7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/20(日) 01:08:25.83 ID:E+5IuhNN0

妹「何で死んじゃったのさ…お兄ちゃん」

兄「心臓発作だって医者に聞いただろ」

妹「そういう事じゃないよ……」

兄「何でって、病気じゃないか」

妹「空気読んで!今そういう話の気分じゃ…」

兄「すまん」

妹「…………!!何で…」

兄「だから心臓…」

妹「何でいるの!?」

兄「幽霊だから」



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/20(日) 01:20:38.19 ID:E+5IuhNN0

妹「……成仏できないの?」

兄「みたいだな」

妹「なんでこんな事に」

兄「未練でもあるんじゃないか」

妹「急に死んじゃったもんね……」

兄「といっても、大して思い当たる節が無い」

妹「やりたい事とかなかったの?」

兄「別に」

妹「全く、成仏できないなんて死んだ後も世話が焼けるんだから」

兄「実際焼かれてるし」

妹「やかましい!!」



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/20(日) 01:28:18.57 ID:E+5IuhNN0

妹「思い出してよ、やってみたかった事」

兄「そうだなあ」

妹「美味しいもの食べたいとか、旅行行きたいとか」

兄「そんなんでいいのか」

妹「未練になってるかも知れないじゃん」

兄「それだと誰も成仏できないだろ」

妹「確かに……」

兄「あ」

妹「思い出した?」

兄「戒名、かっこいいの付けて欲しい」

妹「死後じゃない!!」



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/20(日) 01:35:21.98 ID:E+5IuhNN0

兄「だって体ないから腹も減らないんだよ」

妹「欲求でも、食欲はバツ…と」

兄「加えて眠くもならないんだな、これが」

妹「とすると残るは……」

兄「風邪でもひいたか?」

妹「うるさい!!お兄ちゃんは何で平気なのさ!」

兄「風邪をひく体が無い」

妹「そういう事じゃない!」

兄「赤くなる血液もない」

妹「というか生きてる時から変わらず感情薄いよね……」

兄「死んでも生き生きしてるだろ」

妹「それ笑えない」



17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/20(日) 01:43:13.54 ID:E+5IuhNN0

兄「確かに童貞のまま死んだのは未練なのかもしれない」

妹「え……それって」

兄「風邪…」

妹「うっさい!!」

兄「別にお前が相手とは言ってないぞ」

妹「そっ…そんなの当たり前だよ!バカじゃないの!?」

兄「脳みそ燃えちゃったしそうかもしれん」

妹「第一私達、血が繋がって…」

兄「繋がる血も無い訳だが」

妹「…………そう」

兄「血が無いから駄目かもしれん」

妹「見せるな変態っ!!」



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/20(日) 01:50:32.75 ID:E+5IuhNN0

兄「兄妹じゃないか気にするな」

妹「まあ…そうだけど」

兄「使えるかどうかは別として、相手を探さなければ」

妹「……女の幽霊とか捜せば?」

兄「そうするか」

妹「いるの?」

兄「いる」

妹「そう…その、外見はどうなのさ」

兄「何とも形容し難いな」

妹「その…わっ、私と比べてどうなのっ?」

兄「お前の方が綺麗だな」

妹「…………」

兄「腸も飛び出てないし、足も変な方向むいてないし」

妹「うっさい黙れ」



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/20(日) 01:58:16.15 ID:E+5IuhNN0

妹「そんな幽霊どこにいるのさ……」

兄「そこの部屋の隅」

妹「ひぇっ…」

兄「風邪でもひいたか」

妹「そうじゃない!!」

兄「俺は怖くないのか」

妹「お兄ちゃんはお兄ちゃんじゃん」

兄「燃えた俺と、今の俺、どっちがお前のお兄ちゃんなんだ」

妹「……怖い事言わないでよ」

兄「やっと怖がったか」

妹「なんでわざわざ……」

兄「幽霊になったらやってみたかったんだ、怖がらせるの」

妹「死後じゃないとゆーとろうが」



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/20(日) 02:08:47.13 ID:E+5IuhNN0

妹「てか…その…お、お兄ちゃん童貞だったんだ」

兄「そうだ」

妹「……彼女とかもいなかった、の?」

兄「詰まらない男だからな」

妹「自分で言わないでよ……」

兄「女性の裸どころか、手も繋いでない」

妹「やっぱりそれが未練だって!」

兄「お前さっきから元気だな」

妹「こっちは必死なんだから」

兄「こっちも必死なんだが」

妹「だから笑えないって」



26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/20(日) 02:17:30.78 ID:E+5IuhNN0

妹「ほ、ほら、手くらいなら繋いで良いよ?」

兄「かたじけない」

妹「うわ……冷た」

兄「あれ、触れる」

妹「物に触れないの?」

兄「そのはずだった」

妹「へぇ…私だけなんだぁ」

兄「今の俺は、お前しか見えない」

妹「へ…!?ななな何手ぇ繋いだくらいで何言ってんのさっ!?」

兄「お前が俺しか幽霊を見えないように、俺も」

妹「離せバカ!!」



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/20(日) 02:26:23.11 ID:E+5IuhNN0

