2: 名無しで叶える物語 2021/06/01(火) 21:28:16.48 ID:WYsdd5fy.net

代行ありがとうございます。

重ためかもなので苦手な人いるかも。
地の文多めになると思うのでそれも含めて。



3: 名無しで叶える物語 2021/06/01(火) 21:28:37.30 ID:WYsdd5fy.net

私のお家には良くお客様が来る。
お客様が来る時は決まって知らない人がいる。


色んな人。
華やかだったり地味だったり。
大人っぽかったり、まだ幼さが残っていたり。


そんな女性達。


いけないことだと思った。
弱みなんてない方がいいと思った。


だから……。


今日も鏡の前で口にする。
私が私ではなくなってしまうから。


ダイヤ「さようなら」



4: 名無しで叶える物語 2021/06/01(火) 21:29:05.75 ID:WYsdd5fy.net

――


千歌「好きです」

千歌「ダイヤさんが好き」

ダイヤ「えっと……」

千歌「先輩とか友達とかじゃなくて、恋人になりたい」

千歌「そういう好き」

千歌「……です」

ダイヤ「……そうですか」

ダイヤ「千歌さんからの気持ちは大変嬉しく思いますわ」

千歌「それじゃ!」

ダイヤ「ですが……」

ダイヤ「申し訳ございません」



5: 名無しで叶える物語 2021/06/01(火) 21:29:24.57 ID:WYsdd5fy.net

ダイヤ「私は千歌さんの気持ちにお答えすることはできません」

千歌「……そっか」

千歌「ごめんね、急に」

ダイヤ「いえ……」

ダイヤ「ですが、今まで通り良き友人として接してくれれば……」

千歌「うーん、それは無理かなぁ」

千歌「ダイヤさんって今好きな人いるの?」

ダイヤ「え?」

千歌「気になってる人とか、さ」

ダイヤ「あ、いえ、特には……」

千歌「そっか!良かった!」



6: 名無しで叶える物語 2021/06/01(火) 21:29:50.80 ID:WYsdd5fy.net

千歌「私、諦めて逃げるのはもう苦手になっちゃった!」

千歌「だから、私何度もアタックしちゃうね?」

ダイヤ「あの……」

千歌「私ね、ダイヤさんが好きなの!」

千歌「きっと誰よりもダイヤさんが好き」

ダイヤ「……」

千歌「だから!」

千歌「今よりも頼りがいがあるように頑張る!かっこよくも可愛くもなる!」

千歌「それから……」

千歌「ねぇ、ダイヤさん?」

千歌「また、好きって言っていい?」

ダイヤ「……」



7: 名無しで叶える物語 2021/06/01(火) 21:30:19.11 ID:WYsdd5fy.net

眩しい。
私はそんなキラキラした目を向けられる女ではないはずなのに。



だから、断らないといけない。
なのに、言葉も返せずにただ頷いてしまった。



千歌「えへへっ、ありがとっ!」

千歌「バイバイ!またね」

ダイヤ「えぇ、さようなら」



手を振って笑顔で駆けていく。
きっと、作った笑顔なのだろう。



私は何度彼女を泣かせればいいのだろう。



8: 名無しで叶える物語 2021/06/01(火) 21:33:10.91 ID:WYsdd5fy.net

――



それから、幾度も好意を伝えられた。
その度に首を横に振る。



そしてその夜、首を縦に振る。
吐息を浴び、寝具が軋む。



視界はもう真っ暗で、誰の顔も見えやしない。
顔のない人影に手折られる。



それならいっそ人形にでもなれたら……。
でも、自分の選択だから。
後悔なんて……ない。



10: 名無しで叶える物語 2021/06/01(火) 21:36:56.43 ID:WYsdd5fy.net

外は大雨、何も聞こえない。
なのに、彼女の声が聞こえる。



千歌「ねぇ、ダイヤさん歌詞できた!褒めて?」

千歌「どう?ちょっと筋肉ついたかも!頼りになるかもよ?」

千歌「えへへ?どうかな?髪型変えてみた!」

千歌「ダイヤさん」

千歌「大好きだよ」



赤い糸というものがあるならば、手繰り寄せてみたい。
それが彼女へ続いていたなら……。



11: 名無しで叶える物語 2021/06/01(火) 21:41:02.25 ID:WYsdd5fy.net

