1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/26(月) 18:41:35 ID:Y.prNlqU



ユミル(クリスタが最近ボーっとしてることがある……まさか恋か!?)


クリスタ「ユミル?聞いてる?」


ユミル「あ、ああ……コニーの眉毛の話だったな」


クリスタ「何で坊主なのにライナーみたいな眉毛なの?」


ユミル「……今度聞いてみるか?」


クリスタ(アルミンに本借りっぱなしだったっけ……あとで返しに行こ)



2: ◆36lmsg/6nk 2013/08/26(月) 18:47:20 ID:Y.prNlqU


クリスタ「……」


ユミル「クリスタ?」


クリスタ「えっと……うん。そうしよっか」


ユミル「ああ……うん……」


ユミル(まさかコニー!?コニクリ!?まさかそんな……)


クリスタ「ユミル?次は対人格闘だよ?」


ユミル「……はいはい、解ってますって」テクテク


クリスタ(最近ユミルがボーっとしてることが多いような……まさか恋!?)



3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/26(月) 18:48:57 ID:Y.prNlqU


コニー「わちょー!」シャキーン


サシャ「ほわちゃー!」ビシッ


クリスタ「ベルトルト!一緒にやろう?」タッタッタッタ


ライナー「!」ピクッ


ベルトルト「い、いやぁ……ここまで身長差があると僕もやりにくいって言うか……ごめん」ダラダラ


ユミル「そうだぞ!女子とやっとけ!なんで選ぶのがベルトルさんなんだよ!」


クリスタ(あの本面白かったな……でもなんであんなベタな恋愛小説をアルミンが持ってたんだろ……)


クリスタ「……」


ユミル「クリスタ?」



4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/26(月) 18:49:55 ID:Y.prNlqU



クリスタ「えっと……アルミンと組んでくる!」タッタッタッタ


ユミル「……」


ジャン「あれでもアルミンより強いんだもんな……なんかアルミンが可哀想になってきたぜ」


ユミル「お前もサボってたらその内負けんぞ!」ビュオッ


ジャン「お前こそな!」サッ



アルミン「クリスタ?珍しいね」


クリスタ「アルミンと私は実力が近いって聞いたから」タッタッタ


アニ「……」



5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/26(月) 18:50:35 ID:Y.prNlqU



エレン「余所見すんのは止めてくれよ……やる気がなくなる」


ミカサ「……」


ライナー「ミカサもよそ見するな」


ミカサ「……申し訳ない」


アニ「やる気だけが取り得の癖に?」クスッ


エレン「うるせえよ!」


アニ「フン……」



6: ◆36lmsg/6nk 2013/08/26(月) 18:51:25 ID:Y.prNlqU


クリスタ(まさか私に渡す用にわざわざ買ったとか……?アルミンかわいい///)


アルミン「参った!!参ったから!!」ジタバタ


クリスタ「ごごごめん!!」パッ


アルミン「いたたたた……クリスタって結構強いね」パフパフ


クリスタ(アルミンが弱いだk……なんでもないよ!ごめんね!!)



7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/26(月) 18:52:29 ID:Y.prNlqU



クリスタ「私だって兵士だからね!」フンス


アルミン「そ、そっか……僕も頑張らないと……」パフパフ


クリスタ「じゃあ行くよ!」ダッ


アルミン「ちょちょちょっとクリスタ!?待ってよ!!?」


    
        アッー!!



8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/26(月) 18:55:51 ID:Y.prNlqU





11: ◆36lmsg/6nk 2013/08/27(火) 03:39:46 ID:ecpIbviY

※まだ終わりません



12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/27(火) 13:29:48 ID:ecpIbviY



クリスタ(アルミン落としちゃった……大丈夫かな)モグモグ


サシャ「隙アリ!!」バッ


ユミル「甘い!!」サッ


サシャ「私のパァン!!」


ユミル「クリスタ、油断して盗られる所だったぞ」モグモグ


クリスタ「うん……気をつけるね」


ユミル「そうだ、なあコニー……お前その眉毛なんだ?ライナーのマネか?」


コニー「ええ!?初日からこの眉毛だっただろ!?」



13: ◆36lmsg/6nk 2013/08/27(火) 13:30:37 ID:ecpIbviY



ユミル「そうだったか?」モグモグ


コニー「まあ確かに似てるけどよ……」モグモグ


コニー「……関係ねぇけどお前髪伸びたよな」


ユミル「確かにな。今も髪留め使ってるし」モグモグ


コニー「最初の頃は完全に男にしか見えなかったよな!」


クリスタ(それは言えてるよね……最初会った時に喋らなかったら男の子だと思ってたかも)


