1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/05/16(日) 01:06:54.96 ID:B2170q+f0

奈緒「は?」

P「だから、美奈子が料理を作ってくれなくなったんだよ」

奈緒「いやいや嘘やろ?あの美奈子が?」

P「あの美奈子が」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1621094814




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/05/16(日) 01:07:59.04 ID:B2170q+f0


奈緒「そんなアホな!?アレですか?プロデューサーさんが食べ過ぎで死ぬ夢見たとか」

P「やめろよ縁起でもない……。なんだよその微妙に具体的な夢」

奈緒「いやあ、そのくらいせんと美奈子が料理作らんくなったってありえへんやろって」



3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/05/16(日) 01:09:12.23 ID:B2170q+f0


美奈子「おはようございまーす!」

奈緒「おっ噂をすれば早速やな。おはよう美奈子。アタシもうおなかペコペコや~」

美奈子「わわっ!どうしたの奈緒ちゃん?もしかして、朝ごはん食べてこなかったとか?」

奈緒「実はなあ、今朝アニキが起こしてくれんくてな、慌てて家出てきてしもたんよ」

美奈子「もう!朝ごはんは一番大切なんだよ?まっててね、今何か作ってくるから」ダッ



4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/05/16(日) 01:09:38.30 ID:B2170q+f0




奈緒「……なんや。いつも通りの美奈子やん」

P「……まあ、奈緒にはそうだろうな」

奈緒「……?どういうことですか?」

美奈子「お待たせ奈緒ちゃん。冷蔵庫に食材余ってたからさっと作ってきたよ!」

奈緒「おー、相変わらずうまそうやわあ……ってあれ?」

美奈子「どうしたの奈緒ちゃん?」



5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/05/16(日) 01:10:06.15 ID:B2170q+f0

奈緒「なあ、美奈子。これって一人前やんな?」

美奈子「……?そうだよ?」

奈緒「一人前にしては多いんやけどな……ってそうやなくて」

美奈子「あっ!私これからレッスンだから行くね!」

奈緒「あっ!ちょ、美奈子!……行ってしもた」



6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/05/16(日) 01:10:33.65 ID:B2170q+f0


奈緒「おかしい……あの美奈子がプロデューサーさんの分の料理を作ってへんなんて……ホンマに何があったんですか?」

P「実はな……」



7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/05/16(日) 01:11:02.10 ID:B2170q+f0


~~~~~~~~~~~~~~


美奈子『おつかれさまですプロデューサーさん!何からすればいいですか?マッサージですか?それとも耳かき??あっ!やっぱりご飯ですね!待っててください、すぐに作ってきます!』

P『待て待て待て。いきなり来てそれか……というか一緒に帰ってきただろ』

美奈子『私が好きでやってることですから!それじゃあ早速台所借りますね!』


奈緒「ちょい待ち」

P「?なに?」



8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/05/16(日) 01:11:30.70 ID:B2170q+f0


奈緒「美奈子、プロデューサーさんの家に行ってんの?」

P「ああ、最近の俺の仕事が忙しいから見かねてだって」

奈緒「………帰ってええ?」

P「まあまあ、本題はここじゃないんだよ」



9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/05/16(日) 01:11:58.26 ID:B2170q+f0



~~~~~~~~~~~~~~~~

美奈子『~♪』

P(美奈子の楽しそうな声が聞こえる……あれはスマイルいちばんを歌ってるのか)

P(こうしてみるとお嫁さんみたいだよなあ』

美奈子『ぷっ、プロデューサーさん!?』

P『す、スマン!?声に出てたか!?』

美奈子『も、もう!ビックリするじゃないですか……そういうのはもっと……

P(そういって美奈子はまた料理に取り掛かった)

P(けど、不意に驚いて恥ずかしがる美奈子は……正直メチャクチャかわいかった)

P(……イタズラしかけたらどうなるかな)

P『……』スッ

美奈子『きゃっ!?』



10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/05/16(日) 01:12:56.81 ID:B2170q+f0


P『ははは。驚いたか?』

美奈子『もうっ!いきなりうなじ撫でないでください!危ないじゃないですか!?』

P『ごめんごめん』

美奈子『次やったらほんとに怒りますからね?』

P(やっぱり恥ずかしがる美奈子はかわいい……さっきはああいわれたけどもう一回やってみるか)スッ



11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/05/16(日) 01:13:22.78 ID:B2170q+f0


美奈子『きゃあッ!?』

P『ははは。どう…だ……?』

美奈子『プロデューサーさん』

P『ど、どうした……目がすわってるぞ?』

美奈子『正座』

P『えっ?』

美奈子『聞こえませんでしたか?正座してください。今すぐ』ニコ

P『は、はい……



12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/05/16(日) 01:13:49.40 ID:B2170q+f0


