SS速報VIP:文香「あの泥棒猫……っ!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1613231308/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/02/14(日) 00:48:29.15 ID:3sD0D/Yh0

アイドルマスターシンデレラガールズのSSです。

短め、書き溜めありです。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1613231308




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/02/14(日) 00:49:10.14 ID:3sD0D/Yh0

ありす「マキノさん聞きましたよ!!!」

マキノ「あらありすちゃん、聞いたって…何の事かしら?」

ありす「ちょっと前にまたプロデューサー(以下P)さんを魅了したと聞きました!」

マキノ「ちょっと前…ごめんなさい、ちょっと記憶に無いわ」

ありす「とぼけなくても良いですよ、当人から聞いたんですから!」




3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/02/14(日) 00:49:37.80 ID:3sD0D/Yh0

マキノ「…一体何を聞いたのかしら」

ありす「前のオフにPさんと一緒にデー」

マキノ「買い物」

ありす「デー」

マキノ「ショッピング」

ありす「デ」

マキノ「なんてことのない買いだしよ」

ありす「……お買い物に行ったとき、休憩に入った喫茶店で」

マキノ「OK、分かったわ、もう言わないでいいわよ」




4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/02/14(日) 00:50:10.31 ID:3sD0D/Yh0

ありす「そうですか?それでもその時パフェを」

マキノ「言わなくていいの!」

ありす「……そうですか?」

マキノ「それよりも、ごめんなさいねありすちゃん、私ちょっと用事が出来たの」

ありす「あっ、何かの諜報活動ですか!?」キラキラ

マキノ「……そうね、ちょっとどうしようもなく軽い口を持った人にお仕置きを、ね」

ありす「なんだかよく分かりませんけどカッコイイです!」




5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/02/14(日) 00:50:50.20 ID:3sD0D/Yh0

マキノ「そう…それじゃあね、ありすちゃん」

ありす「はい、いってらっしゃい!」

(ガチャッ……バタン)

ありす「はぁ~……マキノさんはやっぱり格好いいです……あ、私もレッスンに行かないと」トテトテ



……

………

文香「……………………」ギリリ




6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/02/14(日) 00:51:29.37 ID:3sD0D/Yh0

芳乃「文香さんー、歯ぎしりはおやめになったほうが良いかとー」

文香(ビクッ)

文香「あ……芳乃ちゃん……それと肇さん……?」

肇「ええ、こんにちは」

文香「はい……こんにちは……」

芳乃「ねーねー、文香さんー」チョイチョイ

文香「えっ……どうしたんですか、芳乃ちゃん?」




7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/02/14(日) 00:52:05.39 ID:3sD0D/Yh0

芳乃「わたくし、肇さんと同い年なのでしてー」

文香「えっ……?」

芳乃「なにゆえ肇さんは『さん』で、わたくしは『ちゃん』なのでしてー?」ゴゴゴゴゴ

文香「えっ、えっ……?」オロオロ

肇「はいはい芳乃さんステイ、ですよ」ピシャン

芳乃「むー!むー!」

肇「あら、膨れちゃって可愛いですね」ツンツン





8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/02/14(日) 00:52:39.91 ID:3sD0D/Yh0

文香「あの……それで、お二人はどうされたのでしょうか……?」

芳乃「それはこちらの台詞でしてー」

文香「えっ……?」

肇「ありすちゃんと話しているマキノさんを見る目です、尋常ではありませんでしたよ」

芳乃「思わず祓ってしまいそうになりましてー」

文香「……そんな目をしていましたか?」

肇「はい」

芳乃「若干瘴気が出てましてー」




9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/02/14(日) 00:53:23.81 ID:3sD0D/Yh0

文香「そん…なに…ですか?」

芳乃「はいー」

肇「文香さん、何かあったのですか?」

文香「その……お恥ずかしい話なのですが……恐らく、嫉妬していたのだと思います」

芳乃「ほほー」

文香「以前のありすちゃんはキラキラした憧れの視線を私に向けてくれていたんです、それなのに今は……」

肇「あ~…確かに、今のありすちゃんはよくマキノさんや泉さんと一緒に居ますね」

文香「ああ……どうしてこんなことに……」




10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/02/14(日) 00:54:03.75 ID:3sD0D/Yh0

肇「文香さんとマキノさん達ですとありすちゃんの目指す所では知的な女性という所で同一ですけど、向こうは機械に強いですし、デジタルっ子のありすちゃんにはより理想に近いということでしょうか」

文香「ひぐっ…!」

芳乃「肇さんー、トドメをさしにいってはいけませぬー」ペチペチ

肇「はっ…!?ふ、文香さん、そういう意味では…」

文香「いえ……きっとそれが真実なのでしょう……私のように知識を溜め込むしか能のない女よりも、マキノさんのような進歩的な女性の方がより良いということなのでしょう……」グスッ

芳乃「文香さんー、自分を卑下してはいけませぬよー」

文香「ううっ……ありすちゃん……」

肇「重症ですね…」




11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/02/14(日) 00:54:34.55 ID:3sD0D/Yh0

