1: 名無しで叶える物語 2021/04/07(水) 21:40:42.95 ID:qCt4vUPH.net

代行(注:非ダイよし)



5: 代行感謝致します 2021/04/07(水) 21:43:40.20 ID:E+Ujh9fN.net

善子「ここがスクールアイドル掲示板ね……」

善子(ゲーム板や実況板はそれなりに覗いていたけれど、ここに来るのは初めてね)

善子(きっと好意的なものだけじゃなくて、痛烈な批判や理不尽なことが書いてあったりするのだろうけど、興味本位で少しだけ──え?)

|c||^.-^||「おほーっ」

|c||^.-^||「んまーっ!」

|c||^.-^||「あくあくAqoursですわ」

善子「何これ……」



6: 名無しで叶える物語 2021/04/07(水) 21:48:18.53 ID:E+Ujh9fN.net

善子「ぷっ、くふ、くふふふっ……」

善子(見る限りこれは、ダイヤのことを簡易的に表したものなのね。その名もブッブさんか……なかなかの完成度じゃない)

善子(それもダイヤが言いそうにない変なことを言っているからますます笑いがこみ上げてくるわ)

善子(明日からどんな顔してダイヤと会ったらいいのか……)

善子「……」カチカチ

善子(色んなスレがあって随分と面白いわ。中には過激なものもなくはないけど、それらに目をつぶれば結構いい暇つぶしになるわね)

善子「……」カチカチ

善子「……ってもうこんな時間!?明日も学校だしそろそろ寝ないと」

善子(……あれ、そういえば何かやることがあったような……まぁ……明日……でも……zzZ)



9: 名無しで叶える物語 2021/04/07(水) 21:55:04.76 ID:E+Ujh9fN.net

ダイヤ「ブッブーですわ!!!」

善子「うぅ……」ビクビク

ダイヤ「お昼休みに数学の先生がいらして、善子さんが宿題を忘れてきたと聞きましたわ」

ダイヤ「ついこの間も千歌さんが忘れてきたらしいですわね。Aqoursはどうなってるんだとお叱りをいただきましたのよ」

千歌「あはは……」

梨子「笑い事じゃないからね、千歌ちゃん」

ダイヤ「まったく、生徒会長としてこの事態は見過ごせませんわ!」

果南「まあまあダイヤ。その辺にしときなって。善子ちゃんも反省してるみたいだしさ」

鞠莉「そうよ~、せっかくのダイヤのキュートなスマーイルが台無しだわ」

ダイヤ「茶化さないでください!」



10: 名無しで叶える物語 2021/04/07(水) 22:01:12.29 ID:E+Ujh9fN.net

善子「はぁ~……」ドヨン

善子(数学の宿題ってメモアプリには書いたのに、他のことをしていてそのまま忘れちゃったのよね)

善子(寝る前に思い出していれば、ダイヤに怒られることも、心配をかけることもなかったのに……)

善子(今日も物理の宿題が出たけど、これをメモに残しておくとして、メモをちゃんと覚えておくにはどうしたらいいのかしら……)

善子(それにしても……さっきのダイヤの顔。昨日見たブッブさんとは大違いだったわね。ダイヤもあんな風にいつもニコニコしていればいいのに)

善子「……そうだわ!!」

善子(この方法なら、メモの内容をキチンと覚えていられるかもしれない!)

善子「くくく、やはりヨハネは天才ね……できた!」



13: 名無しで叶える物語 2021/04/07(水) 22:08:56.37 ID:E+Ujh9fN.net

15: 名無しで叶える物語 2021/04/07(水) 22:14:53.72 ID:E+Ujh9fN.net

善子(いつもメモに残していても覚えられないのは、メモにインパクトがなかったからよ)

善子(ブッブさんに、これからする予定のことを教えてもらうテイにすれば印象に残って忘れにくいはずだわ)

善子(せっかくだしセリフ風にすれば、ブッブさんに人格があるみたいでもっと面白いわね)

善子(このメモ欄は毎日見るものだし、もう忘れ物とはお別れよ!)

花丸「善子ちゃん、ニヤニヤしてどうしたの?」

善子「わわ、ず、ずら丸!?」

花丸「さっきまでしょげてたかと思ったら今度はニヤニヤなんて、善子ちゃん本当に反省してるずら?」

善子「い、いいじゃない別に。あと、ヨ・ハ・ネ!」

ルビィ「何を見てたの?スマホ?」

善子「な、何でもないわ。気にしないで」

善子(ブッブさんのことはAqoursのみんな……特にルビィとダイヤには知られないようにした方がいいわよね)

────

──



16: 名無しで叶える物語 2021/04/07(水) 22:17:25.08 ID:E+Ujh9fN.net

善子「さて……」

善子(今日の練習も疲れたけど……昨日撮った動画の編集をしないといけないわね。それと今日新しく覚えた振り付けも振り返っておかないと)

善子(ええっと、メモ欄メモ欄っと……)

|c||^.-^||「物理の宿題をしますわ」

善子「……!」

善子(いつものようにメモ欄を開いてまず真っ先に目に入る圧倒的なインパクト……これならどんなにくたくたでも思い出せるし印象に残るわね、我ながらナイスアイデアだったわ)

善子「せっかくブッブさんもこう言ってるし、先に物理の宿題を片付けてしまおうかしら」



17: 名無しで叶える物語 2021/04/07(水) 22:24:22.66 ID:E+Ujh9fN.net

──数日後──

善子「ええっと、次は世界史だったわね」

ルビィ「今回の宿題難しかったよね……」

花丸「宿題といえば善子ちゃん、最近宿題とか忘れなくなったよね」

ルビィ「そういえば!この間のお昼休みにお姉ちゃんにおこられてから忘れなくなってるよね!」

善子「ヨハネだけど、まあいいわ。それくらい最近のヨハネは絶好調なのよ」

花丸「……そのぶんだいぶ調子にのってるずら」

善子「うっさい!」

善子(だけどこれも全部ブッブさんのおかげね。宿題だけじゃなくてお使いなんかの頼まれごとや文房具の補充なんかも忘れなくなっているものね)

善子(現に今もメモアプリには、ブッブさんが忘れてはいけないことを言ってくれているものね)

|c||^.-^||「牛乳を買って帰りますわ」



18: 名無しで叶える物語 2021/04/07(水) 22:29:39.96 ID:E+Ujh9fN.net

善子「ただいま~」

善子(ブッブさんのおかげで牛乳も忘れずに買えたわ。今日は宿題が出てないからやる必要なこともないし、自由時間が多く使えるわね)

善子(そうだ、今日もスクールアイドル板を見てみましょう。私の配信動画についてのコメント、良くも悪くも正直な意見が書かれているから参考にしないと)

善子(あとはSSって言うのも面白いわね。私たちAqoursのことも題材になっていて興味深いわ)

善子(とはいえ、見ていると時間があっという間に過ぎてしまうのは玉にキズね。宿題や練習の振り返りをする日だととても見ていられないもの)

善子「……」カチカチ

────

──

善子「……はっ!」

善子(もうこんな時間なんて、流石に浸りすぎてしまったわね、時間を見たら急に眠くなってきたし、そろそろ寝ましょう)

善子(ああ、そういえば、明日はお昼のパンを買ってから学校に行かないといけなかったわね……それをブッブさんに……書いてから……寝ない……と……)



20: 名無しで叶える物語 2021/04/07(水) 22:34:31.73 ID:E+Ujh9fN.net

──翌朝──

善子(のんびりしてたらバス遅れそうになったけど何とかなったわね)

善子(そういえば何か忘れていたことがあったような。そんな時は……)

|c||^.-^||「お昼のパンを買っていきますわ」

善子(ふっふっふっ。流石ブッブさん。そして流石ヨハネね。昨日寝落ちしたかと思ったのだけど、しっかりメモをとっているだなんて)

善子(今日は宿題もなかったから、バス降りたらコンビニによってパンを買えばそれでゲームクリアね。ああ、ヨハネはなんて冴えているのかしら)

