関連



1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/26(日) 18:30:15.13 ID:P/emc2M/0

 ――夕方 岩手>宮守駅


淡「やって参りました宮守エリア!」

菫「あぁやって来てしまったな……出来るなら来たくはなかった……」

照「ふるさとの香りがする」

菫「やめろ! お前のそのセリフは火事を連想させるんだよ!」

淡「クンクン――うん大丈夫! 今日は焦げ臭くないよ」

照「なら安心 行こう」

菫「まぁ待て」



4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/26(日) 18:35:38.04 ID:P/emc2M/0

照「なに? 私は今から
   場末のレストランを歩いて回るんだけど」

菫「そんなグルメ珍道中は自分の余生を使って オマエ一人で勝手にやってくれ」

菫「私はな照 白糸台の麻雀部にはいって……いや
   白糸台にはいってお前のクラスメートになったあの日から
    私の青春はオマエの迷子と共にあった」

淡「なんかはじまったよ テルー」

照「飛行機で東京についてそのまま電車だったから
   疲れてノスタルジーに浸ってるんだよ」

淡「そっか スミレかわいそう……」

菫「……」



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/26(日) 18:41:19.51 ID:P/emc2M/0

菫「教室移動や課外研修 挙げ句の果てには修学旅行
   どのようなシチュエーションにおいても いつの間にか集団の輪から外れて
    えっちらほっちら消え去るオマエを 私はいつも探し回っていた」

淡「課外研修って2年生の時にやるんだよね
   テルーはどこに行ったの? 課外研修」

照「チョコレート工場」

淡「それって何するところー?」

照「チョコレートを食べるところだった」

淡「なにソレすっごい! 私も研修がてら味見にいこーっと」

照「スゴく楽しかった その時は私も案内する」

菫「……」



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/26(日) 18:46:36.03 ID:P/emc2M/0

菫「たしかにオマエと行動を共にしていたのは私の意志だし 今だってそうだ」

菫「宇宙規模にチヤホヤされたいとのたまう
   アホ丸出しだけど可愛い後輩の手伝いをするのも
    今ではやぶさかじゃないとも思ってる」

淡「テルー やぶさかってなにー?」

照「ためらわないことさ」

淡「なにそれかっこいー! やぶさか祭りだー!」

照「ワッショイワッショイ」

淡「やぶさか! やぶさか!」

菫「……」



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/26(日) 18:53:41.73 ID:P/emc2M/0

菫「だけどな照 私はこれ以上
   オマエの迷子に私の時間が割かれるのは勘弁願いたい」

菫「という訳でだ」


 >ガシャン


照「……手錠?」

菫「私の右手とオマエの左手を 
   目的地に着くまで繋がせてもらう」

照「なんと」

淡「あーズルいズルいー! 私もテルーとペアルックする!」

照「淡がよければ」

菫「ちょっ オマエ人の手荷物勝手に漁るな!」


 >ガシャン



10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/26(日) 19:00:06.99 ID:P/emc2M/0

淡「えへへ テルーとお揃い嬉しいな」

照「私も嬉しい シルバーアクセのペアなんて生まれて初めて」

淡「じゃあ初めて同士だね! これでもっとチヤホヤされちゃうよ きっと」

照「オマケに簡易リザベーションでパワーアップ」

菫「新道寺から風評被害の達しが届くからやめろ……」



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/26(日) 19:05:47.03 ID:P/emc2M/0

 5分後――夕方 岩手>道の駅みやもり


淡「あっ めがね橋だよテルー! 銀河鉄道のヨルー!
   後で一緒に行こうね」

照「うん わさびソフトクリームとわさびラーメンと
   わさび饅頭とわさび丼を食べながら眺めよう」

菫「人の耳元でわさびわさびうるさい!」

淡「ところでスミレー なんで私たちベンチに座ってるの?
   宮守女子に行って遊ぶんじゃないの」

菫「迎えに来てくれるようだから待っ(ギュルギュルバキン)てるんだ
    本当は現地で待ち合わせの約束(ギュルギュルバキン)をしてたんだがな
    ――ってなんだ(ガシャン)今の音……は」

