6: 名無しで叶える物語 2021/01/22(金) 23:09:40.57 ID:qt5a5gK7.net

璃奈「私、侑さんのこと好き」

愛「うんうん! アタシもゆうゆのこと好きー」ニコニコ

璃奈「愛してる」

愛「・・・・・・えっ」

璃奈「愛さんには相談に乗ってもらいたい」

愛「ま、マジで?」

璃奈「マジ(キリリ)」

愛「り、り、りなりー・・・・・・」ガクガク

璃奈「愛さん?(はてな?)」

ガシッ



8: 名無しで叶える物語 2021/01/22(金) 23:12:31.31 ID:qt5a5gK7.net

愛「おめでと-っ!」

璃奈「ありがとう」

愛「うっ」ウルウル

璃奈「愛さんは、私の親友、恩人、神様」
璃奈「だから、一番最初に相談したかった」

愛「あははっ。それはさすがに大袈裟だって」ゴシゴシ

璃奈「そんな事ない」
璃奈「愛さんが居たからスクールアイドルを始められた。だから、侑さんを好きになれた」

ギュッ

愛「・・・・・・」

璃奈「ありがとう」

愛「・・・・・・もー、そーやって愛さんを泣かそ-とするなんて、りなりーは悪い子だなー」ウルウル
愛「泣かすのは、かすかすだけにしといてってば。中須だけに」フキフキ

