6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/15(月) 20:24:34 ID:BgOMaEQs

ライナー「……は?」

ミカサ「サシャ…なにを言っているの?」

サシャ「……」

サシャ「104期訓練兵、第4班コニー-スプリンガーは…」

サシャ「廊下で!転びっ…!」

サシャ「壮絶な死を……遂げましたあああ!!」

サシャ「うわあああああ!!コニーイイイイ!」

ベルトルト「な……」

アニ「」

ユミル「は……ははっ……」



11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/15(月) 20:28:43 ID:BgOMaEQs

ユミル「お、お前も冗談言うようになったのかよ芋女……ははっ」

サシャ「ユミル……」

ユミル「だが爪が甘いぜ?コニーじゃなくてエレンとかなら騙されたかも知れねえが……」

サシャ「……ユミル…」グスッ

ユミル「そんな嘘じゃこのユミル様は……」

サシャ「ユミルッ!!」

ユミル「なっ…」

サシャ「……」



12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/15(月) 20:31:16 ID:9HtBV7g.

サシャ「こんな……こんな冗談言うと思うんですか!?」

サシャ「コニーは…コニーは……」

サシャ「コニーは死んだんです!!もうこの世にいないんです!ああああああああ!!」

ミカサ「……嘘」ヘナヘナ

エレン「冗談じゃ、ないってのかよ……」

クリスタ「そんな……」



13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/15(月) 20:35:40 ID:UtAlPG9A

コニースプリンガーの死、そのあまりにも痛ましいニュースは、すぐさまトロスト区中に知れ渡った

~トロスト区領主邸~

領主「なぜじゃ!なぜじゃピクシス!」

領主「なぜコニースプリンガーが死なねばならんのじゃ!申してみいいいい!!」

ピクシス「……なんの申し開きも…ございません……」



14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/15(月) 20:39:15 ID:UtAlPG9A

領主「ピクシス!!わしはお前を友と見込んで!トロスト区を任せておったのじゃぞ!」

領主「お前がいながらなぜこんなことになる!?なぜコニースプリンガーが死なねばならん!?」

ピクシス「申し訳……申し、訳……」

領主「なんとか言うてみろ!ピクシスゥゥゥウ!」



17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/15(月) 20:41:52 ID:UtAlPG9A

~訓練兵団宿舎~

ライナー「……」

ジャン「……」

エレン「……くそっ…なんで……」

ガチャ

アルミン「……みんな…」

ベルトルト「アルミン……」



21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/15(月) 20:46:38 ID:DDU8kl5w

アルミン「今、上層部から緊急連絡があったよ…」

アルミン「訓練兵は全員訓練を中止し宿舎で待機、だってさ…」

エレン「だろうな…こんな状況で訓練なんかできねえよ……」

アルミン「上層部もてんやわんやだろうね……」

ライナー「畜生…なんでこんなことにっ!」ダンッ



22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/15(月) 20:49:45 ID:DDU8kl5w

コンコン

ガチャ

アニ「……ライナー、ベルトルト。ちょっといいかい?」

ベルトルト「アニ……」

ライナー「…」



23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/15(月) 20:52:25 ID:DDU8kl5w

~宿舎裏~

ライナー「一体なんだってんだ、アニ。こんな時に……」

ベルトルト「……」

アニ「あのね、私考えたんだけどさ……」



24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/15(月) 20:56:34 ID:DDU8kl5w

アニ「ほら、私達ってもとから巨人なわけじゃないだろ?だから私達が巨人になったときみたいに……それをコニーにも……」

ベルトルト「…アニ……」

アニ「ね?いい考えでしょ?巨人なら首が折れてようがすぐ治るしさ……」

ライナー「……アニ」

アニ「そうと決まればすぐ故郷に戻って……いやいっそコニーを故郷に「アニッッッ!!」」ビクッ

アニ「な、なんだいライナーそんな大きい声……」

ライナー「アニ……いいか?よく聞くんだ……」



26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/15(月) 20:59:18 ID:DDU8kl5w

アニ「でも早くコニーを助けないと……」

ライナー「アニ!コニーはな…コニーはなあ!」

ベルトルト「うう……グスッ」

アニ「早く、早く治してあげないと……」

ライナー「コニーは!もう!死んじまってんだ!」

ライナー「もう!助からないんだよ!治せないんだ!」

アニ「やだ……」



27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/15(月) 21:01:25 ID:DDU8kl5w

アニ「やだよ……ライナー、ベルトルト……」

ベルトルト「……うああ……ヒンッヒンッ」

ライナー「……人間は…生き返らないんだよアニ…」

アニ「やだよ……そんなのやだよ……う、うわあああああ!!」

ベルトルト「う、ああああああああああああ!!」

ライナー「畜生っ!畜生……」



28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/15(月) 21:09:11 ID:DDU8kl5w

ジャン「大変だ!ライナー、ベルトルト!」

ベルトルト「グスッなんだよ、ジャン……」

ライナー「もう十分大変だろうが……」

ジャン「いいから早く来い!クリスタが……クリスタが!」



30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/15(月) 21:15:12 ID:DDU8kl5w