プシュー

曜「おはよー、善子ちゃん」

善子「あっ、曜。おはよう」

曜「なんだか嬉しそうだけど何かあったの、善子ちゃん?」

善子「いいえ、何でもないわ。ただ私の中の才能がこれ程まで優れているということに驚いていたのよ……っていうか、ヨハネ!」

曜「ふーん?」

善子「ちょっとは興味持ちなさいよっ」



22: 名無しで叶える物語 2021/04/07(水) 22:41:18.36 ID:E+Ujh9fN.net

──お昼休み──

善子「ふああ……」

ルビィ「善子ちゃん、最近なんだか眠そうだね」

善子「いえ、ちょっとね……」

花丸「また遅くまで動画配信してたの?」

善子「そうじゃないわ。ただ──」

善子(いえ、掲示板のことは黙っていましょう。ルビィくらい熱心なら見ていてもおかしくはないけど、なんだか恥ずかしいし……)

善子「──夜のほうがヨハネを寝かせてくれないのよ」

花丸「……」ジトーッ

善子「せめて何か言いなさいよっ!」

ルビィ「でも、最近の善子ちゃんすっごいよね。授業もしっかり受けてるし、Aqoursの練習でも張り切ってるし!」

善子「そうね、最近調子がいいのよ。忘れ物もしなくたったしね」

善子(全部ブッブさんのおかげね。さて、今の授業で出た宿題もさっそくブッブさんに控えておかないと。メモアプリをひらいて──)

善子「──えっ?」



24: 名無しで叶える物語 2021/04/07(水) 22:44:39.57 ID:E+Ujh9fN.net

|c||^.-^||「帰りに車に轢かれかけますわ」



26: 名無しで叶える物語 2021/04/07(水) 22:48:51.23 ID:E+Ujh9fN.net

善子(えっ……何これ……!?)ゾッ…

善子(確か朝バスで見た時は『パンを買っていきますわ』だったはず……)

善子(それに車に轢かれかけるって……誰かのイタズラ?)

善子(朝部室には寄ったけれど、Aqoursでこんなことをするとしたら千歌か鞠莉……いえ、いくらあの2人でもこんな趣味の悪いことはしないはず)

善子(だとしたらこれは一体……)

花丸「どうしたの善子ちゃん。急に固まって」

善子「……い、いいえ。何でもないわ」

善子(誰かは知らないけど、きっと誰かのイタズラだわ。そう……思うようにしましょう。これを消して……)

|c||^.-^||「

善子(いつもみたいに追加して……)

|c||^.-^||「古文の宿題をやりますわ」

善子(これでよし。さっきのことは、忘れてしまいましょう)



27: 名無しで叶える物語 2021/04/07(水) 22:53:11.49 ID:E+Ujh9fN.net

────

──

ダイヤ「では、これで今日の練習はおしまいにしましょう」

Aqours「お疲れ様でした!」

梨子「さて、千歌ちゃん帰ろっか」

千歌「ま、待ってよ梨子ちゃん、もうちょっと遊んでからでも……」

梨子「歌詞進んでないんでしょ?」

曜「大丈夫、私も手伝うから!」

鞠莉「私たちも帰りましょうか」

ダイヤ「鞠莉さん?次の総会の打ち合わせをお忘れではありませんか?」

鞠莉「あれ~、そうだったかしら……?」

果南「はいはい、生徒会室行くよ~」

善子「……随分と騒がしいわね」

花丸「まるたちはゆっくり帰ろうか」

ルビィ「そしたらルビィコンビニ行きたい!今日からルビィの好きなスクールアイドルの一番くじやるんだ!」

善子「わかったわ、行きましょう」



28: 名無しで叶える物語 2021/04/07(水) 22:58:30.47 ID:E+Ujh9fN.net

ルビィ「うゆゆ……」

善子「いい加減元気だしなさいよ」

ルビィ「でもぉ……A賞ほしかったなぁ……」

花丸「おっきいタオルだったよね」

善子「デザインもかなり凝っていたわ」

ルビィ「うん……欲しかったんだけど、これ以上買ったらお姉ちゃんに怒られちゃうから……」

善子「ダイヤこそ熱心に買いそうなものだけどね」

アハハハ…

ゥーーン

善子「ん?何か聞こえ──」

ブーーン!!

善子「──!?」

花丸「あ、危ない、善子ちゃん!」

キキーッ!



29: 名無しで叶える物語 2021/04/07(水) 23:03:40.48 ID:E+Ujh9fN.net

ブーーーーゥ…

善子「はぁ……はぁ……」

花丸「ビックリしたずら~」

ルビィ「だ、大丈夫、善子ちゃん!?」

善子「……」

ルビィ「善子ちゃん……?」

花丸「も、もしかしてどこか怪我したの……?」

善子「ううん……大丈夫……ただちょっと、驚いただけ……」

善子(だってこれ──)

|c||^.-^||「帰りに車に轢かれかけますわ」

善子(──あの時見たブッブさんの言葉通りなんだもの)



30: 名無しで叶える物語 2021/04/07(水) 23:07:42.59 ID:E+Ujh9fN.net

善子(思えば、昨日の夜からおかしかったのよね)

善子(昨日……私は寝落ちをしてしまったはず。なのに今朝、パンを買うことがブッブさんに書いてあった)

善子(そしてお昼に見た、書いた覚えのない『車に轢かれかけますわ』も今、現実のものになっているわ)

善子(もしかするとこれ、私が行動することを忘れないようにブッブさんを使っていたんじゃなくて、ブッブさんの言うことが現実になるように私が動かされている……!?)

善子(私が何の気無しにブッブさんに人格を与えてしまったせいで、ブッブさんに呪いのような効果が与えられたとか……?)

善子(……って、そんな訳ないわよね。きっと昨日は寝ぼけながら自分で書いただけで、さっき車に轢かれそうになったのも、いつもの不幸体質なのよ)

善子(あれを書いたのも誰かのイタズラに違いないわ。きっと、きっとね……)

善子「……」ブルッ

花丸「……?」



33: 名無しで叶える物語 2021/04/07(水) 23:14:58.72 ID:E+Ujh9fN.net

善子「はぁ……」

善子(どうにか帰宅したけれど、あれから2人とどんな会話をしたのかぼんやりして覚えてないわね)

善子「まぁきっと気にしすぎなのよね、だって今ブッブさんは……」

|c||^.-^||「古文の宿題をやりますわ」

善子「……そうよね。大丈夫よね」

善子「さて、気晴らしに動画でも見て、それから古文の宿題をしましょうか」

────

──

善子「んん……もうこんな時間。配信は……まあ明日でもいいかしら。明日はお昼にミーティングだったわね、それをブッブさんに……」

善子(……なんだか、ブッブさんを見るのが少し怖い)

善子(まあいいわ、ミーティングはずら丸やルビィと行くんだから忘れるわけないものね。今日はそのまま寝ましょう)

|c||^.-^||「



34: 名無しで叶える物語 2021/04/07(水) 23:18:13.91 ID:E+Ujh9fN.net

|c||^.-^||「


|c||^.-^||「階


|c||^.-^||「階段


|c||^.-^||「階段か


|c||^.-^||「階段から


|c||^.-^||「階段から落


|c||^.-^||「階段から落ち


|c||^.-^||「階段から落ちま


|c||^.-^||「階段から落ちます


|c||^.-^||「階段から落ちますわ


|c||^.-^||「階段から落ちますわ」



36: 名無しで叶える物語 2021/04/07(水) 23:23:47.70 ID:E+Ujh9fN.net

────

──

善子「もう!何でこんなに走らなきゃいけないのよっ!」タッタッ

花丸「だって善子ちゃんが……動画見せてくるから……はぁはぁ……時間がなくなったずら……」タッタッ

ルビィ「お姉ちゃんにおこられちゃうよぉ……」タッタッ

善子「廊下ダッシュもそれはそれで……怒られそうだけどね……」タッタッ

花丸「はぁ……はぁ……でも、後この階段をおりれば……」タッタッ

善子「……っ!?」コテン

ルビィ「善子ちゃん!?」

ゴロゴロゴロ…ドシン!

善子「いったぁ……」

花丸「だ、大丈夫……?」

善子「ええ……転ぶのには慣れてるから。それよりミーティング!行きましょう」

ルビィ「う、うん!」

花丸「……」



38: 名無しで叶える物語 2021/04/07(水) 23:31:09.21 ID:E+Ujh9fN.net

ダイヤ「では、ミーティングを始めましょう。まず──」

善子(何とか間に合ってよかったけど……まだお尻が痛むわね……)ズキズキ

善子(ええと、今日の議題は確かフォーメーションの一部見直しだったから、メモアプリの『Aqours振り付けメモ』を開いて──)

|c||^.-^||「階段から落ちますわ」

善子(──!!)ゾクッ!

