1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/23(日) 10:06:12 ID:w2O/Xd6c

~食堂~

エレン「今日もこのスープかよぉ」

アルミン「まあ我慢して食べようよ」

ミカサ(口移しして食べさせたい)




サシャ「おいしいです!おいしいです!」がつがつ



2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/23(日) 10:08:44 ID:w2O/Xd6c

ミーナ「もっとおいしいものとか出せないのかしら~」

ユミル「まったくだ!訓練で疲れてるってのに、なあ?クリスタ」

クリスタ「う、うん、でも食べないと駄目だよ」

ユミル(結婚しよ)

ミーナ「あれ?アニ食べないの?」

アニ「・・・」

サシャ「くれるんですか!?」

アニ「いや・・・」




アニ(にんじんだ・・・)



4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/23(日) 10:11:08 ID:w2O/Xd6c

アニ(クソッ、よりにもよってにんじんかよ・・・)

ユミル「食べないとおっきくなれないぞ~?」

クリスタ「ユミル!やめて、そういうこと言うの!」

ユミル「はいぃ」

アニ(う・・・)

ミーナ「大丈夫?」

アニ「うん」ぱくっ

アニ「うっ」



5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/23(日) 10:13:49 ID:w2O/Xd6c

~食事後~

アニ(何であんな不味いものがこの世にあるのか信じられないよ、まったく・・・)

エレン「~~~・・・だよなぁ」

アルミン「そう?」

アニ(あ・・・エレンとアルミンだ)

エレン「好き嫌い多い女はどうも好きになれないよなぁ」




アニ「」



アルミン「やっぱ食べ物は大事にして欲しいよね」




アニ(・・・そ、そんなぁ)ガーン



6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/23(日) 10:16:10 ID:w2O/Xd6c

~訓練~

エレン「なあアニ、今日も体技教えてくれよ~」

アニ「い、い、いや、今日はミーナと組むから・・・」

エレン「おー、そっか!じゃあまた今度なっ」ニコッ

アニ「」きゅん

エレン「おーいライナー、組むぞー」

アニ(にんじん、食べれるように頑張ってみようかな・・・)



7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/23(日) 10:23:14 ID:w2O/Xd6c

アニ「はぁ・・・」とぼとぼ

わいわいがやがや

アニ「ん?・・・あ、男子が喋ってる・・・」

ジャン「俺以外と甘いもの嫌いじゃん?」

ライナー「知らねぇよ」

マルコ「サシャって嫌いな食べ物あんのかなぁ」

ベ「無いと思うけどなぁ・・・」

アルミン「あったらあったですごく驚くけどね」

エレン「好き嫌い多い女ってどう思う?」

ライナー「うーん、いや別にクリスタなら何でもいいが・・・」

ジャン「ミカサに嫌いなものがあったら全力で取り払うじゃん」

エレン「俺嫌いだなぁ」

教官「おーい、そこ、ダラけるな!」




アニ「」オレキライダナァオレキライダナァオレキライダナァ・・・



10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/23(日) 10:27:34 ID:w2O/Xd6c

~宿舎~

アニ「」ずーん

ユミル「なぁ、なんでアイツはあんなに落ち込んでんだ?」

サシャ「ご飯あんまり食べられなかったとか!」

ミーナ「サシャはぶれないね」くすくす

サシャ「もしそんなことあったらアニ以上に落ち込みます!!」

ミカサ「もしも、エレンに嫌われたら、私もああなると、思う・・・」

クリスタ(わっ、わたしもそうなるかも・・・)




アニ(それ正解・・・)



11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/23(日) 10:30:23 ID:w2O/Xd6c

~食堂~

エレン「一緒に食おうぜ、アニ」

アニ「・・・別にいいけど」

エレン「今日の飯、なんだったっけなぁ」

アニ「」びくっ

エレン「あ、にんじん入ってる」

アニ「」びくびくっ

エレン「にんじんって美味いよな」

アニ「」びくびくびくっ



12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/23(日) 10:32:15 ID:w2O/Xd6c

