SS速報VIP:和「私も変態なんです!!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1396370160/



1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/02(水) 01:36:00.81 ID:zb9Q3Ze00


優希「軽蔑されてもしょうがないと思ってるじぇ」

咲「そ、そんなことないよ。同性愛とか個人の自由だと思うし、
別に変な目で優希ちゃんを見たりもしないよ? 
部員のみんなもそう思うんじゃないかな? 
そ、それに、そのことを悪く言う人の方がよくないと思うし、
えーっと、世の中にはそういう人もたくさんいるらしいし、だから、えっと……」アセアセ

優希「ぷっ、くくく、ぷっく」

咲「へ?」

優希「ぷっはふ、はははwwww」

京太郎「咲、お前、クックク」

咲「京ちゃん! なんで、ロッカーから!? ハッ、まさか――」

まこ「そう、エイプリルフールのネタじゃ」ククク

咲「もーーー!!」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1396370160




3: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/02(水) 01:41:28.04 ID:zb9Q3Ze00


優希「いやー、咲ちゃんはホントにいい奴だじぇww」

まこ「ほうじゃのー。わしもなんか悩みがあったら咲に相談しようかのーw」

咲「もっー、からかわないでください」

まこ「いや、本当じゃ、ほんと」

京太郎「それにしても、あのテンパリ方www」

優希「咲ちゃんがあまりにも動揺するから、私も騙してて心苦しかったじぇ」

まこ「一番はじめに耐えきれなくて、吹き出した奴がなにゆっとるか」

京太郎「しかし、あの優希の大根芝居、マジで気がつかなかったのか?」

優希「なんだとーーー」

まこ「確かにあの演技はひどかったのー」

咲「どうしようとか、フォローしなきゃってことで頭がいっぱいになっちゃって。全然気がつかなかったよ」



8: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/02(水) 01:44:49.22 ID:zb9Q3Ze00

咲「こんなドッキリ誰でも引っかかるよー。こんな本まで用意してー!!」

優希「その『女の子同士の初めてのえっちQ&A』と『のどちゃんの写真』は京太郎の私物だじぇ」

咲「京ちゃんの!?」

京太郎「違う! 写真は部のアルバムから、本は河原で拾ったんだって」

まこ「そういうことにしておくかのーww」

京太郎「本当ですって」

優希「京太郎、言えば言うほど嘘くさくなるじぇ」

咲「私は、京ちゃんがどんな趣味を持ってても軽蔑したりしないよ?」

京太郎「咲、お前までもか!」

一同「wwwwwwwwww」ワイワイ



9: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/02(水) 01:48:55.91 ID:zb9Q3Ze00

ガチャ
和「すみません、遅れました」

まこ「おっ、来たか」

咲「どうしたの?」

和「今朝、少し寝違えたみたいで、病院へ行って来たんです」

咲「えっ、大丈夫なの?」

和「はい、もうだいぶましになりましたし」

優希「のどちゃんは、おっぱいが大きいから首にも負担が掛かるんだじぇ」

和「そんなことありません」

まこ「そんじゃあ、全員そろったところで、今年度の部活始めでもするかのぉ」

一同「はぁーい」





10: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/02(水) 01:53:54.75 ID:zb9Q3Ze00


和「ロン。8300」

京太郎「げぇぇぇ。また和と咲のワンツーフィニッシュかよ」

優希「京太郎、半荘四回で四回とも焼き鳥はヤバイじぇ」

京太郎「お前らがわけわかんな過ぎんだよ」

まこ「そうとも限らんぞ。例えば南一局の五萬を切ってリーチではなく、四萬を切って三萬をアンコにしておけば、三萬を引いたときカンに逃げることができたんじゃ」

京太郎「ああ、なるほど」

まこ「ほかにもーー、おっと、もうこんな時間か、今日はこのくらいにしとくかの」



11: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/02(水) 01:56:58.01 ID:zb9Q3Ze00


京太郎「いやー疲れた疲れた

優希「振り込み疲れか?