善子(ま、まただわ……書いた覚えのない言葉)

善子(それにこれも、現実に起こった出来事……)

善子(もう……誤魔化しようもないわ、これは間違いなく、ブッブさんの呪い……!)

善子(このままブッブさんの言う通りのことが起き続けたら?車に轢かれそうになって、階段から落ちて……もし次は車に惹かれるだったら、病気になるだったら……)

善子(もし、もし……)

「──子さん」

善子(もし、Aqoursのみんなと……)

ダイヤ「善子さんっ!!」

善子「ひっ……!」ビクッ!



41: 名無しで叶える物語 2021/04/07(水) 23:36:26.50 ID:E+Ujh9fN.net

ダイヤ「どうしたんですの、ミーティング中にぼおっとして!」

善子「あ、えっと……」

ダイヤ「最近は宿題もしっかりとこなしていると聞いていましたのに、またそうだらけてしまうようなら──」

善子(えっ……)

|c||^.-^||「Aqoursを辞めてもらいますわ」

善子「……!!」ゾッ!

ダイヤ「──追加メニューを……善子さん?」

善子「や……いやっ……」ポロポロ

曜「善子ちゃん……?」

善子「あ……あれっ……」ポロポロ

花丸「大丈夫、善子ちゃん」

善子「ほ……保健室行ってくる……」タッ

ルビィ「善子ちゃんっ!」



42: 名無しで叶える物語 2021/04/07(水) 23:41:14.63 ID:E+Ujh9fN.net

千歌「行っちゃった……」

ダイヤ「わたくし、追いかけた方が……もし善子さんを傷つけてしまったのなら、謝らなければなりませんわ」

果南「でもダイヤ、それほどキツいこと言ってたわけじゃないと思うけどなあ」

梨子「だったらどうしてあんな風に……?」

花丸「昨日から、ちょっと変だったかも……」

曜「どういうこと?」

花丸「昨日の帰りにね、善子ちゃん少し上の空だった気がするんだ」

ルビィ「言われてみれば、お話ししてても聞き返したり返事が遅かったりしてたかも」

果南「そうなんだ……少しそっとしておいてもいいんじゃない?」

ダイヤ「ですが、大丈夫だろうと放っておいて万が一取り返しがつかないことになったとしたら……」

鞠莉「ダイヤは優しいのね」

ダイヤ「だから、茶化さないでと──」

鞠莉「茶化してなんかいないわ。私はダイヤのそういうとこ、好きよ」

ダイヤ「鞠莉さん……」

鞠莉「とはいえ、原因がわからないもの、一応ダイヤが行くのは辞めておいたほうがいいかもしれないわね」

花丸「それなら、まるが様子見てくるずら」



43: 名無しで叶える物語 2021/04/07(水) 23:45:43.95 ID:E+Ujh9fN.net

善子「はぁ……」

善子(まさか、泣いてしまうとは思わなかったわ……)

善子(さっきのあの一瞬、ダイヤの言葉がブッブさんの呪いの言葉とダブって聞こえてしまったのね……)

善子(幻聴を聞くようになるほど、私自身が最も恐れているのは、きっとAqoursのみんなといられなくなったり、嫌われてしまったりすること)

善子(このままブッブさんの言葉が現実になり続けていれば、そんな呪いもおきてしまうわ)

善子(なんとか、なんとかしないと……でもどうやって?)

善子(誰かに頼る?ずら丸はお寺の生まれだし、こういうことには詳しいかもしれないわね)

善子(鞠莉は度胸がありそうだし、リリーも親身になって話を聞いてくれそうよね)

善子(だけど……普段から堕天使とか言ってる私が、呪いの話をしたって信じてもらえるかしら)

善子(それにもし、私が相談してしまってみんなにもブッブさんの呪いが降りかかるようになったら……みんなを危険な目に合わせることになってしまったら……?)

善子(やっぱり、相談なんてできないわよ……)

善子(どうにかしてブッブさんの呪いから逃れる方法を考えないと……)

花丸「善子ちゃん……?」

善子「ずら丸……」



45: 名無しで叶える物語 2021/04/07(水) 23:50:39.96 ID:E+Ujh9fN.net

善子「心配かけて悪かったわね。別にもう平気だから」

花丸「本当に?」

善子「ええ……ちょっとその、夜悪夢を見たのを思い出しちゃって……」

花丸「そうなんだ。堕天使さんも悪夢を見るんだね」

善子「ええ、まぁ……」

花丸「……」

善子(うう、気まずいわね……だけどずら丸に相談するわけにはいかないし……)

花丸「ねえ善子ちゃん」

善子「な、何よ」

花丸「……何かあったら、まるやルビィちゃんのこと、頼ってもいいんだからね」

善子「ええ、わかったわ」

善子(少し変だとは思われてるみたいだけど、何とか誤魔化せそうね)

花丸「それじゃあ、部室に戻ろう」

善子「ええ、そうね」

善子(みんなに本格的に心配される前に、ブッブさんを何とかしないと……)



69: 名無しで叶える物語 2021/04/08(木) 20:07:01.81 ID:T7I0aT8e.net

────

──

善子(とりあえず今日は無事に帰ってこられたわね)

善子(さて……)

|c||^.-^||「階段から落ちますわ」

善子(この呪いの予言をどう掻いくぐろうかしら。まず考えるとすれば、この予言を逆に利用することができないかどうかね)

善子(最初は私が書いたことが現実のことになっていたわけだし、少し試してみましょうか。まずは文章を消して……)

|c||^.-^||「

善子(次に実現してほしいことを書いてみましょう)

|c||^.-^||「100万円拾いますわ

善子(さて、どうな──)

|c||^.-^||「100荳??諡セ縺?∪縺吶o」

善子(──!!)ビクッ

善子(な、なるほど。そうくるのね……実現不可能なことは文字化けしてしまうと)

善子(それなら次は……)スッ

善子(アプリを落として丸1日メモを見ない!これでいきましょう。気がつかなければ、ないのとおんなじだわ)

善子(霊的なものがもし私を冥界へ誘おうとしているのなら、こっちから構って反応する必要はないわよね。無視すれば興味をなくして呪いも消えるかもしれないし)

善子(……気になるけど、今日はこのまま寝ましょうか)



70: 名無しで叶える物語 2021/04/08(木) 20:12:09.33 ID:T7I0aT8e.net

──翌日──

善子(ずっとビクビクして過ごしたような気もするけれど、終わってみれば何も起きなかったわね)

善子(ブッブさんガン無視作戦は成功のようね。こっちから興味を示さなければ、向こうもきっと何もしてこないってことよね)

善子(……もしブッブさんの予言が、『数日後に死にますわ』だったとしたら?)

善子(それを知らないまま突然死ぬなんてことがもしあったら……そんなの、死にきれない!)

善子(……1日待ったもの。何が書いてあるか見るくらいなら──)

|c||^.-^||「丸1日メモを見ませんわ」

善子(──っ!)

善子(な、何なのよ!これも全部ブッブさんの言う通りだっていうの……!)

善子(こうなったら、最後の手段ね……)

|c||^.-^||「



善子(ブッブさんも所詮電子上の存在。デリートしてしまえばそれでおしまいだわ)

善子(……さようなら、ブッブさん。あなたのおかげで忘れ物をしなくなったことだけは、感謝するわ)

善子(さてと……それじゃあ今日は動画の編集をして、それから────)

https://i.imgur.com/npK9nsj.png



72: 名無しで叶える物語 2021/04/08(木) 20:19:15.85 ID:T7I0aT8e.net

──数日後──

善子「うぅっ……」グッタリ

善子(結局あの日、朝起きてみれば結局ブッブさんの予言どおりだったわ……考えてみれば自分で文字を作ってるんだから復活するのも当たり前かも……)

善子(それからも、遅刻をするだのジュースを全部こぼすだの、大怪我になるような呪いの予言はなかったけれど、確実にブッブさんは私のメンタルを削ってしまっているわ……)

善子(なんとかしてブッブさんの予言を回避しようとしているのだけれど、全く上手くいかないし……)

善子(このまま、もし呪いの内容がエスカレートしてしまったらどうしたらいいの……)

善子(どうせ回避はできないのだけれど、内容だけは知っておきたいし……今はどんな予言が……?)

|c||^.-^||「帰りのバスで寝過ごしますわ」

善子(……!この内容なら、もしかしたら何とかなるかもしれないわ)

善子(少し心配ごとはあるけど……でも、ブッブさんから逃れることができれば、事態は好転するかもしれないし……やるしかないわ!)

