1: 名無しで叶える物語 2021/02/09(火) 23:23:22.77 ID:grI7seI0.net

彼方ちゃんSS



2: 名無しで叶える物語 2021/02/09(火) 23:24:10.41 ID:grI7seI0.net

彼方「今日は一年生の三人とお出かけだよ~♪」ルンルン

彼方「は、そうだマスクマスク~」ガサゴソ

彼方「このご時世、マスクしないとお外も出れないよぉ」

彼方「ハブピだよ~」プンプンッ

彼方「ーーーーあれ、マスクない」

彼方「……」ガサ、

彼方「……」ゴソッガサゴソ



4: 名無しで叶える物語 2021/02/09(火) 23:27:12.17 ID:grI7seI0.net

遥「何してるのお姉ちゃん? マスクなら今切らしてるよ」

彼方「え~? 困るよお。今からお出かけなのに」

遥「お母さんが買って帰ってくるって言ってたからねー」

彼方「夜まで待ったらみんな帰っちゃうよ~!」ビエーン

遥「んー、そうだ! お姉ちゃん、マスクあるよ! !」

彼方「え! ほんと!?」ガバッ

遥「うんっ。私ね、最近手芸にハマってて。マスクも作ってみたんだ」

遥「確かこの中に……あった!」



5: 名無しで叶える物語 2021/02/09(火) 23:30:07.46 ID:grI7seI0.net

遥「じゃーん! ちょっと不恰好だけど。ど、どうかな?」

彼方「わあ! かわいいよ~、ありがとう遥ちゃん♡」ギュー

遥「ほんと!? 見てみてっ、このアップリケ頑張ったんだ!」

彼方「羊さんだ~! 彼方ちゃんをイメージしてくれたの?」

遥「う、うん/// よく寝てるお姉ちゃんをイメージしたんだけど……イヤじゃなかった?」

彼方「全然! すっごく嬉しいよ~! 遥ちゃん大好き!」ギュウ!

遥「く、苦しいよお/// お姉ちゃん、早く行かないと遅刻しちゃうよ?」モー

彼方「はっ、そうだね! 彼方ちゃん行ってくるよー」

遥「行ってらっしゃい♪」フリフリ



6: 名無しで叶える物語 2021/02/09(火) 23:33:05.86 ID:grI7seI0.net

ーーーーーーーー

かすみ「彼方先輩遅いよー」

しずく「まあまあ」

璃奈「あ、来たよ」

彼方「みんなお待たせ~」っ手作り布マスク

かすみ「もう、彼方先輩遅刻ですょ……!?」

かすみ「……ぇ、ちょw うそでしょw」ブフッ

しずく「っ、w 布wマスクww」

かすみ「あ、あれwさ、小学校の給食時に付けてwた、やつw」ヒィー



9: 名無しで叶える物語 2021/02/09(火) 23:36:44.62 ID:grI7seI0.net

かすみ「かすみん小学生で卒業したよ?w」

しずく「わたしもですw」

かすみ「彼方先輩留年しちゃってんじゃんw 留年ww」

しずく「ちょっと、っ、やめw 笑わせないでww」

璃奈「時代はウレタン」

彼方「え、っと、みんなどうしたの~?」

かすみ「す、すみませんw ちょっと思い出しw、笑いをっっ」プルプル

彼方「そうなんだあ。あとで彼方ちゃんにも教えてね~」ニコニコ

璃奈「しずくちゃん、あれ」

しずく「え、ーーーーぶふぉっ!」



11: 名無しで叶える物語 2021/02/09(火) 23:39:02.22 ID:grI7seI0.net

彼方「しずくちゃん!?」

彼方「ど、どうしたの? 喉に何か詰まっちゃったっ?」オロオロ

しずく「だ、だいじょっふも、w」ププ

かすみ「あれ、アップリケだよね。羊の……w」コソコソ

璃奈「わたあめかと思った」コソコソ

かすみ「それはないでしょ笑」

璃奈「手作りしたのかな。形は歪だけど」

かすみ「じゃない? 彼方先輩手芸とかやるんだね」

彼方「お、二人で何の話~?」

かすみ「い、いえ、その……す、すてきなマス、っぶふぉ、w だとおもい、まして……w」



13: 名無しで叶える物語 2021/02/09(火) 23:42:15.25 ID:grI7seI0.net

彼方「!!」パァ

彼方「でしょでしょ!!? 」

彼方「これねぇ、遥ちゃんが手作りしてくれたんだよ!! かわいいでしょお~!」ニコニコォ!