ユミル「なんだとチビ!?」


コニー「うるせえブス!」ガタッ


ユミル「チッ……どっか行きやがった」モグモグ



14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/27(火) 13:34:24 ID:ecpIbviY



クリスタ(コニーって、本当にブスだと思ってる人にブスって言わないと思う)モグモグ


クリスタ(ということはやっぱりコニーってユミルのこと……考えすぎかな)ズズッ


ジャン「なあマルコ」モグモグ


マルコ「何だいジャン?」


ジャン「あいつ一発殴ってもいいか?」


マルコ「い、いやぁ……僕としては良いと思うけど、やっぱり止めた方が良いと思うよ」


ジャン「そうか……」


ジャン「……一体どこまで俺の心を踏みにじれば気が済むんだあいつは……」



15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/27(火) 13:35:15 ID:ecpIbviY



マルコ「そ、それは八つ当たりにしか見えないよ!」アセアセ


ジャン「ああチクショウ!……だよな」モグモグ


クリスタ(ジャンはいつ見ても可哀想だなぁ……マルコもだけど)モグモグ


ジャン「なあマルコ」


マルコ「こ、今度は何だい?」


ジャン「シガンシナ区ってなんなの?」


マルコ「えっ」



16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/27(火) 13:36:44 ID:ecpIbviY



ジャン「エレンは……母親を巨人に食われても巨人を駆逐してやるって言ってんだろ?」


マルコ「そうだね……強い人だと思うよ」


ジャン「アルミンもよ……すげぇ頭いいだろ?」


マルコ「うん。彼と受ける座学の授業は楽しいよ」


ジャン「そしてミカサだ!かわいい上に身体能力も人間離れしてる」


マルコ「……それ褒めてる?」


ジャン「褒めてるに決まってるだろ!」


マルコ「そっか……」モグモグ


クリスタ(今日のご飯は一段と薄いなぁ……水飲も)ゴキュッ



17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/27(火) 13:38:19 ID:ecpIbviY



ユミル(クリスタがジャンの方をすげぇ見てる……心なしか顔も赤いような……まさか!?)


ユミル「なあクリスタ」


クリスタ「何?どうしたの?」


ユミル「お前好きな人いるのか?」


クリスタ「えっと……」


クリスタ(何で今?訳がわからないんだけど……)アセアセ



18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/27(火) 13:39:17 ID:ecpIbviY



ユミル「答えろ!まさかお前ジャンか!?ジャンが好きなのか!?」ユサユサ


アルミン「!」ピクッ


ジャン「!?」ピクッ


マルコ「えっ……」


ライナー「!?」ピクッ


クリスタ「えっと……それは……」


ジャン「クリスタ!!俺を公開処刑するのは止めてくれ!!」


クリスタ「……わ、私はジャンも好きだけど一番好きなのはユミルだよ!」



19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/27(火) 13:40:04 ID:ecpIbviY



ユミル「……!」ジーン


ユミル「……これ食べてね」ズズッ


サシャ「パァン!!」


ユミル「やらねぇよ!どっか行ってろ!!」


サシャ「はい……」トボトボ



20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/27(火) 13:40:55 ID:ecpIbviY



クリスタ「ありがとね!」パクッ


ジャン「……良かったような?」


マルコ「良くなかったような?」


ライナー(これ喜んでいいのか?)モグモグ


ベルトルト「……」ダラダラ


アルミン(やっぱりクリスタは脈なしかな……)モグモグ



21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/27(火) 13:42:45 ID:ecpIbviY


  ~~寝室~~



クリスタ「さっきの何だったの!?ジャンが可哀想だったじゃない!」ボフボフ


ユミル「いいんだよ。あいつは慣れっこだからな」


クリスタ「な、慣れてても嫌なものは嫌でしょ!?」


ユミル「ハァ……やっぱお前ジャンの事」


クリスタ「それは無いから安心して」


ユミル(トーンがマジだった……)


クリスタ(何で私がジャンの事好きだってことにしようとするの?)



