1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/19(水) 10:26:23 ID:PGr5OoDU

ミーナ「抜けなくなっちゃった……」

ミーナ「食糧庫を囲んでいる壁の下の方に穴が空いていたから……」

ミーナ「ちょっと出来心で通ろうとしたけど……」

ミーナ「まさかお尻がつっかえちゃうなんて……」

ミーナ「もう一時間近くはまったままだし……」

ミーナ「一生このままなのかしら……」シクシク

ライナー「何だこれ?壁から尻がはえてるぞ」

ミーナ「!」



3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/19(水) 10:32:53 ID:PGr5OoDU

ミーナ「ら、ライナー!助けて!」バタバタ

ライナー「その声は……ミーナか?」

ミーナ「そうよ!はまって抜けなくなっちゃったの!そっちから足を引っ張って!」

ライナー「何でそうなったのかは知らんが、とりあえず助けてやろう」ガシッ

ベルトルト「うんとこしょ、どっこいしょ。ライナーはミーナを引き抜こうとしました」

ベルトルト「だけどミーナのお尻が大きくて抜けませんでした」

ライナー「代わりにミーナの靴が脱げたぞ」

*ライナーは「ミーナのくつ」をてにいれた



4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/19(水) 10:36:57 ID:PGr5OoDU

ミーナ「ちょっとお!ふざけないでよ!」

ライナー「別にふざけているつもりはないが……これは予想以上に骨が折れそうだ」

ライナー「ベルトルト、ちょっと休憩するから代わってくれ」スッ

ベルトルト「わかった」ガシッ

ライナー「うんとこしょ、どっこいしょ。ベルトルトはミーナを引き抜こうとしました」

ライナー「それでもミーナは抜けません」

ベルトルト「代わりに靴下が脱げたよ」

*ベルトルトは「ミーナのくつした」をてにいれた



6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/19(水) 10:43:25 ID:PGr5OoDU

ミーナ「もう!絶対ふざけてるでしょ!」バタバタ

ベルトルト「ちょっ、痛っ!」

エレン「おう、二人とも」

アルミン「何をやっているんだい?」


ライナー「おう、ミーナが穴にはまって抜けなくなったらしいから引っ張ってるんだ」

ミーナ「アルミン!そいつらはぜんっぜん役にたたなかったわ!あなたが代わりにやって!」

アルミン「僕がかい?ライナーたちよりも全然力はないよ」

ミーナ「身ぐるみはがされるよりはマシよ!」



8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/19(水) 10:51:55 ID:PGr5OoDU

アルミン「わかったよ」カチャカチャ

ミーナ「……ちょっと、何をしてるの?」

アルミン「ミーナのベルトを外してるんだ」カチャカチャ

ミーナ「何で?意味わかんないんだけど?」

アルミン「足首を持って引っ張ると痛めるかもしれないからね。ズボン腰の部分を引っ張るんだ」スルッ

ミーナ「百歩譲ってズボンの腰をつかむのはいいわ。何でベルト外す必要があるの?」

アルミン「僕、ベルトアレルギーなんだ。じゃあ行くよ」ガシッ

ミーナ「適当なこと言わないでよ!もし引っ張ったらぶっ飛ばす……あっ!」ズルッ



11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/19(水) 10:58:55 ID:PGr5OoDU

エレン「うんとこしょ、どっこいしょ。アルミンはミーナを引き抜こうとしました」

エレン「それでもミーナは抜けません」

アルミン「代わりにズボンが脱げたよ」

*アルミンは「ミーナのズボン」をてにいれた

ミーナ「うがー!うがー!」バタバタ

ライナー「いい尻してるな……」

ベルトルト「白か……オーソドックスゆえに素晴らしいね」

エレン「いいこと思いついた」スッ

エレン「Tバック」ギュー

どっ わはは

ミーナ「うがー!うがー!」バタバタ



12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/19(水) 11:03:45 ID:PGr5OoDU

エレン「よし、次は俺の番だ」

ミーナ「もういいから!ミカサたちを呼んできて!」バタバタ

エレン「安心しろ。ちゃんと引き抜いてやるから」ガシッ

ミーナ「ちょっ……そこパンツ!パンツ駄目!」バタバタ

アルミン「うんとこしょ、どっこいしょ。エレンはミーナを引き抜こうとしました」

アルミン「それでもパンツは脱げません」

ミーナ「始めから脱がす気まんまんじゃないのよ!!」ギュー



14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/19(水) 11:13:05 ID:PGr5OoDU

