1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/02(火) 20:01:37 ID:Epk/KVjM


ミカサ「ので」

アルミン「とりあえず目を刺してみよう」グサッ


エレン「がああああああああああ」



5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/02(火) 20:06:13 ID:Epk/KVjM

エレン「」シュゥゥゥウウウウ回復ちう


アルミン「すごい!この謎が解明されれば人類は巨人に遅れを取らない!」

ミカサ「ええ。どの部位が損傷損傷しても平気なのか調べましょう」

エレン「」ぼー

アルミン「ああ!次は口を割いてみよう!」ザクッ



6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/02(火) 20:08:25 ID:Epk/KVjM

エレン「あああああああああああああああああ」


エレン「」シュゥゥゥウウウウ回復ちう

アルミン「細胞がものすごいスピードで細胞分裂している」

ミカサ「私達もこれができれば...」くっ



7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/02(火) 20:11:48 ID:Epk/KVjM

アルミン「次は耳を切り取ってみようか」ザクッ

エレン「母さん!ひさしぶr」バタバタ

アルミン「エレン、黙っててくれないか?」

エレン「会いたかったんだ...俺、巨人を駆逐してやるんだ...そしたら...」バタバタ

アルミン「ミカサ、僕が耳を削ぐ間少し抑えててくれ」

ミカサ「わかった」

アルミン「それっ」ザクッ



8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/02(火) 20:14:40 ID:Epk/KVjM

エレン「うがあああああああああああああああああああああ」

アルミン「本当は痛くないんだろ?うるさいから叫ばないでくれ」

エレン「...悪い」シュゥゥゥウウウウ回復ちry



9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/02(火) 20:18:48 ID:Epk/KVjM

エレン「母さん...」すくっ

アルミン「何処へ行くの?」

ミカサ「まだ調べ終わってない。貴方の力は人類が、私達が生き残るために必要」

エレン「巨人を全部駆逐したら...また...母さんと父さんとミカサと...楽しくくらs」

アルミン「」ザクッ

エレン「...」

アルミン「左足は切ったし、逃げられないよ」

エレン「...」

ミカサ「私達のためだと思って。お願い」



10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/02(火) 20:22:55 ID:Epk/KVjM

エレン「外の世界で...アルミンと冒険...するんだ...」

アルミン「っ、」ザクッ

エレン「...」

アルミン「左腕も切った。足も腕も再生しないみたいだね」

エレン「オレは......外の世界に...」


ミカサ「アルミン」

ミカサ「アルミン...」



12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/02(火) 20:24:14 ID:Epk/KVjM

ミカサ「アルミン!」

アルミン「」ハッ

アルミン「...」

アルミン「う、ああああああああああああああああああああああああああああ」



13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/02(火) 20:28:35 ID:Epk/KVjM

ミカサ「エレンはどこ?」

アルミン「僕達......訓練兵......34斑ーー」

アルミン「トーマス・ワグナー(以下略)、エレン・イェーガー、以上5名は自分の使命を全うし...壮絶な戦死を遂げました...」








14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/02(火) 20:29:36 ID:Epk/KVjM

短いですが終わりです。トロスト区でエレンが巨人に食べられちゃったとこです。

ありがとうございました。


元スレ
SS深夜VIP:アルミン「エレンは何故か怪我をしても大丈夫」