22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/27(火) 13:43:24 ID:ecpIbviY



ユミル「あ、ああ……この話題は止めにしよう」ゴロッ


クリスタ「もう寝よっか」ゴロッ


ユミル「……」ウトウト


クリスタ「……」


クリスタ「ユミル」


ユミル「何だ?」


クリスタ「パンありがとね」ボソッ



23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/27(火) 13:43:51 ID:ecpIbviY



ユミル「……ああ」


クリスタ「……」


ユミル「……」


クリスタ「zzzz」


ユミル「かわいい奴め」ワシャワシャ


クリスタ「zzzzz」



24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/27(火) 13:44:24 ID:ecpIbviY





27: ◆36lmsg/6nk 2013/08/28(水) 01:38:50 ID:PAuvnEm.


クリスタ「コニー何やってるの?」ヒョコッ


コニー(やはり……向日葵の種の並びが私の考えたスプリンガー数列と酷似している……)ブツブツ


クリスタ「コニー?」


クリスタ(今すごく真剣な表情をしてたような……?)


コニー「な、何だ?」


クリスタ「何やってたの?ボーっとしてるように見えたけど」


コニー「このひまわりを見てたんだよ」


クリスタ「大きいね!」


クリスタ(確かに大きいけど……向日葵を真剣な表情で見つめるなんてそんな……)



28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/28(水) 01:39:40 ID:PAuvnEm.



コニー「ひまわりのたねって食べれるらしいぜ!不味いだろうけど」


クリスタ「そうなの!?知らなかった……」ヒョイッ


クリスタ「……普通だね」ボリボリ


コニー「栄養はあるらしいんだけどよ……これ」ボリッ


コニー「やっぱあんまり食いたいとは思えねぇな……」モグモグ


クリスタ「私も……動物の餌っぽいから抵抗あるかも」



29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/28(水) 01:40:24 ID:PAuvnEm.



コニー「……クリスタが種食べてるのって、リスみたいで面白いな」


クリスタ「えっ?そう?」ポリポリ


ユミル「そんなことねぇだろ!かわいいだろ!!」ヌゥッ


クリスタ「あ、ユミルここに居たんだ?ユミルも食べる?」ボリボリ


ユミル「いらねぇよ!帰るぞ」グイグイ


クリスタ「あっ、コニー!ありがとう!」ズルズル


コニー「おう……」


コニー(ここに生えている花の花弁も3枚,5枚,8枚とスプリンガー数だ。この世の全てを解き明かす時も近いな)ニヤッ



30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/28(水) 01:45:27 ID:PAuvnEm.




クリスタ「あれ?ベルトルト?ライナーと一緒じゃないんだね」


ベルトルト「ハハ……すっかりそんなイメージがついちゃってるんだね……」アセアセ


クリスタ(まるで金魚のh……ってまた悪いこと考えちゃった!バカバカ!)


クリスタ「ごめん……」


ベルトルト「いや……謝らなくてもいいよ。クリスタこそユミルと一緒じゃないの?」


クリスタ「さっきまで一緒だったよ」


ベルトルト「さっき引きずられていくのが見えたからね」



31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/28(水) 01:46:34 ID:PAuvnEm.



クリスタ「抜け出してきたの。ねえベルトルト」


ベルトルト「何?」


クリスタ「すっごい寝相が悪いって本当?」


クリスタ(男子の間ではベルトルトの寝相占いが流行ってるとかそうでないとか……)


ベルトルト「恥ずかしいんだけどね……そうだよ」


クリスタ「実はユミルもそうなの」


ベルトルト「そ、そんなに寝相悪いの?」ダラダラ


クリスタ「逆逆。ベッドの半分くらいしか使わないの」


ベルトルト「普段どんな生活してたらそんな寝相になるんだろ……キレイすぎる」



32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/28(水) 01:56:03 ID:PAuvnEm.



