1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/09(水) 00:18:09.54 ID:utelA0NF0

シンジ「…これでいいの?」

ゲンドウ「上出来だ、ルーク」コーホー

シンジ「ルークじゃないよシンジだよ。いきなり呼び出して何の用なのさ」

ゲンドウ「お前に、Xウィングに乗って戦ってもらいたい」コーホー

リツコ「Xウィングじゃありませんエヴァです」

ゲンドウ「…まぁなんだ。要は戦えってことだ」コーホー

シンジ「嫌だよそんなの!こんな…見たことも聞いたこともないのに!」

ゲンドウ「修行をしろ」コーホー

シンジ「嫌だよ!その言い方もやめてよ!」



2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/09(水) 00:19:44.35 ID:utelA0NF0

ゲンドウ「何が嫌なのだルーク。一緒に皇帝を倒して銀河に君臨しようではないか」コーホー

シンジ「イライラするからそのヘルメット脱げ!」

ゲンドウ「しかしこれ以外ではボバ・フェットしか持ってないぞ」

シンジ「被るな!」

ゲンドウ「あ、そうか。私はボバではなくジャンゴの方か」

シンジ「新三部作は叩いてたじゃないか!」

リツコ(もうこっちで話を進めていいかしらね)

ミサト(いいでしょ)

リツコ「シンジ君、使徒を倒せるのはエヴァだけ。そのエヴァに乗れるのは、あなただけなのよ」

ゲンドウ「助けてオビワンケノービ。あなただけが頼りです」

冬月「やめんか。息子が帰ってしまうぞ」



4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/09(水) 00:22:16.15 ID:utelA0NF0

シンジ「……わかりました」

ミサト「シンジ君……」

シンジ「僕しかできないって言われたら、やるしかないじゃないですか」

ミサト「ありがとう。シンジ君」

ゲンドウ「……シンジ」

シンジ「なに、父さん」

ゲンドウ「……フォースと共にあれ」

シンジ「来ると思ったよ」



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/09(水) 00:29:46.40 ID:utelA0NF0

ミサト「エヴァンゲリオン初号機、発進!」

ゴゴゴゴゴゴゴ ガシャーン

シンジ「あれが使徒…」

リツコ「シンジ君、準備はいいわね?」

シンジ「は、はい。できるだけやってみます!」

ゲンドウ「やってみるなどない。やるか、やらぬかだ」

シンジ「通信切りたい」

ミサト「我慢しなさい。こっちが困るから」

シンジ「行きます!」

ガシャンガシャン…



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/09(水) 00:33:04.25 ID:utelA0NF0

冬月「碇、お前はさっきからベイダーなのかオビワンなのか、どっちなんだ」

ゲンドウ「今はヨーダの気分じゃ」

冬月「勝手にしろ」

ゲンドウ「………お」

ヒョイ

ゲンドウ「いやだ!ワシのだ!ワシのだー!」

冬月「ペンライトで遊ぶな!」

シンジ(集中しろシンジ集中するんだ)

ガシャーン ズガーン

ゲンドウ「肉弾戦メインか…これでは『フォースを使うのだ。スコープなんか切れ』が言えないな…」

冬月「言えたとしても言うなよ」



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/09(水) 00:34:23.31 ID:utelA0NF0

ドカーン

シンジ「や、やった!倒した!使徒を倒した!」

ミサト「よくやったわシンジ君!」

ゲンドウ「ルーク、フォースは常にお前と共にあ」ブチッ

マヤ「司令との通信回線を切断しました」

シンジ「ありがとうございます」



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/09(水) 00:36:59.30 ID:utelA0NF0

シンジ(ミサトさんと一緒に暮らすことになったけど…大丈夫かなぁ…)

