1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/01(金) 10:11:38.49 ID:hP6jykUi0

上条「今日は4月一日、エイプリルフール」

上条「といっても、特に何もすることないな」

上条「何か適当な嘘つくか」

誰に>>2
内容>>3



2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/01(金) 10:13:02.91 ID:C4ovhInv0

一方通行



3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/01(金) 10:13:50.32 ID:lB3nNsyh0

お前のことが好きだ



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/01(金) 10:17:57.08 ID:hP6jykUi0

上条「誰か適当な奴、居ないかなー」

上条「おや、あれは一方通行じゃありませんか。おーい」

一方「あ?三下じゃねェか、こンなところで何してる」

上条「いや、ちょっと散歩を」

一方「ああそうかい。じゃあな」

上条「待て、実はお前に言いたい事があるんだ!」

一方「あァ?」

上条「お前の事が好きだ!」



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/01(金) 10:21:36.97 ID:hP6jykUi0

一方「はあァァァァァああああ!?何言っちゃってるンですかァお前は!?」

上条「その言葉の通りなんだが」

一方「いや、でも、その、俺は別にお前の事をそういう風に思ってる訳じゃなくて、いきなりそんな……」

上条「(俺はてっきりホモかよ!とか突っ込まれてそういえばエイプリルフールだったな!とかそんな何気ない会話がしたかったんだが)」

上条「(もしかして一方通行ってそっち系だったのか…。何で言えばいいんだ…)」

>>10



10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/01(金) 10:22:43.26 ID:O/wvtDRT0

うっそぴょ~ん



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/01(金) 10:28:42.17 ID:hP6jykUi0

上条「うっそぴょ~ん。今日はエイプリルフールでした~!簡単にだまされちゃって可愛いな、一方通行は」

一方「……。そういや、今日はエイプリルフールだったな。すっかり忘れてたぜ」

上条「そうそう。本気でそんなこと言うわけないだろ!ハハハ!!」

一方「クケカカカカカカカカ!!」

一方「うォォォァァァァ!死ねェ!」

上条「うわ!全力で小石を飛ばすんじゃねぇ!」

一方「俺は嘘って奴が大嫌いなンだよ!!」スタスタ

上条「なんか怒らせちまったようだな。エイプリルフールだってのに、ノリが悪い奴だな。次は誰にすっかな」

誰に>>19
内容>>20



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/01(金) 10:30:15.43 ID:J+KM2FoL0

打ち止め



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/01(金) 10:30:25.60 ID:Vu8Zs839i

終了



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/01(金) 10:37:48.45 ID:hP6jykUi0

上条「お!打ち止めー!」

打ち「あ、久しぶりってミサカはミサカは手を振り替えしながら小走りに駆け寄ってみる」

打ち「ところで、あの人を見なかった?ってミサカはミサカは首をかしげながらたずねてみたり」

上条「一方通行の事か?あいつなら何か怒ってどっかいっちゃったぞ」

打ち「ミサカを置いていくなんて…ってミサカはミサカはしょんぼりしながら急いで追いかけてみる」

上条「あ、ちょっと待てよ打ち止め!」

打ち「何?ってミサカはミサカは足を止めて聞き返してみたり」

上条「終了」キリッ

打ち「え?」

上条「だ・か・ら、終了!ほら、打ち止め=終了って事だろ?」

打ち「なんかよく分からないけどミサカは急いでるからまたねー!」

上条「行っちゃったか。きっと上条さんのギャグはお子様には理解しがたいんだろうな」

上条「もっと冗談が通じそうな奴にするか」

誰に>>30
内容>>31



30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/01(金) 10:43:22.37 ID:Vu8Zs839i

サンクティス



40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/01(金) 10:51:56.97 ID:J+KM2FoL0

アンジェレネと付き合う事になった



44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/01(金) 11:01:06.78 ID:hP6jykUi0

上条「アニェーゼにするか」

上条「あれ、でもアニェーゼって今イギリスだよな。どうやって行けばいいんだ」

どうやって行こう
>>47



47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/01(金) 11:02:53.95 ID:amWE2o0U0

チャリ



49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/01(金) 11:07:48.36 ID:hP6jykUi0

上条「この間買ったばかりの新品のママチャリ!これで行こう!」

上条「いやー、自転車は快適だな!」


―――――――――――――――

上条「自転車は飛行機に乗せられない?そこをなんとかなりませんか?」

係員「何とかねぇ…。別の飛行機なら何とかならない事もありませんが…」

上条「調子に乗ってママチャリなんかにするからこうなるんだ…。折りたたみさえ買っていれば……!」

上条「マジで自転車で行くしかねぇのか」

どうする>>55



55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/01(金) 11:13:40.17 ID:J+KM2FoL0

