1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/22(水) 00:17:44.50 ID:/LzcDUSM0

さやか「て、転校生からだ!?」


立っても書かない



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/22(水) 00:22:21.21 ID:7MAHoV4a0

さやか「え、え、えぇー…」カアァ

まどか「さやかちゃん、どうしたの?」

さやか「な!なんでもないっ!!」バッ

まどか「…?」

さやか「あ、あははは!」

さやか(ついつい隠しちゃったー…)



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/22(水) 00:28:06.51 ID:7MAHoV4a0

 教室

ほむら「…………」ちらちら

さやか(うああ…超こっち見てる…)

ほむら「…」パッ

さやか(あ、そっぽ向いちゃった)

さやか「な、なんなんだ…?」



10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/22(水) 00:32:07.39 ID:7MAHoV4a0

さやか(と、とりあえず読んでみる、か…)コソコソ

さやか(うはぁ…めっちゃ綺麗な字…)

さやか(……でも)

さやか(ちょっと、震えてる)

さやか(…端っこのとこ、紙がへたってる)

さやか(手汗、かな)

さやか(いっぱい時間かけて、考えて書いたのかな)

さやか(きっと頑張って、勇気だして書いたんだなぁ…)



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/22(水) 00:42:58.82 ID:7MAHoV4a0


さやか「…………」

さやか「とりあえず、放課後に屋上にいけばいいのね」

さやか「な、なんか緊張してきた…」ドキドキ

さやか(っていうかなんであたしなわけ?)

さやか(転校生はあたしのこと嫌ってると思ってたんだけどな…)



17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/22(水) 00:52:59.34 ID:7MAHoV4a0

mdmg-001734-017
 



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/22(水) 00:55:31.36 ID:mDIFCouB0

さやかちゃんをまどほむで取り合う展開を希望しても構いませんかねッ!



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/22(水) 00:57:45.75 ID:mDIFCouB0

あ、取っちまった
無理なら1で



29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/22(水) 01:00:05.44 ID:7MAHoV4a0

よし 1か



30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/22(水) 01:03:07.88 ID:7MAHoV4a0

 屋上

さやか「……」ドキドキ ガチャ

ほむら「あ……」

さやか「て、転校生…」

ほむら「来てくれたのね…」

ほむら「よかった…」ホッ

さやか(なんか…いつもの転校生と違う…)

さやか(いつものあの、威圧的な雰囲気がないというか…)



33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/22(水) 01:05:43.81 ID:7MAHoV4a0

ほむら「あ、あの…」モジモジ

ほむら「手紙、読んでくれたかしら…」

さやか「あ、あぁ…うん」

ほむら「…突然、こんな所に呼び出して、ごめんなさい」

ほむら「恥ずかしいけど…どうしても直接伝えたいことがあるの…」

さやか(ごくり…)




39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/22(水) 01:09:59.32 ID:7MAHoV4a0

mdmg-001734-039




45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/22(水) 01:12:41.80 ID:cSthEHh70

どう爆破されたいか



50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/22(水) 01:17:47.67 ID:7MAHoV4a0

ほむら「その…美樹さやかは…」

ほむら「どんな爆発が好き?」

さやか「え?」

ほむら「地雷?それともクレイモア?最近流行の粉塵爆発かしら?」

さやか「え、え?」

ほむら「いろいろバリエーションはあるけど…あなたの1番好きなのを聞きたいの…」

さやか「………?」



53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/22(水) 01:20:08.45 ID:7MAHoV4a0

ほむら(……はっ!)

ほむら(私は何を言ってるの…)

ほむら(勇気をだして手紙を出したんだもの!)

ほむら(ちゃんと、言わなきゃ!)

