1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/14(火) 18:04:43 ID:uizuZ9C.

エレン「グッドモーニン!」

エレン「はー!すがすがしい朝だな!巨人駆逐してえ…」

???「エレン、今起きたのか?」

エレン「おう!もしかして寝過ごしたか?」

???「いや、俺も今起きたところだから…」

エレン「ならよかった。…てかお前、誰だ?」

???「!?」

アルミン「エレン!冗談がすぎるよ!」

エレン「?!」

アルミン「ミカサ、エレンは寝ぼけてたんだよ、気にしないで」

???改めミカサ♂「…ああ、気にしていない。でもエレン、朝っぱらからそんな笑えない冗談はやめて欲しい」

エレン「は…?お前…ミカサ…?!このイケメンが、ミカサ…?!!」


※アニメ派にネタバレあるかもしれない
※キャラの口調おかしい



3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/14(火) 18:13:33 ID:uizuZ9C.

エレン「落ち着いて整理しよう。俺は昨日、風呂入ってライナー達とエロ本鑑賞会をした後ベッドに入ってきちんと寝たはずだ。」

ミカサ♂「…何を言っているんだ?エレン。はやく朝食に行こう」

エレン「うん。昨日の時点ではまだミカサにちんkは付いていなかった」ブツブツ

アルミン「エ、エレン…?」

エレン「おいミカサ!」

ミカサ「なんだ?」

エレン 「一応聞いておくが、ちんk生えてんのか?」

アルミン「?!」

ミカサ「…もちろんそうだが」

エレン「だよなぁ…声は低くなってるし背も伸びてる…なにより口調がおかしい」



4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/14(火) 18:18:31 ID:uizuZ9C.

ミカサ「俺の口調が変?」

エレン「ああ。お前、腹筋は男並みでも言葉遣いはちゃんと女だっただろ?」

アルミン (エレン疲れてるのかな?)

ミカサ「よく分からないが、エレンが俺の口調が気に入らないのなら直そう。今すぐに」

エレン「や、別にいいよ。」

エレン (まあ色々おかしいけど気にしないでおこう。男でも女でもミカサはミカサだし。)



5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/14(火) 18:26:50 ID:uizuZ9C.

サシャ「ミカサァ!パン要らないんですかぁ?!」

ミカサ「…ん、まぁ。お腹すいていないから。エレン、いるか?」

エレン「あー、いらねえ(男になってもすること変わらないなミカサ)」

ミカサ「アルミンは?」

アルミン「僕ならもうお腹一杯だよミカサ」

サシャ「…なら!」

ミカサ「はい」スッ

サシャ「ありがとうございます!!ミカサ男前です!大好きです!」

ユミル「おい、そんなこと言ってたらあいつに殺されるぜ?」

エレン (あいつ…?)



7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/14(火) 18:58:20 ID:uizuZ9C.

クリスタ「ユミル、物騒なこと言わないの!でも、心配だね…」

エレン「なんかあったのか?」

ライナー「ああ分かった、またジャンだろ(クリスタ結婚しよ)」

ユミル「ご名答」

エレン「ジャン…?そういや今朝はまだ見てないな」

マルコ「ハァ…。今度は何があったの?」



8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/14(火) 19:10:06 ID:uizuZ9C.

バンッ(扉の開く音)

エレン「うお!びっくりした」

ライナー「おーおー、噂をすれば、だ」

???「…」ズカズカズカ

エレン (鋭い目つき…髪の色…もしかして)

エレン「ジャン?!」

ジャン 「うっせーな」ギロッ

エレン (俺を睨む目つき…明らかにジャンだ……)

エレン (俺の知ってるジャンより少し背は低いし髪も少し伸びているけど、間違いなくジャンだ)

マルコ「ジャン、遅かったね。一緒に食べない?」



9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/14(火) 19:17:53 ID:uizuZ9C.

ジャン「…いい。1人で食べる」

マルコ「そんなこと言わずにさ。こっちおいでよ」

ジャン「…」(ミカサをちらり)

ミカサ (エレンをガン見)

ジャン「いい。」フィッ

ユミル「あらら。いっちゃった」

サシャ「ジャンも馬鹿ですよねー。せっかくマルコが誘ってくれてるんだから素直に来ればいいのに」

コニー「あいつ馬鹿だからな」

ライナー「ジャンもお前ら2人には言われたくないんじゃないか」



11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/14(火) 20:06:13 ID:uizuZ9C.

アルミン「まあ、ジャンはきっと1人になりたい気分なんだよ。そっとしておこう」

クリスタ「で、でも…」

ユミル「クリスタァ、ジャンのことなんかほっとこうぜ食べろ食べろ」

クリスタ「ユミル!」

ベルトルト「でもアルミンの言う通りだと思うな」

ライナー「どうせ、また喧嘩したんだろ?あいつには協調性のかけらもねぇもんな」

クリスタ「協調性…ないわけではないんだと思うんだけどね…。ただ、良くも悪くも自分に正直だから敵を作りやすいのかなって」

マルコ「だね」

エレン「ジャンと誰が喧嘩したんだよ?」

アニ「…誰と、というか」

ユミル「一部の女子グループ対ジャンというか」



12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/14(火) 20:16:22 ID:uizuZ9C.

ジャン (…おい!マルコ!!なんでもう一回誘わないんだよ!!今更そっち行きづらいだろうが!)

ジャン (くそ…こんなクソまずい朝食食べるくらいなら意地なんか張らずにあいつらのところに座ればよかった…)

ジャン (エレンさえいなけりゃ座ってたのに)


エレン「え?!女のジャンは虐められてんのか」

マルコ「虐められてるというか…うーん」

ユミル「あいつの場合半分自業自得だと思う」

サシャ「成績下位の人達がいるそばで憲兵団に入れたらああするとか、内地万歳とか言ってるのが原因だと思います」バクバク

アルミン「喧嘩を売ってると思われたんだね」

アニ「というか、喧嘩売ってるようにしか見えなかった」



13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/14(火) 21:20:05 ID:uizuZ9C.

エレン「あー…(あいつ女になってもブレないなぁ)」

ミカサ「エレン、早く食べないと冷める」

エレン「お前は俺の世話係か!」

ミカサ「エレンの旦那」

エレン「え」

ユミル「ホモはあっちいってろ」ペッ

サシャ「相変わらずラブラブですね~。」

エレン「は?!」

ミカサ「安心しろ。エレンは俺が守る」

エレン「」


ジャン (聞こえてんだよエレン羨ましいエレン呪うエレン呪うエレン呪うエレン呪うエレン呪うエレン呪うエレン呪うエレン呪う)



17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/14(火) 21:41:25 ID:uizuZ9C.

エレン (ミカサとジャンの性別変わったことを誰も突っ込まないということは…夢でも見てるか別の世界に来たってことかな)

エレン「ま、どーでもいいや。巨人を駆逐できれば!ごちそーさま!」

アルミン「僕も、ごちそうさま」

ミカサ「ごちそうさま」

コニー「俺もー」

サシャ「ごちそうさまでしたー」

「俺もー」「私もー」ゾロゾロ

ジャン (食べるの早すぎだろやべぇ)

ミカサ「行こう、エレン、アルミン」スタスタ

ジャン (ミカサがこっちにくる!ミカサがこっちにくる!エレンはこっちくんな)ドキドキ



20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/14(火) 22:31:34 ID:uizuZ9C.

ミカサ (普通にジャンの横通り過ぎる)

ジャン (黒髪綺麗やばい触りたい)

エレン「あ、ジャン!」

ジャン「…んだよ(なんでてめーが話しかけんだよ!)」

エレン (一応確認しておかないとな)

エレン「お前ちんk生えてないよな?」

アルミン「?!」

ミカサ「?!」

その他「?!」

ジャン「?!?!?!」



22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/14(火) 22:51:48 ID:uizuZ9C.

ジャン「な…な…お前…」

エレン「いや、生えてないなら生えてないでいいんだけど」

アルミン (エレンのことがいよいよ本気で分からなくなってきた)

ライナー (さすがにジャンに同情する)

クリスタ「ひどいよエレン!いくらなんでもデリカシーなさすぎだよ?!」

エレン「え?!」

ベルトルト (エレンェ)

ミカサ「エレン、クリスタの言う通り。ジャンに失礼だと思う」

ジャン「!!ミカサ…!」

ミカサ「俺に聞く分には構わないけど、ジャンは女性なんだから」

ジャン (ふぉおおおおおお!!!メルヘンゲットオオオオオオエレンありがとおおおおおおお)

エレン「そうか…ジャンすまん」

ジャン「もういいって。生えてねーし」

エレン「やっぱりな」ドヤァ



23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/14(火) 22:54:01 ID:uizuZ9C.

ミカサ「素直に謝るエレン最高」

エレン「?今なんて?」

ミカサ「なんでもない、行こう」

アルミン (ジャン…可哀想に…)

ジャン「…。」



25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/14(火) 23:05:23 ID:uizuZ9C.

支援、コメントありがとうございます、嬉しいです


コニー「いきなり何言い出すんだ頭大丈夫かこいつって思ったけど、よく考えればエレンに関しちゃいつものことだもんな」

サシャ「ですねー」

クリスタ「じゃあご飯も食べ終わったことだし行こう、みんな」

ライナー (結婚しよ)

ユミル (お前ごときにクリスタは渡さん)

ライナー (こいつ…!直接ry)

ベルトルト「ライナー、僕たちも行こう」

ライナー「ああ、訓練に遅れたら殺されちまうからな」



26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/14(火) 23:15:31 ID:uizuZ9C.