ユミル「クリスタ!クリスタやめろ!」

クリスタ「来ないで!」


ライナー「ッハァ、ッハァ…おいこりゃどういうことだ」

アルミン「ライナー…それがクリスタがいきなりナイフを持ち出して……」

ミカサ「クリスタ……今すぐナイフをこっちに渡して……いい子だから……」

クリスタ「いや!いやなのもうほっといてよ!」

サシャ「クリスタ……」



32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/15(月) 21:18:50 ID:DDU8kl5w

クリスタ「コニーがいない世界なんて……そんなの私耐えられない!」

クリスタ「私もコニーの所へ行くの!邪魔しないでよおおお!!」

ユミル「クリスタ落ち着け!クリスタ!」

クリスタ「うわあああああ!」ザクッ

ミカサ「クリスタ!」



34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/15(月) 21:26:12 ID:rbAqg4pI

ユミル「クリスタ!馬鹿野郎!」ダッ

ミカサ「アルミン!早く!」

アルミン「ユミル!クリスタを動かしちゃダメだ!…大丈夫、そんなに深くは切れてないよ……」

ミカサ「良かった……サシャ!クリスタを医務室に運ぶ!手伝って!」

サシャ「は、はいっ」

ユミル「クリスタ……馬鹿野郎クリスタ……」グスッグスッ

クリスタ「……コニー…やだようコニー……」



36: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/15(月) 21:29:09 ID:rbAqg4pI

~調査兵団本部~

ハンジ「まさか…こんなことになるなんてね……」

オルオ「…畜生……」

ペトラ「グスッ…グスッ……」

リヴァイ「……」



39: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/15(月) 21:38:19 ID:8ZUTWJEQ

ペトラ「なんで…なんで……」

ハンジ「……」

リヴァイ「……ッチ」

リヴァイ「ったく、どいつもこいつも辛気くせえ……」

ペトラ「っ!兵長そんな言い方……」

リヴァイ「てめえらが泣きゃあ死人が生き返るってのか?馬鹿馬鹿しい」ガタッ

ハンジ「リヴァイあんたねえ!」

リヴァイ「お前らと同じ部屋にいるのはごめんだ」スタスタ

ペトラ「っ!兵長!」バッ

オルオ「やめろ、ペトラ」パシッ

ペトラ「オルオ!だって兵長が……」

オルオ「……」フルフル

ペトラ「オルオ……」

リヴァイ「……フン」

ガチャ、バタン



44: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/15(月) 21:45:15 ID:CaqW/6H6

ペトラ「なんで止めたのよオルオ!離して!」

オルオ「ペトラ……落ち着くんだ」

ペトラ「追っかけて一発殴ってやるんだから!離して!」

オルオ「ペトラ、男にはな…絶対に見せちゃならねえものがあるんだ……」

オルオ「特に兵長みたいな男には、な……わかってくれ」

ペトラ「……オルオ…」

オルオ「……」



46: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/15(月) 21:46:02 ID:CaqW/6H6

リヴァイ「……」スタスタ

リヴァイ「……」スタスタ



47: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/15(月) 21:48:32 ID:CaqW/6H6

リヴァイ「…………っそがああ!!」ガコン!!

リヴァイ「……あの、クソガキが……」

リヴァイ「俺より早く逝っちまって……どうすんだよ馬鹿野郎……」ポロポロ

リヴァイ「畜生……」



52: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/15(月) 21:52:43 ID:CaqW/6H6

その日、トロスト区は悲しみに包まれた
しかし時間は人の涙では止めることはできない
各々が悲しみを胸に抱えたまま、コニーの葬儀の日がやってきた



53: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/15(月) 21:55:01 ID:CaqW/6H6

~コニースプリンガー式場、ウォール大聖堂~

アルミン「クリスタ…傷はもう大丈夫?」

クリスタ「うん……迷惑かけて本当にごめんなさい。みんなも……」

ユミル「ったく、肝が冷えたぜ天使様よ」

ライナー「ははは……」



56: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/15(月) 22:00:21 ID:KBbh/J4w

ベルトルト「……あれ、教官は?」

エレン「そう言えば……コニーが死んでから姿が見えないな」

アルミン「ああ、実は教官はコニーの第一発見者なんだけどね……」

アルミン「コニーの死体を見て、気が触れてしまったらしくて……」



58: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/15(月) 22:04:24 ID:KBbh/J4w

~訓練兵団宿舎、教官室~

キース「逆だ、コニースプリンガー……逆だ、コニースプリンガー……逆だ、コニースプリンガー」

モブ教官「……シャーディス教官、そろそろ葬儀が始まりますが……」

キース「逆だ、コニースプリンガー。何度言わせればわかる?」

モブ教官「……今日も壁に向かって……」

キース「またブラウス訓練兵と訓練中にふざけよって。死ぬ寸前まで走ってこい……」

モブ教官「ハァ……」



59: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/15(月) 22:06:12 ID:KBbh/J4w

