1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/04(火) 18:50:22.61 ID:LId8HpJB0

セーラ「浩子か?泉か?」

竜華「いや、そんなんうちに聞かれても」

セーラ「あとは・・・怜か?」

竜華「それは絶対にない!」

セーラ「って事は竜華か!?」

竜華「それもないー!」



4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/04(火) 18:52:37.26 ID:LId8HpJB0

セーラ「そうか、ないか・・・」シュン

竜華「ちょ、なんでちょっと落ち込んでんの?」

セーラ「や、だって俺、竜華の事好きやし・・・」

竜華「はぁ!?///」

セーラ「俺、竜華に嫌われとったんかなー?とか思ったら・・・」ぐすっ

竜華「ちょ、ちょっ!何で泣いてんねん!」



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/04(火) 18:55:16.91 ID:LId8HpJB0

セーラ「竜華、俺の事嫌いか?」ぐすっ

竜華「そんなわけないやん!うち、す、好きやで、セーラの事・・・///」かぁぁ

竜華(って、なんでうちがこんな事言って照れてんねん!)

セーラ「そうか!」ぱぁぁ

竜華「!!」

竜華(ううっ///セーラもセーラで、うちに好き言われてめっちゃ笑顔やし!)



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/04(火) 18:59:35.61 ID:LId8HpJB0

セーラ「そうかそうか!怜ー!竜華がな!俺のこと好きやってー!」ゆさゆさ

怜「zzz」ゆさゆさ

竜華「ちょぉ!なんで怜起こしてんの!?」

怜「ん・・・なんや?」むくり

セーラ「竜華がな、俺のこと好きなんやってー!」ニコニコ

竜華「そんで、なんで怜に言うねん!」

怜「ああ、はいはい。私もセーラのこと好きやでー」

竜華「はぁ!?」

セーラ「俺、愛されてんなー!」ケラケラ



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/04(火) 19:03:00.28 ID:LId8HpJB0

ガチャ

浩子「遅れました」

泉「お疲れ様ですー」

セーラ「おお、来たか!今なー」

竜華「まだ言うん?」

浩子「何ですか?」

セーラ「今な、俺のカップリング談議しとんねん!」

浩子・泉「・・・はい?」



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/04(火) 19:09:22.43 ID:LId8HpJB0

セーラ「浩子か泉かって話してたらな、竜華と怜も俺のこと好きなんやってー」ニコニコ

竜華「いやそれは
浩子「どうせ江口先輩が言わせたんちゃいますの?」
泉「先輩また清水谷先輩からかったんですか?」

セーラ「んー、まぁせやな」

竜華「・・・そんなところや」

竜華(誤解せれないのはいいけど、食い気味に言われるとちょっと腹立つな)

怜「zzz」くかー



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/04(火) 19:17:31.38 ID:LId8HpJB0

セーラ「そんで、話戻すけど。俺のカップリング相手って浩子か?泉か?」

浩子「えっ?いや・・・」チラッ

泉「そんなん私らに聞かれましても・・・」チラッ

竜華(なんやねんこの状況)

セーラ「あ、それとも阿知賀の新子憧か?」

浩子・泉「それは絶対にないです!!」

セーラ「おおう!?」



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/04(火) 19:29:56.99 ID:LId8HpJB0

泉「一回対局しただけの他所の一年がカップリングとか、あり得ないです!」

浩子「ちょっとイチャイチャしたからって、カップリングとか無いでしょう?」

泉「イチャイチャ?えっ?それなんですか?」

浩子「ああ、泉は対局中の映像しか見てないか?対局終わった時にな、江口先輩その新子って子となんや楽しげに絡んどったんや」

泉「なんですかそれ!先輩、他所の子に手ぇ出したらあきませんよ!」

浩子「ほんまですわ」

セーラ「お、おう・・・」

竜華(これ、タイミング見計らって部室出てった方がええかな?)



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/04(火) 19:35:12.58 ID:LId8HpJB0

セーラ「じゃ、じゃあ憧は俺のカップリング相手とは違ういう事で・・・」

泉「はぁ!?その子下の名前で呼んではるんですか!?」

セーラ「えっ?いやいや今のは弾みでやな・・・」

浩子「やめてくださいね江口先輩。マスコミがあなたの取材したくてウロウロしてる時期なんですから。
外部の女の子と親しいみたいな空気出すの。誤解されますからね?」

セーラ「す、すまんな・・・」シュン

竜華(あかん。あかん空気になってきたで・・・)



16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/04(火) 19:42:14.35 ID:LId8HpJB0

セーラ「よ、よし!それじゃあカップリング談議はこれにて終了いう事で・・・」

浩子「・・・何を言ってやがりますか?」

セーラ「えっ?」びくっ

泉「そうですよ。まだ決着ついてないじゃないですか?」

セーラ「あ、いや、それは・・・」

浩子「うちか泉か、まずはそこからカップリング談議再開ですね」ずいっ

泉「先輩、先輩は誰が自分のカップリング相手やと思ってますか?」ずいっ

セーラ「あの、えっと」おろおろ

竜華(今や!)ズルズル
怜「zzz」くかー



17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/04(火) 19:48:36.42 ID:LId8HpJB0

浩子「うちが江口先輩のサポートするようになってずいぶんたちますよね?対局相手の分析したり、癖を見つけたり」

セーラ「せ、せやな!めっちゃ貢献してもろてるでー!」

泉「先輩!私は先輩に、江口セーラに憧れてこの学校入ったようなもんですからっ!」

セーラ「ほ、ほう!可愛い事言ってくれるやないか!」

浩子「は?ただのファンなら掃いて捨てるほどおるじゃないですか?」

泉「分析なんて監督やコーチがやってくれはるじゃないんですかね?」

浩子「あ?」
泉「あん?」

セーラ「えっと、その、な?」おろおろ



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/04(火) 20:11:36.28 ID:LId8HpJB0

セーラ「よ、よし!両方!両方俺とカップリングしたったらええ!」

泉「ふざけてるんですか?」ギロッ
浩子「ちょっと黙っといてくれます?」ギロッ

セーラ「・・・はい」シュン

泉「そもそもあれじゃないですか?舟久保先輩って~」
浩子「お前調子こいとるな?お前ごときがうちの~」

なんやかんやでこの後滅茶苦茶セックスした

完結!



31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/04(火) 20:36:23.33 ID:LId8HpJB0

♪~♪~

憧「あれ、電話?誰からだろ?」カチャ

憧「はぁ?千里山の江口セーラ?何の用だろ」ピッ

憧「もしもーし?」

セーラ『おう、憧か?今な、俺大変な事になっとんねん!』

憧「はい?」

セーラ『俺のカップリング相手が憧やないかどうかで揉めてんねん!』

憧「はぁー!?」

セーラ『せやから、憧は俺とカップリングとかどう思う?』

憧「なんで私がアンタとカップリングされなきゃなんないのよ!バッカじゃないの!?」

セーラ『ちょっ!?』

ピッ



33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/04(火) 20:37:00.69 ID:LId8HpJB0

憧「ったく、アイツバカなんじゃないの?」ふんっ

憧「・・・私と江口セーラがカップリングされるわけないじゃん」

やっぱりこの後滅茶苦茶セックスした

完結!


元スレ
江口セーラ「結局、俺のカップリング相手って誰なん?」