クリスタ「今度聞いてみるね!」


ベルトルト「うん……」ダラダラ


クリスタ「……汗すごいよ?」フキフキ


ベルトルト「い、いいよ!そんなことしなくても……」


クリスタ(あっ……これハゲてr……って私のバカバカ!!)


クリスタ「……じゃ、じゃあね!」タッタッタッタ


ベルトルト「ああ……」


ベルトルト(ベッドの上の芸術家……なんかヒワイだな)



33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/28(水) 01:58:34 ID:PAuvnEm.





38: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/01(日) 20:04:15 ID:1wHkKkaE

ライナー「クリスタ、どうしたんだ?(結婚しよ)」


クリスタ「う~ん……特には無いけど」


ライナー「そうか。急いでたように見えたんでな」


クリスタ(そんな風に見えたの?あっ、もしかしたら顔怖かったかな?)


クリスタ「別に急いで無いよ。休日は暇だよね」


ライナー「休日は文字通り体を休めるためだけの日だからな……外出する気力も出ない」


クリスタ「だからね、フラフラしていろんな人と話して暇つぶししてるの」


ライナー「……じゃあ俺と話すのはどうだ?」



39: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/01(日) 20:06:37 ID:1wHkKkaE



クリスタ「いいよ。何の話する?」


ライナー(式場の話か?それとも子供の話……それはまだ早いか)


ライナー「クリスタの好きな話題でいいぞ」


クリスタ「……あのね、さっ、さっきユミルが言ってたんだけど……」モジモジ


クリスタ(これ言ってもいいかな?怒られたりしないかな……)


ライナー(さては俺がクリスタの事好きだって言ったんだな。ファインプレーだぞ!)


クリスタ「ライナーが……その……好きだって」


ライナー「ああそうだ。俺は……」


クリスタ「ライナーが……男の子が好きだって!」



40: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/01(日) 20:08:37 ID:1wHkKkaE



ライナー「えっ」


クリスタ「……本当なんだね!」


クリスタ(普通に認めちゃった……)


ライナー「」


クリスタ「えっと……その……」


ライナー「じゃ、じゃあな……」トボトボ


クリスタ(行っちゃった……怒らせちゃったかな?ごめんねライナー)



41: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/01(日) 20:09:18 ID:1wHkKkaE


  ~~食堂~~



クリスタ「ねえユミル」モグモグ


ユミル「何だ?」


クリスタ「ライナーって本当に男の子が好きみたいだよ」モグモグ


ライナー「」


ベルトルト(えーーー!!!)ダラダラ


アニ「フフ……」モグモグ



42: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/01(日) 20:10:11 ID:1wHkKkaE



ユミル「ほ、本当か……?」


クリスタ「ライナーがね、ああそうだ。って言ったから間違いないと思うよ」


ユミル(ええーーー!?冗談のつもりだったのに!?)


ユミル「そ、そうか……」モグモグ


クリスタ(何か残念そうに見えるけど……まさかユミルはライナーが!?)ドキドキ


ユミル「まあライナーがホモでもいいじゃねぇか?な!」



43: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/01(日) 20:11:10 ID:1wHkKkaE



ユミル(と、言うことはまさかベルトルさん……イヤ無いな)モグモグ


クリスタ「うん。愛の形は人それぞれだもんね!」モグモグ


ライナー「」


ベルトルト「ライナー……」アセアセ


アニ「フフフ……」モグモグ



44: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/01(日) 20:11:45 ID:1wHkKkaE


     ~~対人格闘術の時間~~



クリスタ「今日はよろしく!」


エレン「俺は手加減なんて知らねぇけど……そのつもりなんだよな?」


クリスタ「もちろんだよ!これでも私、結構強いんだからね?」


クリスタ(エレンの顔が怖すぎて既に逃げ腰なのは秘密……)


エレン「……クリスタ、そんな逃げ腰だと俺もやりにくい」


クリスタ(バレてたーーー!!)