くだらない妄想。
現実は続く。



何をしても、明日は続くから。
千切って捨てられるものではないから。
彼女との契りなんて夢のまた夢。



彼女の気持ちには答えられない。
答えてはいけない……はずなのに。



12: 名無しで叶える物語 2021/06/01(火) 21:45:16.42 ID:WYsdd5fy.net

――


千歌「ダイヤさんおはよ!」

ダイヤ「おはようございます」

千歌「ダイヤさんあんまり寝てない?」

ダイヤ「そんなことありませんわ」

千歌「そうかな?」

ダイヤ「近いっですわっ!」

千歌「えへへ、ごめんごめん」

千歌「でも、ちょっとクマできてるよ?」

ダイヤ「……っっ!」



13: 名無しで叶える物語 2021/06/01(火) 21:48:09.11 ID:WYsdd5fy.net

千歌「あ……」

千歌「ごめんね?顔触っちゃって……嫌だった?」

ダイヤ「いえ……」

ダイヤ「千歌さん」

千歌「ん?」

ダイヤ「やはり体調が悪いようです」

ダイヤ「家まで送ってくれませんか?」

千歌「え?でも学校……」

ダイヤ「ダメですか?」

千歌「……わかった」

ダイヤ「ありがとうございます」



14: 名無しで叶える物語 2021/06/01(火) 21:50:54.51 ID:WYsdd5fy.net

止まれ止まれと脳内で命令を送る。
しかし、足早にもう誰もいない自宅へと戻る。



千歌「ちゃんとゆっくり寝なきゃダメだよ?」

千歌「じゃ、じゃあ私は学校にもどっ……」



自室までついてきてもらい、出ていこうとする彼女の腕を掴む。
自分が寝るはずだった場所に彼女を押し倒す。



15: 名無しで叶える物語 2021/06/01(火) 21:54:36.73 ID:WYsdd5fy.net

ダイヤ「千歌さん……」

ダイヤ「まだ、私が好きですか?」

千歌「ダイヤさん?」

千歌「こわ……いよ?」

ダイヤ「千歌さん、私が好きですか?」

千歌「…………」

千歌「……す、き」

ダイヤ「そうですか」

ダイヤ「きっと、今日で嫌いになります」



そう言って、反論しようと動く唇を塞ぐ。
明日になるまで言葉は交わさない。
彼女を知りすぎてしまわないように。



16: 名無しで叶える物語 2021/06/01(火) 21:59:00.01 ID:WYsdd5fy.net

彼女の感触だけが指に残る。
生ぬるい指先が糸を引く。



顔が良く見える。
涙を見せる彼女を見て気づいた。



所詮、他人の痛みなんて分からない。
自分が満たされれば、それでいい。
おそらく、私は汚れているのでしょうね。



千歌「……ねぇっ、ダイヤ、さんっ」

千歌「……好き、って……言って欲しい」

ダイヤ「…………」



そう望む彼女へ向け笑ってあげる。
いつからか私の唇は嘘を吐き慣れたらしい。
心の距離よりもずっと近づいて囁く。



18: 名無しで叶える物語 2021/06/01(火) 22:01:23.72 ID:WYsdd5fy.net

ダイヤ「愛しています」



幸せそうな表情。
これが想像なら、妄想なら、何かのアニメやドラマなら。
きっと、この先にもシナリオがあったのかもしれない。



それも期待できない。
愛している。
その言葉にそれ以上の意味はないから。



望む言葉を手に入れる貴女が。
求める愛を味わう貴女が。
どうしようもなく憎いのだから。



そのくせに、私を求め続ける貴女の声が身体が。
寝具に残るシミの数が、私の心を締め付ける。



19: 名無しで叶える物語 2021/06/01(火) 22:05:12.21 ID:WYsdd5fy.net

――


それからも何度も身体を重ねた。
誰にも見つからぬように逢瀬を重ねた。



その分、心も近くなってしまった。
私の意志は弱かった。



一人になるのがとても怖かった。
まだ眠る貴女の服に残り香を。



何をしているんだろう。
誰かに気づいてもらえれば全てを捨てられるかもしれない。
けれど、逃げることは許されない。



どうしようもなく貴女だけが欲しい。
貴女だけの人形でもいいから。
それほどに貴女を失うことが怖くなった。



20: 名無しで叶える物語 2021/06/01(火) 22:07:59.26 ID:WYsdd5fy.net

