770: ◆Vysj.4B9aySt 20/10/07(水)21:42:27 ID:xW1

第73話 恐怖、誕生日飯



771: ◆Vysj.4B9aySt 20/10/07(水)21:43:44 ID:xW1

――それは数日前のことでした

悠貴「ん~♪」

「明日は誕生日~」



ガヤガヤ

「ん?」

「何か話声が聞こえますね」



772: ◆Vysj.4B9aySt 20/10/07(水)21:48:36 ID:xW1

悠貴「そーっと……」

キィィィ



ネネ「やっぱり、野菜中心のドリンクにすべきですよ」

響子「でもドリンクだけだと食感がないですから……固形の野菜も追加で」

まゆ「まゆは……本当は好きなものだけ食べてもらいたいですが、心を鬼にして味は二の次で栄養価の高いものを食べてもらいます!」





悠貴「も、もしかして、私の誕生日のメニューでしょうか……?」

「でも野菜野菜って……」

「まさか、以前食べたオール野菜のフルコースみたいなのでしょうか?!」



773: ◆Vysj.4B9aySt 20/10/07(水)21:51:40 ID:xW1

ネネ「でも明日だけ特別というわけにはいきません!」

響子「そうですね。できれば毎日一食は野菜中心のメニューを取入れないと」

まゆ「ジャガ芋も、皮がついたまま生でいただくアレですね」





悠貴「え?」

「皮がついたままのジャガ芋を……」

「生って……」



774: ◆Vysj.4B9aySt 20/10/07(水)21:53:54 ID:xW1

ポヤンポヤン

まゆ『ほーら、悠貴ちゃん。生のジャガ芋と生の玉葱ですよ』

響子『まだまだ沢山ありますから、全部残さず食べましょう!』

ネネ『さぁ、食べてくださいね』



悠貴『うぐぐぐ……もがもが』



775: ◆Vysj.4B9aySt 20/10/07(水)21:55:43 ID:xW1

悠貴「うぅ……」

「ひとまず逃げないと……」

「学校以外はどこかに隠れて……」

「明日の誕生日が過ぎれば大丈夫……」

「なはずですから……」コソコソ



776: ◆Vysj.4B9aySt 20/10/07(水)21:59:20 ID:xW1

バタン

響子「あら?」

まゆ「誰かいたのでしょうか?」

ネネ「いいんじゃないですか。私たちのプロデューサーさんの健康を考えた末の野菜中心生活ですから」

響子「まだまだ元気でいて欲しいですからね」

まゆ「まゆの愛情料理で明日の夜は……うふふっ」

ネネ「なるほど……性のつく料理も」

響子「明日は眠れなくなりそうですね……きゃっ、恥ずかしい!」



キャピキャピルンルン



777: ◆Vysj.4B9aySt 20/10/07(水)22:03:41 ID:xW1

…………
……

あきら「で」





悠貴「ふぇぇぇんっ!」

りあむ「よしよし」ナデナデ

あきら「りあむサンとこに隠れて、誕生日をお祝いしてもらえかったと」

悠貴「うぅ……」

りあむ「勘違いは誰でもあるよ。今回は誕生日だっただけで、もっと変な勘違いでなかっただけよかったじゃん」

あきら「りあむサン?」ジトー

りあむ「え?何?ぼくが悪いの?」

あきら「13歳のJCを19歳が誘拐ってなれば、逮捕は間違いないデス」

りあむ「や!む!」



778: 名無しさん@おーぷん 20/10/07(水)22:08:47 ID:xW1

あきら「……今、デレぽで事情を話マシた」

「自分のと一緒にまたやってくれるそうデスよ」

悠貴「え……」

りあむ「謝る準備はできてるかな?」

あきら「もちろん、匿ったりあむサンもですよ」

りあむ「あ、やっぱり?」

「ま、それで御馳走が食べられるなら、帳消しだよ」

「さ、悠貴ちゃん。一緒に怒られにいくよ」

悠貴「……はいっ!」





あきら「ふぅ……ま、いいデスかね」



HAPPY BIRTHDAY OTUKURA YUUKI & SUNAZUKA AKIRA



779: ◆Vysj.4B9aySt 20/10/07(水)22:10:53 ID:xW1

ここのプロデューサーはたんぱく質と炭水化物中心(特にトラプリ関連のプロデューサー)の生活を送ってそうですね

健康が一番。さ、ガシャで智絵里と雪美と夕美を手に入れましょう



元スレ
【モバマス】千枝「今夜の夜食は」ネネ「食べ過ぎ注意ですよ」
http://wktk.open2ch.net/test/read.cgi/aimasu/1536416626/