かすみ「せ、先輩近いですっ……っw」

かすみ(てかサイズ合ってないっ、ぷふっ)

しずく「彼方さん、そろそろ行きませんか?」フフ

かすみ(しず子ナイス!)

彼方「……」

彼方「あ、そうだね。よーし、出発進行だよ~♪」オー!



17: 名無しで叶える物語 2021/02/09(火) 23:46:31.67 ID:grI7seI0.net

ーーーーーーーー

ージョイポリスー

彼方「はい、かすみちゃんあーん」

かすみ「きたきた!」アムッ

かすみ「彼方せんぱぁい、おいしーですぅ♡」クネクネ

彼方「それはよかったよ~」

しずく「彼方さん、次はわたしがあーんしてあげますね♡」

彼方「ほんと? じゃあ、お言葉に甘えちゃおっかな」クチアケー

しずく「……♡」

かすみ「……」ゴク

璃奈「……」

彼方「ひふくひゃん? まらぁ?」

しずく「あ、はい。……どうぞ♡」

彼方「はむ。ーーーー美味しい~!」



18: 名無しで叶える物語 2021/02/09(火) 23:50:24.85 ID:grI7seI0.net

彼方「こんなに美味しいもの食べたの初めてだよー」ニコニコ

璃奈「それは大げさ」

彼方「彼方ちゃん、レストランとかあんまり行かないから。こうしてみんなと食べるのすごく楽しいんだー」エヘヘ

しずく「そ、それは良かったです///」

かすみ「誘った甲斐がありました///」

・・・

かすみ「はふー。ご飯美味しかったですうー」

彼方「彼方ちゃんお腹いっぱい。すやぴの気分だよ~」



20: 名無しで叶える物語 2021/02/09(火) 23:53:27.78 ID:grI7seI0.net

しずく「ここで寝たらダメですよ、彼方さん」

璃奈「お金はどうするの?」

かすみ「割り勘しよー。あ、彼方先輩は払わなくて大丈夫ですよ」

彼方「え? それは悪いよ。ここは先輩の彼方ちゃんが払う場面だよ」

しずく「いえいえ。無理言って誘ったのはこっちなんですから。後輩に奢らせてください」

璃奈「うん」

彼方「う~ん、でも悪いし……やっぱりここは彼方ちゃんも払うよっ」っお財布

かすみ「……えっ」

しずく(男物の財布……?)