璃奈「愛さん、意外に涙もろい?」

愛「りなりーが一番繋がりたい人を見つけられた事が嬉しいだけだよー」ナデナデ

璃奈「頑張る(ふんすっ)」



10: 名無しで叶える物語 2021/01/22(金) 23:14:15.20 ID:qt5a5gK7.net

愛「よーし! 早速告白しに行っちゃう?」

璃奈「それはまだ」

愛「でも、善は急げって言うっしょ?」

璃奈「今の好感度では勝てない」

愛「勝てない? 誰に?」

璃奈「侑さんの絶対的存在、いつも隣にいるあの人」

愛「あー」

璃奈「だから、もう1人の相談役も呼んだ」

しずく「璃奈さんからの呼び出しなんて珍しいね」

愛「しずくー!」フリフリ

しずく「あれ? 愛さんも璃奈さんに呼ばれたんですか?」

愛「愛さん達と一緒に歩夢を倒す方法を考えて! お願い!」

しずく「倒す?」キョトン

璃奈「私、侑さんに告白したい」

しずく「・・・・・・本気?」

璃奈「冗談でこんなこと言わない」ジーッ



12: 名無しで叶える物語 2021/01/22(金) 23:16:07.28 ID:qt5a5gK7.net


しずく「なるほど。それで歩夢さんを」

愛「正直、愛さん1人じゃ荷が重いっていうかさー」

しずく「でも、どうして私なの? 恋愛相談なら上級生の方が・・・・・・」

璃奈「・・・・・・」

愛「・・・・・・」

しずく「・・・・・・」

 
彼方『すやぴー』
彼方『遥ちゃーん♪』

果林『エマ、エマ、エマ』
果林『また迷子になってしまったわ』

エマ『果林ちゃん、お世話しに来たよ』
エマ『綾小路さんって誰? どんな関係? ねえ? ねぇっ!』

せつ菜『愛の告白ですか!? 私にも協力させてください!!!』
せつ菜『みなさん! これから璃奈さんが侑さんに告白するので道を開けてください!!!』

かすみ『侑せんぱぁ~いっ』
かすみ『は? 侑先輩はかすみんにメロメロだけどぉ?』

歩夢『侑ちゃんに告白? ふふっ、無駄な事は止めておいた方が身の為だよ』

 
しずく「私達でやるしかないようですね」ゴクリ

愛「よーし! 3人で頑張ろう!」

璃奈「おー」



13: 名無しで叶える物語 2021/01/22(金) 23:17:37.25 ID:qt5a5gK7.net

 
―作戦会議―

 
しずく「私は璃奈さんの特技を活かして攻めるべきだと思います」

璃奈「私、パソコンしかできない(しゅん)」

愛「そういうんじゃなくて、りなりーの良さって言ったら健気な姿勢でしょ!」

璃奈「健気?(はてな?)」

愛「怯えながらも、みんなと分かり合いたい、繋がりたいって頑張る姿はサイコーだよね」

しずく「たしかに、小さな体で頑張る姿は胸を打たれますね」



14: 名無しで叶える物語 2021/01/22(金) 23:19:06.22 ID:qt5a5gK7.net

璃奈「私、そんなに小さい?」ペタペタ

愛「それがサイコーなんだって!」ガシッ

璃奈「・・・・・・」

愛「慎ましやかな胸も! くびれの無い腰も! 小さなお尻も! 全部がりなりーの魅力だって!」

 
しずく「璃奈さん、早くこっちに」
璃奈「うん・・・・・・」ビクビク

 
愛「あれ? 2人ともどうしてそんなに離れるの?」

 
しずく「近付かないでください!」
璃奈「防犯ブザー用意しなきゃ」ゴソゴソ

 
愛「それサイコーだよ! ちょっと赤のランドセルに付けて背負ってくんない?」

 
「・・・・・・」

 
ビビビビビビビビィィィッ



16: 名無しで叶える物語 2021/01/22(金) 23:21:03.66 ID:qt5a5gK7.net


しずく「反省してください」

愛「はい」シュン

璃奈「次からは別室で着替えるようにする」

愛「えっ」

しずく「なにか問題が?」

愛「ありません」ビクッ

しずく「定番としては、地道にデートを重ねるなどでしょうか」

愛「ゆうゆなら休日も歩夢と一緒っぽいけど」

しずく「それならこうしましょう」ニヤリ



17: 名無しで叶える物語 2021/01/22(金) 23:22:05.27 ID:qt5a5gK7.net

 
―休日―

 
しずく「ターゲットが歩夢さんと合流しました」

愛「りなりー、落ち着いてね。練習通りに」

しずく「璃奈さん、ちゃんと見守ってるからね」

璃奈「うん」コクン

トコトコトコ



19: 名無しで叶える物語 2021/01/22(金) 23:23:35.39 ID:qt5a5gK7.net


歩夢「ふふっ、それでね」

璃奈「こんにちは」ドキドキ

侑「あれ? こんな所で珍しいね」