ジャン「…」 モグモグ

女訓練兵A「うわー可哀想」クスクス

女訓練兵B「言ってやんなって」クスクス

ジャン「…(んだよどっかいけ)」ポツン

ジャン (…ちょっと昨日言い過ぎちまった)

ガタガタ

ジャン「?」

マルコ「ジャン、訓練始まるし早く食べちゃいなよ」(前の椅子に座る)

ジャン「…。誰が待っててくれって言ったよ」

マルコ「僕が勝手にジャンを待ってるだけだよ」

ジャン「お前、友達いないのかよ」

マルコ「はは、今のジャンに言われたくないなぁ」



28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/14(火) 23:28:06 ID:uizuZ9C.

ライナー「あれ?マルコどこ行った?」

ベルトルト「ジャンが食べ終わるの待つってさ」

コニー「マルコもわざわざあんな口悪女、構わなくていいのにな」

ライナー「コニー、お前鈍感だな」

ベルトルト「ライナー、コニーにはなにを言ってもダメだと思うよ。」

コニー「は?」

クリスタ「切ないね…」

ユミル「さらにホモもそのめんどくせー関係に入ってるのか」

アニ「マルコに同情するよ」

サシャ「皆さんさっきからなんの話をしているんですか?」



29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/14(火) 23:43:41 ID:uizuZ9C.

エレン「ふぅ…。」

エレン「俺はミカサとジャンの性別が逆になるという世界で一日訓練を終えたわけだが」

エレン「ミカサめっちゃ強え」

ジャン「…なに言ってんだお前」

エレン「あ、ジャン!お前は女になっても立体起動上手だよな。」

ジャン「(女になっても…?)当然だろ。順位だって絶対お前に負けねぇからな。憲兵団に入ってやる」

エレン「でも…あれだな」

ジャン「?」

エレン「筋肉はやっぱちょっと減ったか?」ジーッ



31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/15(水) 00:06:46 ID:ezW/H78o

ジャン「…(気まずい)」

エレン「なぁ」

ジャン「あ?」

エレン「腹筋見せて」

ジャン「は?!」

エレン「いや確かめたくて」

ミカサ「…!」ピクッ

ジャン「嫌に決まってんだろ?!」

エレン「なんでだよ?!」

ジャン (え、これこっちがおかしいのか?)

ミカサ「エレン!腹筋なら俺のを見せてやるから!」

エレン「お前のじゃ意味ねーんだよ。俺はジャンの腹筋を見たいんだよ!」



32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/15(水) 00:13:01 ID:ezW/H78o

ジャン「」

アルミン「」

マルコ「」

ミカサ「……。」(ジャンを睨む)

アルミン「ミ、ミカサ!違う!違うよ!エレンはジャンの腹筋に興味があるだけで…!」

ジャン「」(ミカサに睨まれた終わった死のう)

アニ「なにこれどんな展開?」

ユミル「分かりやすく説明したいのは山々なんだが1人ホモが入ってるせいでうまく説明できない」



33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/15(水) 00:18:30 ID:ezW/H78o

サシャ「とりあえず夕飯食べに行きましょう!!」

ミカサ「エレンは女なんかに興味ない、そうだろ?ならなんでジャンの腹筋なんか見ようと…ジャンか。ジャンが何かエレンに吹き込んだのか」

エレン「なんだよミカサ!なんでそんなに怒ってんだよ?!」

アルミン「ミカサ落ち着いて!ね?!」

ジャン (吹き込んでないよミカサそして生まれてきてごめんなさいミカサ)

サシャ「ねぇ!わたしはスルーですか?!」

マルコ「エレンに怒ればいいのかミカサに怒ればいいのか分からないんだけど」



36: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/15(水) 00:27:16 ID:ezW/H78o

エレン (夕飯なう。)

ジャン「……」

ミカサ「渡さないエレンは渡さないからなジャン…」

マルコ「ミカサやめてあげて…ジャンのライフはもうマイナスいってるから…」

エレン (俺はただ純粋に女になったジャンに腹筋があるのか知りたいだけなんだけどな)

エレン (ミカサは何か勘違いしてるし、ジャンはお通夜状態だしどうすれば。)

エレン「おい!いっとくけど俺はジャンの腹筋が見たかったんであって!ジャンの裸が見たかったわけじゃないぞ!」

ジャン「もうお前頼むから名前出すのやめろ!!」

ミカサ「本当かエレン」



41: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/15(水) 07:03:34 ID:ezW/H78o

エレン「ああ!もちろんだ!!」

アルミン (ホッ…)

ミカサ「…じゃあ」

エレン「ん?」

ミカサ「…どっちが好きなんだ?」

エレン「え、それって」

ミカサ「選べよ、エレン」

ライナー (修羅場…)

ジャン (うわああああ頼むからミカサと言ってくれ!ああでもそしたらエレンとミカサが両思いになっちまう!)

エレン (ミカサの腹筋かジャンの腹筋、どちらが好きかを聞いているんだよな?)

アルミン (あれ?エレンがとんでもない勘違いをしている気がする)



42: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/15(水) 07:15:35 ID:ezW/H78o

エレン「好きとか嫌いとかはわかんねーけど、ジャン(の腹筋)に興味があるのは事実だな」

ミカサ「……は?」

ジャン「おい!!エレン!!!悪かった!!悪かったから!そういう嫌がらせはやめろ!!!」

エレン「いや、だって事実だし…。気になるんだよ(腹筋が)。しょうがないだろ」

ミカサ「………」

ジャン「マジやめろって…洒落になんねーから!なぁ?!」

エレン「なにが?」

ジャン「」

ミカサ「……」

ライナー (エレンの奴…ジャンのことが好きだったのか)

アルミン (なんというか、その、僕の幼馴染がやらかしてしまってジャンごめんなさい)



43: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/15(水) 07:27:27 ID:ezW/H78o

スーパーマルコタイム

マルコ「ちょっと複雑になってきたから(エレンのせいで)ここまでのお話の復習をしよう!」

コニー「はーい」

マルコ「ある朝エレンが目を覚ますと、そこはミカサがエレン大好きなホモに、ジャンがミカサラブ!なちょっと意地っ張りの女の子になってたんだ」

コニー「なるほどなるほど」

マルコ「エレンは巨人を駆逐できればどーでもいいと思いつつも、前の世界のミカサやジャンとついつい比べてしまっているね」

コニー「そうなのか」

マルコ「そしてエレンはただ純粋にジャンの腹筋がどうなっているのか知りたかった」

コニー「おう」

マルコ「そのせいで、ミカサはエレンがジャンのことが好きだと誤解してしまったんだ」

コニー「よくわかんねーけどやばそう」

マルコ「とりあえずあっちの世界に行ったエレンの健闘を祈ろう!」

コニー「巨人←エレン←ミカサ←ジャン←マルコ、複雑な関係だな…」

マルコ「まってコニー違うよなんか違う」



46: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/15(水) 14:53:11 ID:ezW/H78o

その日の夜

クリスタ「ま、まさかエレンもジャンのこと好きだったなんて」

ユミル「いやちげーだろ…たぶん」

サシャ「腹筋を見たいとか言ってませんでした?」

クリスタ「それが遠回しな告白の可能性も…!」

アニ「いや、違うと思うんだけど」

女訓練兵A「あいつエレンに好かれてるんだってさー」

女訓練兵B「それはないでしょー。エレンってもしかして物好き?」クスクス

ジャン「…」ズゥーーン

クリスタ「あのジャンが…!あきらかに喧嘩を売られてるのに買わないなんて…」

ユミル「ありゃあよっぽどミカサに睨まれて落ちこんでんな」



47: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/15(水) 15:07:29 ID:ezW/H78o

女訓練兵A「ちょ…え…?どうしたのよ」

ジャン「…」ズゥーーン

女訓練兵B「ジャ、ジャン、ミカサがエレンべったりなのは分かってることじゃない」

女訓練兵A「ミカサに何されたのかは知らないけど…その…元気出しなよ」



ユミル「おい昨日喧嘩してた奴らがジャン慰めだしたぞ」ケラケラ

クリスタ「あの落ち込みだもの…。誰だって心配になるよ」

アニ「調子狂うしね」

サシャ (明日の朝ごはん何だろう…)



49: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/15(水) 15:49:36 ID:ezW/H78o

ジャン (ミカサに嫌われたし…エレンは今朝から変だし最悪だ…)

ジャン (エレンは明らかに朝からおかしい。訓練が終わったときも…)

ーーー

エレン「俺はミカサとジャンの性別が逆になるという世界で一日訓練を終えたわけだが」

ーーー

ジャン (エレンの頭がイかれちまってるか、それとも…)

ジャン (ああでもそんなことよりミカサに嫌われた死にたい)



51: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/15(水) 17:42:06 ID:ezW/H78o

そのころの男子達

ライナー「なぁエレン、知らなかったぜ。お前、ジャンが好きなんだって?」

コニー「そういや夕飯で言ってたな」

ミカサ「…。」

ベルトルト (ライナー!コニー!ミカサがいるのになにいってるの?!)

エレン「誰がジャンなんか!気色悪い」

アルミン「エレン!言い過ぎだよ!(でもGJ)」ホッ

マルコ「おいエレン!」

エレン「え?!…あ。(そうだこの世界のジャンは女だった)」

エレン「いや、ジャンが男だったら気色悪いねっていう意味で…その…」



52: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/15(水) 17:49:48 ID:ezW/H78o

コニー「えー。でもあいつ、もともと男みたいなもんだろ?」

ライナー「言ってやるなコニー」

アルミン「でも確かに僕よりよっぽど男っぽいよね…」

ベルトルト「そ、そんなことないって」

コニー「あいつ胸ないしな!本当に男なんじゃねーの?!」

マルコ「!!そんなこt

ミカサ「エレン、本当にジャンのことが好きじゃないのか?」

マルコ (遮るなよミカサァ…)



54: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/15(水) 18:14:21 ID:ezW/H78o

エレン「だからー!そんなんじゃねぇって!!腹筋が気になっただけだって!!!お前らいい加減にしろ!」

ミカサ「そ、そうか…すまない」

エレン (ジャン♂と付き合うとかマジ勘弁だ…!)