気づいたらイギリスにいた



57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/01(金) 11:17:44.72 ID:hP6jykUi0

上条「ハッ!さっきまで空港に居たと思ったらいつの間にか見知らぬ街に!?」

上条「確かアニェーゼは寮に住んでるんだよな。ステイルなら知ってるだろ」prrr

ステイル「なんのようだ?この電話番号には非常事態のとき意外にはかけるなといったはずだが」

上条「いや、寮の場所を教えて欲しいんだが…」

ステイル「全く、そんな事で…。くだらない理由だったら、分かっているだろうね?」

ここは適当な理由を…>>60



60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/01(金) 11:20:44.53 ID:0+SukfDE0

インさんが知りたがってる



64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/01(金) 11:26:21.89 ID:hP6jykUi0

上条「実はインデックスが知りたがってるんだ」

ステイル『なに!?今君はどこに居るんだ?』

上条「多分イギリス…?」

ステイル『そこにあの子も一緒にいるのか!?』

上条「あ…うん。だから寮の場所を教えてくれないかなーって…」

ステイル『寮の場所は○○の○○だ!良ければ僕が案内するけど」

上条「いえ、結構です!それじゃあ!」ブツッ

上条「ふぅ。声を聞かせてくれとか言われたら万事休すだったな。まぁこれもエイプリルフールだからこそ付ける嘘って事で」

上条「あ、でも先に寮に居られると困るな。早く行こう」チリンチリン

――――――――――――――――――――

神裂「なぜあなたが此処に!?」

上条「よう、神裂。アニェーゼがここに居るって聞いたから」

神裂「シスターアニェーゼなら自分の部屋ですが…本当に緊急の用事ではないんですね?」

上条「ああ。だから部屋まで案内してくれないか」



68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/01(金) 11:32:13.93 ID:hP6jykUi0

神裂「ここがシスターアニェーゼの部屋です。私は自分の部屋に居ますので」

上条「ああ、サンキューな」

コンコン

アニェ「はい、何ですか?」

上条「よう、アニェーゼ」

アニェ「なんであなたが…!しかも私の部屋に!」

上条「いや、ちょっとした用事があってな」

アニェ「用事…?」

上条「ああ、実はアンジェレネと付き合う事になったんだ」

アニェ「なっ…いつの間に!?」

アニェ「シスターアンジェレネはずっとイギリスにいましたし、あなたと会う機会はこれっぽちもなかったはずなんですが」

上条「まぁそれはあれだようん」

ガチャ

アンジェ「見てくださいシスターアニェーゼ…って!見知らぬ男性がシスターアニェーゼの部屋に!」



72: 時差の事忘れてたわ。もう忘れてくれ 2011/04/01(金) 11:39:38.87 ID:hP6jykUi0

上条「見知らぬって…俺の顔覚えてるだろ!?ほら、法の書のときやアドリア海の時だって…!」

アンジェ「ああ、あの時の…でも、なんで此処にいるんですか?」

アニェ「その人があなたと付き合ってるとか言ってるんですが、シスターアンジェレネ」

アンジェ「えぇ!?付き合って…え!?」

アニェ「どうやら心当たりがねぇみたいですが」

上条「そんな事はないよな!!俺達は深い愛情で結ばれてるもんな!」

アンジェ「えぇぇ…」

上条「(駄目だ、パニックになって何も喋らなくなっちまった。このままじゃ嘘だって事がばれてしまう)」

上条「(いや、バレルのはかまわないが此処まできといてすぐに嘘でしたって言うのは何か許せない。此処は上手くごまかす!)」

上条「>>76



77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/01(金) 11:41:23.55 ID:J+KM2FoL0

キスする



85: 下を取っていく 2011/04/01(金) 11:48:15.61 ID:hP6jykUi0

上条「(こうなりゃやけだ!)」チュッ

アンジェ「!!?」

アニェ「な…なななな…」ワナワナ

上条「これでわかってくれたか、俺達が付き合っているという事を」

アンジェ「」

アニェ「そうだったんですか…。これはシスタールチアにも知らせとかねぇといけませんね…。後他の同僚達にも…」

アンジェ「ちょ…シスターアニェーゼ!ちがっ…」

上条「どうした、アンジェレネ!?どこか具合が悪いのか!?血が出てるのか!!?」

アニェ「私は少し席をはずすとしますか…」ガチャン

上条「おう、悪いなアニェーゼ」

アンジェ「……」

上条「(嘘を突き通したのはいいけどこれからどうすればいいんだ…?アンジェレネは何も言わないし…)」

ここは気の利いた一言で場を和ませるか…>>87



87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/01(金) 11:48:49.36 ID:tq2fhcf80

