1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 00:08:21.27 ID:xiSiF3A30

ー昼休み中ー

箒「?!」

セシリア「?!」

鈴「?!」

シャル「?!」

ラウラ「?!」


一夏「っと・・・」(やば、声に出ちゃった)



2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 00:11:17.34 ID:xiSiF3A30

箒「一夏?今なんて・・・」

一夏「え?いや、何もいってないぞ。ハハハ」

鈴「ちょっと!なにごまかしてんのよ!」

一夏「いや、ホントに何でもないから。幻聴じゃないか?」

キーンコーンカーンコーン

一夏「おっと予鈴だ。じゃ、先に教室戻ってるから―!」タタタッ

セシリア「ちょっ、一夏さ~ん!?」



3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 00:13:18.89 ID:xiSiF3A30

セシリア「一夏さん、行ってしまいましたわ」

鈴「一体どうしたってのよあいつ!」

シャル「ねえそんなことよりさ、一夏、なんかメガネ・・・とかなんとか言ってなかった?」

ラウラ「うむ、私も確かに聞こえたぞ」

セシリア「メガネ・・・?はて、メガネがどうしたんでしょうか?」



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 00:16:14.05 ID:xiSiF3A30

鈴「ははーん、これは徹底的に調べる必要がありそうね~」キラーン

シャル「また~?も~、鈴はすぐそういう事したがるんだから~」

ラウラ「いや、私も鈴の意見に賛成だ。嫁との間の隠し事は家庭崩壊の危機だ」

セシリア「たしかに、あのごまかし方は気になりますわ」

シャル「ん~、まぁ言われてみれば・・・」

鈴「でしょでしょ?!よ~し、そうとなったら、今日の放課後から一夏を徹底追跡よ!」



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 00:19:36.14 ID:xiSiF3A30

ー午後の授業、教室ー

山田「ということで、ここがこーなってあーなって~」

一夏「・・・うむ」 コクコク

シャル(一夏、別に変な様子はないけどな・・・)

シャル(でも、こうしてみると、一夏ってホントに真剣に授業を聞いているんだな~・・・)

シャル(真剣な一夏かっこいい・・・)

コツッ

シャル「いてっ。なに~?」



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 00:22:49.65 ID:xiSiF3A30

セシリア「・・・」 ジロッ

シャル(セシリアからお手紙か・・・なんだろう・・・)

ぱら

「ちゃんと観察してくださいまし!!」

シャル「ありゃ」

シャル(バレたか・・・まったく英国のお嬢様は怖いなぁ・・・)



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 00:26:54.02 ID:xiSiF3A30

セシリア(まったくシャルルは・・・弛んでますわ!) キリッ

セシリア(一夏さんのお昼の動揺具合・・・あやしい・・・)

セシリア(なにか大きな秘密が隠されているはず・・・)

セシリア(それを暴き、優位に事を進めれば、皆と一馬身も二馬身も差をつけることがきっと出来ますわ!!)クワッ

セシリア(そしたら一夏さんとあんな関係になって、そんな事やこんなことを~)デヘヘッ

コツッ

セシリア「あいた。なんですの~?」



16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 00:29:45.70 ID:xiSiF3A30

シャル「・・・」 ジトー

セシリア(・・・別に返事なんていりませんのに、律儀な方ですこと・・・)

ぱら

「なに自分だってデレデレして、ちゃんと一夏のこと見てるの?」

セシリア「・・・」 ジロッ

シャル「~~♪」←口笛

セシリア「・・・」 カキカキ コネコネ ポイッ

コツッ

シャル「いてっ」



17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 00:32:49.50 ID:xiSiF3A30

ぱら

「とーぜんですわ。わたくし、転任してきたあなたなんかより、よーーーーーーっぽど、一夏さんのことは見てきましてよ」

シャル「」 イラッ ギロッ

セシリア「ふふん」 どやっ

シャル「・・・っち」 カキカキ コネコネ ピュッ

コツッ

セシリア「った」



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 00:37:24.21 ID:xiSiF3A30

ぱら

「へー、そ~なんだ。じゃあさっき顔を緩ませてたのはなんだったの?・・・・・・セシリアはえろいなぁ()」

セシリア「あ?」 ギロリ

シャル「ん?」  ジロリ



カキカキ クシャクシャ ポイ ペシ

ガリガリ グシャグシャ ポイポイ ペシ パシ

ガリガリガリガリガリガリガリガリ

クシャクシャクシャクシャクシャクシャ

ポイポイポイポイポイポイポイポイ




22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 00:41:50.31 ID:xiSiF3A30

キーンコーンカーンコーン・・・

ざわざわ・・・ 
ガリガリガリガリガリガリガリガリ
キノウノー デサー ヘー 
クシャクシャクシャクシャクシャクシャクシャ
カエリニー イイネー 
ポイポイポイポイポイポイポイポイ
オリムーノートミシテー イイゾー キャーオリムラクーン
ガリガリガリガリガリガリガリガリ
ざわざわ・・・
クシャクシャクシャクシャクシャクシャクシャ

キーンコーンカーンコーン・・・

千冬「よーし、次は私の授業だ―!皆席につけ―!」
ポイポイポイポイポイポイポイポイ

ペシペシペシペシペシペシペシペシ
千冬「・・・あ゛ぁ?!」ギロッ



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 00:46:41.46 ID:xiSiF3A30

セシシャル「あっ・・・」

千冬「ほ~~~~~う・・・お前ら、いい度胸じゃないか・・・」

セシリア「違いますの!これはシャ・・・デュノアさんが!」

シャル「な!最初にやってきたのはそっちでしょ―!先生、オルコットさんがいけないんです!」

セシリア「喧嘩を売ってきたのはあなたですわ!」

シャル「ちがうよ!セシリアで

千冬「貴様ら・・・言いたいことはそれだけか・・・そうかそうか・・・ふふ・・・」

ゴゴゴゴゴゴゴゴ

セシシャル「え・・・いや・・・あ・・・」


GYAOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOON!!
キャー! イヤー! ミンナニゲロー!



26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 00:54:19.55 ID:xiSiF3A30

ー放課後ー

鈴「で、今までこってり絞られて、一夏の観察はまったく出来なかったと・・・」

セシリア「はい・・・」シューン

シャル「あはは・・・ごめん」ションボリ

鈴「ま~ったく、何やってんのよあんた達・・・。はぁ~、私が側にいたら絶対もっとうまくやってたのになー」

セシリア「だいたい・・・発案者が2組にいて観察できないなんてのがちゃんちゃらおかしいですわ・・・」

鈴「・・・はぁ?!今なんつった?!おい!」

シャル「セシリアだめだよ!昼休みに意気込んで2組に堂々と帰っていった鈴をいじめちゃ!・・・ぶふwww」

鈴「あんたら~・・・はっ、ちょっと怒られただけですぐ拗ねて他人に当たる・・・あ~やだやだ!

