1: 名無しで叶える物語 2021/06/26(土) 07:24:35.37 ID:lSAlyLAj.net

あなた「かすみちゃんのカワイイが作れてたのに……鬼! 悪魔! ランジュ!」

ランジュ「な、なによいきなり!?」

あなた「モノづくりってのは、自由で救われてなきゃ作れないんだよ!」

ランジュ「か、かすみにはミアとプロのスタッフで曲を作るわ!」

あなた「カァー! 出たよ出たよプロのスタッフ、じゃあ果林さんたちにも衣装提供しろ!」

ランジュ「……や、だって、どうせ同好会に戻るんだから立ち絵差分面倒くさいじゃない」

あなた「や、まあ、そうなんすけどね……」



2: 名無しで叶える物語 2021/06/26(土) 07:28:03.55 ID:lSAlyLAj.net

ランジュ「それにね、ランジュは同好会のみんなを思って」

あなた「それっすよソレ」

ランジュ「え? どれ?」

あなた「良かれと思ってやってるんですよね?」

ランジュ「あ、うん、結果いい方向につながってるじゃない」

あなた「果林さんはトーナメントで惨敗」

ランジュ「おうっ!?」

あなた「愛ちゃんはせつ菜ちゃんに惜敗」

ランジュ「くぅ!?」

あなた「栞子ちゃんはよくわからないけど敗戦」

ランジュ「暗転トーナメンッ!」

あなた「ためになってねぇだろ!!!」



3: 名無しで叶える物語 2021/06/26(土) 07:31:12.34 ID:lSAlyLAj.net

ランジュ「や、でも、アタシは優勝したもの、ビクトリー!」

あなた「うるせえ! ギロチンかけられてろ!」

ランジュ「ご、ごめんなさい、って、なんで謝ってるのよ!」

あなた「し、失礼しました……」

ランジュ「あ、いえ、こちらもたいへんお熱く、話を戻さないとね」

あなた「あのね、ランジュちゃんが良かれと思ってやってるの、知ってるの」

ランジュ「そうよ! 各スクールアイドルに見合った適切な環境を用意する!」

ランジュ「完璧なアタシが認める同好会メンバーは、こんなトコじゃなくてもっと」

あなた「だからそれっすよ」

ランジュ「ン?」



5: 名無しで叶える物語 2021/06/26(土) 07:36:37.61 ID:lSAlyLAj.net

あなた「あのね、ゾンビから帰ってきて」

ランジュ「うん、留学ね? 自分の設定を思い出してね?」

あなた「同好会メンバーに適切な環境を用意する」

あなた「同好会はぬるま湯で適正じゃない、だから潰す、じゃあ監視委員会だ活動妨害だ」

あなた「オメェ、事前に説明もされてないのにイキナリ強引に同好会潰そうとされたら怒るに決まってんだろ!」

ランジュ「そ、それは、あの、ランジュの強引って設定があるから!」

あなた「幸福追求権って言葉知らねえのか!」

ランジュ「や、知ってるけど」

あなた「やりたい部活をやり、気心の知れた仲間と仲良くする、オメーのやってんのは人権侵害だ!」

ランジュ「強引でなんとかなりません?」

あなた「なるわけねえだろ」



6: 名無しで叶える物語 2021/06/26(土) 07:39:58.54 ID:lSAlyLAj.net

ランジュ「でも、あなたこそ、あなたこそ、同好会に適切な環境を用意できてないじゃない」

あなた「でもそれってあなたの感想ですよね?」

ランジュ「(イラッ)」

あなた「あのねえ、私、プロのスタッフじゃないの、女子高生なの」

ランジュ「あ、うん、ルビィにつきまとう時だけオッサンになるって」

あなた「エマさんもだよ!」

ランジュ「罪深くなっただけじゃねえか!」

あなた「あ、スミマセン」



7: 名無しで叶える物語 2021/06/26(土) 07:42:58.13 ID:lSAlyLAj.net

あなた「あのね、一介の女子高生なの、やれることは限界があるの」

ランジュ「そうよ、だからプロのスタッフに管理を任せるの、ここで埋もれていい才能じゃ」

あなた「でもそれってあなたの感想ですよね?」

ランジュ「(イラッ)」

あなた「同好会のみんなは私のフォローを望んでるの」

ランジュ「え?」

あなた「転部しやがったやつは知ったこっちゃねえけど」

ランジュ「そこは仲間に入れてあげて」



8: 名無しで叶える物語 2021/06/26(土) 07:46:49.01 ID:lSAlyLAj.net

あなた「や、だって、自分より部の環境が良い、所属とかどうでもいい~って言われてみ?」

ランジュ「え? あ、うん」

あなた「愛さんね、ちょっと前にせつ菜ちゃんに負けて泣いてるのよ」

ランジュ「そ、そうね」