璃奈「ぼろぼろ」

彼方「四人で割り勘だよ。じゃあ、行こ~」



22: 名無しで叶える物語 2021/02/09(火) 23:57:40.78 ID:grI7seI0.net

・・・

かすみ「ねえ、しず子」

しずく「わかってるよかすみさん」

かすみ「あのお財布さ、」

かすみ「……なに?」

しずく「古い男物の二つ折りサイズ。パッとみた感じ、かなり年季の入ってるものみたいだったけど」

しずく「あまり詮索しないほうがいい系、かも」

かすみ「いや~、単に彼方先輩の趣味だったり?」

しずく「たしかに。重い背景があってもいやだもんね」



23: 名無しで叶える物語 2021/02/10(水) 00:00:49.60 ID:4VQEJosN.net

璃奈「あれ、一昔前に流行ってたブランド物」

かすみ「え、りな子知ってるの?」

璃奈「のパチモン」

かすみ「え、ぱっ……パチモン?w」

しずく「……っふ」プルプル

璃奈「多分そう。最近ネットの記事(J)で見たから分かる」タイムリー

かすみ「い、いやいやw なんで彼方先輩そんなものww」

しずく「勘違いして買って、そのまま使い続けてるとか?」フフ

かすみ「でもさ、彼方先輩に限ってそんなミスをねぇ」

かすみ「そもそもどうして男物なんて」チラ



24: 名無しで叶える物語 2021/02/10(水) 00:05:59.06 ID:4VQEJosN.net

かすみ「ーーーーぷっ」

しずく「なに、どうしたのかすみさん笑」

かすみ「見て、店員さんマスクガン見してる……w」

しずく「あ、ふふ」

かすみ「店員さん目くぎづけだよww」

璃奈「わたあめか、羊か」

しずく「ブフッ、」

かすみ「まだそれ言ってんのww」

しずく「しっ! し、しずwかにっ。聞こえちゃうよww」

璃奈「しずくだけに?」

かすみ「っお、ぶふw ぶふぉww」

しずく「わ、笑えないw って!w」

彼方「……」ニコニコ



30: 名無しで叶える物語 2021/02/10(水) 00:12:10.04 ID:4VQEJosN.net

ーーーーーーーー

愛「ーーーーでさあ、雨天だけにちょうテンサゲだったのよ」スタスタ

エマ「へ~、てんさげだったんだー」スタスタ

エマ「……あれ? あそこにいるの、彼方ちゃんたちだよ!」

愛「へ? あ、ほんとだ。一年生と一緒なんて珍しい組み合わせだね」

エマ「レストランでランチしてるよ。美味しそう」グゥー

愛「もう、さっき食べたばっかじゃん笑 お会計行くみたいだし、ここで待ってよーよ」

エマ「うん、そうだね」



31: 名無しで叶える物語 2021/02/10(水) 00:14:29.98 ID:4VQEJosN.net

ーーーーーーーー

かすみ「かすみん新しいコスメが欲しいんですけどぉ、彼方先輩は普段どんなの使ってますか?」

彼方「彼方ちゃん、遥ちゃんが使ってるのを分けてもらってるんだ~。なんてやつだったっけかな……」ウーン

彼方「……ごめんね、かすみちゃん。私こういうのに疎くて」

彼方「でもでも、見れば分かると思うから。安心してよ~」

かすみ「いえいえ、大丈夫ですよ! 彼方先輩、お肌すっごく綺麗だから気になってっ」

彼方「え、そ、そうかな~///」テレテレ

しずく「わたし、彼方さんとお揃いで揃えたいです」ズイ

璃奈「私も」

かすみ「抜け駆けずるい!かすみんも彼方先輩とお揃いのやつ買うもん!」

\ギャーギャー/

彼方「え、ええ~?」



32: 名無しで叶える物語 2021/02/10(水) 00:20:06.89 ID:4VQEJosN.net

愛「おーい!」フリフリ

彼方「ーーーー愛ちゃん!」

かすみ「愛先輩!? エマ先輩も、なぜここに!?」

愛「なぜって、普通に買い物だよ。でも珍しい組み合わせだねー」

彼方「しずくちゃんたちに誘われたんだ~。愛ちゃんたちは? 二人でお買い物?」

エマ「ううん。果林ちゃんがね、読者モデルのお仕事先で映画のチケットを3枚貰ったから観に来たの」

愛「そ。で、映画まで時間あるからショッピングしてたら、カナちゃんたちを見かけたんだ」



33: 名無しで叶える物語 2021/02/10(水) 00:25:40.29 ID:4VQEJosN.net

エマ「愛ちゃん前に観たいって言ってたもんね」

愛「うんうん。ほんとカリンには感謝してるよ」

璃奈「あれ、果林さんは?」

かすみ「おトイレですか?」

エマ「えっとね、それはーーーー」

『ピンポンパンポーン』

『本日もご来店頂きまして誠にありがとうございます。ご来店中のお客様に、お連れ様のお呼び出しをお知らせ致します。
虹ヶ咲学園三年 エマ ヴェルデ様
     二年    宮下 愛様
お連れ様が一階サービスカウンター前にてお待ちです。至急、サービスカウンターまでお越し下さい。繰り返し~』