45: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/01(日) 20:13:04 ID:1wHkKkaE



クリスタ「い、行くよ!!」ダッ


エレン「おら!」グイッ


クリスタ「あっ……」ドサッ


エレン「なんだ、やっぱり弱いじゃねぇか」


ミカサ「エレン、もうちょっと優しく出来ない?」


エレン「……は?」


アルミン「ジャンみたいだよ?」


クリスタ「い、いいよ……弱い私が悪いんだし」



46: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/01(日) 20:13:54 ID:1wHkKkaE



エレン「……よし、じゃあ続きやるぞ」スッ


クリスタ「今度はエレンが私を襲う番だよ!」


エレン「じゃあ行くぞ!」ダッ


クリスタ(顔怖っ!!殺されるーー!!)


エレン「……」ピタッ


クリスタ「エ、エレン……?」


エレン「やってられねぇ。ミカサ!ライナーと代わってくれ」



47: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/01(日) 20:15:01 ID:1wHkKkaE



アルミン「エ、エレン!それは酷すぎない……?」


アニ「ハァ……安定のエレンだね」


エレン「何でだよ」


ミカサ「少しはクリスタの気持ちも考えてあげて」


エレン「俺とクリスタが訓練するのはお互いのためにならねぇだろ」


ミカサ「……解った。ライナー、私はクリスタと組む」


ライナー「わ、解った……」


クリスタ(嫌われちゃった、かなぁ……)ショボン



48: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/01(日) 20:15:42 ID:1wHkKkaE



アルミン「エ、エレン!それは酷すぎない……?」


アニ「ハァ……安定のエレンだね」


エレン「何でだよ」


ミカサ「少しはクリスタの気持ちも考えてあげて」


エレン「俺とクリスタが訓練するのはお互いのためにならねぇだろ」


ミカサ「……解った。ライナー、私はクリスタと組む」


ライナー「わ、解った……」


クリスタ(嫌われちゃった、かなぁ……)ショボン



49: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/01(日) 20:18:00 ID:1wHkKkaE



ミカサ「じゃあクリスタ、立って」


クリスタ「うん……」


ライナー「お前は本当に……解ってねぇな」


エレン「は?何がだよ」


ライナー「何でもねぇ」



50: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/01(日) 20:19:34 ID:1wHkKkaE


アルミン「だ、大丈夫だった?さっき」


クリスタ「怪我とかは無いよ」


アルミン「そっか……良かった」


クリスタ「こっちこそ心配掛けてごめんね」


アルミン「良いんだ……それより言って置きたい事があって」


クリスタ(エレンのこと庇ったりするんだろうな……アルミンらしい)


アルミン「エレンに悪気は無いんだ。誰に対しても公平に接するからね……」


クリスタ「うん……」


アルミン「だからその……エレンの事を嫌いにならないでくれると嬉しいな」


クリスタ(アルミンは苦労してるなぁ……)ホロリ



51: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/01(日) 20:20:42 ID:1wHkKkaE



クリスタ「心配しなくてもいいよ!さっきも言ったけど弱い私が悪いんだから」


アルミン「そ、そんなこと無いよ」


エレン「アルミン……そんなことしなくてもいいのによ」ヒョコッ


クリスタ「エレン!?」


エレン「クリスタ、俺……無神経すぎたよな。悪い」


クリスタ「うん……」


エレン「じゃあアルミン、帰るぞ」


クリスタ(早ーーーっ!!)



52: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/01(日) 20:22:00 ID:1wHkKkaE



アルミン「じゃあね!」


クリスタ「じゃ、じゃあね!」


クリスタ(もしかしてエレンとアルミンも女の子に興味ないのかな……?)





コニー「キャッキャ」


ミカサ「ウフフ」


クリスタ(まさしくあれはキャッキャウフフ!!いい物を見ました)グッ



53: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/01(日) 20:23:20 ID:1wHkKkaE



クリスタ(邪魔しちゃ悪いけど……)


クリスタ「二人とも何やってるの?」


コニー「見りゃわかんだろ!川で遊んでんだよ!」バシャバシャ


ミカサ「クリスタもいっしょにどう?」バシャバシャ


クリスタ「ど、どうって……水掛け合ってるだけじゃない?」


コニー「スイカを直接手で触れずにお互いの方に押しやってたんだ」


ミカサ「線を引いて、その中にスイカが入ったら負けって言うゲームを……」


クリスタ(それ二人専用じゃない!!……この二人にはついて行けない……)ショボン



54: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/01(日) 20:24:06 ID:1wHkKkaE



コニー「あ、これ二人じゃねぇと無理だな!」


ミカサ「他のゲームを考えましょう」


クリスタ「ど、どうせなら他の皆も呼んでそのスイカ食べない?」アセアセ


ミカサ「……その発想は無かった」


コニー「そうだな!食うか!!」バシャバシャ


クリスタ(ええーーーー!!)



