1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/25(火) 17:52:07.72 ID:e1Xf7mpJ0

菫「今日するんだが来るか?」

淡「ごめんね!今日予定があるんだ!」

菫「わかった。それじゃ」

淡「……行ってもテルとスミレ先輩、尭深に亦野先輩がいちゃいちゃするのを見るだけ」

淡「そんなところに私一人行っても虚しくなるだけだよ!」

淡「でも、クリスマスを一人で過ごすのもいやだな……」

淡「誰か、暇そうな人いないっけ?」



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/25(火) 18:00:42.43 ID:e1Xf7mpJ0

淡「そうだ! サキもきっと暇だ!」

淡「うんうん! 私と同じぐらい強いし友達も少ないはず!」

淡「早速電話しよーっと」

咲「もしもし、宮永ですが」

淡「サキー! 今日どうせ暇でしょ!」

咲「む、そういう大星さんはどうなの?」

淡「私は誘われたけど諸事情により断ったよ? まぁ、サキは誘われてないんだろうけどね!」

咲「私だって誘われたよ!」

淡「へぇ、ならどうして家に居るんだ!」



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/25(火) 18:07:58.39 ID:e1Xf7mpJ0

咲「家でのんびりしたかったの!」

淡「ふーん、そうなんだ! でも今暇でしょ?」

咲「それは、そうだけど」

淡「しょうがないなー、じゃあこの私が遊んであげるよ!」

咲「別にいいよ! バカにするだけなら切るね!」

淡「あっ、待って待って! 待ってー…………」

淡「切れた……ど、どうしよう、絶対に嫌われちゃったよ……」

淡「……そ、そうだ!謝らないと!」



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/25(火) 18:14:07.64 ID:e1Xf7mpJ0

淡「うぅ……出てくれるかな……」

咲「もしもし?」

淡「あっ、サキ……さっきはごめんね?」

咲「別に怒ってないよ。あと、今日遊ぼう?」

淡「え?」

咲「遊んでくれるんでしょ?」

淡「う、うん! 遊ぶ遊ぶ! まったくサキはさみしがり屋だからしょうがないなー」

咲「どこで待ち合わせる?」



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/25(火) 18:18:40.92 ID:e1Xf7mpJ0

淡「サキは家にいて! 私がサキの家に遊びに行くから!」

咲「外で遊ぶんじゃないの?」

淡「だめ!」

咲「どうして?」

淡「ほら、だっていろいろ噂されたら困るから」

咲「んー、友達と遊ぶのはふつうだと思うけど」

淡「いいの! とりあえずサキは家にいて!」

咲「そこまで言うならそうしておくよ」

淡「それじゃ、絶対に家にいてね! 絶対だからね!」



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/25(火) 18:24:57.81 ID:e1Xf7mpJ0

淡「おー、寒い寒い。 一人はさびしいし早く行かないと」

モモ「先輩……」

ゆみ「モモ……」

淡「……やっぱりこういう時期か……」

淡「もしかしたら今日、私もサキと……ってなに考えてるんだ私は!」

淡「サキは友達、ただの友達だから!」



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/25(火) 18:32:28.45 ID:e1Xf7mpJ0

淡「サキー! 可哀想なサキの為に私が遊びにきたよー!」

咲「久しぶり大星さん」

淡「久しぶりってほどじゃないよ! そんなことより私に感謝しないと!」

咲「そうだね、来てくれてありがとう」

淡「それより寒いから!寒いから早く入れて!」

咲「えー……外の空気寒いからやだなー……」 

淡「そんな殺生な!」



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/25(火) 18:36:57.94 ID:e1Xf7mpJ0

咲「しょうがないなー、私に感謝してよ?」

淡「む、来てあげたのは私だよ!」

咲「そうだったね。それじゃ何もない家だけどどうぞ」

淡「お邪魔しまーす!」

咲「少しやることあるから、私の部屋でじっとしててね?」



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/25(火) 18:45:09.81 ID:e1Xf7mpJ0

淡「……ふむふむ、ここがサキの部屋か」

淡「さてと! 色々探そう! 面白いもの出るといいなー」

淡「まずはベッドの下!……には何もない。なら、タンスの中!」

淡「下着に服……。きっちりと整理してあるなー。私も見習わないと!」

淡「本棚は難しそうだからスルーでいいや! あとは、ベッドの上!」

淡「ふぅ……まだ、サキの温もりを感じるということは、もしかして寝起き?」

淡「でも、髪形とかちゃんとしてたしなー。本当に家でのんびりしたかっただけかもしれない!」



28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/25(火) 18:54:03.79 ID:e1Xf7mpJ0