コニー 「てかエレンどんだけジャン嫌いなんだよ、俺もだけど!」

マルコ「コ、コニー!」

コニー「だってあいつ俺のこと馬鹿にするんだぜ?あの女」

ライナー「コニー、その辺にしとけ」

マルコ (ライナー僕のセリフとらないで)



55: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/15(水) 18:22:48 ID:ezW/H78o

ミカサ (よく分からないが…エレンがジャンのことを好きじゃないならそれでいい)

ミカサ (エレンは俺のただ1人の家族、だから誰にも取られたくない…)

ミカサ (ホモと言われてもいい、エレンが俺の側にいるのなら…)

ミカサ (でもジャンには悪いことをしたな)



57: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/15(水) 19:04:03 ID:ezW/H78o

次の日の朝

エレン「いええええい!!グッモニーング」

ミカサ「エレン、朝からうるさい」

エレン「うわあああ!!やっぱりミカサ男のまんまだった!もしかしたら戻ってるかもしれないと思ったのに!!!」

ミカサ「…?」

アルミン「エレン、朝からハイテンションだね」

ベルトルト「気持ち、わかるよ。今日一日頑張れば明日は休日だしね」

ミカサ「そうか、休日か…」



58: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/15(水) 19:19:47 ID:ezW/H78o

ミカサ「マルコ」

マルコ「ん?なんだいミカサ」

ミカサ「ジャンの好きなものって何か分かるか?」

マルコ (ミカサ)

マルコ「(…とは答えられないしね)そうだなぁ、立体起動…とか?」

ミカサ「そういうことじゃなくて、食べ物とか、買えるもの。」

ライナー「おいおいどうしたミカサ、ジャンの好みなんか聞いて」

ミカサ「昨日、だいぶ凹ませてしまったみたいだしお詫びをしようと思って」



59: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/15(水) 19:55:35 ID:ezW/H78o

マルコ「ああ!そういうことか!」

コニー「え?お前そんなに優しかったか?」

アルミン「ミカサはエレンが好きすぎるだけで他の人に優しくないわけじゃないからね」

マルコ「ミカサ、僕から一つ提案があるんだけど」

ミカサ「?」

マルコ「ジャンの好きなものとか、そういう話はあまりしてないから分からないんだ。だからミカサが明日の休日にジャンと一緒に出かけるのはどうだろう」

ライナー「マルコ、お前…」

マルコ「それに明日、ジャンの誕生日なんだ。きっとミカサがプレゼントをくれたら喜ぶよ」ニコリ

エレン「よくわかんねーけど朝食行こうぜ!」



63: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/15(水) 20:31:07 ID:ezW/H78o

食堂

ジャン「普通に眠れなかった…」

マルコ「ジャンおはよう、隣いい?」

ジャン「…おー」

マルコ「もうミカサ怒ってないよ」

ジャン「ほ、本当か…!!」

マルコ「うん、だから安心して」

エレン「今日もたくさん食べて巨人駆逐駆逐~」

ジャン「おいエレン」

エレン「あ!ジャンやっばりお前も戻ってないな」

ジャン (やっぱり変だ…)

ジャン「お前食べた後ちょっといいか」

エレン「?」



65: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/15(水) 20:44:16 ID:ezW/H78o

エレン (なんだろう、なんか突っかかってくんのか?ジャンの奴)

ミカサ「ジャン」

ジャン「…!ちげーからなミカサ!話ってのは真面目な話で…」

ミカサ「分かってる。そうじゃなくて、エレンとの話が終わったらでいいから俺の話を聞いて欲しい」

ジャン「えっ…!」ドキドキ

サシャ「パン美味しい!」モグモグ

クリスタ「ミカサからジャンに誘いをかけるなんて!」

ユミル「んだ、あいつホモじゃなかったのか?」



67: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/15(水) 21:46:43 ID:ezW/H78o

クリスタ「ユミルったら分かってないわね!ミカサは確かにエレンのこと大好きみたいだけど、恋愛感情とは限らないじゃない!」ヒソヒソ

ユミル「それはないだろ…というかクリスタ、お前はマルコ応援してんじゃなかったのか?」ヒソヒソ

クリスタ「マルコにも報われて欲しいけど、ジャンもずっとミカサのこと大好きじゃない」ヒソヒソ

クリスタ (ジャン!頑張って!)

ユミル (まあ、クリスタ楽しそうで可愛いからいいか)



68: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/15(水) 22:06:38 ID:ezW/H78o

エレン「で、話ってなんだ?」

ジャン「…エレン、お前昨日からおかしくないか」

エレン「?!」

ジャン「性別が逆だとか言ってたし、腹筋を気にしだしたり…」

エレン「…。」

ジャン「…大丈夫なのか?」

エレン (俺の記憶ではジャンは男だったんだって言っても信じてもらえないだろうな)

エレン (そもそもそんなことジャンに言ってもなんのメリットもないよな。それで元の世界に戻れるわけでもねーし)

ジャン「おいエレン、もしどこか悪いなら…」

エレン「大丈夫だ、問題ない」

ジャン「そ、そうか?」



69: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/15(水) 22:16:42 ID:ezW/H78o

エレン「ただ、記憶がちょっと飛んでるかもしれねぇ」

ジャン「お前疲れてるんだよ…」

エレン「まあでも大丈夫だ!巨人を駆逐したい気持ちに変わりはねぇ!」

ジャン「本当死に急ぎすぎだなお前」

エレン「うっせーよ。でも心配させてすまねぇなジャン」

ジャン「別に俺はお前の心配をしたわけじゃねーよ!!」

エレン「お、おう…」

ジャン (お前に何かがあったらミカサが悲しむだろーが)

ジャン「…じゃーな」

エレン「ああ(ジャンって結構鋭いな…)」



70: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/15(水) 22:41:29 ID:ezW/H78o

ジャン (…記憶が飛ぶって、なんかおかしくないか)

ジャン (でも本人がそう言っているんだから…)

ジャン (そうだ、馬鹿な考えは捨てよう)

マルコ「ジャン?」ヒョコッ

ジャン「!マルコ」

マルコ「ミカサが待ってるよ、行かないの?」

ジャン「い、今行く」

マルコ「緊張しなくて大丈夫だよ、はは」

ジャン「き、緊張してねーよ!!」



73: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/15(水) 23:06:03 ID:ezW/H78o

ミカサ「…。」

ミカサ (エレンを誰にも取られたくない…だが、エレンはそれで幸せなのだろうか)



ジャン「わりぃ!ミカサ、待たせてしまって」ドタドタ

ミカサ「構わない。」

ジャン「…そ、それで話って」 テレテレ

ミカサ「まず、ジャンに謝らなければならない、昨日の態度のことを」

ジャン「!!そ、そんなの別にいいって」

ミカサ「いや、昨日の俺は冷静ではなかった。許して欲しい」



75: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/15(水) 23:20:58 ID:ezW/H78o

ジャン (ふぅおおおおお!!!!ミカサがこっちを見てる!話しかけてくれてる!謝ってくれてる!うおおおおお!!!)

ジャン「しょ、しょれはもう気にしてないというか許すもなにも」

ジャン (噛んだ死にたい)

ミカサ「そうか。お詫びと言ってはなんだが」

ジャン「お、お詫び?!」

ジャン (まさか…!!)

ーージャンの快適な脳内ーー

ミカサ「お詫びと言ってはなんだが、俺の女にしてやってもいいぜ☆」

ジャン「えっ?!////」

ミカサ「お前…前から可愛いと思ってたんだよな☆」

ジャン「そんないきなり言われても////」

ミカサ「好きだぜ、ジャン」 チュッ

ーーーー

ジャン (とかな!!!なんてな!!!)ニヤニヤ



76: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/15(水) 23:34:31 ID:ezW/H78o

ミカサ「…ジャン?」

ジャン「あ!!わ、わりぃ」

ミカサ「ボーッとしてた。大丈夫か?」

ジャン「だいじゅぶ!」

ミカサ「ならよかった」

ジャン (また噛んだ死にたい)

ミカサ「さっきの続きだけど、明日、一緒に買いものに行かないか?」

ジャン「…!?!?!?!!!?」



77: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/15(水) 23:45:35 ID:ezW/H78o

ジャン「…これは夢か?」

ミカサ「ジャン、大丈夫?嫌なら断っていい」

ジャン「!!!嫌じゃねぇ!」

ミカサ「本当に?」

ジャン「ほ、本当に!!」

ミカサ「そうか、よかった」ニコリ

ジャン (ミカサに微笑まれたからもう死んでもいいや)

ジャン (いい…人生だった…)



78: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/16(木) 00:00:39 ID:EeqJqxRM

訓練中

マルコ「ジャン!ジャン!…ジャン!!」 ユサユサ

ジャン「!!!」パチッ

マルコ「大丈夫?!アニに思い切り投げ飛ばされて気を失ってたんだよ」

ジャン「くそ…頭いてぇ…」

アニ「あんた、今日はずっとボーッとしてるね」

ジャン「てめぇ!手加減っつーものを…」

マルコ「やめなよジャン、ジャンの不注意なんだから」

ジャン「…(なんも言えねえ)」



79: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/16(木) 00:05:42 ID:EeqJqxRM

マルコ「まったく…少しは気をつけなよ」

ジャン「うっせー。マルコはさっさとあっち行けよ」

マルコ「そんな言い方しなくたって…」ムッ

アニ「はやく訓練再開したいんだけど?」

ジャン「あーもう!分かったよ!!」イライラ


クリスタ「ジャン…マルコ、ジャンのこととても心配してたんだよ?」

ジャン「…」

マルコ「クリスタ、いいって。僕たちも訓練に戻ろう」



80: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/16(木) 00:09:17 ID:EeqJqxRM

ジャン (またマルコに八つ当たりしちまった)

ジャン (そもそもなんで不注意なんかしてたんだ馬鹿か…)

ーーーー

ミカサ「さっきの続きだけど、明日、一緒に買いものに行かないか?」

ーーーー

ジャン「!!!」

ジャン (そうだ!ミカサに誘われたんだ…!!!!)ドキドキ



81: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/16(木) 00:16:06 ID:EeqJqxRM

ジャン「へへへ」デレデレ

アニ (なにこいつ、もう一回投げ飛ばしていいかな)


エレン「…なぁマルコ」

マルコ「なんだいエレン」

エレン「よくお前ジャンに付き合ってられるよな」

マルコ「はは…自分でもたまに思うかも」


ジャン「…!!」ガーン

ジャン (それなら構わなくてもいいんだよ!!)