エレン「いただきまーす」

アニ「一つ聞いてもいいか?」

エレン「ん?何だ?」がつがつ

アニ「なんでまた、私を誘ったんだい?」

エレン「うーん、あいつらとはいつも食ってるしな」

アニ「・・・」

エレン「それに、アニのこととかもっと知りたいしな!」ニコッ

アニ「」きゅん



13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/23(日) 10:38:14 ID:w2O/Xd6c

アニ(これは食べなきゃ駄目なパターンじゃないか・・・)

エレン「どうした?食わないのか?」

アニ「い、いや、食べるに決まってるじゃないか」

エレン「いつも薄いスープに硬いパン・・・飽きてきたなぁ」

アニ「そういえば、アンタの一番好きな食べ物とか聞いたことなかったね」

エレン「んー、にんじんかな?」




アニ(最悪だよ・・・)



14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/23(日) 10:41:58 ID:w2O/Xd6c

エレン「じゃあアニは?」

アニ「んー・・・割と何でも好きだけど」

エレン「にしては残ってないか?にんじんとかよ・・・」

アニ「えっ!?いや、その・・・」

エレン「あ!わかったぞ・・・」

アニ(しまった・・・き、嫌われちゃう・・・)




エレン「好きなものは最後に残すやつだな!?」



16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/23(日) 10:46:30 ID:w2O/Xd6c

アニ「へっ!?そ、そうそう」

エレン「じゃあ俺は食い終わったし、お前の食ってるとこでも見てようかなあ」

アニ(う・・・)

エレン「・・・」

アニ(にんじん・・・食べなきゃ・・・)

エレン「・・・」

アニ(く・・・くそ、もう一気に行っちゃえ!)ぱくっ

エレン「お前綺麗な顔してんなぁ」

アニ「」ぶはっ

エレン「うわっ、吐くなよ!服が汚れちゃうだろうが!」



17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/23(日) 10:53:55 ID:w2O/Xd6c

アニ「ご、ごめん、変なとこに入っちまってさ」ふきふき

エレン「別にいいよ、でも好きだからってそんな焦って食うなよな」

アニ(違うのに・・・)ふきふき

エレン「あ、あとさ」

アニ「ん?なんだい?」

エレン「今日飯誘ったのは、実は用事あって、さ」

アニ「へっ?」

エレン「今日の夜、宿舎の裏来てくれよ」

アニ「?・・・別にいい、けど」

エレン「おう、ありがとう!じゃーな!」タッタッタッ




アニ「な、なんでだ?」ぽかーん



18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/23(日) 10:57:17 ID:w2O/Xd6c

~夜~

アニ(来てみたはいいけど、アイツがいない・・・)きょろきょろ

エレン「お待たせーっ」タッタッタッ

アニ「・・・遅いよ」

アニ(って、こういう事言うから嫌われるんだよ・・・)

エレン「よ、用事ってのはな、そのー」ぽりぽり

アニ(な、なんだ?まったく見当付かないんだけど・・・)

エレン「お、俺と付き合って欲しい!」



アニ「」



19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/23(日) 11:03:55 ID:w2O/Xd6c

アニ(きゅきゅきゅ、急展開すぎやしないかい!?)

エレン「な、なあ駄目か?」

アニ「・・・」

エレン「・・・」しょぼん

アニ「な、なんで私なんだい?」

エレン「好きだから、じゃ駄目か?」

アニ「う・・・そ、その好きなとこっていうかさ」

エレン「スタイルもいいし、容姿も端麗だし、髪も綺麗」



20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/23(日) 11:06:39 ID:w2O/Xd6c



