1: 名無しで叶える物語 2021/01/23(土) 18:33:28.38 ID:t9CImMwY.net

善子「……」

善子(はぁ……)

チラチラ

善子「……」

善子(ん~、どうすればいいのかしら……?)

善子「……」

チラチラ

善子(やっぱりああいう大人っぽいのは……ずら丸になら似合いそうなんだけど)

善子(ルビィは、その……)

ルビィ「……?」

善子(ちょっとだけ子供体型なとこあるし……胸とか、ほら……)

ルビィ「……」

トテトテ

善子(はぁ、どうしよ……)

ルビィ「ねえ善子ちゃん?」

善子「わっ!なによルビィ?」

ルビィ「あのさ、いまずーっと花丸ちゃんのお胸見てたよね?」

善子「!!!?」



3: 名無しで叶える物語 2021/01/23(土) 18:34:25.20 ID:t9CImMwY.net

善子「は、はぁ!!?急に何よっ!!」

ルビィ「見てたんだ」

善子「否定も肯定もしてないでしょっ!!」

ルビィ「それとルビィのお胸もちらちら見てたでしょ」

善子「なっ!!言いがかりはやめてよね!!」

ルビィ「じゃあ見てないの?」

善子「そ、それは……」

ルビィ「……やっぱり見てたんじゃん」

善子「だから見てたとは一言も言ってないでしょ!!」

ルビィ「ふーん、へぇ~……」

善子「なっ、なによ……?」

ルビィ「……」

善子「……」

ルビィ「……へんたい」

善子「んなっ!!?」



5: 名無しで叶える物語 2021/01/23(土) 18:35:11.94 ID:t9CImMwY.net

ルビィ「えっち、むっつりすけべ」

善子「はっ、はぁぁぁぁ!!?どうしてヨハネがそんなこと言われなきゃなんないのよっ!!」

ルビィ「そうだよね、善子ちゃんってそういう人だもんね」

善子「私の話も聞こうとしなさいよねっ!!!」

ルビィ「じゃあどうしてルビィと花丸ちゃんのお胸を交互に見てたの?」

善子「そっ、それは……」

ルビィ「やっぱり見てたって認めるんだね」

善子「なっ!!?言葉の綾よ!!誘導尋問よ!!!」

ルビィ「へんたい、すけべ堕天使」

善子「だからそういう扱いするのやめてってば!!」



6: 名無しで叶える物語 2021/01/23(土) 18:36:42.70 ID:t9CImMwY.net

ルビィ「……」

善子「なっ、なによ……?」

ルビィ「ねえ善子ちゃん、なんでお胸見てたのか教えてよ。ルビィ怒んないから」

善子「なんでかって言われても、その……」

ルビィ「善子ちゃん、嘘ついたらルビィほんとに怒るからね?」

善子「……」

善子(嘘もついてないし、そもそもヨハネは変な言いがかりつけられた側だし、ほんとどうしろって言うのよ……)

ルビィ「……」

ググッ!

善子「いてっ!」

ルビィ「……」グリグリーッ!!!

善子「いたっ!!いたたたっ!!わかった!!わかったから上履きで私の足踏むの止めなさいっ!!!」



9: 名無しで叶える物語 2021/01/23(土) 18:37:56.84 ID:t9CImMwY.net

善子「……」

ルビィ「そういえばこの前もおんなじようなことあったよね、確か」

善子「何よ、また言いがかり?」

ルビィ「違うもん。先週善子ちゃんが掃除当番終わった後にさ……」

………



善子「はぁ~!!」

ルビィ「あ、善子ちゃんお疲れ」

花丸「お疲れ様ずら~」

善子「ほんっと、疲れたぁ……だいたいなんでヨハネが急にごみ捨て当番に命じられなきゃなんないのよ……」

花丸「日頃の行いが良くないからずらよ~」

善子「あーはいはいわかったわかった。その手の話はもう聞き飽きたわよ。はわぁ~……!!」

善子「ん~!!とりあえずちょこっとだけ寝かせてぇ……ふわぁ~……ヨハネ昨日も夜更かししてて寝不足……」

ルビィ「あ、善子ちゃん!それならルビィのおひざ

善子「ずらまるぅ~……」

花丸「はいはい、しょうがない堕天使さんずらね~」

ポフッ!

