1: ◆Vysj.4B9aySt 21/04/03(土)06:07:02 ID:M2y8

――事務所

ガチャ

モバP(以下P)「ただいまー」



ゴソゴソ

杏「あ、おかえりー」モゾモゾ

芳乃「でしてー」

凪「ここは天国です。さぁ、歩いて0分。事務所のオアシスへ」



P「お前ら……」



「いい加減にコタツから出ろーっ!」



2: ◆Vysj.4B9aySt 21/04/03(土)06:08:04 ID:M2y8

温かいのか寒いのかよくわからない時期ネタです

こちら独自の内容がありますのでよろしくお願いします



3: ◆Vysj.4B9aySt 21/04/03(土)06:16:05 ID:M2y8

杏「そんなぁ、もしおこたの中で着替えてたらセクハラだぞ」

芳乃「セクハラでしてー」

凪「なんと、パワハラだけでなくセクハラも同伴出勤でしたか。PのPはさらにピーすると」

P「何を今更。お前らの裸寸前を散々見た俺が、その程度の脅しに屈するとでも?」

「さぁ、この足は誰のだ!?」グイッ



『むーりぃ……』

P「?」



乃々「もりくぼは一人さびしくコタツに入っていただけなのに、それを無理矢理追い出すなんてやはり芸能界は温情が無味乾燥した世界なのですね」シクシク

P「森久保もいたのか……って、そろそろレッスンの時間だろ」

乃々「うぅ……パラダイスがぁ……桃源郷がぁ……」

P「はいはい」ズルズル



4: ◆Vysj.4B9aySt 21/04/03(土)06:22:12 ID:M2y8

P「次は……この足にするか」ガシッ

『あうっ!』

P「誰の声だ……?」ズルズル

『あうあう……見ないで下さいっ!』

P「誰だ……ってパンツ丸見えじゃないか!」



悠貴「あぅぅ……見られちゃいました……」

P「すまん……あ、あまり見てないから……」

悠貴「本当ですかっ!?」



杏「嘘ばっかり」

芳乃「じっくりとー」

凪「悠貴さんのは純白ですか。凪も今日は白いですよ」ピラッ



悠貴「うわーーーーーんっ」バタバタバタ



P「……悪いことをしてしまったな」

杏「早苗さんに連絡っと」ピポパ

芳乃「ちひろ殿にはー?」

凪「それは凪にお任せを……死刑か懲役30年が妥当ですな」ピポパ

P「やめて」



5: 名無しさん@おーぷん 21/04/03(土)06:37:51 ID:M2y8

――悠貴はプリン三つで許してくれました

P「まったく……外で遊んでるL.M.B.Gのみんなでも見習え!」

杏「えー、杏疲れたー」

P「今日はボイスレッスンだけだろ!」

芳乃「疲れたので乾麺麭を所望しましてー」

P「あきらのネット配信のゲストに出ただけだろ!」

凪「はーちゃんが帰ってくるまで待ってるだけですが何か?」

P「ぐぬぬぬ……」



杏「Pも怒ってないで一緒に入ろうよ」ポンポン

凪「今ならJSJCJKよりどりみどりですよ」

芳乃「待つのでしてー?JS等今はおりませぬがー?」

凪「おっと、誰かが千枝さんと同じ身長だからと小学生と間違えてました」

P「ツッコミが追い付かねぇ……」

「とりあえず、俺が帰るまでにはお前らも帰れよ!」バタン



杏「……じゃあ、杏は寝るね」

「……くぅくぅ」

芳乃「こたつで横になると風邪を引くのでしてー」

凪「では凪もはーちゃんが来るまで堕落して……」

バタン

颯「なーっ!お待たせ!!」

凪「おっと、はーちゃん。横になっている人がいるから静かにですよ」

颯「あ、ごめん……」

凪「では凪も……」スゥスゥ

颯「なーっ!」



6: 名無しさん@おーぷん 21/04/03(土)06:38:19 ID:M2y8







杏「……くちゅん!」



7: ◆Vysj.4B9aySt 21/04/03(土)10:10:00 ID:M2y8





P「で」

杏「ゴホンゴホン……うぅ……」

きらり「風邪をひいちゃったにぃ……」

智絵里「大丈夫?チョップする?」スチャ