エレン「そうか……」

ミカサ「教官は彼を特に可愛がっていた。きっと現実を受け入れられないんだろう…」

アルミン「無理もないよ……」



61: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/15(月) 22:10:39 ID:KBbh/J4w

ライナー「お前ら……そろそろ始まるぞ……」

アルミン「ああ……」

エレン「……本当に、いっちまうんだな……」

ミカサ「エレン……私達に出来るのは、彼のために祈ることだけ。精一杯気持ちを込めて送り出してあげよう……」



62: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/15(月) 22:13:53 ID:KBbh/J4w

~同時刻、壁の上~

モブA「ったく、なんでこんな時に見張りなんか……」

モブB「全くだ……俺も最後に一目会いたかったってのによ…ん?」

モブA「おいどうした?」

モブB「お、おい……あれ……」



64: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/15(月) 22:21:22 ID:KBbh/J4w

巨人の大群「……」ドドドドドド

モブA「な……なんだありゃあ……」

モブB「100や200じゃきかねえぞあの数……一体なんだってんだよおい……」



66: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/15(月) 22:26:17 ID:ZlT5UNqE

モブA「畜生こんな日に……俺らだけでどうしろってんだよ……」

モブB「だ、大丈夫……超大型が来ない限りは壁は破られねえよ……」ガタガタ

モブA「んなもんわかんねえだろうが!あんなにいんだぞ!?見てみろよ地平線近くまで巨人で埋め尽くされてやがる!」

モブB「ああ……」ガタガタ

モブA「畜生……コニースプリンガーと一緒に人類は滅びる運命なのか……ん?」

モブB「……なんだこりゃあ」



67: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/15(月) 22:27:44 ID:ZlT5UNqE

巨人「……」スッ

巨人「……」スッ

巨人「……」スッ

モブB「巨人共が……一斉に……」

モブA「……壁に向かって、膝まずいてやがる……」



68: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/15(月) 22:29:36 ID:ZlT5UNqE

巨人「……」スッ

巨人「……」スッ

巨人「……」スッ

モブA「あれはまさか……祈ってるのか……?」

モブB「巨人共が……コニースプリンガーに……」

巨人の大群「……」



70: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/15(月) 22:31:56 ID:ZlT5UNqE

モブB「は、ははは……まじかよ……」

モブA「……俺たちも、祈ろう……」

モブB「ああ……」

巨人の大群「……」



72: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/15(月) 22:33:50 ID:ZlT5UNqE

その日、人類は泣いた

エレン「……」

ミカサ「……」

あるものは空に悲しみを叫び

ライナー「……」

ベルトルト「……」

あるものは己の無力さを嘆いた



73: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/15(月) 22:35:50 ID:ZlT5UNqE

コニースプリンガーという、かけがえのない友人を失ったことは

ユミル「……」

クリスタ「……」

サシャ「……」

未来永劫、人々を悲しませ続けるだろう

ジャン「……」

領主「……」



75: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/15(月) 22:37:08 ID:ZlT5UNqE

例え、いつか巨人を駆逐できても

リヴァイ「……」

ペトラ「……」

オルオ「……」

世界に平和が戻ったとしても



76: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/15(月) 22:38:21 ID:ZlT5UNqE

巨人「……」

キース「コニー、スプリンガー……」

そこに彼は、いないのだ



78: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/15(月) 22:39:49 ID:ZlT5UNqE

それでも、人類は戦わなければならない

前に進まなければならない

彼が生きた証の残る、この世界を

彼が愛した、この世界を

守らなければならない



79: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/15(月) 22:42:29 ID:ZlT5UNqE

~10年後~

ミカサ「エレン!早くしないとみんな来てしまう」

エレン「ちょっと待てよミカサ……よし、忘れ物はないなっと」



80: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/15(月) 22:45:27 ID:ZlT5UNqE

エレン息子「パパおそーい」

エレン「ははは、悪い悪い」

ミカサ「全く、エレンは昔から変なところで几帳面」

エレン「そういうなよ……」

エレン息子「ねえ、パパ」

エレン「ん?どうした?」



81: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/15(月) 22:47:16 ID:ZlT5UNqE

エレン息子「今日はどこにいくの?」

エレン「……ああ、パパの友達に会いに行くんだ」

エレン息子「友達?」

ミカサ「ええ……とても仲の良かった、友達に」

エレン息子「ふーん……」



82: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/15(月) 22:50:02 ID:ZlT5UNqE

エレン「それに、お前のことも紹介しなきゃいけないしな」

エレン息子「ぼくを?なんで?」

エレン「なんでってそりゃあ……まあ、着けばわかるさ」

ミカサ「エレン、時間が……」

エレン「おっと、そうだったな」

エレン「じゃあ行くぞ、コニー!」

エレン息子「うん!」






83: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/15(月) 22:50:47 ID:ZlT5UNqE

以上です

ありがとうございました


元スレ
SS深夜VIP:サシャ「コニーが死にました」