1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/03(金) 20:14:20.40 ID:J23kY1580

――――――――――――――――

 冬休みが終わり大学寮に戻ってきた、余計な土産を持って。
 いわゆる『正月太り』というやつだ。
 否定したいけれど、体重計は嘘をつかない。

 そういうわけで、最近は歩く姿勢を見直している。
 コンビニへ行くとき、本屋へ行くとき。
 そして、講義の時間が重なった幼馴染と歩くとき。

「みおー、ちょっと歩くの速くないか?」

「そうかな? いつも通りだぞ、律」

 とは言ってみたけれど、
 いつもより速くなっていることは否定できそうにない。
 太陽が出ているものの、気温は低い。
 建物の影になっていた場所は凍結しているようで、鈍い光を発している。
 あまり力を入れないよう、慎重に脚を運んだ。

「お、スピード戻ったな」

「まだ凍ってるから、気をつけないとな」

「そうそう、澪しゃんは転ぶとき私を巻き添えにするからなー」

「あ、あれは……たまたま律がそばにいたから。根に持ってる?」

「うんにゃ、全然。――次はちゃんと支えるからさ」




2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/03(金) 20:15:19.29 ID:J23kY1580

 日差しのような笑みを受けながら、いつも通りに歩みを進める。

 大学に入ってから、律と一緒に歩くことは少なくなった。
 所属している学部が違うせいもあるし、交友関係の広がりも関係している。

 今までは律にべったりだった、それは否めない。
 高校時代からそのことは気にしていたけれど。

 私も変わらないとな――。
 そういう思いは無意識下にずっとあった。

 表面化したのは、大学生という身分を得てからだろう。

 なにしろ自由だ、高校みたいに決められた授業というものがない。
 講義の取り方によっては昼過ぎまで寝ていてもいい。
 早い人は三回生の前期で単位を取り終え、
 必修のゼミやサークル以外は大学に来ないらしい。

 律が講義をたくさん受けているのも、それを狙ってのことだろう。

 ともかく、私は自分の早さで進んで行こうと思う。




3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/03(金) 20:16:57.90 ID:J23kY1580

「そういえば幸と菖は?」とたずねると。

「ん、先に行ったらしいぞ」という返事が返ってきた。

 寮から大学は近い。
 代わり映えのしない風景を横目に、律と並んで歩く。
 考え事をしていると、あっという間にキャンパスに着いた。

 守衛のおじさんに軽く会釈し、キャンパスに踏み入る。

 メインストリート脇には枯れた木が等間隔に植えられていて、
 白い雪が枝をうっすらと飾り立てている。

「澪、見てみろよ。ええと……アレだ!」

「なにが『アレ』なんだ?」

「えっと……『枯れ木もなんとかの賑わい』だよ!」




4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/03(金) 20:17:50.69 ID:J23kY1580

 律にしては詩的だなと思いつつ、もう少し悩ませておくことにした。

 今は枯れてしまっているが、秋には見事な紅葉を見せていた。
 イチョウの黄色や、カエデの赤。
 大学の建物は白いし、道は灰色だ。
 その中で原色の木々はひと際目立っていた。

 ふと思い出し、「紅葉きれいだったな……」という言葉が漏れる。

「思い出した! 『枯れ木も山の賑わい』だ」

「そうだな、律にしてはいいこと言うじゃないか」

「へいへい、わたしはどうせガサツですよーだ」

 ガサツに見えて繊細な部分もある。
 そんな部分もまた魅力なんだろう。




5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/03(金) 20:18:41.04 ID:J23kY1580

 二人並んで灰色がかったキャンパスを歩む。
 ときどきすれ違う人にぶつからないように。
 しばらく歩いたのち、講堂の前に到着した。

「じゃあ澪、あとでなー」

「真面目に講義受けるんだぞ、律」

「わーかってるって。単位全部取ってやるからな」

 律は背中を向けて私から遠ざかり、「じゃあな」と手を振ってみせる。
 そして小走りになって、あっという間に視界の外へと消えた。

「――さて、どこにいるかな」

 ドアを開けて講堂に入り、よく見知った姿を探し始める。
 ふわっとしたロングヘアーに切りそろえられた前髪。
 栗色がかった茶髪、そして高い身長。




10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/03(金) 20:23:06.12 ID:J23kY1580