杏「ごめん……冗談に付き合えない……」

かな子「とりあえず、フルーツのジュレだよ。それからネネちゃんからドリンクを貰ってきたから」

杏「うぅ……」ズズッ

「ひんやりしておいしい……」

P「かなりの重傷だな……」

「ま、今日明日明後日はレッスン以外ないし、しあさってはゲストをチェンジすれば大丈夫だから今はゆっくり休め」

智絵里「ささってって、キャンディアイランドの出演でしたよね?大丈夫なんですか?」

P「あぁ、運よくビートシューターと虹色ドリーマーが空いてたからな」

かな子「じゃあ私、五人に何か差し入れを用意しないと」

P「こらこら、そういって何か作りたい既成事実にするんじゃない」

かな子「あ、バレちゃいました……?」

きらり「いけないにぃ?」

P「……今回は駄目とは言わん。頼めるか?」

かな子「はいっ!」



8: ◆Vysj.4B9aySt 21/04/03(土)10:15:43 ID:M2y8

智絵里「そういえば杏ちゃん静かだね」

きらり「しーっ」





杏「すぅ、すぅ……」

P「少し食べて落ち着いたんだろ」

きらり「じゃあ、きらりに任せてみんなは帰るにぃ」

智絵里「でも……」

きらり「大丈夫!きらりにお任せ!」

P「わかった。……また夜にでも来るから、何かあったら連絡をくれ」



かな子「あ、そういえば、志希ちゃんの薬はどうしようか……」

みんな『ゑ?』

かな子「い、一応、預かったし……その……」

P「副作用がなぁ……わかるか?」

かな子「何も言ってなかったから……」

智絵里「封印しようね」キリッ

きらり「それがいいと思います」キリッ

P「同意しよう」キリッ

かな子「あ、はい……」



9: 名無しさん@おーぷん 21/04/03(土)10:20:21 ID:M2y8

――夜半

P「すっかり遅くなったな……」

「きらりの奴、いるだろうな」

ガチャ





きらり「すぅ……すぅ……」

杏「くぅ……くぅ……」

P「……」

「まったく……」

フサァ

きらり「うぅ……んっ」

P「お前まで風邪を引いたらどうするんだ」ヨイショ



「杏の熱は下がってるし……大丈夫かな」

「汗で服がびしょ濡れだ……」



「着替えさせるか……」スクッ

「えっと……下着は……」ガタガタ

「相変わらず色気がないのばかりだなぁ」ゴソゴソ



『……スケベ』

P「ん?」



10: ◆Vysj.4B9aySt 21/04/03(土)10:25:34 ID:M2y8



杏「人の下着を漁ってる人は、泥棒かスケベと決まってるからね」

P「なんだ。起きていたのか……気分はどうだ?」

杏「まだ少しボーッとしてる……かな?」

「それよりどうするつもりだったの?」ニヤニヤ

P「まぁ、寝ているし下着を……できればシャツもだな」

杏「やっぱりスケベ」ニヤニヤ

P「うるせぇ……なら自分で替えろ!」

杏「へいへい」ガサゴソ





P「……」ジーッ

杏「……何見てるんだよ」アキレ

P「いや、上からいくのか下からいくのかなって」

杏「そんなの知ってどうするのさ?」



11: ◆Vysj.4B9aySt 21/04/03(土)10:26:15 ID:M2y8

P「こうする」ガバッ

杏「ちょ!」バサッ



12: 名無しさん@おーぷん 21/04/03(土)10:38:05 ID:M2y8

(着替えさせてるだけです)

「ちょ!や……ッ!」

「駄目だって……ン……っ――――ァっ……」

「ほら下着までこんなに……ひァッ――馬鹿ぁ……」

「ダメダメダメぇ――――ッッ!!」

「ん――ッッ……あァァァ…、ッはァぁあ――うッ……あぁぁぁぁァァッ――!!!」

「ハぁハぁ……」



「も、もういいよ……好きに……」



「Pの……好きにしていいからさ……」

「アユマリンのあゆみちゃんみたいに……」

「もっといっぱい……」

「Pの……ちょうだい……」

(しつこいようですが、着替えさせてるだけです)