璃奈「うん。ちょっと」

歩夢「どうしたの? 迷子?」

璃奈「違う」

侑「そうだ! 私達、これから買い物に行くから璃奈ちゃんも一緒しようよ」

璃奈「嬉しい。私も――」

歩夢「侑ちゃん。そうやって強引に誘うのはダメだよ」

侑「あっ、そっか。璃奈ちゃんも用事があってここまで来たんだもんね」

璃奈「えっ、ちが――」

歩夢「ごめんね。私も侑ちゃんもパソコンショップには用事はないの」



21: 名無しで叶える物語 2021/01/22(金) 23:25:13.06 ID:qt5a5gK7.net

愛「うーん、さすが歩夢。ガードが堅い」

しずく「感心してる場合じゃありません。早くしないとターゲットが行ってしまいますよ」

愛「ごめんごめん」ピッ

―――

Trrrrrr

侑「ん? 私かな」ゴソゴソ

歩夢「あっ、私だ。ちょっとごめんね」

侑「気にしないで」

ツンツン

侑「ん?」

璃奈「侑さん」モジモジ

侑「どうしたの?」ニッコリ

璃奈「2人が良かったら、私も一緒に行きたい」

侑「もちろんいいよ」

璃奈「ありがとう」

歩夢「愛ちゃん、どうしたんだろう」

侑「愛ちゃんからだったの?」

歩夢「うん。でも、すぐに切れちゃった」

侑「なにかあったのかな? 璃奈ちゃんにもかかってきてないよね?」

璃奈「うん」

歩夢「・・・・・・」



22: 名無しで叶える物語 2021/01/22(金) 23:26:35.92 ID:qt5a5gK7.net

侑「まあ、用事があるならまたかかってくるよ」

歩夢「そうだね。それじゃ、行こっか」ニッコリ

侑「そうだね」

璃奈「うん」

歩夢「うん?」

侑「どうしたの?」

歩夢「え? 璃奈ちゃんも来るの?」

璃奈「ダメ?(しゅん)」ウツムキ

歩夢「でも、これから私達は雑貨屋さんに行くんだよ?」

璃奈「うん」

歩夢「璃奈ちゃん、そういうの興味ないよね?」

璃奈「雑貨屋さん、すごく行きたい(わくわく)」

歩夢「嘘は良くないと思うなー」

璃奈「嘘じゃない(きりり)」

歩夢「・・・・・・」ジーッ

璃奈「(きりり)」ジーッ



23: 名無しで叶える物語 2021/01/22(金) 23:28:07.68 ID:qt5a5gK7.net

侑「2人ともなにしてるの? 早く行くよ」

歩夢「あっ、ごめんね」

璃奈「・・・・・・」

侑「璃奈ちゃんも」

璃奈「うん」トコトコ

歩夢「・・・・・・」

―――
――




25: 名無しで叶える物語 2021/01/22(金) 23:31:03.24 ID:qt5a5gK7.net


―夜・璃奈の部屋―

 
璃奈「・・・・・・」

愛「ナイスガッツ! ナイスファイト! 歩夢ビビってるぅー!」

しずく「こ、これからだよ! 歩夢さんの猛攻に耐えながら1日粘れた事は実質勝利だよ」

璃奈「・・・・・・うん」ボーッ


愛「ちょっとヤバくない? 終わったから来てほしいってメール来てからずっとあの調子じゃん」ヒソヒソ

しずく「あのテンションから察するに、おそらく完膚無きまでに叩きのめされたのかもしれません」

愛「おのれ歩夢ゥーー!」

しずく「ですが、璃奈さんが話したがらない以上、私達としては応援する事しかできません」

愛「というか私達は尾行してたよね?」

しずく「はい」

愛「いつから見失ったんだっけ」

しずく「雑貨屋さんに行く途中で、もう・・・・・・」

愛「くっ! これも歩夢の策略か」

しずく「いえ、愛さんが友達と話している間に見失いました」

愛「しずく! どうして教えてくれなかったの!」

しずく「5回は声をかけましたが、すぐに手を振り払われました」

愛「・・・・・・くっ! さすが歩夢。あんな所でオナチューの友達をけしかけるなんて卑怯な」



26: 名無しで叶える物語 2021/01/22(金) 23:33:31.46 ID:qt5a5gK7.net

璃奈「愛さん」

愛「ごめん!」ペコリ

璃奈「しずくちゃん」

しずく「璃奈さん、元気出してね」

璃奈「今日、2人は楽しかった?」

愛「そんなワケないじゃん! りなりーの事が心配で心配で――」ガタッ

璃奈「買い物袋、たくさんあるみたいだけど」チラッ

愛「・・・・・・」

璃奈「・・・・・・」



27: 名無しで叶える物語 2021/01/22(金) 23:36:00.50 ID:qt5a5gK7.net

しずく「愛さんとの買い物は楽しかったけど、心配してたのは本当だよ。お昼も喉を通らないくらいにはね」アセアセ

璃奈「ごめん。今すぐ出前とるね」ポチポチ

ガシッ

しずく「待ってください! 私達の仲でしょ? 気なんて遣わないで」ニッコリ