ミカサ「…。」



82: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/16(木) 00:25:16 ID:EeqJqxRM

コニー「やっーと午前の訓練終わったぜ」

サシャ「はやくお昼ご飯食べたい…!」シュバッ

エレン「相変わらずはえーなサシャは(やっぱりミカサとジャンの性別以外変わった点はないな)」

マルコ「そうだね、ある意味羨ましいよ。ハードな訓練な後だと逆になにも食べたくないって時もあるから」

エレン「そんなんじゃ倒れちまうぞマルコ」

マルコ「ありがとう、気をつけるよ」ニコニコ



87: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/16(木) 07:45:37 ID:EeqJqxRM

エレン「マルコって優しいよなぁ」

マルコ「どうしたの突然」

エレン「さっきも言ったけど、俺だったらジャンと仲良くなんてできねーよ」

マルコ「僕は別にジャンと特別仲がいいってわけじゃないよ」

エレン「…?そうなのか?」

マルコ「うん、なんだかんだアニやクリスタ達とも話してたりするし」

エレン「へー。意外だな」

マルコ「でもエレン、僕も無理してジャンと一緒にいるわけじゃないよ」



88: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/16(木) 07:51:14 ID:EeqJqxRM

マルコ「確かにジャンは口も悪いし態度もでかいし八つ当たりしてくるときもあるけど」

エレン (すごい言われようだな)

マルコ「ああ見えていいところもあるんだよ」ニコリ

エレン「へー」

エレン (マルコってもしかして…)


クリスタ (ああもうマルコ!!なんでそれをジャンの近くで言ってあげないの!!)

クリスタ (人の恋路応援するのめっちゃ楽しい)



90: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/16(木) 12:29:46 ID:EeqJqxRM

サシャ「ふふふ!」モグモグモグモグ

コニー「あはは!」モグモグモグモグ

ベルトルト「2人とも幸せそうだね」

ジャン「アホみてーに食ってんな」

コニー「アホはてめーだ糞女」

ジャン「んだとこの…」

マルコ「ジャン、やめなって」

ジャン「…。」フンッ

マルコ (あれ、もしかして無視されてる?)

エレン「おいジャン!マルコを無視するのはやめろよ!!」

アルミン (エレンそんな直球でいかなくても…)



91: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/16(木) 12:51:26 ID:EeqJqxRM

ジャン「無視してねー!!」

エレン「いーや無視してる」

マルコ「や、やめなよ2人とも」

アルミン (うわあああ…またややこしいことに)

ジャン「マルコにどう接しようがお前には関係ねぇだろ!」

エレン「いーや、あるね」

ジャン「えっ」

エレン「マルコは俺たちの大切な仲間だ!」ドン!


シーン


ユミル (こいつ真顔でくそ恥ずかしいこと言ってやがる…)

マルコ (エレン…気持ちは嬉しいけどこれ以上ジャンを刺激するのはやめてくれ…)



92: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/16(木) 13:53:15 ID:EeqJqxRM

ジャン「いや、わけわかんねぇよ!」

エレン「わけわかんねぇのはてめえだジャン!なんでマルコを無視するんだよ!!」

ジャン「だからそれは…!」

ミカサ「2人とも、やめろ」

エレン「!」

ジャン「!」

ミカサ「…食事も落ち着いてできないのか?」ハァ

エレン「…すまん」

ジャン「ご、ごめん」

ライナー (エレンからジャンに突っかかるなんて珍しい)



93: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/16(木) 16:56:39 ID:EeqJqxRM

ジャン (ミカサに怒られたあああああああ)チーン

マルコ「エレン、気にしないでよ。ご飯はやく食べちゃおう」

エレン「…ああ」

ジャン (…だいたい、エレンがわりぃんだよ)

ーーーー

エレン「よくお前ジャンに付き合ってられるよな」

マルコ「はは…自分でもたまに思うかも」

ーーーー

ジャン「…」チッ

クリスタ「ジャン!舌打ちしないの」

ライナー (結婚しよ)

ミカサ「……。」



95: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/16(木) 17:29:56 ID:EeqJqxRM

アルミン (ミカサ…どうしたんだろう?)

マルコ (まだ昼前のこと気にしてるのかなジャン)

エレン (マルコ…!俺はお前を応援するぞ…!!)

サシャ (わたし主に食べ物のことしか発言してない)



96: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/16(木) 17:43:10 ID:EeqJqxRM

エレン「訓練終わってからの風呂Foooooo!!!」ザッパーン

ライナー「なんでエレンはこんなにハイテンションなんだ…」

ベルトルト「なんてったって明日は休日だもんね!!!Fooooo!!」ザッパーン

ライナー「ベルトルトまで…」

マルコ (みんなジャンの誕生日のこと覚えてるかな…?)

コニー「俺も俺もやるー!!休日Fooooo!!」…ダダダ…ツルッゴチッ!!!

エレン「やばい!コニーが頭を打った!!!誰か!!」

ライナー「ったく!コニー!大丈夫か!」

コニー「いい人生だった…」

ライナー「コニー戻ってこーい!!!!」

マルコ (うんこれ覚えてないな)



97: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/16(木) 17:51:02 ID:EeqJqxRM

マルコ (ストッパーのミカサは後で入ると言っていたし…ライナーはコニーを連れていってしまった…)

エレン「エレンイェーガー、歌います!!!」

ベルトルト「うおおおおお!!!」

マルコ (ベルトルトは…日頃のストレス大変そうだしこうやって発散させてるんだろうな…)

エレン「ナンバー○ンにならなくてもいい~~~~」

マルコ (エレンも色々溜まってるんだろう)



98: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/16(木) 17:56:22 ID:EeqJqxRM

女子風呂

ユミル「なんか…男子のほう騒がしくないか?」

サシャ「ですねー」

ユミル「おいてめーら!!うっせーんだよ!!!」(男子風呂のほうに向かって)

アニ「あんたのほうがうるさいよ…」

クリスタ「えー!ミカサに誘われたんだ!!明日着ていく服決めたの?」

ジャン「あー…ま、まだ」

クリスタ「ならお風呂出たら一緒に決めよう!」ワクワク



100: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/16(木) 19:46:11 ID:EeqJqxRM

ジャン「でも、似合う服なんてねーと思うけどな」

ジャン (第一ミカサがお世辞でも可愛いとか言えるタイプじゃねえことは明らかだ)

クリスタ「そんなことないよ、ジャン、可愛いもん!」

ジャン「はぁっ?!」

サシャ「クリスタの言うとおり、ジャンは黙ってさえおけば女の子ですからね」

アニ「誰もあんたに言われたくないだろうよ」

サシャ「アニには言われたくないです」ムッ



101: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/16(木) 20:09:29 ID:EeqJqxRM

アニ「……」

サシャ「ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいいいい!!!」

ユミル「知ってるかクリスタ。女子のいう可愛いは男子のいう可愛いとは違うって」

クリスタ「そんなことないよ!ジャンは可愛いってば」

ジャン「クリスタ、やめろって」

ユミル「こいつ照れてやんの」

ジャン「うっせー!」



102: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/16(木) 20:25:43 ID:EeqJqxRM

エレン「風呂上がりの牛乳最高!!!!!!」プハー

アルミン「みんなひどいよ!!僕をおいて先に入るなんて…!」

ライナー「すまんすまん、ミカサと入るのかと思って…」

マルコ (素で忘れてたよ…アルミンごめん)

アルミン「まあいいけどさ…。ミカサ見かけなかった?」

ベルトルト「さあ?お風呂向かったんじゃないのかな」

アルミン (ミカサ大丈夫かな)

コニー「うう…頭痛い…もう寝ようぜ…」

エレン「ああそうだな!!寝るか!!」

アルミン「あ!ねぇ!まだ僕お風呂入ってn

パチッ(電気を消す音)

アルミン「…。」



106: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/16(木) 20:58:04 ID:EeqJqxRM

クリスタ「うん!ジャン似合ってるよ!」

ジャン「いやいやスカートとか本当無理だって!!」

ミーナ「せっかくわたしが貸してあげたんだから着なさいよージャン」

ジャン「…で、でも」

クリスタ「えへへ、わたしこういうのにずっと憧れてたんだ」

ジャン「え?」

クリスタ「わたし、あんまり友達と遊んだ経験ないから、女友達ってこんな感じなのかなって」アハハ

ジャン「……。こんな感じっていうか、その、もう友達だろ?」

クリスタ「!!ジャン、ありがとう」

ジャン (クリスタにはかなわねぇな…)



107: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/16(木) 21:46:54 ID:EeqJqxRM

エレン「あたらしい朝だ!!!!みんな!!!グッドモーニング!!」

アルミン「エレン…うるさいって…」

ミカサ「おはようエレン、アルミン」

アルミン「あれ?!ミカサもう起きて着替えてたの?はやいね!」

ミカサ「まあな。ご飯先に食べてくるよ」

アルミン「ああ分かっ…ちょ、ちょっと待って僕もミカサと食べる」

ミカサ「…?分かった、待ってる」



112: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/17(金) 13:21:23 ID:dLtiAA7c