淡「悪いことをしてしまったかもしれない!けど、気にしない!」

咲「少しは反省しようね」

淡「いい匂いがするー! この匂いはケーキだ!」

咲「うん、正解だけど言葉のキャッチボールが出来ない人には渡しません」

淡「けちー」

咲「ケチでいいけど、なんで私のベッドに入り込んでるの?」

淡「温そうだったからつい……」

咲「そんなことする人にはケーキはあげれないかな」

淡「そのケーキはサキが作ったの?」

咲「時間がなかったから買ってきたやつだね」

淡「じゃあいらないー」



30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/25(火) 18:57:23.28 ID:e1Xf7mpJ0

咲「え」

淡「せっかくサキの家来たんだし、もう少しここにいるー」

咲「でも、おいしいケーキだよ?」

淡「ケーキなら自分で買うからいいの」

咲「大星さんは恥ずかしがって一人で買えないでしょ」

淡「それぐらい買えれるよ! あとサキに一つ言いたい!」

咲「なに?」

淡「淡! 私の名前は淡!」

咲「うん、知ってるよ?」



32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/25(火) 19:01:14.27 ID:e1Xf7mpJ0

淡「ならなんで言ってくれないの!」

咲「言うって、なにを?」

淡「もー! 苗字じゃなくて、どうして名前で呼んでくれないの!」

咲「それは、その」

淡「これから苗字禁止! 私のことは淡と言うこと!」

咲「……ご、ごめんなさい!それだけはまだ出来ないよ!」

淡「なんで!?」

咲「その、私なりの考えがあるから、今は無理だよ」

淡「……しょうがないなー、じゃあ待ってるよ」



33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/25(火) 19:06:39.03 ID:e1Xf7mpJ0

咲「ごめんね? 絶対名前で言えるようになるから!」

淡「嘘ついたら許さないから」

咲「あはは、頑張るよ」

淡「でも、本当になにもない家だねー」

咲「使えるかどうかわからないけど、一応麻雀の台ならあるよ?」

淡「二人でやるのは苦手!」

咲「むー、それなら私が大星さんの家に行けばよかったよ」



37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/25(火) 19:15:44.03 ID:e1Xf7mpJ0

淡「今からいく?」

咲「でもいいの?噂がどうとか」

淡「うーん、別にそんなに気にするほどでもないや!」

咲「それじゃ行こっか」

淡「あっ、サキはすぐ迷子になるからちゃんと手を繋いでてね!」

咲「え、でも」

淡「いいからいいから! 私もそっちの方が寒くないし!」

咲「うん……じゃあ、お願いするね」



38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/25(火) 19:20:34.37 ID:e1Xf7mpJ0

淡「うー、さっきまでベッドの中にいたから余計寒くかんじるよ」

咲「あはは、そうだね」

モモ「先輩……大好きっす!」

ゆみ「モモ……私もだ」

淡「……」

咲「……」

淡「あ、あはは……さっきの人たち来るときもいたよ!」

咲「そ、そうなんだ!寒いのにすごいね!」

淡「だ、だよねー!」

咲「う、うん!」



40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/25(火) 19:27:03.45 ID:e1Xf7mpJ0

淡(うー、なんか意識し始めたら顔が赤くなってく気がする……。サキはどう思ってるんだろ?)

淡「……」

咲「大星さん、どうしたの?」

淡「いや、サキの顔真っ赤だなーと思って!」

咲「淡ちゃんだって赤いよ!」

淡「それは……寒いから!」

咲「そうなんだ……」

淡(あ、あれ? 落ち込んでる?)



43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/25(火) 19:36:01.50 ID:e1Xf7mpJ0

淡「……あれ?さっき淡ちゃんって?」

咲「!! き、気のせいだよ!」

淡「ははぁーん、さては、頭の中で常に淡ちゃんって言ってるんでしょ!」

咲「うぅ……」

淡「顔真っ赤-!」

咲「……」ダッ

淡「あ、待って!逃げないでー!」



44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/25(火) 19:40:59.47 ID:e1Xf7mpJ0

咲「……」ピタ

淡「お、止まった!」

咲「いいもん、気付かないなら開き直ってやるから!」

淡「へ?」

咲「淡ちゃん!」

淡「は、はい!」

咲「好きな人いる?」

淡「え、えーと、答えないとだめ?」

咲「だめ!」



48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/25(火) 19:49:49.39 ID:e1Xf7mpJ0

淡「好きかどうかわからない人ならいます!」

咲「えー……」

淡「じゃあ、私もサキに同じ質問するね! 好きな人いるの?」

咲「いるよ」

淡「うぇ!? 誰?だれだれ?」

咲「教えない」

淡「むぅ……なんかやだなー。サキに好きな人がいるのがー」



50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/25(火) 19:55:57.71 ID:e1Xf7mpJ0