璃奈「でも」

愛「そーそー! それよりもさ、そろそろ今日のこと話してよー」

璃奈「今日・・・・・・」ボーッ

しずく「思い出したくなかったら無理しないでね」アセアセ

愛「うんうん」

璃奈「私も楽しかった(にっこりん)」

愛「!!」

しずく「今日は泊まってもいいよね?」

愛「出前頼まないと!」ポチポチ



28: 名無しで叶える物語 2021/01/22(金) 23:38:43.10 ID:qt5a5gK7.net

 
―30分後―

 
璃奈「歩夢さんには、ずっと睨まれてた、ような気がする」モグモグ

しずく「2人っきりのデートのつもりだったからね」モグモグ

愛「邪魔されたんだから怒るのも無理ないっしょ」ハフハフ

しずく「怒らせて判断力を削ぐ、というのも作戦の1つでしたからね」

愛「最初は雑貨屋さんに行ったんだよね? どうだった?」

璃奈「初めて来たお店だって侑さんに話したら、ほとんど付きっきりで案内してくれた」

しずく「・・・・・・ごめん。その場にいなくて良かったって思って本当にごめん」シュン

愛「・・・・・・愛さんも」シュン

璃奈「楽しかったよ?」

しずく「その時の歩夢さんは、その、どうだったか覚えてる?」チラリ

璃奈「分からない。ずっとドキドキしてて、侑さんの顔しか覚えてない」モジモジ

 
愛「愛さん達の仕事は学校内でもりなりーを守る事だね」ヒソヒソ

しずく「覚悟を決めないといけませんね」ヒソヒソ



29: 名無しで叶える物語 2021/01/22(金) 23:41:10.15 ID:qt5a5gK7.net


璃奈「ピザ、おいしくなかった?」

しずく「あ、ううん。そうじゃなくて――」

愛「おいしー! あー! りなりーの家で食べるピザは一味違うなー」モグモグ

璃奈「良かった」モグモグ

しずく「愛さん?」キョトン

愛「こんなおいしーピザ、いや、ホント、もう食べられないかもしれないから」ウルッ

しずく「愛さん・・・・・・」シュン



30: 名無しで叶える物語 2021/01/22(金) 23:43:36.69 ID:qt5a5gK7.net

愛「でもさ、そんなに楽しかったんなら、どーしてさっきまでボーッとしてたん?」

璃奈「それは・・・・・・」モジモジ

しずく「話にくいこと?」

璃奈「ううん。そうじゃなくて」チラッ

愛「んー?」モグモグ

しずく「愛さん、退出してください」

愛「なんで?!」

しずく「愛さんがいると話しにくい事、それはつまり女子のデリケートな話です」

愛「おかしいじゃん! 愛さんも女の子なのに!」

しずく「それでは家に帰ってください」

愛「悪くなってる!?」ガタッ

しずく「私は璃奈さんとお泊り女子トークに花を咲かせるので」

愛「混ぜてよ! アタシだって女子トークできるかんね!」

璃奈「愛さんにも聞いてほしい」

愛「ほら」ホッ



31: 名無しで叶える物語 2021/01/22(金) 23:46:04.36 ID:qt5a5gK7.net


しずく「璃奈さん、無理しなくていいんだよ?」

愛「こらー!」

璃奈「これ」スッ

璃奈は、持ち上げた紙袋で口元を隠した。

愛「それ、Chemie(チェリー)の袋じゃん」

しずく「Chemieって、あの下着メーカーのですか?」

愛「そーそー。あのモールには最近入ったんだっけ」

しずく「ああ、だから愛さんに見せたくなかったんですね」

愛「なんで納得してんの?」ジロリ

ガサッ

紙袋をテーブルに置き、璃奈ちゃんボードの後ろに隠れる。

璃奈「侑さんに選んでもらった(てれてれ)」

「・・・・・・」



33: 名無しで叶える物語 2021/01/22(金) 23:48:58.53 ID:qt5a5gK7.net

璃奈「(てれてれ)」モジモジ

しずく「璃奈さん、璃奈ちゃんボード取ろうか」

愛「さんせー」

璃奈「いやっ、ほんと、ダメだから(てれてれ)」アセアセ

愛「あははっ。冗談だってー」

しずく「はぁ、璃奈さんって本当に可愛いよね」

璃奈「私、かわいい?」

愛「あったりまえじゃん!!」ガタッ

璃奈「うわっ」

しずく「この調子で頑張ろう」

璃奈「うん。打倒歩夢さん(ふんすっ)」

愛「そこで次の作戦なんだけど――」ニヤリ



35: 名無しで叶える物語 2021/01/22(金) 23:51:01.77 ID:qt5a5gK7.net

 
―2日後・お昼休み―

 
キーンコーンカーンコーン

侑「ふう」

「高咲さん? 1年生が呼びに来てるよ」

侑「ありがとう。すぐ行くよ」(1年生? 誰だろ)

