4: 名無しで叶える物語 2021/02/17(水) 12:58:36.94 ID:BzHLatMg.net

侑(今日は同好会メンバーの一部と映画館へ。)

侑(大阪の大きなスクールアイドルイベントがライブビューイング上映されるとのことで観に来たんだ。)


しずく「大きなスクリーンで観るライブも凄いですねぇ」

侑「迫力あったね!大阪のスクールアイドルもレベル高いなぁ!」

璃奈「ウチも負けてない!」

歩夢「色々と勉強になって良かったよー」


侑「そういえば、夜も遅くなっちゃったけど夜ごはんみんなどうする?」

しずく「そうですねぇ、私は食べてから帰りたいですけれど」

璃奈「私、ラーメン食べたい」

璃奈「行く店決めてるけど、みんなも行く?」

侑「ラーメンかぁ!いいね!私はいいよ!」

しずく「私もラーメンは好きですからぁ、もちろん同行しますぅ」

歩夢「え!?じゃあ私も!」

璃奈「じゃあ私について来て」



7: 名無しで叶える物語 2021/02/17(水) 13:05:26.27 ID:BzHLatMg.net

侑(慣れた足取りで歩く璃奈ちゃん、皆は黙々と璃奈ちゃんの後をついて行く)

侑(あれ?ここって夜の繁華街だよね・・・大丈夫かな!?)




璃奈「着いた、ここだよ」

侑「え!?真っ黄色な壁に看板!?」

侑「大食いの人がくるという有名なやつじゃん!食べたことはないけど大丈夫なの!?」

璃奈「大丈夫、基本的に量は多いけど少なくもできるから」

歩夢「え~!私食べられるか不安だなぁ」アセアセ

璃奈「それなら歩夢さんは麺半分にすればいい」

璃奈「教えてあげるから行こ?」

璃奈「今日は外待ちが無いからラッキーだよ、入ろ?」

侑(不安を抱えながら店に入ってゆく・・・)



9: 名無しで叶える物語 2021/02/17(水) 13:11:23.80 ID:BzHLatMg.net

侑(店に入るとカウンターは満席、壁沿いに何人か待っているようだった)

璃奈「私は ラーメン の食券買うから歩夢さんもこれ買って」

璃奈「侑さんもラーメンでいいでしょ?」

侑「ああうん、そうだね、それでいいよ」

璃奈「しずくちゃんは?」

しずく「私は豚ダブルにしときますぅ」


璃奈「この店は全国に30数店ある系列店の中でも食べ易いから心配しなくてもいいよ」

璃奈「もう少しすると店員さんから食券見せてと聞かれるから、歩夢さんはその時に見せながら麺半分って言ってね」

歩夢「う、うん・・」

侑「私は普通でもいいかなぁ、普通なら何も言わなくていいの?」

璃奈「うん、店員さんに食券だけ見せればいいよ」



13: 名無しで叶える物語 2021/02/17(水) 13:17:15.52 ID:BzHLatMg.net

侑(璃奈ちゃんが言う通りに事が進み、何分か待ったのちにカウンター席に通された)

璃奈「麺が茹で上がったら店員さんに声掛けられるから答えて」

璃奈「みんな生ニンニクは大丈夫?」

侑「私はニンニク好き!」

璃奈「それなら侑さんは『ニンニク』と答えて」

歩夢「私ニンニクはちょっと苦手かも」アセアセ

璃奈「それなら歩夢さんは『そのまま』と言って」

璃奈「あ、食べきれないといけないから『ヤサイ少なめ』でいいかも」

歩夢「うん、わかった」オロオロ

しずく「楽しみですねぇ!」ニコニコ



16: 名無しで叶える物語 2021/02/17(水) 13:25:15.26 ID:BzHLatMg.net

侑(初めての有名ラーメン店、この待ち時間が緊張でドキドキでした)

店員「豚ダブルの方~」

しずく「ニンニク増し、アブラ、カラメでお願いしますぅ」

店員「はい、どうぞ~」

店員「次隣の方~」

璃奈「ニンニクで」

店員「はい、ニンニクね」

店員「はい、次、ニンニクいれますか?」

侑「え!?あ、は、はい!」

侑(あれ?いまので良かったのかな・・・)

店員「はい、ニンニク~」

店員「次の方~」

歩夢「はい!や、ヤサイ少なめで!」

店員「はいどうぞー」

侑(そうして皆に注文したラーメンは行き渡った)



17: 名無しで叶える物語 2021/02/17(水) 13:34:21.50 ID:BzHLatMg.net

侑(うわ!量多い!!)キョロキョロ

侑(歩夢の少ないな、私もあれで良かったのかも)

侑(璃奈ちゃんは私と同じか)

侑(え!?しずくちゃん!?そのチャーシューの量おかしくない?!)