13: ◆Vysj.4B9aySt 21/04/03(土)10:41:37 ID:M2y8







杏「ふぅふぅ……や、病み上がりにあそこまでする……?」

P「杏が可愛かった……からだな」

杏「……ポンッ(///)」

P「耳まで真っ赤になった杏、可愛いい」

杏「うるさいうるさーいっ!」バタバタ

P「あ、おい!そこに……」



きらり「んー……あれー?杏ちゃん起きて……」

P「きらり!その志希の!!」

きらり「……え?」



ガチャン



14: ◆Vysj.4B9aySt 21/04/03(土)10:45:54 ID:M2y8

バシャッ

杏「うわっ!」

きらり「きゃっ!」



P「あー……大丈夫か?」





杏「なんか……なんかさぁ」

きらり「うん……」

杏「その……」

きらり「なんかもぞもぞする……」



P「はい?」



杏「ムラムラするっていうか……」

きらり「感情じゃ……抑えられない……かな☆」

P「……逃げるか」ダッシュ

きらり「しかし回り込まれてしまった」ズササッ

杏「逃げ道はないからね」ズササッ

P「……」

「……」



「エナンザム!!」



15: ◆Vysj.4B9aySt 21/04/03(土)10:50:18 ID:M2y8

――次の日の昼過ぎまで三人一緒に仲良くしました







「智絵里とかな子がいなくてよかった……」

おしまい



16: ◆Vysj.4B9aySt 21/04/03(土)10:57:10 ID:M2y8

おまけ

七海「こたつで食べるお鍋は最高れす!」

若葉「あ、七海ちゃん、こっち煮えたわよ」

光「はふはふ!」

麗奈「ガツガツ!」

くるみ「ふぇぇ……」グスン

由愛「あ……もっとゆっくり食べないと」

美由紀「まだカニとかいっぱいあるよ!」





ありす「皆さんは何をこたつに入って鍋を食べてるんですか?」

若葉「ち、ちょっとまた寒いから……」

晴「……寒いか?サッカーすればすぐに暖ったまるぜ!」

みりあ「ねーねー!しよーよ!」



17: ◆Vysj.4B9aySt 21/04/03(土)11:02:04 ID:M2y8

こずえ「ふぁー……おこたー……あったかいー……」

雪美「雪見だいふく……うまうま……」

千枝「うぅ……千枝はL.M.B.Gのリーダーなのに、おこたの魔力に捕われてしまいました!」

小春「ヒョウくんも一緒に暖ったまりますぅ~」

梨沙「え……ひょっとしてこのゴツゴツって……」

仁奈「ふわふわのお布団でやがります……」



薫「みんなで意見が別れちゃったね……」

千佳「むー……一緒に遊べないよぉ!」

舞「じゃあ、私たちだけでも一緒に遊ぼうか」



18: ◆Vysj.4B9aySt 21/04/03(土)11:05:23 ID:M2y8

桃華「そんなにこたつというのは、気持ちのよい物なのでしょうか?」

ありす「桃華さん家はフローリングの床暖房とかですか?」

桃華「いえ、暖炉がありまして」

ありす「ごめんなさい!」



千枝「桃華ちゃんも一緒に入ろうよ」

由愛「あ、温かいです……」

ありす「駄目です!一度入ったら、二度と出てこれなくなりますから!」

桃華「うぅ……余計に気になりますわ」

「ちょっとだけ……足先だけなら……」



19: ◆Vysj.4B9aySt 21/04/03(土)11:12:10 ID:M2y8







桃華「もう出たくありませんわ……」グテー

ありす「だから言ったんですよ」グテー

こずえ「……」

舞「どうしたの?こずえちゃん」



こずえ「あんずときらりー……いちゃらぶしてるー……」

千枝、舞、桃華、由愛、若葉「あ……(///)」

雪美「?」

光「?」

美由紀「?」

麗奈「い、いいからお子様は鍋でも食べてなさい!」

七海「鮭の産卵れすね~」

麗奈「ぶふぅ!」

ありす「汚いですよ!」

ワイワイ



おしまい



20: ◆Vysj.4B9aySt 21/04/03(土)11:13:34 ID:M2y8

L.M.B.Gがこたつでわいわいやる話が、あんきらになってた……

とりま、ありがとうございました。次はカレーのお話予定です


元スレ
【モバマス】見つけてね、素敵なあなたを