これだからお嬢様は!温室育ちの甘ちゃんはこれだから嫌だわ~~~♪」

セシリア「・・・どうやら、言葉じゃ解決できないようですわね・・・」

シャル「ははは、僕もそれには同意見だよ・・・」



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 00:57:48.95 ID:xiSiF3A30

鈴「やろうってのね・・・よしわかった!じゃあ賭けるモノは一夏と一日二人で昼食券!いいわね!」

セシシャル「のった!」

ガラッ

箒「勝手に決めるな!!」

鈴「あ、箒おかえり」

セシリア「日直ご苦労様ですわ」

シャル「ごめんね、僕らのせいで織斑先生に日直渡せなくて」

箒「あ、あぁ。それなら全然・・・って、ちがーーーう!さっきのは何ださっきのは!

って言うか、一夏はとっくに寮に戻っちゃっただろ!なにやってるんだ!」



29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 01:02:42.87 ID:xiSiF3A30

鈴「あぁ、それなら大丈夫よ、ラウラが尾行中だから」

箒「あ、なんだそうか・・・で、進展は?」

鈴「それがねぇ~誰かさんと誰かさんにお願いしてたのにさっぱりなのよ~やんなっちゃうわ~」

セシシャル(くそ2組うぜえ)

箒「まぁ済んだことはしょうがないだろ・・・じゃあ今はラウラ頼みか」

鈴「それが全然連絡ないのよー。逐一報告するようにって伝えたのに・・・まったく何やってんだか~」 ヤレヤレ

箒「・・・ラウラは、一夏についていって、それで連絡がないんだな・・・?」

箒「・・・それって、まずいんじゃないか?」

セシ鈴シャル「・・・あっ」



30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 01:07:43.78 ID:xiSiF3A30

ばたばたばたばたばた

ラウラ、ヤメロ トリアエズハナレロ!
イイジャナイカ フウフノタシナミダ
マダソンナコトイッテンノカ!
サイキンフタリキリノジカンナカッタカラナ…サミシカッタンダゾ…

ドアバーン!

一夏「?!」

ラウラ「っち・・・」

鈴「や~っぱりやりやがったかー!この小娘ー!」

箒「ラウラを一人にしたのはお前だろ!」

セシリア「抜け駆けは許しませんわ!」

シャル「そうだよ!これはちょっとないんじゃないかな!!」

一夏「うわああああ!なんだお前らいきなり入ってきてーーー!?」



32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 01:12:53.83 ID:xiSiF3A30

鈴「ラウラ!みんなで一夏の・・・モガッ!」

セシリア「いけませんわ!ここで言ったら一夏さんに計画がばれてしまいます!」コソコソ

箒「そうだぞ!計画が1日目にしてぱーだ!」ボソボソ

シャル「・・・っと、とりあえずラウラはこっちこようか~あはは・・・」

ラウラ「・・・嫌だ」キッパリ

鈴「?!ブハァッ!ちょっとどういうことよ!説明しなさいよ!まさかIMAを抜ける気?!」


※IMA・・・一夏を皆で愛す会。妥協と牽制と欲望のために日中英仏独によってたてられた連盟



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 01:19:21.36 ID:xiSiF3A30

ラウラ「いや、そんな気はない。だがな!私は言わせてもらうが、誓約を破ったのはそこの2国だぞ!!」 ビシッ

セシシャル「え?!」

ラウラ「我々はIMAの名のもとに皆で協力して一夏とMEGANEについて慎重かつ積極的に調査すると今日の昼に誓ったはずだ!

それがなんだ!そこの二人は誓を守らず遊んでいただけじゃないか!不公平だ!重大な裏切りだ!首脳会談を開くべきだ!」

鈴「な・・・!それはこの二人が能なしだっただけよ!審議の程もないわ!そんなの時間の無駄よ!」

セシシャル「はぁ?!」

箒「おいおまえらおちつけ・・・」



一夏「・・・おれと眼鏡でおまえらが・・・なんだって・・・?」

IMA首脳「「「「「あ・・・」」」」」



36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 01:26:18.31 ID:xiSiF3A30

ラウラ「だから、我々は一夏とMEGANEというシークレットパーソンとの関係性をだな・・・!」

鈴「ラウラストーーーーップ!なんでもないの!なんでもないのよ一夏~あはははは~」アセアセ

箒「いや・・・これはもうムリだろう・・・」

セシリア「一日にして計画破綻とは・・・これは今作戦の発案者に問題があるんじゃなくて?」

シャル「そうだね。真の無能者への厳重な処罰が必要だね」

鈴「なによ!悪いのはラウラでしょーが!」

ラウラ「なんだと!また我が国だけ敵扱いする気か!謀殺行為だ!黒ウサギ部隊に救援要請せねば!!」

箒「皆おちつけ!・・・こうなっては仕方がない。とるべき道はただ一つ・・・」

箒「一夏ァ!!!!!」

一夏「は、はいぃぃ!?」 ビク



38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 01:32:26.22 ID:xiSiF3A30

箒「一夏、はっきり言おう。お前と眼鏡の関連性について話してもらおうか」

一夏「え?!いや・・・特にこれといって話すことは・・・」

箒「隠すな。昼のお前の言葉を、皆はっきりと聞いたんだ。もうごまかしようはないぞ」

一夏「・・・ふぅ~、わかったよ。話すよ。別にたいしたことじゃないんだ。くだらないことさ」

箒「もったいぶるな、はっきり言え」

他4人「・・・・・・」ドキドキ

一夏「あ~、え~っと・・・タイプ・・・なんだ・・・」

箒「なに?」

一夏「だから、その~・・・俺は、眼鏡をかけた女の子、女の人が、タイプというか、好みだっていう・・・ただ、それだけのことだよ」

IMA「なっ・・・!」



IMA+千冬「なんだってー?!」



45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 01:41:39.12 ID:xiSiF3A30

一夏「うわあああああああ!千冬姉!どっから来た!?」ガターン

千冬「普通にドアからだ!化け物みたいに言うなバカモノ!ドア開けっ放しであんなにでかい声を出して、

騒ぎを聞きつけないほうがおかしいわバカモノ共め!それより一夏!今のはどういう事だお姉ちゃん聞き捨てならんぞ!」

セシリア「そ・・・そうですわ!この際織斑先生がいつから居たかも、年甲斐もないお姉ちゃん発言もどうでもいいですわ!」

シャル「そうだよ!どういう事なの一夏?年増にもわかるように分かりやすく説明してよ!」

箒(うわぁ二人ともまだ根に持ってるんだ・・・お嬢様育ちって怖い・・・)

一夏「どういうこともなにも、言ったとおりだよ。俺は眼鏡をかけてる女性を魅力的に思う・・・。

いや、眼鏡をかけた女性のもつ魔性の魅力に気づいた、幸福な人間なんだよ!

眼鏡を、眼鏡っ娘を、崇拝しているんだ!俺は!」



46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 01:47:07.91 ID:xiSiF3A30

鈴「眼鏡ッ娘・・・いったいなんなのよそれ?!」

一夏「はっ、シロートが。酢豚ばっか作って頭イカレちまったのか?