京太郎「うるせぇ」

まこ「しかし、京太郎もずいぶん成長したのぉ」

京太郎「そうですかね?」

まこ「去年はテンパイしたら即リー一辺倒だったし、当たり牌が場にすべて出てるのにリーチしたり」

京太郎「ありましたね~、そういった時代が」ハハハ



優希「咲ちゃん、咲ちゃん」ヒソヒソ

咲「なに?」

優希「咲ちゃんの鞄の中にアレを仕込んでおいたぜ」ヒソヒソ

咲「アレ?」ゴソゴソ
咲「!! 私が……やるの?」

優希「のどちゃんはまだネタを知らないから大丈夫だじぇ」




12: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/02(水) 02:00:27.75 ID:zb9Q3Ze00

咲「あっ」
ガシャガシャ、バラバラ。(鞄の中身が床に散らばる

和「大丈夫ですか? 咲さん」

咲「う、うん。だいじょぶ」

和「拾うの手伝いますね」

咲「あっ、それはダメっ!!」

和「えっ、この本は『女の子同士の初めてのえっちQ&A』? それと、こ、これは私の写真?」

バッ。
咲「み、見た?」

和「えっ」

咲「見たんだね……。おわった……」ガク

和「咲さん!?」

咲「実は私女の子が好きなの」

和「そうなんですかぁ(嬉」

咲(あれ?)



15: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/02(水) 02:03:16.04 ID:zb9Q3Ze00




咲「和ちゃん、私のこと軽蔑したよね? でも私、軽蔑されてもしょうがないと思ってーー」

和「そんなことありません!!! 軽蔑なんてしてません!! だって、私も女の子が好きですから」

咲(ナニコレ。ハッ、まさか、これは逆ドッキリというやつなんじゃ。私は騙してる側のようで、実はみんなに騙されてるんじゃ)

和「私も変態なんです!!」

咲(あれぇ?)

和「これを見てください。私も咲さんと同じで写真をいつも持ち歩いているんです。
  これは合宿に行ったときの咲さんの寝顔の写真、こっちは雑誌に載っていた写真です。
  出版社に問い合わせて手に入れました。他にも……」



18: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/02(水) 02:07:51.64 ID:zb9Q3Ze00

一方部室の外では】

京太郎「出て行くに行けませんね」

優希「今さらドッキリでしたとか、言うに言えないじぇ」

まこ「…………わしらは見なかったことにして帰るか」

優希「その方がいいじぇ」




19: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/02(水) 02:11:24.78 ID:zb9Q3Ze00




和「それから、この写真は昨日の咲さんです」

咲「昨日!?」

「はい(喜」

咲(そんな屈託のない笑顔で言われても……)
咲「和ちゃん、この写真なんだけど……、靴とかにカメラがついてないと撮れないアングルだと思うんだ……」

和「これですか、これはブーツにカメラを仕込んで……」ハッ

咲「…………」

和「だ、大丈夫です。下着が映ったデータは消してます。安心してください」

咲(安心のポイントがズレてるよぉ)

和「ですから、私は咲さんと同じなんです」

咲(えええええーーーーー)



21: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/02(水) 02:15:27.30 ID:zb9Q3Ze00



和「あそこに綿棒がありますよね?」

咲「? う、うん」

和「あれ、私の私物なんです。」

咲「ええっ、部のものだと思って勝手に使っちゃってたよ」

和「かまいません。咲さんが使うのも、私が咲さんが使った綿棒を持ち帰るのも大丈夫です。私の私物ですから」

咲(全然大丈夫じゃないよ~)



24: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/02(水) 02:27:40.67 ID:zb9Q3Ze00


和「あっちに、大量に使い捨てのスプーンと割り箸がありますよね?

咲「う、うん。まさか……」

和「はい。あれも私の私物です。ですから、(以下略) だから、大丈夫です」

咲(大丈夫の意味……)


和「最初の方はまだ、合法的だったんです」

咲(最初の方? 合法的? )

和「だんだんとエスカレートしていってしまったんです」

咲(過去形なんだ)





25: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/02(水) 02:35:51.80 ID:zb9Q3Ze00


和「リップクリームなんでけど」

咲「リップ? リップならここにあるけど?」

和「私が今、持っているこのリップクリームは昨日の時点では咲さんのリップクリームした」

咲(???)

