SS速報VIP:照「淡が......」菫「蛸になっただと......!?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1406636617/



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/29(火) 21:23:37.58 ID:Yh8+7qE6O


前作
照「誠子が......」淡「し、死んでる」


一応世界線は同じです。
前作と同じく勢いだけで書きました。

反省はしている
後悔はしていない

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1406636617




2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/29(火) 21:24:52.94 ID:Yh8+7qE6O

淡「テルー!」ウネウネ

照「キェァアアアアアアアアアシャベッタァアアアアアア!!」

誠子「こいつ......動くぞ!」ガタッ

淡「人をなんだと思ってるの!!」プンスコ

照「蛸」

尭深「蛸」

誠子「蛸」

淡「酷いよ!!!」ムキィィッ

菫「酷いよじゃない、何故お前、と言うかなんで蛸?」

淡「そう、アレは昨日の夜の事だった......」

照「あ、これ回想入るやつだ」



3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/29(火) 21:25:25.03 ID:Yh8+7qE6O

(回想)

淡『お母さんーアイスある?』

淡母『冷凍庫に入ってなかった?』

淡『あったら聞いてないよー』

淡母『あ、ごめんお母さん食べちゃった』

淡『えええぇえッ!!』

淡母『許してにゃん』ニャン

淡『許さん!!死をもって償えッ!』バッ

淡母『だが断る!』バァン






4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/29(火) 21:27:03.69 ID:Yh8+7qE6O

淡「と、言う訳で......」

菫「何が、と言う訳でだ、何一つ蛸との関係がねーよ」

淡「因みにお父さんがスイカバーを三本買って来たので、この戦争はお流れになりました」

照「それは良かった、私の家ではアイスとお父さんの眼鏡が等価だったし、その程度で済んだのは奇跡」

菫「お前の父親不憫過ぎるだろ......」

誠子「話が脱線してますよ、先輩」

菫「あぁ、すまない......何の話だったか....」

誠子「アイスの話です」

菫「お前、よくそれで話が脱線してるとか言えたな」



5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/29(火) 21:27:33.12 ID:Yh8+7qE6O

照「淡が蛸になった原因について」

誠子「珍しくボケませんでしたね」ニヤッ

照「......何故か負けた気分」

菫「あぁ、もう話が進まん!心当たりのある奴は居ないのか」

尭深「病気とか....」

菫「こんな病があってたまるか」

淡「ねぇねぇテルー!今気付いたんだけど、陸でも呼吸出来るよ!!」ウネウネ

照「キェァアry 菫「ドゥドゥ」

誠子「こいつ......うry 尭深「オラァッ!」ドコォ

誠子「あべしっ!」ガシャァッ




6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/29(火) 21:28:04.96 ID:Yh8+7qE6O

菫「話が纏まらないな......」

尭深「ちょっと専門医に連絡してみます」

照「専門医?」

菫「ん、何の専門なのかは知らん」

誠子「さかなクンとかじゃないですか?」

菫「それはない」

尭深「......僕らはいつも以心伝心」

誠子「二人の距離繋ぐテレパシー」

菫「悪い予感しかしないんだが...と言うかふざけ過ぎだ誠子、お前も何か貢献したらどうだ」

誠子「海洋生物の事なら私に任せて下さいよ」

淡「そっか!せーこは海の女だもんね!」

照「まるで釣り博士......」

誠子「やめろォ!」



7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/29(火) 21:28:56.50 ID:Yh8+7qE6O

尭深「あ、専門医と連絡が取れましよ」

菫「ほう......と、言うか専門医って結局誰なんだ」

尭深「さかなクンです」

菫「あーもう良い、結果だけ伝えろ」

照「需要あるの?」

淡「まったくもってー」

菫「話が進展しないよりはマシだろ」

尭深「あ、良いですか?」

菫「あぁ、すまない続けてくれ」

尭深「はい、三日程経てば自然と治るそうです」

照「そんな......風邪じゃないんだから」

誠子「三日坊主的なノリで淡を弄んでいる訳だ、この蛸は」

淡「蛸を批難されているのか、私が批難されているのか......」

菫「まぁ、放っておいて治るなら様子を見るか......」

誠子「さかなクン盲信わろた」



8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/29(火) 21:29:48.70 ID:Yh8+7qE6O

照「それは良いとしても三日後までどうするの?」

菫「私は嫌だぞ、某ボーカロイドみたく愛らしいデフォルメならまだしも黄色いだけのリアル蛸を家に持って帰ってみろ、気でも触れたのかと思われる」

誠子「正論ですけどメチャクチャ言いますね」

尭深「なら誠子ちゃんが持って帰れば良いよ」

誠子「え?」

照「確かに、誠子なら蛸も趣味の範疇で誤魔化せる」

菫「釣り師の見せ所だな、亦野」

誠子「ええええぇ......」

淡「お世話になりますせーこ先輩!」ウネウネ

菫・照・尭深「......」ジ-

誠子「わ、分かりましたよ!!連れて帰れば良いんでしょ!?」

菫「流石次期部長だ」

照「私の後釜は誠子しか居ないと思ってた」

尭深「誠子ちゃんの優しさが五臓六腑に染み渡る...」ズズッ

淡「とにかくありがとう!!」

誠子「褒め方雑になってない?」

菫「じゃあ、頼んだぞ亦野」

誠子「え、あ......はい」



9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/29(火) 21:30:33.96 ID:Yh8+7qE6O