それとも厨房から長年出たこと無くて浦島太郎状態かおめーはよぉ」

鈴「」 グサッ ザクッ ブスッ ドピュッ

ラウラ(鈴が一発でレイプ目に・・・。これからわからないことは全部鈴に聞いてもらおう・・・もう下はないだろう・・・)





49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 01:53:15.29 ID:xiSiF3A30

一夏「眼鏡をかけていないオンナを凡人とするなら、眼鏡をかけた女性は天使なんだよ。

その違いは何かわかるか?え?・・・輪っかだよ。そう、天使の輪。それがあるかないか。

それが天使と凡人の違い。いっしょ。それと同じ。眼鏡がある無いが天地をわける決定的な差なの。

おわかり?めがね かける おんな かわいい・・・それだけ。」

箒(なんで最後YAZAWAみたいになったんだ・・・?)

一夏「で、ほかに質問は?」

箒「いや、今のところは・・・あ、そうだ。ひとつだけ、最後にひとつだけいいか?」

一夏「なんだ?幼稚園児以下の基本的な質問はやめてくれよ、箒」

箒「基本かどうかはしらんが・・・、お前は、その~、お前は今、お前の身近な人で、

一番誰が魅力的だと思うんだ?率直な感想を聞きたい」

鈴「?!」ピクン

ラウラ(良い質問だ箒!鈴もレイプから立ち直ったぞ!)



50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 01:57:25.55 ID:xiSiF3A30

一夏「な・・・なんでそんなことまで聞くんだよ///」

箒「一夏、私とお前の中だろ。それにこれは幼稚園児が興味をもつような話題じゃないと思うんだが?」

一夏「・・・わかったよ。箒は一度言ったら引き下がらないからな。昔からがんこだなぁ、まったく」 おでこピンッ

箒「な・・・!///馬鹿な事をするな!///まったく、時々お前は私を子供扱いする・・・。///

まぁでも、お前のそういう無邪気なところが私は・・・///」

一夏「山田先生だよ」

箒「やっぱなちくしょうわかってたのに涙が止まらねえや、ははっ」 ボタボタ



53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 02:03:03.50 ID:xiSiF3A30

一夏「もういいか?そろそろ遅いし」

箒「あ、あぁ。悪かったな。じゃあまた明日な一夏。おやすみ」

鈴「オヤスミイチカー」ホーシンジョータイデテヲヒラヒラ-

ラウラ「オヤスミー」コッチモオナジクヒラヒラー

ドアバタン

一夏「ふぅ・・・」

一夏「・・・」

一夏「千冬姉もセシリアとシャルをアイアンクローで壁に埋め込んでるところ悪いんだけど、そろそろ出てってもらえる?」

千冬「・・・わかった。一夏、明日も朝は早いんだ遅れるなよ」 ボコッ フタリヲヒキズッテスタスター

一夏「はいはい。おやすみ千冬姉」

ドアバタン



54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 02:09:29.60 ID:xiSiF3A30

箒「昼休みからそんな気はしていた・・・授業中の一夏の山田先生を見る目はかなり熱があったからな・・・」

鈴「どーすんのよー世界の終りよーとんだダークホースよ馬の骨よー」

セシリア「ブラコンババアに続いて、IMAに仇なす2匹目のUMAの登場ですわ・・・グフ・・・」

シャル「はは・・・まったくババアって生き物はいつだってしゃしゃり出てきて、目障りったら無いね・・・ガフ・・・」

ラウラ「・・・・・・」


※UMA・・・うざくて迷惑な愛の敵。IMAにとっての共通の敵が現れたときにこれに分類される。現在までは千冬のみが分類されていた



56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 02:14:46.47 ID:xiSiF3A30

箒「なにか対策を考えねばな・・・」

ラウラ「はい議長。名案があります」 ハイハーイ

箒「なんだラウラ。言ってみてくれ」

ラウラ「我々も明日から眼鏡を装着すれば良いのではないでしょうか?」

箒「YEAH!さすがドイツだ誰もが思いつく分かりきった答えをよくも堂々と発表してくれたな!その行動に敬意を表する!」

ラウラ「て・・・照れるじゃないか///褒美は一夏との一日添い寝券でいいぞ///」

箒「皮肉で褒めてんだ調子のんじゃないよバカタレが!さっさと座れこの売女!ほら座れ!目障りだから!」

シャル(うわぁ・・・一番冷静そうに見えたけどやっぱショックだったんだなぁ・・・イカレちゃってるよ・・・)



