1: 名無しで叶える物語 2021/03/07(日) 00:19:43.88 ID:oqF6tx9U.net

璃奈「え……うん」

かすみ「はい」

エマ「ええっと……そうそう、それでこの前のメイクの話なんだけどねー」

彼方「ちょちょちょ、ちょっと待ってみんな! なあにそのうす~いリアクションはー!」

かすみ「だって……彼方先輩ってたまに、その、よく言えばお茶目なことやらかすじゃないですか」

彼方「おっ。そのせいいっぱい取り繕った言葉の裏にある辛辣な本音、彼方ちゃんじゃなきゃ見逃しちゃうね~」



2: 名無しで叶える物語 2021/03/07(日) 00:21:50.66 ID:oqF6tx9U.net

璃奈「うん……誰でもわかると思う」

エマ「そうだよねえ……」

彼方「うわあああん。今日はみんなが冷たいよ~。彼方ちゃん寂しいよ~」

かすみ「う、うわあ。ちょっと彼方先輩。急に体当たりしてこないでください。なんなんですか。どうしたんですか今日は」

彼方「だから疲れちゃったのさ~」

璃奈「なにに?」

彼方「お姉ちゃんに」



5: 名無しで叶える物語 2021/03/07(日) 00:23:56.73 ID:oqF6tx9U.net

エマ「う~ん。よくわからないけど、彼方ちゃんは何をしたいの……?」

彼方「そう、それだよ! 彼方ちゃんが言いたかったのはそこ! さすがエマちゃん、話がわかる~」

璃奈「それはわかったから、彼方さんの結論は?」

彼方「彼方ちゃん。今日は璃奈ちゃんとかすみちゃんと一緒に一年生やります」

かすみ「ええ……」

璃奈「ええ……」

エマ「なにそれ面白そう!」

かすみ「お願いですからエマ先輩はまともでいてください」



7: 名無しで叶える物語 2021/03/07(日) 00:26:11.08 ID:oqF6tx9U.net

璃奈「まあ、それで彼方さん――じゃなかった。彼方ちゃんの気が済むなら、わたしは別にいいと思う」

かすみ「うーん……別にわたしも、りな子がやるって言うならダメとまでは言いませんけど。ね、かな子?」

彼方「やったあ! ありがと~、りな子、かす子」

かすみ「待て待て待て待て。今なんて言った?」

彼方「え、りな子って」

かすみ「そのあとっ! いくら優しくて可愛いかすみんでも、さっきの呼び方は認めないよ。かすかすより酷いじゃん!」

彼方「もっとスクールアイドルっぽく言ってほしいなあ」

かすみ「認められないわぁ」



10: 名無しで叶える物語 2021/03/07(日) 00:28:14.04 ID:oqF6tx9U.net

璃奈「ふ、ふふっ……かすみちゃん、上手」

彼方「ぷくく……やっぱり彼方ちゃんの見立てに間違いはなかった。かすみちゃんは物真似が上手い!」

かすみ「ちがーう! わたしはもっと可愛く呼んでほしいって言ってるんだけど!?」

彼方「だって……彼方ちゃんだって二人のことあだ名で呼びたいし……」

かすみ「だとしてもかす子はナシ! かすみんです!」

彼方「でも、それだとおかしなことになっても知らないよ?」

かすみ「え、どういう意味……?」



11: 名無しで叶える物語 2021/03/07(日) 00:30:29.53 ID:oqF6tx9U.net

彼方「だってさ。わたしたちってステージで挨拶とかするでしょ~?」

璃奈「あ、そっか。彼方ちゃんの言ってること、把握」

彼方「でしょ。いくよ~?」

璃奈「りな子です」

彼方「かな子で~す」

かすみ「可愛い可愛いかすみんです☆」

エマ「……」



12: 名無しで叶える物語 2021/03/07(日) 00:32:37.24 ID:oqF6tx9U.net

彼方「ほらね~。見てよあの何か言いたげなエマさんの顔。生まれがスイスじゃなくて大阪だったら絶対ツッコまれてるとこだよ」

璃奈「弄られたい欲、出すぎ」

かすみ「むかっ。じゃあどうしろって言うの?」

彼方「だから、みんなで呼び方を同じように統一するんだよ~。はい璃奈ちゃん」

璃奈「りな子です」

彼方「かな子で~す」

かすみ「可愛い可愛いかす子ですっ☆」

エマ「……フッ」



13: 名無しで叶える物語 2021/03/07(日) 00:35:00.71 ID:oqF6tx9U.net

かすみ「ちょっ! 笑われたんだけど!?」

璃奈「ぷ、ふっ……かすみちゃん、どうあがいてもおいしい」

彼方「おっかしいなあ。彼方ちゃんの計算だと、くく……これでばっちりだったはずなんだけどなあ」

かすみ「とか言って、二人とも笑いこらえるのに必死じゃん! 待てかな子! りな子! 逃げんなあああ!」

エマ(すごいなあ彼方ちゃん。完全に一年生として馴染みきってるや……)