────

──



73: 名無しで叶える物語 2021/04/08(木) 20:23:59.23 ID:T7I0aT8e.net

曜「──とまあちょっと大変だったけどね。でも何とか歌詞は出来たんだ~」

善子「そう……千歌もなかなか大変なのね」

曜「でも、スクールアイドル始めてから楽しそうなんだよね、千歌ちゃん」

善子「そういう曜だって楽しそうね」

曜「えへへ、そうかな。そうかも!」

プシュー

曜「あっ、バスだよ。乗ろう」

善子「ええ、そうね……あの、曜……」

曜「うん?どうしたの?」

善子「えっと、その……実は最近ちょっと寝不足で、もしかしたらバスで寝落ちしてしまうかもしれないと思って」

善子「だからその……曜の方が先に降りるのはわかってるんだけど、私の家まで一緒に来てくれないかなって……私の家に着いた時、もし寝てたら起こしてほしいの」

善子(Aqoursの誰かを巻き込みたくはなかったから少し心配だけど……別にブッブさんのことを話すわけじゃないし、このくらいなら大丈夫よね)



74: 名無しで叶える物語 2021/04/08(木) 20:29:56.13 ID:T7I0aT8e.net

曜「おっ、善子ちゃん家!?行くよ行く!ゲームしようよっ!」

善子「えっ、いいの……?」

曜「いいのって……どうして?」

善子「いやその、急だったし、断られるかもなって……」

曜「歌詞作りも一段落したし、衣装もルビィちゃんとあらかた作っちゃったから」

曜「それより何のゲームしよっか?格闘ゲーム?レースゲーム?それとも──」

善子(曜が一緒に来てくれるなら安心ね。会話していれば寝ることもないだろうし、仮に寝てしまったとしても曜が起こしてくれるでしょう)

善子(最近気を張っていたし、こうやっておしゃべりするのも久しぶりかもしれないわね。なんだか気分がぽかぽかして──)

────

──

善子「……はっ!」ガバッ

曜「あっ、善子ちゃんおはよう」

善子(嘘……一体いつから寝ていたの……?あまりに自然な会話を夢の中でもしていたものだから全く気がつかなかった……!)

善子「曜……ってあれ、ここは……?」

曜「いやあ、善子ちゃん、急にスイッチが切れたみたいに寝ちゃってさ、お家が近づいてきたから起こそうとしたんだけどなかなか起きなくて」

善子「……!」



75: 名無しで叶える物語 2021/04/08(木) 20:33:41.05 ID:T7I0aT8e.net

曜「それにあんまり気持ち良さそうに寝てるからさ、なんだか起こすのがかわいそうになっちゃって。それでしばらく寝かせておこうかなって」

善子「そ、それじゃあ……私……」

曜「善子ちゃん?」

善子「寝過ごしたって……こと……?」

善子(誰かに手伝ってもらったっていうのに……またブッブさんの言うとおり……なんて……)

善子(このまま一生……ブッブさんの呪いの予言から逃げる事はできないんだわ……)

善子「うっ……ひぐっ……」ポロポロ

曜「ご、ごめん。起こしてって言われてたのに……」

善子「なんで……曜が……ぐすっ……謝るのよ……」ポロポロ

曜「だって……」

善子「うっ……うう……うわぁぁぁぁ」ボロボロ



76: 名無しで叶える物語 2021/04/08(木) 20:39:36.32 ID:T7I0aT8e.net

曜「……落ち着いた?」

善子「ええ……ごめんなさい……」

曜「そっか。よかった」

善子「……」

曜「……聞いてもいい?」

善子「……」

曜「そっか。じゃあ聞かないよ」

善子「えっ……」

曜「何かあったんだよね、きっと。だけど善子ちゃんが言いたくないのならそれでも──」

善子「誰にも言わない……?」

曜「──うん」

善子「ひかない?」

曜「……うんっ」

善子(ここまで心配をかけておいて、あれだけ泣いてしまって、何も言わないなんて流石にできないわ……話すしかない)

善子「嘘みたいな話なんだけど、実は──」



77: 名無しで叶える物語 2021/04/08(木) 20:44:31.37 ID:T7I0aT8e.net

曜「ブッブさん……」

善子「最初は私が忘れないように使っていたんだけど、いつからかブッブさんの言葉は呪いの予言と化してしまったの……」

善子「今回だってそう。『帰りのバスで寝過ごしますわ』っていう言葉で……それで、何とか予言から逃れようとして、曜に協力してもらえれば大丈夫かもしれないって……」

善子「今見せるわ……これよ」

|c||^.-^||「

善子「……あれっ?ち、違うのよ!さっき見た時までは本当に──」

曜「信じるよ」

善子「曜……?」

曜「善子ちゃん、そういう嘘のつき方しないって知ってるから」

善子「曜……」

曜「でも消えてるってことは、もしかしたらまた次の呪いの言葉?がやってくるのかな?」

善子「確かに、勝手に消えてるってことはもしかしたら」

曜「……あっ、よ、善子ちゃん!」

|c||^.-^||「花

善子「嘘……」

|c||^.-^||「花丸

曜「善子ちゃん、操作してないのに……」

|c||^.-^||「花丸さ

善子「言葉が……!」

|c||^.-^||「花丸さん

善子(──そんなっ!!)



78: 名無しで叶える物語 2021/04/08(木) 20:49:31.04 ID:T7I0aT8e.net

──翌日──

善子「はぁ……」

善子(どうしたらいいのかしら……ブッブさんから逃れる手立ては、きっとない……だとしたら昨日の呪いの予言もきっと実現してしまう……)

善子(だけど、いくらなんでもこの予言は……)

|c||^.-^||「花丸さんと喧嘩しますわ」

善子(嫌……こんなわけのわからない呪いなんかで喧嘩なんてしたくない……Aqoursのみんなに嫌われたりしたくない……!)

善子(何とかしなきゃ……本当は学校だって休みたかったけど、練習があるから来ないわけにはいかないし……しばらくずら丸と距離をとるしか──)

善子(──でもしばらくっていつまで?『帰りに』とかの指定がないぶん、いつずら丸と喧嘩になるかはわからない。それまでずっと話さないようにするなんて……)

花丸「善子ちゃん」

善子「わぁっ、ず、ずら丸……」

善子(同じクラスなんだからしょうがないんだけど、朝から話しかけられるなんて……どうすれば……)

花丸「善子ちゃん……まる、頼りない?」

善子「えっ……?」



79: 名無しで叶える物語 2021/04/08(木) 20:54:27.09 ID:T7I0aT8e.net

花丸「ちょっと前から、善子ちゃん、怯えたり、具合が悪そうだったりしてるよね」

花丸「なのに……何も言ってくれなくて、善子ちゃんが言いたくないなら聞かない方がいいのかなって思ってたけど……どんどん様子がおかしくて……」

花丸「どうして相談してくれないの?」

善子「そ、それは……」

善子(みんなを呪いに巻き込みたく、なかったから──なんて、言えるわけ……)

花丸「この間頼ってねって言ったのに……まるのこと、友達だって思ってくれてなかったの……?」

善子「ち、違う!そんなわけ──」

花丸「だったら!……頼ってよ善子ちゃん……まる、最近の善子ちゃんのこと見てるの辛いずら……」

善子(確かに最近は気が滅入っていたわ。だけど、ずら丸にこんなに心配されるまで憔悴していたなんて思わなかったわね……)

善子(どうする、打ち明ける……?もう曜には話してしまったし、ずら丸にもすごく心配をさせてしまっている)

善子(みんなに話して共有して、打開策を見つけるっていう道もあるはず)

善子(……だけどもしブッブさんの呪いが伝染してしまったとしたら取り返しのつかないことになるわ。それなら、人数は出来る限り少ない方が好ましいわよね)

善子(でも……ずら丸は大切な──)