―――

侑「璃奈ちゃんだ。どうしたの?」

璃奈「急に来てごめん」

侑「ううん。全然いいけど、珍しいね」

璃奈「こ、これ!」スッ

侑「お弁当箱?」

璃奈「迷惑じゃなかったら、その」

侑「うわぁ! 嬉しい!」パアァ

璃奈「ホント?」ジーッ

侑「今日は天気が良いから屋上で食べようよ」

璃奈「え?」

侑「ほらほら、早く行こ?」

ギュッ

璃奈「・・・・・・うん」



36: 名無しで叶える物語 2021/01/22(金) 23:53:29.84 ID:qt5a5gK7.net


―屋上―

 
璃奈「これ、侑さんの為に作ってきた」スッ

侑「えっ?! 私のお弁当だったの?!」

璃奈「もしかして気付いてなかった?」

侑「うん。てっきり一緒にお昼食べたいのかと」

璃奈「食べたい」ズイッ

侑「う、うん。いいよ」ニッコリ

璃奈「あっ、ごめんなさい」ドキドキ

侑「あっ! 私のお弁当、教室に置いたままだった!」

璃奈「侑さんの分はここにある」

侑「璃奈ちゃんのは?」

璃奈「朝食べ過ぎたからいらない」

侑「・・・・・・もしかして、たくさん味見したからお腹空いてなかったり?」

コクン

侑「そっかそっかー。ふふっ」



38: 名無しで叶える物語 2021/01/22(金) 23:56:02.10 ID:qt5a5gK7.net

璃奈「変?」

侑「ううん。味見も嬉しいし、その指の絆創膏も嬉しいよ」

璃奈「あっ。これは、あまり見ないで」アセアセ

侑「彼方さんに教えてもらったの?」

璃奈「うん・・・・・・」ウツムキ

侑「あっ、ごめん。話してばっかりじゃ、お昼休み終わっちゃうね」

ゴソゴソ

璃奈「・・・・・・」ドキドキ

パカッ

侑「わぁー! 美味しそう!」キラキラ

璃奈「やっぱり私が食べる」

侑「え? ダメだよ」スッ

璃奈「でも、昨日教えてもらっただけだから美味しくないかもしれない。それに、マズくてお腹壊したら危ないから」

侑「こんなに綺麗なんだから大丈夫だよ」

璃奈「・・・・・・」ソワソワ



39: 名無しで叶える物語 2021/01/22(金) 23:58:37.69 ID:qt5a5gK7.net

侑「そんなに気になるなら・・・・・・はい」

スッ

璃奈「えっ」

侑「あーん」

璃奈「!!」ゴソゴソ

侑「どうしたの?」

バッ

璃奈「あ、あー(にっこりん)」

侑「そんな事しなくても絶対に美味しいのに」
侑「はい、あーん」

璃奈「んっ(にっこりん)」モグモグ

侑「どう?」

璃奈「おいしい、と思う(にっこりん)」

侑「私もいただきます」

璃奈「あっ(にっこりん)」

パクッ

侑「ん! すっごく美味しいよ!」

璃奈「すき(にっこりん)」ボソッ

侑「うん! この卵焼き、歩夢のより美味しいよ!」

璃奈「(にっこりん)」プルプル



41: 名無しで叶える物語 2021/01/23(土) 00:01:13.90 ID:lRxa4jX+.net


―放課後・璃奈の家―

 
しずく「やったね!」

璃奈「でも、恥ずかしくて璃奈ちゃんボード使っちゃった」

しずく「それは仕方ないよ。好きな人にあーんなんてされたら誰でもそうなるもん」

愛「愛さんも、りなりーにあーんなんてされた日には、その箸を持って帰って永久保存するかもしれないね」

しずく「真面目な顔して冗談言わないでください」

愛「もうさ、告白してもいけそうじゃない?」

しずく「そうですか? 私は、もう少し積んだ方がいいと思いますけど」

璃奈「明日もお弁当作り頑張る(ふんすっ)」

愛「今日は付き添えたけど、明日も付き添った方がいい感じ?」

璃奈「ううん。レシピは全部データ化してある。失敗はない」

しずく「さすが璃奈さんだね」

璃奈「”しゃべる!DSお料理ナビ”も買った」v

しずく「まだ売ってたんだ」



44: 名無しで叶える物語 2021/01/23(土) 00:03:32.98 ID:lRxa4jX+.net

 
―1週間後・お昼休み 歩夢の教室―

 
愛「歩夢ーーッ! 一緒にご飯食べよー」

歩夢「・・・・・・」ゴソゴソ

愛「今日は時間無くてさ、焦ってたらもんじゃ詰めてきちゃったよ」アハハ

ガタッ

愛「あれ? お弁当持ってどこ行くの?」

歩夢「愛ちゃんには関係ない」

しずく「あれ? お弁当持ってどこ行かれるんですか?」

歩夢「侑ちゃんの所だよ!」ムスッ

愛「愛さん達は?」

歩夢「ここ最近、毎日毎日一緒に食べてたんだから、たまには侑ちゃんと食べたいの!」

しずく「あ、いえ、でも、今は、ほら、まだ授業中かもしれませんよ?」

歩夢「終わるまで廊下で待ってるからいい」プイッ

愛「えー! せっかく教室まで来てるんだからさー、今日は一緒しよーよ」



45: 名無しで叶える物語 2021/01/23(土) 00:06:00.75 ID:lRxa4jX+.net

歩夢「愛ちゃんとしずくちゃんって、最近すっごく仲良いよね?」ジーッ

しずく「そ、そうですか?」

歩夢「そんなに仲良しなら2人でお昼食べればいいでしょ」

愛「まあまあ、アタシのおかず1つあげるから落ち着いて」

歩夢「もんじゃじゃん!」

愛「たくあんもあるよ?」

歩夢「もういい!」

タッタッタッ

愛「うーん、さすがにまずかったかな」

しずく「一応、璃奈さんに連絡しておきますね」ポチポチ

愛「さすがに教室でたくあんはヒンシュク買うよねー。時間なかったから、ぬか付いたままだし」

しずく「あっ、うっかり。かすみさんと一緒に食べる約束をしていたのを忘れていました」タッタッタッ



48: 名無しで叶える物語 2021/01/23(土) 00:08:33.95 ID:lRxa4jX+.net


―廊下―

 
トボトボトボ

歩夢「はぁー」(侑ちゃん、どこ行ったんだろう)