アルミン「ミカサ、お待たせ」

ミカサ「そんなに待っていない、大丈夫」

アルミン「ありがとう」

アルミン「ところでさ、ミカサ」

ミカサ「なんだ」

アルミン「もしかして何か悩んでる?」

ミカサ「!」

ミカサ「なにも悩み事はない…」

アルミン「そっか(あるんだな)」



114: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/17(金) 13:31:20 ID:dLtiAA7c

ミカサ「アルミン」

アルミン「なに?」

ミカサ「今日ジャンと出かける」

アルミン「うん、知ってるよ。昨日言ってたじゃないか」

ミカサ「そうだった」

アルミン「ミカサがジャンに優しくするなんて珍しいってコニーが言ってたよ、失礼だよね」ハハハ

ミカサ「ジャンには優しく接しているつもりなんだけど」

アルミン「え、そうなの?…あごめん、もちろんミカサが優しいのは知ってるけど」



115: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/17(金) 13:57:48 ID:dLtiAA7c

ミカサ「一度泣かせたしまった時があったからな」

アルミン「え?!泣かせた?!誰を?!」

ミカサ「ジャンを」

アルミン「そんなの全然知らなかったよ…」

ミカサ「たぶん俺しかしらないから」

アルミン「え、いつの話?」



116: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/17(金) 14:06:08 ID:dLtiAA7c

ミカサ「結構前…まだ入ったばかりのころ。エレンとジャンが頻繁に喧嘩していた…」

アルミン「あーー…」

ミカサ「俺は一昨日の時のように冷静じゃなかった」

アルミン「え?」

ミカサ「ジャンがエレンのことが好きで突っかかっていると判断して」

アルミン (ジャンはミカサ、君が好きなんだよ)

ミカサ「そしてつい」

アルミン「あーーー……」



118: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/17(金) 14:17:44 ID:dLtiAA7c

アルミン「泣かせちゃったんだ?」

ミカサ「ジャンは泣いてないと言い張ってたけど」

ミカサ「泣いてた」

アルミン「それで、罪悪感を感じて今日も誘ったの?」

ミカサ「それもある」

アルミン「ミカサが無理をしてるなら…」

ミカサ「無理はしてない」

アルミン「ならいいんだけど」



119: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/17(金) 14:24:39 ID:dLtiAA7c

ミカサ「マルコにも頼まれたし」

アルミン「そっか」

ミカサ「大丈夫。またジャンを泣かせたりはしない」

アルミン (ジャンはなんだかんだ現実的だし、そこまでの期待はしてないとは思うけど)

アルミン (ちょっと可哀想だな。ミカサに悪気はないところがなんとも言えない)

アルミン (結局ミカサが何に悩んでいるのかは分からなかったな…)



120: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/17(金) 15:13:15 ID:dLtiAA7c

ジャン (…今日はミカサとの…)ゴクリ

ジャン (ヘマしませんように噛みませんように)

クリスタ「ジャン!起きてる?」ヒョコッ

ジャン「!驚かせんなよクリスタ…」

クリスタ「わわっ、ごめん!」

ジャン「いいけどよ」

クリスタ「ふふ、ジャン、誕生日おめでとう!」

ジャン「あ、ありがとう…」テレ



121: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/17(金) 19:14:12 ID:dLtiAA7c

エレン「牛乳うっまー!!!!」プハーー

サシャ「パンうっまー!!!!」モグモグ

アルミン (うるさいよ…)

ライナー (こういう時はいつもジャンが突っ込んでくるんだが…)

ベルトルト (あれ…?)

ジャン「………。」モグモグモグモグモグモグモグモグ

アルミン「…ジャン、今にも吐きそうだけど、大丈夫?」

ジャン「大丈夫」モグモグモグモグモグモグモグモグ

アニ (どんだけ緊張してるんだよ…)

ライナー「そういやジャン、今日誕生日だよな」

ベルトルト (空気読んで!ライナー!!)



122: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/17(金) 19:22:30 ID:dLtiAA7c

ジャン「そうだけど」

アルミン (いや、空気は読めなかったけどナイスだよライナー!ジャンの顔が普段通りに!!)

ライナー「そうか、おめでとう」

ジャン「どうも」

アニ「……。」ゲリッ

ライナー「イタイイタイイタイイタイ!!!」

ライナー「何すんだアニ!!!」

アニ「空気読んで」

ライナー (アニに空気読んでと言われるとか…)



123: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/17(金) 19:38:17 ID:dLtiAA7c

ライナー (もしかしてアニは誕生日を祝うほど馴れ合うなと言いたいのか…?)

アニ (そこは気づいてない振りをしてからのサプラーイズ!だろ?!ライナーはなんも分かってない)

ベルトルト (ライナーが勘違いしてる気がする)

エレン「お前今日誕生日なのか」

サシャ「パンのかけらあげましょうか?」

コニー「じゃあ俺はこの野菜…」

ジャン「いらねーよ!!」



124: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/17(金) 19:51:51 ID:dLtiAA7c

ミカサ「ジャン」

ジャン「は、はい!!」

ミカサ「今日のことなんだけど」

ジャン (ああ分かった…断られるのか…)

ミカサ「9時半にここ集合でいい?」

ジャン「…!!おう」

ジャン (ドタキャンされなかったよっしゃあああああああ!!!!)

エレン「え?!2人どっか行くのかよ!!」

クリスタ「エレン声大きいよ!」

ミカサ (エレンが気にしてくれている…)

エレン「おいジャン!!マルk

マルコ「エレーーーン!!!」

ミカサ (……。)

アルミン (ミカサ…)

ベルトルト (そういえばエレンはマルコを応援してるんだったっけ)



127: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/17(金) 20:54:25 ID:dLtiAA7c

食後 9時半前

エレン「おい!マルコ!!」

マルコ「エレン、落ち着いてよ。何をそんなにピリピリしてるのさ」

エレン「お前、ジャンのこと好きなんだろ?!」

マルコ「…!!」

エレン「なんでミカサとデート行くっていってるのに止めないんだよ!」

アルミン「エレンやめなって」

ライナー「そうだエレン、マルコのことはマルコで決めるべきなんじゃないのか?」

エレン「俺は…!」

*

*

*



マルコ「…!!」



128: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/17(金) 20:58:03 ID:dLtiAA7c

マルコ「エレン、君のいいたいことは分かった」

エレン「なら…」

マルコ「でも誰だって君のように勇敢になれるわけじゃない」

エレン「…」

ライナー (エレンいつにも増して熱いな)

アルミン (よっぽどマルコのこと応援してるんだね)

ガチャッ

コニー「あれ?ミカサは?」

ベルトルト「もうジャンと一緒に出かけたんじゃないかな?」



129: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/17(金) 21:17:40 ID:dLtiAA7c

その頃のミカサとジャン

ミカサ「ジャン、ごめん待ったか?」

ジャン「そ、そんなに待ってないぜ」ドキドキ

ジャン (ミカサの!ミカサの!私服!至福の時ですはい!なんちて!なんちて!)

ミカサ「ジャン、行きたいところってあるか?」

ジャン「え、えっと」

ジャン (やばい考えてなかった)

ジャン (どうしようなんて答えれば好感度UPなんだ?!)

ジャン (うーーーん…)

ジャン「ほ、本屋とか」



130: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/17(金) 21:33:15 ID:dLtiAA7c

ミカサ「本屋…」

ジャン「い、いや!!別に本屋じゃなくても…」

ジャン (ミカサとならどこでもいいよ!とか言えねー)

ミカサ「大丈夫。いい本屋を知ってる」

ジャン (いきなり選択ミスしたかもしれない)

ミカサ (アクセサリー屋とか服屋だと思ってたけど違うものなんだな)



131: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/17(金) 21:49:07 ID:dLtiAA7c

本屋前

ジャン「あっ、こ、ここ知ってる」

ミカサ「そうか。品揃えがいいからよくきてる」

ジャン「そういえば一緒に来た時マルコも言ってたよ」

ミカサ「俺もマルコを見かけたことがある」

ジャン「あいつ真面目な本ばっか読んでるよな」

ミカサ「マルコは真面目だから」

ジャン (そこそこ会話続くようになった…いける!いけるぞこれ!)

ジャン (マルコといえば…結局話さないままだったな)

ジャン「…。」



132: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/17(金) 21:55:22 ID:dLtiAA7c

ミカサ「買いたい本が見つかったら言って、俺が買うから」

ジャン「え、いい!いいって!自分で払うって!」

ミカサ「誕生日なんだし、遠慮しなくていい」

ジャン「…」 テレ

ジャン (誕生日に本を買ってもらう女ってどうなんだろ)

ジャン (まあ嬉しいからいいや)

ジャン「分かった、ミカサありがとう」



133: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/17(金) 22:13:05 ID:dLtiAA7c

ミカサ「じゃあ、俺あっちの本見てくるから」

ジャン「おー。」


ミカサ (もしかしてここは一緒に回るべきだったのか?)

ミカサ (さっぱりわからないけどまあいいか)


一方その頃

アルミン「ミカサとジャン今頃どうしてるのかな」

サシャ「美味しいご飯食べてるんですかねー」ジュルル

コニー「まだ時間的に早いだろ」

ユミル「クリスタのことだから、後をつけていく!とか言い出すと思ったぜ」ニヤニヤ

クリスタ「ついて行きたいのは山々だけどね…さすがにね」

アニ「あいつらが仲良くデートしてる姿なんて想像つかないけどね」

アルミン (大丈夫かな、2人とも…)



134: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/17(金) 22:21:54 ID:dLtiAA7c

マルコ「ライナー」

ライナー「なんだ、マルコ?」

マルコ「ジャンがミカサ以外の人を好きになる可能性ってどれくらいあると思う?」

ライナー「…突然だな」

マルコ「ご、ごめん」

ライナー「謝ることじゃねえよ」ハハ

ライナー (……。)

ライナー「あるんじゃないか?」

マルコ「えっ?」



135: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/17(金) 23:02:52 ID:dLtiAA7c

ライナー「どれくらいの確率だとかは言えないけどな。可能性はあると思うぜ」

マルコ「…」

ライナー「…俺も」

マルコ「?」

ライナー「好きになるつもりはなかったのに好きになっていることだってあるんだからよ」

マルコ (クリスタのことかな?)