芳乃「……これはもう当人に直接聞いた方が早いのでしてー」

文香「えっ?」

肇「そうですね、寮に連行で良いでしょうか」

芳乃「構いませぬー」

文香「ちょっと待っ……」

はじよし「まちませーん♪」ガシッ

ありす「……で、ここに至ると?」




12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/02/14(日) 00:55:00.14 ID:3sD0D/Yh0

文香「はい……」

ありす「まったく……このパッション水明は……」

肇「でもありすちゃん、こういうのは変にこじれる前に腹を割って話し合った方が良いと思うんです」

ありす「藤原さん……」

芳乃「然りー、素直に話せぬのであればなおの事、ちょっと強引にでも進めちまうのが楽……もとい吉なのでしてー」

ありす「芳乃さんはちょっと黙っててください」

芳乃「なにゆえー!?」




13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/02/14(日) 00:55:29.01 ID:3sD0D/Yh0

ありす「最近思うのですが、芳乃さんゆっくり話すからあまり見えないだけで冷静に話す内容聞いてると完全にPaですよね」

芳乃「あの者の見立ては正しかったと言わざるを得ないのでしてー」

肇「さすがPさんですよね」

ありす「はい……って!そういうことじゃなくて!」

文香「ありすちゃん」

ありす「は、はいっ!?」

文香「その……私は確かに胸を張って人前に立てるような人間ではありません、今回もありすちゃんにキラキラした目を向けられるマキノさんに醜く嫉妬をしてしまいましたし(以下略)」ダラダラ

肇「文香さん、いつもの『長々と話しているうちになんとか頭を整理しようとする癖』が出てますよ」

文香「はっ…!?」




14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/02/14(日) 00:56:16.87 ID:3sD0D/Yh0

芳乃「こういう時は難しいことを考えずに素直な気持ちでぶつかるのみでしてー」

文香「はい……ありすちゃん、私はもう……あなたの憧れではありませんか……?」

ありす「えっ……いや、文香さんはなんというか……」

文香「あっなんでもないんですほんとうにすみませんかえります」

芳乃「お待ちなされー」グイッ

肇「即逃げの手を打たないでありすちゃんの話を聞きましょう?」グイッ

文香「ハ・・・ハイ」

ありす「……実際、文香さんって割と私生活だらしないですし、何かあると妙に打たれ弱いですし、女の子としての一般常識も結構欠如してますよね」

文香「」

肇「ふ、文香さん!?」

芳乃「白目むいてましてー」




15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/02/14(日) 00:56:42.57 ID:3sD0D/Yh0

ありす「でも」

文香「でも…?」

ありす「そんな所も含めて素敵な方だと思いますし……何より、文香さん憧れというかもうお姉ちゃんみたいに思えてまして……」

文香「お姉ちゃん……」

肇「あら^~」

芳乃「ほ^~」

ありす「ご、ご迷惑ですよねいきなり姉のように思っているだなんて言われてもぎゅっ」

文香「ありすちゃん……っ!」

ありす「ふ、文香さん…!?」

文香「迷惑だなんてありません、むしろ……色々至らないところのある私をそう思ってくれていたことが……とても嬉しいです」

ありす「文香さん……」




16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/02/14(日) 00:57:09.22 ID:3sD0D/Yh0

肇「一件落着のようですね」

芳乃「仲良きことは良きことでしてー」

文香「お二人とも……ご面倒をおかけしました……」

肇「いえいえ、それでは、お邪魔虫はそろそろお暇しましょうか」

芳乃「後は若いお二人にお任せでしてー」

ありす「よ、芳乃さん!」

肇「芳乃さん、私達『も』二人でラブラブしましょうね~」

芳乃「でしてー♪」

ありす「ラブッ……!?」




17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/02/14(日) 00:57:36.02 ID:3sD0D/Yh0

文香「ふふっ」

ありす「文香さんも何笑ってるんですか!反論してください!」

肇「姉妹愛は美しいですね」

芳乃「式には呼んでくださいませー」

ありす「何の式ですか!!!パッション水明はもう帰ってください!!!」

はじよし「はーい♪」



……

………

P「で……俺はいつまで正座をしていれば良いんでしょうか」




18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/02/14(日) 00:58:28.59 ID:3sD0D/Yh0

マキノ「発言を許可した覚えは無いんだけど?」

P「うひぃ……」

マキノ「まったく……嬉しかったからといって私のその……可愛かったポイントを周囲に吹聴して回るのはやめてくれないかしら」

P「はい……スンマセン」

マキノ「それで、吹聴したのはあれだけかしら?」

P「はい……そんだけのハズです」

(カチャッ)

楓「あら、取り込み中でした?」




19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/02/14(日) 00:58:56.81 ID:3sD0D/Yh0

楓「そうですか、それでは出直し……あっ、そうだマキノちゃん」

マキノ「何かしら?」

楓「クマさんパンツはそろそろ卒業しないと、いざという時にクマったことになっちゃうと思うわ」

マキノ「」

P「」

楓「それでは~♪」

(バタン)

マキノ「」ギギギギ

P「」目ソラシー

マキノ「まったく……度し難いな!!!」



20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/02/14(日) 00:59:25.41 ID:3sD0D/Yh0

おわりです。

お付き合いいただきありがとうございました。


元スレ
SS速報VIP:文香「あの泥棒猫……っ!」