エマ「あ、果林ちゃん」

かすみ「何やってるんですか果林先輩……」

エマ「迎えに行かないとね」アハハ



34: 名無しで叶える物語 2021/02/10(水) 00:31:57.51 ID:4VQEJosN.net

しずく「わたしたちも一階に用があるので、途中までお供しますよ」

彼方「だね~。果林ちゃんにも会いたいし」

愛「何だか悪いね。付き合わせちゃって」

璃奈「そんなことない。愛さんに会えて嬉しい」

愛「りなりー、愛さんも嬉しいぞー!」ダキッ

エマ「じゃ、行こっか」フフ

ーーーーーーーー

一階 -サービスカウンター前-

果林「もう。探したじゃない」

愛「それはこっちのセリフだよ」

彼方「果林ちゃん~」ヤッホ



35: 名無しで叶える物語 2021/02/10(水) 00:41:21.29 ID:4VQEJosN.net

果林「……あら? 見間違いしら」クシクシ

エマ「幻じゃないよ。さっき会ったんだー」

果林「そうなの。偶然ね」

かすみ「それより~、果林先輩迷子ですかぁ?」ニシシ

果林「違うわ。この二人がはぐれたのよ」ムッ

しずく「えぇ……」

果林「……あら、彼方。随分個性的なマスクね」

彼方「……ぅえ!? そ、そうかな?」ビク

璃奈「?」

果林「かわいいわよ。でも、羊じゃなくてパンダだったら100点だったわ」フフン



37: 名無しで叶える物語 2021/02/10(水) 00:53:41.14 ID:4VQEJosN.net

愛「それ愛さんも気になってた! 自作だよね?」

エマ「でも、サイズが合ってないかも。鼻が見えちゃってるよ」

彼方「う、うん。ごめんね、迷惑だよね」シュン

しずく「え?」

彼方「あ、あはは。鼻見えちゃってたら予防の意味ないもん。それにお、可笑しいよね」

かすみ「先輩……?」

愛「? よく分からないけど、愛さん替えのマスク持ってるから使う?」

彼方「……ヤッパリ」

エマ「彼方ちゃん?」

彼方「……みんなも、そんなこと思ってるんだ」

果林「彼方?」



40: 名無しで叶える物語 2021/02/10(水) 01:00:37.33 ID:4VQEJosN.net

かすみ「あ、ああ! マスクですか、そうですね! 店員さんも笑ってましたよっ。彼方先輩のかわいいお鼻が顔を覗かせ……」

璃奈(あ、バカ)

彼方「へえ、そうなんだ……ぁ、っうぇ、ぐすっ」

「「「!?!?」」」

しずく「か、彼方さん!?」

彼方「っ、うぇ、ひぐぅ……彼方ちゃん知ってたもん!! さんにん、んがっう、ううらで彼方っちゃん、のぉ! わる、わるぐっ、ちいっでるのぉおお!!」ビエェエエン‼

しずかす璃「!!?」ドキィ

エマ「ーーーーは?(低音)」

エマ「……ねえ、しずくちゃん」

しずく「ハイ」

エマ「かすみちゃん」

かすみ「フェエ…」

エマ「璃奈ちゃん?」

璃奈「アワワワ」

エマ「説明、してくれる?(重低音)」ゴゴゴ

愛、果林(こっわ)



50: 名無しで叶える物語 2021/02/10(水) 01:11:39.61 ID:4VQEJosN.net

ーーーーーーーー

愛「ふーん、で悪気はなかったんだね」

かすみ「そうですよぉ!! ちょっと笑っちゃっただけですっ」ボロボロ

しずく「はい。ついエスカレートしてしまって……彼方さんを傷付けるつもりは微塵もありませんでした」ボロ

璃奈「本当にごめんなさい」ペコリ

エマ「そっかぁ」

彼方「ふぇええーん」グズグズ

果林「よしよし。もう泣かないの」

彼方「だっでぇ! こ、こっこのマスグぅ……っぐ、は、は遥ちゃんがっ、つぐっでぐれだの!!」

愛(あちゃー……)



55: 名無しで叶える物語 2021/02/10(水) 01:22:30.08 ID:4VQEJosN.net

彼方「おざいぶだっでっ! は、遥ちゃんが前にがってぎでぐれたの!! かなだちゃんの大切なものなのぉお!!」ビェエエエン‼

エマ「……」

かすみ「あ、あ、あ」ガクガク

璃奈(璃奈ちゃんボード『やっちまった』)ブルブル

しずく(……やばい)ビクビク

愛「あらら。詳しくは知らないけど、調子乗りすぎちゃった?」

果林「そ、その、ね? 周囲の目もあるから、場所変えない? え、エマ……」

エマ「うん。そうだね」ナデナデ

彼方「うぅ……っひぐぅ」



59: 名無しで叶える物語 2021/02/10(水) 01:41:24.66 ID:4VQEJosN.net

ーーーーーーーー

かすみ「彼方先輩ごめんなさぁいい!!」ドゲザァ

かすみ「ちょっとした悪ノリみたいなもんなんです、ほら、あの女子高生のノリ? ですかね??」

彼方「……ほんと?」グス

かすみ「はい! 彼方先輩を悪くいうなんて万が一にもあり得ませんよ!! ね、りな子、しず子!」

しずく「かすみさん……」ポン

しずく「あの、わたしの彼方さんを悪く言わないでもらえますか?」シレ

かすみ「は?」

璃奈「なんだこいつ」

しずく「だいたい最初はかすみさんじゃん! 璃奈さんもそれに便乗するから、わたしまで巻き込まれることになったの!!」

しずく「あー! 折角、彼方さんとデートだから張り切ってオシャレしてきたのに、二人のせいで台無しだよ!」オヨヨ-!

