1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/28(日) 15:53:45 ID:1u6l9EzA

多分短編

アルミン「」フムムム

エレン「何やってんだあいつ」

ライナー「…この世の未来を見ようとしてるらしい」

エレン「はぁ?」

ベルトルト「急に自分には特別な力があるとか言い出してね」

アルミン「」フムムムム



2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/28(日) 15:59:10 ID:1u6l9EzA

アルミン「みえる…みえるぞ…」フムムムム

エレン「おーい」ポン

アルミン「触るな!」

エレン「うお!」

アルミン「」フムムムム

ライナー「手がつけられないだろう」

エレン「病気か?」

ベルトルト「俗にいう中ニ病だね」



3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/28(日) 16:01:59 ID:1u6l9EzA

アルミン「みえた!エレンは巨人になるぞ!」ババ-ン

エレン「俺が巨人になるはずないだろうが」

アルミン「私の予言は絶対…」

ライナー「…」

ベルトルト「…」



4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/28(日) 16:04:32 ID:1u6l9EzA

エレン「付き合ってられねえ。いこうぜライナー、ベルトルト」

ライナー「あ、ああ」

ベルトルト「そうだね」

アルミン「みえた!東南海地震が起きるぞ!」



5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/28(日) 16:09:11 ID:1u6l9EzA

次の日

キース「アルレルト訓練兵…何だその姿は…」

アルレルト「…フ…」

エレン「黒いコートに大剣…」

ライナー「悪化したな」



6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/28(日) 16:12:09 ID:1u6l9EzA

アルレルト「このコートは訳あって脱げねえ」

キース「バカな事をいうな!さっさと脱げ!」

アルレルト「いいのか?俺の中に封印された独眼竜が復活するぜ…?」

エレン「腹立つな」



7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/28(日) 16:15:17 ID:1u6l9EzA

キース「ええい!もういい!死ぬまで走ってこい!」

アルレルト「フ…俺にそこまで言うとは…やるじゃねえか…」

エレン「医者にみてもらったほうがいいんじゃねえか?」

ライナー「ああ…」

ベルトルト「これは駄目だね」



8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/28(日) 16:18:14 ID:1u6l9EzA

エレン「アルミンはどこだ?」

ジャン「寮だ」

エレン「ありがとなジャン!」タタタ

ジャン「エレン…//」



9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/28(日) 16:20:59 ID:1u6l9EzA

エレン「おーいアルミン」ガチャ

アルミン「うわったったったぁ!」バタバタ

エレン「どうした」

アルレルト「おい…我が領域に無断で入るとは…死ではすまされんぞ…」

エレン「疲れねえのか?」



10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/28(日) 16:26:52 ID:1u6l9EzA

アルレルト「俺に何の用だ、紅の駆逐者エレン•イェーガー…」

エレン「は?いや、今、飯だから…」

アルレルト「なるほど…晩餐に招待しにきたというのか…」

エレン「ああ」

アルレルト「フ…いいだろう…」ズリズリ

エレン「コート引きずってるぞ」

アルミン「え!?」



12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/28(日) 16:34:39 ID:1u6l9EzA

アルレルト「…」

エレン「食わねえのか?」

アルレルト「これにはダークマターの暗黒物質が入っているかもしれん…」

エレン「意味被ってねえか?」

アルレルト「迂闊に手をだせば……死ぬぞ」

エレン「いいから食えよ」グイ

アルミン「んぐ!」



15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/28(日) 16:40:32 ID:1u6l9EzA

アルミン「酷いよエレ…」ハッ

アルレルト「貴様!何をする!まさか裏切ったのか!」

エレン「食堂で叫ぶな」

アルレルト「愚民共の事など俺にとってはどうでもいい…」

エレン「あ、クリスタがこっち見てる」

アルミン「え!ほんと!」クル

エレン「」ニヤニヤ

アルミン「あ…し、しまった…」アセアセ



16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/28(日) 16:43:41 ID:1u6l9EzA

アルミン「エレン!人を黙…」ハッ

アルレルト「どうやら死にたいようだな貴様!覚悟!」トゥ-ヘァ-

エレン「今食ってんだから静かにしてくれ」ヒョイヒョイ

アルミン「ちょっと!避けるなんて卑怯だよ!」

エレン「知るか」



19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/28(日) 16:48:44 ID:1u6l9EzA