57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 02:20:27.57 ID:xiSiF3A30

鈴「って言っても、眼鏡なんてどうすんのよ視力も悪くないのに」

セシリア「悔しいですが、こればっかりはどうしようもありませんわ」

シャル「千冬さんは一夏と血の繋がった姉弟だし勝ち目もあったけど、これはねぇ・・・」

ラウラ「な・・・何を言っているんだお前ら!こんなことでくじけてどうするんだ?!我々はIMAだぞ!」

肩ぽんっ

箒「いいんだラウラ・・・しょうがないことなんだ・・・いつまでもそんな形だけの共同体に頼っていた我々がバカだったんだ・・・」

ラウラ「ぎ・・・議長・・・」

箒「何も言うな・・・。みんな、聞いてくれ私はここに、宣言したいことがある」

箒「す~、はぁ~・・・・・・。我が日本国は、IMAからの脱退を表明する!」



58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 02:24:50.12 ID:xiSiF3A30

鈴「ふっ・・・そうねそろそろ潮時だもんね・・・」

鈴「中華人民共和国も、ここに脱退表明をするわ!」

セシリア「いつか遠くない未来にこんな日が来る・・・そんな気はしてましたわ・・・」

セシリア「グレートブリテン及び北アイルランド連合王国も脱退宣言をおこないますわ」

シャル「時には友とし、時には敵として、みんなと一緒に戦えたこと、楽しかったよ・・・」

シャル「堅苦しいのは無し。フランス共和国もIMAを脱退するよ」

ラウラ「そんな・・・みんな・・・。いやだ・・・私は嫌だぞ・・・!こんな終わり方・・・うぅ・・・」



59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 02:32:27.26 ID:xiSiF3A30

シャル「ラウラ、しょうがないんだよ。それに、一国じゃ連盟なんて組めやしない。それはわかってるだろ?」

ラウラ「うう・・・ぐす・・・。どうしても・・・、どうしてもなのか・・・?」

セシリア「私たちだって、お別れは辛いんですの・・・。わかってくださいまし」

ラウラ「うぐ・・・、えぐ・・・、ズビー・・・、ド・・・、ドイツ連邦・・・共和国は・・・ぐす・・・」

鈴「ラウラ、あんたは代表なんでしょ?一国の代表らしく、堂々と、胸を張って、ね?そんな姿、あんたらしくないんだから」

ラウラ「ぐす・・・ドイツ連邦共和国は!ここに!IMAの脱退と、解散を宣言する!う・・・うわああああああん!!」

鈴「おいでラウラ・・・、よく頑張ったわね、えらいよ。えらいえらい・・・」ナデナデ

箒「・・・連盟が解散した今、いつまでもたむろしてはいられないな・・・」

箒「では諸君。愛しの戦友たちよ!さらばだ!また戦場で会おう!」



ー少女たちは、最後に固く手を取り合い、握り締め、力強く、その場を離れた・・・

連盟解散の日、少女たちは、立派に代表として最期を全うしたのだった・・・ー


fin・・・



60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 02:34:52.93 ID:xiSiF3A30

ー翌日ー

一夏「ふわぁ~あ。昨日の騒ぎのせいで、よく眠れなかったなー」

箒「お前が朝に弱いのはいつものことだろ?一夏。」

一夏「あぁ、箒か。おはよーって、え?!」



一夏「箒!?どうしたんだその眼鏡!?」

箒「ふふ、実は前々から視力が落ちていてな。眼鏡を始めてみたんだ。似合うか?」 クイッ



64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 02:38:36.52 ID:xiSiF3A30

セシリア「あ、一夏さん、おはようございますわ」 メガネクイッ

一夏「セシリアも眼鏡?!」

鈴「いーちか!おっはよー!」 メガネクイッ

一夏「鈴も!?」

シャル「一夏おはよー」 メガネクイッ

一夏「シャルまで!?」

ラウラ「やぁ一夏、おはよう」

一夏「ラウラ・・・?!はいつもどおりか。なんだ」

ラウラ「いつもどおり?何言ってるんだ・・・?!あーーーーー!!!!」

他4人「ニヤニヤ」

ラウラ「おまえら、一夏のことは諦めたみたいなこと言ってたじゃないかーーー!!!!?」



66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 02:43:31.57 ID:xiSiF3A30

箒「何を言ってるんだ?私たちはただ、連盟を抜けるといっただけだ」 ニヤニヤ

セシリア「そうですわ。一夏さんから手を引くなんて言った覚えはありませんわ」 ニヤニヤ

鈴「そーよそーよ。何言っちゃってんのかしらね~この子は~」 ニヤニヤ

シャル「あはは、ラウラったら早とちりー。まったくもー思い込みが激しいんだからー」 ニヤニヤ

ラウラ「な・・・?!だって・・・IMAは解散して私たちは・・・はっ?!」ガクガク

箒「ふふふ、今頃気づいたか。そう、連盟の脱退、解散はつまり・・・

一 夏 へ の 協 力 体 制 及 び 譲 歩 、 共 有 関 係 の 解 除 ! !

これを意味する!!」



71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 02:49:30.15 ID:xiSiF3A30

鈴「つまりあの瞬間から、私たちの間に情報共有の義務と、抜け駆け行為の禁止というぬる~い関係はなくなったというわけ!」

セシリア「本日からは抜け駆けも騙し合いもどんとこい!っということですわ~」

シャル「つまり、僕達のやってることは卑怯なんて言われる筋合いはない。大義名分は僕達にあるってことなんだよー」

ラウラ「な・・・な・・・貴様ら・・・私の涙は・・・一体・・・」

箒「我々の前に現れた当初のお前なら、お前も出し抜く側だったさ・・・ラウラ・・・。だが・・・、

長くぬるま湯に浸かり過ぎたようだな!うさぎとはよく言ったものだ!惰眠をむさぼってすべてを失うんだから!」

眼鏡’s4人「あはははははははは!」

ラウラ「そんな・・・こんな・・・こんなことが・・・うぅ・・・くそ・・・くそぉ・・・」



75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 02:55:41.03 ID:xiSiF3A30

箒「さぁ一夏!これでBBAには劣るまい!我々の中から一番を決め、娶るがいい!」

シャル「床の準備はできてますわ!一夏さん、私を抱きしめてくださいまし」胸を強調したポーズ

鈴「い~ちか。わたし、一夏との赤ちゃん・・・欲しいな☆」おへそピラッ

シャル「一夏ぁ、僕のこと、好きにしていいんだよぉ・・・」上目遣い+涙目ウルウル

箒「一夏・・・私は・・・始めて会った時から・・・お前が・・・」制服のタイを解き、頬を紅潮させながら胸元を緩ませる


一夏「ちょ・・・ちょっと待ってくれ///こ・・・心の準備が///ハァハァ///」

眼鏡’s(すごい効いてる!今までで一番の反応だ!)ドキドキ



76: 忍法帖【Lv=17,xxxPT】 2011/05/28(土) 02:58:29.40 ID:eUgvUXf20

チョロい娘がいない



77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 03:02:19.43 ID:xiSiF3A30

>>76
床の準備が出来てるのはセシリアだったすまん


一夏「じゃ・・・じゃあまずは、セシリアから・・・見させてもらおうかな・・・」 ハァハァ

セシリア(キマシタワー!!!!!)

一夏「はぁはぁ・・・あぁ、セシリアは、細い銀フレームの、目尻が軽くつり上がった楕円形レンズの眼鏡なんだな・・・」ハァハァ

一夏「あぁ・・・すごくいい・・・すごくいいよ・・・。眼鏡がシンプルな分、綺麗な金髪も映えてサイコーだ・・・」ハァハァ

一夏「このちょっとSっぽい感じたまらないよ・・・はぁはぁ・・・それにしてもこの服、どうしたんだ?」

セシリア「ふふ、実はこのスーツ、織斑先生からこっそり拝借してきましたの」

一夏「あぁ・・・あぁ~~~・・・すごくいいよセシリアぁ~・・・いまのちょいワルな笑顔最高だよぉ~あぁ~・・・」ハァハァ



79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 03:07:30.39 ID:xiSiF3A30

セシリア「クス。どうです?一夏さん、もう私に決めてしまってもよろしいんじゃないですの?」

「そこももう・・・パンパンじゃありませんか・・・///我慢せず、私の胸に飛び込んできてくださいまし」両手を広げて胸へいざなおうとする

一夏「あぁ~・・・あぁ~・・・たまんないいいいい・・・そうだ・・・俺が求めてた母性はそういうものだったんだせしりあぁ~~~」ハァハァ

一夏「あぁ!だがダメだ!ダメダメ!メガネっ娘がこんなにいるんだ!俺は全てのメガネっ娘を吟味しなきゃならないんだァ・・・」ハァハァ

一夏「くそぅ・・・今すぐ手を出したいガ・・・ガ・・・り、、、りりり鈴んんんん!!次はお前だぁお前を見せろぉ!!」ハァハァ

セシリア(っち。トップバッターは長引くほど不利。ここでキメたかったのですが・・・)



83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 03:14:34.55 ID:xiSiF3A30

鈴「ふふ、も~一夏ったら~焦らさないでよ~。待ってたんだからねぇ~」 一夏の胸のあたりをさする

一夏「あぁ~・・・へへ、積極的だなぁ~鈴はぁ~。あんまり触るともう出ちまうよぉ~」ハァハァ

一夏「凛の眼鏡は、太枠の赤のセルメガネかぁ・・・挑発的なメガネしやがってぇ・・・」ハァハァ

一夏「へへ、こいつは人によってはかなり遊んでるイメージになるが、鈴は特にそのタイプみたいだなぁ」ハァハァ

一夏「へへ、とんだビッチだゼェ・・・毎晩ナニをくわえ込んでんじゃねえのかぁ・・・」ハァハァ



86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 03:19:50.36 ID:xiSiF3A30

鈴「もー、一夏ったらー。私まだ処女なんだよ~~」 一夏の手を取り体のラインをなでさせる。大事なところをわざと避けて

鈴「一夏があたしをビッチにしてよ・・・。一生懸命腰を振るビッチにさぁ・・・///」 腰クネクネ

鈴(恥ずかしい///・・・けど、徹夜でセリフ練習してきたんだから!)