さやか「え、えーと…転校生…?」

ほむら「美樹さやか…」

さやか「あ、あたしは風船爆弾かなあ…あはは」

ほむら(我ながらどんな質問よ…)



55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/22(水) 01:22:58.89 ID:7MAHoV4a0

さやか「やっぱさぁ…名前がいいよね」

さやか「風船爆弾…結構いいセンスだとおもうなぁ…」

さやか「あたしとしては『ふ号兵器』ってのも…」

ほむら(なんか食いついてきてるわ…)

ほむら「ち、違うの!」

さやか「え」

ほむら「そ、その…」カアァ

ほむら「本当に言いたいのは…!!」



58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/22(水) 01:25:14.67 ID:7MAHoV4a0


mdmg-001734-058




63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/22(水) 01:27:23.74 ID:Z5iV2L4W0

ほむら「貴方のことが好きで好きでたまらないの!」



71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/22(水) 01:30:08.04 ID:7MAHoV4a0

ほむら「あっ、あの…私」

ほむら「あなたの事が好きで…!」

ほむら「好きで好きでたまらないの!!」

さやか「………え」

さやか「えっ、えっ、えぇーっ!!?」

ほむら「…………」カアアァ

さやか「待って…待ってよ…?」

さやか「転校生が…あたしの事、好き…?」

ほむら「……」コクリ



74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/22(水) 01:33:57.93 ID:7MAHoV4a0

さやか「そ、そんなのおかしいよ…!」タジタジ

ほむら「おかしくなんて、ない」

ほむら「ほんとに、好きなの…」

さやか「だって、転校生はまどかのこと…好きなんじゃ」

ほむら「まどかも…大切に思ってるわ」

ほむら「…友達として」

ほむら「それ以上に私は、あなたのことを思ってるの」

ほむら「あなたに、この想いをずっと伝えたかった…」

ほむら「お願い…」

ほむら「あなたの気持ちを聞かせて…?」

さやか「うぅ…!?」



77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/22(水) 01:39:48.70 ID:7MAHoV4a0

その時、さやかは、
選択を迫られて、ある光景を思い出していた。
ほむらの書いた手紙…
綺麗に一文字一文字丁寧に描かれた、震えた文字の手紙を…

同じ女の子だからこそ分かる、
ほむらがこの手紙を書くのにどれほど緊張したかが、
だからさやかは、この想いに真摯に答えねば、と
真っ直ぐなほむらの思いに、
ウソ偽りなく自分の思いで答えなくちゃいけない、と思った

さやか「転校生…!」




78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/22(水) 01:42:57.48 ID:7MAHoV4a0

mdmg-001734-078




83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/22(水) 01:45:26.78 ID:cSthEHh70

お前と付き合う位なら死ぬといってほむらから奪っておいた爆弾で自殺



88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/22(水) 01:50:19.11 ID:7MAHoV4a0

さやか「む、無理だよ…」

さやか「その、あたし好きな人…いるし…」

さやか「それに女の子同士っておかしいし…」

ほむら「そ、そんな…」

ほむら「…どうしても?」

さやか「?」

ほむら「私じゃ…だめ?」

ほむら「私、本当にあなたが好きなの!」

ほむら「1番じゃなくてもいい…!あなたのそばに…!」

さやか「や、やめてよ…!」




90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/22(水) 01:53:29.36 ID:7MAHoV4a0

さやか「はなして!」ガッシ ボカ

ほむら「きゃ…!」ステン

コローン

さやか「…おや?」

ほむら「…!それは…!」

さやか「なにこれ?なんかボタンが…」

ほむら「『スイッチ』を押させるなーー!!」

さやか「いいや!限界だ押すね!」


どかーーーーーーーーーん



91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/22(水) 01:55:08.69 ID:7MAHoV4a0

どうすんだよこれ…



98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/22(水) 02:00:24.65 ID:7MAHoV4a0

mdmg-001734-098
 



106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/22(水) 02:02:47.77 ID:fqXt4T9x0

>>80



80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/22(水) 01:43:47.90 ID:fqXt4T9x0

しかし緊張のあまりおしっこをしたくなってしまい、告白の返事どころではないさやか
そして答えを聞くまで帰らないでというほむほむ
恥ずかしくてトイレに行きたいことを言い出せないさやかはついに・・・・



110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/22(水) 02:08:04.57 ID:7MAHoV4a0

さやか(えっと…)

さやか(いま、物凄い真面目な状況だってのは分かる…)

さやか(転校生の気持ちに答えをあげたいけど…)

さやか(もッッのすごくおトイレ行きたい…!)プルプル

さやか(仕方ないじゃん…!なんか緊張しちゃうし!)