花丸「……もういいよ」

善子「──えっ?」



80: 名無しで叶える物語 2021/04/08(木) 21:00:49.96 ID:T7I0aT8e.net

花丸「善子ちゃんは……まるのことなんか……どうでもよかったんだね」

善子「な、そんなこと、言ってないじゃない!どうしてそんなこと言うのよ!人の気も知らないで!!」

善子(あっ……)

花丸「知らないよっ!言ってくれなきゃわからないのに!もう善子ちゃんなんか知らないっ!」

ルビィ「は、花丸ちゃん!?」

善子(ち、違うのよ……こんなこと言うつもりじゃ……ただずら丸のことを考えて私は……)

|c||^.-^||「花丸さんと喧嘩しますわ」

善子(このまま……私はブッブさんの言う通り、Aqoursから孤立していくんだわ……)

善子(なんだか急に無気力になってきた……これもブッブさんの呪いの力なのかしら、それとも単にずら丸と喧嘩してしまったからなのか……)

善子(なんだか……どうでもよくなってきたわね……)

────

──



81: 名無しで叶える物語 2021/04/08(木) 21:05:30.17 ID:T7I0aT8e.net

善子「んっ……」

善子(気がつけばもう夕方なのね)

善子(授業中の記憶もおぼろげにしかないし、部活に行ったのかどうかはもう覚えてない)

善子(あれくらいでこんなに落ち込むなんてと自分でも思うわ。だけどここ数日ずっとブッブさんに怯えて生きていたのだもの。気づかぬうちにメンタルがすり減っていたのね)

善子(このままブッブさんが『首を吊る』とか『自分を刺す』とか言えば、そのまま従ってしまいそうなほどに……)

善子(このままビクビクしたまま生きるよりも、いっそ私の中だけで呪いを受けてしまえば他のみんなは助かるかもしれない、だなんて……今の私、本当にダメみたい)

善子「はぁ……今何時かしら……あっ」

善子(ブッブさんの画面、えっと……)

|c||^.-^||「学校に閉じ込められますわ」

善子(……いよいよなのね)

善子(あのドア、ブッブさんが言うんだからきっと施錠でもされてしまって開かないんでしょう。そうして夜1人になったところで、いよいよ私のことを呪い殺そうというわけね)

善子(妙に頭がクリアで、死期が近づいているのがわかるわ。私はここで、孤独の中呪いを──)

ガチャッ

善子「──!!」ビクッ

ガチャガチャッ

善子(だ、誰か来る……さっきまで無気力だったけど、いざ何かが来るとわかるとやっぱり怖い……!)

ガラガラ

善子「……っ!!」

曜「いたいた!」

善子「……曜?」



82: 名無しで叶える物語 2021/04/08(木) 21:10:07.16 ID:T7I0aT8e.net

善子「どうして……?」

曜「やっぱり花丸ちゃんと喧嘩したって聞いたから。下駄箱のところで待ってたんだけど来ないから探しにきたんだ」

善子「曜……」

曜「電話だって何回かしたんだけど、繋がらなくて」

善子「ああ、ごめんなさい、ちょっとぼーっとしてて気づかなかったみたい……」

曜「それで、今はどんな予言が出てるの?」

善子「えっと……これよ」

|c||^.-^||「学校に閉じ込められますわ」

曜「あ~なるほど、それであそこのドア、歪んでて開きにくかったんだね~」

善子「だけど曜のおかげで助かったわ……このまま夜ここですごすんじゃないかと思ったもの。その……ありがとう」

曜「あはは、なんとかなってよかったよ~。外も暗くなってきたし、そろそろ帰ろっか!」

善子「ええ、そうね──」

善子(──外?そういえば……今の時間ってこんなに外暗かったかしら……?)

────

──



83: 名無しで叶える物語 2021/04/08(木) 21:13:20.83 ID:T7I0aT8e.net

──玄関──

曜「あれえ、外ってこんなに暗かったっけ?」

善子「というか……暗いって次元じゃないわよっ」

善子(いくら暗くても、外の校門くらい見えるはずなのに……今はまるで、帳でもおりているみたいに真っ暗……本当に出ていけるの……?)

曜「ん……あれっ……」ガチャガチャッ

曜「鍵こっちだっけ、あれこっちでも開かないや……」ガチャガチャッ

善子「まさか……閉じ込めらたの……!?」

曜「うーん、どうしよっか。鞠莉ちゃんに連絡してみる?鞠莉ちゃん理事長だし」

善子「そ、そうね……あれ?」

曜「どうしたの?」

善子「圏外……というか、LINEもTwitterも、アプリつけた瞬間落ちちゃうんだけど……」

曜「あれ、本当だ……私の携帯も!」

善子(ぼーっとしていたとはいえ曜の電話に気がつかなかったのは、そういうわけなのね)

善子「カメラもマップもブラウザも……開いたそばから落ちちゃうじゃない……唯一落ちないのは──」

善子「──ブッブさんがいる、メモアプリだけ……」



84: 名無しで叶える物語 2021/04/08(木) 21:16:14.71 ID:T7I0aT8e.net

善子「ごめんなさい……私が話したばっかりに……曜を巻き込んでしまって……」ポロポロ

曜「いいっていいって、善子ちゃんが独りにならなくてよかったよ」

善子「でも……今まで1度だって、ブッブさんの予言を覆したことがないのよ……」

善子「世界から閉ざされたこの場所で、何もできないまま呪われていくんだわ……」

曜「善子ちゃんは、花丸ちゃんと仲直りしたくないの?」

善子「えっ……?」

曜「花丸ちゃん、たぶん後悔してると思うんだ。詳しく話を聞いたわけじゃないけど、そんな気がした」

曜「善子ちゃんはこのままでいいって思う?」

善子「……そんなわけないじゃない。私だって気が滅入っていたとはいえ、強い言葉でずら丸のこと拒絶しちゃったから……」

善子(思えば最初の予言が出たあの日から、ずら丸は私のことを気にしていた節があったわね) 

善子(だけど私のためを思って、あえて何も言わないで見守ってくれていたのよね、なのに、なのに私はそれすら気がつかず……)

善子(しまいには心配して保健室に来てくれたずら丸に、ありがとうすら言っていない……)

善子「……ずら丸と、仲直りしたい!」

曜「うん!よーし、それじゃあ脱出目指して、ヨーソロー!!」



85: 名無しで叶える物語 2021/04/08(木) 21:21:13.06 ID:T7I0aT8e.net

善子「でも、脱出ってどうやって?」

曜「それはまだわかんないや。でも、きっと鍵はブッブさんが握ってると思うんだ」

曜「今、ブッブさんは何て?」

善子「えっと、さっきは閉じこめられるってあったけど、今はまた……変わってるわね……」

|c||^.-^||「何かに追われますわ」

善子「……!?」ゾッ

曜「何かって、なんだろう?警備員さんとか?」

善子「ブッブさんのことだから、警備員ならそう伝えると思うわ。そうじゃないってことは、『何か』としか表現できないような存在……捕まったらタダじゃすまなそうね」

曜「ってことは、鬼ごっこってことだね!」

善子「緊張感のない言葉だけど、言うなればそうね……もしかして曜、この状況楽しんでる……?」

曜「どうだろう。怖くないってわけじゃないんだけど、善子ちゃんがいるから何とかなるよっ」

善子「私……?」

曜「だって、こういうホラーゲームみたいなの、善子ちゃん得意でしょ?」

善子「そ、そりゃあ……まぁ……それなりよ」

曜「そう考えたらこのブッブさんもさ、ゲームみたいじゃない?ブッブさんの予言を1つずつこなしていって、最後の試練を超えてゲームクリア、みたいなさ」

善子「なるほど、そういう考えもあるのね」

善子(ああ、独りじゃないって、こんなにも心強いのね……)



86: 名無しで叶える物語 2021/04/08(木) 21:25:56.16 ID:T7I0aT8e.net

曜「それじゃあゲーム得意な善子ちゃん、これからどうすればいいかな?」

善子「そうね……仮にこれをゲームとするなら、『何か』と戦うのは絶対にやめた方がいいわ」

曜「そうなの?」

善子「ええ。もちろんモノにもよるけど、大概こういうのは、最初は逃げるしかできないものよ。倒せるとしても終盤ね。それまでは関わらないのがセオリーよ」

善子「……ブッブさんがそれを許してくれるかはわからないけど」

善子「ブッブさんの予言を逐一確認しつつ、ひとまずは会敵しないように立ち回りましょう」

曜「了解であります!」

善子「とりあえず移動しましょう。ここは見通しがよすぎるわ。どこか拠点にできるようなところがあればいいんだけど……」

ズズッ… ズズッ…

ピチャッ… ピチャッ…

曜「しっ、何か聞こえるよ」

善子(引きずるような音と、水の音?『何か』は蛞蝓のように這いずるようなタイプかしら、それとも武器を引きずって歩いている……?)