菫「……」

菫「……! て、手錠!? いつの間に私の左手に
   しかもベンチに繋がれて……」

照「菫 手錠をもってくるにしても
   予備をたくさん用意しておくのはどうかと思う」



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/26(日) 19:11:06.93 ID:P/emc2M/0

菫「おっ――オマエ!
   どうやって手錠を外し――」

照「右手に竜巻を帯びて淡と私を繋ぐ枷を壊してから
   菫と私を繋ぐ左手の手枷を割るだけの簡単なお仕事 それじゃ」

淡「まったねースミレ 手錠の鍵が入ってるスミレの鞄なら
   あのポストの上に置いておくから 宮守女子の人に外してもらってねぇー」

菫「……」

菫「……」

菫「ま、待て! 無法の迷子どもがぁああああああ――!」



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/26(日) 19:16:15.82 ID:P/emc2M/0

 十分後――夕方 岩手>宮守女子 ろうか


淡「あわわわ! テルーどうしよう
   ここラーメン屋じゃなくて学校だよ!」

照「だけど今日は休日 文化祭の可能性が
   微粒子レベルで存在してるかもしれない」

照「そうなれば当然 どこかのクラスが
   ラーメン屋の一つや2つ開いていても なんら不思議じゃない」

淡「テルーってばアっタマいー!」

照「照れる」

淡「楽しみだねー わさびラーメン!」

照「わさびソフトクリーム」

淡・照「うへへへ……」

淡「そうとなれば手分けして探そう! 見つけたらテルーに電話するね」

照「りょーかい」



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/26(日) 19:22:35.87 ID:P/emc2M/0

 同刻――夕方 岩手>道の駅みやもり


菫「……」

エイスリン「~♪」

菫(なぜ私はこんな所でこんな格好のまま
   外国の少女が描く 絵の題材になっているんだろうか……)

エイスリン「デキタ!」

菫「あー……うん 上手だな
   でもそれは あまり人に見せないでほしい 恥ずかしいから」

菫(いっそこの子に頼むか……?
   でもドコかで見たことあるんだよなこの子
    以前どこかで対局しただろうか 知り合いだったら恥ずかしい)

エイスリン「?」



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/26(日) 19:29:18.09 ID:P/emc2M/0

菫(……だが ここにはもうすぐ宮守女子の人がくる
  彼女達に見られるくらいなら 見知らぬ女の子に頼んだ方がまだマシ)

菫(……腹をくくるか)

菫「なぁ 頼みがあるんだけどいいか?」

エイスリン「コクン」

菫「あのポストの上にあるカバンを 持ってきてほしいんだ」

エイスリン「……」

エイスリン「ワカッタ!」


 >トテテテ


エイスリン「~♪」

菫(ポストの絵を描いてる……だと……?)



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/26(日) 19:34:24.57 ID:P/emc2M/0

 >トテテテ


エイスリン「デキタ!」

菫「あぁ……うん そうだな
   とても飾り気のあるポストだな……はぁ」


 >エイちゃーん


塞「はぁはぁ……遅くなってごめん
   待たせちゃったね――じゃあ白糸台の人たちと……ってアレ」

菫「……こんにちわ 突然で申し訳ないが
   これを外すのを手伝ってくれませんか……はは」

菫(この子も仲間だったな……やっと思い出した)

エイスリン「?」



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/26(日) 19:39:26.20 ID:P/emc2M/0

 十分後――夕方 岩手>宮守女子 麻雀部室


胡桃「エイちゃん達 おそいね!」

白望「うん」

胡桃「そういえばトヨネは?」

白望「屋上でいつもの」

胡桃「シロってお風呂もダルそうだよね!」

白望「アレは特にダルい……」

胡桃「体はちゃんと洗ってね!」

白望「カップラーメン……」

胡桃「お湯は入れてあげるからあとはシロでやって!

