5: 代行ありがとうございます 2021/07/10(土) 20:08:44.76 ID:0112qcjW.net

果林「悪いわね、わざわざ整理手伝ってもらっちゃって」

エマ「ううん、私が好きでやってることだもん」

エマ「それにしてもお洋服たくさんあるね」

エマ「モデルのお仕事でもらったりしてるの?」

果林「仕事できたものを貰うってのは少ないわね」

果林「自分で買い取ったり、モデル仲間から着なくなったの貰ったり」

果林「後は、フリマで買ったりも多いわね」



7: 名無しで叶える物語 2021/07/10(土) 20:11:35.13 ID:0112qcjW.net

果林「お礼に何か欲しい服あったら持って行っていいわよ」

エマ「ありがとう~」

エマ「でも、果林ちゃんのお洋服だとわたしには…ん?」

エマ「果林ちゃん」

果林「どうかしたの?」

エマ「これってなに?」



9: 名無しで叶える物語 2021/07/10(土) 20:15:46.89 ID:0112qcjW.net

果林「…ああ」

果林「そういえば、そんなのも買ったっけ」

エマ「デニムの…水着?」

果林「多分水に入るようには作られてないわよ」

果林「ただのホットパンツね」



10: 名無しで叶える物語 2021/07/10(土) 20:19:49.36 ID:0112qcjW.net

エマ「え、でも…これ、短すぎない?」

果林「…そうね」

果林「ちょっとマイクロミニすぎたのよね」

エマ「こんなのはいたら、果林ちゃんのおしりはみ出ちゃうよね?///」

果林「安かったし、水着みたいなものだからセクシーアピールにいいかなって買ったんだけど…」

エマ「セクシーすぎるよ!///」

果林「後で冷静になってみるとさすがにね…」

エマ「果林ちゃん…これ着るの?」

果林「いくら私でもそれ着て外は歩けないわ」

エマ「だよね…」



11: 名無しで叶える物語 2021/07/10(土) 20:23:24.53 ID:0112qcjW.net

エマ「こんなのはいて電車とか乗ったら…」

エマ「チカンされちゃうよ!」

果林「え?」

エマ「果林ちゃんが電車に乗ってたら後ろに立ったお姉さんがささやくの」

エマ「『あら、いいおしりしてるわね♡』」

エマ「『もしかして誘ってるのかしら?』」

エマ「『楽しませてあげるわ♡』」

エマ「って」



12: 名無しで叶える物語 2021/07/10(土) 20:27:26.12 ID:0112qcjW.net

エマ「そのままお姉さんのテクニックに果林ちゃんは抵抗できずに…」

果林「ストップ!」

果林「やけに具体的ね…」

果林「まさかエマ、チカンされたことあるの!?」

エマ「な、ないよ、そんなの!」

果林「よかった…」



14: 名無しで叶える物語 2021/07/10(土) 20:30:48.82 ID:0112qcjW.net

果林「じゃあどこからそんなセリフを?」

エマ「あの子がね…」

エマ「わたしがチカンにあわないようにって注意してくれたんだ」

エマ「その時に教えてくれたの」

果林「あの子はあの子でどこで身に着けたのかしら…?」



16: 名無しで叶える物語 2021/07/10(土) 20:35:00.97 ID:0112qcjW.net

果林「とりあえずそれは処分ってことで…」

エマ「待って」

果林「ん?」

エマ「あ、あのね果林ちゃん…」

エマ「そのホットパンツ…」

エマ「1回…はいてみてもらえない、かな?」

果林「…はい?」



19: 名無しで叶える物語 2021/07/10(土) 20:39:45.21 ID:0112qcjW.net

エマ「そ、そのね、せっかく買ったんだから1回くらいは使ってみたらいいんじゃないかな?」

エマ「果林ちゃんも興味があったから買ったんでしょ?」

果林「へぇ~…」

果林「つまりエマはこれをはいた私が見たいんだ?」

エマ「見たいというか…」

果林「エマが見たいならしょうがないから着てあげてもいいけど?」

エマ「見たい…です///」

果林「ふふっ、ムッツリさん♡」

エマ「うぅ…///」



21: 名無しで叶える物語 2021/07/10(土) 20:43:30.24 ID:0112qcjW.net

果林「じゃあ着替えてくるわね?」

エマ「え、着てくれるの?」

果林「見たいんでしょ?」

果林「私も一度も着ずに手放すのももったいないって思うし」

果林「エマだけに特別よ♡」



22: 名無しで叶える物語 2021/07/10(土) 20:47:16.73 ID:0112qcjW.net

───

果林「どうかしら?」スラッ