ごめんなさい



93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/01(金) 11:53:17.10 ID:hP6jykUi0

上条「ごめんなさい」

アンジェ「え…?」

上条「実は、全部嘘だったんだ」

アンジェ「はい…知ってます」

上条「俺はただ、エイプリルフールを楽しみたかっただけなんだ…」

アンジェ「それじゃあ、最後まで楽しめばいいんじゃないですか?」

上条「え?」

アンジェ「今日一日だけ、私達が付き合ってる事にしても…いいですよ」

上条「本当か、アンジェレネ!」

上条「(ノリで引っ張ってきたけど別に他の奴ら騙して得な事無いよな…)」

何にせよこれからどうしよう>>96



96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/01(金) 11:54:13.80 ID:J+KM2FoL0

アンジェレネとデート



101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/01(金) 11:58:27.83 ID:hP6jykUi0

上条「それじゃあデートするか」

アンジェ「デ…デート!」

上条「どうした、初めてか?」

アンジェ「はい!」

上条「(まぁ俺も初めてなんだけどな。不思議と緊張しないな。特別な気持ちが無いからか)」

神裂「あれ、何処か出かけるんですか?」

上条「ああ、ちょっとデートをな」

神裂「デート…シスターアニェーゼが言っていた事は本当だったんですか…」

上条「それじゃあ行って来るな」

アンジェ「行って来ます…」

神裂「いってらっしゃい…」

上条「(といってもイギリスの事はあまり知らないしどこに行けばいいんだろう)」

どこへ行こう>>106



106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/01(金) 11:59:57.34 ID:YmrWIEa10

商店街



111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/01(金) 12:08:34.29 ID:hP6jykUi0

上条「とりあえず商店街でも行くか」

アンジェ「はい」

上条「いやー、やっぱり日本とは建物の造り自体が違うなー」

アンジェ「学園都市はどんなところなんですか?」

上条「んー。もっとごちゃごちゃしてて人が多いかな…?ビルとかがいっぱいあって…」

アンジェ「へー。何か凄そうですね」

上条「まぁ、学園都市と比べたらどこの国の街も田舎みたいなもんだしな」

上条「ところで、何かお腹空かないか?」

アンジェ「まだお昼にもなっていませんよ?」

上条「いや、俺にとっては夕食なんだけど…。あ、インデックスの奴一人にしてきて大丈夫かな…」


――――――――――――――――――――――――――

上条「ふー、食った食った。さて、次はどこに行こうか」

>>116



116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/01(金) 12:11:32.74 ID:hJQAb/Mv0

ホテル



121: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/01(金) 12:20:22.41 ID:hP6jykUi0

上条「ホテルにでも行くか」

アンジェ「ホテル…?泊まるなら寮がありますけど…」

上条「いやいやそうじゃないんだ。まぁ、付いて来いよ」

上条「(ノリで言ってみたはいいものの、本当に手を出してしまって良いんだろうか)」

上条「(アンジェレネは俺のくだらない嘘に付き合ってくれているんだぞ。それを騙して…)」

上条さんの良心が動いた
さぁどうする>>126



126: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/01(金) 12:21:29.71 ID:EegJNNpf0

本気で愛する



131: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/01(金) 12:28:43.96 ID:hP6jykUi0

上条「(俺は…本気で…)」

――――――――――――

上条「俺は、お前の事が好きだ」

アンジェ「え?でも、それは嘘で…」

上条「いいや、本気だ」

アンジェ「…ッ!!」

上条「デートして一時間しかたっていないが、俺はお前の事が好きになった。いや、元からお前に好意を持っていたのかもしれない」

上条「俺は自分の気持ちにうそはつきたくない。だから、頼む…!」

アンジェ「あなたがそういうのなら…本気でお付き合いするのも考えて見ます…」

上条「良かった…。これからもよろしくな、アンジェレネ」

アンジェ「はい…!」


END



147: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/01(金) 12:39:42.58 ID:hP6jykUi0

上条「(こんなホテルで告白するのもどうかと思うわ…)」

上条「(だが、折角入ったんだし…)」

上条「アンジェレネ、一緒に寝ないか?」

アンジェ「一緒に…!?しかもまだお昼ですよ…?」

上条「(真意が伝わっていないな…此処はストレートにいくべきか?)」

上条「>>153!」



153: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/01(金) 12:41:03.78 ID:K857SFdv0

お前の足がなめたい!