侑(そしてその白いドロドロなに!?)


璃奈「さぁ食べて、ゆっくりしてる時間はないよ」

しずく「ズゾゾゾゾゾゾゾー」「ズズッズズッ!」

歩夢「いただきまーす」震え声

侑「いただきます!」


侑(野菜があって麺をどうやって出そう・・・野菜から食べるか)

璃奈「それでも野菜は少ない方だよ、他の店だともっと多いところとかあるから」

侑「え!?」

侑(まぁとにかく食べて行くか)

侑「ズゾゾゾゾゾ・・・」

侑(麺太いなぁ!うどんみたい!)

侑(スープもなんだろう、少し濁ってて、甘じょっはいような・・・)

侑(ニンニクもスープに合っているなぁ)

侑(うん、たしかに美味いかも)



20: 名無しで叶える物語 2021/02/17(水) 13:41:18.47 ID:BzHLatMg.net

侑(夢中で食べていたらいつの間にか半分以上食べ進んでいた)


しずく「私食べ終えたので外で待ってますね」

しずく「ごちそうさまでしたぁ~」

店員「ありがとうございました~!」

侑(しずくちゃん、あれ全部もう食べたの!?)

璃奈「侑さん、食べ終えたら丼を上に上げて、その布巾でテーブル拭いてね、歩夢さんも」

侑「ぷは!何とか食べ切った!」

侑(歩夢も私とほぼ同時に完食)

侑(璃奈ちゃんは慣れているからか、食べるペースを私と歩夢に合わせてくれていたみたい)

侑(丼を台の上に上げてと、後テーブル拭いて・・・)

璃奈「それでいいよ」

侑・歩夢・璃奈「ごちそうさまでした!」



22: 名無しで叶える物語 2021/02/17(水) 13:44:57.11 ID:BzHLatMg.net

侑「凄かったねー!食べ切れるとは思わなかったよ」

歩夢「私はあれでいっぱいいっぱいだったな」アセアセ

侑「スープもさぁ、何ていうか、ワイルドな味で美味しかったね」

璃奈「ここはまだ味が軽めだよ、他にはもっとしょっぱいところや乳化が凄いところとかもあるから」

侑「じゃあ帰ろうか!お腹いっぱいで眠れないかも!」

しずく「おつかれさまですぅ!」



23: 名無しで叶える物語 2021/02/17(水) 13:49:46.61 ID:BzHLatMg.net

~帰宅後~

侑(今日行ったラーメン美味しかったなぁ・・・)

侑(ネットで見てみるか・・・)

カタカタ タンッ

侑(うわ!都内だけでもこんなにあるんだ!)

侑(んー、うちの近所にはないか、さすがに)

侑(ほかには関東各地と、京都?札幌?新潟?)

侑(すごいなぁ!全国的な店なんだね!)

侑(璃奈ちゃんが言ってたけど、他の店は味が量が色々ちがうみたいだね・・・)

ゴクリ



26: 名無しで叶える物語 2021/02/17(水) 13:56:04.23 ID:BzHLatMg.net

侑(璃奈ちゃんにLINEしよっと)

侑[璃奈ちゃん今日はありがとう、ラーメン美味しかったよ]

ピロン

璃奈[気に入ってくれたならよかった、また今度みんなで行こう]

侑[そうだね!]っと送信!






侑(・・・・。)

侑(また食べたいよな・・皆で出掛ける機会がある時まで待てない・・・)ゴクリ

侑(でも1人で行くのこわいし・・・)



侑[璃奈ちゃん、ラーメン屋には次いついくの?]っと送信

ピロン

璃奈[次の休みにでも行こうと思う]


侑(!?)

侑[私も連れていってもらっていい?なんだかハマっちゃってさ!]っと

ピロン

璃奈「いいよ」


侑(!)(よっしゃ!)