ライナー「マルコが選ぶことだから俺はなんもいえねーけど」

マルコ「うん」

ライナー「当たって砕けるって手もあるにはあるぜ」

マルコ「…そうだね」



136: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/18(土) 00:02:27 ID:XMUrRuhQ

ジャン (怪しげな本を見つけた…。)ゴクリ

ジャン ("パラレルワールドへのトリップそして帰還"…立ち読みして大丈夫か?)

ジャン (って何考えてんだ!自分!)

ジャン(一ページだけ、一ページだけ読もう)



ミカサ (あ、ジャン見つけた)

ミカサ「ジャn…

ミカサ (怪しげなスペースに置いてある本を熱心に読んでる……)



137: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/18(土) 00:59:20 ID:XMUrRuhQ

1時間後

ジャン「うっかり読破してしまった…」

ジャン (あれ?ミカサどこ行ったんだ?)

ジャン (あ!いた)

ミカサ「……」もくもく

ジャン (かっこいいぜ…)

ジャン (なによんでるんだろ?) ジーッ

ジャン(見えた!"同性愛について"って本か!っておい…おい!!)

ジャン「…………。」



141: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/18(土) 16:37:37 ID:XMUrRuhQ

ミカサ ("同性愛は世間に認められているとは言い難い。しかし、恋愛感情を抱いたのが異性であれ同性であれ、人を好きになるということになんら変わりはないのだ")

ミカサ (認められているとは言い難い…か…)

ジャン「ミ、ミカサ?待たせてごめんな」

ミカサ「!俺もつい読みふけっていた。立ち読みしていた本は読み終わった?」

ジャン「おー。今読み終わった」

ミカサ「そうか」スッ

ジャン「?」



142: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/18(土) 16:45:18 ID:XMUrRuhQ

ジャン「これって…」

ミカサ「ジャンは他の本に集中しているようだったから、先に買っておいた」

ジャン (プレゼントか!!!!)

ジャン「あ、ありがとう」ドキドキ

ミカサ「ああ、店の中で渡すこともなかった。とりあえず外に出よう」

ジャン「おう」ドキドキ

ジャン (なんの本だろう…?)



143: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/18(土) 16:54:03 ID:XMUrRuhQ

ミカサ「…あそこの店入るか。まだ少し早いけど昼食も取れるから」

ジャン「そういやあの店行ったことねーな」

ミカサ「結構美味しかった…と思う」

ジャン「へー」(早くプレゼント開けたい)


店内

ジャン「なぁ…」

ミカサ「なんだ」

ジャン「スープとかくるまでの間、お前がくれた本見ていいか?」

ミカサ「構わない」

ジャン「なら早速」ガサゴソ



144: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/18(土) 17:02:54 ID:XMUrRuhQ

ミカサ (果たして喜んでくれるのだろうか)

ジャン「あれ?二冊もある。」

ジャン 「一冊目は…」

"精霊図鑑"

ジャン「?!?!?!」

ミカサ「ジャン、さっきこういう系の本読んでたから興味あるのかと思ったんだけど、違うか?」

ジャン (見事に勘違いされた)

ジャン (しかしこの本すげー…無駄にイラストにこだわってる)パラパラ

ジャン「…ミカサ」

ミカサ「なんだ」

ジャン「……森の妖精さんとか信じてるタイプだと思うか?」



145: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/18(土) 17:08:55 ID:XMUrRuhQ

ミカサ「ジャンが?」

ジャン「おう」

ミカサ「思わない」

ジャン「だよな」

ミカサ「…」プルプル

ジャン「ミカサお前わざとか!!」

ミカサ「ジャンも妖精を信じる純粋な心を持ったほうがいいと思って」

ジャン「今時妖精を信じてるのはコニーぐらいだろ」

ミカサ「大丈夫、次は真面目に選んだ」



146: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/18(土) 17:17:14 ID:XMUrRuhQ

ジャン (ミカサに貰った精霊の本…永久保存余裕です)

ジャン「本当だな?おい」ハハ

"花言葉辞典"

ジャン「!!!」ズッキューーーン

ミカサ「誕生月の花とかのってるみたいだから、クリスタ達と読んだらいい」

ジャン「…おう」ギュッ

ジャン (一生大切にするぜ…)

ミカサ「辞典ばかりですまない」



147: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/18(土) 17:28:54 ID:XMUrRuhQ

ジャン「そ、そんなことない!大切にするよ」

ミカサ「そうか」

ジャン「ミカサのほうこそわざわざ二冊も買ってくれて、その」

ミカサ「気にすることはない、誕生日なんだから」

ジャン「…!ありがとな」

ジャン (結構いい感じじゃないかこれ!!いけるんじゃ…!!)

ミカサ (……)




148: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/18(土) 17:33:34 ID:XMUrRuhQ

ジャン (…ミカサ、何かに悩んでいるのか?)

店員「お待たせしました」

ミカサ「!」ハッ

ミカサ「食べるか」

ジャン「けっこーうまそうだな」

ジャン (まあ今は食べよう)



149: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/18(土) 17:45:40 ID:XMUrRuhQ

一方その頃主人公

アルミン「ねえ、エレン」

エレン「なんだアルミン」

アルミン「朝はなんであんなに熱くなってたんだい?」

エレン「熱くなってた…っていうか」

エレン「マルコがジャンのことが好きって俺にでも分かった」

アルミン (鈍いっていう自覚はあるんだ)

エレン (ジャンが男だった世界でのマルコはあんな目でジャンを見たりしてなかったしな…たぶん)



152: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/18(土) 18:06:11 ID:XMUrRuhQ

アルミン「マルコはジャンに気を使ってるんじゃないかな」

エレン「…なんでだよ?」

アルミン (ジャンがミカサのこと好きなのは気づいていないんだ…)

エレン「マルコはいい奴なんだからもっと自分に自信持てばいいと思うんだよ」

アルミン「そうだね、それは僕も思うよ」

エレン「お前もだぞアルミン」

アルミン「はは、ありがとうエレン」



153: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/18(土) 18:37:47 ID:XMUrRuhQ

そして戻ってミカサとジャン

ジャン「あー食った食った」

ジャン (本当は緊張してあんまり食べられなかった)

ミカサ「美味しかっただろ」

ジャン「おう」

ジャン (緊張して味分からなかったけど)

ミカサ「…本、持つ」

ジャン「そんなのいいって」

ミカサ「遠慮することない」

ジャン「訓練兵舐めんなよ、こんくらいたいしたことないっつの」



154: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/18(土) 18:45:25 ID:XMUrRuhQ

ミカサ「本当にいいのか?」

ジャン「大丈夫、俺は…あ」

ジャン (俺って言う一人称、変えようとしてたのにポロリと言ってしまったうわあああああああ)

ジャン「………」ズーーン

ミカサ「ジャン?」

ジャン (でも今更私はとか言えるかよ……なら…)

ジャン「あー…わたくしは?」

ミカサ (ああ、そういうことか)

ミカサ「"俺"でいいと思うけど」

ジャン「…!そ、そりゃ私がとか言ってたら気持ち悪いかもしれねーけど」



155: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/18(土) 19:12:54 ID:XMUrRuhQ

ジャン「ス、スカートとか本当似合ってねーしな。本当」

ジャン (消えたい)

ミカサ「そういうことじゃなくて、自然体なジャンでいいんじゃないかってこと」

ジャン「えっ?」

ミカサ「ジャンが1番使いやすい一人称でいいと思う。それが私でなくて俺であってもいいんじゃないか」

ジャン「…。」

ミカサ「それに、ジャンがスカートをはいていてもおかしくなんかない」

ジャン「ありがとう…」テレテレ



156: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/18(土) 19:45:10 ID:XMUrRuhQ

ジャン (自然体な自分)

ジャン (ミカサが言ってくれただけで特別なものに感じる)フワフワ

ジャン (これが恋というもn


ベッチョオオオオ

ジャン(泥水踏んだ……)

ミカサ「おい大丈夫か?」



157: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/18(土) 20:33:28 ID:XMUrRuhQ

その頃マルコ

マルコ (僕は…)

マルコ (ジャンの為ならって正しい選択をしたつもりだった…)

マルコ (いや正しい選択なんだ…だけど…)

ーーーー

エレン「なんでミカサとデート行くっていってるのに止めないんだよ!」

アルミン「エレンやめなって」

ライナー「そうだエレン、マルコのことはマルコで決めるべきなんじゃないのか?」

エレン「俺は…!」



158: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/18(土) 20:34:04 ID:XMUrRuhQ

エレン「言い訳して自分の気持ちに嘘ついてる奴にはなりたくねぇしマルコにもなって欲しくない」

アルミン「!」

ライナー「!」

ベルトルト「!」

コニー「?」

マルコ「!!」

エレン「本気で好きなら奪い取るぐらいの覚悟でいけよマルコ!」

ーーーー



160: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/18(土) 20:45:30 ID:XMUrRuhQ

マルコ (言い訳なんてしていないはずだ)

マルコ (本当か?)

