曜「頼りにしてます、鞠莉ちゃん先生!」

鞠莉「ふたりのクリスマス作戦」

曜「我が家の忘年会」

曜「あけましておめでとう、鞠莉ちゃん先生!」

鞠莉「心を癒すその唇に」

鞠莉「いとつきづきし」

曜「平成最後だよ、鞠莉ちゃん先生!」

曜「鞠莉ちゃんとマザーズデイ」

鞠莉「曜とのなかよし温泉旅行記」

曜「紫陽花の鞠莉ちゃん」

鞠莉「スウィート・リベンジ」

曜「サラダ記念日」

曜「憧れは淡く身を包んで」

曜「鞠莉ちゃんのレモンな思い出」

曜「鞠莉ちゃんと放課後デート」

曜「鞠莉ちゃんとのレモンな生活」

曜「待ち人、来ること遅し」

曜「鞠莉ちゃん先生とお泊り勉強会」

鞠莉「クリスマス・アフター・クリスマス」

曜「お料理がしたい?」鞠莉『イエース!』




























1: 名無しで叶える物語 2021/04/21(水) 21:17:40.66 ID:VUcMQRj4.net

ようまり。



3: 名無しで叶える物語 2021/04/21(水) 21:19:04.32 ID:VUcMQRj4.net

鞠莉「ってわけで、今日はよろしくね!」

曜「待って、展開がいきなりすぎてついていけないんだけど」



4: 名無しで叶える物語 2021/04/21(水) 21:20:38.04 ID:VUcMQRj4.net

鞠莉「もう、聞いてなかったの?曜のバースデーをお祝いするって言ったのよ」

曜「いや、それは聞いてたけど…鞠莉ちゃん、ちょっと確認してもいい?」

鞠莉「なにかしら」

曜「今日って何月何日?」



5: 名無しで叶える物語 2021/04/21(水) 21:22:21.44 ID:VUcMQRj4.net

鞠莉「もちろん4月17日よ。曜ったら、うっかり自分の誕生日を忘れちゃった?」

曜「そうじゃないけど、じゃあもう一つ質問ね。私たちって、私の誕生日の時に知り合ってたっけ?」

鞠莉「んー、どうだったかしら。私が理事長としてカムバックしたのが春先ぐらいだから、もしかしたら会ってはいたかもね」

曜「だよね。ってことは、さっきの私の質問もだけど、なんか色々とおかしいよね。私たちは今日のことを過去の出来事として認識して話してるし、でも今日は4月17日だし、辻褄が全然合わないよね?」



