1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/27(月) 00:59:16.83 ID:WCOWAYyK0

怜「えっ?」

竜華「あー……怜の言う好きってあれやろ?恋愛的な」

怜「そ、そうや。私は竜華と……!」

竜華「ないわー」

怜「」



3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/27(月) 01:04:16.07 ID:A4BRtCje0

怜「え、えっ……だって、そんな、りゅーかぁ……?」ウルウル

竜華「ちょっ、泣くのは勘弁して!私が悪いことしてるみたいやん!」

怜「ひっく……りゅーかは、私のこと嫌いなん……?」ウルウル

竜華「いやいや、勘違いやで怜。好きか嫌いかで言ったら間違いなく私も怜のことは好きやし」

怜「りゅーかぁ……!」パアッ

竜華「というか好きじゃなかったらひざまくらとかせえへんよ、普通」ニコッ



4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/27(月) 01:08:07.57 ID:A4BRtCje0

怜「りゅ、りゅうかぁ……///」

竜華「んー?」

怜「私のことがす、好きなら私とつき……!」

竜華「いや」

竜華「いやいや」

竜華「それとこれとは話が別やろ」

怜「」



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/27(月) 01:13:44.20 ID:A4BRtCje0

怜「な、何でえ……竜華も私のこと好きなんやろ……?」

竜華「あー……私の『好き』と怜の『好き』は違うって話」

怜「え……?」

竜華「怜のはまあ……ラブなんやろ?私と付き合いたいとかそういう」

怜「う、うん……///」

竜華「私のはライクのほうやなあ。友達として、あとは妹みたいな感じ?」

怜「妹……?」



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/27(月) 01:15:58.28 ID:A4BRtCje0

竜華「うん、怜って体弱いし何だか放っとけへんやん?私が見ててあげへんとーって」

怜「そんな……りゅーかぁ……」

竜華「まあそんなわけで、怜と私の感情にはズレがあるんやな」

怜「……」

竜華「そもそも私と怜って女同士やん?付き合うとか普通に無理やろー」

怜「……グスッ」



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/27(月) 01:19:37.39 ID:A4BRtCje0

竜華「しかし怜が私に告白してくるとはなー……」

怜「……」

竜華「この頃なんか考え事してるみたいやなーって心配してたらこれやもんなあ」

怜「……」

竜華「そういえば怜、最近ひざまくらしてあげてる時とか添い寝してあげてる時に挙動不審やったけど、あれってもしかして……」

怜「ぅ……」



10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/27(月) 01:23:03.03 ID:A4BRtCje0

竜華「やっぱあれなん?怜は私とキスしたいなーとか思ってるん?」

怜「……ああもう!これ以上苛めるのはやめてえな!」バンッ!

竜華「っ!」ビクッ

怜「そうや!私は竜華のことがラブの意味で好きで好きでたまらへんし、最近はずっと竜華にどう告白しようか悩んでたんや!」

竜華「と、怜……?」

怜「竜華にひざまくらされてる時に変な気持ちにもなってたし、添い寝中とか言うまでもないやろ!」

竜華「ち、ちょっと……///」



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/27(月) 01:25:21.45 ID:A4BRtCje0

怜「キスもしたいに決まってるやん!そんなん毎日と言わずいつでも思うとるわ!」

竜華「ひ、開き直るんはずるいで怜……」

怜「ふー、ふー……竜華はどうなん?」

竜華「はっ?な、何が?」

怜「キス。私としたいとか思わへんの?」

竜華「はあっ!?思うわけないやんそんなこと……」



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/27(月) 01:28:01.67 ID:A4BRtCje0

怜「あー……聞き方が悪いか。りゅーか、私とキスするの、嫌?」

竜華「えっ?まあ……嫌かどうかで言われたら、別に嫌ってわけではないなあ」

怜「ふーん……じゃあ今から私が竜華にキスするって言うたらどうする?」

竜華「い、今から!?」

怜「今から。すぐ」

竜華「う……ま、まあ怜がしたいって言うなら別に拒みはせんよ?」



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/27(月) 01:30:30.36 ID:A4BRtCje0

怜「へえ、ええの?」

竜華「うん、まあさっきも言ったけど私も怜のことは普通に好きやし……」

怜「……」

竜華「まあ友達として、やけど。妹みたいな感じに思ってるけど」

怜「……何度も言わんでええって。傷つくわそれ」

竜華「ごめん。……まあ、妹にならキスくらいは普通かなって」



17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/27(月) 01:33:25.58 ID:A4BRtCje0

怜「ふーん、そっか」

竜華「親愛の意味を込めて……な?よく知らへんけど、そういうのあるんちゃう?」

怜「私に聞かれても困るわ。私は普通に愛情……ラブの気持ちでキスする気やし」

竜華「ふ、ふーん……。まあ、怜がどういう気持ちでするかなんて自由やしな」

怜「せやな。……じゃあ、するから」

竜華「……うん」



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/27(月) 01:35:50.75 ID:A4BRtCje0

怜「竜華……目、瞑って」

竜華「ん……」スッ

怜「ふふっ、綺麗やで竜華……」

竜華「そ、そんなこと言わんでええって」

怜「良いやろ別に。ムードやムード」

竜華「ムードって……さっきも言ったけど、私がキスするのはあくまで親愛の気持ちやで?」



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/27(月) 01:38:21.87 ID:A4BRtCje0

怜「……」

竜華「別にキスされたからって何か変わるわけでもあらへんし、それに」

怜「りゅーか……さっきから声震えてるで」

竜華「は、はあっ!?ふ、震えてへんし!何言うてんの怜!」

怜「……」

竜華「ひょっとしたら顔も赤くなってたりするかもしれへんけど、それもちょっとこの部屋が暑いからで別に深い意味は……んんっ!?」

チュッ



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/27(月) 01:41:25.41 ID:A4BRtCje0

怜「ん……竜華、りゅうかぁ……」

竜華「ん、んん……。ときぃ……」

怜(好き、すきやでりゅーか……)

チュッ、チュウ…

怜「……ぷはっ」

竜華「……はあっ」



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/27(月) 01:44:47.52 ID:A4BRtCje0

怜「ふうぅ……竜華、もう一回言うで」

竜華「はあ、はあぁ……え?」

怜「好き。大好きやで竜華、もちろんラブの意味で、な」

竜華「……………………」





竜華「しゃーないから付き合ってあげることにしたわ」

泉「うわっ、引きますわー」

終わり


元スレ
怜「私は竜華のことが好きや!」竜華「引くわー」