15: 名無しで叶える物語 2021/03/07(日) 00:38:36.29 ID:oqF6tx9U.net

かすみ「はぁ……はぁ……やっと掴まえた。二人ともちゃんと反省した?」

璃奈「海よりも深く」

彼方「本番前より真剣に」

かすみ「してないなこいつら。どう思いますエマ先輩」

エマ「そうだねえ。一年良いなあって思ったよ」

かすみ「わたしの話聞いてました!?」

エマ「きっと内側からじゃわからないんだよ。やっぱりわたしも一年生やろうかなあ」

かすみ「いやお願いですからエマ先輩はまともでいてください」



17: 名無しで叶える物語 2021/03/07(日) 00:41:06.34 ID:oqF6tx9U.net

彼方「ところでかすみちゃん。今日帰りに何か食べて帰ろうよ~」

かすみ「急に話題替えましたね。あだ名はもういいんですか」

彼方「ほら、考えてみたら彼方ちゃん、元々同級生もちゃん付けしてたし」

かすみ「今までの苦労は何だったの……」

璃奈「私、ブリー・ド・モーのチーズタルト食べたい!」

かすみ「あ、いいかも」

彼方「そう? チーズタルトくらいなら彼方ちゃん作れるよ?」



18: 名無しで叶える物語 2021/03/07(日) 00:43:47.54 ID:oqF6tx9U.net

璃奈「彼方ちゃん、それは趣旨が違う」

かすみ「そうそう。それと材料も違う」

エマ「ていうか彼方ちゃん、ダメだよ? お姉ちゃんみが滲み出ちゃってるよ?」

彼方「はっ、これはうっかり。ダメだね~、職業病かな~」

かすみ「お姉ちゃんって職業だったんだ……」

彼方「そうだよ~。世界一尊くて、人間にとって一番大事なお仕事だよ~」

璃奈「そこまで言われると興味が湧いてくる」

彼方「まあ辞表出してきたんだけどね」

 ・
 ・
 ・



19: 名無しで叶える物語 2021/03/07(日) 00:49:01.85 ID:oqF6tx9U.net

【in スイーツのお店】

彼方「というわけで注文してみたけど! うわあ、おいしそう!」

かすみ「はぁ~、これこれ。見てるだけで幸せになっちゃう……」

璃奈「うん。でもエマさんもこればよかったのに」

彼方「用事があるなら仕方ないよ。それより璃奈ちゃん、見てこの断面。やわらかくてチーズとろけ落ちてきそう~」

璃奈「ふああ、美味しそう……璃奈ちゃんボード『じゅるり』」

かすみ「ほらりな子。あ~~ん」

璃奈「あーん……」

彼方「う、うわあ。そんな人前ではしたない。なんだね。君たちは彼方ちゃんが知らないところで付き合ってたのかい?」



20: 名無しで叶える物語 2021/03/07(日) 00:51:51.03 ID:oqF6tx9U.net

かすみ「そっ、そんなわけないじゃん! でもほら……」チラリ

璃奈「もきゅもきゅもきゅ…………」

かすみ「ね」

彼方「むむ、確かに。小動物感というか、病みつきになる可愛さなのは認めざるを得ない」

璃奈「かすみちゃん……?」ジッ

かすみ「あ、はいはい。ほらあ~ん」

璃奈「あーん」

彼方「だがしかーし! はむっ」

かすみ「あ」

璃奈「あ」



23: 名無しで叶える物語 2021/03/07(日) 00:53:30.27 ID:oqF6tx9U.net

彼方「はなひゃひゃんらってかわひくたへられふんへふへほ?」

かすみ「食べてからしゃべればいいから」

璃奈「食べ物の恨み……」ジトー

彼方「むぐむぐ……ごっくん。こ、これは……これは……」

かすみ「はいはい。で、なんなのかな子」

彼方「おいしーーーーい!」

かすみ「いやさっき言おうとしたことと違くない!?」



25: 名無しで叶える物語 2021/03/07(日) 00:55:27.96 ID:oqF6tx9U.net

彼方「あ、そうだった。さっきはね~、彼方ちゃんだって可愛く食べるくらいできるんですけど? って言おうとしたの~」

璃奈「でも美味しすぎて、そんなのどうでもよくなっちゃったとか?」

彼方「大正解~」