シロ「ダルい……」



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/26(日) 19:45:38.03 ID:P/emc2M/0

 同刻――夕方 岩手>宮守女子 屋上


姉帯「夕陽ちょーきれいだよー」


 >ガチャ


照「キョロキョロ」

姉帯「あれー? 誰か来たの?」

照「……ちょっと道に迷ってここに」

姉帯「そーなんだー」

照「ドラム缶風呂」

姉帯「そーだよー 一緒にはいる?」

照「是非」

姉帯(誰だろー? 湯気で顔があんまり見えないけど
    声は女の人だけどー 麻雀部のみんなじゃないみたい)



26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/26(日) 19:50:25.90 ID:P/emc2M/0

 >チャプン


照「極楽」

姉帯「あ、あんまりこっちは見ないでねー その……恥ずかしい」

照「うん」

照「……」

照「何で入れてくれたの?」

姉帯「え?」

照「恥ずかしいなら 普通は一緒に入らないと思う」

姉帯「えっとねー 嬉しかったからかなー
    一緒に入ってくれる人がたまにしかいないんだ」

照「気持ちいいのにもったいない」

姉帯「ねー」

姉帯「……」



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/26(日) 19:54:43.85 ID:P/emc2M/0

姉帯「ホントは悪いクセだって分かってるんだー」

姉帯「……ずっと一人ぼっちだったから 一人でもできること
    全部みんなとしたくなっちゃう――子供っぽいよねー……」

照「……」

姉帯「あっ……恥ずかしいよー こっち向いちゃダm」

 >ガシャン

姉帯「へ?」

照「確保」

姉帯(あれ? この人――この顔
   この∠――もしかして)



28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/26(日) 19:59:15.01 ID:P/emc2M/0

照「ここをあがったら
   一緒に麻雀部のところに行ってほしい」

照「ホントは一人でも行けるけど 寂しいから
   トヨネさんと一緒なら私は嬉しい」

照「お願いできる?」

姉帯「……」

姉帯「うん……! わたしもうれしいよー
    宮永照さん」

姉帯「あ、わー……ど どうしよう
    こんな時に色紙がないよー」

姉帯「せっかく会えたのに……しょんぼり」

照「書いてもふやけちゃうからまた後で」


※手錠はギュルって壊しました



32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/26(日) 20:08:37.33 ID:P/emc2M/0

 同刻――夕方 岩手>宮守女子 ろうか


淡「見つからないなぁ ラーメンの出店
   教室はどこも暗いし」

淡「おっ! 灯りのついた教室ハッケーン!
   さてはココだね!」

 >ガチャ

淡「たのもー!」

胡桃「!?」

淡「……麻雀卓? 奥にソファーもある」

シロ「ズルズル」

淡「……」

淡「そのラーメン1000円で買ったぁ!」

シロ「!?」



33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/26(日) 20:11:11.94 ID:P/emc2M/0

淡「もしもしテルー! 麻雀も出来るラーメン屋みつけた!」

胡桃「!?」

淡「というわけで味噌ラーメンをください! 出来立てで」

白望「……ダルい」

淡「!?」



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/26(日) 20:16:46.18 ID:P/emc2M/0

 同刻――夕方 岩手>宮守女子 麻雀部室


淡「よかった! 油で卓がギトギトしたラーメン屋はなかったんだね」

胡桃「よくないよ! ビックリした!」

白望「ズルズル」

淡「ごめん……次は静かに注文するね!」

胡桃「そっちじゃない!」


 >ガチャ


照「お邪魔します」

姉帯「きたよー」



36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/26(日) 20:21:23.33 ID:P/emc2M/0

淡「テルー!」

照「おうふ」

淡「寂しかったよー テルー
   ギュッ~」

照「いいこいいこ」

淡「えへへ……って隣の人スゴい大きい!
   スカイツリーみたい!」

姉帯「ほんとー? 観光名所になれるかなー」

照「ミス岩手として名を馳せることができるレベル」

白望「……」←「有名所なのか有名人なのかハッキリしろ」と言いたいがダルい

胡桃(わたしもシロで充電しよっと!)