善子(そして極め付けはこの……吐き気がするような腐臭……)

曜「あっちのほうからみたい。逃げよっか」

善子「ええ、移動しましょう」



89: 名無しで叶える物語 2021/04/08(木) 21:30:52.18 ID:T7I0aT8e.net

曜「ダメだ~……ここも開かないみたい」

善子「拠点を設けようと思ったのだけど……どこもかしこも施錠されてるわね」

曜「廊下を逃げ回るしかないってこと?」

善子「それは避けたいわね。音のする方から逃げているとはいえ、それがいつまでもつかはわからないし」

善子「それに、『何か』が果たして1体かどうかもわからないでしょ」

曜「そっか、あの音がしてるのとは別な『何か』がいるかもしれないってことだね」

善子「ええ。遭遇すれば終わりなのはもちろんなのだけど、もしかしたら見るだけでもアウトかもしれないの」

曜「見るだけでも……?」

善子「これもゲームの話だけど、怪異を知覚した時に心の正気度を失って、発狂してしまうものがあるわ。どんな姿か見ておけば何かヒントになるかもしれないけど、それはちょっとリスキーかも」

曜「さっすが善子ちゃん、詳しいね」

善子「そういうの、割と好きだから……あとヨハネだからねっ」

曜「おお、調子戻ってきた?」

善子「……曜のおかげよ。ゲームみたいな感覚を持ったおかげで何とか冷静になれたの」



90: 名無しで叶える物語 2021/04/08(木) 21:36:06.33 ID:T7I0aT8e.net

善子「とはいえこのままじゃジリ貧よ、何とかしないと……」

曜「そしたらブッブさん見てみようよっ、そのメモアプリだけは正常なんだよね」

善子「……それしかないわね。ブッブさんの次の予言が出ていればいいのだけど……」

|c||^.-^||「生徒会室に逃げ込みますわ」

曜「生徒会室……でもさっき生徒会室も開かなかったよね?」

善子「あの外の様子、『何か』の出現……ここはもう呪われた空間なのよ。ブッブさんの意思で扉に鍵をかけたり開けたりするのも自由になっているんだと思うわ」

善子「それよりも問題は……ブッブさんのいうことを聞くしかないとはいえ、明らかに誘われているってこと」

曜「罠かもしれないってことだね。行かない方がいいのかな?」

善子「……もう空間がブッブさんに支配されてしまった以上、この状況でブッブさんに背いたらどんなペナルティーがあるかわからないでしょ」

善子「それに現状逃げ回っているだけで脱出の手がかりもない。行くしかないのよ、どのみちね」

曜「よ~し、それじゃあ生徒会室行ってみよう!」



91: 名無しで叶える物語 2021/04/08(木) 21:40:16.18 ID:T7I0aT8e.net

──生徒会室──

善子「ふぅ、とりあえず問題なく到着したわね」

曜「扉もあっさり開いたね~」

善子「ゲームなら、ここで重要なアイテムを拾ったり、事件解決のヒントを掴んだりするものなんだけど……」

曜「うーん、見た感じは特に何もなさそうだね」

善子「そうね、かといって罠があるわけでも──」

ズズッ… ズズッ…

ピチャッ… ピチャッ…

曜「──近いよ、どうしよっか」

善子「ブッブさんは……」

|c||^.-^||「目の前に何かが現れますわ」

善子「そんなっ……やっぱり誘い込まれたんだわ!」

曜「目の前……」

善子「ど、どうしよう曜……」

曜「これさ、『食べられる』でも、『襲われる』でもないんだよね。それならまだ助かるかもしれないよ」

善子「言われてみればそうね……あっ、それなら──!」



92: 名無しで叶える物語 2021/04/08(木) 21:45:10.11 ID:T7I0aT8e.net

ズズッ… ズズッ…

善子(擦るような音がどんどん近づいてくるわ。それにともなって、気持ち悪い臭いもどんどん増していく……)

ピチャッ… ピチャッ…

善子(ぴちゃぴちゃってのも、血の滴る音なのか、それとも『何か』が体液を出している音なのか……どっちみち不快な音……)

ガラガラ

善子(入ってきた……ってことは、扉を開ける手立てがあるってことね。やはり捕まったらその時点でゲームオーバー)

ズズッ… ズズッ…

善子(ううっ、臭くて気持ちが悪い……吐きそう……)

ズズッ…

善子(そして、私たちの目の前で、『何かは止まった)

善子「……」ドッドッ

曜「……」ドッドッ

ズズッ…

善子「……!」

ズズッ… ズズッ…

……

善子(『何か』は、出ていった……)



93: 名無しで叶える物語 2021/04/08(木) 21:50:34.21 ID:T7I0aT8e.net

善子「はぁ……はぁ……うえっ!」

曜「はぁ……はぁ……善子ちゃん、大丈夫?」

善子「ええ、なんとか……曜は?」

曜「大丈夫……ってほどじゃないけど平気だよっ。それにしても、善子ちゃんナイス作戦だったね!」

善子「ええ、ロッカーに潜伏っていうのも、ゲームでよくあるシチュエーションなのよ」

善子「『目の前』っていう条件さえ満たしていれば、必ずしも襲われる必要はない……曜の言葉がヒントになったのよ」

曜「そっか、じゃあタッグプレイ成功ってことだね!」

善子「ええ、とりあえず1つ危機は乗り越えたわ。あとはここからどうするか……」

曜「ブッブさんは何て?」

善子「そうね、えっと……」

|c||^.-^||「逃げ道を塞がれますわ」

善子「逃げ道……?」



94: 名無しで叶える物語 2021/04/08(木) 21:55:33.34 ID:T7I0aT8e.net

曜「どういう意味なんだろう?」

善子「そのまま考えるなら、もうこの学校から出られないってことかしら……」

曜「塞がれるって言葉も気になるよね。今の時点で閉じこめられてるわけだし」

善子「そうね……でも逆に考えれば、私たちが逃げることができる道が存在するってことになるわ」

曜「そっか、それじゃあどこか塞がってるところを探していけば、脱出できるかもってことだ!」

善子「ええ、やっと小さな希望の光が見えてきたわね。ただそこには、道を塞ぐ何かしらの障害があるのも事実……そこを越える必要があるみたい」

曜「その道はどこにあるのかな?」

善子「とりあえず『何か』の音は聞こえなくなったし、また廊下のほうに行ってみましょう。手がかりがあるかもしれないわ」

曜「よーし、全速前進!行ってみよう!」



95: 名無しで叶える物語 2021/04/08(木) 22:00:50.34 ID:T7I0aT8e.net

────

──

善子「うーん、ここもハズレね」

曜「どこか開いてる場所が増えてるかと思ったんだけどね~ブッブさんの様子は?」

善子「それがあのまま変わらないわ」

|c||^.-^||「逃げ道を塞がれますわ」

曜「進展なし、だね」

善子「ええ……この状況、不味いわね」

曜「というと?」

善子「ものの考えようによっては、この小さな希望の光を見いだしてから手詰まりになった状況そのものを、『逃げ道を塞がれた』と捉えることもできるでしょう」

善子「このまま進展しないまま、ここにいなければならないことになるかも……」

曜「それじゃあ、もっと探してみようよ、まだ上の方見に行ってないし」

善子「でも……上の階は今よりもっと臭いがキツくて、たぶん『何か』がいるのよっ。危険かもしれない……」

曜「でも、この状況は良くないんでしょ?」

善子「……曜は本当に強いわね。いいわ、試しに行ってみましょう」



99: 名無しで叶える物語 2021/04/08(木) 22:06:55.86 ID:T7I0aT8e.net

善子「ううっ……」

善子(本当にこの臭い、吐きそうになるわね……『何か』は間違いなくこの階にいる。だけど妙ね、あの引きずるような音や不快な水音がしないわ)

