1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/29(土) 20:07:47.37 ID:lAhHR55h0

紬「まあ♪」にこっ

梓「あ、あぅ///」かぁぁ



3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/29(土) 20:12:33.37 ID:lAhHR55h0

唯「お父さ・・・和ちゃん!」

和「納得がいかないわ」



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/29(土) 20:13:46.40 ID:lAhHR55h0

澪「ママ・・・っ!!お母さんっ!!」

律「澪のは根本的に何か違う」



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/29(土) 20:14:45.53 ID:lAhHR55h0

ネタなんか無いし
誰か書いてくれ



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/29(土) 20:25:14.47 ID:ul21gHP40

紬「お母さんにするみたいに甘えてもいいのよ」

梓「そ、そんなことしませんから!」

紬「そうなの?」

梓「…です」

紬「…」がっくし

梓「…ちょっとだけなら」

紬「…!」ぱあぁぁ

梓「(なにこのかわいい生き物)」



10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/29(土) 20:28:46.13 ID:ul21gHP40

和「どうしてお父さんなんて呼んだのかしら」

唯「あーそれはあれだよー」

和「あれって?」

唯「あれはあれだよ」

和「だからあれって何よ」

唯「そーだ!和ちゃんはお父さんみたいに頼り甲斐があるから」

和「・・・まぁ許してあげましょうか」

唯「えへへ~。和ちゃん優しいから大好き!」

和「(駄目だわ。ついつい唯には甘くしてしまう・・・)」

憂「お父さ・・・和ちゃん!」

和「納得がいかないわ」



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/29(土) 20:32:03.03 ID:ul21gHP40

和「どうしてお父さんなんて呼んだのかしら」

唯「あーそれはあれだよー」

和「あれって?」

唯「あれはあれだよ」

和「だからあれって何よ」

唯「そーだ!和ちゃんはお父さんみたいに頼り甲斐があるから」

和「・・・まぁ許してあげましょうか」

唯「えへへ~。和ちゃん優しいから大好き!」

和「(駄目だわ。ついつい唯には甘くしてしまう・・・)」

憂「お婆ち・・・和ちゃん!」

和「納得がいかないわ」



16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/29(土) 20:40:26.55 ID:ul21gHP40

梓「・・・ごくり」

紬「どんとこいです!」

梓「中野梓いっきまーす」どんっ

紬「きゃっ・・・あいたたた」

梓「ご、ごめんなさい」

紬「いいの・・・でも」

梓「(ムギ先輩の顔がすぐそこに)」

紬「(この体勢、梓ちゃンの顔が近いわ)」

(参考)
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3786166.jpg

梓「(どきどき)」

紬「(どきどき)」



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/29(土) 20:51:22.58 ID:ul21gHP40

梓「(あれ、この左手の感触・・・)」むにゅむにゅ

紬「ひゃん」

梓「ご、ごめんなさい。おっぱいでしたか」

紬「だいじょうぶだから手をどけてくれる?」

梓「は、はい」

紬「あっ、そんな急に動いたおっぱいが潰されて・・・」

梓「え?」

紬「えぐっ」

梓「む、むぎせんぱい」

紬「うー」



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/29(土) 20:58:10.75 ID:ul21gHP40

梓「ほんとうにごめんなさい・・・」

紬「ぐすん」

梓「(涙目になってしまった。さっきより色っぽいような)」

紬「おっぱいなら好きなだけ触っていいから痛いことしないで」

梓「え・・・触っていいんですか」

紬「うん」

梓「・・・ごくり」



29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/29(土) 21:24:24.23 ID:ul21gHP40

紬「・・・」わくわく

梓「(これは千載一遇のチャンス)」

梓「(しかし本当に触ってしまってもいいのでしょうか)」

梓「(ムギ先輩はあくまでお母さんとして私に接しているだけ)」

梓「(ここで触っても先はない。それなら・・・)」

紬「まだかなぁ」

梓「やっぱりやめましょう」

紬「え」

梓「触ってもいいことないです」



30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/29(土) 21:27:21.89 ID:ul21gHP40

紬「・・・梓ちゃんお願い。胸が切ないの」

梓「私もです」

紬「梓ちゃんも?」

梓「はい」

紬「梓ちゃンのおっぱいも触ったほがいい?」

梓「違います。恋の病です。だから・・・」ちゅ

紬「あっ・・・」てれてれ

梓「・・・」てれてれ



律「だれが糞デコだ」

澪「悪いかよ」

紬・梓「あっ」



31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/29(土) 21:30:22.14 ID:ul21gHP40

律「まったくこいつらも盛ってんのか」

紬「・・・?」

梓「そうです。邪魔だからどこかへ行ってください」

澪「そーだな。唯もお母さんと遊ぶとか言って帰っちまったし。私もデコ連れて帰るか」

律「誰がおまえなんかと帰るか」

澪「と言いつつも付いてくるんだろ」

律「悔しい・・・」びくんびくん




梓「さっ・・・続きをやりましょう」

紬「・・・うん」


HAPPY END



32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/29(土) 21:31:24.24 ID:jjVewSOZ0

乙!


元スレ
梓「お母さ・・・ムギ先輩っ」