29: 名無しで叶える物語 2021/02/17(水) 14:09:08.29 ID:BzHLatMg.net

~休日~

侑(璃奈ちゃんとラーメンを食べに行く約束をした私は待ち合わせ場所で合流し電車で移動する)

侑(具体的な行き先は聞いてないけど、璃奈ちゃんに任せて着いていくだけだ)

侑(山手線を降りて、璃奈ちゃんの後を歩いてゆく)

侑「今日は違う店に行くんだね」

璃奈「うん、さすがに初心者に多い量を続けてはキツいと思うから今日は少なめのところに行くよ」

歩夢「それならよかったぁ、私たくさん食べられるないから」ホッ

侑(あれ!?歩夢!?誘ってないのにな・・・)



31: 名無しで叶える物語 2021/02/17(水) 14:13:21.99 ID:BzHLatMg.net

侑(いつの間にか着いて来ていた歩夢はまぁ置いといて、目的地に到着)

侑(こないだとは違って古くて小さい店だ)

侑(店の外には10人くらい並んでいる、そこに私達も接続する)

璃奈「侑さんは今後もラーメン屋に行きそうだから教えておくけど、グループで行く時は全員揃ってから並ぶのがマナーだからね」

璃奈「1人だけ並んでいて、それに仲間が合流するのは御法度だから気をつけて」

侑「うん、ありがとう、気をつけるよ」



32: 名無しで叶える物語 2021/02/17(水) 14:17:39.95 ID:BzHLatMg.net

侑(少しずつ列が進んで行き、空いた席から順番に座っていくみたいだ)

侑(歩夢と璃奈ちゃんとは隣になれそうもないけど仕方ないね)

侑(次私だ、食券を買って・・・)

侑(うわ!こないだの店より安!この値段で大丈夫なの!?)

侑(そして席に着く)

侑(うわぁ~隣の人との間隔狭いなぁ・・・)

侑(食べてるとき腕ぶつかりそう・・・)



34: 名無しで叶える物語 2021/02/17(水) 14:28:05.42 ID:BzHLatMg.net

侑(カウンターの奥の厨房での作業を見ながらラーメンを待つ)

侑(年季の入った設備だなぁ・・・)

侑(そういえばさっき璃奈ちゃんが本店の次に古い店だって言ってたっけ)

侑(そうしていたら、ボソッと声が聞こえてきた)

侑(ん?私に声掛けられたのかな?)

侑「は、はい!ニンニクで」

侑(いやー気付かないところだったよ!でも予習通りに言えてよかった~)ホッ

店主「どうぞー」

侑(お、ホントに少ないな、値段に合わせた量ってわけかな)

侑(野菜もホントひとつまみだ、これなら安心して食べられるね)

侑「ズズッ!ズゾゾゾゾゾ」

侑(麺もこないだの店よりは少ないかも)

侑(これなら歩夢も食べ切れるんじゃないかなぁ)

侑(周りの様子見てると、ヤサイニンニクって言ってる人多いな)

侑(たしかにこの量なら増やして貰ってもいいのかも)

侑(璃奈ちゃんもヤサイニンニクって言ってたし)



36: 名無しで叶える物語 2021/02/17(水) 14:38:40.34 ID:BzHLatMg.net

侑「ごちそうさまでした!」

侑(丼を上げて、テーブルを拭いてっと)


璃奈「今日の店はどうだった?こないだの店よりは楽だったでしょ?」

侑「そうだね、食べ易い量だったよ」

歩夢「私はちょっとキツかったな、少し残しちゃったよ」アセアセ

璃奈「小は食べきれないときは残しても大丈夫だよ」

璃奈「でも、大ラーメンや増した野菜を残すのはダメだからね、気をつけて」

璃奈「自分がある程度早く食べ切れる量だけ食べるのがマナーだから」

璃奈「あそび半分でマシマシ言うのは最低な行為」

璃奈「何年か前に某店主が大マシマシを頼んで残した客の苦言をツイートしたら炎上したことがあったけれど、あれは店主が叩かれたけど悪いのは遊び半分で頼んだ客だからね」

璃奈「ホント気をつけてほしい」

侑「そうなんだ、教えてくれてありがとう」



41: 名無しで叶える物語 2021/02/17(水) 15:33:23.39 ID:J5gH3qIp.net

~帰宅後~

侑(うん、今日食べたラーメンも美味しかった。同じラーメン店でも店によって違うというのは面白いね)

侑(璃奈ちゃんもその違いを楽しむ為に各店食べ歩きを趣味にしている人も多いって言ってたっけ)

侑(それと、結構ルールとかもあるみたいだったなぁ)

侑(ちょっと調べてみるか)

カタカタ タンッ

侑(うわぁ~色々書いてあるね)

侑(前回と今回で璃奈ちゃんが言っていたような事も書いてあるね)

侑(行列の代表待ち禁止・・璃奈ちゃんも言ってた)

侑(ほかの客から注意受けたりすることもあるんだね、それは恥ずかしいなぁ)

侑(並んでいる時は一列に並んで騒がない・・・これは当たり前だよね)

侑(食べ終えたら仲間が食べていても退席する・・・そういえば、しずくちゃんは食べたら外で待ってるって言って出て行ってたよね)