さやか「あ、あはは…ごめん」

さやか「ちょっと、トイレに…」

ガシ

さやか「え」

ほむら「…はぐらかさないで」

ほむら「自分でも、おかしいって分かってる…」

ほむら「でも、だからって…誤魔化してほしくない…」

ほむら「お願い…あなたの口から…聞かせて」

ほむら「覚悟はできてるから…」



113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/22(水) 02:10:44.98 ID:7MAHoV4a0

さやか(違う違う違う違うちがうーーー!!)

さやか(違うんだよ!ほんとにおトイレ行きたいんだよー!!)

さやか「て、転校生…!一旦離して!ね!?」グイグイ

ほむら「……やだぁ」グス

さやか(泣きたいのはこっちだぁぁぁぁーーーーッ!!)

さやか「あ、あ…」プルプル

ほむら「…?」

さやか「あ、あ、あ、あぁぁっーーー!!」



119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/22(水) 02:17:00.36 ID:7MAHoV4a0

mdmg-001734-119




126: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/22(水) 02:20:37.31 ID:cSthEHh70

おもらしする
それをマミさんが発見 ほむらを問い詰める




128: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/22(水) 02:24:15.91 ID:7MAHoV4a0

さやか「う、うぇぇ…」ポロポロ

ぐっしょり…

ほむら「…」

ほむら「あの…その…」

ほむら「いや…てっきり…逃げられてしまうのかと…思って…」

さやか「えぇーーん…」グスグス

ほむら「ごめんなさい…」

ほむら「いま、着替えを持ってくるから…」ガチャ

ほむら「あ」

マミ「……」



131: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/22(水) 02:27:48.26 ID:7MAHoV4a0

マミ「あ、暁美さん…」

ほむら「巴マミ…なぜここに…」

マミ「いや、美樹さんの声が聞こえたから…」

マミ「…あなた、何をしてるの?」

マミ「美樹さん…その…」

マミ「…恥ずかしい目にあってるみたいだけど」

マミ「暁美さん、何がお望み?」

マミ「それは、あなたと美樹さんの仲が良くないのは知ってるけど…」

マミ「流石にこれはいじめレベルよ」

ほむら「えーと…」

ほむら(何て説明すれば…)



133: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/22(水) 02:31:05.65 ID:7MAHoV4a0

mdmg-001734-133





140: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/22(水) 02:34:49.05 ID:1F5kItWE0

普通に説明したらいいんじゃないの? 



143: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/22(水) 02:40:04.34 ID:7MAHoV4a0

マミ「つまり…」

マミ「告白の答えも聞けずに美樹さんが帰ってしまうと勘違いして」

マミ「引き留めたらこうなってしまった、と…」

ほむら「えぇ…」

さやか「…ぐすん」

さやか(寒い…)

マミ(……)

マミ(てっきりいじめか喧嘩かと思って首をつっこんだけど)

マミ(なんだかヘビーな問題ね…)

マミ(こういうデリケートな問題に第三者が手を出すべきじゃないけど)

マミ(…どうしましょう)

マミ(2人とも助けを求める眼をしているわ…)



145: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/22(水) 02:42:44.81 ID:7MAHoV4a0

ほむら(どうしてこんなことに…)

ほむら(私はただ、美樹さやかに告白したいだけだったのに…)

さやか(とんだ目にあったよ…)

さやか(ぱんつもスカートもぐしょ濡れだ…)