一夏「あぁ~んはぁああ~~。たまんねえ~~~今すぐ腰を鷲掴みにしてぶちこみたいいいい~~」ハァハッ

一夏「あぁ・・・あぁ・・あああああああ!!だめだああああ!!全部、全部見るまではあああああああっはああああああ!!」ハァハァ

一夏「シャルゥ!シャルシャルシャルうううううう!!お前の番だあああああああ!!!」 ハァハァ



93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 03:29:24.14 ID:xiSiF3A30

シャル「一夏遅いよ・・・僕待ってたんだからね・・・」 ウワメヅカイヲクズサナーイ♪

一夏「あぁ・・へへ・・・わりいなぁ・・・俺ももう意識がぁ・・・勝手に逝っちまいそうでよぉ・・・」 ハァハァ

一夏「あぁ・・・シャルは丸いフルリムタイプかぁ・・・おとなしめだなぁ・・・」ハァハx

シャル「うん・・・あのね・・・僕、皆みたいに積極的なことは出来ないから・・・こんなの・・・地味・・・だよね・・・?」

一夏「いやああああああああああ!!!何を言ってるんだああああ!!地味眼鏡こそは王道だァあああああああ」ハァハァ

一夏「一見地味に見えるがァあああ、この薄いオレンジが精一杯おしゃれしてる感じでかわいいぞおおおおお!!!」ハァハァ

一夏「あぁああああ!!ギュッてしたいいいいいいいいいいいい!!!安心させたいいいいいいいいいいいい!!!」」ハァハァ



96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 03:40:13.71 ID:xiSiF3A30

一夏「このタイプのフルリムはなぁ・・・このレンズの周りの細さ・・・これが繊細さを表し・・・」ハァハァ

一夏「この耳掛けの部分・・・ここのクッションが可愛らしさ・・・つまり女な部分を象徴しているんだァ・・・」ハァハァ

一夏「へへへ・・・シャルにぴったりじゃないかぁ・・・ええ?おいおいおいいいいいい」ハァハァ

シャル「うん・・・僕なりに・・・一生懸命考えたんだよ。一夏に・・・喜んで欲しくって・・・」

シャル「一夏ぁ・・・お願い・・・僕のこと・・・ギュッてして・・・?」 頭を一夏の胸に添え、体重を預ける・・・

一夏「ふぁあああああああああ!!この脆さ!この脆さが父性を刺激するううううううううう!!!」はぁhぁ

一夏「一見するとこいつはセシリアの眼鏡と同タイプに観えええええええるううううう・・・」ハァハァ

一夏「だがここにあるのは、甘えたいではなく甘えさせたいの感情おおおおおおおおおお!!!」ハァハァ

一夏「んがああああああああああ!!だめだ!誘惑に負ける!!ほうき・・・ほうきいいいいいいいいいいいいいいい!!」ハァハァh

シャル(っち・・・場所取りをミスった・・・一夏が全ての眼鏡を見てまわるのは当然・・・つまりリビドーが高まりきったトリが有利・・・)

シャル(>>75で一番最初に喋ったはずの箒が、ちゃっかり僕の隣まで移動してきやがって・・・)


※←からシャル鈴セシリア箒の順だったが、セシリアの千冬コスが最初に選ばれるといち早く悟った箒が
←から箒シャル鈴セシリアとなるようにしれっと移動したのだ



99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 03:44:02.23 ID:xiSiF3A30

箒「一夏・・・お、遅いぞ!まったく何やってたんだ!私をほったらかして!」

「べ、別に待ち焦がれてたわけじゃないんだからな!勘違いするなよ!」

一夏「・・・・・・」

箒「い、一夏・・・?どうしたんだ、じっと見つめて・・・。わ、私の顔になにかついてるのか?///なんとか言え///」

一夏「ち、ち、ちちちt,ち、、。、ちがあああああああああああああああああああああうう!!!!!」 

一夏「うわあああああああああああ!!全然!!ぜんぜん違うよ大大大大大大大大!!!!」

箒「え・・・・・」



100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 03:50:30.96 ID:xiSiF3A30

箒「一夏・・・なんだ?私、なにかしたのか?・・・はは、そうだよな。所詮外を取り繕っても私は私・・・」

「私自身が一夏を惹きつけなくちゃならないのに・・・お前の気持ちを騙すようなこと・・・最低だな・・・」 ジワッ

セシリア鈴シャル(よくわからないけど一人抜けた!!)

一夏「いつもの箒とぜんぜん違うううううううううううううううううかわいいいいいいいいいいいいいいいいよおおおおおおおおおおお!!!」ハァハァ

一夏「あああああああああああああ!!箒かわいいいいいいいいいいいいいい!!!箒マジ天使いいいいいいいいいいいい!!!」ハァハァ

一夏「この!このアンダーリム!!レンズが長方形で!一見固さを引き出すアンダーリム!!!ア・ン・ダ・ー・リ・ム!!!」ハァハァ

一夏「これとツンデレ!!この合わせ技!!見た目の固さと言葉でツンツンにしか見えないところからの!!男のためなら身を引くことも辞さないデレ!!」ハァハァ

一夏「うっひょおおおおおおおにくいいいいいいいいいいいいい!!!アンダーリムがにくいいいいいいいいいいいい!!!」ハァハァ



102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 03:56:58.76 ID:xiSiF3A30

一夏「あぁ・・・箒ぃ・・・俺がお前を泣かすわけ無いだろう・・・そらぁ・・・泣いてないでこっちこいよぉ・・・はやくぅ・・・」ハァハァ

箒「い・・・一夏・・・もうバカバカ!心配したんだぞ!ほんとに・・・ホントに怖かったんだぞ・・・!!うう・・・ぐす・・・」

一夏「あぁ・・・箒ぃいいいあsぁあああ、もっと素直になっていいんだァあああ・・・これからはお互い素直になろうううう・・・」ハァハァ

箒「ぐす・・・ひぐ・・・一夏ぁ・・・私は・・私はお前が好きだ・・・愛してる・・・愛してるんだ・・・。ぐす・・・えぐ・・・」

一夏「あぁ。あぁ。よしよしもう大丈夫だからなぁ・・・今までのは全部照れ隠しだったんだなぁ・・・もう安心だゾォ・・・」ハァハァ

箒「な!///そ、そんなんじゃないわよ!私は、私はお前が・・・そう!お前がふしだらなことをしないようにだn・・・」

一夏「再びツンがきたああああああああ!!もっと俺をなじれええええええええかわいいいいよおおおおほうきいいいおお」ハァハァ

箒(くくく・・・くははははははは!勝った!勝ったぞ!伊達に16年もツンデレやってないんだよ!幼馴染が不遇とはもう言わせない!!)