千歌「で、新しくできた……」

千歌「ダイヤさん聞いてる?」

ダイヤ「なんのことでしょう?」

千歌「もうっ!聞いてないじゃん!」

ダイヤ「ふふっ、ごめんなさい」

ダイヤ「それで、なんですか?」

千歌「新しくできたカフェ行ってみようって話!」

千歌「ほ、ほら、デートらしいデートってしたことないでしょ?」

ダイヤ「デート……デートですか」

千歌「ダメ?」

ダイヤ「ダメじゃありませんよ」



24: 名無しで叶える物語 2021/06/01(火) 22:11:35.94 ID:WYsdd5fy.net

ダイヤ「早速明日行ってみましょうか」

千歌「やった!」

千歌「じゃ、明日朝集合ね!」

ダイヤ「あぁ、大変申し訳ないのですが、昼前ぐらいでも構いませんか?」

千歌「え?別にいいけど……」

千歌「あんまり変わらないけど大丈夫?」

ダイヤ「えぇ、きっと問題ありません」

千歌「そう?」

千歌「それじゃ、道案内はバッチリ任せて!」

ダイヤ「えぇ、それではお任せしますね」



太陽のような貴女の笑顔に照らされる今の私はどんな顔をしているのだろう。
それでも、今からはきっと日陰の顔。



26: 名無しで叶える物語 2021/06/01(火) 22:15:28.55 ID:WYsdd5fy.net

好きなスイーツだって味がしない。
会いたい。会いたい。会いたい。



この哀が愛に変わる日を願い、果てる。


――

千歌「ここだよ!新しくできたみたい」

千歌「スイーツも美味しいって人気なんだって!」

ダイヤ「そう、なんですね」

千歌「ん?どうかした?」

ダイヤ「いえ、この店の名前どこかで見た気が」

千歌「雑誌とかじゃない?私は知らないけど」

千歌「それとも、もう……誰かと来てたり?」

ダイヤ「それはないですわ」



27: 名無しで叶える物語 2021/06/01(火) 22:18:51.20 ID:WYsdd5fy.net

ダイヤ「来たのは初めてです」

千歌「そっか、良かった」

千歌「二人、です!」

ダイヤ「今日はやけに張り切ってますね」

千歌「デートだからね!……だよね?」

ダイヤ「えぇ、そうですね」

千歌「えへへ」

ダイヤ「ふふっ」

千歌「ほ、ほら!ダイヤさん好きそうかなって!」

ダイヤ「これ……」

千歌「え?」



28: 名無しで叶える物語 2021/06/01(火) 22:21:55.85 ID:WYsdd5fy.net

ダイヤ「いえ、なんでもありませんわ」

ダイヤ「私はこれにしますね?」

千歌「じゃあ、私はこれ」

ダイヤ「……千歌さん?」

千歌「なに」

ダイヤ「怒ってます?」

千歌「別に」

ダイヤ「本当に来たことはないんです」

ダイヤ「ただ、差し入れに頂いたり……」

千歌「ルビィちゃんはもらったこともないから食べてみたいって言ってた」

ダイヤ「……そうでしょうね」



29: 名無しで叶える物語 2021/06/01(火) 22:25:37.42 ID:WYsdd5fy.net

千歌「ん?」

ダイヤ「いえ、ルビィと違って私の方がお客様と会うことありますから」

ダイヤ「お恥ずかしい話ですが、その時にこっそり……」

ダイヤ「ルビィには内緒にしててくださいね?」

千歌「……そういうことなら仕方ない」

千歌「ごめんね、勝手に機嫌悪くなっちゃたりして」

ダイヤ「いいえ、千歌さんのむすっとした顔愛らしかったですわよ」

千歌「もうっ!」

千歌「それ言ったら、ダイヤさんだって今日おしゃれしてきてくれてるじゃん!」

千歌「似合ってて、可愛い、と思う」

千歌「なんだか、こう……清楚って言ったらいいのかな」

千歌「リボンとか、意外だったけど、……素敵です」

ダイヤ「ありがとうございます」



30: 名無しで叶える物語 2021/06/01(火) 22:29:02.80 ID:WYsdd5fy.net

ダイヤ「……デート、ですからね」

千歌「うんっ!」


ぱぁぁっと音がするように貴女の笑顔の花が咲く。
せめて、今だけでも隣にいられたなら。


千歌「あのね、どうしてもダイヤさんの方が先に卒業しちゃうでしょ?」

ダイヤ「まぁ、今更留年なんてしようがありませんからね」