 講堂の階段を上りながら視線を左右に動かす。

 しばらくうろうろして、窓側の列で彼女を見つけた。

「さち、おはよう」と、いつも通りのあいさつをする。

「……おはよう、澪」

「あれ? 寝不足?」

「そうじゃないけど……、いつも通り、かな」

 彼女の名前は『林幸』という。
 私は最初、『林さん』と呼んでいたけれど、
 あるきっかけから『幸』と、下の名前で呼ぶことになった。
 というより、呼ぶことにした。

「眠いって訳じゃ……ないんだけど」

 睡眠時間に関係なく、彼女はいつもこんな口調だ。




12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/03(金) 20:25:20.56 ID:J23kY1580

 幸の隣に腰を下ろし講義の準備を始める。
 バッグからテキストやノート、その他諸々を取り出す。

 手を動かしながら、「この講義終わったら学食行かないか?」と尋ねる。

「うん……、行こっか」と、二つ返事で答えてくれた。

「律も一緒に来るし、あやめもたぶん一緒だよ」

「そっか、菖もいるんだ……」

 幸は表情に乏しいけれど、口元がわずかにゆるんでいることが確認出来た。
 私と幸は『似たもの同士かな』と、心の中で密かに思っている。

 使用楽器は共にベース、髪はロングで、どちらかというと引っ込み思案。
 身長は私が160センチ、平均より少し高い。
 ちなみに律は154センチ。
 そして幸は168~9センチといったところだ。
 彼女はそれをコンプレックスと思っているけれど。
 そして、胸部の膨らみも人並み以上。
 それはあまり気にしていないらしい。

「講義は午前中で終わっちゃうから暇なんだよなあ。幸、どうする?」

「どうって……あんまり考えてな――、教授来たよ」

 幸は40歳過ぎであろう男性教授を見て、講義の準備を始めた。
 私も準備を整え、90分に渡る講義に備える。




13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/03(金) 20:26:49.63 ID:J23kY1580

――――――――――――――――

 キャンパスにはまだ雪が残っていて、灰色と白に染められている。
 大勢の学生を横目に、学食へ行く道すがら。

「疲れたなー、幸」

「そうだね、やっぱり90分は長いと思う」

「そうだな、高校までは50分だったもんな」

「うん、でも慣れてきたかも」

「そう、何事も慣れだよな。律のドラムも走り気味だけど、ついていけるし」

「……自然に出て来たね、その話」

「ち、違うぞ! 今のは音楽の話で、別に律じゃなくて、その――」

 幸の笑顔は、『別に否定しなくても』と語っているみたいだ。

「い、急ぐぞ! この時間帯は学食混むからな」

 歩幅を広く、足早にキャンパスを進む。
 幸も悠々とついて来て、賑わっている学食に踏み入った。




14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/03(金) 20:28:06.77 ID:J23kY1580

 いつも通り学食は賑わっていた。
 食事を乗せたトレーを持ちつつ席を探す。
 出来れば律と菖の姿を確認したい。

 当ても無く探していると。

「澪ちゃーん、さちー。こっちだよ」という声が聞こえた。

 声の主は菖で、律も向かいの席にいる。

「先客ありだな、菖。律もついでに」

「おー、澪ちゃん。幸も久しぶり、って朝も会ったけど」

「なにおぅ! 澪、『ついでに』なんて。私たちの仲だろ?」

 菖と律は、すでに食事に手を付けている。
 受講した講堂と学食が近いからだろう。

 私は律の、幸は菖の隣にそれぞれ座った。




15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/03(金) 20:29:03.17 ID:J23kY1580