160: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/01(金) 12:45:54.50 ID:hP6jykUi0

上条「お前の足がなめたい!」

アンジェ「へ…足、ですか!?」

上条「ああ!」

アンジェ「でも…汚いですよ…」

上条「そんなことはない!素晴らしい香りだ!」クンクン

上条「それではいただきまーす」パク

アンジェ「ひゃ…!くすぐったいですよぅ…」

上条「汗の香りとアンジェレネの香りがミックスされて言葉では言い表せない味に…」ペロペロ



162: エロが苦手なのにいつもエロに行ってしまうのは何故か 2011/04/01(金) 12:48:29.25 ID:hP6jykUi0

上条「」ペロペロ

アンジェ「きゃ…はははは!!!」

上条「足をペロペロするだけでは物足りないな」

上条「次は>>166だな」



167: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/01(金) 12:49:11.49 ID:IKfbY7ea0

手マン



177: 確かに安価スレ多いな 2011/04/01(金) 12:59:23.41 ID:hP6jykUi0

上条「次は…」スッ

アンジェ「あっ!駄目です!そこは…」

上条「アンジェレネ…俺はお前の事を本気で愛している」

アンジェ「それは……」

上条「これは俺達の仲を深めるためにも大切な事なんだ」

アンジェ「…!」

上条「いい子だ」スー

アンジェ「あッ!ン!」

上条「もうこんなに濡れてるじゃないか」

アンジェ「それは…」



178: 確かに安価スレ多いな 2011/04/01(金) 12:59:53.33 ID:hP6jykUi0

上条「足をペロペロされるだけで濡れるなんてとんだ変態さんだな」ヌッ

アンジェ「んん!」

上条「もう指が二本も入ったぞ」ピチャピチャ

アンジェ「あああああ!んぐぅぅ!!!」

ピタッ

アンジェ「えっ…」

上条「先にイクなんて酷いじゃないか。俺も一緒にイカせてくれよ」ボロン

アンジェレネにどうしてもらうか>>183



183: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/01(金) 13:01:46.10 ID:aa5x7mNe0

足コキ



190: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/01(金) 13:06:26.66 ID:hP6jykUi0

上条「足で頼む!」

アンジェ「そんなに足がすきなんですか…?」

上条「ああ!俺は重度の足フェチなんだよ!」

アンジェ「そこまで言うのなら…」スッ

上条「うあああ!凄い!まさか、女の子に足コキをしてもらう日が来るなんて…!!」

アンジェ「足で踏まれているのに喜ぶなんて、あなたこそ変態じゃないですか?」

上条「良い!もっと言ってくれえええ!!」

上条「イクゥゥゥゥうううう!!」

ピタッ

上条「えっ…」

アンジェ「これでおあいこですね。これで、一緒に…」

上条「ああ、そうだな…」



202: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/01(金) 13:15:42.19 ID:hP6jykUi0

上条「いくぞ、アンジェレネ!」

アンジェ「はい…」

スッ

アンジェ「い…いだっ…」

上条「悪い、大丈夫か!?」

アンジェ「大丈夫です…挿れてください…」

上条「それじゃあ一気に行くぞ…」ズッ

上条「意外と簡単に入ったな…。でも血が…痛くないか?」

アンジェ「大丈夫です…続けてください…」

上条「よし、それじゃあ動くぞ…」

パンパン

アンジェ「う…あッ…いだっ…うぁ…」

上条「おい、本当に大丈夫なのか!?」

アンジェ「大丈夫ですから…止めないでください!」

上条「そうか…(中までぬれてるし、大丈夫って言ってるんだから大丈夫か)」



203: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/01(金) 13:17:02.74 ID:hP6jykUi0

パンパンパン

アンジェ「あッん!!気持ち…いぃ…!」

上条「段々慣れて来たみたいだな…俺ももうイキそうなんだが」

アンジェ「んッ!えっ…中にはッん!駄目…ですぅ…!」

上条「(やっぱ中に出すのは不味いよな。でも外に出すのも虚しいな)」

どうしよう>>207



208: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/01(金) 13:18:10.20 ID:Q4jdmWdm0

中出し



211: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/01(金) 13:20:25.94 ID:hP6jykUi0

上条「問答無用だー!」

アンジェ「駄目ぇぇぇぇえええ!」

――――――――――――――

上条「勢いで中に出しちまって悪かったな…」

アンジェ「もういいです…その代わり…」

上条「その代わり?」

アンジェ「責任は…取ってくださいね///」


終わった!