和「そして、これが一昨日の咲さんのリップクリームです」

咲「どうゆうこと?」

和「毎日、すり替えてました」

咲「えええええええええええええええええ」
咲「でも、私のリップ、ほら、ここ少し減ってるし」

和「はい、バレないように、減らしましたから」

咲(えええぇぇぇぇ)

和「咲さんの使っているリップクリームと同じ物を大量に購入しまして、すり替え可能な日ならほぼ毎日」

咲「気がつかなかった……」

和「他にもーー」

咲「他にもあるの!!」



26: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/02(水) 02:40:03.98 ID:zb9Q3Ze00



和「去年の七月、体育の授業があった日にタオルを貸しましたよね?」

咲(去年の七月……)

和「そのタオルを元に、咲さんの体臭香水を作ったんです」

咲「たいしゅう? ……なに、それ?」

和「咲さんの匂いがする香水です。甘酸っぱくて、気品のあるすてきな匂いの香水です」

咲「…………」

和「咲さんの体臭香水をリアル抱き枕に振りかけて、毎日寝てるんです」

咲「ちょっと待って。その、リアル抱き枕って?」

和「? 咲さんと抱き枕の間にある概念のことですけど」

咲(一般常識ですよ? みたいに言われても……)

和「実は、今日寝違えたのも、リアル抱き枕と無理な体勢で寝ていたからで――」

咲「もう、私の中で処理しきれないよ!!!!!!!!!」




30: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/02(水) 02:51:15.26 ID:zb9Q3Ze00


和「つまりですね、私も咲さんのことが、す、好きだということです!」///

咲「和ちゃん、実はね、これエイプリ--」

和「両思いですね、私たち」

咲「私の話を聞いて、和ちゃん」

和「私、嬉しいんです。この気持ちはずっと心の奥に閉まっておかなきゃって思ってて」ホロッ

咲(ああ……。もう、エイプリルフールのネタだよって言えない空気になっちゃった)

和「毎日、咲さんとの会話を録音した音声を聞いて自分を慰める毎日」

咲(まだ、あったんだ。しかも、前のがインパクト強すぎて、なんだ盗聴かって思っちゃったよ)




33: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/02(水) 03:00:57.09 ID:zb9Q3Ze00


和「そうだ!! 咲さん、今日は私の家に泊まっていきませんか? 今日、両親は家を空けていて」

咲「遠慮しとこうかな。だってほら、お互いよく知らないことも多いじゃない?」

和「私は咲さんのこと、誰よりもよく知ってます!!」

咲(そうだろうけど)

和「ぜひ、私の咲、もとい、リアル抱き枕を見て欲しいんです。七割、咲さんですから!」

咲(70%も私なんだ)




38: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/02(水) 11:06:14.76 ID:6SAa4vBR0


和「この本、お返ししますね。私も愛読してます、この『女の子同士の初めてのえっちQ&A』」

咲「そうなんだ」

和「赤線だらけになってしまって、もう一冊同じ本を買ってしまいました」

咲「そっか」

和「この本が赤い糸」

咲「なにいってるの」

和「偶然、同じ本を愛読していたなんて、運命……ですね」

咲「どうだろう。違うんじゃないかなぁ」





39: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/02(水) 11:10:54.32 ID:6SAa4vBR0


和「…………」

咲「和ちゃん? 急に黙って、どうしたの?」

和「そういう……ことですか……」

咲「たぶん、違うと思うけど、なにかな? 和ちゃん?」

和「誘い受け…………なんですね」

咲「言葉の意味がよく分からないんだけれど」

和「この誘い受けのページだけ、折り目がついていて、読み込んだ形跡かあります。それにアンダーラインまで引いてありますよ」

咲「それきっと京ちゃんが引いたんだよ。私じゃないよ?」

和「咲さんが伝えたいことはよく分かりました」

咲「私の言葉、和ちゃんに届いてるのかな?」





41: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/02(水) 11:18:02.33 ID:6SAa4vBR0


和「今日はやけに、私のことチラチラ見てるな――とは気づいてました」

咲「それは、ドッキリを仕掛けるタイミングを見計らっていただけで」

和「私がリードすべきなんですね」ジリジリ(前進

咲「待って、和ちゃん。落ち着いて」ジリジリ(後退り

咲(あれっ? こっちって、ベッドがある場所じゃなかったっけ?)

和「咲さん、ありがとうございます。私のことを受け入れてくれて」

咲「落ち着いて、ね? 和ちゃん目が変だよ? 落ち着――」



続く言葉は唇で封じられた。




42: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/02(水) 11:20:37.35 ID:6SAa4vBR0



咲「……んっ……!」

むさぼるような荒い口づけ。
和ちゃんの両目には生彩がなく、獣じみていた。


和「んむっ……んっんっ」

一瞬の隙をついて、和ちゃんは舌を一気に隙間へねじ込んできた。

息が出来ない。苦しい。脳の中で花火が散る。


和「ぷっふぁっ」

息継ぎのためだろうか、口が離れ、舌と舌との間に唾液の橋が架かっていた。

声が出ない。息は絶え絶えで呼吸をするのがやっとだった。

和ちゃんは、荒い息を吐きながら、肌は桃色に染まっていた。





43: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/02(水) 11:24:31.40 ID:6SAa4vBR0


咲(もういいや、どうとにでもなれ)

そう思い、少し力を抜いた瞬間。

和ちゃんの手は私の股へと伸びたいった。

咲(ちょっ、そこまでは、覚悟できてないから!!)