千歌「うん、だからね、私がどう頑張っても1年っていう距離や時間は縮まらないでしょ?」

ダイヤ「えぇ、そうですね」



31: 名無しで叶える物語 2021/06/01(火) 22:33:39.44 ID:WYsdd5fy.net

千歌「きっと大人になればたった1年なんて関係ないって笑われちゃうかもしれないけどさ、それでも私は、私達は今だけだから」

千歌「今しかない気持ち、この距離も」

千歌「だからこそ大切にしたいと思う」

千歌「それで拗ねちゃった、ごめんなさい」

ダイヤ「気にしないでください」

ダイヤ「そう思って頂けることが大変嬉しいです」

ダイヤ「私も大切にしたい、そう思っています」


私達には決して埋まらない距離があるからこそ。
時間はいつか埋まっていくのだとしても、私の心には深い深い溝がある。


いっそ、何も持たず、名を失ってまででも逃げ出してしまえれば。
何度も……何度も思い描く。
あり得ない。もう御伽なんて信じられないから。



32: 名無しで叶える物語 2021/06/01(火) 22:36:49.37 ID:WYsdd5fy.net

――


ダイヤ「飲み物ご用意いたしますね」

千歌「手伝うよ」

ダイヤ「すぐ済むので結構ですわ」



辺りも暗くなってきた頃、食事を済ませて、お家へ誘う。
ただ純粋に貴女を離したくなくて、ずっと隣にいたくて。



たくさん話すと喉が渇く。
もっとお話に夢中になれていたら良かったのに。



33: 名無しで叶える物語 2021/06/01(火) 22:41:04.87 ID:WYsdd5fy.net

玄関で頭を下げる黒澤家へのお客様と目が合う。
足下が濡れる。



コップが割れていた。
叩きつけたのか落としたのかは分からない。



覚えているのは心配する声。
家族と……彼女の声。



34: 名無しで叶える物語 2021/06/01(火) 22:45:55.46 ID:WYsdd5fy.net

――


午前0時、完全に暗くなった家から出る。
隣ですやすやと眠る彼女に気をつけて、足早に。



今の私はどんな顔をしているのだろう。
日向の顔?日陰の顔?
だって、さっきまで太陽の隣にいたから。



どっち?
私は私じゃないと思っていたけれど。
思い込みたかったけれど、これも私?



35: 名無しで叶える物語 2021/06/01(火) 22:49:20.62 ID:WYsdd5fy.net

私はもう何も感じない。
何も考えずに帰る場所だけを思い浮かべる。
そんな矛盾に笑みが溢れる。



彼女はまだ眠っているだろうか。
貴女はまた私を照らしてくれるだろうか。



太陽に憧れて……そんなお話もあった。
沈んでしまった私は一人。
これからも一人で秘密を守らなきゃ。


一人……で。



36: 名無しで叶える物語 2021/06/01(火) 22:52:44.70 ID:WYsdd5fy.net

――


今は何時だろうか。
こっそり家に入るのもすっかり手慣れてしまった。



いつもと違うのは、彼女が部屋にいること。
良かった、ぐっすり眠っている。



幸せそうに眠る貴女を優しく撫でる。
起きてしまわぬよう、優しく優しく。



指先に貴女を感じて、部屋を出る。
また、一人。



いつものように鏡の自分を覗き込む。
服が乱れているのにも気がついていなかった。



37: 名無しで叶える物語 2021/06/01(火) 22:56:43.96 ID:WYsdd5fy.net

リボンが解けボタンも外れて胸元が覗く。
彼女のものではないという烙印に身を焦す。



貴女に触れた指先でなぞってみても消えやしない。
どこかおかしくなってしまいそうだ。



それでも、これが私。
認めるのは嫌だ。



だから、そんなの見たくない。
見たくない。私になるために服を正さなきゃ。



ボタンをきちんと留めながら、鏡の私を私に戻す。
そんな魔法の言葉。



「さようなら」



リボンをキツく、きつく締める。
鏡に映る私の唇が動いていた。



38: 名無しで叶える物語 2021/06/01(火) 23:00:36.13 ID:WYsdd5fy.net

おしまい。


コメントしてくださった方ありがとうございました。


元スレ
ダイヤ「二つの私とお別れの言葉」