264: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/01(金) 19:39:02.17 ID:hP6jykUi0

一方「ったく、三下の奴…からかいやがって…」

一方「それにしてもエイプリルフールかァ…」

一方「そういう習慣とは疎遠だったしなァ、日常に戻るためにはこういうところから入っていかねェとな」

一方「よし、俺も嘘付いてみるかァ」

誰に>>269
内容>>275



269: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/01(金) 19:43:29.08 ID:/V4jE7NJ0

芳川



275: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/01(金) 19:47:50.63 ID:D6rbu/pc0

子供作ろうぜ 



278: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/01(金) 19:56:15.42 ID:hP6jykUi0

一方「とりあえず家に帰るか」

――――――――――――

芳川「あら、お帰り」

一方「おう、あいつらはどうした?」

芳川「打ち止めはあなたを追いかけて出て行ったけど。愛穂は警備員の仕事よ」

一方「そうか、ちょうど良い」

芳川「?」

一方「実は、話事があってな」

芳川「どうしたの、改まって」

一方「子供作ろうぜ」

芳川「」



282: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/01(金) 20:01:30.00 ID:hP6jykUi0

芳川「私の記憶が正しければ、あなたは確か打ち止めに好意を持っていたはずだけど…?」

一方「そンなことはどうでもいいんだ。兎に角俺はお前と子供が作りたい」

芳川「はぁ…。あなた、自分が何言ってるのか分かってるのかしら?代理演算の方に支障が出てるとか…」

一方「(駄目だ。当然のことながら芳川は俺の言う事を信じちゃくれねェみてェだ…)」

どうしよう>>286



286: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/01(金) 20:03:01.15 ID:/V4jE7NJ0

押し倒して無理やり服を脱がせて脅迫する



290: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/01(金) 20:16:14.14 ID:hP6jykUi0

芳川「一応打ち止めに連絡しておこうかしら…?」

一方「くッ!」

バタン

一方「大きな声を出すな。連絡も取るな!」ビリビリ

芳川「正直、年下には興味ないんだけれど…というか、あなたロリコ…」

一方「言う事聞かねェと、どうなるか分かってンのかァ!?」

芳川「はいはい・・・って、本気なの!?」

一方「(正直こんなババァには興味無ねェんだが…どうする…)」

>>295



295: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/01(金) 20:18:52.51 ID:fXc4GTmJ0

上条に渡す



303: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/01(金) 20:23:57.66 ID:hP6jykUi0

一方「やっぱ辞めた。やっぱババァは趣味じゃねェ」

芳川「失礼ね。まだババァと呼ばれるほどの年じゃないわ」

一方「とりあえず三下にでも送りつけるか…」prrrr

上条『どうした、一方通行?』

一方「お前、ババァいらねぇ?」

上条『ババァ?』

一方「今なら生まれたままの姿で送りつけてやるぜ。なんでもし放題だ」

芳川「私の貞操の危機を感じるわ」

上条『悪いけど、今俺彼女いるんだわ』

一方「はァ?お前に彼女?」

上条『ああ、だから他の女には興味ないんだ、悪いな!』ブツッ

一方「ンだよ…あいつ、彼女作れンのかよ」

芳川「ねぇ、そろそろ服着させてくれないかしら」

どうする>>306



306: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/01(金) 20:26:11.56 ID:ZKhI/AYgO

ヤフオクに出す



314: すっかり騙すんだってこと忘れてたわ 2011/04/01(金) 20:33:08.29 ID:hP6jykUi0

一方「ヤフオクにでも出すか」

芳川「人間って出せるの?」

一方「ババァ一人っと…。イメージ画像は…」

芳川「当然無しよ」

一方「チッ…てか、こんなのに入札する奴なんていンのかァ?」

芳川「あなた、本当にどうしたの?本気で意味不明だわ」

一方「ああ、全部嘘だからな」

芳川「は?嘘ってどこからどこまで?」

一方「最初から最後までに決まってンだろ」

芳川「私は嘘には見えなかったわ…」

一方「やっぱりババァは冗談が通じねェな」

芳川「ババァじゃなくても通じないわよ。寧ろ私じゃなかったらあなた今頃警察よ」

一方「さて、冗談が分かる奴ンとこいってくるかァ」バタン

芳川「……服を着ましょう」



316: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/01(金) 20:35:40.92 ID:hP6jykUi0