善子「ふにゃっ、すぅ………」

ルビィ「……」

ルビィ(……善子ちゃん?)



10: 名無しで叶える物語 2021/01/23(土) 18:39:05.97 ID:t9CImMwY.net

善子「ん~♪」

花丸「やれやれ、堕天使のお世話も大変ずら」ナデナデ

善子「ほわぁ……」

ルビィ「……」

花丸「~♪」

ポムッ♪

ルビィ「……」

チマッ!

ルビィ「……」



11: 名無しで叶える物語 2021/01/23(土) 18:40:15.46 ID:t9CImMwY.net

善子「……それが?」

ルビィ「やっぱり善子ちゃんはヘンタイさんじゃん」

善子「はぁぁぁ!!?今の話のどこに変態要素があるのよっ!!」

ルビィ「善子ちゃんって人をお胸の大きさでしか判断できないんだね。ルビィがっかりした」

善子「してないし!!ヨハネそんなクズじゃないし!!!」

ルビィ「じゃあどうしてルビィのお胸見て笑ってたか教えてくれてもいいじゃん」

善子「それは、えっと…………って笑ってない!!」

ルビィ「いいもん。どーせルビィのお胸は花丸ちゃんよりちっちゃいから別に気にしてないもん」スタスタ

善子「あっ、ちょっとどこに行くのよルビィ!!」

ルビィ「ヘンタイさんとは一緒にいたくありませーん!!あっかんべー!!」

ピシャッ!

善子「……」

善子(はぁ……ほんと、子供なんだから……)



12: 名無しで叶える物語 2021/01/23(土) 18:41:26.03 ID:t9CImMwY.net

善子(それからというものの……)

善子「……」

ルビィ「……」

善子「……ねえ、そろそろこの前のこと、機嫌直してくれてもいいんじゃない?」

ルビィ「別に怒ってないし。そういう善子ちゃんには怒られるような覚えがあるんだね」グリグリ

善子「いたっ!だから上履きで足踏んづけないでよ!!」

花丸「こないだのこと?何かあったの?」

善子「あ、いや、ちょっと、それは……」

ルビィ「ううん、なんでもないよ!」グリグリ!!

善子「いたたっ!!わかった!!わかったから!!全部ヨハネが悪かったわよっ!!!」

花丸「……?」

善子(ルビィの機嫌は一向に治る気配がなくて……)



13: 名無しで叶える物語 2021/01/23(土) 18:42:46.61 ID:t9CImMwY.net

———

曜「あ、善子ちゃん!ちょうどよかった!!」

曜「はい、頼まれてた雑誌!持ってきたよ!」

善子「わっ!!?ちょ、ちょっと!!人目につくとこで渡さないでよ!!」ヒソヒソ

曜「え?なにかマズかった?」

善子「あ、いやそれは……」キョロキョロ

ルビィ「……」ジーッ

善子(うわぁ、やっぱり……)



14: 名無しで叶える物語 2021/01/23(土) 18:43:24.06 ID:t9CImMwY.net

ルビィ「……」

スタスタ

ルビィ「ねえ善子ちゃん」

善子「ひぃぃっ!!?な、なによ!!」

ルビィ「さっき曜ちゃんから何渡されてたの?ルビィにも見せて」

善子「あ、や、えっと、それは……」

ルビィ「……貸して」ヒョイッ!

善子「わっ!ダメっ!!!」



16: 名無しで叶える物語 2021/01/23(土) 18:44:44.43 ID:t9CImMwY.net

ルビィ「……」

善子「……」

ルビィ「……」

善子「……」

ルビィ「……ふーん、善子ちゃんってこういう女の人がタイプなんだね」

善子「エロ本見つけたときみたいな反応するのやめなさい!!!ただの普通のファッション誌じゃない!!!」



18: 名無しで叶える物語 2021/01/23(土) 18:45:30.98 ID:t9CImMwY.net

ルビィ「やっぱりお胸の大きい人が好みなんじゃん。ルビィ見損なった」

善子「だからーっ!!見てもないし好みでもないし!!それにただのファッション誌をそういう目的で見てるわけないでしょっ!!!」

ルビィ「じゃあどういう目的で見てたの?」

善子「あー……もうっ!!だからー!!」

ルビィ「うん」

善子「その……えっと……!!!」

ルビィ「うん」

善子「……!!」

ルビィ「……」

善子(あーもうっ!!ほんとはサプライズにするつもりだったのにっ!!)