6: 名無しで叶える物語 2021/04/21(水) 21:24:04.12 ID:VUcMQRj4.net

鞠莉「まあまあ、そんな細かいことはいいじゃない」

曜「細かくもないし、よくもないよ!時の流れも頭の中もごちゃごちゃだよ!」

鞠莉「設定や時系列なんて気にすることナッシング!なんてったって曜の誕生日だからね。お祭りモード全開!曜のバースデーを全力でお祝いするわよー!」

曜「ええっ、なにその開き直ったメタ発言!?」

鞠莉「あっ間違えた!全速前進で!お祝いするわよー!」

曜「いやいやいや、言い回しの問題じゃなくってさ」



8: 名無しで叶える物語 2021/04/21(水) 21:26:42.89 ID:VUcMQRj4.net

鞠莉「すっかり状況が理解できたところで、改めてお祝いスタートデース!」

曜「正直まったく理解が追いつかないんだけど…まあ、いっか」

鞠莉「さあ、車に乗って。この日のためにと色々と準備を進めておいたの。早速行きましょう!」

曜「お、お邪魔しまーす。んん?鞠莉ちゃんが運転するの?6月生まれの鞠莉ちゃんって、まだ免許取れる年齢じゃ…」



9: 名無しで叶える物語 2021/04/21(水) 21:27:59.99 ID:VUcMQRj4.net

鞠莉「ふっふーん」

曜「あ、免許証…ってことは、やっぱり私たち過去の世界に…いや、でもこの場合も日付が明らかに矛盾してて…」

鞠莉「言ったでしょ、細かいことはナッシングだって」

曜「うう、もうわけわかんないよー!」

鞠莉「それでは皆さんご一緒に、全速前進ー?」

曜「ええい、なるようになれだ!全速前進、ヨーソローっ!」

鞠莉「イェーイ!」



10: 名無しで叶える物語 2021/04/21(水) 21:29:49.46 ID:VUcMQRj4.net

……………………………………

バンケットホール

鞠莉「さあ、着いたわ。ここが会場よ」

曜「ううん、本当に一体何がどうなってるんだろう…」

鞠莉「曜は気にしすぎよ、もっとフィーリングを大事にしなきゃ。頭だけで考えてると疲れちゃうわよ?」

曜「考えすぎで済ませちゃうには、あまりにも常識を超えすぎてる気がするよ…」

鞠莉「嫌だった?」

曜「嫌ってわけでは…混乱はしてるけど」

鞠莉「私は曜のバースデーを、楽しく賑やかにお祝いしたい、それだけなの」

曜「鞠莉ちゃん…」

鞠莉「今は私に任せて、一緒に楽しみましょう。ね?」

曜「…うん、そうだね!」



11: 名無しで叶える物語 2021/04/21(水) 21:30:59.95 ID:VUcMQRj4.net

鞠莉「ふふっ、じゃあ気を取り直して、まず初めはこれよ!」

曜「わあっ、衣装がたっくさん!」

鞠莉「コスプレ好きの曜のために、ありとあらゆるコスチュームやユニフォームを用意したわ」

曜「すごーい!ね、手に取って見てきてもいい?」

鞠莉「もちろん!曜の思いのまま、存分に楽しんでね」

曜「やったぁ!うわぁ、どれもこれも可愛いくて、細かいところのクオリティまでしっかりしてるし、小物だっていっぱいある!すごいなぁ…!」

鞠莉「さすが衣装担当、注目するポイントが違うわね」



12: 名無しで叶える物語 2021/04/21(水) 21:32:14.95 ID:VUcMQRj4.net

曜「これと、これと…ああ、こっちもいいなあ、あれもカッコいいし、目移りしすぎて迷っちゃう!」

鞠莉「慌てなくたって大丈夫。時間も衣装も、たっぷりあるんだから」

曜「うーん。それなら、まずはこの3着からにしようかな!」

鞠莉「決まったみたいね。試着室はあっちだから、ゆっくり着替えて…」

曜「なに言ってるの。この衣装は鞠莉ちゃんが着るんだよ」

鞠莉「えっ」



14: 名無しで叶える物語 2021/04/21(水) 21:33:13.05 ID:VUcMQRj4.net

曜「さっき言ってたでしょ、思いのまま存分に楽しんで良いって。ってわけで、早速着替えて来てね!」

鞠莉「えっ、ちょ」

曜「さあさあ、早く早く!」

鞠莉「よ、曜?さっきから、笑顔がちょっと怖いんだけど」

曜「ああ、夢に見た鞠莉ちゃんのコスプレ、鞠莉ちゃんの制服姿…!」

鞠莉「曜、ねえ、曜ってばー!?」



15: 名無しで叶える物語 2021/04/21(水) 21:36:59.86 ID:VUcMQRj4.net

――――――――

曜「着替え終わった?」

鞠莉「ええ、まあ…これでいいの?」

曜「わあ、可愛いー!すごいすごい、巫女服がすっごくよく似合ってるよ!」

鞠莉「あ、ありがと」

曜「ねえねえ、写真撮っていい?」

鞠莉「それはまあ、構わないけど」

曜「あ、ポーズは鞠莉ちゃんにお任せで!」

鞠莉「ポーズ…こう、とか?」

曜「いい、すごくいいよ!とっても可愛い!鞠莉ちゃんと巫女服の掛け合わせ!私の見立てに狂いはなかったね!」

鞠莉(大はしゃぎで衣装を選んでいたのは、私に着せるためだったのね。ふふ、曜ったら)