白望「……だる」



37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/26(日) 20:26:49.48 ID:P/emc2M/0

 十分後――夜 岩手>宮守女子高 ろうか


塞「うちら宮守女子はいま合宿中なんだ」

塞「まぁ合宿といっても遠出するだけの予算は下りなくてさ
   部室を簡易的な合宿所にするしか選択肢がない 細々としたものだけど」

菫「そうでしたか……大事な時期に
   ワケがわからない理由で上がり込んですいません」

塞「女の子らしい夢だと思うな チヤホヤされたがるのは
   それに私達だって得られるモノがあるかもだし」

菫「対局をせずともですか?」

塞「うーん、全国出場校同士なのが惜しいよね まァでも」

 >ガサッ

塞「うちらとしては買い物も手伝ってもらえて大助かりだったし……それに」

菫「それに?」

エイスリン「~♪」

菫「……私の弓がハートを射抜いてる絵か?」

塞「ぎゃー! エイちゃんダメー!」



40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/26(日) 20:33:19.82 ID:P/emc2M/0

 五分後――夜 岩手>宮守女子 麻雀部室


菫「じゃあまずは自己紹介を」

照「こんばんは 自分史の厚さは歳相応
   胸の薄さは倍プッシュ みんなのチャンピオンてるてるです
    好きな食べ物はお菓子全般 今食べたいのはわさびラーメンもしくは――」

菫「はい次」

淡「白糸台のスーパールーキー! みんなご存知 大星淡!
   好きなものはテルーとテルー! みんなにモテるけど
    麻雀牌より重いモノはもてない箱入りだから 丁重に扱ってくださいね!」

菫「白糸台3年 弘世菫です
   部長をしています――2日間お願いします」

淡「スミレってば簡単すぎる! もうちょっといろいろあると思います!」

 >ピラッ

照「今日の菫はパンツの色まで白糸台みたいです」

菫「オラァ!」

照「甘い」



42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/26(日) 20:40:15.27 ID:P/emc2M/0

エイスリン「テルートテルー?」

淡「てるてるでいいよ! 私はあわあわー」

エイスリン「ウンっ テルテルーアワアワー」

塞「じゃあ次は私ね! 臼沢塞 いちおーは部長
   三年生だよ といっても私達はみんな三年生なんだけど
    まァしばらくよろしくね」

淡「スミレと同じポジションだ!」

塞「いつか次峰もつとめてみたいな 私も」

エイスリン「~♪」

エイスリン「!」

塞「だめかー」



43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/26(日) 20:43:25.77 ID:P/emc2M/0

エイスリン「ジホウ! エイスリンデス! オネガイシマッシュ」

淡「て、天然物だ! 産地直送だ……! 異国情緒がここにいる!」

淡「うぅ……テルーどうしよー
   金髪ポジションの私が目劣りしちゃうかもー」

照「あわあわにはあわあわの良さがあるから もーまんたい」

エイスリン「?」



44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/26(日) 20:48:36.16 ID:P/emc2M/0

白望「小瀬川白望……よろしゅう」

胡桃「自己紹介なんだから! シャキッとする!」

白望「小瀬川白望……シャキッとしてます……」

淡「おぉう……」

胡桃「鹿倉胡桃! 先に言っておくけど」

胡桃「シロの!」

胡桃「膝上は!」

胡桃「私の特等席だからね!」

淡「むむむ! テルーの大部分だって私が占有してるんだから!」

菫「張り合うな」



45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/26(日) 20:53:31.11 ID:P/emc2M/0