善子「胸元!!!」

ルビィ「は?」

善子「ネックレス!!!ルビィにプレゼントしようと思ってたの!!!!」



19: 名無しで叶える物語 2021/01/23(土) 18:46:28.86 ID:t9CImMwY.net

ルビィ「……」

善子「……」

ルビィ「……どういうこと?」

善子「ネックレス!!いいのがないか探してたの!!!プレゼントする用のやつ!!」

ルビィ「プレゼント?」

善子「私そういうの疎いからよくわかんないしっ!!だから曜とか梨子とかに相談しながら、ルビィに似合いそうのないかなって……」

ルビィ「……」

善子「ほ、ほら、こういうのって大人用を想定して作られてるじゃない……?それで、ちょっとだけデリケートになってたって言うか……」

ルビィ「……え?ルビィにプレゼントしてくれようとしてたの?」

善子「だから最初からそう言ってるじゃない!!!」



22: 名無しで叶える物語 2021/01/23(土) 18:47:29.87 ID:t9CImMwY.net

ルビィ「それならそうって最初から言ってくれれば良かったのに」

善子「言っちゃったらサプライズにならないでしょ!!それにちょっとだけ気恥ずかしかったし……」

ルビィ「気恥ずかしい?どして?」

善子「だってその……わざわざ面と向かって大切な想いを言うのは恥ずかしいわよ」

ルビィ「……」

善子「だっ、だから代わりにプレゼントにしようって思ったんだけど……なんだかそれも照れくさいって言うか……」

ルビィ「……そっか」



23: 名無しで叶える物語 2021/01/23(土) 18:48:39.03 ID:t9CImMwY.net

ルビィ「そっか、そっか!」

善子「わっ!なによ急に」

ルビィ「ん~?なんでも!」

ペシペシ!!

善子「あっ!いてっ!ちょっとルビィ!!ヨハネのこと叩くのやめなさいっ!!ちゃんと正直に話したじゃない!!」

ルビィ「だから~!!ルビィ最初から怒ってないし~!!善子ちゃんのことず~っと信じてたもん!!」ペシペシ!!

善子「いやアンタさっきまであからさまに機嫌悪かった

ルビィ「ん~?何が~?」

グリグリ!!

善子「いてっ!あーもうわかった!もうなんでもいいわよっ!!」



24: 名無しで叶える物語 2021/01/23(土) 18:49:35.57 ID:t9CImMwY.net

ルビィ「~♪」

善子「……」

善子(はぁ、ほんとに単純なヤツ……おかげでサプライズが失敗しちゃったじゃない……せっかくカッコよく決めるところだったのに……)

善子「……ま、ヨハネ的には誤解が解けたのならそれで

ルビィ「あ、そうだ善子ちゃん!!ルビィね、善子ちゃんとおそろいのやつがいい!!」

善子「おそろい?何の話?」

ルビィ「ネックレス!善子ちゃんって十字架みたいなやつだけで可愛い系のネックレス持ってないでしょ?」

善子「ま、まあそうね……」

ルビィ「だったらルビィとおそろいのやつ買っちゃおうよ!!とびっきりに可愛いの!!」

善子「……いや、ヨハネは別にいいわよ。そういうの似合わないと思うし」

ルビィ「似合う!!絶対似合う!!ルビィが似合うやつちゃんと選んであげるっ!!」

ルビィ「というわけで明日10時に沼津駅集合だからねっ!!遅刻厳禁だよ~!!」

善子「へっ!?ってちょっと……」

ルビィ「~♪」

ピューッ!!

善子「……」

善子(……ま、いっか。ルビィも機嫌直してくれたみたいだし)



25: 名無しで叶える物語 2021/01/23(土) 18:50:08.70 ID:t9CImMwY.net

終わりです。お粗末様でした


元スレ
ルビィ「ねえ善子ちゃん、いま花丸ちゃんのお胸ずーっと見てたよね?」