咲「ほんと?」

淡「うん、ほんとほんと」

咲「そっかー」

淡「……教えてくれないの?」

咲「うん」

淡「けちー。サキのけちんぼー」

咲「そんなことより早く淡ちゃんの家いこ!」

淡「サキがこんなところで止まったのに、私が悪いみたいに!」

咲「あはは、ごめんね?」

淡「許す!」



52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/25(火) 20:05:06.75 ID:e1Xf7mpJ0

咲「ここが淡ちゃんの家?」

淡「そうだよ!どうだ大きいでしょ!」

咲「そういえば遊ぶときは私の家ばかりだったから初めてきたよ」

淡「実のこと言うと結構散らかっててあまり入れたくなかった!」

咲「そんなこと気にしないよ?」

淡「いやー、サキの家って全然散らかってないから!」

咲「そうだね、こまめに掃除はしてるから」

淡「私にはマネできない!」



54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/25(火) 20:08:47.84 ID:e1Xf7mpJ0

淡「それじゃ入って入って! 二階に私の部屋があるから!」

咲「その説明じゃどこかわからないよ!」

淡「それもそうだね! じゃ、ついてきてー。 どうぞ、ここが私の部屋です!」

咲「なんだ、ちゃんと綺麗に出来てるよ!」

淡「昨日、ストレスたまってたから!」

咲「なにかあったの?」

淡「みんながいちゃいちゃしてるのを一人で見てた」



56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/25(火) 20:12:22.44 ID:e1Xf7mpJ0

咲「それは、すごいストレスたまりそうだね」

淡「ほんとだよ! で、なにする?」

咲「なにがあるの?」

淡「サキの家にはないパソコンが!」

咲「私あんまり詳しくないんだよー」

淡「サキもいつかは買うんでしょ? なら、今のうちに私が使い方を教えてあげよう!」

咲「ほんと! ありがとう淡ちゃん!」



57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/25(火) 20:14:44.17 ID:e1Xf7mpJ0

淡「それでね、これをこうしてこうすると」

咲「うわー、すごいねパソコン!」

淡「そうなんだよ! 離れてる人と無料で話すこともできるし!」

咲「いいなぁ……ますますほしくなっちゃうよ」

淡「だから、サキも早く買ってね?」

咲「うん!……あ、ごめん電話だ」

淡「出てもいいよ?」

咲「じゃあ、失礼するね?」



59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/25(火) 20:22:29.70 ID:e1Xf7mpJ0

咲「もしもし?」

和「あっ、やっとつながりましたか。今どこいるんですか?」

咲「今? 大星さんの家だけど」

和「そうですか、今からパーティするんですけど来ませんか?」

咲「あー、悪いんだけど今日は遠慮しとくね?」

和「わかりました。では、いつなら空いてますか?」

咲「んー、あし」

淡「明日も明後日、明々後日もずっと空いてないよ」

咲「あ、淡ちゃん! なんで携帯取るの!」

和「誰ですか、貴女?」

淡「ん?誰でもいいでしょ? そんなことよりサキはこれからずっと私が予約してるから」



64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/25(火) 20:29:44.08 ID:e1Xf7mpJ0

和「予約? なに言ってるんですか?」

淡「だーかーらー、サキは私がずっと予約してるからそっちには行かないよ」

和「は? 大体、咲さんがそんなこと許すわけないです」

淡「最初は許さなくても、最後は許すよ」

和「話になりません。咲さんに代わってください」

淡「サキなら今寝てる」

和「そんな嘘、小学生でもわかります」

淡「嘘じゃないから、それじゃ切るね」

和「待ちなさ……」

淡「ごめん、サキ!切れちゃった」

咲「もー、淡ちゃんが切ったんでしょ。それより謝らないと」



67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/25(火) 20:38:40.33 ID:e1Xf7mpJ0

淡「だめ」

咲「な、なんで?」

淡「サキが他の人と話して気づいたけど、私がサキのこと好きだから」

咲「えーっと?」

淡「私はサキのことが好き。だから私以外と話してほしくない」

咲「そ、そんなの無理だよ!」

淡「ダメ。無理でもして」

咲「だって、大切な人達だか……んんぅ!?」

淡「ん…………ふぅ、サキの大切な人は私でしょ?」

咲「さ、さっき、キス……」



68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/25(火) 20:47:29.06 ID:e1Xf7mpJ0

淡「こういったことも私とだけして。後、サキの返事聞いてないや」

咲「私の返事?」

淡「そうだよ、私のことが好きかどうか」

咲「好き、だよ」

淡「そっかー。じゃあ私の言うことこれからも聞いてね?」

咲「うん、わかったよ淡ちゃん」



この後、二人は一緒に暮らしました

めでたしめでたし

かん


元スレ
淡「クリスマス会?」