姉帯「姉帯豊音だよー よろしくねー
    えとえとー、宮永さん……そのー」

姉帯「あ、握手とかしてほしいなー……」

照「右手でいい?」

姉帯「わ、わー……ちょーうれしいよー
    このままギュルギュルされちゃいたいなー」

照「おやすいごよu」

塞「やめて! ウチのエースを潰さないで!」



46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/26(日) 20:58:23.16 ID:P/emc2M/0

 二十分――夜 岩手>宮守女子 家庭科室


塞「じゃあ料理の分担を決めようか!」

淡「皮むきならおまかせあれ!」

姉帯「高いところから生地を打ちつけるよー」

胡桃「踏み台をくれれば! 包丁でお肉を刻む!」

白望「……いっそコンビニ弁当で」

塞「これは何が出来上がるやら……」

エイスリン「~♪ ヨソウズカイタ!」

塞「いや満開全席はちょっと……」



48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/26(日) 21:02:29.45 ID:P/emc2M/0

照「私は味見係を」

菫「言うと思ったから お前に適任な役目を用意しておいたぞ照」つ【人型全自動泡立て兵器】

照「……人権侵害」

菫「人の手を拘束して置き去るヤツに 言われる謂われはない」



49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/26(日) 21:07:30.72 ID:P/emc2M/0

 >塞~ ちょっと来て
 >食器はー これとこれとー
 >うん わかった


エイスリン「~♪」

淡「なーに書いてるの? わっ!
   テルーのギュルギュルじゃん!」

エイスリン「アワアワ!」

淡「私のテルーを題材に選ぶなんてお目が高い!
   私も手伝うから連画にしてアニメっちゃお!」

エイスリン「ウン!」



50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/26(日) 21:12:45.18 ID:P/emc2M/0

 >ギュルギュルギュル
 >すごい! マンガ肉だ!
 >あく抜きダルい……


菫「……うん この味なら問題ないか」

塞「やっぱり料理も出来るんだねスミレさんって イメージにピッタリ」

菫「誰かのイメージに何度も使われるほど 出来た人間じゃないですよ
   私は」

塞「そんなことないって」

塞「少なくとも 私の中にあった良いイメージに
   たくさん当てはまってますから」



51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/26(日) 21:17:57.41 ID:P/emc2M/0

菫「たくさん……?」

塞「あっ……いやその!
   変な事じゃなくて えっと」

塞「麻雀も料理も出来て 部長としてもスゴく立派で
   私も部長だから たまに迷ったりするんだけど
   そういう時はスミレさんのこと思い描いてたりして えっと、はは……なに言ってんだろ私」

菫「……ふふっ てっきり幻滅されたと思ってたよ
   初対面ではヒドい様を見せてしまったからな」

塞「て、手錠はたしかにビックリしたけど
   迷子な部員のことを考えてした事だって思うし」

菫「……」

菫「アレだって自分本位なモノだ だけどありがとう
   塞さんのおかげで視野が広がった気がする」



53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/26(日) 21:23:20.58 ID:P/emc2M/0

塞「視野……?」

菫「部長はあくまでその部の部員のためにあるものだ」

菫「だけど 白糸台の部長である私の行いが
   今の今まで縁遠かった岩手で 部長を務める塞さんのためにもなっていたのなら」

菫「塞さんの憧れに足る部長になりたいとも思えたんだ」

塞「あっ――」

菫「だから ありがとう」

塞「う、うん……」

塞「……」

菫「……? 大丈夫か?
   なんだか顔が赤くみえるぞ」



54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/26(日) 21:28:15.01 ID:P/emc2M/0

塞「だ、大丈夫! やー、鍋の近くは熱いねハハハ」

菫「そうだな 飲み物でも飲んで一息つこうか
   持ってくるよ――」

塞「……うぅ ズルいなーもう
   あんなこと真顔でいうんだもん」

照「脳天ついでに心も射抜けるからズルい 菫は」

塞「ほんとほんと……でも格好よかったぁ
   って……照さん!?」



55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/26(日) 21:33:47.68 ID:P/emc2M/0