16: 名無しで叶える物語 2021/04/21(水) 21:38:47.53 ID:VUcMQRj4.net

曜「ありがとう、写真もたくさん撮れて大満足だよ!それじゃあ次は――」

鞠莉「ていっ!」

曜「わっ!?な、なにするの」

鞠莉「喜んでもらえて何よりだけど、私ばかりが着せられてたんじゃアンバランスだわ。本日の主役にも、色んな衣装でバッチリ決めてもらわなきゃ」

曜「そ、そっか。夢中になりすぎて、自分で着るって選択肢を忘れてたよ」

鞠莉「曜は見るのが好きで、着るのはもっと大好きでしょ?」

曜「もちろん!」

鞠莉「そうこなくっちゃ!私が曜に着て欲しい衣装は、これっ!」



17: 名無しで叶える物語 2021/04/21(水) 21:40:45.21 ID:VUcMQRj4.net

……………………………………

鞠莉「そろそろご飯にしましょうか。誕生日のお昼ご飯はもちろん、曜の大好物の…」

曜「もしかして、ハンバーグ!?」

鞠莉「イグザクトリー!それもただのハンバーグじゃないわ、シェフ特製のスペシャルチーズインハンバーグよ!」

曜「やったあ!わあ、すごく美味しそう!」

鞠莉「どうぞ、アツアツのうちに召し上がれ」



18: 名無しで叶える物語 2021/04/21(水) 21:43:10.77 ID:VUcMQRj4.net

曜「じゃあ早速!いただきまーす!」

ナイフを入れると、中からチーズがとろりと溢れ出す。

曜「わあ…!」

曜の瞳は立ち上る湯気にも負けないくらいキラキラしていて。チーズがたっぷりと絡んだハンバーグを一口頬張ると、ぱあっと笑顔がはじけた。

曜「くぅーっ…おいっしー!」

鞠莉「その表情、お気に召したみたいね」

曜「そりゃもう、格別だよ!この光景とこの美味しさ、人生で一番贅沢な時間だね!」



19: 名無しで叶える物語 2021/04/21(水) 21:44:40.15 ID:VUcMQRj4.net

鞠莉「うふふっ、大袈裟だこと。ん、美味しい」

曜「鞠莉ちゃんの一番の贅沢ってどんなこと?」

鞠莉「そうねぇ。この瞬間、かな」

曜「あ、鞠莉ちゃんも?そうだよね、この絶品ハンバーグを前にしたら、胸がときめかずにはいられないよね!」

んー、曜の想像とはちょっと違うけど。

曜「ああ美味しい、幸せだぁ…!」

この笑顔が見れたから、良しとしましょう♪



20: 名無しで叶える物語 2021/04/21(水) 21:45:34.43 ID:VUcMQRj4.net

……………………………………

鞠莉「誕生日にスポーツ対決っていうのも、なかなかオツなものだと思わない?」

曜「いいね、体を動かすのは私も大好き!何をやるの?」

鞠莉「私たちのスポーツと言えば、もちろん、これ!」

曜「バスケットボール。ふふっ、そうだと思ったよ」

鞠莉「先に5回ゴールした方の勝ちよ。1対1の真剣勝負、誕生日だからって手は抜かないわよ?」

曜「鞠莉ちゃんこそ覚悟してね!前は完敗だったけど、全力で飛ばしていくよ!」



21: 名無しで叶える物語 2021/04/21(水) 21:46:19.42 ID:VUcMQRj4.net

鞠莉「成長を確かめてあげるわ。いくわよ!」

曜「望むところ!」

鞠莉「小細工無しで…一気に攻める!」

曜「なんのっ!」

鞠莉「っ!食いつかれた!?」

曜「へへっ、足を止めたね」

鞠莉「やるじゃない。さっきの言葉に嘘はないようね」



22: 名無しで叶える物語 2021/04/21(水) 21:47:28.36 ID:VUcMQRj4.net

曜「そう何度もやられてばかりの私じゃないよ!」

鞠莉「さらにできるようになったわね、けど!」

曜「やらせな――っ!?」

鞠莉「ふっ!」

曜(抜かれた!どうやって!?)