かすみ「あぁあ!? かすみんだって彼方先輩とデート出来るって楽しみにしてたんだから!お互い様でしょぉお!?」

璃奈「彼方さんとお揃いの物、買いたかった。璃奈ちゃんボード『自業自得』」ギロ

\ギャイギャイ/



62: 名無しで叶える物語 2021/02/10(水) 02:10:25.81 ID:4VQEJosN.net

愛「うわー、これはひどい」ヒキ

エマ「はぁ、三人とも」

しずかす璃「」ビクッ‼

エマ「彼方ちゃんが困ってるよ」

彼方「……?、?」オロオロ

果林「泣いていいのか怒っていいのか、分からないって顔ね」

果林「安心していいと思うわ。三人とも、彼方が大好きだから誘ったのよ」

愛「そうそう。前にカナっちと仲良くなりたいって、話してたし」

彼方「そうなの……?」

かすみ「はいっ。彼方先輩のこともっと知りたいんです!」

しずく「わたしも、彼方さんと一緒にいたいです!」

璃奈「彼方さん、すき」

彼方「っ、ほんとにほんと?」



68: 名無しで叶える物語 2021/02/10(水) 02:37:45.06 ID:4VQEJosN.net

かすみ「本当に本当です!ああ、もう行きますよ!」ガシッ

彼方「ふぇ?」

しずく「彼方さんには、今日一日わたしたちとのデートに付き合ってもらいます!」

璃奈「デートプランは考えてある」キラ

かすみ「かすみんたちがどれだけ本気か見せてあげますから!」グイ

彼方「え、あ、その……ぅん///」コク

かすみ「エマ先輩、お説教なら今度受けますからー!」タッタッタ

しずく「お手柔らかにお願いします!」タッタッ

璃奈「愛さん、またね」スタタ-

彼方「あ、え、エマちゃん、愛ちゃん、果林ちゃーん、また学校でねー!」



69: 名無しで叶える物語 2021/02/10(水) 02:40:40.73 ID:4VQEJosN.net

・・・

果林「行っちゃったわね」

愛「あの様子なら大丈夫、かな?」

愛(ゆうゆたちに連絡しなくても良さそうだね)

エマ「……うん。だといいけど」

果林「エマは心配し過ぎよ。それより」

愛「アタシたちとのデート、まだ終わってないよ?」ニッ

エマ「ふふ。そうだね」

行こっか!
映画の後はどうするの?
もんじゃー!

キャッキャウフフ



71: 名無しで叶える物語 2021/02/10(水) 02:44:21.67 ID:4VQEJosN.net

ーーーーーーーー

かすみ「かすみんもお気に入りのこの服、彼方先輩なら似合いますよ!」バーン

しずく「このネックレス、値段もお手頃ですし、わたしとお揃いでどうですか?」シャラン

璃奈「彼方さん、コッペパン食べよう。一緒に」クイ

彼方「あわわ、みんな落ち着いてよ~! 彼方ちゃん、今手持ちそんなにないからほどほどにね……?」アタフタ

しずく「それなら、今度こそわたしたちに奢らせてください!」

璃奈「許してもらおうなんて考えてないけど、私たちの気持ち、受け取って欲しい」

彼方「ええ! 悪いよっ。そ、それにもう怒ってないからぁ!」

かすみ「遠慮しないでください!」グイグイ

彼方「うう、」

彼方「遥ちゃーん! 助けてー!!」ウワーン!

お し ま い



73: 名無しで叶える物語 2021/02/10(水) 02:46:25.78 ID:4VQEJosN.net

お付き合い頂きありがとうございました。批判歓迎ですが、スレタイに深い意味はありません。
今度はどっちかに振り切ったSS書こうと思います。
おやすみ


元スレ
彼方「ハブピだよ~」プンプン