あなた「果林さんね、かすみちゃんにボロ負けして膝を抱えてるの」

ランジュ「はい、そ、そうですね、ハイ」

あなた「んなヤツが部へ誘いをかけた上に、所属とかどうでもいいって言ってみろ!」

あなた「信用できるかそんな奴ら!!! オメー信用できんのか!!!」

ランジュ「ら、ランジュは……あの……度量があるから」

あなた「大きすぎる度量は無神経と一緒じゃボケナス!!!」



11: 名無しで叶える物語 2021/06/26(土) 07:50:22.17 ID:lSAlyLAj.net

ランジュ「お、落ち着いて、ほら、お肉あげるから」

あなた「ジャーキーかよ! 犬じゃねえんだよ! くれ!!!」

ランジュ「フフっ、最高級のお肉を使った特性のジャーキーよ」

あなた「ウメェ! おかわり!」

ランジュ「あ、うん……アナタって歩夢のたまごやきが好きなんじゃ」

あなた「うん、好きだけど」

ランジュ「肉も好きなの?」

あなた「肉も好きだよ、小鳩ちゃんも好き」

ランジュ「金髪ならどっちでもええんか」



12: 名無しで叶える物語 2021/06/26(土) 07:53:34.67 ID:lSAlyLAj.net

あなた「むしろ聞きたいんだけど、ランジュちゃんさぁ」

ランジュ「うん」

あなた「肉を毎食でも食べたいの?」

ランジュ「えー? 毎日じゃなくて、毎食かぁ……」

あなた「それにさ、女の子ってお菓子をカバンに入れてるイメージあるけどさ」

ランジュ「うん? まるでアナタがオッサンみたいな言い方ね?」

あなた「なんでカバンの中に入ってんのがジャーキーなの、女子力低いよ?」

ランジュ「ラァ!?」



13: 名無しで叶える物語 2021/06/26(土) 07:56:17.28 ID:lSAlyLAj.net

ランジュ「お、お、オメエ、言うに事欠いて、女子力低いとか言ったか!」

あなた「や、引きこもるミアちゃんのトコのドア蹴破り、肉を食べ、ビュッフェに誘う」

ランジュ「……」

あなた「事あるごとに肉を食べなさい、肉を食べれば大丈夫、お肉お肉」

ランジュ「……」

あなた「胎盤に女子力置いてきたの?」

ランジュ「あ、あなただって一部メンバーに絡むと気持ち悪くなるじゃない!」

あなた「それってあなたの感想ですよね?」

ランジュ「イラァ……」



16: 名無しで叶える物語 2021/06/26(土) 08:00:19.73 ID:lSAlyLAj.net

あなた「でも、そんな女子力が腐女子レベルのランジュちゃんでも大丈夫!」

ランジュ「え? ホント、そこまで低く見える? ビュッフェだめ?」

あなた「普通の女子高生がビュッフェに誘うの見たことあるの?」

ランジュ「ない、で、でも、アタシ、ほら、完璧なパフォーマンスをするスクールアイドルだから」

あなた「そんなことA-RISEだってしないよ」

ランジュ「ラァ!?」

あなた「SaintSnowもしないよ」

ランジュ「え、マジで? あの、変?」

あなた「変っていうか、ミアちゃんといい、栞子ちゃんといい、新キャラみんな女子力低いよね」

ランジュ「ラァ!?」



17: 名無しで叶える物語 2021/06/26(土) 08:05:43.16 ID:lSAlyLAj.net

あなた「でも、安心して! ココには女子力のスペシャリストがいます!」

しずく「はぁーい! よばれてとびでてジャジャジャジャーン!」

ランジュ「登場の仕方が女子力低い! 何持ってんの?」

しずく「え? ケンタッキーですけど」

ランジュ「しかもバーレル! ほ、ほんとうにしずくに教えられるの!?」

あなた「ケンタッキーうめー!」

ランジュ「あ、あの、頂いてもいいですか?」

しずく「どうぞ、ケンタッキーですもんね」

ランジュ「うめーラァ! Tボーンステーキよりうめぇ!」



18: 名無しで叶える物語 2021/06/26(土) 08:08:19.92 ID:lSAlyLAj.net

しずく「ふう、先輩がケンタッキーが食べたいと言うので」

あなた「買ってきてくれたの」

ランジュ「なにやらせてるの!?」

しずく「先輩には日頃にお世話になっていますから」

あなた「しずくちゃんの下半身には感謝してるよ」

ランジュ「全身感謝しろよ!」

しずく「フフっ、私の脳は下半身にありますからね♡♡」

ランジュ「喜んでんじゃねえよ!」



19: 名無しで叶える物語 2021/06/26(土) 08:11:49.39 ID:lSAlyLAj.net

あなた「ほら、女子力低いでしょ」

しずく「ええ、酒をラッパ飲みし、共演者を驚かせる人もいるらしいですし」

