1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/23(月) 01:32:18 ID:6dgv58ts

街中にて――

おっさん「なんだその態度は!?」

若者「ハァ? そっちが悪いんだろうが!」

おっさん「なんだと!? まったく近頃の若い者は……!」

若者「なにいってやがる!」



2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/23(月) 01:35:09 ID:6dgv58ts

男「おい、あそこ。若い奴とおっさんがスゲー言い合いしてるぞ」

友人「どうせケンカの原因は肩がぶつかったとかそういうのだろうけど」

友人「お互い熱くなっちゃって引くに引けなくなったって感じだな」

男「ああいうケンカを見てるとさ、仲裁したくならないか?」

友人「いや、別に……。むしろ関わりたくないと思う派なんだけど」

男「もちろん、実際にはやらねえよ。仲裁するのは妄想の中だけでだよ」

男「たとえば――」



3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/23(月) 01:37:59 ID:6dgv58ts

おっさん『この若造が!』

若者『るっせえよ!』

男『まあまあ、二人ともおやめなさい』

男『言い合いをしててもしょうがありませんよ。さ、握手です』

おっさん『……まあ、そこまでいうのなら』サッ

若者『……握手しよう』ギュッ

男『ふふふ、これで仲直りですね』ニコッ



4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/23(月) 01:40:34 ID:6dgv58ts

男「――みたいな」

友人「えらくあっさり片付いたな」

男「しょせん妄想だしな」

友人「ようするに、争いを鎮める第三者なオレかっこいー的な?」

男「そうそう、そういうこと」

友人「まあ……たしかにちょっと分かるかも」

友人「学校を占拠したテロリストを退治する妄想の亜種だな」

男「他にはこういう仲裁の仕方もあるぞ」



5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/23(月) 01:42:39 ID:6dgv58ts

おっさん『これだけいっても分からんか!』

若者『分かんねーよ!』

男『わーっ!!!』

おっさん&若者『!?』

男『すっごいくさい屁をしちゃった! こりゃくさい! どうしよう~!』

おっさん『うっ……もうケンカはやめよう。早く逃げよう』

若者『その方がいいな』



6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/23(月) 01:45:23 ID:6dgv58ts

男「――みたいな」

友人「ああ、わざとケンカ以上の騒ぎを起こして、ケンカを鎮めるってやつね」

男「そうそう、わざと大きな音を立てて戦意を削ぐ、みたいなやつ」

友人「だけど、もし二人が屁のニオイフェチだったらどうすんだ?」

男「それならそれで、和解が成立するんじゃないか?」

友人「イヤな和解の仕方だな……」

男「あと、こういうのもあるぞ」



7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/23(月) 01:47:04 ID:6dgv58ts

おっさん『いい加減にしろ!』

若者『いい加減にするのはそっちだろ!』

男『おうおうおう!』

男『天下の往来で、大の男がケンカなんざやめねえか! みっともねえ!』ギロッ

おっさん『ひいっ……!』

若者『すみません、ケンカはやめます!』

男『ふんっ! 分かればいいんだ!』



8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/23(月) 01:49:40 ID:6dgv58ts

男「――みたいな」

友人「ひと睨みで黙らせる、ってやつね」

友人「だけど下手したら、一対一対一のバトルに発展するよな、それ」

友人「よっぽど顔が怖い人じゃないと、逆効果になっちゃいそうだ」

男「じゃあ、こういうのはどうだ?」



9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/23(月) 01:51:37 ID:6dgv58ts

おっさん『もう我慢ならん!』

若者『ふん、そりゃこっちのセリフだ!』

男『いいぞー! やれーっ!』

おっさん&若者『!?』

男『どっちも頑張れーっ! オラオラ、ガンガンいこうぜーっ! やっちまえーっ!』

おっさん『なんかバカらしくなってきたな……』

若者『うん……』



10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/23(月) 01:54:27 ID:6dgv58ts

男「――みたいな」

友人「あえてケンカを煽ることで、二人を呆れさせるパターンね」

友人「だけどそれ、二人がお前に襲いかかってくるケースもあるんじゃないか?」

男「それならそれで、仲裁成功だろ。俺は全力で逃げなきゃならないけど」

友人「妄想とはいえ、体張るなぁ」

男「あとは……こんなのはどうだろ?」



11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/23(月) 01:56:58 ID:6dgv58ts

おっさん『許さん! 許さんぞ!』

若者『許さなかったらどうだってんだ、クソオヤジ!』

男『そこのお二人』

おっさん『なんだ!?』

若者『だれだ、あんた!?』

男『これでうまいものでも食って下さいよ』スッ

おっさん『うっ、100万円!?』

若者『すげえ……!』

男『あとはお二人でごゆっくり……』スタスタ



12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/23(月) 01:57:59 ID:6dgv58ts

男「――みたいな」

友人「二人に金握らせて、マネーパワーで戦いを止めるパターンね」

友人「だけど、その100万円はどっから出てきたんだよ」

男「妄想だし……そこは大目に見てくれよ」

友人「しょうがない奴だな」



13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/23(月) 02:01:41 ID:6dgv58ts

男「あー……なんか、イケる気がしてきた」

友人「?」

男「こうして仲裁する妄想してたら、なんだかマジでやれるような気がしてきた!」

男「あの二人、まだケンカしてるみたいだし、ちょっくら仲裁してくるよ!」

友人「お、おいっ! 正気か!? やめとけって!」

男「そこの二人、ケンカはやめろォォォォォ!」



――――――

――――

――



14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/23(月) 02:05:59 ID:6dgv58ts

おっさん「すまなかった……大人げないことをした」

若者「いえ、こっちこそ……生意気いいまくってすみません」



男「ふぅ、人間やればできるもんだな!」

男「バッチリ仲裁してきたぜ!」

友人「……」







~おわり~



15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/23(月) 02:07:33 ID:6dgv58ts

友人「――は?」

男「え?」



16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/23(月) 02:10:12 ID:6dgv58ts

友人「おい……あんだけ長々と下らない妄想垂れ流して」

友人「こんなしょうもない優しい世界オチで許されると思ってんの? ん?」

男「な、なんだよいきなり――」

友人「みんな、お前が仲裁をしくじってボコボコにされるオチなんかを期待してたのに」

友人「こんな終わり方でいいと思ってんのかよォ!」

男「みんなって誰よ!?」

友人「うるせェェェェェ!!!」



17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/23(月) 02:13:42 ID:6dgv58ts

友人「このヤロウ、絶対許さねえ!」グイッ

男「なんだよお前! 頭おかしいんじゃねえの!?」

友人「オレは正常だァァァ!」

男「そっちがその気ならやってやる! かかってこいよ!」

おっさん「待ちたまえ、君たち!」

若者「落ち着くんだ! 仲良くしよう!」







~おわり~


元スレ
SS深夜VIP:男「ケンカを見ると仲裁したくなる」