淡「聞きましたか~? 奥さん」

胡桃「ばっちり! 聞いちゃった!」

塞「く、胡桃に淡ちゃんまで!」

姉帯「よかったねー 応援するよー たまには手伝うし」

白望「うん 手伝う」

塞「シロが!? どういう風の吹き回しで」

白望「恋愛は するより見てた方が楽しいから」

塞「あーうんいつものシロだわ」

エイスリン「~♪」

エイスリン「ハジメテノチュー!」

塞「ぎゃー! やめてやめてソレは没収です!」

菫「――少し目を離したら騒がしくなるな まったく」

照・淡「火種が言いますか!」

菫「……?」



56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/26(日) 21:39:14.07 ID:P/emc2M/0

 一時間後――夜 岩手>宮守女子 ろうか


淡「お腹いっぱいで満足だね! テルー!」

照「もう入らない」

淡「テルーのお腹プニプニー」

照「あわわわ」

淡「みんなは部室にいるんだよね」

照「うん お布団を用意してるみたい」

淡「そっかぁ じゃあテルー」

淡「一緒に抜け出しちゃおっか!」



57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/26(日) 21:44:02.62 ID:P/emc2M/0

 数十分後――夜 岩手>めがね橋ちかく


淡「すごいすごい! いろいろキラキラしてるよテルー!」

照「うん……お昼と比べると スゴい変わり映え」

淡「オシャレなベンチも可愛いー ねっ! 一緒に座ろ?」

照「……いいの?」

淡「んー? なんで? ちょっと変わってるけど
   タダのベンチだよ?」

照「……」

照「うん そうだね」



58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/26(日) 21:48:42.55 ID:P/emc2M/0

淡「さっきはビックリしたね まさかスミレにも
   あそこまで熱心なファンがいたとは!」

照「強力なライバルってところかな 淡にとっては」

淡「ほんとだよー でも私も着々とチヤホヤされてるよ!
   さっきもサインせがまれたからね!」

照「トヨネさんに?」

淡「うん! あとエイちゃんはその逆でー
   書かれるより描く側に回ってくれたんだ!」

照「うん」

淡「200年生オーラで髪の毛にかかった浮力を調整すると
   また違って感じに見えるみたいでさ 何パターンも描いてくれるんだもん
    ホント面白かったなー」

照「ふふっ……エイスリンちゃんなら描いてくれそうだね」



59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/26(日) 21:54:11.91 ID:P/emc2M/0

淡「うん! おかげさまで100階級特進!
   高校300年生あわあわになれたと言ってもいいね!」

淡「ハッ、でもこの進歩の仕方じゃ
   スーパースターじゃなく空の星になっちゃいそう!」

淡「ど、どーしよーテルー! あわわ! あわわわ――」

照「てい」

淡「あわっ」

照「大丈夫 淡はあわあわなんだから
   生き死に関わらず スゴい特進ができる」

淡「えへへ……そっかぁ なら大丈夫だね」

照「うん 大丈夫」



60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/26(日) 21:58:03.61 ID:P/emc2M/0

照(淡に好かれたい私と みんなに好かれたい淡)

照(そんな淡にとって この場所に特別な意味はなくて)

照(でも私にとっては――)

照「……」

照(もし――全国を回りきって)

照(その時にまだ 淡が私のことを見てくれていたなら
  ……その時は この場所を特別なモノに変えてみよう)

照(だからコレは……)

 >ギュッ



61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/26(日) 22:02:54.36 ID:P/emc2M/0

淡「わっ テルー? どうしたの?
   手……冷たいね 寒くなった?」

照「……ちょっとだけ」

淡「学校に戻る?」

照「学校じゃなく 淡の手であたたまりたい」

淡「むふー、まぁそうだよね! なんたって私は大星淡なんだから」

淡「じゃあ両手だしてよ たくさん包んでギューッとしてあげるからね」

照「うん ありがとう淡」

照(ちょっとだけズルい――未来の前借り)