鞠莉「シュート!」

曜「ああっ!」



23: 名無しで叶える物語 2021/04/21(水) 21:48:39.14 ID:VUcMQRj4.net

鞠莉「まずは1点いただきね」

曜「くっ、私が目で追いきれないなんて…」

鞠莉「言ったでしょ、手は抜かないって」

曜「…ふふっ、良いね、この感じ!なんだかワクワクしてきたよ!」

鞠莉「良い顔ね。けど、一気に決着をつけさせてもらうわ!」

曜「なんの、勝負はまだこれからだよ!」



25: 名無しで叶える物語 2021/04/21(水) 21:50:16.11 ID:VUcMQRj4.net

――――――――

曜「はぁっ、はぁっ」

鞠莉「お疲れ様。はい、飲み物とタオル」

曜「ありがと…ぷはぁ、生き返るよ」

鞠莉「今回は私の完敗ね」

曜「そんなことないよ、4対5だからね。勝たせてもらったとはいえ、ギリギリだよ」

鞠莉「3点差をひっくり返す大逆転だったじゃない。勢いに乗った曜の本気を見た気がする。けど、次にやるときは、マリーが必ずリベンジしてみせるんだから」

曜「へへっ、私だって、そのさらに上を行ってみせるよ!」



26: 名無しで叶える物語 2021/04/21(水) 21:51:28.68 ID:VUcMQRj4.net

鞠莉「さ、いい汗かいたところで、お風呂に行きましょうか」

曜「うん!ところで、鞠莉ちゃん」

鞠莉「ん?」

曜「今更だけどさ、私たちって、バスケで対決したことあったんだっけ?」

鞠莉「うふふっ。あったと思うわよ。いつかどこかで、ね」



27: 名無しで叶える物語 2021/04/21(水) 21:52:58.13 ID:VUcMQRj4.net

……………………………………

鞠莉「今日は二人で色んな事をしたわね。楽しんでもらえたかしら」

曜「最高の一日だったよ!美味しいご飯も、可愛い衣装も、ヘリでのナイトクルーズも!私のために色々用意してくれて、本当にありがとう!」

鞠莉「私はただ曜の喜ぶ顔が見たかっただけ。大切な人の誕生日を祝いたいって思うのは当然でしょ?」

曜「えへへ、私は幸せ者だね。一生分の誕生日を満喫しちゃった気がするよ。こんなこと、普通じゃ絶対経験できないもん!」

鞠莉「うふふっ、ご都合展開に万歳ってね。…けど、それもあと少し」

曜「…」

鞠莉「4月17日は…残り数分。今日が終わりを迎えたら、今日起こった出来事は、なにもかもが元どおり。綺麗さっぱりなかったことになる」



29: 名無しで叶える物語 2021/04/21(水) 21:54:14.92 ID:VUcMQRj4.net

曜「…やっぱり、そうなんだ」

鞠莉「気付いてた?」

曜「なんとなくね。魔法が有効なのはきょう一日だけ、ってことでしょ?」

鞠莉「残念だけど、そのとおりよ。楽しかった記憶も、せっかく撮った写真も、時間の巻き戻しに押し流されて消えてしまうの」

曜「…そっか」

鞠莉「…そんな寂しそうな顔しないで。ね、最後にリクエストはあるかしら?」

曜「リクエスト?」

鞠莉「タイムリミットまであと僅か。心残りがあるのなら、今のうちよ」



30: 名無しで叶える物語 2021/04/21(水) 21:55:33.83 ID:VUcMQRj4.net

曜「…じゃあ、最後にもう一つだけ、お願いしても良いかな?」

鞠莉「もちろんよ、遠慮は無しデース。なにかしら」

曜「えっとね…えいっ」

鞠莉「きゃっ」

思い切って、私からハグしてみた。

鞠莉「よ、曜…?」

曜「今日はね、本当に楽しくて、本当に嬉しかったんだ。鞠莉ちゃんとずっと一緒で、たくさんお祝いしてもらえて。このままずっと今日が続けばいいのにって思ってる。魔法が解けなければいいのにって」