曜「たぶん向こうのほうにいるよね、こっち側からどこか行けないか探して行こうか」

善子「そうね……気付かれないように声は落として行動しましょう。さっきロッカーに隠れていた時のことを考えると、『何か』はそこまで知能が高くないわ」

善子「それに、ロッカーに隠れていて見つからなかったってことは、もしかしたら目や鼻が良くないかも。だけどそういう敵は、ゲームとかだと音に敏感だったりするの」

曜「そうなんだ。頼りになるなあ善子ちゃん♪」

善子「この状況じゃいつものツッコミも言えないわね……それじゃあ探しましょう」

曜「この部屋は……やっぱり開かないや。こっちもダメ……」

善子「ここも……となると残りは、屋上へ繋がる階段だけ……なんだけど……」

曜「そっち、相当強い臭いがするよ」

善子「さっきから気になってなってたの……引きずるような音がしなくなったなって……」

曜「じゃあ『何か』って、あそこに陣取ってるってこと?」

善子「きっと。休憩しているのか、私たちを待っているかまではわからないけど」

曜「じゃあ『何か』がどくまで違うところ探していようか?」

善子「……そうか、そういうことなのね」



101: 名無しで叶える物語 2021/04/08(木) 22:12:08.31 ID:T7I0aT8e.net

曜「どうしたの?」

善子「簡単な話よ。逃げ道っていうのは、屋上のことなんだわ。そしてそれを今、『何か』が塞いでいるってことよ」

曜「えっと……つまりあそこにいる『何か』をどうにかしないと、逃げられないってこと?」

善子「たぶんだけどね。でもどうにかしないとゲームクリアはできないわ。これがゲームなら、クリアできる手立てはあるはずなんだけど……」

善子「生徒会室で何かを見つけたわけでもないし、後の部屋は調べたけど開かない……一体どうすれば……」

曜「……それなら、私にアイデアがあるであります!」

善子「アイデア?」

曜「上手くいけば、『何か』の気を引いてあそこから動かせるかも、ついてきて!」

善子「ついてきてって……どこにいくつもり?」

曜「もちろん生徒会室だよっ」

善子「……?」

曜「いいからいいから、行こう!」



103: 名無しで叶える物語 2021/04/08(木) 22:18:56.44 ID:T7I0aT8e.net

──生徒会室──

善子「着いたはいいけれど、どうするのよ?」

曜「さっき善子ちゃん言ってたよね。『何か』は目や鼻が悪い代わりに、耳がいいかもしれないって」

善子「まぁ、あくまでも仮説だけどね」

曜「その仮説がもし正しいとすれば、おっきな音を出せば、『何か』は慌てて、その音の主を探そうとするんじゃないかな?」

善子「確かに一理あるわね。だけど、どの距離から音を出せばいいかはわからないわよ、近過ぎれば追いつかれてやられてしまうかも……」

曜「それじゃあもし、そのおっきな音が複数の場所から聞こえたら?『何か』を混乱させて気が引けるかもしれないよ」

善子「二手に分かれるってこと?ダメ!こんな状況でそんな危険なこと……下手したら片方が囮にならなきゃいけないかもしれないし!」

曜「はい、善子ちゃん残念でした~」

善子「……どういうことよっ」

曜「もちろんそんな危険なことはしないよ。一緒にここから脱出するからね」

善子「それじゃあどうやって……」

曜「正解は……これだよっ!」

善子「それって……」



106: 名無しで叶える物語 2021/04/08(木) 22:25:10.13 ID:T7I0aT8e.net

曜「スクールアイドルを始める時にね、千歌ちゃんとここで、ダイヤさんにお願いしたんだ。その時に間違えて、ここにある放送機器を押しちゃったことがあってね」

曜「全校中に私たちの話を放送しちゃった時があったんだ。懐かしいなぁ……」

曜「だけど、その時のことがあったから、生徒会室のこれが使えるんじゃないかなって思ったんだ!」

善子「なるほど……これなら『何か』から距離をとって音を出すことができるし、かつ同時にあちこちから音を出すことができる」

善子「『何か』がそれを探してまた学校を彷徨くようになれば、屋上への道が開けるってわけね!」

善子「やるじゃない曜!リリーにも負けず劣らずのリトルデーモンよっ!」

曜「あははっ、ありがとう♪」

善子「けど……危険じゃないとは限らないわ。音に興奮して、『何か』の危険度が増すかもしれない。ここが正念場よ」

曜「うん!頑張ろう、善子ちゃん!」

善子「ふぅ~……よしっ、行くわっ!」

キーーーン!

曜「オッケーだよ、行こう!」

善子「ええ、屋上へ!」



107: 名無しで叶える物語 2021/04/08(木) 22:34:17.20 ID:T7I0aT8e.net

善子「はぁ……はぁ……」

ズッ… ズッ…!

善子(さっきよりも音が速い……!やっぱり興奮してるんだわ……それだけ遭遇の確率も上がる)

善子(それに臭いもますますキツくなってる……今にも吐きそう……)

曜「この道ヤバイかも。いっかい降りよう!」

善子「そうね……迂回してでも遭遇しない道を選びましょう」

曜「ブッブさんは?」

善子「えっと……」

|c||^.-^||「屋上にでますわ」

善子「……っ!ビンゴよ曜!やっぱり逃げ道は屋上みたい!言われてみればこういうゲームだと、大概屋上のヘリポートか地下の最深部のどっちかが最終決戦場なのよね」

曜「よーし、ラストスパートだね!全速前進ヨーソロー!!」



109: 名無しで叶える物語 2021/04/08(木) 22:40:12.17 ID:T7I0aT8e.net

──屋上──

善子「はぁ……はぁ……」

曜「ふぅ……何とか……出られたね」

善子「そう……ね……」

善子(外に出てこられた……校舎が黒いモヤみたいなので覆われているわね。窓から外が見られなかったのはアレのせいね)

曜「ここで『何か』と対決するってことかな?」

善子「ゲームならそのパターンが多いとは思うわ。けど、ゲームならここに来るまでに強力な武器や特殊な力を手に入れたりしているんだけど、そうじゃないし……」

善子「とりあえずバリケードを設けましょう。『何か』は扉を開けることができるのは分かっているし、時間を稼ぐ必要があるかもしれないから」

曜「ここなら、部活で使ってる備品があるもんね。それで扉を塞いじゃおっか」

善子「そうね。あとはブッブさんの様子を見ながら──」

曜「……善子ちゃん、どうしたの?」

善子「──こ、これ……」

|c||^.-^||「屋上から飛び降りますわ」



110: 名無しで叶える物語 2021/04/08(木) 22:47:30.66 ID:T7I0aT8e.net

善子「遂に……ブッブさんが私たちのことを仕留めにきたのね……」

善子「ここから飛び降りれば当然無事じゃいられない。かといってこのままここにいたら、いずれ『何か』に見つかってしまう……」

善子「もう……どうしたらいいのよ……」

曜「善子ちゃん……」

善子「曜があんなに引っ張ってくれて……やっと外に出られたのに……ごめんなさい……」

曜「……まだ諦めちゃダメだよ」

善子「でも!ずっとブッブさんの呪いには逆らえなかった!これもきっと、実行しなきゃいけない羽目になるだわ……そしたら助かりっこない……」

曜「花丸ちゃんと仲直りするんじゃなかったの?」

善子「そりゃあしたいわよ!でも……」

曜「……じゃあ、やめる?」

善子「……っ!!」

善子(時々曜が言うこの言葉には、何だか圧があるのよね……少し、ドキッとするほど)

善子「……死にたくなんか……ない……」

善子「……やめない!何とかして脱出したい!」

曜「じゃあ決まり!何とか脱出だね!」

善子「でも、どうやって……?」

曜「1個だけ、考えがあるんだ」

善子「……?」



111: 名無しで叶える物語 2021/04/08(木) 22:52:47.77 ID:T7I0aT8e.net

曜「こっちこっち!」

善子(いつも練習で使っている場所じゃなくて、ソーラーパネルみたいなのが置いてある方は初めて来たかも……)