55: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/01(日) 20:27:47 ID:1wHkKkaE


10分後



ジャン「話は聞かせてもらった!!」ドンッ


アルミン「さあ!皆で食べようよ!!」ドンッ


エレン「そうだな。お前らも食うだろ?」


アニ「……」コクッ


ライナー「勿論だ!!」


サシャ「私は」


ミカサ「もちろんどうぞ」



56: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/01(日) 20:28:36 ID:1wHkKkaE



コニー「でも一人分だけだからな!クリスタとかに集ったりしたら追い出すぞ!」


ライナー(同意しよ)


サシャ「解ってますって!」


マルコ「僕もおおお!!」ダダダダダ


ユミル「私もおおお!!」ダダダダダ


エレン「……大体揃ったな」


コニー「そうだな!」


アニ「……」



57: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/01(日) 20:29:47 ID:1wHkKkaE



マルコ「僕たちで最後だよね?」


ユミル「だな!」


アルミン「よし!じゃあ食べよう!」


ミカサ「……そうしましょう」


クリスタ(誰か忘れてるような……)


コニー(スイカといえば、教官の頭をスイカ柄に塗ったことがあったっけ……)



58: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/01(日) 20:31:03 ID:1wHkKkaE



ミカサ「……」ズババッ


ジャン「すげぇ!何故か11等分出来てる!!」


アルミン「甘い物なんて久しぶりだよ……」シャクシャク


サシャ「甘いですねぇ~」トロ~ン


クリスタ「何か元気出るね~」シャクッ


アニ「あむ……」シャクシャク


ミカサ「アニ、黙って食べて」


アニ(えーーー!!)


ライナー(ベルトルト……黙っててごめんな)シャクシャク



59: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/01(日) 20:32:00 ID:1wHkKkaE



エレン「よっし!種飛ばし選手権やろうぜ!!」シャクシャクシャク


コニー「俺ぜってぇ負けねぇからな!」シャクシャク


ジャン「お、俺だって!!」シャクシャク


アルミン「ライナー、どうする?」


ライナー「やるに決まってるだろ!!」



アルミン「一番手は……僕がやるよ!」キリッ



60: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/01(日) 20:32:41 ID:1wHkKkaE



ジャン「はいどうぞ、ここ立ってね……」


アルミン「プッ!!」


ライナー(アルミンのキス顔……いかんいかん)フルフル


ジャン「はいアルミン最下位~」


アルミン「さ、最初だから当たり前じゃないか!!僕は暫定一位だ!!」アセアセ


ジャン「物は言いようだな」


エレン「次俺な!!」


エレン「プゥッ!!!」


ミカサ(エレンのキス顔……ダメダメ)フルフル



61: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/01(日) 20:33:52 ID:1wHkKkaE



ジャン「はいアルミン最下位~」


アルミン「えーーーー!!!」


ジャン「次俺!!」


エレン「よっし!バッチコイ!!」


ジャン「プフッ!!」


エレン「ジャン2位!!ショボい!!」


ジャン「うるせえ!2cmしか変わらねぇだろ!!」


エレン「細けぇんだよ!」



62: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/01(日) 20:35:00 ID:1wHkKkaE



ジャン「あとアルミンは最下位!!」


アルミン「いちいち言わなくてもわかってるよ!!」


ライナー「そろそろ俺もやりたいんだが」


エレン「どうぞ!!」


ライナー「……プフッ!」


エレン「……ライナー選手がトップです!!」


アルミン「……」


ジャン「……だろうなとは思ってた」


ライナー「よっしゃ!!よっしゃっしゃ!!」グッ



63: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/01(日) 20:35:44 ID:1wHkKkaE