かすみ「ていうかそれわたしの台詞じゃん! 人の台詞使っておいてどうでもいいとか言わないで欲しいんだけど!?」

璃奈「かすみちゃん落ち着いて。はい、あーん」

かすみ「そんなので黙らせようたってそうはいかな――はぁん……でもやっぱり美味しい……」



26: 名無しで叶える物語 2021/03/07(日) 00:57:52.77 ID:oqF6tx9U.net

彼方「うんうん。かすみちゃんのそういうとこ。彼方ちゃん好きだなあ」

璃奈「わたしも」

かすみ「むぅ。あんまり褒められてる気がしないけど、タルトの甘さに免じて許したげる」

璃奈「やった。かすみちゃん、好き」

彼方「わたしも。かすみちゃん、好き」

かすみ「ば、ばかじゃないの。ふーんだ」



29: 名無しで叶える物語 2021/03/07(日) 00:59:57.53 ID:oqF6tx9U.net

 ・
 ・
 ・

かすみ「はー。今日もいっぱい食べたしいっぱいおしゃべりした。お腹いっぱいだよー」

璃奈「うん。かすみちゃんのライブの話。おもしろかった」

かすみ「でしょー? 同好会でみんなに話してもウケるかな?」

璃奈「わたしが保証する。少なくとも愛さんと侑さんは笑い転げると思う」

かすみ「そ、それはハードル低すぎてうれしくないかも……」



30: 名無しで叶える物語 2021/03/07(日) 01:02:06.75 ID:oqF6tx9U.net

彼方「ねえねえところで二人とも、このあとどうする? 璃奈ちゃんもいることだしゲームセンターとか――」

璃奈「あ、今日は親が早く帰ってくるって言ってたから、私は……」

かすみ「ごめんねかな子。わたしも今日は帰って課題をやらないといけなくて……」

璃奈「留年の危機」

かすみ「そこまでじゃないからっ」



31: 名無しで叶える物語 2021/03/07(日) 01:04:16.34 ID:oqF6tx9U.net

璃奈「でも情報筋からは、追試でも足りなかった点数の底上げをするために、先生が無理やり課題を出してくれたって聞いたよ」

かすみ「オーケーストップりな子。一つだけ確認なんだけど、この話題の拡散に演劇部はどれくらい関係してる?」

璃奈「な、なんのことだかわからない」ブルブル

彼方「そっかー……二人とも忙しいんなら仕方ないね」

璃奈「ごめんね」

かすみ「また今度埋め合わせするからさ」

彼方「うん、大丈夫。それよりかすみちゃんは留年の回避がんばってね」

かすみ「だからそこまでじゃないから!」



32: 名無しで叶える物語 2021/03/07(日) 01:07:20.96 ID:oqF6tx9U.net

 ・
 ・
 ・

璃奈「じゃあまた明日。今日も楽しかった」フリフリ

かすみ「りな子。夜にゲームやるならわたしも呼んでよ。それじゃね」

彼方「うん。二人ともまたねー……。はぁ、行ってしまった」

彼方「わたしも帰ろ……」



33: 名無しで叶える物語 2021/03/07(日) 01:09:06.18 ID:oqF6tx9U.net

彼方(あーあ。なんだかあっという間に終わっちゃったな……)

彼方(すっごく楽しかったから余計にそう感じるのかな……)

彼方(独りの帰り道って、こんなに静かだったっけ……)



34: 名無しで叶える物語 2021/03/07(日) 01:11:19.22 ID:oqF6tx9U.net

 ・
 ・
 ・

【近江家】

『〇月□日、七時のニュースです』



彼方(いつの間にかもうそんな時間かあ……)

彼方「ごはん作らなきゃ。だけど……やる気がでなーい」


彼方(こんなことなら璃奈ちゃんとかすみちゃんと別れた後で、コンビニでお弁当でも買ってこればよかった……)

彼方(それにしても、今日はみんなに悪いことしちゃったな……)



35: 名無しで叶える物語 2021/03/07(日) 01:14:32.39 ID:oqF6tx9U.net

彼方(かすみちゃんは優しいからいつも通りにしてくれたけど、ちょっとからかい過ぎちゃったよね……)