エレン「おかしいな、途中で引っかかって……は!」

ベルトルト「こ……これは!」

ライナー「尻の肉に全力をこめてパンツの食い込みを挟んでやがる……」

ミーナ「うー……」ギュー

エレン「くっ……さっきのTバックがあだになっちまったか……」

エレン「だが、俺は諦めん!絶対にパンツを手に入れてやる!」グイッ

ミーナ「うー……!」ギュー

エレン「うおおおお……!」グイグイ

ミーナ「ううー……!!」ギュー

パンっ!

ミーナ「うああああっ!尻がつったー!」バタバタ

*エレンは「ミーナのパンツ」をてにいれた

ミーナ「痛いー!痛いよー!」バタバタ



17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/19(水) 11:27:31 ID:PGr5OoDU

ライナー「おーし、それじゃあみんなでミーナを引っ張るぞー」ガシッ

エレアルベル「おっけー」ガシッ

ズルズルズル

ミーナ「えーん……えーん……」ポロポロ

四人に身ぐるみをはがされて下半身まるだしのミーナは号泣しました。

しかし、四人はお構いなしに自分の戦利品を自慢しました。

ライナー「この靴は、他の女の子よりも足がデカいのを気にしているミーナの靴だ。見ろ、俺の靴とサイズが一緒だ」

ベルトルト「この靴下は、訓練をするようになってから足の臭いを気にしているミーナの靴下だ。さっきまで訓練をしていたから少し汗臭いよ」

アルミン「このズボンは、厳しい訓練をしているのに、休みの日はサシャと食べ歩きをしているからお腹周りがゆるいミーナのズボンだ。僕のズボンよりも腰周りが大きいよ」

エレン「このパンツは、ミーナのパンツだ。何も言わずともその価値はわかるよな」



18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/19(水) 11:39:13 ID:PGr5OoDU

四人は、自分の物が一番だと言って譲りませんでした。

また、他の三人が持っている物を全部欲しがりました。

ライナー「よこせ、それは俺の物だ」

ベルトルト「いやいや、僕の物だ」

アルミン「僕の物だよ」

エレン「よこせ」

四人の喧嘩は次第に激しくなり、やがて自分の戦利品を投げ捨てると相手につかみかかりました。

ミーナは自分の物が投げ捨てられていることに気づくと、コッソリと取り返してその場を去りました。

四人は立ち上がると、ライナーはエレンを、エレンはアルミンを、アルミンはベルトルトを、ベルトルトはライナーを追いかけ、木の周りをぐるぐると回りました。



25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/19(水) 12:11:11 ID:PGr5OoDU

四人は前にいる人につかみかかりました。

しかし、みんなが同じ速さで走っているので、追いつくことができませんでした。

四人は一つの円になったまま走り続けました。

やがて、その速さはだんだん速くなっていき、足が見えなくなり、全身が見えなくなりました。

それでも四人は走ることをやめられず、ついにはドロドロのバターになってしまいました。

しばらくして、そこにサシャが通りかかりました。

サシャ「おや、これは珍しいものがありますね。せっかくだから持ち帰りましょう」

サシャは懐に抱えていた数個の壺を取り出すと、バターの地面についていないところをすくって、その中に入れました。



26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/19(水) 12:21:27 ID:PGr5OoDU

サシャはうきうきとした足取りで寮に戻りました。

サシャ「ただいま戻りました」

ミーナ「お帰りなさい」

サシャ「見てください。とてもいいものが手に入りましたよ」

ミーナ「わあ、これはバターね。せっかくだから、明日の休みはこれを使いましょう」

サシャ「そうしましょう」

翌日、二人はバターを持って、パン食べ放題の店に行きました。

そして二人はバターをたっぷりとかけて、サシャは82枚、ミーナは169枚のパンをおいしく食べました。

めでたし めでたし


おわり



31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/19(水) 12:33:38 ID:PGr5OoDU

アニメでミーナが壁に叩きつけられたとき、なんかイったあとみたいな顔をしてたけどすごい色っぽかった。あれで俺はミーナは尻がデカいと確信した。

これからもちょくちょくミーナの尻SSを書きます。


元スレ
SS深夜VIP:ミーナ「おおきなしり」