ミサト「じゃあシンジ君、これからよろしくね」

シンジ「あ、はい。よろしくお願いします」

ミサト「あ、そうそう。あなたに渡すものがあったわ」ガサゴソ

シンジ「なんですか?」

ミサト「お父さんのライトセイバーよ」

シンジ「……父さんの仕業ですか」

ミサト「『絶対にやれ』ってうるさいのよ」

シンジ「すいません本当に……」

ミサト「シンジ君も大変ね……」



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/09(水) 00:40:52.82 ID:utelA0NF0

リツコ「これよりエヴァのトレーニングを始めます」

シンジ「はい」

リツコ「使徒は体のコアを破壊すれば倒せます。目標をセンターに入れて、スイッチを押す。これが攻撃の基本よ」

シンジ「はい。『目標をセンターに入れてスイッチ』ですね」

カチッ ドーン
カチッ ドーン

ゲンドウ「フム。訓練とはいえ、なかなかやるな」

リツコ「あら司令」

シンジ「…父さん?」



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/09(水) 00:41:48.83 ID:utelA0NF0

ゲンドウ「頑張っているようだな。シンジ」

シンジ「うん」

ゲンドウ「だが、m」

シンジ「先に言っとくけど『目が見えると返って惑わされるものだ』とか言って視覚切らないでよ」

ゲンドウ「ウッ」

リツコ(やるつもりだったのか……)

シンジ「今真面目にやってるんだから」

ゲンドウ「まさかフォースで私の心を読むとは」

シンジ「サーラックに食われてしまえばいいのに」

リツコ「上がっていいわよー」



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/09(水) 00:43:51.54 ID:utelA0NF0

レイ「………」

シンジ「あ、君もエヴァのパイロット?」

レイ「ええ。あなたは、碇司令の息子ね」

シンジ「うん」

レイ「碇ルーク?」

シンジ「父さんが裏で僕のことをなんて呼んでるかだいたい想像つくけど、僕の名前は碇シンジだよ」

レイ「そう」

シンジ「……君は父さんからなんて呼ばれてるの?」

レイ「パダワン」

シンジ「やっぱり」

レイ「…ひとつ聞いていいかしら」

シンジ「なに?」

レイ「ルークはなぜエヴァに乗るの?」

シンジ「ルークじゃないってば」



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/09(水) 00:45:41.11 ID:utelA0NF0

ゲンドウ「…赤木博士」

リツコ「あら、司令」

ゲンドウ「エヴァのシステムを一新してはどうだろうか」

リツコ「……と言いますと?」

ゲンドウ「エヴァをパイロットが操縦するだけでなく、それを補助する機能がついたらどうだろうか?」

リツコ「パイロットの負担を減らす、と」

ゲンドウ「ああ。操作が簡単になれば、より戦闘がしやすくなり、結果的にパイロットの危険も減るのではと思ってな」

リツコ(息子が乗るから心配なのかしら。この人も親馬鹿なところがあるのね)

ゲンドウ「そこで、エヴァにR2-D2を搭載しt」

リツコ「起動実験始めるわよー」

マヤ「はーい」



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/09(水) 01:09:11.70 ID:utelA0NF0

ゲンドウ「使徒の殲滅が我々の当面の目標だ」

冬月「そりゃそうだが。今更なんだね」

ゲンドウ「それには、より強力な兵器が必要だと思うのだ」

冬月「……エヴァでは不十分と言いたいのか」

ゲンドウ「ああ」

冬月(この男…恐ろしいことを考えるものだな)

ゲンドウ「やはりデススターくらいの」

冬月「さて、昼飯でも食いに行くかな」

ゲンドウ「待ってくれターキン総督」

冬月「置いてくぞ」

ゲンドウ「やっぱり放熱ダクトは作らないほうがいいよなぁ」



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/09(水) 01:25:08.67 ID:Bnz3X7gP0

おわりか?もうないのか?



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/09(水) 01:27:08.82 ID:utelA0NF0

>>20
ネタが思いつかないのです



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/09(水) 01:54:24.68 ID:Bnz3X7gP0

>>21
普通に楽しめた



元スレ
ゲンドウ「お前の父親は私だ!」シンジ「嘘だああああああああ」