(いくら外を取り繕ったところで最後の最後は地の勝負!腕!自分の腕に頼るしか無い!私はそこを見極めた!!!)



105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 04:02:09.03 ID:xiSiF3A30

一夏「あぁ・・・アンダーリム・・・このフレームの目尻に当たる太い部分・・・なんてエロいんだ・・・」ペロペロ

箒「まったく一夏は・・・ふふ・・・ほら、眼鏡ばっかり舐めてないで、こっちにも熱いベーゼをくれないか?」

一夏「はぁはxhぁ・・・眼鏡ッ娘と・・・この俺がメガネっ娘とついにキスをおおおおお・・・」ハァハhァッハhァハxハhァハァh

箒「これは取らないままがいいんだろう?ふふ・・・さぁ、私をとろけさせてくれ・・・」

一夏「あぁ・・・あぁああああ一緒にとろけようううぅ・・二人でぇ・・・ドロドロに・・溶け合って・・・そこに眼鏡だけが残るんだァ・・・・」ハァハァ


「そこまでだ!!!!!!」

箒「何奴!!」

ラウラ「一夏!ここにもう一人・・・メガネっ娘がいるぞおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!」



108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 04:05:30.70 ID:xiSiF3A30

箒「ちぃ!死にぞこないがァ!そんな付け焼刃でなぁにができるううううううううう!!!」

一夏「たしかに・・・ラウラ・・・気持ちは嬉しいが・・・俺の木を引くために眼鏡になるのは・・・」

ラウラ「・・・一夏」

一夏「なんだ?ラウラ。そんな甘い声出したって俺は・・・」

ラウラ「わたし・・・、今日からメガネデビューなんだけど、変じゃない・・・かな・・・?」

一夏「ラウラたんんんんんんんんんこっちゃこいいいいいいいいいいいいいいいいいい!!!!!!」ハァハァ

一夏「はやく、早く俺にかわいい魔女をみせておくれえええええええええええええええええええ!!!!!!!!」ハァハァハァ



110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 04:09:41.51 ID:xiSiF3A30

ラウラ「わたし・・・眼鏡とかわからなくて・・・でもお母さん(黒ウサギ副隊長)が、危ないからかけなさいって・・・」

一夏「  」

ラウラ「こんなのしかなくて、恥ずかしいんだけど・・・」

一夏「  」

ラウラ「おにいちゃん、こんなの変だよね?」

一夏(黒縁メガネだ)

一夏(みんな大好き元祖黒縁メガネだあああああああああああああああ!!!)

一夏「んん・・・!!!

箒(一夏があまりの衝撃に声に出すのを忘れているだと!!!)



113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 04:16:29.96 ID:xiSiF3A30

一夏(黒縁メガネは・・・メガネっ娘の元祖でありルーツである・・・)

一夏(しかし昨今、アングラ系おしゃれを気取った輩が、なんか古くてダサいのってかっこよくね?みたいな)

一夏(歪んだ精神でかけられることも多くなり、俺にとってそれは、知恵の実を食べたアダムとイブ・・・)

一夏(あんなに溺愛していたものが、気づいたら邪悪な存在に汚されていた・・・そういう存在・・・)

一夏(だがこいつをみろ・・・この上フレームが平らで、下が分度器のようにきれいな楕円形を・・・)

一夏(こいつはまさに俺達の黒縁メガネ・・・恥の概念を持たないアダムとイブ・・・穢れ無き存在・・・)

一夏(そして眼鏡ッ娘デビュー。今まで気にならなかったあの子が、メガネをかけて更におぼこくなって帰ってきた・・・)

一夏(周りの誰しもが彼女を気にしないなか、兄の俺だけが知っている、彼女の真の美しさ・・・)

一夏(妹は・・・私の前ではよく笑う・・・屈託の無い笑顔で・・・そして時々・・・女の顔をする・・・)

一夏(これがエデンか・・・)



117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 04:26:55.09 ID:xiSiF3A30

ラウラ「おにいちゃん・・・ラウラ知ってるよ・・・エッチな事・・・漫画とかで・・・知ってるの・・・」

「エッチな子でごめんねお兄ちゃん・・・でもねおにいちゃん・・・ラウラは・・・ラウラはおにいちゃんとエッチなことしたい・・・」

「ラウラ・・・お兄ちゃんがいればいい・・・お兄ちゃんが他の女の人と仲良くするのヤダ・・・お兄ちゃんがすき・・・」

「おにいちゃん・・・だいすき・・・」

一夏「あぁ・・・俺も大好きだよ・・・ラウラ・・・」

「そうさ、メガネっ娘とは性の対象にもなりうる・・・しかし真の姿は愛でる物・・・」

「愛で・・・慈しみ・・・未来へと導く物・・・」

「ありがとうラウラ・・・俺、気づいたよ・・・」

「俺の生まれてきた目的は、メガネっ娘を愛し、慈しみ、未来へ繋げていくことだったんだ・・・正しい未来へ・・・」

「ラウラ・・・俺も君を愛してる・・・でも君を・・・メガネっ娘を傷つけたくない・・・」

「二人が大人になるまで、エッチな事は無しだ。でも、いつか大人になったら、そのときは・・・」

「二人の愛を、確かめ合おう・・・」 ギュッ



118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 04:29:42.29 ID:xiSiF3A30

ラウラ(さすがだ副隊長・・・一人では果たせぬ勝利であった・・・)

(裏切らず、仲間を信じ戦い続けた、私の完全勝利だ・・・)

黒ウサギ副隊長(隊長・・・私の力なんて大したものではありません・・・)

(幼児体型、オッドアイ、銀髪・・・これらは病弱な少女を演出させる・・・いたいけな少女を・・・)

(そしてあなたの純粋な心・・・それが一夏どのを惹き寄せたのです・・・)

(さぁ隊長・・・大きく跳んでください!そうすればあなたの完全勝利です!)


