1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/26(水) 17:11:00.90 ID:HMSE28qgO

睦月「悪霊退治?」

誓子「そう!私達は有珠山高校」

智美「麻雀部だろ?インハイで見たぞ」ワハハ

揺杏「ちっちっち」

由暉子「有珠山高校麻雀部というのは仮の姿、その実体は」

成香「有珠山高校悪魔祓部です!!」



2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/26(水) 17:14:48.04 ID:HMSE28qgO

佳織「悪魔祓部?」

ゆみ「どっちにしろ部活なんだな…」

爽「分かってないなー」

誓子「有珠山高校悪魔祓部は今までに多くの優秀なエクソシストを輩出している由緒ある部活なんです」

ゆみ「エクソシストってあの?」

成香「はい!悪魔をやっつけるあのエクソシストです」

由暉子「この部に入れるのは選ばれた人間だけなんですよ」

智美「へー凄いんだなぁ」ワハハ



4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/26(水) 17:20:04.99 ID:HMSE28qgO

睦月「しかし悪霊と言われましても……」

桃子「まさか私の事じゃないっすよね…?」

爽「でっ…出たー!!」

誓子「こんな強力な奴だなんて聞いてないわよ」

桃子「え…私生きてるっすよ…悪霊じゃないっすよ……」

ゆみ「そうだモモは悪霊じゃない!!」

佳織「皆さん酷いですよ……」

揺杏「悪霊だった方がマシだったよ」

由暉子「その人は悪魔に取り憑かれています」

「「えぇーーー!?」」



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/26(水) 17:23:42.86 ID:HMSE28qgO

睦月「しかし今まで不審な事なんて有りませんでしたよ」

成香「存在感がなかったりしませんか?」

桃子「どうしてそれを!?」

智美「そういえば普通にモモが見えてるんだな」ワハハ

爽「見習い中とはいえエクソシストだからな」

智美「エクソシストの卵って事かぁ……略してエクたまだな」ワハハ

揺杏「そんなどこぞの乱太郎みたいな……」



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/26(水) 17:28:19.57 ID:HMSE28qgO

桃子「そんな事より私の存在感が無いのは悪魔のせいなんすか?」

誓子「そうです。取り憑いた悪魔があなたの存在を少しずつ食べてるんです」

桃子「だからどんどん影が薄く……」

成香「でも私達が来たからにはもう大丈夫ですよ」

ゆみ「モモは助かるのか?」

爽「私達が来たんだ当然だろ」

睦月「それで、いったいどうするんですか?」

誓子「あなた達は下がっていて、今ここでこの子に取り憑いた悪魔を祓うわ」

桃子「分かったっす、お願いします」



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/26(水) 17:36:57.61 ID:HMSE28qgO

揺杏「よし、ユキ!聖水だ」

由暉子「まかせて!」

バシャ

桃子?「ぐあぁぁー!!」

佳織「桃子さん!?」

成香「由暉子ちゃん…それ…」

爽「私の爽健美茶じゃん!!」

由暉子「あれ…?」

智美「モモ……」



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/26(水) 17:41:27.80 ID:HMSE28qgO

桃子?「よくもたばかってくれたな!!」

ゆみ「モモ…この人たちに乗らなくていいんだぞ」

桃子?「何を言っている、私はこの小娘に取り憑いた悪魔だ」

ゆみ「もういいって」

桃子?「ふん、いいだろうそれなら証拠を見せてやる」ブンッ

「「うわぁあー!!」」

佳織「え!?桃子さんが腕を横に振ったらみんなが吹き飛ばされた……」

智美「1人だけ無事とはさすがだな佳織」ワハハ

佳織「智美ちゃん大丈夫!?」



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/26(水) 17:45:13.98 ID:HMSE28qgO

爽「いたたた……よくもやったなぁ!!」

成香「これならどうです」

成香「ハァッ!!」ゴッ

桃子「むっ、こしゃくな!!」ゴッ

睦月「えっ!?なんなんですかあれ…?」

誓子「今、私達の力と悪魔の力がぶつかっているんです。危ないから下がってください」

ゆみ「もう着いて行けないな……」



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/26(水) 17:50:17.08 ID:HMSE28qgO

揺杏「このっ…」

桃子?「むうぅ」

智美「今どんな感じなんだろうな?」ワハハ

佳織「どうなんだろうねえ」

由暉子「負けない!!」

桃子?「こしゃくな!!」

睦月「思ってたエクソシストと違う……」

ゆみ「私もだ……」

智美「でもブリッジしながら歩き出したりしないで良かったな」ワハハ

佳織「怖いもんね……」

智美「いや場合によってはスカートの中が見えると思って」ワハハ

睦月「今もたなびいてて見えちゃいそうですけどね……」



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/26(水) 17:54:03.82 ID:HMSE28qgO