放課後

誠子「たこ焼き食べたいなぁ......」

淡「唐突になんて事言うのさ!」ウネウネ

誠子「凄い厄介事を押し付けられた気分だからさ」

淡「厄介事だからね」ウネウネ

誠子「......」

淡「どーしたの?」ウネウネ

誠子「淡はさ、なんでそんなに冷静なの?普通蛸になんてなっちゃったら泣くか喚くかしそうだけど」

淡「んー......考えても仕方ないし」

誠子「まぁ、そうだけど」

淡「頼りになる先輩も居るし」

誠子「......」

淡「皆が居るからきっとどうにかなるよー」ウネウネ

誠子「楽観的だなぁ」

淡「ティヒヒ」ウネウネ




10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/29(火) 21:31:01.75 ID:Yh8+7qE6O

誠子「じゃあ帰るぞ淡」

淡「ラジャー!!」ピョン

誠子「肩に飛び乗るな!!制服が!!うわ磯臭い!!」

淡「仕方ないよ!今の私、熱に弱いから真夏の地面なんて歩けやしない!!」

誠子「うわぁあああああチクショー!!」

淡「制服は諦めろ......っ!!」

誠子「くそっ、調子に乗りやがって!!ダッシュで帰るぞ!!」ダッ

淡「アイアイサー!」

照「思いの他意気投合してるね」

尭深「誠子ちゃんは面倒見が良いから」

菫「......私達も何か淡にしてやれる事を考えるか」

照「そう言うと思って、外泊の許可は取ってある」

尭深「同じく」ズズッ

菫「なんで私の家に来る事前提なんだ」

照・尭深「よろしくお願いします」ペコッ

菫「はぁ......」




11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/29(火) 21:32:00.61 ID:Yh8+7qE6O

亦野家

誠子「ただいまー!」バァン

淡「おーぅせーこ先輩の家初めて見た!」

誠子「家は父さんが漁師で、母さんも趣味云々で基本的に家に居ないんだ」

淡「趣味?」

誠子「サバゲー」

淡「亦野家には決定的に女性ホルモンが欠けてるね!!」

誠子「うるさい、茹でるぞ」

淡「これは失礼!」

誠子「ったく......さてどうしたもんか」

淡「ねーねー、水槽とかないの?」

誠子「あるよ、淡としては水の中で暮らしたいの?」

淡「んー、お試しみたいな感じで水の中に入ってみたいなぁーと思ったり!」

誠子「そんなチャレンジ精神いらないよ」

淡「ケチー!!」

誠子「はぁ......じゃあちょっと待ってて」

淡「飴と鞭」ボソッ

誠子「はいはい、もうなんとでも言ってくれ......」ガサゴソ




12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/29(火) 21:32:57.52 ID:Yh8+7qE6O

水槽準備中


誠子「出来たッ!安土城がッ!」バァン

淡「キエエエエエッ!!!」ドゴォッ

誠子「うわあああああッ私の安土城が数秒で爆発四散したぁああッ!!」

淡「安土城は本当に存在したのだろうか、そこにすら疑問を抱かせるのが幻の城と呼ばれる所以なのだ」

誠子「いやお前のせいだからねッ!?」

淡「いやいや、何故水槽準備中とかテロップ入れたのに安土城?」

誠子「私の中ではペニシリンを完成させた... 淡「いやそんな壮大な話じゃないよ!!!ただのボケだよ!!」

誠子「はいはい、分かりましたよ、水槽ですねはいどーぞ!」バン

淡「バケツじゃん!!」




13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/29(火) 21:34:31.97 ID:Yh8+7qE6O

誠子「いや、家に水槽無いから」

淡「あるって言ったじゃん!」

誠子「そこはほら、私フィッシャーだし?」テレテレ

淡「いらん見栄だね、悲しくなって来たよ私は」ウネウネ

誠子「文句言うならバケツも没収......」

淡「あーあー!分かりました入りますよッ!!」バチャンッ

\ペカッー!/

誠子「なんか発光したッ!?」

淡「こ、これは......!」

バァン!

誠子「そこには産まれたてのあわあry 淡「キャーッ!!」パチンッ

誠子「へぶしッ!」ドゴォッン




14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/29(火) 21:35:19.36 ID:Yh8+7qE6O

翌日

淡「と、言う訳で大星淡!無事生還しました!」

照「さかなクン()」

尭深「誠子ちゃんもお疲れ様」

誠子「暫くは大人しくしようと思った」

淡「だってせーこが私の初めてを......」ボソッ

照「え」

尭深「え」

誠子「ちょっ」

照「最近の子は手が早いのね奥さん」ボソボソ

尭深「流石亦野ね」ボソボソ

誠子「人の名字を下ネタ扱いするなよ!」バンッ



15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/29(火) 21:37:01.03 ID:Yh8+7qE6O

淡「ん、ところでスミレは?」

照「あ、あぁ~......」

尭深「その件に関しては......」

菫「あの......」

淡「なーんだ、居るじゃんスミレ先輩!」

照「あ」

菫「あ、あの......何方様でしょうか?」ビクビク

淡「え」

誠子「え」

尭深「ご覧の通り記憶喪失になりました」

照「てるぺろ」ペロッ

淡・誠子「えええええええッ!?」

菫「ひぃっ!」ビクッ

照・淡・誠子・尭深(かわえぇ......)


カン



元スレ
SS速報VIP:照「淡が......」菫「蛸になっただと......!?」