マルコ「やれやれ……みんな汚いからやめようよ」


アニ「同感」シャクシャク


ユミル「そうだ!サシャに食われるぞー!」


サシャ「た、種なんか食べませんよ!!お腹からスイカが生えてきちゃいますからね」


クリスタ(サシャの家族もかわいい教育するなぁ~……)シャクシャク


ミカサ「サ、サシャ……それは本当なの!?」クワッ


サシャ「ど、どうでしょうか……本当にお腹からスイカが生えてきた人は見たことがないので……」


ミカサ「エレン!!もうスイカは食べちゃダメ!!」



64: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/01(日) 21:02:13 ID:1wHkKkaE



エレン「は?何でだよ」


ミカサ「お腹からスイカが生えてきてしまう!!!」


エレン「そんなわけねぇだろ!」


ミカサ「とにかく帰りましょう!」ヒョイッ


エレン「おい!まだ食べてねぇぞ!?」ジタバタ


アルミン「えっと……僕もこれで」



65: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/01(日) 21:03:55 ID:1wHkKkaE



ジャン「クッソオオオオ!!!」バンッ


アニ「ちょっと……汁が飛んだんだけど」イラッ


ジャン「……悪い」


マルコ「ジャ、ジャンも帰ろうか……」アセアセ


ユミル「じゃあな」シャクシャク


クリスタ「サシャとコニーはどうする?」モグモグ


サシャ「帰ります」


コニー「じゃあな!」



66: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/01(日) 21:07:37 ID:1wHkKkaE



ユミル「……」


クリスタ「……」


クリスタ「エレンはいつも通り鈍感で」


ユミル「ん?」


クリスタ「ミカサはいつも通りエレンエレンで」


クリスタ「アルミンもエレンエレンで」


ユミル「ええ……」



67: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/01(日) 21:08:31 ID:1wHkKkaE



クリスタ「……マルコはいつも通り気配り上手で」


クリスタ「コニーはいつも通り面白くて」


クリスタ「サシャは……フフ、いつも通り大食いで」


クリスタ「ライナーはいつも通り皆に信頼されてて」


ユミル「……本当にいつも通りだな……何も変わらない。何も変わらなきゃいいのにな」


クリスタ「ベルトルトは……あっ」


ユミル「あ……」


クリスタ「……」


ユミル「……行くか」



68: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/01(日) 21:09:16 ID:1wHkKkaE



クリスタ「ベルトルトのところ?」


ユミル「これを届けてやるんだよ」


クリスタ「あれ?これ残ってたの?」


ユミル「12等分されてたんだよ。あとで争奪戦をやろうと思ってたんだがまあいい。じゃあ行くぞ」


クリスタ「うん!」




ベルトルト「!!」ピクッ


ライナー「どうした?」



69: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/01(日) 21:11:06 ID:1wHkKkaE



アニ「虫でもいた?」


ベルトルト「何だろう……幸せの予感がしたんだ」


ライナー(今の訳解ったか?)チラッ


アニ(わかるわけ無いでしょ!)フルフル


ライナー「そ、そうか……よかったな」


ベルトルト「そういえば二人とも居なかったね。どこか行ってたの?」


アニ「別に?すれ違いになったのかもね」


ライナー「そうだな。探してたんなら悪い……」



70: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/01(日) 21:16:12 ID:1wHkKkaE



ベルトルト「……ん?」


ユミル「ベルトルさん!悪かった!」


クリスタ「次からはベルトルトもちゃんと呼ぶから!!」タッタッタッタ


ベルトルト「え?何に?」


ライナー「あっ」


アニ「ハァ……」


ユミル「お前ら……話してなかったのかよ」


アニ「知らないほうがこいつのためだと……」



71: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/01(日) 21:18:00 ID:1wHkKkaE



ベルトルト「えっ」


ライナー「実はみんなでスイカを食べてたんだ……つい忘れててな」


ベルトルト「……」


クリスタ「だ、だからベルトルト……これ食べて!」スッ


ライナー(うらやま……いかんいかん)



72: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/01(日) 21:18:30 ID:1wHkKkaE



ベルトルト「ありがとう……でも次は忘れないでほしいな」シャクシャク


ユミル「さて、帰るぞ」


クリスタ「またね!」タッタッタッタ


アニ「幸せってこれのこと?」


ベルトルト「……さあね」シャクッ





元スレ
SS深夜VIP:ユミル「進撃ツイッター」