兄「何怒ってるんだ」

妹「うっさい!もう協力してあげないよ!?」

兄「別に俺はこのままでも良いと思うんだがな」

妹「何、もしかして……私が心配、とか?」

兄「いや全く」

妹「薄情者!!」

兄「薄情霊だ」

妹「色情霊みたいに言うな!」

兄「たぶんあれ嘘だぞ、何も感じない」

妹「……た…確かめてみる?」

兄「お前さっきから元気だな」

妹「うっさい!」



33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/20(日) 02:37:11.49 ID:E+5IuhNN0

妹「ほら、どうなのさ?」

兄「なんでそんなベタベタしてくるんだ」

妹「みっ未練で思いつくのはこういう事でしょ?ほらほら」

兄「胸とか当てられても兄妹だし」

妹「血が無いんでしょ、どうなの」

兄「血どころか胸も」

妹「殴るよ!?」

兄「塩ぶっかけられた方が効くよ」

妹「へへへ変態!そこまでの事は…」

兄「頭に血、上り過ぎ」

妹「もう!もう!生きてんだからしょうがないじゃん!!」



40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/20(日) 03:08:06.37 ID:E+5IuhNN0

兄「そこまでする気はないが」

妹「でも…成仏できないでしょっ?」

兄「元気なのは結構だが、確証はない」

妹「う、うっさい!未練は肉体関係!達成すれば成仏!」

兄「肉体燃えたのに肉体関係とは、これいかに」

妹「重箱の隅つついてる暇あるなら他のつついてよっ」

兄「つつくほど厚みも無いんだが」

妹「癪に触る暇あるならとっとと触ってってば!」

兄「はいはい」

妹「…………っ……ひぁ……」

兄「お前が昇天しそうになってどうする」

妹「っ…とっとと成仏しろよバカバカ!!」



43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/20(日) 03:18:55.18 ID:E+5IuhNN0

兄「すまんが俺は昇天出来そうにない」

妹「……じゃ、そこ弄るしかない、よね?」

兄「多分無駄だ、血が無い」

妹「これでどうさ!?」

兄「だから兄妹だし、脱がれてもなあ」

妹「もっと良く見て!綺麗な体してるでしょ!?」

兄「腸も出てないしな」

妹「そこじゃないとゆーとろうが!!他!!」

兄「胸も尻も出てはいるな」

妹「ちっがーうっ!!」

兄「腹か」

妹「色気だバカ!!」

兄「喰い気じゃないか」



44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/20(日) 03:27:34.49 ID:E+5IuhNN0

兄「あ」

妹「何っ?」

兄「綺麗な体で思い出した」

妹「舐めまわしたい!?触りたい!?」

兄「お前なんで『死んでるんだぜ』やらなかった」

妹「は?」

兄「綺麗な体してるだろ、ウソみたいだろ、死んでるんだぜ、それで…」

妹「出来るかバカっ……て、それが未練だとしたらもう…」

兄「いや、今思いついた」

妹「死ね!!!」

兄「手遅れだ」



46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/20(日) 03:38:49.77 ID:E+5IuhNN0

妹「へくしっ」

兄「風邪でもひいたか」

妹「脱いでるんだよ!?」

兄「着なさいな」

妹「こ…これから成仏させるっていってるじゃん!!」

兄「……良いのか」

妹「お兄ちゃんの世話焼くのが…妹の務めだからね」

兄「本当に、お前は良いのか」

妹「…とっとと童貞捨てて浮世も捨てろバカ!」

兄「わかった、目閉じて」

妹「……」



48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/20(日) 03:46:26.65 ID:E+5IuhNN0

兄「震えてるじゃないか」

妹「怖がらせるのが幽霊なんでしょ…?」

兄「…いつもお前に世話焼かせて、悪いな」

妹「ほんとだよ、もう」

兄「有難う」

妹「んむ…冷た……キスなんかいいから、とっととしなよ」

妹「……おーい、まだなの?」

妹「……風邪ひいちゃうよ?」

妹「……怖くなったの?」

妹「……お兄ちゃん?」

妹「……どこ?」



53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/20(日) 03:59:01.64 ID:E+5IuhNN0

―――――――――――――――
―――――――――――――――

妹「お兄ちゃん、今日の花は鷺草だよ」

妹「花屋さんであんまり綺麗だから買ってきちゃった」

妹「ってちゃんと聞こえてるのかな」

妹「………キスして成仏なんてどんだけウブなんだよ、もう」



「いや、キスは関係ないから」

妹「……っ!」

「言い忘れてたことがあったのが不味かったらしい」

妹「……じゃあなんでキスなんかしたんだよ、この色情霊」

「色情霊じゃない」

妹「うっさい、バカ…」

「今は、守護霊だ」

お終い


元スレ
妹「お兄ちゃんが燃えた」