マルコ (僕はどうせジャンはミカサが好きなんだからって諦めていなかったか)

マルコ (僕は……どうしたいんだろう)

マルコ (そうだ)

マルコ (このままでいいはずないんだ)

マルコ (僕はいつだってジャンといた。隣でずっと見てきたんだ)

マルコ (ジャンが好きなんだ)

マルコ (なら)

ーーーー

ライナー「当たって砕けるって手もあるにはあるぜ」

ーーーー



161: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/18(土) 20:53:09 ID:XMUrRuhQ

ダダダダ

マルコ「ライナー!僕ちょっと出かけてくる…!!」

ライナー「!」

ライナー「その言葉を待ってたぜ…!」

アルミン「外出届はもう書いておいたよ!!」

マルコ「…!ありがとう!」

エレン「行ってこい!マルコ!!」

マルコ「うん…!!」


コニー「どうなってんだこれ」

ベルトルト「コニーはもう分からなくていいと思う」



163: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/18(土) 20:59:32 ID:XMUrRuhQ

ジャン「とんだ災難だったぜ…」

ミカサ (というかジャンの不注意だけど)

ミカサ「あまりスカートが汚れなくてよかった」

ジャン「本当だぜ、ミーナに殺されるところだった…」

ミカサ「とりあえずしばらく座って休もう。靴、濡れてるだろ」

ジャン「ああ、思いっきり…」

ジャン (消えたい…)



164: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/18(土) 21:03:48 ID:XMUrRuhQ

ストン

ミカサ「…」

ジャン 「…」チラチラ

ジャン (沈黙気まずい……)

ジャン「あn

ミカサ「ジャンはエレンのことが好きか?」

ジャン「は?!」



165: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/18(土) 21:13:42 ID:XMUrRuhQ

ジャン「好きじゃねーよあんな奴…!」

ミカサ「本当に?」

ジャン「そ、そりゃ大嫌いって訳ではないけど…いや大嫌いだ!!」

ミカサ「……。」

ジャン (やべぇ、やべぇよ)

ジャン「違う!エレンが悪い奴じゃないことも知ってるけど!!」

ミカサ「俺はジャンが羨ましい」



166: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/18(土) 21:19:37 ID:XMUrRuhQ

ジャン「な、なに言ってんだよ…」

ミカサ「ジャンも俺はおかしいと思うだろ」

ジャン「なんでだよ、思わねえよ」

ミカサ「思ってるはずだ。最近、自分でもよく分からなくなってくる」

ジャン「…」

ミカサ「俺がエレンに抱く愛情のなかに恋愛感情は少なからず入っていると思う」

ジャン (そんなこと知ってるよ…)



167: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/18(土) 21:24:30 ID:XMUrRuhQ

ミカサ「それはおかしいと思うか?」

ジャン「…!」

ミカサ「エレンはきっと戸惑っている」

ミカサ「エレンは俺を嫌がるに違いない」

ミカサ「俺が男だから」

ジャン (なんでそれを俺に言うんだよミカサ…)

ジャン (ここで俺がもし…ミカサに…)

ジャン ("その通りだエレンは嫌がっている"と言ったら、ミカサはエレンを諦めるんだろうか)



168: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/18(土) 21:30:23 ID:XMUrRuhQ

ミカサ「……すまない」

ジャン「!!」

ミカサ「ジャンにエレンを好きになるなと言っているわけじゃない」

ミカサ「前みたいに泣かせたりしない」

ミカサ「そして俺が言ったことは忘れて欲しい」

ジャン (俺はどうしたい)

ジャン (決まってる、ミカサがエレンを諦めてくれたらそれにこしたことはねぇ)

ジャン (そうだ、ミカサがエレンを諦めるように上手く言えばいいんだ)


ジャン (俺が…)



169: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/18(土) 21:38:01 ID:XMUrRuhQ

ーーーー

ミカサ「エレン、一人行動は危険だ。俺が守る」

エレン「なんだよ!お前は俺の母さんか!」

ミカサ「俺は男だ」ムッ

エレン「なら父さん!」

ライナー「旦那という手もあるぞ」ケラケラ

ミカサ「…それがいい」

エレン「はぁ?!」

ジャン (エレン羨ましいミカサが旦那とかエレン羨ましい……呪うエレン呪う…)

ーーーー



170: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/18(土) 21:41:20 ID:XMUrRuhQ

ーーーー

ミカサ「エレン!!怪我は平気か?!」

エレン「ミカサは気にしすぎなんだよ、これくらい大丈夫だって」

ミカサ「気をつけろよエレン……お前が死んだら俺は…」

エレン「俺は巨人駆逐するまで死なねえ!!!!」

ジャン (ミカサに心配されてるのになんなんだよあの態度エレン呪う呪う呪う)

ーーーー



171: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/18(土) 21:51:50 ID:XMUrRuhQ

ジャン (そんなこと言えるわけねぇだろ…)


ジャン「お前らしくないぞミカサ」

ミカサ「…!」

ジャン「エレンが本気でお前を嫌がる奴だと思ってんのか?」

ジャン「そんなわけねーよ。お前はエレンをもっと信じろ」

ジャン「エレンとお前は家族なんだろ?!」

ミカサ「…!!!」

ジャン「男だからとか女だからとか関係ないだろ!!そして俺がエレンのこと好きなわけないだろ?!」



172: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/18(土) 21:56:37 ID:XMUrRuhQ

ミカサ「…すまなかったジャン…俺はまた冷静さを欠いた」

ジャン「…こっちこそ怒鳴ってごめん」

ミカサ「気にしなくていい。目が覚めた、ありがとう」

ジャン「…!!」

ミカサ「ところで」ソワソワ

ジャン「?」

ミカサ「そろそろ帰るか」ソワソワ

ジャン「あ、ああ…俺の靴濡れてるしな」

ミカサ「……ジャン、本当にすまない」ソワソワ

ジャン「え?」



173: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/18(土) 21:59:41 ID:XMUrRuhQ

ミカサ「エレンに今すぐ会いたくなったから先に走って帰っていいか」

ジャン「?!?!?!」

ミカサ「ジャン本当にありがとう」

ジャン「え?!あ、ああ…」

ミカサ「そして誕生日おめでとう」

ジャン「あ、ありがとう」デレッ

ミカサ「それじゃあお先に」バビューーン

ジャン「」



178: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/19(日) 20:58:30 ID:LHcPbKlE

ジャン「…。」

ジャン「………。」


ミカサ (エレン…待っていて欲しい…!俺は…エレンがどうしても好きだ…!!)ダダダダ

ミカサ (今すぐ伝えたい…!)



アルミン「なんか今、ミカサがやらかした気がする」

ライナー「えっ?」



179: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/19(日) 21:02:28 ID:LHcPbKlE

マルコ (誕生日プレゼントを買ったはいいけど…)

マルコ (ミカサとジャン、どこにいるのかな?というかやっぱり2人の間に割り込んで行くのは気が引ける)

ダダダダ

マルコ「!?」

ミカサ (エレン!!)ダダダダ

マルコ「え?!ミ、ミカサ?!」

マルコ「ちょ、ミカサー!ジャンは?!」

ダダダダ

マルコ (ダメだいってしまった…)



180: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/19(日) 21:06:41 ID:LHcPbKlE

マルコ (ジャンに何かがあったのか?それとも喧嘩して…)

マルコ (よく分からないけど、ジャンとミカサの間に何かが起こったんだろう)

マルコ (ジャンを探そう…!)グッ



エレン「マルコの奴、上手くやってるかな?」

コニー「だから何をだよエレン」

ベルトルト「どうだろうね…ん?あれ?なんかすごい音聞こえないか」

エレン「本当だ…、ま、まさか巨人?!」バッ

コニー「お、おいエレン待てよ!」



181: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/19(日) 21:33:54 ID:LHcPbKlE

食堂

ザワザワ

クリスタ「え?!ミカサ、ジャンは?!」

ミカサ「クリスタ!エレンはどこ?!」ゼェハァゼェハァ

クリスタ「え、え?!」

バタバタ…バーン

エレン「なんの音だ?!」

ミカサ「エレン!!!」ダッ

エレン「あれ?ミカサ帰ってt

ミカサ「エレン…!!」ギュッ

アルミン「なにごと?!」タタタ

ライナー「おいミカサ、ジャンは?」タタタ



182: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/19(日) 21:37:58 ID:LHcPbKlE

エレン「おいミカサ!なにすんだ、離せよ (てかこいつ背たけぇー…)」

ミカサ「エレン、お願いだ聞いてくれ」

エレン「聞く!聞くから離せ!」


ライナー「え、どういうことだ?」ポカーン

ベルトルト「僕にもさっぱり…」

コニー「???」

サシャ「ミカサは相変わらずですねー」



183: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/19(日) 21:44:24 ID:LHcPbKlE

ミカサ「わかった、離す」パッ

エレン「で、どうしたんだ?」

ミカサ (大丈夫だ…エレンはいつもこうして最後にはちゃんと側にいて話を聞いてくれる…)

ミカサ (でももしエレンが本気で嫌がっていたら…)

ーーーー

ジャン「そんなわけねーよ。お前はエレンをもっと信じろ」

ーーーー

ミカサ「…」

ミカサ「エレン、俺はエレンのことをとても大切に思っている」



184: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/19(日) 21:48:58 ID:LHcPbKlE

エレン「…!」

ミカサ「家族としても、友人としても、幼馴染としても、1人の人間としてもだ」

ミカサ「お前がいないと生きていけないとすら思う」

アルミン (ミカサ…)

ミカサ「エレンは…うっとおしく思っているかもしれないが、俺は常に側にいたい」

ミカサ「エレンと女が付き合うなんて考えたら…冷静じゃなくなる、殺意すら芽生える」

ユミル (怖い)



185: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/19(日) 21:56:19 ID:LHcPbKlE

エレン「…。」

ミカサ「何度、自分が女だったらと思ったか分からない…」

ミカサ「そんなことを思うくらいエレンのことが好きだ」

ミカサ「エレンには…迷惑かも知れないが」

エレン「なに言ってんだよ」ポンポン

ミカサ「……!」



186: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/19(日) 22:02:51 ID:LHcPbKlE

エレン「確かに俺に世話焼きすぎでうっとおしく思うときもあるけど」

ミカサ「…」シュン

エレン「本気で嫌だと思ったことはねーよ」

ミカサ「!!」

エレン「それにお前は男だろうが女だろうが、俺の家族だろ?」

ミカサ「……うん!」

アルミン (ミカサ…)ホッ



187: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/19(日) 22:08:30 ID:LHcPbKlE