さやか(正直寒い…)

さやか「…っくちょん」

ほむさや(助けて……)



147: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/22(水) 02:44:55.30 ID:7MAHoV4a0

mdmg-001734-147




153: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/22(水) 02:46:48.83 ID:cSthEHh70

実は私暁美さんのことが好きとマミさん告白する



156: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/22(水) 02:52:33.52 ID:7MAHoV4a0

この時、マミは混乱していた
意味不明な現実に直面していた、というのもあるが
彼女は暁美ほむらに恋をしていたのだ…

現実をあまり把握出来ていないが故の混乱と
好きな人を取られてしまうかもしれない焦燥とが、
マミの思考回路を狂わせた

ショート寸前…今すぐ会いたいよ…


マミ「じ、実は…!」

さやほむ「?」

マミ「私、暁美さんが好きなの!」

さやほむ「なん…だと…?」



157: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/22(水) 02:56:15.18 ID:7MAHoV4a0

マミ「こ、こんな時に言う事じゃないって分かってる…!」

マミ「でも私っ、美樹さんに暁美さんを取られたくない…!」

マミ「好きです…、付き合ってください…!」

ほむら「え、ぁ、えぇ…っと…!?」カアアァ

ほむら「そ、そんな…私は美樹さやかのことが…」

マミ「…そうだ」

マミ「美樹さんは暁美さんのこと、どう思ってるの!?」

ほむら「わ、私も、聞きたい…!」

ほむら「答えを聞かせて?」

さやか「へっくち!」

さやか(なんだよこれ…)ズビー



158: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/22(水) 02:59:05.16 ID:7MAHoV4a0

mdmg-001734-158




165: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/22(水) 03:01:50.88 ID:n5RBrdK1P

それより、先に着替えさせて、このとしでこれは惨めだよ、アハハ アハ



168: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/22(水) 03:06:19.48 ID:7MAHoV4a0

さやか「それより先に着替えさせて…」

さやか「この歳でこれは惨めだよ、あはは…」

ほむら「はっ」

ほむら「そうね、じゃあ私が着替えを持ってくるわ」

さやか「うん…着替えロッカーに入ってるから…」

ほむら「えぇ」ダッ

ガチャ バタン

さやか「……」

マミ「……」

さやか(超気まずい…!)



169: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/22(水) 03:08:57.53 ID:7MAHoV4a0

ほむら「持ってきたわ」

さやか「うん、ありがと」

さやか「ジャージ…ださいけど、仕方ないよね」

マミ「さて」

さやか「?」

ほむら「答えを…聞かせて?」

マミ「…ごくり」どきどき

さやか「そうだった…」

さやか「………」

さやか「えーと、あたしは…!」



171: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/22(水) 03:11:37.00 ID:7MAHoV4a0

mdmg-001734-171




174: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/22(水) 03:14:19.73 ID:fqXt4T9x0

マミ「それはおいておいて暁美さんに、仕返ししない?」
さやか「え?」
そしてほむほむをおもらしさせる方向に!



176: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/22(水) 03:18:01.65 ID:7MAHoV4a0

さやか「私は…!」

マミ「ストップ!!」

さやか「えぇ!!?」

ほむら「…何のつもりかしら巴マミ」

マミ「それはおいといて暁美さんに仕返ししない?」

さやか「え?」

ほむら「いきなり何を…」

マミ「だって暁美さんのせいで美樹さんは中学生にもなって…」

さやか「わあ!?言わないでくださいよ!」

マミ「わざとじゃないとはいえ、少しおしおきが必要よね?」



177: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/22(水) 03:23:23.26 ID:7MAHoV4a0

ほむら「ちょ、ちょっと!?」

さやか「転校生のソウルジェムゲットー!」バシッ

ほむら「あ!?」

マミ「隙あり」ガシィ

ほむら「あぁ!?」

ほむら「は、放して!」ジタバタ

マミ「ふふ…このままあなたを拘束しておけば、あなたはそのうちトイレに行きたくなる!」

ほむら「気持ちを利用したくないけど…!あなた、私が好きじゃなかったの!?」

マミ「好きだからこそ、見てみたいの…」ゾクゾク

ほむら(変態だ…本物の変態に出会ってしまった…!)