智美「暇だな」ワハハ

睦月「そうですね」

佳織「桃子さん元に戻りますよね?」

ゆみ「きっと大丈夫だ」

智美「お腹が空いて来たぞ」ワハハ

ゆみ「実は私もだ」

睦月「プロ麻雀せんべいで良かったらありますよ」

ゆみ「いただこう」

佳織「私も貰っていい?」

睦月「もちろん」



17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/26(水) 18:00:12.99 ID:HMSE28qgO

ゆみ「ほら睦月、藤田プロのカードだ」バリバリ

睦月「藤田プロですか…文堂さんじゃないですけど、けっこうダブってるんですよね……」

智美「私は良く知らないプロだったぞ」ワハハ

智美「佳織はどうだ?」

佳織「小鍛治プロだったよ」モグモグ

睦月「流石だね……」

ゆみ「さっきも妹尾だけ吹き飛ばされなかったしな」



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/26(水) 18:05:18.76 ID:HMSE28qgO

智美「煎餅食べてたら喉が渇いたな」ワハハ

佳織「飲み物買いに行ける雰囲気じゃないよ」

智美「さっきのお茶を分けて貰おう」

ゆみ「おい危険だぞ」

睦月「そういえばさっき聖水がどうとか言ってましたよね」

ゆみ「それだ!蒲原、彼女たちの荷物から聖水を探すぞ」

智美「分かったぞ」ワハハ



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/26(水) 18:11:07.22 ID:HMSE28qgO

智美「ゆみちん有ったぞ」

ゆみ「お茶じゃないだろうな?」

智美「透明だから違うと思う、飲んで確かめるか?」

ゆみ「やめとく……」

睦月「これをどうするんですか?」

ゆみ「投げつける。聖水だそうだから何かしらの効果はあるだろう」

智美「よーし、みんないくぞぉ!!」ポイッ

桃子?「むっ、ふん無駄なまねを」

パリーン

睦月「あぁ!」



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/26(水) 18:15:07.82 ID:HMSE28qgO

誓子「危ないから下がっててくださいって言ったじゃないですか!!」

爽「誓子!よそ見するな!!」

桃子?「ぐわぁああぁーー!!」

揺杏「え??」

智美「何故か佳織が投げたヤツだけ割られなかったみたいだな」ワハハ

爽「よしっ、今だ!!」

誓子「悪!!」
揺杏「霊!!」
成香「退!!」
由暉子「散!!」

「「いっけぇえーー!!」」

桃子?「おのれえぇーーー」

爽「ふっ、正義は勝つ」

佳織「悪霊退散?相手は悪魔じゃ?」

成香「どっ、どっちでも良いじゃないですか///」



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/26(水) 18:19:37.37 ID:HMSE28qgO

ゆみ「モモ!!大丈夫か?」

桃子「う…うぅん…せんぱい?」

ゆみ「良かったぁ…」

智美「これでモモの影が薄いのが治ったのか?」ワハハ

由暉子「少しは改善されたと思います」

睦月「少し?」

誓子「命に別状は無いんですけど、失った存在感は完全には治らないみたいです」

ゆみ「そんな……」

桃子「むしろ好都合っすよ。存在感が増しつつもステルスモモ出来るくらいには影が薄いままなんすから」

爽「そう言って貰えると助かる」



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/26(水) 18:22:31.72 ID:HMSE28qgO

揺杏「という訳で御祓い料は10万円になります」

桃子「え?」

ゆみ「お金を取るなんて聞いてないぞ」

由暉子「凄く良心的なお値段ですよ」

爽「私達に命懸けで戦わせておいてそれは無いんじゃないか?」

睦月「えー……」



26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/26(水) 18:26:49.25 ID:HMSE28qgO

佳織「先生こっちです」

智美「あの人達が部室を滅茶苦茶にしたんです」

誓子「ちょっと!?先生を呼ぶなんて卑怯よ」

成香「逃げましょう」

爽「そうだな、さらば!!」

桃子「行っちゃったすね……」

ゆみ「いったい何だったんだろうな……」



28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/26(水) 18:31:18.90 ID:HMSE28qgO

爽「くっそー、ただ働きかよー」

成香「高校生に10万円はちょっと……」

揺杏「そうだよなぁ……」

由暉子「しかしこのままでは支払い期日が……」

誓子「はあ…爽が学園長の壺を割っちゃうから……」

爽「私だけのせいじゃないだろ!だいたいなんで部室に30万もする壺があるんだよ!!」

揺杏「そんな事より早く次の仕事見つけないと!!期日までにエクソシストの仕事で30万稼がないと1ヶ月間学校中を掃除させられるんだぞ!!」

誓子「そうね…頑張らないと」

爽「行こう!私達の戦いはまだ始まったばかりだ!!」



終わり


元スレ
爽「悪霊退治に来ましたー」