SS速報VIP:悪魔ほむら「また訪れたループの中で」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1415716423/



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/11(火) 23:33:53.71 ID:5KdED0V10


――今日は、鹿目まどかが生まれて、96回目の誕生日である。

だが、鹿目まどかは、残念ながらその日を迎えられなかった。

先日、天寿を全うしたからである。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1415716423




2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/11/11(火) 23:34:34.65 ID:5KdED0V10


……私は、鹿目まどかの最後を看取った。

彼女の弟である、鹿目タツヤも既に故人となっており……
私が悪魔となった、あの時を生きていた人は誰もいない。

鹿目まどかは老人ホームに入っていた。

今わの際であっても、親族すら誰も訪れず、
私は我慢できずに鹿目まどかの前に姿を現したのだ。

出来るだけ、私は接触せずに見守っていただけだったのだけど。

最後が、孤独なんて、耐えられなかった。

……そして、今はその時の会話を、思い出している。




3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/11/11(火) 23:35:16.21 ID:5KdED0V10


まどか「……ほむら……ちゃん?」

ほむら「まどか……」

まどか「ふふふ……、ほむらちゃんってば、あの時のままだね」

まどか「わたしってば、すっかり年取って、おばあちゃんになっちゃったのに」

ほむら「……」

まどか「……最後に、会いに来てくれたの?」

ほむら「……ええ。人間として生きた貴方の、最後をせめて看取りたかった」

まどか「そっか……」

ほむら「……長い間、おつかれさま。まどか」

まどか「ふふふ。たしかに、長かったよ……」



4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/11/11(火) 23:35:44.52 ID:5KdED0V10


ほむら「どうだった? まどか……。貴方なりに、幸せに生きられた?」

まどか「……うーん。ふふ、そうだな」

まどか「最後に、ほむらちゃんに看取ってもらえるから、そうなのかも」

ほむら「……そう」

まどか「結婚もしなかったし、子供もいなかったけど」

まどか「ママや、パパ、タツヤ、一杯いた、大事なお友達……」

まどか「楽しい時間も多かったよ」

ほむら「そう……、なら良かっ まどか「でも」

ほむら「えっ?」

まどか「悔いが残る、人生だった……」



5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/11/11(火) 23:36:11.75 ID:5KdED0V10


ほむら「まど……か……」

まどか「悔しいよ、ほむらちゃん」

まどか「大事な事をやり残して、逝かなきゃいけないの」

ほむら「……」

ほむら「……それは……なに?」

まどか「……」

まどか「……ふふ、ほむらちゃんには」



まどか「教えてあげません」



6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/11/11(火) 23:36:57.65 ID:5KdED0V10



――まどかは、人間として、幸せな一生をおくるはずだった。

なのに、大事な事を、私にも明かせないような、

大事な事を、やり残してしまった。




7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/11/11(火) 23:37:52.11 ID:5KdED0V10


ほむら「……まどか、貴女を円環の理に戻すのは」

ほむら「まだ、だめ」

ほむら「まだ、だめよ」

ほむら「貴女が、満足できなかった人生なんかじゃ、意味がない」

ほむら「まってて、今度こそ、貴方が満足できるよう……」



ほむら「この世界、巻き戻すわ」




8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/11/11(火) 23:39:49.68 ID:5KdED0V10


――2回目の改変後の、2回目の世界。

中学生の、あの時のまどかがいた。

帰国子女であったまどかが、転校してきたあの日。

転校してきたばかりのまどかに、
私は校内の案内を申し出た。




9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/11/11(火) 23:40:30.17 ID:5KdED0V10


まどか「あ…… 暁美さん?」

ほむら「ほむらでいいわ」

まどか「……ほむらちゃん?」

まどか「あの…… どうして、わたしを……」

ほむら「久しぶりの故郷はどう?」

まどか「ええと……うん。なんだか懐かしい」

まどか「また、ここに来れるなんてね」

まどか「今度こそ……、成功して見せるよ」

ほむら「……まどか?」



10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/11/11(火) 23:42:35.04 ID:5KdED0V10



まどか「どうかした? ほむらちゃん」

ほむら「成功って、何を……?」

まどか「……? わたし、そんなこといったっけ?」

ほむら(……たしか、前回はここで、まどかは神としての記憶を取り戻しそうに……)

ほむら(今回は……? なんだろう)

ほむら(巻き戻したことが原因で、どこか不安定になっているのかしら……)



まどか「さ、ほむらちゃん……! 案内してくれるんでしょ、いこ!」



11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/11/11(火) 23:43:31.93 ID:5KdED0V10


……この周で、今度こそ まどかを本当に幸せにしてみせる。

最後の時に、本当に幸せだったって 言って貰えるように。

わたしは、欲深い悪魔なのだから。


前回のまどかの人生は、私は見守るだけに努めていた。

でも、それだけじゃ まどかは幸せになれないらしい。

色んな因子を変えてみよう。




12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/11/11(火) 23:44:16.26 ID:5KdED0V10


そういえば、前回は結婚にも、子供にも恵まれなかった。

女性としての幸せ…… 一般的な女性としての幸せは
幸せな結婚、元気な子供に恵まれることだろう。

悪魔の癖に、チクチクとした痛みを胸に覚えながら、
私はまどかの因果を操作した。

優しい、まどかの父のような男性と知り合えるように……



13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/11/11(火) 23:46:05.24 ID:5KdED0V10


――時間は流れた。

また、鹿目まどかが生まれて96回目の誕生日である。

今回はまだ、鹿目まどかは目の前に居る。

……だけれど、もう長くはない。

素敵な男性と、縁が幾らでもあったはずだけれど、
鹿目まどかは やはり孤独な最後だ。

接触はしていなかったが、
最後くらいはと顔を見せた。




14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/11/11(火) 23:47:18.86 ID:5KdED0V10