63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/26(日) 22:08:19.78 ID:P/emc2M/0

 一時間後――夜 岩手>めがね橋ちかく


菫「照ー! 淡ー! まったくアイツらは
   携帯を置いて一体どこに」

塞「あっ、菫さん! アレっ」

菫「ん……?」

照・淡「すー……すぅ……」

菫「……はぁ」

菫「……まったく
   ベンチで眠りほろけるヤツがあるか」



64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/26(日) 22:13:11.09 ID:P/emc2M/0

塞「……」

塞「なんか素敵だね」

塞「二人とも違う夢を見ているように見えて そのじつ
   一つの夢を一緒に叶えようとしてるようにも見える」

塞「ありゃもうどうみてもさ」

菫「……恋人同士だな 自覚がないだけタチが悪い
   いや 一人は気付いていたか」

塞「戻ろっか 菫さん
   ここは貸し切りみたい」

菫「……あぁ」

菫「そうだな」

照「あわいー……すきぃ」

淡「てる……すきー」



65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/26(日) 22:17:20.63 ID:P/emc2M/0

 次の日――朝 岩手>宮守駅


姉帯「うぅ、もう帰っちゃうのー? 寂しいよー……」

エイスリン「サミシイ……」

胡桃「気をつけてね! 脱線とか!」

白望「気をつけようがないからソレ……」

菫「近いうち また来ます」

塞「……」

菫「えっと、インターハイが終わったら 個人的に……」

塞「――!」

塞「うん、待ってるよ……!」



67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/26(日) 22:21:31.60 ID:P/emc2M/0

照「はい 寝癖とれたよ淡」

淡「ありがとーテルー! あっ テルー!
   後ろ髪にも∠できてるよ!」

照「これはうっかり」

 >ズドーンズドーン

菫「はしゃぐな地面がゆれる あと
   あんな場所で眠っておいて 昨日以上に元気ってどういうことだ魔物ども」

 >ガタンゴトンガタンゴトン キキィイ――

塞「来ちゃったか バイバイ菫さん! また今度ね」

菫「あぁ ヒマがあったらメールする」

エイスリン「マタネ!」

淡「うん! またね!」



68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/26(日) 22:26:12.29 ID:P/emc2M/0

胡桃「シロも手! 振らなくちゃ!」

白望「ノシ」

姉帯「また一緒にお風呂はいろーねー」

照「うん」

胡桃・塞「……」

胡桃・塞「えっ!? なにそれ初耳なんだけど!」

姉帯「あ、あれあれー? 言ってなかったっけー」



69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/26(日) 22:30:54.75 ID:P/emc2M/0

 同刻――朝 岩手>電車内


 >モモイロニュウヨク!
 >ノシ
 >わーわーにゃーにゃー


菫「最後まで 慌ただしい事この上ないな」

照「さて淡さん 今回の旅を振り返っての反省と
   次の旅における抱負をお聞かせ願えますか」

淡「そうですねぇ 触れあいで刺激されるインスピレーションが
   いっぱいある 非常に実りある旅だったと思います!」

淡「明日くらいにある次回にも期待したいですね」

菫「一週間は東京でガマンしろ 部長命令だ」

照「逃げ切る」

淡「振り切ってみせる!」

菫「おーやってみろ出来るモノならな」



71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/26(日) 22:34:09.12 ID:P/emc2M/0

照「むー ……なんだか
   今までにはなかったスゴ味がある 今の菫には」

淡「ほんとスミレってば急に部長風ふかせてさ
   麻雀部の部長にでもなったつもりなのかな!」

菫「オマエは今まで私の事をなんだと思ってたんだ」

照「白糸台の部長は確かに菫かもしれない」

照「だがな 虎姫のリーダーはこの私なんだよ!!!!」

菫「組織図を意味もなく複雑にするな」

淡「白糸台も一枚岩ではないからね! しょうがないね!」



73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/26(日) 22:38:36.96 ID:P/emc2M/0