彼方(エマちゃんには気を遣わせちゃった。寮の用事なんてきっと嘘で、わたしが一年生ごっこやりやすい環境にしてくれただけだと思う……)

彼方(璃奈ちゃんからはタルト横取りしちゃった。表情はいつも通りだったけど、ちょっとだけ空気がぴりってしてたし、きっと怒ってたよね……)


彼方「悪い子だな、彼方ちゃん……」

彼方「罰としてご飯抜きにしようかな……」



36: 名無しで叶える物語 2021/03/07(日) 01:17:29.95 ID:oqF6tx9U.net

 ――ピンポーン。

『こんばんは。リーナーイーツです』

彼方「え、宅配? はい今出まーす!」

彼方「いや待て待て待てよ――あの、そもそもうちは頼んでないですけど~?」

『そんなこと言われても……返品は不可だから、とりあえず開けてほしい』

彼方(ええ~、どうしようどうしよう。きっと彼方ちゃんが悪い子だったから、本当に罰が当たっちゃったんだ)

『あれ、聞こえてないのかな――』

彼方(うう……すっごく怖い……けど開けないといつまでも帰ってもらえないかもしれない……うぅ……)



37: 名無しで叶える物語 2021/03/07(日) 01:21:18.68 ID:oqF6tx9U.net

『もう。りな子が悪いんだよ。紛らわしいことするから』

『う……璃奈ちゃんボード『反省……』』

彼方(あれ? この声)

『彼方ちゃーん。わたしたち怪しくないから普通に出てきて~?』

『くださーい』

『さい……』


彼方「みんな!?」



38: 名無しで叶える物語 2021/03/07(日) 01:25:00.59 ID:oqF6tx9U.net

 ・
 ・
 ・
彼方「えっと……とりあえず上がってもらったけど、どうしたのみんな。その……夜だよ?」

璃奈「お仕事体験」

彼方「何の話?」

かすみ「だ・か・ら! なにかあったんじゃないの、かな子」

彼方「な、何かって何かなー。彼方ちゃんはほら、この通り今日も元気だよ~?」

エマ「か・な・た・ちゃん?」

彼方「あ、あれえ。な、なんでみんなそんなに怖い顔してるの……?」



39: 名無しで叶える物語 2021/03/07(日) 01:27:23.54 ID:oqF6tx9U.net

璃奈「あのね、彼方ちゃん」

彼方「な、なあに璃奈ちゃん。ていうかまだ一年生でいさせてくれるんだね」

璃奈「うん。私も、誰もいない家に帰るのがちょっとだけつらい日もあるから……見てたらわかる」

彼方「そっかー……わかっちゃうかー……」

璃奈「うん。全部」

彼方「それなら仕方ないねえ。あのね、今日遥ちゃんがお友達のところにお泊りに行っていないんだあ……」

璃奈「うん。やっと言ってくれてうれしい」



40: 名無しで叶える物語 2021/03/07(日) 01:29:46.83 ID:oqF6tx9U.net

かすみ「で、本当にそれだけなの?」

彼方「それからね……この前のテストが今日返ってきて……すっごく悪かった……」

かすみ「にひひ。なーんだ、かな子もわたしの仲間だったんじゃん。大丈夫大丈夫、学校の先生ってなんだかんだ優しいから、反省してるふりしてれば追試なんて楽勝だよ」

彼方「うう……八十点台まで落ちたなんて二年ぶりくらいの大失態だよ。みんなに顔向けできない……」

かすみ「は……?」



41: 名無しで叶える物語 2021/03/07(日) 01:32:05.29 ID:oqF6tx9U.net

エマ「まあまあかすみちゃん。それで彼方ちゃん。溜めこんでたことは今ので全部?」

彼方「ううん。それがさ……昨日バイトでも大失敗しちゃって……。レジのお金あわなくてみんなを巻き込んじゃったり、他にもお客さんからクレーム言われたりして……それで悲しくて……」