※ラウラと副隊長の間に通信は繋がってないが、お互いがお互いに感謝し敬愛する心が、まるで会話のようになっています



120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 04:35:09.31 ID:xiSiF3A30

ラウラ「おにいちゃん・・・わたし、わたしね・・・おにいちゃんとキスがしたい・・・」

一夏「駄目だラウラ・・・俺はお前を大切にしていくって決めたんだ・・・」

ラウラ「おねがい・・・一回だけ・・・一回だけでいいの・・・」

ラウラ「それで我慢できるから・・・大人になるまで・・・我慢できるから・・・」

一夏「ラウラ・・・わかったよ。おいで。しよう。キスを」

ラウラ「おにいちゃん・・・だ~いすき!」

ガバッ

鈴「・・・え?」

ラウラ「ん?」

カチャットメガネヲハズシマース

ラウラ「あぁ間違えた。失敬失敬。度があっていなくてな。一夏は・・・あそこか。ようし」

メガネヲカケナオシマーシタヨ

ラウラ「おにいちゃん!」

一夏「すとーっぷすとーっぷすとーっぷ。ちょっとすとーっぷ」



122: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 04:38:17.84 ID:xiSiF3A30

一夏「あれ?おっかしーな。俺が今の一瞬で急激に馬鹿になったのか?いやいやそんなはずないしな」

一夏「いやでもちょっとイレギュラーすぎる事態に対応できないぞーいやー参った」

一夏「確認しよーかなーうんそーしよー。よーしよーし」

箒「どうしたんだ一夏の奴?」

セシリア「さぁ・・?」

鈴「なんかブツブツ言ってて怖い」

シャル「興奮させすぎておかしくなっちゃったかな?」

ラウラ「おにいちゃん!」



125: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 04:44:27.33 ID:xiSiF3A30

一夏「あー、ラウラちょっとその場でストップなー」

ラウラ「はーい♪」

一夏「ここらへんで、よーし・・・」スタスタスタスタ

一夏「ラウラーこっちに歩いてきてくれー」

ラウラ「いっくよー!おにいちゃーん♪」

テクテク ゴス イタッ テクテク ズテ フエ

ツカツカ ガン アイタ ツカツカ バン ック・・・

オイクロウサギブタイ オウトウシロ! イチカノゲンザイチマデワタシヲユウドウシロ!

ヨシ ヨジヨンジュウゴフンノホウコウニゼンシンダナ! エーアー コホン

ラウラ「おにいちゃーんいまいくよー♪」

一夏「いや、もういい。ラウラ・ボーデヴィッヒさんもういいです十分ですありがとうございました」



126: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 04:49:55.46 ID:xiSiF3A30

一夏「あー、ラウラさん、君さ・・・視力悪くないよね?」

ラウラ「・・・ん?」キョトン

一夏「HAHAHAまだとぼけるかーよーしパパ本気出しちゃうぞー」 HAHAHA

ラウラ「一夏おにいちゃんはパパじゃなくてお兄ちゃんでしょー?」

一夏「とりあえず眼鏡外してー」 ヒョイッ

一夏「メガネケースに入れてー」 カパ

鈴(なんで空のケースなんて持ってるのかしら)

一夏「そしてそこで千冬姉直伝アイアンクロードゥーーーーーーーーン!!!!」

ラウラ「ぐあああああ苦しいいいいいナノマシンの暴走をおもいだすうううううううう!!!」



127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 04:53:23.78 ID:xiSiF3A30

一夏「おいおい嬢ちゃんあんたエセでんがなエセ眼鏡ッ娘でんがな!!あぁ!!ええおい!!」

ラウラ「ぎゃあああああああああああああああああ!!!」

一夏「メガネっ娘はメガネっ娘たる環境(勉強のし過ぎとか、本の読み過ぎとかそういうの)を経て、始めてメガネっ娘になるんじゃい!!!」

一夏「てめえええはイヴなんかじゃねえええええ意地きたねえ蛇だコノヤロオオオオオオオオりんご食わせやがってえええええええええ!!!」

シャル「一夏だめえええええええラウラが壊れちゃううううううううううううう!トラウマ再発しちゃううううううううううう!!!」

セシリア「一夏さんもう堪忍してくださいまし!どうか、どうかお慈悲をおおおおおおおおおお!!!」



131: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 05:02:29.71 ID:xiSiF3A30

一夏「オメエらもそうだ全員メガネ貸せこらあああああああああ!!!」

4人「キャーイヤートラナイデーオカサレルー」

ー鑑定中ー

一夏「で、4人が伊達でラウラはモノホンだったけど超視力優秀という緊急事態なんだけど

なんか言い訳ある人いる?いるなら手を上げて。零落白夜で肘から上キャストオフしてあげるから」

箒「一夏・・・私を愛しているといったのに、なんでこんな酷い事するんだ・・・?」シクシク・・・

鈴「うう・・・汚されちゃった・・・ひどいよ一夏・・・好きだったのに・・・」シクシク・・・

セシリア「普通に言ってくだされば、受け入れましたのに、あんな乱暴な・・・」シクシク・・・

シャル「一夏・・・ごめんね・・・一夏の心の闇に気付いてあげられなかった僕のせいだね・・・」シクシク・・・

ラウラ「うう・・・いいんだ・・・一夏がいいなら・・・この身が汚れようと・・・いいんだ・・・」シクシク・・・

一夏「あーもー全然可愛くねーよんだよこいつらーもーやだー眼鏡がないと全然かわいくなーい」

一夏「てか今からでもなんとか周りを出しぬいてみたいなオーラが滲み出てんだよー怖いよーもうやだよー」

一夏「うわーんもーやだー女怖い―。たすけてーおねえちゃーん」


千冬「一夏だいじょうぶか?!」

一夏「うわホントに来たよ鬱陶しい」



132: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 05:09:33.95 ID:xiSiF3A30

千冬「ふっふっふ・・・誰がお前の女になるにふさわしいか競い合っていたようだな」 

一夏「あーそれもう終わり。たとえ今から千冬姉が眼鏡かけたとしても絶対にないもう無いから。

だって俺千冬姉がマサイ並みの視力持ってるの知ってるし。いつも遠く離れた教員宿舎から俺の風呂覗いてるの知ってるもの」

一夏「てかなんで千冬姉毛布体に巻いてるんだ?ってあぁセシリアに服取られたのか」

千冬「ふっふっふ・・・一夏、私はお前の姉だ。お前が私をよく知っているように私もお前をよく知っている・・・

もうギンギンでたまんないんじゃないのか?出したくてしょうがないんだろ?ん?」

一夏「あーでも俺メガネっ娘じゃないと射精できないし、あとで自室で何とかするよ。」



133: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 05:12:24.72 ID:xiSiF3A30

千冬「織斑家の長男にそんな情けないことをさせる私じゃあない・・・」

千冬(私は待っていた!この時を!私にはわかる!一夏の精巣はもうパンパンだ!)

千冬(いくら平静を装っていても姉の目はごまかせん!さっきからずっと足を組んだ体勢から動かさないじゃないか!)

千冬(しかしこの小娘らで一夏が満足することはもう無い・・・裏切られたショックはかなり大きい・・・)

千冬「そこでこれだ!」

バサッ

一夏「?!」



135: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 05:16:56.53 ID:xiSiF3A30

一夏「な・・・な・・・」

千冬「ふふ・・・どうだ一夏・・・まだまだ若い者には負けないだろう・・・?」

一夏「く・・・黒の下着に黒のガーターだとおおおおおおおお!確かに眼鏡があれば抜くには最高のシチュエーションだ!!