一方「よく考えたら冗談を言い合える奴なンて居たっけか?」

一方「まァあいつでいいだろ…」

誰に>>321
内容>>326



321: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/01(金) 20:37:25.57 ID:Vm0WBKZo0

あわきん



327: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/01(金) 20:38:21.15 ID:W1NwEhXD0

演算しくって児童化しちまったンだが



334: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/01(金) 20:46:10.72 ID:hP6jykUi0

一方「確かあいつはここら辺に住ンで無かったか…?」

結標「…あなた、こんなところで何してるわけ?」

一方「よォ、奇遇だなァ」

結標「全然そうは見えないのだけれど。人の家の近くでうろうろしないでちょうだい」

一方「まァそういうなって」

結標「そういえば、何か縮んでない?あなた一方通行よね」

一方「まァな。演算しくって児童化しちまったンだよ」

結標「どうベクトル変換したら縮むのか聞かせて欲しいわ…」

一方「細かい事は気にするなよ、結標お姉ちゃン」

結標「お…お姉ちゃん!?や、辞めなさいよ!気持ち悪い」

ショタ一方「気持ち悪いなンて…酷いよ、結標お姉ちゃん…」ウルウル

結標「(よく見るとか、可愛いわね…)わ、悪かったわ…」

ショタ一方「(ちょろいな。てか、演算しくろうが児童化しようが、計算し直せばいいだけだよな…)」

これからどうする>>339



339: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/01(金) 20:48:09.82 ID:Vm0WBKZo0

甘える



343: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/01(金) 20:53:47.51 ID:hP6jykUi0

ショタ一方「おr…僕、結標お姉ちゃんと一緒に遊びたいな…」

結標「そう、それなら私の家に来…来る…?」

ショタ一方「やったー!」

結標「それと、結標じゃなくて…その、淡希お姉ちゃんと呼びなさい…」

ショタ一方「分かったよ、淡希お姉ちゃン」

結標「(ショタの一方通行もいいわね…ふふふ…)」

ショタ一方「(何やってンだ、俺…)」



345: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/01(金) 20:56:39.39 ID:hP6jykUi0

結標「それじゃあ、淡希お姉ちゃんと何して遊びましょうか」

ショタ通行「(何かいつもより顔怖ェな…。何して遊ぶ気だよ…)」

結標「それじゃ、>>350をして遊びましょうか」



350: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/01(金) 20:58:31.07 ID:/V4jE7NJ0

ショタのおしっこごっくんごっこ



363: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/01(金) 21:05:21.03 ID:hP6jykUi0

結標「ショタのおしっこごっくんごっこをして遊びましょう」

一方「なッ何なンですかァ!?その狂気に満ちたごっこ遊びはァ!!!」

結標「そんな事ないわ、今小さいこの間ではやっている遊びよ」

一方「(本気だ…本気の顔だ…!!)」

結標「それじゃ、始めましょうか」

一方「あ、淡希お姉ちゃん…いきなりおしっこなんて出ないよぅ…」

結標「それじゃあ私が出してあげるわ」スッ

一方「(やばい…誰か助けてくれ…)」



368: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/01(金) 21:10:17.72 ID:hP6jykUi0

結標「テレポート!」

ショタ通行「うっ…出る…!」

結標「さあ、お姉ちゃんの口の中に出しなさい!!」

ショタ通行「う…ああああ…」チョロチョロ

結標「(最高だわ…今まで生きていて至上最高の気分だわ…)」ゴクゴク

ショタ通行「(マジでやっちまった…。もう打ち止めに顔合わせられねェ…)」

結標「」パァァア

ショタ通行「ショタの尿を飲んだだけでへヴン状態かよ…」

どうすれば…>>373



373: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/01(金) 21:12:23.03 ID:/V4jE7NJ0