侑(食べ切れない量は頼まない・・・これは璃奈ちゃんも言ってた。食べ物で遊んじゃだめだよね)




侑(行列のできる人気有名店だと色々あるんだね)

侑(人には迷惑掛けたくないよなぁ)



51: 名無しで叶える物語 2021/02/17(水) 16:06:06.92 ID:BzHLatMg.net

侑(うーん、また食べたいなぁ・・・)

侑(なんていうか、やみつきになるラーメンだ・・・)

侑(ここまでハマったのはスクールアイドルにハマった時以来かもしれない・・・)

侑(んー、行きたいけどまだ1人ではこわいなぁ・・・。また璃奈ちゃんに頼むのも迷惑かなぁ・・」

侑「そうだ、しずくちゃんも凄くこなれたような様子で食べてたっけ!もしかして上級者!?」

侑(しずくちゃん誘ってみようかな)

侑[こないだのラーメン美味しかったね、しずくちゃん常連なの?]っと送信


ピロン

しずく[はい、私は地元の鎌倉にある店がホームですが、たまに都内に遠征したりもするんですよ]

侑(お、返信きた)

侑[そうなんだ、私もハマっちゃってさ、今度一緒に行かない?]送信っ!

ピロン

しずく[いいですよ。喜んでご一緒します。詳細は後日]

侑(よし!やった!またラーメン食べられるぞ!嬉しいなぁ!)



54: 名無しで叶える物語 2021/02/17(水) 16:20:30.37 ID:BzHLatMg.net

~数日後の土曜~

侑(この日は土曜、いつもだと同好会の練習の予定を組むところだが私としずくちゃんは適当な用事を言って休んだのだ)

侑(さすがにラーメン食べに行くとは言いづらい・・・)


侑「しずくちゃーん!待ったー?」タッタッタッタ

しずく「侑先輩!私も今来たところですぅ」

しずく「じゃあ行きましょうか?」

侑「しずくちゃん、こんなに朝早くてどうするの?どこかで時間潰してからラーメン屋にいく?」

しずく「いえ、これから伺う店は朝8時から開いているんですよ」

しずく「今頃もう並んでいるかもしれません」

侑「へぇ~、朝からラーメンとは凄いねぇ」

しずく「着きましたよ!あそこです!」

侑「うわ!建物ほそっ!」

侑「そして開店前なのに人が並んでるねぇ!」

しずく「今日はこれでも少ない方じゃないでしょうかぁ」

しずく「とりあえず並びましょうかぁ」

侑「うn

?「侑ちゃん!しずくちゃん!奇遇だね?ラーメン食べにきたの?私もだよ?」

侑「ええ!歩夢!?練習どうしたの!?」

歩夢「今日はラーメン食べる予定だったからね」ニコッ

歩夢「せっかくだから一緒に並ぼうか?」

しずく「そうですね、ご一緒しましょう」

歩夢「しずくちゃん、なんで侑ちゃんとラーメン食べに来てるの?」

しずく「え?ああ、侑さんにお誘いを受けたんですよぉ」

歩夢「そうなんだぁ!」ピリピリ

歩夢「チッ、ドロボウネコガ」ボソッ

しずく「何かおっしゃいましたかぁ?」

歩夢「んーん、なんでもないよ!」



53: 名無しで叶える物語 2021/02/17(水) 16:08:39.72 ID:MuXbl6qt.net

しずくの口調なんとかならんのか
姫乃じゃん



56: 名無しで叶える物語 2021/02/17(水) 16:25:53.09 ID:BzHLatMg.net

>>53
差別化するためにしたのですが確かに姫乃ですね
普通にしますね



59: 名無しで叶える物語 2021/02/17(水) 16:34:06.13 ID:BzHLatMg.net

侑「建物に沿って並ぶんだね」

しずく「そうですね、歩行者の迷惑にならないようにしないといけませんね」

侑「キャリーケース転がしてる人も多いけど、全国からファンが食べに来てるのかな」

しずく「そうだと思いますよ、ここは本店ですから聖地巡礼といったところでしょうかね」

侑「へぇ~凄いねぇ!」


~数十分後~

侑「だいぶ前まで来たね。うわ!店内狭いな!よく入れるねコレ!」

しずく「この空間が好きという方も多いんですよ。雰囲気ありますもんね」


侑(前回璃奈ちゃんと行った店と同様に空いた席から順番に食券を買って座ってゆく)

侑(買った食券はカウンターの台の上に置いてっと)



60: 名無しで叶える物語 2021/02/17(水) 16:47:32.77 ID:BzHLatMg.net

侑(座っている人のうしろを無理矢理通るような感じだな)

侑(結構気をつかう・・・)

侑(あの人が総帥と呼ばれてる社長さんかな)

侑(凄くおおらかな雰囲気の人だ、そして色々とワイルドだな・・・」



助手「そちらの方~?」

侑「ニンニクで!」

侑(コール?もだんだん慣れてきたぞ)

侑(しずくちゃんは今日も色々言ってし、歩夢は食べられるのかな)

侑(うわっ!丼の側面が溢れたスープでベトベトだ!)

