1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31(日) 01:40:39.53 ID:I/3XrZYp0

まどか「ゲ…ゲームセンター?」

さやか「そう!あれ?まどかまさか行ったことないの?」

まどか「ママが怖い人がいるかもしれないから近づくなって…」

さやか「大丈夫大丈夫!そんなやつがいたらさやかちゃんが守ってあげますよ!



3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31(日) 01:42:01.99 ID:I/3XrZYp0

さやか「でも二人だけじゃつまんないな…」

さやか「おーい仁美!」

仁美「聞こえてましたわ ところでゲームセンターとはなんですの?」

さやか「行けば分かる!」

ほむら(ゲームセンター…杏子と接触するために何度か入ったことはあるけれど…)

ほむら(そういや一度も遊んだことがないわね…)

ほむら(まあ興味なんてないけど)

さやか「よーしじゃあ今度の土曜日ね!」

ほむら「…」



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31(日) 01:43:44.29 ID:I/3XrZYp0


――
~土曜日~

さやか「よーしじゃあ行くぞー!」

まどか・仁美「お…おー!」


コソコソ

ほむら「結局声をかけれなかったわ…」

ほむら「ついつい尾行しちゃったけど…時間を止めて先回りしましょう」



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31(日) 01:45:49.11 ID:I/3XrZYp0

~数分後~

さやか「よーし まずはメダルゲームからっと…」

まどか「私お金持ってきてないんだけど」

さやか「えっ」



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31(日) 01:49:44.46 ID:I/3XrZYp0

さやか「何やってんのさまどか! ゲーセンっていったら普通もってくるでしょ!」

まどか「先に言ってよ…」

仁美「私貸しましょうか?」

まどか「え?いいの仁美ちゃん? えへへ明日返すね」

さやか「まったくもう…」

仁美「結構お年寄りの方多いですのね・・」

まどか「うん怖い人ばかりかなって思ったけど意外…」



16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31(日) 01:51:25.88 ID:I/3XrZYp0

さやか「よーしまずはこれっしょ!」

まどか「うわぁ大きな機械」

さやか「見ててね ここにメダルを入れると…」

まどか「うわあメダルが落ちてきたよ!」

さやか「こうやって前後運動してる台にメダルが落ちて…押し出して落ちてきたメダルをまたつかうって感じなんだ」

仁美「それって換金できないパチ…」

さやか「それ以上いけない」



17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31(日) 01:54:32.08 ID:I/3XrZYp0

~数分後~

さやか「あれ…?今日は運が悪いのかな…」

まどか「諦めちゃだめだよさやかちゃん!」

さやか「うん…そう考えてどれぐらいの人が負けたか…」


仁美「あら…あの人って…」



まどか「ほむらちゃん!」

ほむら「あ、あら奇遇ね…」



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31(日) 01:56:43.20 ID:I/3XrZYp0

さやか「転校生がいるなんて意外だな」

ほむら「ふん ところで美樹さやか 大きな台じゃなく小さな台でコツコツ稼ぐほうがやりやすいわよ」

ほむら「小さな台は子供が稼ぎやすい仕組みになってることが多いの タイミングゲーとかね」

さやか「ふーん」

ほむら「私はそれでこれだけ稼いだの」ジャラ

まどか「ほむらちゃんすごい!」

さやか(転校生が子供に交じって必死にやってるとか笑えるwww)



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31(日) 01:58:24.23 ID:I/3XrZYp0

ほむら「それにしてもここ結構いろいろあるのね…」

仁美「大画面で競馬をするゲームもありますのね」

さやか「あぁそのゲームは有名…」

まどか「あれ?あそこに座ってるのマミさん…」

さやか「しっ!私たちは何も見てない」

ほむら(危うく公開処刑にされるところだったわね 巴マミ)



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31(日) 02:01:38.17 ID:I/3XrZYp0

~数分後~

まどか「ふえぇ もうメダルが無くなったよー」

ほむら「残念だけど私も残りが…」

ほむら「そうだっ!」ピーン

カチッ スタタタ

ほむら「この人嬉しそうな顔してるわね… 当たった後なのかしら…」

ジャラララ

ほむら(ついでにわたしのも)ジャラララ

カチッ

まどか「あれ?メダルがいっぱいになってる!」

ほむら「少なかったのは気のせいよ まどか」



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31(日) 02:05:23.77 ID:I/3XrZYp0