コニー「よくわかんねーけど一件落着ってことでいいのか?」

アルミン「だね」ニッコリ

ライナー「あー。よかったよかった」

サシャ「ですねー」

ユミル「いやお前らミカサに置いてけぼりにされたジャンのこと忘れてないか」

クリスタ「そうだよ!みんなひどい!」

アニ「まったく、薄情な奴らだね」



アルミン「…あ!」

ベルトルト「マルコが…マルコがなんとかしてくれる…!」



188: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/19(日) 22:18:50 ID:LHcPbKlE

ジャン(死にたい)

ジャン (結局…こんなもんだよな)

ジャン (いや俺にしてはラッキー過ぎたくらいだ)

ジャン (誕生日にミカサと買い物ができて、プレゼントを貰って、ありのままの俺でいいと言ってもらてた)

ジャン (それだけでいいはずなんだ、最初から期待なんかするほうが馬鹿だ)


ジャン「…。」



189: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/19(日) 22:25:37 ID:LHcPbKlE


ジャン (帰るか…)

タッタッタッタッ…



マルコ「ジャン!!!」ゼェゼェ

ジャン「…!!?」

マルコ「やっと見つけた…!」

ジャン「マルコ?!お前、なんでこんなとこに」

マルコ「ジャンを探してたに決まってるだろ?!」

ジャン「…!!」

マルコ「ミカサがすごい勢いで走って行ったから…なにかあったのかと…」

マルコ「ジャン、大丈夫?!」



190: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/19(日) 22:33:04 ID:LHcPbKlE


ジャン「…。」ブワッ

マルコ「ジャ、ジャン?!」

ジャン「全然大丈夫なんかじゃねえよ…!」ポロポロ

ジャン「ミカサが…エレンのことで相談してきてっ…それで…」

マルコ「…うん」ギュッ

ジャン「止めればよかったのにっ…俺」

マルコ「うん」

ジャン「エレンを信じろとか…言って」



191: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/19(日) 22:37:05 ID:LHcPbKlE

ジャン「ミカサはそしたら…そのままエレンのとこ行っちまって…」グスッ

マルコ「そっか」

ジャン「俺、馬鹿だ」

マルコ「…そうだね、ジャンは馬鹿だよ」

ジャン「…。」

マルコ「でもそんなところが君の長所だと僕は思うよ」



192: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/19(日) 22:44:39 ID:LHcPbKlE


ジャン「…!そんなわけっ」

マルコ「僕はちゃんと知ってるよ、君は素敵な女の子だって」

ジャン「…でもお前、俺と付き合ってられないって言ってたじゃねえか」

マルコ「そんなこと言ってないよ!」

ジャン「昨日エレンに聞かれて答えてた…」ムッ

マルコ「そ、それはそういう意味じゃなくてさ」

ジャン「なんだよ」

マルコ「ジャンに八つ当たりされても、やっぱりジャンのことが好きだなってことだよ」

マルコ (今すごく恥ずかしいことを言った気がする…)

ジャン (今すごく恥ずかしいことを言われた気がする…)



193: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/19(日) 22:47:51 ID:LHcPbKlE

ジャン「…いいかげん離せよ」

マルコ「!あ、ごめん」パッ

ジャン「…。」

ジャン (今更ながらマルコの前で泣いたことが恥ずかしい…)

マルコ「…あ、あのさ、ジャン」

ジャン「なんだよ」

マルコ「僕から渡したいものがあるんだけど」



194: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/19(日) 22:55:42 ID:LHcPbKlE


ジャン「その…手に持ってる紙袋か?」

マルコ「うん、ちょっと待って」ガサゴソ

ジャン (赤い…花?)

マルコ「はい、アネモネっていう花らしいんだ」スッ

ジャン「花とかは、クリスタみてーな女子に渡すもんだろ」

マルコ (でも受けとってくれるんだ)

マルコ「ジャンは女の子じゃないか」

ジャン「…!」カァーッ



195: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/19(日) 22:59:12 ID:LHcPbKlE

マルコ「ジャン、誕生日おめでとう。僕は君と出会えてよかったよ」ニコリ

ジャン「小っ恥ずかしいこと言ってんじゃねえよ…!」

ジャン「…。マルコ」

マルコ「なに?」

ジャン「…ありがとう」

マルコ「…!」キュン

マルコ「どういたしまして」



196: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/19(日) 23:04:59 ID:LHcPbKlE


ジャン「…帰るか」

マルコ「そうだね、ジャン。みんなきっと心配してるよ」

ジャン「なんでだよ」

マルコ「そりゃミカサだけ帰ってきたらするに決まってるよ」

ジャン「…」

マルコ「!わわ、ごめん!そういうつもりじゃ…」

ジャン「…」プッ

マルコ「…ジャン、笑うなんてひどいよ」

ジャン「うっせーよ、おらさっさと行くぞ」アハハ


マルコ (当たって砕けるつもりだったけど)

マルコ (今の弱ってるジャンにつけ込むようなことはしたくないし)

マルコ (とりあえず…)

マルコ (ジャンが笑ってくれてるならいいかな、今は)



197: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/19(日) 23:09:23 ID:LHcPbKlE

その日の夜

エレン「おっふろー上がり*おふろ上がりの牛乳*」

ジャン「おいエレンうっせーよ!!」

エレン「うお!びっくりした!なんだジャンも風呂上りか」

エレン (女子風呂から出てくるジャンにすげー違和感…)

ジャン「…。」

ジャン「おいエレン、これから言うのはすべて独り言だ」

エレン「?」



198: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/19(日) 23:14:02 ID:LHcPbKlE

ジャン「…今日読んだ本の中に書いてあったことだ」

ジャン「もしも朝起きたら今までと何かが違う世界にいたとする」

エレン「…!!!」

ジャン「その原因は、大方直前の行動らしい」

エレン「えっ…?!」

ジャン「つまり、"あいつなんか消えちまえばいいのに"そう思っていたりするとそいつがいない世界になっていたりする」

エレン「…あっ」

エレン (そういえば…!!)



200: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/19(日) 23:20:36 ID:LHcPbKlE

ーーーー
直前の夜、エロ本鑑賞会

ライナー「しかしよー、ミカサってどこまでも男らしいよな」

コニー「ジャンよりよっぽどな」

エレン「いっそ、2人の性別が入れ替わったりしねーかなー」アハハ

ーーーー

エレン (それしか考えられない)

エレン (むしろなんで今まで気づかなかったんだ)

ジャン (心当たりがあるみてーだな…しかしこんな馬鹿なこと本当にありえるのか…?)



201: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/19(日) 23:23:36 ID:LHcPbKlE

ジャン「…しかし大抵、そのパラレルワールドとやらに行った奴はすぐ戻ってくる」

エレン「?!」

ジャン「すぐに元の世界に戻りたいと強く思うから、らしい」

エレン「!!!」

ジャン「じゃあな」

エレン「ジャン!お前いつから…」

ジャン「…いっただろ、今のは独り言だって」



203: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/19(日) 23:28:24 ID:LHcPbKlE

エレン「…!」

エレン「…ありがとう、ジャン」

ジャン「だから、独り言だっつの!」スタスタ

エレン「あと!誕生日おめでとう!!」

ジャン「言うのがおせーんだよばーか!」



204: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/19(日) 23:33:09 ID:LHcPbKlE

ベッドの中

エレン (戻りたいと強く思うから…か)

エレン (確かに俺はどっちの世界でもまあいいかとか思ってたもんな)

エレン (でもさすがにそろそろ普通のミカサと馬面のジャンに会いたいぜ…)

エレン (男のミカサも女のジャンもあまり変わりなかったけどな…)

エレン (眠く…なってきた…帰りたいな…そろそろ…)



205: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/19(日) 23:36:19 ID:LHcPbKlE



エレン「グッモーニーーング!!!!」ガバッ

???「朝からうっせーんだよ!!生き急ぎ野郎が!!!」

エレン「…!!!その声はまさか…!!!」

ジャン「…。」

エレン「男で!!馬面の!!ジャンだ!!!!」

エレン「懐かし~!!」

アルミン「エレン朝からうるさいよ…」

ライナー「まったくだぜ…」



206: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/19(日) 23:40:11 ID:LHcPbKlE

エレン「男だ!ジャンが男だー!」

エレン「ミカサって女だよな?!」

アルミン「朝からなに失礼なこと言ってんのエレン!」

ジャン (…どうも俺の考えがあっていたかエレンの頭が狂ったらしい…。昨日までエレンはやっぱり)

ジャン (パラレルワールド…ってやつか…)

ジャン (もう1人の女の俺…今なにしてんだろ…)



207: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/19(日) 23:46:22 ID:LHcPbKlE

そのころのジャン(♀)

ジャン (マルコに貰ったこの花…アネモネって言うんだよな…)

ジャン (クリスタに言ったらすっげー興奮してたけど…)

ジャン (あ!そうだ!ミカサに貰った花言葉辞典がある、調べてみよ)

パラパラ

ジャン「…!!」

ジャン「こ、これって…」ドキドキドキドキ

ジャン (マルコは…知っててこの花を選んだのか…?!)

ジャン (明日からどんな顔してマルコとしゃべればいいんだよ…)



208: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/19(日) 23:49:08 ID:LHcPbKlE

『アネモネ(赤)
花言葉:「君を愛す」』



おしまい!



209: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/19(日) 23:51:59 ID:LHcPbKlE

>>202
気づくのが早すぎてびびったw

最後まで読んでくれた人、ありがとう!長々と書いてしまってすいませんした
後半のジャン子とマルコのシーン、ジャン子のしゃべり方がまんま男だったからホモ書いてる気分になった


元スレ
SS深夜VIP:エレン「目が覚めたらミカサが男でジャンが女で」