「幸、今日のはあっさりしてるな」

「そうだね……、カロリー低目にしてみた」

「聞けよぅ!」と律の声。

 無視するのも気が悪いと思い。

「律、後期もレポートたくさんあるんだろ?」

「う、うん」

「だったら、私も手伝うぞ」

 言い終わるや否や律の表情が晴れて。

「ありがとうな、澪!」

 と、感嘆符つきの返事をくれた。




17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/03(金) 20:30:28.47 ID:J23kY1580

 食事を終えようとしたとき。

「ねえねえ、幸、澪ちゃん。このあと用事ある?」

 と、菖が身を乗り出し。
 私は「何もないけど」と答えて、幸は首を横に振った。

「じゃあさ、今から服買いに行かない? 冬物バーゲンやってるしさ!」

「私はいいけど、律は……」と、ちらりと目線を送る。

「いいよ、澪。三人で行ってこい。それにさ――」

 私が聞き返そうとしたところに、律が。

「前に、『可愛い服着るぞ』って言ってたから、ちょうどいいだろ?」

「う、うん。出来れば律も一緒がよかったんだけど」

 律はこの曜日、午後からの講義もとっている。
 流石に自主休講をすすめるつもりはない。

「私もりっちゃん誘いたかったんだけど――講義あるからしょうがないよね」

 菖のフォローが入り、みんなの同意をとる。
 そうして、私と幸と菖は買い物。
 律は講義という予定になった。




20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/03(金) 20:37:03.55 ID:J23kY1580

――――――――――――――――

 菖に連れられ、服屋さん――もといセレクトショップにやってきた。
 二階建てのビルを丸々占拠していて、
 通りに面した箇所はガラス張りになっている。
 一階はメンズのフロアなので、私たちは二階へと階段を進んだ。

 服屋といえば個人経営、もしくはお手頃のチェーン店という先入観がある。
 今いる店は全国チェーンだがお手頃ではなく、むしろ高い傾向らしい。
 しかし今はバーゲンの時期。
 タグには五割引きから七割引きされた値段のシールが貼られている。

「似合う! 似合うよ澪ちゃん。私のコーディネートも捨てた物じゃないね」

「そ、そうかな……。ちょっと恥ずかしい、かも」

 試着室から出てきた私に、菖が歓声を送り。
 幸は柔らかな表情を浮かべた。

 髪をサイドでまとめ。
 デニム地のホットパンツを履き、脚を八割方露出している。
 そのままでは寒いので、黒のタイツで脚をカバー。
 淡いピンクのTシャツを着て、その上に水色の袖なしパーカーを羽織った。

「澪、似合ってる……」

 幸の感想もあってか、私も上機嫌になった。
 あとの心配は値段だけ。




21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/03(金) 20:38:57.86 ID:J23kY1580

「えっと、いくらかな?」

 とりあえず試着を終え、服のタグを確認する。
 軒並み五割から七割引きなので、財布のダメージも許容範囲だ。

「しかし安くなってるな……、元値は結構するけど。菖、なんでだろ?」

「まあ、冬バーゲンも終盤だし。売れ残るよりはマシ、ってところかな。
 それにね――、サイズが大きいから残ってる可能性も高いし」

「あ……そうか。私大きいから――」

 私の返答に、菖と幸の表情が曇った気がした。
 けれど、「二人ともスタイルいいよ! 気にすることないって」
 と言う菖のフォローが入り、続けて。

「私を見なよ。背は低いし、ぺったんこだし。
 コンプレックスは人それぞれだけど、私はそこまで気にしてない。
 小さいからバーゲンの売れ残りもゲット出来るし、活用しないと」

 幸の表情が和らぎ、いつもより芯のある声で。

「……そうだね、私も菖も平均から外れてるけど。
 頑張ってみるよ。ありがと」

 やっぱり確信した。
 私と律、幸と菖。この組み合わせは似ているということを。
 有り体に言えば『凸凹コンビ』。
 そして、本質的なところは通じているのかなと一人納得した。




