1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/30(木) 01:40:23.920 ID:Cf3h7hiO0.net

友「ほら、あの女だよ」

男「ん?」

女「…」

男「一人が好きなんじゃないの?」

友「一人が好きな奴なんているかよ、あいつが一人にされてるんだよ」

友「ぼっちとか笑えるだろ」

女「…っ」

男「そんなこというなって、口悪いぞ」

友「そんなことねぇーって」

男「たくっ」



3: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/30(木) 01:42:47.720 ID:Cf3h7hiO0.net

男「…」

男「(女か…)」

男「なぁ…」

女「…」

男「(無視か…)」

男「何してるの?」

友「お前が何してるの…」

男「うるさいな」

男「お前、あっち行ってろ」

男「なあ、悪いな…友がお前にその…ひどいこと言って…」

女「別に…私気にしてないから」

男「…そっか」

男「お前さ、何でいつも一人なの?」

女「一人が好きだから」



6: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/30(木) 01:45:22.606 ID:Cf3h7hiO0.net

男「一人が好きね…でも、一人より二人のほうが楽しいだろ?」

男「だから、友達になって…」

女「断るわ」

男「そうですか…」トホホ

友「何、お前あいつが好みなの?」

男「いや、ただなんかさびしそうだから」

女「別にさびしくないわ、同情なんてしないで」

男「あ、はいすみません」

女「…」



8: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/30(木) 01:50:07.418 ID:Cf3h7hiO0.net

友「ああいう性格だから、ハブられるんだぜ」

女「…」キッ

友「睨まれた」

男「お前さ、思ったことすぐ口に出す癖何とかしたほうがいいよ」

友「何を言うこれはこれでいい事だと思うぞっ!」

男「それは、時と場合だろ」

友「そうですか」

昼休み

女「…」モグモグ

男「ちょっと、いいですか?」

女「…」モグモグ

男「ここまで、無視されるとすがすがしいな…」

女「何よ…」

男「いえ、別にあの食事ご一緒してよろしいでしょうか?」



9: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/30(木) 01:54:28.546 ID:Cf3h7hiO0.net

女「別に…いいけど」

男「では」

男「…」モグモグ

友「よっと」

男「…」

男「何、当たり前のように座ってんのお前…」

友「いいじゃん、男ちゃ~ん」

男「俺じゃなくて、女に聞けよ」

友「女ちゃーんいいでしょ~」

女「別に、かまわないわ」

友「マジ?嫌われてると思ったわ」

女「いえ、興味がないだけ」

友「まじ?嫌われてるよりひどいじゃん」

男「コントしてるの?」



11: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/30(木) 01:57:56.858 ID:Cf3h7hiO0.net

友「いや」

女「ごちそうさま」

女「じゃあこれで」スタスタ

男「…」

友「…」

男「お前のせいだ」モグモグ

友「いや、俺は悪くないと思うけど」モグモグ

男「つーか、飯食い終わってどこ行くんだ?」

友「ん…図書室とかじゃね?」

男「そうか…ごちそうさま」

友「あ、お前まで食べ終わりやがったっ!」

男「悪いな、お前が遊んでるから悪いけどな」

男「じゃあ、俺もちょっと」

友「おい」

男「俺も図書室言ってくるわ」



12: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/30(木) 02:00:58.156 ID:Cf3h7hiO0.net

友「(なんで、あいつあんなに肩入れするんだろ…)」

友「ま、いいか」モグモグ

男「図書室っと」

男「ここか、始めて来たな…」

男「失礼します~」ガラガラ

女「…っ」

男「あ、居た」

男「どもっ」

女「あの、なんなんですか?私にかまって…暇なんですか?」

男「ん?まあ、暇って言えば暇だな」

女「あの、私は一人が好きなので…」

男「別にいいよ、俺を気にしないで勝手に本読んでて」



13: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/30(木) 02:05:39.670 ID:Cf3h7hiO0.net

女「そういわれても…」

男「…いや、別に気にしないで?」

女「なんですか?また、私を勘違いさせるんですか?」

女「またそうやって…」グスッ

男「っ!?」ビクッ

女「そうやって…」ポロポロ

男「え、ええ?」オロオロ

男「と、とりあえず、ちょっと」

女「…」ポロポロ

屋上

男「は~」

女「なんで、屋上?」

男「ん?いや、保健室か、ここか迷ったけどとりあえず人がいないこっちにした」

女「別に、気にしなくていいのに…」



14: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/30(木) 02:11:38.237 ID:Cf3h7hiO0.net

男「いや、聞きたいことあるんだけど…」

女「なに?」

男「またそうやってとか言ってたけど…何のことかな?」

女「…」

男「…言いづらいかな?」

女「別に」

女「私が中学生の時の話よ…」

男「(え、回想っ!?)」

女「私、告白されたの…私は…告白を受けたけど…それは間違いだった」

女「実は罰ゲームだったらしくてね…そのことがクラス中に響き渡って」

女「見事にぼっちになったわけなの」

男「へぇ~」

男「そうか…」



15: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/30(木) 02:14:44.357 ID:Cf3h7hiO0.net

男「俺は女さんのこと好きだけどね」

女「っ!?」

女「はぁ!何言ってるの…こんな話した後に騙されると思う?」

女「もう」

男「いや、俺はマジで好きだよ…バツゲームとかじゃなくて」

男「単純に…」

男「好きだよ」

女「…」

男「返事はしなくていいや…信じれないだろうしね」

男「でも、いつか…返事が欲しいな」スタスタ

女「ちょっとっ!」

男「ん?」

女「わ、私も好きです」

男「…!!」

女「…」カァァァ



16: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/30(木) 02:15:15.040 ID:Cf3h7hiO0.net

男「じゃ、付き合う!」

女「う…うん」

終わり


元スレ
友「いっつもあいつ一人だよな」男「誰が?」