エロ目的100%ならこれ+眼鏡で3発は固い!!眼鏡があるなら今すぐ飛び込みたいいいいいいい!!」ハァハァ

千冬「ふふふ・・・もう綺麗事は言ってられないみたいだなぁ」 ニヤニヤ

千冬「そして私はこんなモノを持っているんだが・・・」キラーン

一夏「そ、それは・・・その白のアンダーリムで平方のレンズがちょっと目尻で垂れ下がった眼鏡は!!」



137: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 05:21:07.77 ID:xiSiF3A30

千冬「そうだ・・・私の隣で寝息をたてていただらしのない小娘のを拝借してきた・・・」ククク・・・

一夏「山田先生の!山田麻耶の!ヤママヤーのメガネだとおおおおおおおおおお大!!」ハァハァ

一夏「あぁあ、、あああああああああ!!千冬ねえええええええええ頼むうううううううううう!!ふあああああああああああ!!

その眼鏡を!!!そいつをこっちによこしてくれえええええ!!そいつを尿道に突っ込んでオナニーがしたいいいいいい!!!!」ハァハァ

千冬「オナニー?おいおいそんなモノでいいのか?私がこれをかけて、貴様の汚らしい精を吐き出させてやっても構わんのだぞう」ニヤニヤ

一夏「んはあああああああああ!!想像だけで逝きそうだああああああああ!!!」ヤバいいいいいいいいい死ぬうううううううううう!!」ハァハァ



141: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 05:29:47.50 ID:xiSiF3A30

千冬「ほらほら一夏ぁ。どうだ?したいんだろ?ん?今すぐ私に飛びかかってめちゃくちゃに犯せばいいじゃないか?

それともどうした?射精寸前で動くこともままならないのかぁ?私が昔みたいに、お前のパンツを下ろしてやらなきゃならないのか?

まったくだらしない男だなぁお前は。恥ずかしくないのか?ん?ふふふ、どうせ動けないんだろう。だったらそこにいっそ横になってしまえ」

一夏「あぁあああああ・・・うふうううううう・・・・横になったら・・・乗っかってくれるんのかぁあああ・・・?騎乗位でいかせてくれるのかあぁ」ハァハァ

千冬「ナニを言ってるんだ?私がそんな事するわけ無いだろう・・・お前なんて足で十分だ・・・じっくり服従させてやる・・・」

一夏「んにゃああああああああ!!眼鏡の!黒の!ガーターの!足コキ!しこきいいいいいい!!想像してきそおおおだあああああ!!」ハァハァ

一夏「ダメだあああああああ!!我慢できねええええ!!!!早く。はやkじゅうううううううううううううううううううううう!!!」ハァハァ

千冬(ウフフフフかわいいぞ一夏ぁ。私だって今すぐおまえに乗っかって腰を淫らに動かしたいぞ・・・)

千冬(だががまんだ・・・ここで一発簡単にやってしまっては、冷めるのも早い・・・)

千冬(じっくり・・・じーっくり、股間をせめて、ギリギリのところで中に出させてやろうじゃないか)ゾクゾク



143: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 05:34:33.89 ID:xiSiF3A30

千冬「じゃ、お待ちかねの眼鏡の装着だァ・・・」

一夏「あ・・・あぁ・・・偽物なのに・・・偽物メガネっ娘なのに・・・俺は逝っちまうのかぁ・・・」ハァハァ

千冬(うふふ。うまくすれば眼鏡ッ娘好きというプライドもへし折れそうだな・・・)ニタニタ

千冬(いいだろう。今日からシスコンの変態野郎に育てなおしてやろうじゃないか・・・)ニタニタ

千冬(小娘共は身じろぎひとつできないようだな。大人のエロスの前では眺めることしか出来ないものよ。ふっ若いな)ニタニタ

千冬「ではいざ、そうちゃ・・・」

「織斑せんせ~どこですか~」

ドン

千冬「わっ」 カシャン

「きゃあ!」 ズデーン



144: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 05:40:20.59 ID:xiSiF3A30

山田「いったたたたた・・・ごめんなさ~いぶつかった人大丈夫ですか~」

山田「私、眼鏡かけてなくて、何も見えなくて~」 地面を手探りでペタペタ

カシャッ

山田「あ!」

山田「あった~!有りましたよ私の眼鏡~!」 ホコリハライツツメガネフキフーキ

山田「これがないと生きていけませんからね。ふぅ」 メガネソーチャーク!

山田「あ!織斑先生見つけましたよ!ひどいじゃないですか!人のメガネを取っていくなんて!」

山田「世の中には眼鏡がないと生きていけない人種もいるんですよー!ってなに唖然としてるんです?」

千冬「し・・・下・・・」

山田「へ・・・?」



146: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 05:46:18.76 ID:xiSiF3A30

ー山田先生のおしりの下ー

一夏「む・・・むがむが・・・」

山田「きゃぁ!お、織斑くん!?えっと、だ、大丈夫!?」バッ

一夏「ぷは・・・ええだいじょぶですよ・・・山田せんせ・・・・・・!?」


ずっしりとした肉厚から解放された一夏の目の前に現れたのは、正真正銘まごう事無きメガネっ娘の山田麻耶だった

自分の顔の上に乗っていたのが、眼鏡ッ娘、山田麻耶の尻だったと一夏の脳が認識したその瞬間

抑圧されていた欲望の渦がせきを切って溢れでた。それはさながら、火山のように

一夏「あ・・・ふぁ・・・ふぁ・・・んひゅほおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!」 ビュルルルr ビクンビクン



147: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 05:51:39.55 ID:xiSiF3A30

山田「きゃ!どうしたんですか織斑くん!ダイジョブですか!しっかりしてください!」 ゆっさゆっさ

一夏「ふひゅううううううう!!らめ!らめええええええええええええ!!!ひぐううううううう!!」 ビュクビュク! ビルル! ビクンビクン!

ズボンを脱がされる前だったので、溢れでた精は外に出ることはなかった

だが、そのせいで純真なメガネっ娘は健全な男子生徒の射精に気づくこと無く、なんとか回復させようと体を揺らす

その純粋な優しさが、青年をさらなる高みへといざなうのであった

一夏「うほ!らめ!とんじゃう!ぼきとんじゃううううううううううう!!!るぷぽおおおおおおおおお!!!」

山田「織斑くん!大丈夫!?しっかりしてえ!?死なないで!死んじゃいやぁ!だれか・・・誰か救急車を・・・」



こうして織斑一夏は、伝説となった

ー完ー



150: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 06:13:09.54 ID:xiSiF3A30

スレタイだけ考えて勢いでやった

またひとつ名作を世に残せたと思っている

お前らもSSは深夜から早朝で書ききれ、色々と捗るぞ

名作家からのアドバイスだ



元スレ
一夏「やっぱ眼鏡だよなぁ・・・」