになる。

その、甘い声に

「気持ちよくなろうよ? ね? 暦お兄ちゃ」

――――――――ん

その時。僕は。戦場ヶ原も。神原の事も。
八九寺のことも
妹達のことも
忍のことも。

全てを忘れて、一心不乱に腰を振った。



37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/21(火) 21:05:41.59 ID:2mKqiJFo0

「そっ、うっ、だよ、暦お兄ちゃんっ」

快楽に顔を歪め
声を歪めた千石は言う

「気持ちよければっ、いいんだよっ、っん」

温かい。

生暖かい。

「こっちも触ってよ、暦お兄ちゃん」

僕の右手を
千石の右手が

千石の未発達な乳房へと誘導する。

「ほらっ、んん、柔らかい?」

柔、らかい

「ふふっ、あっ、ん、じゃあ、揉んでよ」

そう言われた僕は。
どうしようもなく。

千石の胸を、これまた一心不乱に弄んだ。





39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/21(火) 21:11:03.19 ID:2mKqiJFo0

「吸ってっ、よっ、乳首、も」

千石は言う

僕は従う

「ひゃっ、う、んっっ、ちょっと痛いかもっ」

――――――――でもそれもいいかも

千石は。
そんな風に千石は言うので。

「んんっ、暦お兄ちゃん、なんか可愛いっ」

可愛い
だなんて

「んんんっ、ひゃうっ」

僕は快楽に顔を歪める千石が可愛くて
また、忙しなく、腰を振る

「んっ、あっ、そ、こはっ」

そこを突くと、千石は一層顔を歪めた。
それを見て、僕は、そこを攻める

「っっっっっっ、暦お兄ちゃん、やめ、っ」



41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/21(火) 21:14:14.27 ID:2mKqiJFo0

――――――――逝きそう

千石が言う。

「だから、暦お兄ちゃんも逝ってよ」

その言葉の所為で
いや、その言葉のせいじゃないのかも知れないけど
でも

僕も、下腹部が熱くなる

射精の合図だと、わかる

「っ、――――――――――――――――――――――――――――――――!!」


声なき声を上げた千石は、腰を痙攣させ。

その動きに対応するように。
僕も刻み良く

出してしまっていた。



44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/21(火) 21:20:52.02 ID:2mKqiJFo0

3、

「ふふふ、暦お兄ちゃん。ナカダシ、しちゃったね?」

ベッドの上で、脱力したように寝そべる千石は

「もう、喋れるんじゃない?」

そう言った。
そして

「ああ、喋れる」

それに呼応して、僕は喋った。

「ふふ、吸血鬼と人間の子供だよ?」

千石は茶化して言う。
茶化して言える内容では全くないのに。

「千石、これは、どういう事だ」

明らかに人間の所業じゃない。
ましてや吸血鬼もどきの僕を。
自由の効かない状態に出来るなんて。

おまじないのレベルなんかじゃ、ない

「メデューサ」
千石は、一言、告げた



50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/21(火) 21:31:14.83 ID:2mKqiJFo0

「暦お兄ちゃん」

怠そうに、気怠そうに起き上がり

「撫子のこと、好き?」

と、唐突に聞くのだった。

「嫌いじゃない。でも千石」

――――――――お前じゃないんだ

――――――――僕の愛してる人は

――――――――お前じゃないんだ

そう、千石に告げた。

「分かってた。そういうと思ったよ、暦お兄ちゃん」

「だから」

――――――――だから撫子も

――――――――こんな風に

こんな風に、したのだと。

彼女は、悲しそうに、楽しそうに、そう、言った。




51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/21(火) 21:35:49.99 ID:2mKqiJFo0

「いいから、質問に先ず答えてくれ、千石」

お前のその力は、何なんだ。
メデューサとは、一体なんなんだ。

「うーんと」

何から言えばいいかなぁ、と
千石は漏らす。

「蛇のおまじないの時、その時に見たんだよね」

「メデューサの事」

――――――――千石が言うには

何処かの神話のメデューサとやらの、その力を
人を石化するという力を。
違うように使い
人を操る

そういう魔術の本が有ったらしい。
あの本屋は何を売っているんだ。

「あの時、暦お兄ちゃん、女の子と一緒にいたでしょ」

「羽川か」

そう、と




52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/21(火) 21:39:39.48 ID:2mKqiJFo0

「その羽川さんが、暦お兄ちゃんの彼女さんに見えたんだ」

「だから、魔術の本で見たことを、覚えた」

「呼び出し方も」

「そして」

「使い方も」

「どれもこれも」

――――――――暦お兄ちゃんの為なんだよ

と、千石はいつの間にか、僕の首へと手を回し

そして

口づけをした

「んっ、っ、っ、っ――――――――――――――――」

戦場ヶ原とした時よりも

長く

「――――――――っぷはぁ。もう、暦お兄ちゃんは、離さないんだから」

エロかった。



55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/21(火) 21:43:26.93 ID:2mKqiJFo0

「さ、誓いのキスも済んだし」

千石は、腕を僕の首からゆっくりと下ろし

「2回目、やっちゃおうか」

その両手は、僕を迎えるかのごとく
ハの字に開き

「ほら、早く、入れてよ」

そして。僕は、千石に迎えられた。





その日から、僕は



千石とずっと一緒になった。




~fin~


元スレ
撫子「暦お兄ちゃん、彼女、いるんだ」