22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/03(金) 20:40:32.50 ID:J23kY1580

――――――――――――――――

 冬は日が沈むのが早い。
 夕日は長い影を作り、ビルをオレンジ色に染め上げている。

 みんなで戦利品を確保し、店が立ち並ぶ通りを歩む。
 真ん中に菖、左側に私、右側に幸。

「ふう、買った買った。満足満足。
 澪ちゃんもニーソックス買えばよかったのに、絶対領域が見たかったなあ」

「そ、それは……えっと。太ももの肉が気になるというか、なんというか」

 短めのボトムスと太ももの中ごろまでのニーソックスを合わせる。
 すると、そのあいだに生脚がわずかに見える。
 それを『絶対領域』と呼ぶらしい。

「ざんねーん」

 私の脚がもう少し細ければ視野に入ってたんだけど。




23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/03(金) 20:42:10.06 ID:J23kY1580

 ひとまず話題を変えることにして、菖の荷物を見つめながら。

「菖は大漁だな、両手一杯に持って。結局、幸も買ったんだな」

「……うん、たまにはいいかも」

 幸は袋を片手に持ち、私を見つめながら呟く。

 それにしても――。

 ふとした疑問が浮かび、視線を落として二人の足元を見る。
 幸の身長は168~9センチ。
 菖の身長は151センチだったはず。
 これだけ身長差があれば脚の長さも違うわけで、当然歩幅も違うだろう。

 けれど、二人はそんなことお構いなしに歩く速さを合わせている。
 脚の長さと歩く速さは関係ない。
 当然と言えば当然の話で、特別な発見でもなんでもない。

 でもそれが、私にはなぜだか愛おしく思えた。




25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/03(金) 20:49:09.08 ID:J23kY1580

――――――――――――――――

 夕食を終えて寮の部屋に戻り、
 ベッドの上に服を並べているとノックの音がした。

 続けて、「入るぞ」と律の声。

「わかった」と答え、鍵を開けて中へ招き入れる。

 律はベッドの上の服へ目をやり。

「おおっ! 結構買ったんだな。――で」

 視線を服から私へ移し、「着ないのか?」と訴えかける。

 最初にお披露目するのは律になったな――。

 からかわれるか、ほめてくれるか。
 どちらにせよ着替えることにした。




27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/03(金) 20:51:32.33 ID:J23kY1580

「で、感想はどうなんだ? 律」

 昼間試着したときと同じ姿。
 デニム地のホットパンツに黒のタイツ。
 淡いピンクのTシャツを着て、水色の袖なしパーカーを羽織る。
 髪はあえてまとめず、ストレートに流した。

「おーい、律」と呼びかけるも、ワンテンポ遅れて。

「ん、ああ……」

 と、気の抜けた返事。
 もしかして、『律は気に入ってくれないんじゃないか?』
 そんな考えが頭をよぎるも、不意に。

「……可愛い」と、律にしては小さな声で感想を述べた。

「え?」

「だから、似合ってるって! いいよいいよ」

 私の周囲をうろつきながら、じろじろ見つめて頷いている。
 後ろにまわって、私の両肩に手を置き。

「ほら、自分で見ろよ」と鏡の前に私を促す。




28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/03(金) 20:52:59.74 ID:J23kY1580

 鏡に映った私は見慣れない姿だけど、間違いなく私だった。
 いつも眼鏡をかけている人間が、外したときのような違和感だろう。

「似合って、る……のかな?」

「間違いないって。どこに出しても恥ずかしくない! 自慢の娘だ」

 一瞬、『お前は私のママか!』という言葉が出かけて。

「お母さんじゃあるまいし、ほめたってなにも出ないぞ」

「そんなんじゃないですわよ、澪ちゅわん」

「じゃあ何なんだ?」

「嬉しいんだよ」

 皮肉を言われたり、からかわれたりするかと思ってたけど。
 手放しでほめてくれて、その上『嬉しい』なんて言われた。
 前にもこんなことがあった気がする。

「嬉しいって……、私のことなのに?」

「そうそう。澪の嬉しさは私のもの、私の嬉しさも私のもの」

「どこのアニメの台詞だ!」

 私が逆の立場ならどういう反応をしただろうか。
 律と同じく、『似合ってる』と言って『嬉しい』って思うんだろう。




30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/03(金) 20:57:59.58 ID:J23kY1580