「歩夢ちゃん? なにか探し物?」

歩夢「ううん。なんでもないよ」

「そう?」

歩夢「うん」ニッコリ

キョロキョロ

(なに探してるんだろう)キョトン



49: 名無しで叶える物語 2021/01/23(土) 00:11:06.42 ID:lRxa4jX+.net


―同じ頃・屋上―

 
璃奈「あーん」

侑「どう? 美味しいでしょ?」

璃奈「うん。今日は上出来」モグモグ

侑「今日”も”だよ。毎日ありがとう」ニコッ

バッ

璃奈「(テレテレ)」

侑「あははっ。照れる璃奈ちゃんも可愛いよー」

璃奈「ありがと(テレテレ)」ボソッ



51: 名無しで叶える物語 2021/01/23(土) 00:13:36.46 ID:lRxa4jX+.net

 
璃奈「私のも食べてほしい」

侑「同じお弁当だよね?」

璃奈「少しだけ味付けを変えてある」

侑「でも、璃奈ちゃんのお弁当作るついでに作ってくれてるんだよね?」

璃奈「うん」

侑「味付け変えてるなら余るよ? 卵焼きなんて、1つ作ると4切れくらいできるから」

璃奈「・・・・・・私の家のフライパンは細長いから2切れで丁度いい」

侑「へえ。なんかすごいね」

璃奈「だから、食べてほしい」

スッ

侑「あーっ」

モグモグ

璃奈「・・・・・・」ウツムキ

侑「んっ! こっちはちょっと醤油が強めだね」

璃奈「どう?」

侑「美味しいよ!」

璃奈「どっちが好き?」

侑「うーーーん」

ピピッ

璃奈「・・・・・・」ポチポチ

しずく:歩夢さんの足止めに失敗しました。そちらに向かっているかもしれません。

璃奈「・・・・・・」

侑「どっちも美味しくて選べナイヨー!」



52: 名無しで叶える物語 2021/01/23(土) 00:16:05.87 ID:lRxa4jX+.net


―放課後・部室―

 
歩夢「侑ちゃん? 今日のお昼、どこで食べてたの?」

 
愛「!!」
しずく「!!」

璃奈「・・・・・・」

 
侑「お昼? 屋上で食べてたよ」

歩夢「あっ、そうなんだ」

侑「ごめん。もしかして探してた?」

歩夢「うん、まあ、少しだけ」

侑「それなら連絡してくれれば良かったのに」

歩夢「ううん。そんなに大した用じゃなかったから。それに忙しい時だったら悪いと思って」アセアセ

侑「もう、私達の仲なんだから遠慮なんてしないでよ」ニコニコ

歩夢「ふふっ、そうだったね」

 
愛(あれ?)



53: 名無しで叶える物語 2021/01/23(土) 00:18:31.72 ID:lRxa4jX+.net


―週末・璃奈の家―

 
しずく「お弁当作戦は順調だね」

璃奈「うん。今日も食べさせてあげられた」モジモジ

しずく「侑さんからは?」

璃奈「・・・・・・」モジモジ

しずく「もちろん?」

バッ

璃奈「(てれてれ)」

しずく「ふふっ。璃奈さんは相変わらず可愛いですね」チラッ

愛「・・・・・・」

しずく「・・・・・・なにかエッチな事でも考えているんですか?」

愛「いやさー、歩夢の様子おかしくない?」

しずく「そうですか?」

愛「なんて言えばいいのかなー、うーん」

璃奈「落ち着いてる?」

愛「そう、かな? 前はもっと「侑ちゃん、侑ちゃん」って騒いでなかった?」
愛「今日だって、どうして屋上に行ったのか、誰とお弁当食べてたのかも追及してなかったしさ」