曜「ここからの景色、私好きなんだ~」

善子「そうなの……それで、考えって?」

曜「ほら、見える?あそこにあるの!」

善子「あそこって……別に何かある?」

曜「ええ~あるじゃん!ほらあれ!私の大好きなプールだよっ!」

善子「ああプールね。確かに見えるわ」

曜「今の時期でもさ、時々練習とか合宿とかやるから、プールに水が張ってあるんだ。それにうちのプール、結構水深が深いんだよ」

善子「……ちょ、ちょっと待ちなさいよ!しょ、正気なの!?」

曜「うん!ブッブさんの言う通りにして、かつ外に脱出する名案!それが──」

ビシッ

曜「──ここからプールまで飛ぶ方法っ!」



115: 名無しで叶える物語 2021/04/08(木) 23:02:31.03 ID:T7I0aT8e.net

善子「む、無茶よ無茶!ここからプールって結構距離あるんじゃないの!?」

曜「そうかな、そんなに遠そうにみえないけど」

善子「十分遠いわよっ!」

曜「大丈夫大丈夫♪私、高飛び込みの選手でもあるんだよ!」

善子「高飛び込みって飛距離競う競技じゃないでしょっ!」

曜「あはは、そう言われるとそうかもね」

善子「もう……何でそんなに普通でいられるのよ……」

曜「そりゃあもう、善子ちゃんがいるからだよ」

善子「私……?」

曜「うん……きっとね、もし私1人だったらさ、たぶんすぐに『何か』にやられちゃってたと思うんだ」

曜「善子ちゃんがいてくれて、ゲームならこうだからって教えてくれて……だからここまで来れたんだよ」

善子「買い被りよ……音に敏感とか、見たら正気を失うとか、あんなの全部仮説なんだし」

曜「そうかもしれないけど、私にとってはそうじゃない。だからありがとう、善子ちゃん」

善子「曜……」

曜「だからさっきも言った通り、絶対に一緒にここから脱出したいって思って。だからさ──」

ギュッ

曜「──頑張って、飛ぼう!」

善子「曜……」



118: 名無しで叶える物語 2021/04/08(木) 23:08:18.05 ID:T7I0aT8e.net

善子「ふぅ……」

曜「あはは、緊張してるねっ」

善子「緊張しないほうがどうかしてるわよ」

曜「私も、最初に飛び込み台に立った時は緊張したなあ」

善子「全然一緒じゃないからっ」

曜「でも、そうやってツッコミできてるんなら善子ちゃんだって大丈夫だよ」

善子「もう、どこまでが本気でどこまでが冗談かわからないわよ……」

曜「ふふっ……それで、行けそう?」

善子「……まだ、ちょっと怖いわ」

曜「大丈夫。私が手を繋いでるし、私のタイミングと合わせてくれれば、きっと飛べるよ」

善子「だけど足がすくんじゃって……震えて……このままじゃ、曜が上手く飛んだとしても、私のせいで失敗しちゃうかもしれない……」

曜「そっか……それじゃあこれならどうかな。これを聴けばしっかりとタイミングを合わせられるし、飛ばなきゃって気になると思うから!」

善子「……?」

曜「……ああそっか、アプリ開けないんだもんね。でも確かここに音源が……ほらあった、よし、流してみるよ~」

~~~♪♪♪

善子「この曲……!」

善子(千歌が……飛んだ曲……!)



122: 名無しで叶える物語 2021/04/08(木) 23:15:17.30 ID:T7I0aT8e.net

曜「どうかな?これなら飛べそうじゃない?」

善子「そうね……千歌が勇気を出して飛んだんだもの……私も飛ばなきゃって気にさせられるわ」

曜「足は?」

善子「……まだ少し震えてる。ねえ、曜──」

善子「──できるかな?」

曜「できる!」

善子「……!!」

曜「だから、ね?」

善子「そうね、覚悟を決めるわ。MIRACLE呼びましょうか!」

曜「うん!」

ドンドンッ!

善子「……!?」

曜「あちゃあ、音流しちゃったから……!でも、善子ちゃんがバリケードを作ってくれたおかげで何とか時間が稼げてるね、ありがとうっ!」

善子「……そういうのは全部終わってからにしましょう。飛ぶタイミングは、あの瞬間よね」

曜「うん……『悔しくて──♪』

善子「えぇっ、歌うの?」

曜「『──じっとしてられない♪』はい!」

善子「……!『気持ちだった♪みんなきっと──♪』」

2人「『わかるんだね♪』」

曜「行っけええ!!」

善子「そりゃあ!!」

────

──





ドッボーン!



124: 名無しで叶える物語 2021/04/08(木) 23:22:22.48 ID:T7I0aT8e.net

曜「あは、あははは!気持ちいいねえ!」

善子「そうね……ちょっと寒いけど。でも……いい気分だわ」

善子「出られたのね……外に……」

曜「うん!善子ちゃんの──」

善子「曜のおかげにきまってるわ。生徒会室の音を使うのとか、最後の飛ぶのとか……曜がいたからこそよ」

曜「ちがうよ~、上でも言ったけど善子ちゃんがいてこそであります!」

善子「……なら、タッグプレイ成功ってことね」

曜「えへへ、そうしよっか♪」

善子「そうだ、そういえば上は……?」

曜「うーん……屋上なんにも見えないよ」

善子「そういえば……学校を覆っていた黒いモヤみたいなのも見えないわね」

曜「じゃあブッブさんは?」

善子「そうね、今ブッブさんは──」

プルルルル…

善子「……!!」ビクッ



125: 名無しで叶える物語 2021/04/08(木) 23:33:48.94 ID:T7I0aT8e.net

プルルルル…

善子(外に出られたから安心してしまったけど、ブッブさんの呪いはまだ続いて──)

善子「──って、この番号……」

ピッ

善子「も、もしもし……?」

『あっ、善子ちゃん!やっと出たずら~!』

善子「ずら丸……」

花丸『電話しても全然出ないから……ぐすっ……無視されてると思って……』

善子「そんなことするわけ──」

花丸『善子ちゃん……ごめんなさい……』

善子「……っ!」

花丸『善子ちゃんが悩んでるの知ってたのに……無理やり聞こうとしちゃって……ごめんね……』

善子「何言ってるのよっ……私の方こそ、せっかく心配してくれたのに拒絶しちゃって……どうかしてたわ……ごめんなさい……」

善子「それから言い忘れていたけど……この間は保健室に見舞いに来てくれてありがとう。それに今も、電話してくれて、ありがとう」

花丸『善子ちゃん……』



127: 名無しで叶える物語 2021/04/08(木) 23:41:01.31 ID:T7I0aT8e.net

善子「うん……うん……わかったわ、また明日。それじゃあおやすみなさい……」

曜「よかったね。花丸ちゃんと仲直りできたんだ」

善子「ええ……それに電話が繋がったってことは、ちゃんと帰ってこれたのね」

曜「うん。一緒に帰ってきたんだよっ……それで、今ブッブさんは?」

善子「それが……ほらっ」

曜「いない……呪いが解けたんだ!」

善子「きっと、ブッブさんはあそこで始末できると思ったんだわ。あれが最後の試練だったってことね。だから曜が言った通り、それを超えてゲームクリアしたのよ、私たち」

曜「よ~し、それじゃあ帰ろうか」

善子「ええ、そうね……私たちの日常へ」



130: 名無しで叶える物語 2021/04/08(木) 23:49:50.58 ID:T7I0aT8e.net

善子(それから私たちは家に帰ったわ。着く頃はもう23時近くて、びしょ濡れだったものだからひどく怒られたの。きっと曜もそうだったでしょうから申し訳ないわね)

善子(翌日からはいたって普通の……まあ不幸体質なのは変わらずだけど、特に何かに怯えることなく生活することができているの)

善子(学校にも特に異常はなかったわね。きっとあの瞬間は、校内だけ別次元にいたのかもしれないわね)

善子(ブッブさんはあれから消えたままよ。後から調べたところ、モノに人格と名前を与える行為は、黒魔術的に大きな意味を持つ流派みたいなのもあったりするみたい)

善子(そういうのを調べたりするのは好きだけど、実際に体験するのは……もうごめんね)

善子(きっと世界のどこかには、そうやって知らず知らずのうちに異形の扉を開けてしまう人がいるんだわ、それも今、この瞬間にも──)

────

──







ルビィ「えへへ、ここがスクールアイドル掲示板かぁ、怖かったけど、やっぱりちょっと気になるから見てみようかな……えっと……」

ルビィ「ブッブさん?」



137: 名無しで叶える物語 2021/04/08(木) 23:59:22.05 ID:T7I0aT8e.net

|c||^.-^||「見たら感想を書き込みますわ」


元スレ
善子「ブッブさん」