侑(タオル持ってきておいて正解だったな)



69: 名無しで叶える物語 2021/02/17(水) 18:08:14.01 ID:BzHLatMg.net

侑(ん?野菜が少ししっとりとしていて冷えてるな)

侑(煮てから時間が経っているのかも。こういうのも食べやすくていいね)

侑「ズゾゾゾゾゾ!ズズズッ」

侑(うん、麺が柔らかめだね。太い麺だからこういうのも食べ易くて好きだなぁ)モグモグ

侑(スープは日によっても時間帯よっても違うってしずくちゃんが言ってたなぁ)

侑(レンゲないのがつらいかも・・・)



侑「ごちそうさまでした!」




侑(しずくちゃんはまたしても早く食べ終えて外で待っていてくれた)

しずく「本店はいかがでしたか?」「食べる以外にも良い経験になりますよね」

しずく「二郎は日曜定休の店も多いです」

しずく「食べに行かれる時は調べてから行った方がいいですよ」

侑「うん、ありがとう」



70: 名無しで叶える物語 2021/02/17(水) 18:13:12.11 ID:BzHLatMg.net

~帰宅後~

侑(今回でまだ3つ目だけどホントに店によって色々違って面白いなぁ。基本的には同じ作り方のラーメンだと思うんだけどね)

侑(ふふふ、本店まで食べてしまったし、ルールにも慣れてきた・・・)

侑(私って何気にジロリアン!?)

侑(今度は1人で食べに行っちゃおっかなー・・・)

ーーーー

ーーー

ーー





74: 名無しで叶える物語 2021/02/17(水) 19:23:02.68 ID:BzHLatMg.net

あれから月日は流れた

侑はその後どっぷり二郎にハマり、時間を見つけては食べ歩く生活を送っている・・・




侑(都内で近いところとかアクセスの良いところにある二郎は大体行ったかな・・・)

侑(今回は同じ都内だけど電車を何回か乗り換えてやっと到着だ)

侑(これからの二郎食べ歩きは遠いところばかりになるから覚悟がいる・・・)

侑(バイクにでも乗れたら楽なんだろうけどなぁ・・)



76: 名無しで叶える物語 2021/02/17(水) 19:51:59.28 ID:BzHLatMg.net

侑(ふう、なんとか辿り着いたけど店はどこかな?)

侑(駅前っていうくらいだから近くだと思うんだけど・・・)

侑(あ、あった!)

侑(平日だけど開店前に数人ならんでいるんだね・・・平日が休みの人なのかな?それとも・・・)

侑(まっ、私も学校サボって来てるから何とも言えないけどね!)プププ



侑(とりあえず列に接続して・・・、お、丁度良く自販機!)

侑(二郎の大切な必需品! 黒烏龍茶 を買わないとね!)

侑(難消化性デキストリンという成分のおかげで余分な脂分を吸収せずに済むんだよ!フヒヒ)



83: 名無しで叶える物語 2021/02/17(水) 20:15:31.62 ID:BzHLatMg.net

侑(開店まであと15分かぁ、でもこの時間好きなんだよね)

侑(この後最高のラーメンが待ってると思うとトキメキがあるよね・・・)

ピロン

侑(ん?歩夢からLINE?)


歩夢[侑ちゃん、また学校サボってない?、また二郎に行ってるの?もう程々にしときなよ(>_<)]

侑(はぁ、めんどくせーなぁ。私の大好きを否定しないでくれないかなぁ)

侑(いいや、返信しなくて!)



86: 名無しで叶える物語 2021/02/17(水) 20:26:29.08 ID:BzHLatMg.net

侑(お!時間だ!シャッター開いたぞ!)

侑(ここから順番に食券を買って店内のカウンターに座っていくわけだけど、めっちゃテンション上がる瞬間だよね!)

侑(私クラスのジロリアンになると、100円玉を最低でも15枚は常備しておくのが常識)

侑(そうするとストレスなく食券買えるからね)

侑(この店は初訪問だけど、辣油トッピングがオリジナルみたいだね)

侑(お、辣油ありますの貼り紙ある!)