54: 名無しで叶える物語 2021/01/23(土) 00:21:31.33 ID:lRxa4jX+.net

しずく「そう言われれば・・・・・・」ウーン

璃奈「侑さん離れ、かもしれない」

しずく「あの歩夢さんがですか?」

愛「考えにくいけど、今までが異常だったと考えれば正常に戻ったとも言えるっしょ?」

しずく「たしかに、先日までは私達の昼食に付き合ってくれていましたしね」

愛「前までの歩夢だったら、私達を殴り倒してでもゆうゆの所に駆けつけてたって」

しずく「それは言い過ぎだと思います」



55: 名無しで叶える物語 2021/01/23(土) 00:24:15.64 ID:lRxa4jX+.net

愛「とにかくチャンスだよ!」

璃奈「告白する」ガタッ

愛「ヨッシャー! サイコーなスパートかけるぞー! 最後(Last)だけに」

璃奈「おー」ニッ

しずく「あっ!」ガタッ

愛「どうしたん?」

しずく「今ッ! 璃奈さんが今ッ!」アワアワ



56: 名無しで叶える物語 2021/01/23(土) 00:26:54.28 ID:lRxa4jX+.net

 
―翌日・虹ヶ咲学園―

 
璃奈「・・・・・・」ドキドキ

 
璃奈『日曜日の朝8時、部室棟の屋上に1人で来て』

しずく『誤字もありませんし、簡潔で分かりやすい。これで問題ないですよね?』

愛『オッケー!』

璃奈『・・・・・・』ドキドキ

ポチッ

愛『終わったら愛さんの家でパーティーやるから絶対に来てね』

しずく『成せば成る。さっきの笑顔を思い出して!』

愛『気合い入れる為に勝負下着にするっていうのは?』

しずく『ばっ! 愛さん! 璃奈さんがそんな猥褻物もってるワケありません!」ガタッ

愛『あの下着の事だからね?』

璃奈『あっ』

しずく『持ってるの!?』



57: 名無しで叶える物語 2021/01/23(土) 00:29:29.63 ID:lRxa4jX+.net


ゴソゴソ

手鏡を取り出し、自分の表情を確認する。今朝から不安になる度に繰り返している事だ。

璃奈「・・・・・・」ニッ

ほんの少しだけ口角が上げられるようになった自分を見ると、告白も上手く出来るように思えた。

手鏡をポケットにしまい、屋上に吹く風を感じる。ゆるやかな風が木々を揺らす音までも聞こえた。
日曜日の朝、平日とは比べ物にならないほど校舎は静かだった。

璃奈「頑張ろう」

そう心に誓う。璃奈ちゃんボードは自宅に置いてきた。



58: 名無しで叶える物語 2021/01/23(土) 00:32:11.25 ID:lRxa4jX+.net


ガチャ

ドキッ

侑「待たせちゃったかな? ごめんね」

「私もいま来たところ」

侑「それなら良かった」

「私の方こそごめんなさい」ペコリ
「忙しい侑さんを呼び出したりして」

侑「ううん。気にしないで」

「どうしても聞いてもらいたい事があって」

侑「うん」

「すぐに終わるから最後まで聞いてほしい」

侑「なんでも話してよ。なんでも」



59: 名無しで叶える物語 2021/01/23(土) 00:34:43.62 ID:lRxa4jX+.net

 
 
「私ッ、侑さんのことが好き。愛してるっ」



「表情豊かな侑さんが・・・・・・すき」

「スクールアイドルに夢中になってる侑さんが・・・・すき」

「一緒にお弁当食べてくれる侑さんが・・・すき、私の練習に付き合ってくれる侑さんが好きっ」

「体の固い私を応援してくれる侑さんが好き! もっと侑さんの事が知りたい、私の事も知ってもらいたい」

 
「だから、私と付き合ってほしい」ペコリ

 
侑「・・・・・・」



侑「顔、上げて?」

「うん・・・・・・」

侑「ありがとう。とっても嬉しいよ」

「私の方こそ、聞いてくれてありがとう」ニッ

侑「私ね、――――」



62: 名無しで叶える物語 2021/01/23(土) 00:40:17.60 ID:lRxa4jX+.net

 
―もんじゃ みやした―

 
愛「りなりー、まだかなー」

しずく「クラッカーまで準備しましたけど、これ鳴らしても大丈夫ですか?」

愛「え? 大丈夫っしょ」

しずく「もしも璃奈さんが泣きながら帰って来たら怒られません?」

愛「絶対に大丈夫だってー」

しずく「そうですよね! 最悪の可能性に備えて、ウィッグと髪留めもありますし」

愛「だからそれは要らないってば」アハハ

ガラッ

璃奈「・・・・・・」

愛「いらっしゃい!」

しずく「あわわっ」

パーン

愛「りなりー! おめおめー!」

しずく「おめでとう!」

璃奈「・・・・・・」

愛「りなりー?」

しずく「ま、まずは座ろっか」

愛「そだねー。こっちだよー」

テクテクテク

ストン



64: 名無しで叶える物語 2021/01/23(土) 00:43:48.98 ID:lRxa4jX+.net


璃奈「・・・・・・」

愛「さーさー、これ付けてね」

璃奈「・・・・・・」(パーティー帽)

しずく「これもどうぞ」パサッ

璃奈「・・・・・・」(”本日の主役”たすき)

愛「よーし! 愛さん気合い入れてもんじゃ焼いちゃうぞー!」バッ

ジューッ

しずく「まだ午前中なので、軽めのでお願いします」

愛「おけまるー」パサパサッ

しずく「いま振りかけてるのは?」

愛「チーズだよ」

しずく「璃奈さんも朝からチーズは厳しいよね?」

璃奈「・・・・・・ごめん、なさい」ボソッ

ジューッ

愛「え? なんて?」

しずく「ちょっと! 焼くの中断してください!」

愛「無理だって! とりあえずこれだけ焼いちゃうからちょい待って」

しずく「璃奈さん、あっちの席に行こう」

トコトコトコ

愛「あっ! もうすぐ終わるから! ホントすぐだから!」

ジューッ



65: 名無しで叶える物語 2021/01/23(土) 00:46:36.29 ID:lRxa4jX+.net

しずく「璃奈さん、大丈夫?」

璃奈「ごめんなさい」ウツムキ

しずく「泣いてもいいんだよ? 今日は愛さんのご家族もいないって言ってたから」

璃奈「何があっても侑さんの前じゃ泣かないって決めてた」

しずく「うん・・・・・・」

璃奈「でも、あの時も今も涙が出てこない。不思議」ボーッ

しずく「それはきっと・・・・・・」

愛「へい! チーズもんじゃお待ち!」

しずく「注文してませんけど」

愛「え? 粉チーズかける?」

璃奈「愛さんもごめん。私、フられちゃった」

愛「なんで謝るの?」

しずく「そうだよ」



66: 名無しで叶える物語 2021/01/23(土) 00:49:12.75 ID:lRxa4jX+.net


璃奈「だって、私の為にいろいろ協力してくれて、休みの日に家まで来てくれて」

愛「そんなの当たり前っしょ! だってアタシら友達じゃん」

しずく「2人のデートに割り込む作戦会議も、お弁当の献立のアイディアも、璃奈さんの家にお泊りしたのも――」
しずく「全部楽しかったよ」ニッコリ

璃奈「ありがと」ボソッ

愛「そーそー。結果がついて来ない事なんてなんにでもあるからね」
愛「どんなにテスト勉強頑張っても点数とれない時とか、どんなに練習しても本番でシュート決められなかったり」