エマ「そっかー。でもきっとそういう日もあるんだよ。大丈夫。一緒に働いてる人たちは彼方ちゃんに文句なんて言わなかったでしょ?」

彼方「うん……それはそうなんだけど」

エマ「It's not my dayって、私も向こうにいたときはたまに言ってたなあ」

彼方「あ……それ聞いたことある。でもそうだよね、誰にでも、そんな日ってあるよね……」

エマ「うんうん」



42: 名無しで叶える物語 2021/03/07(日) 01:34:44.74 ID:oqF6tx9U.net

彼方「よーし、わかった。彼方ちゃん復活する! みんなのおかげですっきりしたから!」

エマ「はあ……ダメだよ彼方ちゃん。すぐそういうこと言うのが彼方ちゃんの悪いところ」

かすみ「まったくです」

璃奈「本当にそう」

彼方「ええ……せっかく元気出そうと思って言ったのに。何かダメだった……?」



43: 名無しで叶える物語 2021/03/07(日) 01:37:27.66 ID:oqF6tx9U.net

エマ「だってまだ今日は終わってないよね?」

彼方「えっと、それはつまりどゆこと……?」

璃奈「彼方ちゃん。私ゲームセンターに行けなかった代わりに、ゲーム機丸ごと持ってきた。朝まで遊べるくらい」

かすみ「わたしも、かな子のために勉強道具とお泊りセット持ってきたし。ど、同級生なんだから、一緒に勉強するくらい普通でしょ」

彼方「あ、ありがと二人とも……でもどうしてそこまでしてくれるの?」



44: 名無しで叶える物語 2021/03/07(日) 01:40:10.63 ID:oqF6tx9U.net

エマ「ふふっ、だからお仕事の体験なんだよね?」

璃奈「うん」

彼方「いや、だからなんの?」

かすみ「もっちろん。世界一尊くて、人間にとって一番大事なお仕事のです」

彼方「あっ。それって彼方ちゃんがお昼に言ったやつ……?」

璃奈「興味があるってそのとき伝えたよ。だから私たちのために、明日の朝まではずっと彼方ちゃんのままでいてほしいな」

彼方「そ、そうなんだ。ぐすっ。で、でも二人の為なら仕方ないな~。彼方ちゃん思いっきり一年生のつもりで、ううん中学生に戻ったつもりでみんなに甘えまくっちゃうよ~!――それでもいいの……?」

かすみ「もちろん」

璃奈「そのために来た」



45: 名無しで叶える物語 2021/03/07(日) 01:49:39.36 ID:oqF6tx9U.net

彼方「えへへ。ふふっ、あははははは」

エマ「わ、どうしたの急に」

彼方「だって~、なんだかうれしすぎて一気に楽しい気持ちになってきちゃったよ~」

璃奈「よかった。でも、かすみちゃんがゲームやるのは課題終わってから」

かすみ「うぐ……わかってるよ。課題気にしながらゲームしたって楽しくないし」

彼方「そういうことなら任せて~! 彼方ちゃんが全力でびしっばし勉強教えちゃうからね~!」

かすみ「ほ、ほどほどでいいんだけど。なんなら答えだけ教えてくれるくらいでも……」



46: 名無しで叶える物語 2021/03/07(日) 01:53:04.57 ID:oqF6tx9U.net

彼方「ダメダメ。ちゃんと次のテストで良い点とれるように、基礎や考え方からみっちりやっていくからね~」

エマ「くすっ。よかった、この調子ならきっと明日の朝にはいつもの彼方ちゃんだね」

璃奈「でもあっちは当分ゲームはやれなさそう。エマさん、やろ?」

エマ「いいよ~。でもわたしあんまりゲーム上手じゃないから、あっちの彼方ちゃんみたいに優しく教えてくれるとうれしいなあ」

璃奈「任せて」

かすみ「ちょ、なんか勝手なこと言われてるけど、ここの教え全然優しくないんですけど? な、なんで中学の参考書まで持ってくるんですか? いやいやいや、そんな量のテキスト読みきれるわけ――」



47: 名無しで叶える物語 2021/03/07(日) 02:03:17.39 ID:oqF6tx9U.net

彼方「さあかすみちゃん! お勉強頑張って、そのあとでみんなで遊ぼうね。一ページ一分で終わらせたら三十分で終わるよ~」

かすみ「い、いやああああああ。助けて! 助けてりな子おおおおお!」

璃奈「一緒に進級したいから、やだ」

かすみ「薄情者おおおおおおお!」



こうして彼方ちゃんはみんなと楽しい夜を過ごし、落ち込んでいたのもすっかり元通り。

それからかすみちゃんは一晩で見違えるほど勉強が進みましたとさ。


おしまい



49: 名無しで叶える物語 2021/03/07(日) 02:06:35.43 ID:oqF6tx9U.net

終わりです
途中でレスくれた方ありがとうございましたー
条件わからないけど連投規制とかあるのですごいありがたかったです
おやすみなさい


元スレ
彼方「もしもしこちら彼方ちゃん。お姉ちゃんに疲れ申した」