アニ(はうっ)きゅん

エレン「それに、なんか、お前優しいとこあるじゃねえか」

アニ「な、ないよ」

エレン「それに話してて楽しいし」

アニ「楽しくなんか、ない」

エレン「とにかく、もう好きなんだよ!」

アニ「ぐっ」きゅん

エレン「駄目、だよな」



21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/23(日) 11:10:33 ID:w2O/Xd6c

アニ「・・・私、秘密にしてること、あって」

エレン「・・・?」

アニ「これを知ったら、絶対嫌いになる」

エレン「そんなこと・・・ねーよ」

アニ「私じゃ、アンタに似合わないよ・・・」とぼとぼ

エレン「おいっ!」がっ

アニ「あぅ」ぎゅっ

エレン「好き過ぎて、辛いんだ・・・お前のことが」



22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/23(日) 11:13:26 ID:w2O/Xd6c

アニ(~~っ!)きゅん

エレン「訓練してても飯食ってても・・・お前のことしか考えられない」

アニ(顔が、あっつい・・・)

エレン「嫌いになんてなんないから、言ってくれ」

アニ「じ、実は私・・・」




ライナー「おい!」

べ「アニ!」



23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/23(日) 11:18:15 ID:w2O/Xd6c

アニ(聞いてたのか・・・)

エレン「お、お前ら、どうした?」

ライナー「俺らはアニに用がある・・・」

べ「アニ、今エレンに言おうとしてたよね?君の、いや、僕たちの秘密を」

エレン「ちょ、ちょっと待て!おい!秘密ってなんだよ!」



アニ(あいつら、勘違いしてる・・・)



24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/23(日) 11:21:40 ID:w2O/Xd6c

アニ「ライナーとベルトルトには関係ないよっ」

ライナー「シラ切るな・・・」

べ(名前覚えてたんだ)

エレン「おい!なんだよお前ら!」

アニ「じゃあ、ここでもう秘密をバラす」

ライナー「まだ早い!」

べ「早計だ!アニ!」

アニ「すぅ・・・」




アニ「私はにんじん ライナー「やめっ!・・・え?」

べ「にんじん・・・え?」

エレン「にんじんがどうしたんだよ」



26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/23(日) 11:26:55 ID:w2O/Xd6c

ライナー(おい!ベルトルト!どういうことだ!)こそこそ

べ(いや、アニが秘密がどうのこうの言ってるの聞いたから・・・)こそこそ

ライナー(実は巨人ですって言うかと思ったらにんじんだよ!)こそこそ

べ(ぼ、僕のほうこそ早計だったよ・・・)こそこそ

ライナー「そ、その邪魔してすまなかったな!続けてくれ!はは・・・」

べ「じゃ、じゃあまた明日ね~」タッタッタッ

エレン「は、はあ?訳わかんねえ・・・」

アニ「・・・」

エレン「で、その、お前の秘密っつうのは・・・」

アニ「私、実はにんじん・・・嫌いなの」



29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/23(日) 11:30:04 ID:w2O/Xd6c

エレン「・・・ふっ」

アニ(き、嫌われたかなぁ)

エレン「はっはっはっ!」

アニ「・・・?」

エレン「なんだよ!そんなことだったのかぁ」

アニ(・・・ほっ)

エレン「なあ、そのー・・・俺と一緒にさ、克服してこうぜ!」




アニ「こっちこそ、よろしく///」



30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/23(日) 11:34:48 ID:w2O/Xd6c

~食堂~

エレン「今日もこのスープかよぉ」

アニ「まあ、仕方ないよ、食べよう」

エレン「あ!具がにんじんからピーマンになってる!」

アニ「えっ・・・」

エレン「・・・まさか・・・」

アニ「めちゃくちゃ嫌い・・・」

エレン「今日のところは食べてやるけど」

アニ「ほんとかい!」きらきら

エレン「明日からは食えよ!」

アニ「・・・う~」ズーン




エレン「アニって以外と好き嫌い多いんだな・・・」

END


元スレ
SS深夜VIP:エレン「アニって以外と好き嫌い多いんだな・・・」