鞠莉「…うん」



31: 名無しで叶える物語 2021/04/21(水) 21:58:00.79 ID:VUcMQRj4.net

曜「でも、そういうわけにはいかないんだよね。私たちには、戻らなきゃいけないところがある。ここはまるで、夢の中の楽園みたいな世界だから」

鞠莉「…」

曜「だからね、今日が終わっちゃうまでは、鞠莉ちゃんとこうしていたいんだ。他の誰でもない、私たちだけの時間だから…だめ?」

鞠莉「曜…ふふっ、答えはもちろん」

鞠莉ちゃんは微笑んで優しく抱き返してくれた。

曜「えへへっ、ありがとう」



32: 名無しで叶える物語 2021/04/21(水) 21:59:35.29 ID:VUcMQRj4.net

鞠莉「ねえ、曜」

曜「ん?」

鞠莉「ごめんなさい」

曜「どうして謝るの?」

鞠莉「私の身勝手に、自己満足に巻き込んでしまったから」

曜「それは違うよ。鞠莉ちゃんが私のためを思ってしてくれたことだもん」

鞠莉「曜の誕生日をお祝いできて本当に嬉しかった。本来なら私たちは、こういうひと時を過ごすことなんてできなかったはずだから…」

曜「うん。私、すごく幸せだよ」

鞠莉「…11時59分。もうすぐ今日が終わる」



33: 名無しで叶える物語 2021/04/21(水) 22:01:08.19 ID:VUcMQRj4.net

ぐにゃり、と視界が揺れた。

曜「…っ」

ひどい船酔いみたいに頭の中がぐらぐらしてくる。感覚が遠のいて、徐々に現実感が失われていく。

鞠莉「始まった、わね」

鞠莉ちゃんも意識がふらつき始めたみたい。心身の輪郭がなくなっていくような感覚の中で、鞠莉ちゃんは私を抱き寄せ、ぎゅっと手を握ってくれた。

鞠莉「怖くない?」

曜「うん」

強がりじゃない。気持ちは不思議と落ち着いていて、それどころか安らぎが満ちていくみたいだ。



34: 名無しで叶える物語 2021/04/21(水) 22:02:23.30 ID:VUcMQRj4.net

曜「鞠莉ちゃんと一緒だもん。本当に、本当に楽しかったよ」

今日の出来事はリセットされて、何もかもが忘れ去られる。誕生日の楽しかった想い出も。優しい鞠莉ちゃんの笑顔も、こうして伝え合うぬくもりも。

曜「ああ、本当に…」

鞠莉「曜」

でもね、たとえ全てを忘れてしまっても、この世界がフィクションの産物だとしても。

鞠莉ちゃんと一緒に過ごした時間は、繋いだ手のあたたかさは、紛れもない真実のはずだから。



35: 名無しで叶える物語 2021/04/21(水) 22:03:28.70 ID:VUcMQRj4.net

鞠莉「大好きよ。目が覚めたら、きっと違う私たちだけど…必ず、いつかまた会いましょう」

だからきっと、残るものもある。そう信じたいんだ。

鞠莉「おやすみ、また明日」

曜「おやすみ、鞠莉ちゃん」

視界にノイズが走り、静けさが広がっていく。深い闇に落ちるように、私たちは意識を手放した。



36: 名無しで叶える物語 2021/04/21(水) 22:05:09.58 ID:VUcMQRj4.net

……………………………………

4月18日――

鞠莉「…ん、んん」

差し込む朝日が眩しくて、ぼんやりとした眠気の中から、私を現実へと引き上げていく。

鞠莉「ふぁぁ、朝…」

あくびを一つしながら体を起こすと、そこは見慣れた自分の部屋だった。

鞠莉「…?」

いつもどおりの朝、いつもどおりの日常。
けど、何かが欠けているような、なんとなく正しくないような気がする。

鞠莉「夢を、夢を見ていたような気がする」

思い出せないけど、すごく楽しい夢を。



37: 名無しで叶える物語 2021/04/21(水) 22:06:30.27 ID:VUcMQRj4.net

鞠莉「…えっ?」

いつの間にか、頬を熱い涙が伝っていた。

鞠莉「私、泣いてるの?なんで、どうして」

悲しいことなんて、なにもないはずなのに。

鞠莉「どうして…」

どうして、こんなにも胸の奥が空っぽなんだろう――



38: 名無しで叶える物語 2021/04/21(水) 22:07:46.94 ID:VUcMQRj4.net

「あ、起きた?」

鞠莉「!」

不意に声がした。目を向けると、そこには。

鞠莉「曜…曜なの?」

曜「えへへっ。おはよう、鞠莉ちゃん」

鞠莉「お、おはよう。なんで曜がここにいるの?昨日はもう終わったのに…あれ?」

昨日?私、いま昨日って言った?



39: 名無しで叶える物語 2021/04/21(水) 22:09:30.96 ID:VUcMQRj4.net

鞠莉「どうして…なんで昨日の記憶が残っているの?」

上書きされたはずの昨日の出来事が、形を取り戻していく。心に空いた穴を埋めていく。

呆然とする私を、曜は優しく見守るように微笑んでいる。

鞠莉「全ては忘れられて、消えてしまうはずなのに」

曜「そんなの決まってるよ」

曜は笑顔を咲き誇らせて、私にまっすぐ向き直って、両手を目一杯に広げた。

曜「あんな楽しいこと、何があったって忘れることなんかできないもん!」



終わり



40: 名無しで叶える物語 2021/04/21(水) 22:11:04.02 ID:VUcMQRj4.net

全弾撃ち尽くしました。曜ちゃん誕生日ようまりでした。遅くなりましたが、改めてお誕生日おめでとうございます!

↓は前に書いたものです。よろしければ併せてお願いします。

鞠莉「カレーなる晩餐」

ありがとうございました。


元スレ
鞠莉「曜の誕生日をお祭りモードでお祝いデース!」