叫ぼうにも口は、和ちゃんの口で再び塞がれた。

咲「ふがーふががーーー」

咲(ちょっと、あっ、ストップ、和ちゃん、んんっ、ストーーップ!!)










 一時間後、もう肌を触れられることに何も違和感を覚えなくなっていた。




44: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/02(水) 11:26:57.30 ID:6SAa4vBR0

【事後、ベッド上にて】


和「こういう関係になって……、咲さん、後悔、してませんか?」

咲「後悔も何も、私に選択肢なかったよね」

和「私、咲さんを幸せにするためなら、なんでもやります!」

咲「もう、なんだか、この関係もアリなんじゃないかって思えるようになってきたよ」

和「そうだ、咲さん、今日ってエイプリルフールだって知っていました?」

咲「ええっ」

和「実は、咲さんに一つだけ嘘をついていたことがあるんです」

咲「…………なに?」

和「下着が映った写真のデータは消しているって言いましたけど、あれ……嘘なんです」

咲「今となっては、どうでもいいよ!!!!!!」


完(カン)。










48: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/02(水) 12:39:45.61 ID:6SAa4vBR0


オチは、これ以外に二つ候補があったんですけど、


パターンA

興奮しすぎた和が、過呼吸になって中断。
冷静になった和。
和「ごめんなさい、私なんてことを……」
(反省してるんだ)と思って優しくなる咲。
和「今度からはきちんと対策をとってから~」
咲「全然反省してないじゃん!!」

ってゆうオチ。


パターンB
さすがに、放っておいたままじゃまずいんじゃないかと思って戻ってくる優希、京太郎、まこの三人。
部室には行ったら、裸でノリノリでえっちしてる咲。
咲「ハッ」
三人「……」
咲「なんーてね。エ、エイプリルフールだよ? みんな」
まこ「さすがに無理があるじゃろ……」

ってゆうオチ。


咲は流されに流されて、
和「データを削除していたって部分が嘘です」
ってゆうオチの方が物語の着地点として綺麗かなっと思ったので採用。
パターンBのエッチシーンとか難しそうだったし。







50: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/02(水) 12:55:01.29 ID:GE0DLd6ho

乙乙
Bのノリノリ咲さんも面白そう



55: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/02(水) 15:16:25.47 ID:6SAa4vBR0

>>50
じゃあ、パターンBのほうも。
違う世界線? みたいな感じで。





まこ「あの二人、ほっといてもよかったのかのー?」

京太郎「そうですね……」

まこ「もし、これがきっかけで、あの仲のよかった二人がギスギスしだしたら……」

京太郎「…………」

優希「…………」

まこ「わし、一度、部室に戻るわ。二人は先に帰って行ってくれ」

京太郎「いえ、俺もいきます!」

優希「京太郎、タコスを買ってくるじぇ。タコスでお腹いっぱいになれば、仲直りのきっかけも作れるじぇ」

京太郎「一理あるな。よし、いくぞ優希」タッタタタ

まこ「わしは、先に部室に行っとるからの」

二人「はいっ」





56: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/02(水) 15:19:14.26 ID:6SAa4vBR0



【部室】

まこ「はぁ、はぁ。着いた。あの二人、まだ居るかの?」

ギィィィ

まこ「ベッドの方で物音が……」

まこ「まさか、
       和『許せません』ドス(枕を殴る音)
       和『咲さんが一人でこんなこと思いつくはずありません』ドス
       和『絶対誰かが裏で……』ドス
       和『許さない、許さない……』ドス

   なんてことになっとるんじゃ……」サアー(青ざめる)




まこ「すまん、和、わしは、――」バッ




咲「あははは、なにコレ? 本当、バカみたいに大きいおっぱいだね」ギュー

和「咲さっ、んっ、ああ」

まこ「…………」






57: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/02(水) 15:22:10.47 ID:6SAa4vBR0