客「うわああああメダルが…」

さやか「メダルの盗難も多いから気を付けないとねまどか!」

ほむら(それにしても今までの統計的に絶対いると思うのだけれど杏子の姿が見当たらないわね…)

仁美「見てください!あの人ダンスゲームがとてもうまいですの!ギャラリーまでいますわ!」

さやか「げっ杏子…」

ほむら(めっちゃ目立ってた…)



29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31(日) 02:08:36.04 ID:I/3XrZYp0

杏子「あちゃー新記録は出なかったか… ん?」

杏子「よっあんたたち」

さやか「相当ゲーム慣れしてるねあんた」

杏子「まあほぼ毎日通ってるからね」

杏子「店入ったときあんたたちの姿が見えたけどバカだねぇ 100円ゲームをやらないなんて」



31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31(日) 02:11:23.26 ID:I/3XrZYp0

まどか「どんなのがあるんですか?」

杏子「やっぱクレーンゲームとか太鼓の●人とかかなぁ ほかにもいろいろあるけど」

仁美「じゃあそっちにも行きましょうか」

まどか「そうだねって…ほむらちゃんは?」

ピコッ ピコッ

ほむら「QB叩きなんてゲームもあるのね… フフフ面白いわ」ピコッ

仁美「…暁美さんが楽しそうで何よりですわ」

さやか「それにしては目が笑ってないけどね」



33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31(日) 02:16:56.73 ID:I/3XrZYp0


――
まどか「わぁーあれ可愛い!」

さやか「よーしここはクレーンゲームの女王(自称)のさやかちゃんが…」

ボトッ

杏子「あっはっは クレーンゲームの女王(笑)が失敗してやんのwww」

さやか「…じゃああんたあれ取ってみなさいよ!」

杏子「ふふーん楽勝楽勝…」

ボトッ



35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31(日) 02:21:38.93 ID:I/3XrZYp0

さやか「プッ かっこつけた癖してたいしたことないわねあんたもwww」

杏子「し…しくっただけだよ… もう一回!」

ポトッ

仁美「今度は成功しましたね」

ほむら(今まで杏子がこれをやってるのは何度か見たけれど…
    失敗するのは初めてじゃないかしら… 美樹さやかがいるから緊張したのかしら?)



38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31(日) 02:25:29.40 ID:I/3XrZYp0

まどか「じゃあ次はあのゲームやりに…」

店員「君たちちょっとまってくれる?」

さやか「!?」

店員「君たち中学生?」

仁美「そうですけど…」

店員「じゃあもうこんな時間だから悪いけど店を出てね」

さやか「え もうそんな時間!?」

ほむら「遊びすぎたわね…」



40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31(日) 02:29:44.75 ID:I/3XrZYp0

ほむら(店員から逃げることもできるけど…仁美に能力が知られると厄介ね)

杏子「ちぇーしょうがないか」

まどか「もっと遊びたかったのに…」

ほむら「しょうがないから帰りましょうか」



42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31(日) 02:31:26.93 ID:I/3XrZYp0


――
~帰宅途中~
さやか「いやー今日は遊んだ遊んだ!」

まどか「楽しかったね!」

杏子「また来ようなさやか!」

さやか「ふん…別にいいけど」

仁美「たまにはこういう息抜きもいいですね」

ほむら「そうね…」

ほむら(あ…)

ほむら(メダル ゲームセンターに置き忘れちゃったわ…)



44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31(日) 02:33:16.44 ID:I/3XrZYp0

~ゲームセンター~

マミ「うーんメダルゲームやったけど今日はハズレの日ね…」

マミ「あらあんなところに置き忘れが…」

チラッ

マミ「ちょっとぐらい…いいわよね…?」ジャラララ

店員「ちょっと君…」

マミ「はい!?」ビクッ


~終わり~


元スレ
さやか「ゲーセン行こうよ!」