侑(でも、初訪問の二郎では平等に評価する必要があるから小ニンニクが私の拘り)

侑(辣油はまた今度いただくよ)



89: 名無しで叶える物語 2021/02/17(水) 20:43:53.44 ID:BzHLatMg.net

侑(カウンターに座って食券を置いてっと)

侑(あとは店主の仕事を見ながらラーメンを待つのみ!)

侑(ん?ここの店主ワンオペ!?)

侑(やるじゃん!仕事出来るねぇ~!)

侑(まあ、たまたまってこともあるか)


侑(麺上げ完了、そろそろ待ち構えるか・・・)

店主「次の方ニンニクいれますか?」

侑「ニンニク!」キリッ


侑(来た来た!ここはレンゲ無しか・・・スープも楽しみたいんだけど仕方ない)

侑(うーん、液体油の層が厚いねぇ。その下は非乳化かな)

侑(野菜は、熱々だね。浅めの茹で加減の野菜もフレッシュでいいよね)

侑「麺は、っと」

侑「ズズズ!ズゾゾゾゾゾ!」

侑「!」

侑(しょっぱ!)

侑(今まで食べた二郎の中でも一番しょっぱいかも!)

侑(ああでも、FZがキリッと効いてて美味いわコレ)

侑(たしかにこれならレンゲ要らないよね)

侑(麺は標準より少し細めでデロ気味か)

侑(私はデロ麺好きだよ)

侑(デロ麺にスープしっかり吸わせて食べるのマジ最高!)



91: 名無しで叶える物語 2021/02/17(水) 20:48:47.96 ID:BzHLatMg.net

侑(うん、ここも美味かった。やっぱ二郎は最高だよ)お口拭き拭き




侑(ふう、時間余ったな)

侑(家帰っても暇だし学校行って同好会に顔出すかな。最近行ってないしね)

侑(洗濯物溜まってたりして・・・)



101: 名無しで叶える物語 2021/02/17(水) 21:10:04.09 ID:BzHLatMg.net

~虹ヶ咲学園~

侑(朝から学校サボったのに午後から学校くるのもなんか不思議だよね)

侑(ロッカーでジャージに着替えようかな)

侑(ん?下の腰回り少しキツいような・・・)

侑(久々だから気のせいかな)

~部室~

ガチャ

侑「みんなー久しぶり!元気に練習してた?」

果林「あら、侑じゃない、随分久しぶりに見たけど何してたの?」

果林「って、あなた!ちょっと!太ったんじゃない!?」

侑「え?そうかなぁ?変わりないと思うけど」

かすみ「絶対太ってますよ!侑せんぱい!」

歩夢「・・・。」

侑「みんなに言われるとホントに太った気になっちゃうよー」アハハ



せつ菜「それにしても、しばらく何されていたんですか?学校に登校してない時もあったようですし」

侑「フッ、せつ菜ちゃん。私はね、新しい大好きを見出したんだよ」

せつ菜「え!新しい大好きですか!それは素敵です!」キラキラ

せつ菜「さすが侑さんですね!」

侑「フンッ」ドヤァ



105: 名無しで叶える物語 2021/02/17(水) 21:17:49.55 ID:BzHLatMg.net

侑「なんていうかさ、私の新しい戦場かな」キリッ

せつ菜「ええ~!かっこいいです!何ですかそれは!?」

侑「せつ菜ちゃん、ラーメン二郎って知ってるかな?」

せつ菜「はぁ、名前くらいは。山盛りのラーメンですよね」

侑「そう、それこそが私の新しい戦場」

侑「せつ菜ちゃん、その様子だと二郎食べたこと無さそうだね」

せつ菜「はい、食べてみたいですがこわくて」

侑「仕方ないなぁ!一流ジロリアンの私が案内してあげてもいいんだよ?」ニチャア

侑「私が一緒なら安心して食べられるから!」キリッ

侑「エスコートは私に任せて」ドヤァ


せつ菜「侑さんがそこまでおっしゃるならお言葉に甘えてみましょうか!」

歩夢「・・・。」

璃奈「・・・。」



106: 名無しで叶える物語 2021/02/17(水) 21:25:21.66 ID:BzHLatMg.net

~次の日曜日 待ち合わせ場所~

侑「お待たせ、せつ菜ちゃん」

侑「じゃあ行こうか!」

せつ菜「はい!よろしくお願いします!」

侑「電車でちょっと遠くまで行くから」

侑「私もその店は初めてだけど、歴戦の私がいるから心配しなくていいからね」

せつ菜「はい!ありがとうございます侑さん!」



107: 名無しで叶える物語 2021/02/17(水) 21:40:58.80 ID:BzHLatMg.net

侑(電車に揺られて遠くまで来た)

