1: ナナシ 2021/02/05(金) 08:54:05 ID:bN6p9YoU

どうも、名曲×ラブライブSSです。オリジナル設定・キャラ崩壊ご容赦を

では参ります



2: ナナシ 2021/02/05(金) 08:54:48 ID:bN6p9YoU


~チューリッヒ空港~

エマ「・・・」

こんにちは!エマです!私は今故郷スイスにある空港に来ています

【今日は私にとってとても大切な日】

♪~♪~♪~

アナウンス「チューリッヒ空港発○○便は○○時です」

エマ「・・・」

エマママ「エマ」

エマ「うん」スクッ

【今日私は】

エマパパ「・・・」

エマ「行ってくるね」

【故郷を離れ日本へ行きます】



3: ナナシ 2021/02/05(金) 08:55:21 ID:bN6p9YoU

~10年前~

ロリエマ「うぅぅ・・・」グスッ

昔々、スイスの田舎にある小さな村に暮らす女の子が居ました

ロリエマ「パパ・・・ママ・・・」グスッ

その日は、スイスでも稀にみる大雪の日で両親は之に足止めをされて家に帰れないでいました

少女は1人寂しく寒く暗い中で一晩過ごさなくてはなりませんでした

外「ガタガタガタ」

ロリエマ「ひっ!」

少女は不安で怖くて震えていました



4: ナナシ 2021/02/05(金) 08:56:20 ID:bN6p9YoU

大雪で電気が泊まりガスもまともに使えませんでした

でも、暖炉は使えたのでその近くで暖まりました

そんな時

チカチカ

ロリエマ「?な、なんだろ」トコトコ

そこには父親が点けていたままのハパソコンがありました

ロリエマ「・・・」パカッ ウィーン

開いてみるとどうやら【動画サイトでした】



5: ナナシ 2021/02/05(金) 08:56:50 ID:bN6p9YoU

ロリエマ「・・・」カチカチ

少女は怖さを紛らわせようとなにか面白い動画が無いか探しました

すると【ある動画に目が留まりました】

ロリエマ「【スクールアイドル?】」カチ

動画「♪~♪~♪~」

ロリエマ「わぁ~」キラキラキラ

少女はその画面に映る少女たちに目を奪われました

【華やかでキラキラ輝いてそして可愛らしい】そんな少女たちです

ロリエマ「きれ~い」



6: ナナシ 2021/02/05(金) 08:57:24 ID:bN6p9YoU

こうして不安で怖い夜は過ぎました

そして、少女に中には【ある夢】が芽生えました

少女は【スクールアイドルになることを決意しました】

言葉の勉強・文化の勉強・歌の勉強・ダンスの勉強とやることはたくさんあります

お家のお手伝いや兄弟姉妹(きょうだい)たちのお世話をしながら

少女は【努力を続けました】・・・そして



7: ナナシ 2021/02/05(金) 08:58:22 ID:bN6p9YoU

~現在~

エマ「それじゃあ、行ってきます」ギュ

兄弟姉妹たち「・・・」ギュ

エマ「パパとママの言う事をちゃんと聞いていい子にしてね」

兄弟姉妹たち「・・・」コクリ

エマ「パパ、ママ」ギュ

エマパパ・ママ「・・・」ギュ

エマ「ふぅ・・・行ってきます」

【たくさんの人たちに送られながら空港のゲートをくぐる】



8: ナナシ 2021/02/05(金) 08:59:22 ID:bN6p9YoU

【みんない手を振りながら機内に入った】

エマ「わぁ~」

飛行機に入るのが初めての私はその光景が新鮮で只々驚いていた

エマ「えっと・・・ここだ」

【偶々、窓側・・・外を見て見ると飛行機が一杯あった】

機内アナウンス【是から飛び立ちます。座席に座りシートベルトを着用してください】

エマ「わわ!えっとシートベルト」カチャカチャ

改めて外を見て見た、所々雪が残ってる

エマ「(まだ寒いよね)」



9: ナナシ 2021/02/05(金) 08:59:51 ID:bN6p9YoU

飛行機「」ゴオオオオオオ

エマ「(【飛んでいく・・・高く高く飛んでいく】)」

ふと横を見るとそこには【白銀の世界】が広がっていた、故郷の景色

人が、物がどんどん小さくなっていく・・・【1つまた1つ離れていく】

ポロポロポロ

エマ「・・・あれ?」

なんだか【胸になにか突き刺さったような感じがした】

エマ「うぅぅ・・・グス・・・」

気が付くと私は【大粒の涙を流して泣いていた】



10: ナナシ 2021/02/05(金) 09:00:29 ID:bN6p9YoU

~東京・虹ヶ咲学園~

エマ「着いた~」

エマ「えっと、寮への行き方はパンフレットに・・・」ガサゴソ

???「何してるの?」

エマ「え?」クルッ

果林「・・・」

エマ「あ、あの虹ヶ咲学園の人ですか?」

果林「え?ええ」



11: ナナシ 2021/02/05(金) 09:01:03 ID:bN6p9YoU

エマ「私、今日からこの学園に転入してきて寮への行き方が分からなくて」

果林「え!?」

エマ「え?」

果林「あー寮・・・寮ね・・・」

エマ「?」キョトン

果林「そのね・・・この学校って広いでしょ?」

エマ「うん」

果林「だからね・・・その・・・迷子になる子が結構(強調)いてね」

果林「私も迷子みたいなのよ」

エマ「そっかぁ」



12: ナナシ 2021/02/05(金) 09:01:56 ID:bN6p9YoU

エマ「あ!そうだ。私パンフレット持ってるからこの案内通りに行けば寮に着くよ」

果林「本当!?・・・ん゛ん・・・じゃあお願いするわね」

エマ「うん。じゃあ行こっか」

エマ「あ、私エマです」

果林「エマ?外国の人?」

エマ「うん。スイスから来たんだ」

果林「スイス?・・・あースイスねスイス知ってるわよスイス」

エマ「うん♪」



13: ナナシ 2021/02/05(金) 09:02:29 ID:bN6p9YoU

果林「(スイス・・・何処だったかしら?後で調べましょう)」

エマ「♪~♪~」

果林「随分楽しそうね」

エマ「うん。子供の頃からの夢だったの」

果林「日本に留学するのが?」

エマ「うん。それと【スクールアイドル】」

果林「【スクールアイドル?】」

エマ「うん。あ!着いたよ」



14: ナナシ 2021/02/05(金) 09:02:59 ID:bN6p9YoU

果林「本当ね。案外近くにあるのね(3時間くらい探し回ったのだけれど)」

果林「ありがとう。エマさん」

エマ「うん♪」

果林「そういえば名乗ってなかったわね。朝香果林よ。よろしくね」ウィンク

エマ「よろしくね!」

【これが最初】

【とってもエモエモで嬉しみが深い毎日】

その始まりの物語

~終わり~



15: ナナシ 2021/02/05(金) 09:03:24 ID:bN6p9YoU

以上です。今回参考にしたのは19で「果てのない道」でした。エマちゃんお誕生日おめでとうございます!では!


元スレ
SS深夜VIP:【虹ケ咲スクールアイドル同好会】エマ「果てのない道」