――――――――――――――――

 一週間後、またもや律と講義の時間が重なった。
 この季節には珍しい陽気で、雪や路面の凍結は姿を消している。
 気温は高くないけれど、暖かい日差しが私たちに降り注ぐ。

「澪、ひとつ疑問なんだけど」

「ん?」

「こないだのアレ、着ないのか?」

「ああ、アレな……」

 まだ自分で見慣れていないせいもあるし、恥ずかしさも勝っている。

 それに――。

「なんて言うかな……、服に見合う自分にならなきゃって思ったから」

「見合う自分?」

「そう。例えば……ダイエットとか」

「澪はそこまで太ってないと思うけどな。……まあいいや、頑張れ!」

 律はそう言って、私の背中をポンと押してくれた。




31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/03(金) 20:59:16.96 ID:J23kY1580

――――――――――――――――

 子どものころ、背が高い子は走るのが速いと思っていた。

『ねえ、りっちゃん』

『なあに、みおちゃん』

『わたし、りっちゃんよりかけっこはやいよ』

『なんで?』

『わたしのほうが、しんちょうたかいもん』

 その考えは、運動会の徒競走で打ち砕かれた。
 ゴールまであと少しのところで、律にテープを切られたからだ。

『はあ、はあ……。り、りっちゃんあしはやいね』

『わたしのほうがはやいでしょ?』と律が自慢げに言っていた。

 別に自信を失ったわけじゃなく、『身長は関係ないんだな』と理解した。

 律は普段から活発だし、いい意味で慌ただしい。
 バンドをやろうと言われたときも、軽音部に入ろうと言われたときも。

 いつも私の先を行っていた。




32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/03(金) 21:00:30.53 ID:J23kY1580

――――――――――――――――

 今だって律は忙しいし、私とは違うんだろう。

「みおー、どした? 悩みごとか」

「――何も、悩んでないよ」

 いつからだろう、律と同じ道を歩き始めたのは。
 どちらからともなく、歩く速さを合わせ始めたのは。

 歩幅自体は私のほうが広い。脚が長いから。
 その分律は、歩調を速めて私に合わせている。
 もしかしたら、私のほうが歩みを遅めていたのかもしれない。

「なあ、澪」

 そんなことを考えているうちに、キャンパスが近づいてきた。
 律は午後からも講義、先週と同じだ。

「澪ってば!」

「で、でかい声出すなよ」

「ちょこっとだけ頼みがあるんだけど」




34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/03(金) 21:02:10.60 ID:J23kY1580

 律は後ろ手を組みながら先に進み、
 私にほうへ振り向いて、「今度バイトやるんだよ」と視線を向ける。

「そうか。で、どこでバイトするんだ?」

「えっとな、ライブハウスとかに時々呼ばれる感じかな。開演の時期に」

「そっか、律も忙しいんだな。今に始まったことじゃないけど」

 私の気づかないうちに、どんどん先に進んでしまうような。
 そういう姿を見るのは嬉しい。

 でも、私のそばから離れて行ってしまうような思いにも駆られる。

「それって、紀美さんの紹介か?」

「いや、自分で探したんだけど。それでさっきの頼みってのがさ……」

 律はそう言いながらわずかにうつむき、しばらく沈黙したあと顔を上げた。

 出てきた言葉は――。

「澪も一緒にバイトしないか?」

「え?」

 間の抜けた声で答えたのち、色んな考えが浮かんでは消えた。




37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/03(金) 21:06:32.22 ID:J23kY1580

 ライブハウスということは、ステージの設営と撤去だろう。
 となると力仕事だから、ムギが一番向いている気がする。
 律はなんでムギを誘わなかったのか?