エレン「アルミン、さっさと食ったほうがいいぞ。時間ない」

アルレルト「ふん。こんな見せかけの食事などいらぬ!毒に侵されてしまうぞ」

エレン「なぁ、腹の力抜いてくれ」

アルレルト「なぜだ!」

エレン「何もしねえから」

アルレルト「仕方ない…やってやろう」ス-

腹「」グ-

アルミン「!」

エレン「ほら、座れ座れ」

アルミン「…うん」



20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/28(日) 16:57:35 ID:1u6l9EzA

エレン「アルミン知らねえか?」

ジャン「倉庫にいたぞ」

エレン「そうか!ありがとう!」ダダダ

ジャン「あ、エレン!」



21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/28(日) 17:00:30 ID:1u6l9EzA

ガタガタ

エレン「何やってんだ」

エレン「」ソロ-

アルミン「これ何か使えそうだなぁ」ゴソゴソ

アルミン「あ!これ腕にはめよう!」

エレン「…おーい」

アルミン「」ビックゥ



22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/28(日) 17:07:26 ID:1u6l9EzA

アルミン「」ゴロゴロゴロ ガバ

アルレルト「俺に気配を感じさせないとは…更に腕を上げたな…」ハァハァ

エレン「何やってたんだよ」

アルレルト「邪悪なる意志を持つ者の叫びを聞いた。その浄化に来た」

エレン「何言ってんのかわからねえが寮に戻るぞ」

アルレルト「俺は目的を達するまで戻る気はない」

エレン「教官に怒られるぞ」

アルミン「…あ…じゃあ…うん…」



23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/28(日) 17:18:22 ID:1u6l9EzA

アルミン「~♪」

エレン「アルミンがスキップしてる…」

ベルトルト「どうしたんだろうね」

アルミン「~♪」チラ

アルミン「!」

エレン「気づかれたぞ」

アルミン「///」ダダダ

ベルトルト「顔赤らめて逃げたね」

エレン「スキップより中二病キャラを恥じれよ」



25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/28(日) 17:28:00 ID:1u6l9EzA

アルミン「えー、世界は俺のもの…いや…世界は私のものだのほうが格好いいかな…」

エレン「掴めー描いた夢をー」

アルミン「うん!世界は僕のものにするよ!」

エレン「守れー大事な友をー」

アルミン「うん、任せてよ!」

エレン「たくましい自分になれるさー」

アルミン「たくましい自分か…いいなぁ…」

エレン「知らないパワーが宿るー」

アルミン「って!何でいるの!」



26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/28(日) 17:30:26 ID:1u6l9EzA

エレン「俺は歌ってただけだ。アルミンが勝手に合いの手をかぶせてきただけだろ」

アルミン「そうじゃない!何でここで歌ってるんだ!僕の夢を暴露しちゃったじゃないか!」

エレン「素で怒んなよ」



27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/28(日) 17:34:31 ID:1u6l9EzA

エレン「世界を自分のものにねぇ」

アルレルト「ええい!黙らねえと叩き斬るぞ!」シャキン

エレン「おもちゃの剣で何が出来るんだよ」

アルレルト「邪王真眼!!」ピカ-ン

エレン「カラーコンタクトじゃねえか。パクるなよ」

アルミン「うるさいなぁもう!」



28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/28(日) 17:46:38 ID:1u6l9EzA

~4年経過~

アルミン「」キョロキョロ

アルミン「」コソコソ

エレン「それ捨てんのか」

アルミン「うわあ!エレン!」

エレン「勿体ないな」ゴソゴソ

アルミン「ちょっと!探らないでよ!」

エレン「あ!悪魔の取り憑く(笑)ブレスレットだ!」

アルミン「いやあああ!!!やめてぇぇぇ!!!」

エレン「これ付けて悪魔と契約するんだとか言ってたな」

アルミン「うわあああ!!!」

エレン「あ!神を殺せる(笑)唯一の銃だ!」

アルミン「やめてってぇぇぇ!!!」




元スレ
SS深夜VIP:アルミン「」フムムムムムム