―アブナイカラヤメテッテイッタジャナイデスカ!ケガスルカモシレナインデスヨ!?ホウチョウヲモッテナカッタカラヨカッタモノノガミガミガミガミ……

P『はい……はい……』

―イイマシタヨネ?ツギヤッタラオコルッテイイデスカ?ワタシダケジャナクテプロデューサーサンモケガスルカモシレナインデスヨガミガミガミガミ……

P『はい……その通りでございます……はい…すみませんでした……』



13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/05/16(日) 01:14:23.83 ID:B2170q+f0



~~~~~~~~~~~~~~

P「……というわけなんだ」

奈緒「……は~~~~~~。何があったんかと思ったらノロケ聞かされただけやないですか。はい解散」

P「そういわないでくれよ」

奈緒「いや、普通に呆れますわ。で、美奈子が怒ったままやと」

P「そういうことなんだ」

奈緒「あたりまえやろ……でも意外やな。私も美奈子がマジギレしたところなんて見たことないですよ」

P「ああ、あそこまで怒るとは思わなかったよ」



14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/05/16(日) 01:14:49.59 ID:B2170q+f0


奈緒「普段怒らん人が怒ったら怖いいてホンマなんやなあ」

P「身をもって知ったよ。あとご飯作ってくれないのがわりとしんどい」

奈緒「担当アイドルにご飯たかるプロデューサーってどうなんですか?」

P「いや、そうじゃなくて。自分でご飯作っても物足りないんだよ」

奈緒「あー、それわかります。美奈子のご飯じゃないと満足できへんくなりますよね」

P「ああ。それに、これは完全に俺が悪いしなんとか謝りたいんだけどなあ」

奈緒「はあ、まあええわ。私が美奈子と話してきますわ」



15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/05/16(日) 01:15:16.38 ID:B2170q+f0



~~~~~~~~~~~~~~


―レッスンルーム


美奈子「……ふう」

奈緒「美奈子、おるかー?」

美奈子「あっ!奈緒ちゃんもレッスン?」

奈緒「まあ、それもあるんやけどな。美奈子、プロデューサーさんとなんかあったみたいやな」

美奈子「……はあ。もうプロデューサーさんから聞いた?」

奈緒「うん。ノロケ話聞かされたから放ってきたわ」



16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/05/16(日) 01:15:44.76 ID:B2170q+f0


美奈子「ノロケって、あとからめちゃくちゃ恥ずかしかったんだよ!?」

奈緒「プロデューサーさんにキレたことが?」

美奈子「だって!料理中ってとっても危険なんだよ?包丁だって持ってるしなにかあったら……」

奈緒「あー。それは確かにプロデューサーさんが悪いわ。もっとシバいたってもええで」

美奈子「ううん。もう怒ってはいないんだけどね。……はあ、あんなに怒っちゃうとどう話せばいいかわかんないよ~!」

奈緒「まあでもプロデューサーさんも謝りたそうにはしとったで」

美奈子「うん……私もこどもっぽすぎたかな」

奈緒「まあ、今回はプロデューサーさんが完全に悪いし、しばらくお灸据えるためにツンとしとけばええんちゃう?」

美奈子「でもそれじゃあプロデューサーさんにごはん作ってあげられないからこのままじゃどんどんプロデューサーさんが痩せちゃうかもしれないし」

奈緒「さよけ……だったら早くプロデューサーさんと話してき」

美奈子「うん、ありがとう奈緒ちゃん。相談に乗ってくれて」

奈緒「なんか腑に落ちんけどまあええわ。どういたしましてな」



17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/05/16(日) 01:16:21.65 ID:B2170q+f0


奈緒「でも意外やな、美奈子、結婚したら裸エプロンとかやってくれそうなイメージやったわ」

美奈子「奈緒ちゃん?」ギロ

奈緒「あ、あはは。冗談やって……」

美奈子「料理中は本当にふざけたらダメなんだよ!……それ以外だったら、ちょっとはいいかもしれないけど」

奈緒(ええんか……)



18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/05/16(日) 01:16:47.70 ID:B2170q+f0




~~~~~~~~~~~~~~~~~


美奈子「お疲れ様です……」

P「お疲れ様……」

美奈子「…………」

P「あー、……このまえはごめんな結局ずっと謝れなくて」

美奈子「……そうですよ。料理中って本当に危ないんですからね!」

P「この前怒られてわかったよ。美奈子は俺のために怒ってくれたんだもんな。だからなおさら申し訳ない。最低だったな」

美奈子「いえ、わかってもらえたらいいんです。私も子供っぽすぎました」

P「これからは気をつけるよ」



19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/05/16(日) 01:17:13.68 ID:B2170q+f0


美奈子「それじゃあこの話は終わりです!これからは本当に気をつけてくださいね?」

P「ああ、本当にすまなかった」

美奈子「もう!だからこの話は終わりです!……ところで、さっきプロデューサーさんの分のご飯、作れませんでしたよね。おなか、空いてますか?」

P「ああ、実は結構」

美奈子「わっほ~い!やっぱりそうですよね!そうと決まれば、さっそくご飯作ってく来ますね!」

P「ほどほどにな」

美奈子「任せてください!たくさん作ってきますから!」

P「ほどほどにな……」



20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/05/16(日) 01:17:40.17 ID:B2170q+f0

真美「あれ?兄ちゃん、いま誰か厨房に行った?」

P「ん?ああ、美奈子が料理作りに行ったぞ」

真美「えー!タイミングばっちりじゃん!」

P「もしかして、また何かイタズラでも仕掛けてきたのか……?」

真美「んっふっふー……実はさっき亜美と一緒に虫のおもちゃ仕掛けてきたんだ!」

P「えっ……」

真美「亜美ー!みなりんが厨房行ったって!見に行こー!」

P「あっ!ちょっと待て今厨房に行くと……」

―きゃああああああああ!!!!

P「ああ、遅かった…………」

―ヤッター!ミナリンヒッカカッタ……アレ、ドッタノ―

―エッ……ミナリンカオコワイヨスマイルスマイル……



21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/05/16(日) 01:18:05.97 ID:B2170q+f0



P「…………」

P「しーらないっと」



22: ◆OtiAGlay2E 2021/05/16(日) 01:19:59.23 ID:B2170q+f0

終わりです
美奈子はキレると怖い(幻覚)


>>1の過去作ですよかったらどうぞ
【ミリマス】P「美奈子が料理を作れなくなった」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1496930948/



元スレ
SS速報VIP:【ミリマス】P「美奈子が料理を作ってくれなくなった」