怒りの鉄拳でぶっ飛ばして身包みはいで路地裏に放っとく



382: 少し外してる。一方は〆切が見当たらないな 2011/04/01(金) 21:30:56.04 ID:hP6jykUi0

結標「もう一度お願いできないかしら・・・」

ショタ通行「もう無理だよ、他の遊びをしようよ・・・」

結標「それじゃあ今度はショタのせいえ

ショタ通行「いい加減にしろォォォォおおお!!」バァン

結標「」

一方「思わず殴っちまった・・・。だが俺の怒りはこれくらいじゃ収まらねェ」

ゴソゴソ

一方「こんなもンでいいだろ。精々裸をショタにでも見られるといいな」

ドサッ

一方「女とはいえ外に運ぶのは骨が折れるな。じゃァな、淡希お姉ちゃン」



407: よし復活。5分1レスでやれば締め切れるはず 2011/04/01(金) 22:57:11.22 ID:hP6jykUi0

一方「あいつが家まで連れ込んだせいでもうエイプリルフールも終わるじゃねェか…」

一方「誰か、騙しがいのある奴いねェかなァ」

誰か>>411
内容>>416



411: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/01(金) 22:58:54.33 ID:52LLesmu0

木原くん



416: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/01(金) 23:00:45.39 ID:H5n2yfMt0

アナルセクロス



423: これは…木原くンエンドの予感…! 2011/04/01(金) 23:06:54.20 ID:hP6jykUi0

一方「木ィィィィィィィィィィィ原クゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥン!!!!!!!」

木原「カッコイー!惚れちゃいそうだぜ一方通行!」

一方「掘らせろォォォォォォおおおおおお!」

木原「何ィ!!?い、今のは冗談だ、一方通行。ほら、今日エイプリルフールじゃん?」

一方「あァ!?(先にエイプリルフールネタを出してくるとは…流石木ィ原くン…)」

木原「だからな、勘違いしてもらっちゃ困るんだよ、ホモ太クン」

一方「チッ…(此処まで馬鹿にされて引き下がるのは癪だ。せめてとことん追い詰めてやる…)」

一方「>>427!」



427: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/01(金) 23:10:17.18 ID:xunHly/BP

全裸M字開脚の状態をベクトル操作で固定して常盤台中学の体育館のど真ん中に放置



433: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/01(金) 23:15:23.08 ID:hP6jykUi0

一方「脱げェェェェえええええ!」

木原「くッ!食らえ!木原神拳奥義…」

一方「遅せェんだよォ!!」ドカッ

木原「ぐぁぁああ!」

一方「ったく、戦闘機並の速さを出せる俺に合わせて拳を引くなんざ100年修行しても無理だっつーの」

一方「そンじゃまァ、いただくとすっかァ…」

――――――――――――――――

一方「身包み剥がしたのはいいけど、本当にこのまま放置しにいっても良いンだろうか…」

一方「いや、この糞野郎を懲らしめるのには最適かも知れねェが…」

一方さんの良心が動いた
さぁどうする>>436



436: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/01(金) 23:16:58.42 ID:H5n2yfMt0

そのまま犯す



440: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/01(金) 23:21:09.55 ID:hP6jykUi0

一方「やっぱ放置するのはもったいねェな。折角だしなァ…」

木原「……ハッ!お前…あ、何で俺が裸に!?」

一方「悪ィが、こっから先は一方通行だ」

木原「何でてめぇはズボンに手をかける…まて、辞めろ!出すな!!!」

一方「さァて、どっから攻めて欲しい?マゾ太くン」

木原「(ショタのときは可愛かったのに…)」

一方「まずは>>434だな」



447: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/01(金) 23:25:22.71 ID:AMArteXk0

中だし



455: またセックルで締めようと思ったけど木原くン×一方は無理だわ… 2011/04/01(金) 23:32:20.37 ID:hP6jykUi0

一方「やっぱマゾ太くンは生でぶち込まれるのが一番好きだよなァ?」

木原「な、てめぇ何してるか分かってんのかぁ!?」

一方「あァ。多分お前よりも理解してると思うぜェ」

木原「正気か…もしかして、あの時あのガキにぶちこんだウイルスのせいで演算能力に支障が…!?」

一方「俺は正気だし大真面目だ。だからいい加減諦めろ!」スッ

木原「ひぎぃぃぃいいい!」

――――――――――――――

木原「」

一方「ハッ!俺はいったい何を…」チラッ

一方「いや、まさかな。そんな…俺が、こんな事をするはずが…ァァァァぁあああああ!」

―――――――――――――――――

一方「とりあえず木原くンは常盤台に捨ててきた。これで問題ないはずだ」

一方「もうすぐで一日も終わりだな…。そういや、あいつにはまだ嘘ついてなかったな。今だったらとっくに家に帰ってるだろ」

打ち止めに
内容>>460



460: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/01(金) 23:34:15.14 ID:iKIqkhky0