侑「あそこだね、大きな看板があるところの一階にあるはずだよ」

せつ菜「もう並んでいる方がいますね!ラーメン屋の行列に並ぶなんて私初めてです!」

侑「じゃあ私についてきて」ドヤァ

侑「ここはね、食券先買い制らしいんだ。ほら、開店前だけど入り口が開いてるからそこから入って食券を買う」

侑「私は小ラーメンを買うけど、せつ菜ちゃんはこのプチ二郎でいいかもね」

侑「あ、待って、やっぱりこのポッチというやつにしておきなよ」

せつ菜「分かりました」

侑「一度その外に出て列に並ぶよ」

せつ菜「はい!」

侑「ここはね、二郎の中でも有名な店の一つなんだ」

侑「様々な限定メニューもそうだし、何より量が多くて有名なんだよ」

侑「でもせつ菜ちゃんみたいな初心者向けのメニューもあるから安心だね」

せつ菜「はい!」



113: 名無しで叶える物語 2021/02/17(水) 21:58:55.33 ID:BzHLatMg.net

侑「お、開いたね!」

侑「順番に入って行くよ。カウンターの奥から順番に座っていくんだ」

侑「この人数だと、ギリギリ席に座れそうだね」



侑「席についたら食券をここに置いてね」

せつ菜「はい!」

侑「あとはゆっくり待とう」

侑「それと、助手さんから声掛けられたらニンニクって答えてね」

侑「ニンニクは大丈夫?」

せつ菜「はい、大丈夫です!」

ーーーー

ーーー

ーー



侑(無事に着丼)

侑(ほぅ、デフォ野菜の盛り、なかなかじゃねーか)

侑(私を挑発してるのかな?上等だぜ)

侑(スープは乳化してる。ふむ、しょっぱさ加減も悪くない)

侑(豚も割と大きめに切られてるねぇ)

侑(麺は少し硬めかな)

侑「ズゾーーーーーー!ズッズッズッ」

侑(麺量は噂通り多いね。350gオーバーはあるかな)

侑(ん?チラッ

侑(なっ!同ロットの人が続々席を立ってるだと!?)

侑(くっ!やべぇ、私はあともう少し残っている!急いで食べ終えねば!)

侑(やはりここの常連は鍛えられてるな・・・)

侑(この私を焦らせるとは・・・)アセアセ


せつ菜「私も食べ終えました」ペカー

侑「よし、じゃあ帰ろうか」

侑・せつ菜「ごちそうさまでした!」



114: 名無しで叶える物語 2021/02/17(水) 22:05:39.18 ID:BzHLatMg.net

~帰りの電車内~

侑「どうだったかな?これが私の新しい大好きだよ」

せつ菜「はい、でも、私はスクールアイドルに夢中だった頃の侑さんの方が素敵だと思います・・・」

せつ菜「それに、なんだか体型も変わられました・・」

侑(せつ菜ちゃんなら分かってくれると思ったのに・・・)

侑(みんなで私の大好きを否定して!)


その後、電車の中は無言だった・・・

ーーーー

ーーー

ーー





116: 名無しで叶える物語 2021/02/17(水) 22:14:53.36 ID:BzHLatMg.net

~ある日の虹ヶ咲~

侑(はぁ、なんだかみんな最近冷たいな)

侑(スクールアイドル同好会いるのも息苦しいし、辞めてラーメン二郎研究会立ち上げようかなぁ)

侑(璃奈ちゃんとしずくちゃんは入ってくれるよね・・・私の師匠だし)

侑(あとは誰かいないかなぁ・・・)


璃奈「侑さん!」

侑「あ!師匠!丁度探してたんだ!」

璃奈「侑さん、ちょっと夢中になりすぎて痛々しくなってるよ」

侑「!?」

侑「師匠まで!?私を否定するの!?」

璃奈「違うよ、侑さんは二郎が好き過ぎて勘違いジロリアンになってしまっているよ」

璃奈「今ならまだ戻れる、そして一流を目指そう」

侑「な、なにを!私はもう一流ジロリアンだよ!」

璃奈「侑さん、今週の日曜日、私に付き合って」

侑「??」「わかったよ」



117: 名無しで叶える物語 2021/02/17(水) 22:22:46.86 ID:BzHLatMg.net

~日曜日~

侑(とりあえずきたけど、璃奈ちゃんのマンションに集合してどうするんだろ?)

璃奈「あ、侑さん、この車乗って」

侑「え?どこいくの?」

璃奈「いいからいいから」バタン

璃奈「新幹線でもいいんだけど、たまには車もいいでしょ?」

璃奈「運転手付きでレンタカー手配したんだ」

璃奈「レンタル料については安心して欲しい」

侑「どこ行くの?」

璃奈「まぁ、楽しみにしていて欲しい」

侑(何だろう、まさか璃奈ちゃんまでダイエットしろとか言うんじゃないよね・・)

侑(山籠りして修行しろとか!?)