咲「この前、一緒に着替えてたとき、肩が凝って大変みたいな話をしてさり気なく私に自慢してたよね?」

和「そ、そんなつもりは」

咲「私あのとき、すごく傷ついたの。謝って、おっぱいの存在を謝罪して」

和「ああっ、ごめんなさい、おっぱいが大きくて、ごめんなさい」

咲「"無駄に大きくて、だらしない"が抜けてるよ!」ギギュー

和「むっ、無駄に、おおき、くて、だらしない、おっぱ、おっぱいでごめんなさい」

咲「あははは、本当に言うんだ、そんなこと」

「だって、咲さんが」

「言われたこと、そのままやるなんて、動物と一緒だね。メスだよ、和ちゃんは」

「はい、咲さんの前では、メスでも、構いません!」

「メスだから、加減なんて必要ないよね?」

「はい、、必要、ありません」ハアハア

「あはははははは」ギギュューーー

「ああ、くっ~、んくっ、んんん」

「いっちゃったの? おっぱいだけで ?ふふふっ」

「…………」

「気を失っちゃったのかな? 幸せそうな顔をしてるけどさ、10回は出来ますなんて、うそぶいてたのは、和ちゃんだよ。だから、あと2回、絶対にやってもらうからね? ふふふ、あはは、あははははは」

まこ「…………」

咲「あはははははは、はははっ…………はは。………………あの、いつから?」

まこ「バカみたいに大きいおっぱいあたりから」







58: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/02(水) 15:25:04.85 ID:6SAa4vBR0




咲「ご、誤解なんです」

まこ「誤解?」

咲「私はその、被害者なんです」

まこ「それは……無理があるじゃろ……」

咲「本当なんです、無理矢理、和ちゃんに押し倒されて」

まこ「押し倒された人間が、マウントポジションをとって胸を抓ってるなんて、ありえんじゃろ!」




ドタドタドタドタ

優希「のどちゃーん、咲ちゃーん」

まこ「まずい、奴らが来よった」







59: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/02(水) 15:28:40.00 ID:6SAa4vBR0



ガチャガチャ
京太郎「あれ? 鍵が閉まってる」


ドンドンドン

優希「のどちゃん、ごめんだじぇ。これは私のせいで咲ちゃんは悪くないんだ!」

京太郎「いや、俺のせいだ。その本、実は、俺のなんだ。鞄に入れていたのを優希に見つかって、とっさの言い訳で、エイプリルフールの小道具だって言っちまったんだ!」

まこ「わかった、わかったから」

京太郎「染谷先輩、そこにいるんですか? ここ開けてください!」

まこ「二人のことは伝えておくから、今は取り込んどるんじゃ」

優希「私たち、のどちゃんに謝りたいんだじぇ」ドンドン

まこ「わかったから、ここはわしにまかせてくれんか?」


優希「でも……。」

まこ「なーに、大丈夫じゃ。それとも、わしでは信用ならんか?」

優希「いえ、…………わかりました」




60: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/02(水) 15:30:15.25 ID:6SAa4vBR0



まこ「ふぅ、なんとか納得してくれたか」

咲「ご迷惑おかけしました」

まこ「いや、かまわん。わしも悪かったしの」

咲「でも、これには訳があって」

まこ「訳というのは?」

咲「本当に、和ちゃんに押し倒されたんです。その後、無理矢理私を……だったんですけど……」

まこ「けど?」

咲「和ちやん、あんなに自信満々に、リアル抱き枕で毎日シミュレーションしてるとか言ってたんですけど、その、思いの外……下手で……」

まこ「下手って……」


咲「キスするたびにガチガチ歯が当たるし、ほら、ここ、口切れてるでしょ?」

まこ「ほう」






61: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/02(水) 15:32:28.85 ID:6SAa4vBR0



咲「あるじゃないですか。テンパリすぎてる人を見てたら、だんだんこっちが冷静になってくること」

咲「私、こういった経験は無かったんですけど、こうした方がいいんじゃないって、和ちゃんを触ったら、だんだん、興が乗ってきたとゆうか、そんな感じで、そのまま」

まこ「こうなった、と」

咲「はい……」

まこ「…………」

咲「…………」

まこ「…………」

咲「…………」



まこ「……このことは、お互い見なかった、ということにせんか?」

咲「はい……」




染谷先輩との間にちょっぴり共犯関係に似た信頼がうまれた。
そんなエイプリルフールでした。

            カン。










まこ「とりあえず、服着ろな?」
咲「あっ、はい」

             完。




元スレ
SS速報VIP:和「私も変態なんです!!」