彼氏ができした



466: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/01(金) 23:39:53.94 ID:hP6jykUi0

一方「ただいまァ」

黄泉川「お帰り。ずいぶんと遅かったじゃん」

一方「いろいろとあってなァ。それよりあのガキはいるか?」

打ち「お帰りーってミサカはミサカはあなたに飛びついてみたり」

一方「おいおい、ガキはもう寝る時間だろォが」

打ち「あなたの帰りが遅いから心配していたんだよってミサカはミサカは言い訳をしてみたり」

一方「自分で言い訳って言ってるじゃねェか。まァいい、お前に言っておきたいことがある」

打ち「何?ってミサカはミサカは真剣なあなたの眼差しに少し緊張してみる」

一方「彼氏ができた」



469: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/01(金) 23:42:54.19 ID:hP6jykUi0

打ち「かれ、彼氏!?」

一方「ああ」

打ち「その、彼女じゃなくて、彼氏なの!?」

一方「ああそうだ」

打ち「良かった、好きな女性が出来たわけじゃないんだって…って!そういうことでもなくて、ななな何で男なのってミサカはミサカは驚きを露にしてみる」

一方「あァ、それはだな…>>474



473: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/01(金) 23:44:17.58 ID:kxNfHU+G0

本当は鈴科百合子だから



474: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/01(金) 23:44:22.20 ID:aa5x7mNe0

アナルセックスが好きなんだ



479: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/01(金) 23:51:49.08 ID:hP6jykUi0

一方「本当は、俺、鈴科百合子って名前なンだよ…」

打ち「ってことは、一方通行は女だったの?って、ミサカはミサカは呆然としてみたり…」ヘタリ

一方「今まで隠していて悪かったな」

打ち「う…ううん。少しびっくりしたけど、一方通行が女性でも全く気にしないよってミサかはミサカは…」

一方「打ち止め…」

打ち「うぅ…ひっく…」

芳川「実際にはどうなのかは知らないけど、多分それ嘘よ」

打ち「!?」



483: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/01(金) 23:53:29.84 ID:hP6jykUi0

やべ、また安価ミスったか。相当きてるな
内容的には大して変わらないから見逃してくれないか

芳川「あなたね、さっきあなたはやりすぎって忠告したばっかりでしょう」

一方「あァ…正直どこでばらせばいいか分からなかった…」

芳川「はぁ…。ま、この子にちゃんと謝りなさいね」スタスタ

一方「打ち止め…」

打ち「本当…?本当に女性じゃないの…?」

一方「あァ。本当だ」

打ち「それじゃあ彼氏ができたって言うのも…」

一方「それも嘘だ」



490: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 00:05:57.01 ID:QVdzam2K0

打ち「・・・・・・か」

一方「ン?」

打ち「バカバカバカ!ってミサカはミサカは・・・」

一方「・・・悪かった」

打ち「もうあんな嘘ついちゃダメなんだからねってミサカはミサカは泣きながらあなたに訴えてみたり」

一方「あァ、もうしねェ」

打ち「絶対絶対だからね!」

一方「あァ、約束だ。だから今日はもう寝ろ」

打ち「分かったってミサカはミサカは今日は素直に言うことを聞いてみる」タタッ

一方「エイプリルフールかァ・・・。人を騙すのには慣れてるけど、人を笑わす様な嘘はつけねェな」

黄泉川「それも慣れじゃんよ」スッ

一方「慣れ・・・か・・・」

芳川「そうそう。初めてなんだから上手くいかないのも仕方ないわ。これから練習しないとね」

一方「でも、俺はあいつと約束して・・・」



492: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 00:10:50.79 ID:QVdzam2K0

黄泉川「実害がなく、人が笑顔になれるような嘘なら皆幸せじゃん?」

一方「人が笑顔になれるような嘘か・・・」

一方「俺もいつかそんな事ができるようになンのか・・・?」

黄泉川「何事も積み重ねじゃん。まだ若いんだから前向きにいくじゃんよ」

一方「皆笑顔に・・・」

一方「いつの日か、きっと・・・・・・」


END



500: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 00:22:20.60 ID:QVdzam2K0

支援してくれた人も保守してくれた人もサンクス!
半ば強引に進めてきたから腑に落ちないところもあるだろうが最後まで読んでくれて感謝だわ
浜面はSS書く気が起きたらまず書くかも知れん


元スレ
上条「エイプリルフールだし安価で嘘つく」