まどか「……ほむらちゃん、最後に会いに来てくれたんだぁ」

まどか「うれしいよ……」

ほむら「まどか……」

まどか「……もう、あんまり目が見えないの。ほむらちゃん、もっと近くに……」

ほむら「……うん」

まどか「……ふふ、皺くちゃの顔を見られちゃうのは、恥ずかしいな」

ほむら「そんなことないわ。おばあちゃんの貴女も、かわいいわ」

ほむら「私も人間として死ぬなら、貴方みたいに歳をとりたい」

まどか「……ありがとう、ほむらちゃん」




15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/11/11(火) 23:48:09.15 ID:5KdED0V10


ほむら「……やっぱり、悔いは残っているの?」

まどか「え?」

ほむら「最後に、看取ってくれる人が、私だけ……」

まどか「……」

ほむら「貴女はそこそこ、幸せな人生をおくれたんじゃないかと思っているの」

ほむら「でも、最後が、これじゃあ……」

まどか「そうだね……」

まどか「たしかに、悔いが残るよ。悔しいなぁ」

ほむら「……」



16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/11/11(火) 23:49:01.12 ID:5KdED0V10


私は、また巻き戻した。

色々な因果を操作した。

鹿目タツヤを長生きさせてみた。

悔いが残ったそうだ。

さやか達、まどかの友達も、生き残るようにしてみた。

まだダメだ。

優しいだけの男性がタイプでないのかとも思い、
色んなタイプの男性や、……女性と縁があるようにしてみたり。

失敗だった。

鹿目まどかが選んだ仕事が、大成功を収めるようにしてみた。

志筑グループを上回る 大富豪となったが……

まどかの人生は、悔いが残らないものではなかった。

考えうる、まどかを幸せにするもの、全てを弄繰り回した。




17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/11/11(火) 23:49:55.39 ID:5KdED0V10


――666回目の巻き戻し。

前は一か月の繰り返しだったけれど、
今度は80年以上の時の流れを繰り返している。

悪魔になっていて、疲れ知らずであっても……

私は途方にくれていた。



18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/11/11(火) 23:51:09.70 ID:5KdED0V10


鹿目まどかが転校してきた始まりの日、
私は当然のようにまた校内を案内する。



まどか「さあ、ほむらちゃん。案内してくれるんでしょ? 一緒にいこ?」

ほむら「うん、まどか……。一緒にいきましょう」



19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/11/11(火) 23:51:36.41 ID:5KdED0V10


私、暁美ほむらは疲れていた。

疲れ知らずであるはずなのに、
精神は神に対抗しうる領域に達していないらしい。

愛しい鹿目まどかに癒しをもとめ、
私は静かに、彼女の傍で過ごすようになった。

私は、幸せだった。

鹿目まどかに悪影響を与えるのが怖かったけれど、
それでも幸せだった。



20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/11/11(火) 23:52:03.16 ID:5KdED0V10


彼女と過ごす時間の流れは、
666回目の繰り返しであるにも関わらず早かった。

私だけ歳を取らず、鹿目まどかはおばあちゃんになっていく。

それでも、鹿目まどかは私を気味悪がらずに、
わたしを傍においてくれた。


……また、時間が迫って来た。




21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/11/11(火) 23:52:44.81 ID:5KdED0V10


まどか「……ほむらちゃん」

ほむら「まどか」

まどか「私、そろそろ……ダメみたい」

ほむら「まどか……」

まどか「ほむらちゃん、色々、ありがとうね」

ほむら「うんん。こちらこそ……」

ほむら「今度こそ、私、貴女を幸せにできるように、頑張るからね」

まどか「……?」

ほむら「いいの、まどか。貴女は、何も考えずに、ゆっくり休んで……」



22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/11/11(火) 23:53:19.63 ID:5KdED0V10


まどか「……じゃあ、ほむらちゃん。最後に一人は怖いから、抱きしめていい?」

ほむら「うん、まどか。最後まで、ずっと一緒だよ?」

まどか「ふふ……」



まどか「この時をまっていたよ」


ほむら「えっ」



23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/11/11(火) 23:53:45.05 ID:5KdED0V10


優しく私を抱きしめる、鹿目まどか。

私の長い髪を手で梳きながら、
老いた身でありながら、強く抱きしめ、離さない。




24: ◆UFa0QKMBYQ 2014/11/11(火) 23:54:49.34 ID:5KdED0V10


まどか「ずっと、一人になっちゃダメだって言ってたのに」

まどか「ぜんぜん、私に近寄ろうともしないんだもん」

まどか「今回だって、傍にはいてくれたけど……」

まどか「この今わの時でないと、抱かせてもくれなかったんだから」

ほむら「貴女……、記憶が……」

まどか「ふふ、ほむらちゃん」

まどか「でも、ずっと、ほむらちゃんと一緒だったから、幸せだったよ」

まどか「悔いなんて、あるわけがない」

ほむら「まどか……」



25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/11/11(火) 23:56:00.31 ID:5KdED0V10


いつの間にか、瞳を黄金色に輝かせ、
美しい彼女本来の姿に戻っていた。

鹿目まどかが、幸せな人生を送れたことに満足し、
私は女神の慈しみをその身に受けながら……

愛しい彼女から、もう離れない事を誓った。



終わりです。

読んでくださった方、
もしいらっしゃいましたら
ありがとうございました。



元スレ
SS速報VIP:悪魔ほむら「また訪れたループの中で」