侑(冗談じゃない!)

侑(まぁ、なるようにしかならないか・・・)



118: 名無しで叶える物語 2021/02/17(水) 22:26:54.67 ID:BzHLatMg.net

ーーーー

ーーー

ーー



~車で数時間~

侑「ここは!?」

璃奈「白虎隊といえば大体分かるかな」

侑「まさか!?」

璃奈「そう、ここにも二郎があるんだよ」

侑「おお!さすが師匠!!最高のサプライズだよ!嬉しいなぁ!ありがとう!!」

璃奈「じゃあ行こうか」

侑「うん!」



120: 名無しで叶える物語 2021/02/17(水) 22:34:47.26 ID:BzHLatMg.net

侑(へぇ~、あるのは知ってたけど改めてこんな遠くまで来て二郎があるのは不思議な気分だ)

璃奈「何人か外待ちいるね、並ぼうか」

侑「うん」

~ほどなくして入店~

侑「食券機ここか。小ラーメンをポチっと」カランカラン

侑「って、えっ!座敷席あるよ!」

璃奈「そう、この店はグループ客用に座敷席もあるんだよ」

侑「そんな席あったら回転悪くなるじゃん!」イラッ

璃奈「いいからいいから」「まずはカウンターに座ろう」

侑「ルールは全く一緒みたいだね」キョロキョロ

璃奈「うん、そうだね」

侑「なんかさ、回転悪くない?着丼から席立つまでみんな遅すぎる気がする」ヒソヒソ イライラ

璃奈「いいからいいから」



121: 名無しで叶える物語 2021/02/17(水) 22:49:16.51 ID:BzHLatMg.net

助手「ニンニクいれますか?」

侑「ニンニク!」ドヤァ


侑「結構ボリュームあるね!」

璃奈「うん、そうだね」

侑「うわ!豚もでっか!」「これ、下手したら豚が小さめの店の倍以上あるよ!」

侑(スープも割と乳化してる。うん、美味い!)

侑「野菜も、え!?野菜うっま!!!」

璃奈「新鮮な野菜と綺麗な水がある土地柄だからこそだろうね」

侑「麺も太めで縮れてる!うわ!これも美味いなぁ!」

侑「ズズズゾゾゾゾゾッ!」

侑「ぷはぁ!あっという間に食べ切っちゃった!」


侑「でも、なんか皆んな食べるの遅くない?マナー違反だよ」

侑「食べ終わってるのに連れがいるからか席立たない人もいるし」イライラ

璃奈「この店はこれくらいは許容してくれるんだよ」

璃奈「もちろんマナーは大切だし守るのが前提だけどね」

璃奈「でも、凄く美味しかったでしょ?」

侑「うん!それはもちろん!」

璃奈「侑さんが最初は持っていたのに忘れてしまったのはそれだよ」

侑「え!?」

璃奈「二郎通になろうとして、ステータスばかり追いかけているうちに大切な事を忘れてしまった」

侑「・・・。」

璃奈「一流になったつもりだったみたいだけど、あれはにわかにありがちな恥ずかしいクズジロリアンだからね」

侑「うぅ・・・」

璃奈「初めて二郎食べた感動を思いだした?」

侑「そうだね、間違ってたよ私」

璃奈「ならやるべきことは分かるよね」

侑「うん!ありがとう璃奈ちゃん!」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
その後、侑は大切な気持ちを思いだし、くっそ恥ずかしいゴミジロリアンから脱却しましたとさ

おしまい



124: 名無しで叶える物語 2021/02/17(水) 23:03:47.93 ID:BzHLatMg.net

~エピローグ~

侑「あとはどうするの?帰る?」

璃奈「何を言っているの?ここまで来たらご当地ラーメンの雄、喜多方ラーメン食べなきゃ帰れないよ」

侑「えぇー!」

璃奈「あと3店回るからね!」

侑「師匠ぱねぇっす!」

璃奈「ラーメンは二郎だけじゃないから」

璃奈「侑さんは私から見たらまだまだにわか」

侑「ヒェー」



130: 名無しで叶える物語 2021/02/18(木) 00:20:45.55 ID:G8wj1d7x.net

~予告~

本当に大事なことに気付いた私は

も う 迷 わ な い





comingsoon ?


元スレ
璃奈「ラーメン食べたい?」侑「いいね!」歩夢「え!?じゃあ私も!」