菫「とにかく そうやってバカをして万事を煙に巻こうとする
   オマエらの常套手段は もう通じないと思ってもらうからな」

淡「あわわ! スミレが燃えてるよテルー……
   コレはひょっとしたらひょっとするかも……」

照「あわわわわ」

淡「ほいしょっ あら、メールしてるよスミレ」

照「それは珍しい どれどれ」

菫「……約束したからな ヒマができたらメールするって……それと」

菫(――塞さんの憧れになる ってな)


カン!!!



75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/26(日) 22:44:41.34 ID:P/emc2M/0

 同刻――朝 東京>白糸台 ルーム虎姫


亦野「これはダメ これはよしと」

渋谷「……なにしてるの?」

亦野「私たちにファンレター届くだろ?
    読んでいいのと 読ませられない内容のとを選別してるんだ」

渋谷「白糸台のフィッシャー……亦野誠子
    上達しない麻雀の腕前に業を煮やし ついには雑用に回ったのであった……」

亦野「違うから! まだまだ現役の一軍選手だから!」



77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/26(日) 22:48:09.11 ID:P/emc2M/0

亦野「いつもは下級チームたちがやってくれるんだけど
    今は時間がありあまってるから 手伝ってるんだよ」

渋谷「最近の先輩たちよく遠出するからね 岩手のお茶楽しみ……」

亦野「次に帰って来たらすぐにでも対局したいからな
   明日には顔を出せるって言ってたし いつでも渡せるようにしておきたい」

渋谷「戦犯界のレジェンド……亦野誠子
    叶わぬ夢に身を焦がし 果てには追跡劇という修羅に身を投じるのであった……」

亦野「ホントにさ……次も先輩たちと行き違ったら
   衝動的に追いかけてしまいそうで怖いよ――ってだれが戦犯だ!」



78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/26(日) 22:52:10.00 ID:P/emc2M/0

 >カガヤイテーココイチバーン ジブンノチョッカン――


渋谷「電話……なってる」

亦野「よっと あ、部長からメールだ」

渋谷「次は北海道に行くピョーン……って内容かも」

亦野「ま、まさかぁ……あの部長だぞ?
    行くとしても もっと事務的な謝罪文だって」


 >ぴっ



79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/26(日) 22:54:44.44 ID:P/emc2M/0

差出人 弘世菫 部長
件名  あわあわ活火山!!!
本文  届いてるだろうか
    普段、こういった用途で文を打つのは不慣れなもので、
    粗が目立つ内容になっていても、見逃してラーメン食べたい
    いいや心ココにあらずといった方が正しいかもしれないな
    それ程までに今回のサエーとのラブラブタイムは、胸ズッキュンで
    まるで生まれ変わったかのような錯覚でわさび丼を食べ忘れたよ
    次に会う時はきっと、お互い高校1000年生だよ!!!くらいの心持ちで
    胸を張っていられると思う。 じゃあまた、本当にありがとう。


亦野「Oh……」



82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/26(日) 23:01:21.84 ID:P/emc2M/0

亦野「……」


 >カガヤイテーココイチバーン ジブンノチョッカン――ぴっ


差出人 弘世菫 部長
件名  すまない
本文  分かってると思うがバカ二人のイタズラだからな
    でもさっきのメールは必ず消してくれ。 いいな?
    あぁでもオマエの頭には入ってしまったのかクソ
    …東京についたら真っ先にオマエの所に向かう
    大丈夫。 頭には響くがほんの少しちょっと記憶が混乱するだけだ……逃げるなよ?

亦野「……」

亦野「どうしよう 麻雀にじゃなく……麻雀やってる人に殺されるかもしれない」

渋谷「えっ」


もいっこカン!!!!


元スレ
淡「もっとチヤホヤされたい!」