しずく「愛さんにもそんな事があるんですね」

愛「あるある。いーーーっぱいあるから」

璃奈「そういう時はどうしてるの?」

愛「お腹いっぱい食べる! それからまた練習する!」

しずく「それでよくそのスタイルを保てますね」

愛「食べた分は、ちゃんと消費してるからね」キリッ



67: 名無しで叶える物語 2021/01/23(土) 00:51:47.91 ID:lRxa4jX+.net

 
璃奈「じゃあ、私もそうする」

愛「そーそー! はい、口あけてねー」

スッ

 
侑『はい、あーん』

 
璃奈「・・・・・・」

愛「りなりー?」

 
侑『それ絶対璃奈ちゃんに似合うよ!』

侑『こういうのはどう? お揃いで買う?』

侑『あっ! 私、このおかず好きなんだよねー』

一緒に出掛ける事も、お弁当を食べる事も、もう・・・・・・もう・・・・・・――――。



68: 名無しで叶える物語 2021/01/23(土) 00:54:22.46 ID:lRxa4jX+.net


璃奈「ごめん・・・・・・ごめんなさい・・・・・・」ウルウル

愛「謝らないでよ」

コテを皿に戻し、正面から優しく抱きしめる。

璃奈「わ、たし・・・・・・」

愛「ちゃんと好きって伝えられた?」

璃奈「う、ん」

愛「ちゃんとゆうゆの顔みれた?」

璃奈「う゛、ん」

愛「今まで泣かなかったよね?」

璃奈「ん゛っ」コクン

愛「それなら上出来だって。誰でも初めては失敗するもんっしょ?」

ナデナデ

璃奈「んっ、ん、んぅっ~~――ッ」ポロポロ

 
しずく「あっ、意外と食べられますね」モグモグ




69: 名無しで叶える物語 2021/01/23(土) 00:57:36.88 ID:lRxa4jX+.net

 
―虹ヶ咲学園 部室棟屋上―

 
侑「・・・・・・」

ガチャ

歩夢「侑ちゃん」

侑「歩夢・・・・・・」

空を仰いだまま答える侑に、歩夢はゆっくりと近づいていく。

歩夢「全然戻って来ないから心配したよ」

侑「私ってさ、酷い女だよね」

歩夢「そんな事ないよ」

侑「ごめん」

歩夢「どうして謝るの?」

侑「私達のこと、璃奈ちゃんに話しちゃったから」

歩夢「侑ちゃんは間違ってないよ」

侑「ねえ、歩夢」クルッ

歩夢「ん?」

侑「少しだけ、抱きしめさせて」

歩夢「学校ではそういう事はし――」

侑「少しだけだから」

歩夢「・・・・・・分かった。おいで」

ギュッ



71: 名無しで叶える物語 2021/01/23(土) 01:00:51.52 ID:lRxa4jX+.net


―1時間後―

 
愛「改めて! りなりー慰め会はじめーっ!」

璃奈「わー」パチパチ

しずく「あの、私はもうお腹いっぱいなんですけど」

愛「しずくって意外と食べるよね~」

しずく「むっ」(2人が抱き合ってる間、もんじゃを食べる事しか出来なかったんですよ!)

璃奈「愛さん、私にも焼いてほしい」

愛「あいよ!」

ジューッ



74: 名無しで叶える物語 2021/01/23(土) 01:04:59.87 ID:lRxa4jX+.net


璃奈「愛さん、しずくちゃん」

しずく「うん?」

璃奈「私、これからも頑張る」

ジューッ

愛「え? なんだって?」

しずく「侑さんの事?」

璃奈「うん。1回じゃ諦め切れない」

しずく「その意気だよ! 私も愛さんも何度でも応援するからね」

璃奈「ありがとう」

愛「お待たせ! これで粘り勝てる! 特製モチ入りもんじゃだよ!」

ジュー

 
おわり



76: 名無しで叶える物語 2021/01/23(土) 01:11:32.52 ID:lRxa4jX+.net

最後までお付き合いいただきありがとうございました

>>1
あらためて代行ありがとうございました


元スレ
璃奈「侑さん、すき」【SS】