しずく「ペヤングのデッカイの食べてそうな女子力の低さです」

ランジュ「……あの、尋ねたいんだけど、ほんと、マジで言ってる?」

あなた「うん」

ランジュ「……どこらへん? 結構ステージでも女の子からキャーキャー言われるけど」

あなた「そこらへんのオッサンだって、路上で下半身露出してれば言われるでしょ」

ランジュ「同じレベルなのォ!?」



20: 名無しで叶える物語 2021/06/26(土) 08:16:42.10 ID:lSAlyLAj.net

しずく「ランジュさんのステージはハイパフォーマンスなんですよ」

しずく「まずは類まれな表現力、曲に見合っているんですよね、ミアさんが作っただけに」

しずく「そして、圧倒、力強いんです、まるで象さん、想像すらできないほどのゾウだけに」

しずく「なにより自信、アタシは完璧なんだの自身に対する絶対的な自信からの、ジシンだけに」

ランジュ「ちゃんと褒めてくれませんか!?」

あなた「まぁ、同じスタッフで作った曲を同好会メンバーが歌うところは想像できないよ」

ランジュ「え?」

あなた「残念だけどね、実力が見合ってないの、ランジュちゃんのステージと比べるとね、格落ち」

ランジュ「げ、ゲームでもソレくらい言ってくれると……」



21: 名無しで叶える物語 2021/06/26(土) 08:20:36.87 ID:lSAlyLAj.net

あなた「でもそれ、女子力とはかけ離れてるの」

ランジュ「……だったら、女子力なんて」

しずく「いいえダメです!」

ランジュ「どうして!? ファンのみんなが喜ぶのなら女子力なんて!」

しずく「もし、ステージの下のランジュさんが女子力5のゴミだったら……」

しずく「3食ペヤングのデッカイの、付け合せはケンタッキー、毎食酒をラッパ飲み」

しずく「ファンは失望しますよ!?」

ランジュ「そこまで低くないもん!!!」



22: 名無しで叶える物語 2021/06/26(土) 08:26:01.79 ID:lSAlyLAj.net

あなた「でも、ファンに失望されない最低限の女子力は必要だよ」

ランジュ「そ、そうね、アタシも肉肉言わないようにする」

しずく「……ランジュさん、素直になったね!」

ランジュ「え、ええ、なんか具体的な反面教師を見ているようで」

しずく「でも、もっと簡単に女子力を高める方法を知りたくない?」

ランジュ「なんで寄ってくるのしずく、アナタも部室の鍵を閉めないで!」

あなた「まあまあ、もっと、下半身で物事は考えなよ♡♡」

しずく「そうだよ♡♡ 全身で物を考えるから♡♡疲れちゃう♡♡」

ランジュ「ンン♡♡♡♡ 耳に♡♡しずくの♡♡声が♡♡挿入るぅ♡♡」

しずく「これはアロマ♡♡なんですぅ♡♡耳から入れるアロマ♡♡もっと♡♡知りたくない?」



23: 名無しで叶える物語 2021/06/26(土) 08:30:40.20 ID:lSAlyLAj.net

ランジュ「いいにおい……♡♡ それ、なに?」

あなた「さっきも言ったけど、アロマは重要だよ、人間匂いに結構支配されてるから」

しずく「いい匂いしなかった?」

ランジュ「うん」

しずく「バラのお風呂、とかそういうんじゃないけど、香りのするオイルは入れたよ」

ランジュ「オイル? でも、ベタベタしないね」

しずく「ほら、私の匂いを嗅いでみて」

ランジュ「♡♡いい匂い♡♡ でも♡♡しずくの匂いも♡♡混じってる♡♡」

しずく「ンン♡♡匂いをかぐの上手♡♡」

ランジュ「当たり前よ♡♡ランジュは♡♡なんでも♡♡できるんだから♡♡」

あなた「(堕ちたな)」



24: 名無しで叶える物語 2021/06/26(土) 08:34:49.70 ID:lSAlyLAj.net

しずく「んちゅ……ンンっっ♡♡んはぁ♡♡」

ランジュ「し、しずくぅ♡♡じょ、女子力……もっとランジュに教えて♡♡♡♡」

しずく「うん……♡♡女の子同士でしか出来ないこと♡♡もっと教えてあげる♡♡」

ランジュ「ひあぁあぁぁぁ♡♡だ、だめすっちゃぁ♡♡♡♡」

しずく「なら♡♡やめて欲しい?」

ランジュ「もっと♡♡もっと吸ってぇ♡♡♡♡」

しずく「ンン……ランジュさんのココ♡♡もう、大洪水♡♡♡♡」

ランジュ「あああぁぁっぁぁぁぁ!?」

あなた「(ヒトがレズセックスしている横での曲作りは楽しいなあ!!!)」

あなた「(耳心地がいい音楽を聞いていると、捗るって梨子ちゃんに教えてもらったとおりだ!)」

おわり


元スレ
あなた「ふう……曲もだいぶイメージが」ランジュ「ランジュが来たわ!」