エマ「わぁ、果林ちゃんのすらっとした長い足がきれい…」

果林「で、後ろはこんな感じね」プリン

エマ「わぁ…果林ちゃんのおしりが半分くらい見えちゃってるよ///」

果林「思ったよりぴっちりしてる感じね」



24: 名無しで叶える物語 2021/07/10(土) 20:51:38.98 ID:0112qcjW.net

エマ「…」ジー

果林「そうじっくり見られるといくらエマでも恥ずかしいんだけど…///」

エマ「…」プニ

果林「ひゃっ///」

果林「ちょっとエマ、いきなりお尻触らないでよ!」

エマ「ご、ごめんね…つい…」

果林「つい…って」



25: 名無しで叶える物語 2021/07/10(土) 20:56:35.94 ID:0112qcjW.net

エマ「もうちょっと…触ってもいいかな?」

果林「えぇ…まあいいけど…」

エマ「ありがとう果林ちゃん」モミモミモミ

果林「ちょ、エマ!?」

エマ「はぁ…果林ちゃんのおしり柔らかい…♡」

果林「もう///」



26: 名無しで叶える物語 2021/07/10(土) 21:00:38.26 ID:0112qcjW.net

果林「そろそろ…いいかしら?」

エマ「うん、ありがとう」

エマ「ところでこれ、下着どうしてるの?」

果林「普通のだとはみ出ちゃうから、Tバックに変えてるわよ」

エマ「Tバック!?果林ちゃんそんな大人なのも持ってるの?」

果林「まあ普段はいたりはしないけどね」

果林「このホットパンツみたいにどこかで必要になるかもしれないからね」



28: 名無しで叶える物語 2021/07/10(土) 21:04:22.79 ID:0112qcjW.net

果林「さて、次は…」

エマ「お洋服の整理の続きだね」

果林「エマにもこれ、はいてもらうわよ」

エマ「えぇ?」

果林「私のだけ見て、触って、終わりってわけにはいかないでしょう?」

エマ「いや、だって…果林ちゃんのお洋服だし…」



29: 名無しで叶える物語 2021/07/10(土) 21:08:15.02 ID:0112qcjW.net

エマ「わたしにはそういうの似合わないよ…」

果林「大丈夫。エマならこういうのも似合うから」

エマ「でも…恥ずかしいよ…///」

果林「私は着てエマに見せたのにね~」

エマ「うぅ…ずるい」

果林「さあさあ着替えてきなさい」



31: 名無しで叶える物語 2021/07/10(土) 21:13:25.26 ID:0112qcjW.net

───

エマ「おしりがすーすーするよぉ…///」

果林「あら、似合ってるじゃない」

エマ「でもぉ///」モジモジ

果林「さて、後ろはどうなってるのかしら?」

エマ「そ、それはちょっと…」



32: 名無しで叶える物語 2021/07/10(土) 21:18:11.56 ID:0112qcjW.net

果林「エマ」ギュ

エマ「か、果林ちゃん?」

果林「見せてくれないなら前から触らせてもらうわよ?」モギュ

エマ「ひゃん///」

果林「やっぱりエマもいいお尻してるわよね」

果林「スタイルいいんだからもっとアピールしてけばいいのに」

エマ「そういうのは果林ちゃんだけでいいよぉ…」



35: 名無しで叶える物語 2021/07/10(土) 21:22:18.74 ID:0112qcjW.net

果林「エマは下着はどうしたの?」

果林「もしかして、はいてなかったり?」

エマ「ちゃんとはいてるよ!///」

エマ「その、はみ出ないようにおしりに食い込ませてるだけ…///」

果林「ふーん…なるほどねぇ」モミモミ



38: 名無しで叶える物語 2021/07/10(土) 21:26:32.83 ID:0112qcjW.net

───

果林「で、えっと、このホットパンツだけど…」

エマ「うん…」

果林「一応とっておこうと思うの」

エマ「そう、だね」

果林「一応、ね。また着せたくなるかもしれないからね」

エマ「果林ちゃんが着たくなるかもじゃなくて?」

果林「私がエマに着せたくなるかもしれないのよ」

エマ「じゃあわたしも果林ちゃんに着せたくなるもん」



39: 名無しで叶える物語 2021/07/10(土) 21:30:58.73 ID:0112qcjW.net

果林「…」

エマ「…」

果林「いっそのこと…もう1つ買って、家で2人で着て過ごしましょうか?」

エマ「それも…いいかも///」



42: 名無しで叶える物語 2021/07/10(土) 21:35:19.22 ID:0112qcjW.net

おしまい


元スレ
エマ「果林ちゃん、こんなホットパンツじゃおしりがはみでちゃうよ///」