 それにああいうのは多人数でやるものだ。
 当然スタッフやバイト間の連携も必要になる。
 人見知りな私より、唯のほうが適任じゃないのか?

 色々考えを巡らせたのち。

「ダイエットになるかな?」なんて、下心丸見えの反応をしてしまった。

「なる! 絶対に。だからバイトしようよー」

「人手って私だけでいいのか? 唯とかムギも誘ったほうが――」

「ん、えっとな……採用枠もあるし、こういうのは引く手あまただから、な」

 律は両手を合わせ拝むような格好で。

「この通りだから、二人でやろうよ」

「とりあえず……、今回だけだからな」と答える、けれど――。

「よっしゃ、そうと決まれば連絡しとくからな」

 今回だけじゃなく、律が誘ってくれるのならいつだって。
 逆に私が誘ってみるのもいいかもしれない。




38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/03(金) 21:08:35.59 ID:J23kY1580

 あれこれ話していると、もうキャンパスは目の前だ。

 中に踏み入り、しばらく律と歩みを進めた。
 キャンパスの雪化粧も落とされ、冬らしい乾燥した空気に包まれている。
 路面も乾いているし転んだりする心配はなさそうだ。

 メインストリート脇の枯れた木に目をやると、先週の雪は無くなっていた。
 春になれば緑色の葉に覆われ、学生を出迎えてくれるだろう。

「なあ、律。さっきの話なんだけど。採用枠がどうとか言ってたな?」

「あ、ああー。うん、言ったっけな」

「知ってるぞ、こういうのは人数多いほうがいいって」

 律はきっと嘘をついている。
 スタッフの人から、『友達もよければ誘ってね』なんて言われているはず。
 にも関わらず、律は私だけに声をかけてきた。
 律がみんなにひと声かければ、もっと人数を集められたはずだ。

「言わせるのか? 恥ずかしいですわねー、澪ちゅわん」

「……じゃあ、いいよ。二人でやろうな」

 あえて理由は聞かないでおく。
 きっと、同じことを考えているから。




39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/03(金) 21:09:33.82 ID:J23kY1580

 上機嫌な律を横目に歩きつつ、講堂の前に到着した。
 律が「それじゃ……」と口を開き。

「またあとでな、澪。バイトの件もよろしく」と付け加えた。

「わかった。よろしく頼むよ」

「澪、居眠りするんじゃないぞー」

「私が居眠りしたことがあったか? それより――」

 視線だけで釘を刺し、「わーかってるよ」という律の返事を引き出した。

 私は背中を向け、講堂へ向かう。
 律も背中を向け、講堂へ向かう。

 背中に律を感じながら振り返ることはせず、宙に手を振ってみた。




41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/03(金) 21:12:41.22 ID:J23kY1580

 私は一人歩きながら、今までのことを思い出す。
 いつも律がリードしてくれていた。

 が、それは思い込みかもしれない。

 私がいたから律はあんなふうに振舞っていたのかも。
 自意識過剰もいいとこだけど、
 もしかしたら背中を押していたのかもしれない。

 それとも――。

「二人並んで歩いてきたのかな?」

 思わぬ言葉が口をついて出た。
 歩く速さだけじゃなく生きていくことだって、二人並んで。

 急に恥ずかしくなり、顔が熱を帯びた。
 冬の空気が丁度よく顔を冷やしてくれる。

 ゆるんだ顔を人に見られないよう、うつむき加減で講堂へ向かう。

 目の前には道が広がっていて、どんな歩き方をしても自由だ。
 それでも律がいるなら、どんな道を歩いても大丈夫だろう。

 私たちは、同じ速さでここまで歩いてきたんだから。


 おわり




46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/03(金) 21:16:03.08 ID:J23kY1580

これで終わりです、支援ありがとうございました。


元スレ
澪「同じ速さで」