178: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/22(水) 03:28:10.54 ID:7MAHoV4a0

mdmg-001734-178





181: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/22(水) 03:31:16.57 ID:od/cYf9n0

10時間



213: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/22(水) 14:17:13.73 ID:7MAHoV4a0

…10時間後

マミ「…………」

ほむら「………」

さやか「ふああぁ…」

マミ(なんで平気なの…この子…)

マミ(逆に私の方がつらくなってきた…)

さやか「マミさーん…もう深夜ですよ…」

さやか「眠い…携帯の充電切れちゃったし…」

マミ「な…なぜなの…」

ほむら「…………」



215: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/22(水) 14:20:11.23 ID:7MAHoV4a0

さやか「…のどかわいたなぁ」

さやか「ちょっと自販機でジュースでも買ってきます…」ガチャ

マミ「あ、私ジンジャーエール…」

さやか「はーい…」

マミ(!)

マミ(そうだ…これよ)

マミ(飲ませればいいんだわ!)

マミ「あと暁美さんにも何か!」

さやか「あ、はい」

さやか「転校生…どうするー?」

ほむら「…………」

ほむら「………」Zzz

マミ「なん…だと…」



216: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/22(水) 14:22:25.29 ID:7MAHoV4a0

mdmg-001734-216




222: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/22(水) 14:25:54.85 ID:cSthEHh70

あまりの空腹にさやかがほむらのソウルジェムを呑みこみ
それをみたマミさんが自分のソウルジェムをほむらに飲ませる



223: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/22(水) 14:30:09.61 ID:7MAHoV4a0

さやか「…起きませんね、転校生」ゴクゴク

マミ「…そうね」

ほむら「………」Zzz

さやか(あー超おなかへったし♪)

さやか(転校生のソウルジェム…)

さやか(綺麗だなぁ…ぶどう味かなぁ…)

さやか(あー…ほんとにお腹減ってきたぁ…)グゥ

さやか(ちょっと…ちょっとだけ…)

さやか「レロレロレロレロレロレロレロ」

マミ「何をするだァーー!!」



227: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/22(水) 14:33:23.01 ID:7MAHoV4a0

さやか「うわあ!?」ビクッ ゴクン

さやか「マミさん…驚かさないでくださいよ…」

さやか「ん…?」

さやか「しまったッ!転校生のソウルジェムをのんでしまった!」

マミ「なんですって!?」

マミ(…ん?)

マミ「じゃあ暁美さんと美樹さんが離れられなくなったということ!?」

さやか「まぁ…そうなっちゃいますかね…」

マミ(なんてうらやましい)

マミ(そうだ)

マミ(暁美さんにも私のソウルジェムを飲んでもらいましょう)グイグイ

ほむら「もがもが…」Zzz ゴクン



230: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/22(水) 14:35:56.18 ID:7MAHoV4a0

ほむら「んぁ…」パチン

さやか「あ、起きた」

ほむら「…すごい寝てたわ」ムク

ほむら「…なんだかお腹がへんなかんじなのだけど」

さやか「あー…それは…」

マミ「かくかくしかじか」

ほむら「……は?」

マミ「私、もう1人ぼっちじゃない!」

ほむら「…」スパーーン

マミ「ぐぎゃっ」



232: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/22(水) 14:37:21.31 ID:7MAHoV4a0

mdmg-001734-232




237: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/22(水) 14:39:46.86 ID:fqXt4T9x0

ここまでほむほむの夢落ち
>>215に戻る



238: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/22(水) 14:42:28.17 ID:7MAHoV4a0

ほむら「うああああ!!」ガバァ

マミ「きゃあ!?」

ほむら「ゆ、ゆめ…?」ハァハァ

さやか「ど、どうしたの転校生…」

ほむら「い、いえ…悪夢を…」

マミ「ラーリホー…?」

ほむら「縁起でもないわ…」

さやか「えっと…自販機いくけど…何か買ってくる…?」

ほむら「えぇ…お願いするわ…」



239: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/22(水) 14:45:21.13 ID:7MAHoV4a0

さやか「えーと」

さやか「あたしは…コーラでいいや」ピ ガコン

さやか「マミさんがジンジャーエールで…」ピ ガコン

さやか「転校生が三ツ矢サイダー…」

さやか「あれ」

さやか「サイダー売切れだぁ」

さやか「電話して…っと、充電切れてるんだった」

さやか「まぁいいや適当に買ってこう」



240: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/22(水) 14:46:26.03 ID:7MAHoV4a0

mdmg-001734-240




246: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/22(水) 14:47:52.79 ID:cSthEHh70





248: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/22(水) 14:52:16.74 ID:7MAHoV4a0

ほむら「水…水って…」

さやか「いや…1番安かったからさ…」

さやか「ほら…それだけで世界を変える系の水だし…」

ほむら「だからなんなのよ…」

マミ「まぁまぁ…はいケーキ」

ほむら「どこから出したのよ…」

ほむら「なんで炭酸にケーキなの…」

ほむら「そして何を優雅にお茶(?)会をしているの…」

さやか(怒涛のローテンション三連つっこみ…)

ほむら「…もう帰るわ」



250: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/22(水) 14:54:56.43 ID:7MAHoV4a0

マミ「えっ」

ほむら「じゃあまた…」ガチャ

さやか「待ちなよ、転校生」

ほむら「…」ピタ

マミ「そ、そうよ答えを聞かなくていいの?」

マミ「ちなみの私は暁美さんの答えを聞きたいわ!!」ハァハァ

ほむら「きらい…」

マミ「あぁん…」

ほむら「………」

ほむら(美樹さやかの…答え…)ドキドキ





251: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/22(水) 14:57:22.92 ID:7MAHoV4a0

mdmg-001734-251
 




260: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/22(水) 15:03:27.64 ID:H4s4bObf0

仁美が好き



263: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/22(水) 15:07:50.16 ID:7MAHoV4a0

さやか「ご、ごめん…」

さやか「あたし…仁美が、好き、なんだ」

ほむら「え…」

さやか「あの、あたし転校生に手紙もらえてすごく嬉しかったよ」

さやか「でも、転校生とは付き合えない…」

ほむら「そ、そう…」

さやか「ごめんね…」

ほむら「…うぅん」

ほむら「…………」

さやか「…………」

マミ「私が空気」



264: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/22(水) 15:14:49.71 ID:7MAHoV4a0

その後、
3人は守衛に見つからないように学校を出て…家に帰った。
少しのお喋りはしたが、気まずいような、居心地の悪い空気が場を包んでいた。

3人の少女の心は、ばらばらにベクトルを向いていて、
視線の先は違う人の元へ注がれていた。
かと言って引き下がる乙女心ではない。
きっとここから先も諦めずに少女は想いを寄せ、
その度にぶつかったり、くじけたりしながらすこしずつ前に進んでいくのだろうが…
ひとまず、今回の恋愛劇は幕を引く。

ここから先がどうなるかはまだ、神様しか知らない、
いや…もしかしたら神ですら分からないのかも知れない。
分からない行き先を、暗闇の中で探りながら、日々は過ぎて、
そして、朝はやってくるのだ。






265: 榊鳥 ◆SSkkOxOZ3M 2011/06/22(水) 15:15:54.46 ID:7MAHoV4a0

mdmg-001734-265




以上、流浪流離のオナニストこと榊鳥がお送りしました。
安価って難しいぃーーッ
じゃあね


元スレ
さやか「ラブレター……?」